なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,043
レビュー 店舗 スキ いいね

「二天ら~麺」@麺屋武蔵 二天の写真春はあけぼの、秋は…………揚げ物!!!!
ずっと気になってはいたものの何故か行っていなかったお店へ!

勿論の「二天ら~麺」を注文、お店の暗めの照明も手伝ってか店員さんが揚げ物をダンダンと切り刻む姿は異国の雰囲気。
配膳されるとはみ出す美味しさ的アピールの熱々揚げ物がドッドーン!!

い、いただきます!
スープは節を利かせた醤油味で結構醤油強め。

麺は中太縮れ麺、モッチリとした食感で主張強め。

具は豚と鶏の揚げ物がメインで他は普通。
豚は胡麻揚げ、鶏は青海苔揚げ。熱々で大きくて味濃いめ。

器の中の構成要素のどれもが「我こそは!」と名乗りをあげてくる、天下分け目の戦場状態。
やはり…全部味濃いめ!!!
これ、好きな方は好きなんだろうなぁ…。

とにもかくにも、安定の武蔵クオリティではありますが個人的な好みとは外れた感じ。
池袋でガツンとニク・アブラ・ショーユ!な方は是非といったところですかね。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「くれは式ブラックラーメン【限定】」@ラーメンくれはの写真前々から何度かやっていて気になっていた限定をいただきに来ました!

「くれは式ブラックラーメン」を注文、いつもの寡黙な雰囲気から配膳されます。

いただきます!
スープは思っていたよりも口当たりアッサリとしていてコクのある醤油味、出汁は鶏白湯ですかね。
くれはらしくないと言ったら角が立つかもしれませんが、「くれは+ブラック」という重曹歩兵の様なイメージからはかけ離れた優しく味わい深いスープでした。物凄くドロドロでしょっぱいとかを想像していたので(笑)
それにしても鶏白湯のキメ細やかで自然に身体に染み込んでくる感じに、まったりとしてコクのある醤油ダレが良い風味をプラスしている。
その味、何とも艶やか。

麺はいつもので、これがまたスープを絡めて合うわ合うわ。
替え玉をしない訳にはいかず、替え玉後は卓上セットの黒胡椒で更にブラック色を強めこれもまた良し。

具はいつものラーメンと同じですが、こういう味わいだとまた違って感じられます。
改めて具も一つ一つが美味しいと再確認。

これは食べに来て良かった!!
予想とは正反対、予想外な展開ながらこんなに美味しい限定にありつけてラッキーでした。
こちらは毎回限定を追っていきたいくらい好きなのですが、なかなか来られなくて(汗)
あーそして既に通常のラーメンも食べたい…、また来よう。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 7件

「中華そば 辛味ダレ」@中華そば 西のの写真辛い清湯が食べたくなり来ました!

辛い麺といえば担々麺は多いのですが、気分的に清湯が良かったので食べてみたかったこちらの無化調辛味系。
「中華そば 辛味ダレ」を注文し待ちます、ラー油ではなく辛味のペーストの様な物を入れている様に見えました。
配膳されると思っていたよりかなり朱くて辛そう(笑)

いただきます!
スープは…辛ッ!!やっぱり辛い!(笑)
ラー油的な雰囲気ですが胡麻の香りが立っている訳でもなく、香辛料の香りが特別する訳でもない。純粋に辛味を足してきた感じ。
油分があるのでどうにもこうにも最初にスープをいただこうとすると辛味をダイレクトに飲む事に。スープの味は最初は殆ど分からず。
麺を食してゆく内に辛味が減ってきて舌も慣れてきてから本来のスープの味が顔を出します、後半はしっかりと味わえます。
私の感覚では辛さの中にスープの味が感じられる限界値ギリッギリの味なのではないかと感じました。

麺は辛味に少し負け気味かなと感じます。
醤油ラーメンには合っていましたが、辛味に対しては味が薄めで麺もスープも辛味に侵食されている感は否めませんでした。
具も辛味により本来の味が薄く感じてしまっている様に思います。
ちょっと興味があり卓上セットのお酢を入れてみたところ、酸辣湯風になって面白かったです。

個人的な辛さの指標は一般レベルの判断だと思っています、しかし辛いメニューは個人差があるのでコメントが難しいところもありますよね。
味としては合わない訳ではないのですが、やはり元のスープの味わいが辛味で分かりづらくなっているとは思います。麺も具も。

激辛好きな方を否定するつもりは無く、味覚や好みは個人の自由だと思います。
かなりの辛さでもその中に味をしっかり感じられる強靭な舌の方もいらっしゃるでしょうし、ただただ辛味が好きな方もいらっしゃると思います。
あくまで一般的な舌の者の見地からの感想という事で。

辛さは個人差があるので辛党の方に合わせてしていってしまうと、一般の舌の者はどんどん味が分からなくなってしまいます。今までそれで辛いメニューの味が分からなくなってしまったなぁと思うお店も何軒かありました。
こちらは激辛のお店とかではないので難しい問題かとは思いますが、やはり辛さは本来の味に程々足すのが良いという事を再確認する一杯でした。
次回からは辛味注文でも、控えめでお願いしようかと思います。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「冷たいしなそば【夏季限定】」@あんくるていの写真今年の締め括りと冷やしラーメンの更なる可能性を求めて、今まで美味しかったと思えるお店の冷やし系を。
こちらも味の信頼度の高いお店なので来ました!

迷わず「冷たいしなそば」を注文、配膳されると氷が入ってますね…今まで氷が入ってて美味しかったという試しが無いので恐る恐る。

いただきます!
スープを一口…、なにこれ…滅茶苦茶美味しい…私の夏は終わった…。
ありがとう、あんくるていさん。
スープは酸味がほどほどにあり、冷やし中華とラーメンの中間地点。レモンも合う。
出汁が利いていて酸味と甘味がほんのりし胡麻油が香る、塩気はやや強めですが強過ぎるといった感は全く無し。
懸念していた氷もスープを薄める様な事は無く。
ふぁー…うんまぁ~…。

麺はいつものあの小麦の香り高い麺なのか、冷やしてしめるとこんなにキレッキレになるとは意外。
スープもしっかり絡んでスルスルいけちゃう。

具はチャーシュー・もやし・海苔・なると・スピナッチ・レモン。
チャーシューは細切りしてあり冷やし中華風。
刻み海苔が最高、こんなに風味合うのかってくらい。
スピナッチは少し苦くて冷やしには味が浮くかな。

あと興味あって後半に使ってみたのですが、卓上セットのラー油が合う!!
かなりしっかりした辛味があるのでほんの数滴垂らす程度でも変化が味わえます。
元のスープが良いだけに、少し入れるだけで充分!

あーもう夏終わってもいいやって感じです(笑)
特に変わった事してる訳じゃなくて、ただただ美味しい。
って通常のしなそばにも同じ事を言った気がします(笑)
食の真髄ってそういう事なのかもしれません。

また食べに来よ。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「冷やし中華蕎麦【夏季限定】」@中華蕎麦 はるの写真冷やし中華の新たな可能性を求めて来ました!
こちらが「普通の」冷やし中華を出すとは思えなくて(笑)

「冷やし中華蕎麦」を注文、配膳されると野菜が色とりどりの一杯。配膳時から胡麻油の良い香りが漂います。

いただきます!
先ずはやはり汁から…。
一口目から鰹出汁が半端無い!!
そこに胡麻油の円やかな香りと、鰹の風味を邪魔しないゆるい酸味、そしてほんのりとしながらも存在感ある上品な甘味。
蕎麦と表記するだけあって和風なお出汁の味わいです。
薬味も辛子ではなく山葵!麺や具に乗せても良いし、汁に溶かしても絶妙に合う!!!
決して濃くはなくむしろそのままでも味わえる薄めに感じる汁なのに、器の全てに味がしっかりと絡み不足は無い…どうなっているのかこの汁。

麺は中太のやや平たい縮れ麺、モッチリとした噛み応えが端麗な汁とはミスマッチかと思いきや上記した様に汁の出汁の深みが尋常ではないので程好く味が絡んで美味しい。
信じられない。
そして山葵を麺に乗せて食べてもまた合う。

具は低温調理鶏チャーシューと野菜と鬼おろしと温玉。
端麗な汁にこんなにお野菜乗せちゃって薄くなるんじゃあないの?
と思った私が間違い。
茗荷やゴーヤーは薬味として合いましたし、鬼おろしも良い塩梅で清涼感ありました。温玉にも汁は負けずに黄身のコクでが足され円やか味になりました。

和風冷やし中華の最先端を味わった気分です。
今年もいろいろな冷やし中華を食べようとされている方、必食だと思いますよこれは。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「冷やし中華【夏期限定】」@食堂 七彩の写真美味しい麺を味わうには汁無しや冷やし中華ってもってこいなんだなぁ、と最近実感。
ならば「ラーメンの主役は麺です」と言うこちらは一体どんな冷やし中華なのかと思い来ました!

迷わず「冷やし中華」を注文、配膳されると具は半分に乗っているカレーライス風盛り付け。
これは麺がスグに食べられて良いかもしれない、さすがは麺に比重を置くお店。

いただきます!
汁は正に王道の甘酸っぱい醤油味、Twitterで見ていたレモンの酸味が利いているというのはあまり言うほどは感じなかったですね。あと台湾山椒?も。
シンプルに美味しい、昔ながらの冷やし中華の汁といった印象の汁でした。

麺はこちらの有名な手打ち手揉み麺。やや平たく波打った線が汁を絡めて口に入ってきます。
モッチリプリンとした歯応えに噛めば甘味が感じられる、うーん正に麺が主役と言うお店に相応しい麺。

具は、チャーシュー・玉子・胡瓜・ワカメ・クラゲ。
これらもスタンダードですがクラゲが特に良かったです。
食べてゆくと器の底から山椒らしき物が!!
かじってみると独特な香りとほんのりとした痺れ、これが台湾山椒かなと。汁に風味が出ていた訳ではないので、ホールよりミルでひいたりした方が良い気はしました。

なるほど王道も麺にここまでこだわると他には無い個性を感じます、毎年楽しみにしている方が多いのも納得の美味しさ。
七彩は変化球などしなくても味わい深いスタンダードメニューを多々出していますが、冷やし中華を食べて改めて思うのは麺の存在のおかげでそれらの印象が深く残っているのだなぁと実感。

冷やがけかぁ…、それもちょっと気になりますね。
次食べてみよう。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「辛肉油そば」@らーめん よし丸の写真何食べたいって、美味しい麺が食べたいわけよ!って事で来ました!
麺を味わいたい衝動で「辛肉油そば」を注文(笑)

最近冷やし中華や汁無しを食べて「麺を味わいたいなぁ…」と思っていたところ、私の経験上美味しかった自家製麺と言えばまずこちらです。
配膳されると、思っていたより茶色くなくて安心した(笑)だってサンプル画像は見た感じほぼ茶色の肉盛りだったもので。

いただきます!
汁は無いので先ずは麺をいただきます、思っていたのとは違い中細麺。
香り良くてモッチリとした食感、やはり美味しい。
次はタレの絡んだところを食べると、やや甘味のある醤油ダレに麺のモッチリ感と甘味がとてもマッチ。これヤバイ。

具は、チャーシューの切れはし・背脂・メンマ・ネギ・温玉。あと辛味ダレ。
チャーシューの切れはしはホロホロと柔らかく、見た目より重くなく食べ易いです。麺に絡むサイズではないのでつまみながらといった感じですね。そこにかけられた背脂も重そうに見えても麺と混ぜてしまえば程好い脂。
ザックリめなネギは醤油ダレと辛味ダレに好相性!増しでも良かったか。
温玉の濃厚さと辛味ダレのコンビネーションもヤバイ、美味しい理由しか見つからない(笑)

やはり汁無しは麺が美味しい店の独壇場ですね、自家製麺でこだわりを持って作っているお店が好み。
もうね、「美味しい麺食べてる!」て感じが◎
美味しくて気付いたらもう無いみたいなペースで食べてしまいました(笑)
こちらは最近ちょっとスープが弱いなと思うので、個人的には今は油そばがいっとうオススメといった感じです。
スープは以前より旨味の厚みが無くなったというか、味の印象が弱くなった感がありますね。豚骨も魚も。
麺の味は相変わらずえらい美味しいですが。

今後どの様に変化していくのだろうかと気になります。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「四川棒棒鶏の冷やし中華【限定】」@渡なべの写真右も左も誰も彼も冷やし中華や冷やしラーメン、毎年毎年…と思いながらもそれにノってみるのも悪くないか。
という事で限定の冷やし中華をいただきに来ました!

店内へ入ると券売機の限定ボタンは生きていたので「四川棒棒鶏の冷やし中華」を注文、配膳されるとTwitterで見ていたものより豪華な気がしました。
※上からの画像で分かりにくいですが、横から見ると結構高く盛り付けてあります。

いただきます!
汁は一応冷やし中華だからか少な目、レンゲですくって味をみると…王道冷やし中華の汁にラー油を足した様な感じ。
王道と言いましたがベースは誰もが想像する様な冷やし中華の汁で、甘酸っぱくて酸味はあまり強くなく老若男女誰もが食べ易いであろうあの味。
そこに辛味は比較的マイルドで香りの良いラー油が合わさっています。
冷やし中華にカラシ…ではなくラー油をかける。誰でもやりそうな組み合わせですが、それを専門店ならではのクオリティで楽しませてくれます。
「お好みで」と別器で出してくれる追加辛味は唐辛子粉ににんにくも入ってるかなぁ、胡麻油も濃いめで焦がし風味。スープに入れると辛味よりも香りとコクがアップする印象、そんなに辛くないので試すのがオススメ。

麺は中細ストレートで、いかにも中華食堂で出て来そうな普遍的な中華麺。
勿論ベースの冷やし中華ダレに合うのですが、ラー油や具の雰囲気とはズレている様な。悪くはないですしじゃあ何が合うかって訳でも無いのですが、麺だけ弱いなぁという印象。

具は、鶏肉・キュウリ・もやし・パクチー・赤エンドウ豆。
鶏肉!出ました好きなやつ(笑)岡山笠岡ラーメンの時と基本的に同じ作りでギッチギチムッチムチの鶏モモ肉、八角等が利いた味付けでトンポーロー的な甘じょっぱくて香辛料ムンムンなもの。
個性的な食感なので好みは別れるかと思いますが、鶏ジャーキーみたいな噛んで旨味を感じるおつまみっぽい感じ。酒好きならどストライクでしょう!!正に酒呑み殺し(笑)
あとこちらのラー油にはパクチーがとても合うんですよね~。

渡なべならではの冷やし中華がいただけて良かったです。
しかし麺だけが気になりましたね。冷やし中華は汁が少ないので必然的に味の判断は麺に比重が傾きます、普段スープ重視の私でも。
なので麺が何か変わったものとまでいかなくても、もうワンポイントあれば良かったなとは思います。
あえて、のこの麺だったとは思いますが。
うーん、こちらの替え玉の細麺で食べてみたいという願望がありますね…。

次の限定も楽しみです。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「中華そば」@中華そば 西のの写真都市部から離れたラーメンが食べたくて…、醤油一本のこちらへ来ました!

駅からは近いものの細い路地で少し見つけづらいかもしれません、店内は白と木目が基調の清楚な内装。BGMも洋楽バラードでゆったりと食事出来ます。
「中華そば」を大盛注文すると調理は至って丁寧にされ、配膳された途端に懐かしいラーメンの香りがフワリ。

いただきます!
スープは熱々で醤油がキリリと利いてますね、それを追いかける様に鶏油の甘味と煮干し(?)の出汁が感じられます。あとは乾物類も昆布など活かして使ってる印象でしたが真相は謎。
一口目はやや醤油が強いかと思えましたが、背脂や具のネギみじん切り等が一緒に蓮華に入るので結果的に一杯食べる上でのバランスは良いかと。
豆苗も少しではありますがなかなかスープに風味が出る具なのですよね、豆苗増しがあっても良いかと思えるくらい豆の香りも合っているスープです。

麺が自家製で中太縮れ麺、モッチリ歯応えと程好い甘味がキリリと利いた醤油ダレと好相性。個人的な好みとしてはこれより気持ちやや細めくらいがベストですが(笑)
太麺細麺の選択が出来る様になったらたまらんです、仕込み的に無理はあるかと思いますが(汗)

具はチャーシューが最良な歯応えの煮豚で、この脂の感じが懐かしい!家族で出前をとって食べた町中華の(これ誉め言葉ですから!)懐かしさが込み上げてきて泣きそうになったのはここだけの話。
メンマはコリコリ食べ易い細いタイプでこれは今風、麺と絡んで食感も楽しませます。
海苔!合う!!そう!!!この味には海苔が必要なんです。味が合いもしないのに見映えで入れてるお店とは訳が違う。海苔が大して好きではないからこそ、そう思う。

久々にスープ・麺・具と書きつらねましたね、それだけ印象深い一杯でした。レトロの良い面影を残し無化調で自家製麺と今風のメンマ等も使う…
『昭和から平成までを踏襲した、時代の交差点とも言える中華そば。』
とでも言いたくなる様な懐かしさと先進性を兼ね備えた一杯でした。町の中華そばである事を大事にしたお店だと思いますし、無化調という情報なので御家族(御子様)連れの方に大変オススメです。

次は絶対特製を食べよう…。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油らぁ麺」@麺屋 さくら井の写真全メニュー制覇へ向けて来ました!

私は特製信者ですが、こちらは前回の訪問で全メニューが美味しい確信が持てましたので今回はシンプルに「醤油らぁめん」を注文。

配膳されるとシンプルな盛り付けで美味しいオーラ駄々漏れ状態。変わった事なんてしなくても美味しい、という自信が伝わってきます。

いただきます!
上品な鶏の味がブワッと口中に広がる味ですね、一口目から鶏出汁と鶏油の波状攻撃が押し寄せてきます。温度も煮干の時よりもしっかりと高めで嬉しいです。
醤油ダレや他の節や乾物系の出汁は、バランス良く鶏を引き立たせる様な味わいに感じました。スルメなんかも出汁に入っている様な気がしないでもない濃厚な複雑さ。
醤油も何種類かブレンドしている様で、それで決まった味を構成出来るというのが凄いなぁと感じます。

具もシンプルでどれも無駄が無く、前回柔らか過ぎに感じたチャーシューも今回は程好い食感があり美味しい低温調理でした!前回は箇所の違いや仕込みの微々たるブレでしょうかね、美味しいチャーシューです。

美味しいと思えるお店って、一回特製を頼めばあとはその日の気分で少しトッピングを足すだけで満足出来るのが良いです。
全てが高品質でハズレメニューの無いお店だと改めて確信しました。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件