なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

バサンダ

記憶の頁、評論家や専門家の評価ではなくただの個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.042点
最終レビュー日 2019年10月22日
433 245 0 1,045
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン 餃子セット」@ソラノイロ食堂の写真タマにはちょっと変わったの食べたいなぁ…と、前々から気になっていたこちらへ来ました!

なんとランチはセットがあるではないですか、これは迷わずセットでしょう(笑)
「カレーラーメン 餃子セット」を注文。
配膳されると見事カレーがぶっかけられた昭和な一杯が登場、餃子は高い訳ではないがこの皿にして三個の盛り付けは余白有り過ぎて貧相に見えてしまう。ランチ用の皿を用意すれば良いのになと思いつつ、置場所とか手間とか大変だよなとも思わなくもない。

いただきます!
スープを先ずは醤油のところから、背脂も入ってはいたけど結構アッサリしていて正直物足りない。
ではカレーを。カレーは甘くはなく辛さも控えめで、スパイスを利かせながらも異国の本格的なものではなく日本風ライトな食堂仕様といったところ。あまりビーフって印象じゃないのですが、中に入っている肉片は牛っぽい。スープの豚臭で分からん(笑)
ではいざとスープを混ぜ合わせいただくと、カレー8:醤油2くらいの割合の味わい。混ぜ合わせて初めて味が整う、正にカレーラーメンのスープ。
力み過ぎていないゆるい味展開が良いです。

麺はストレートでカレーが程好く絡み、一口毎しっかりと味わえます。
これが太麺だとカレーうどん的な味わいになるのかも。

具はコロコロチャーシューが想像を超えてとても良かった!
ハムの様な適度な弾力と強過ぎない味、そして脂もしつこくなくてどことなく上品な味わい。チャーシューの完成度高いですね!
チャーシュー麺の人気が高いのも納得です。

餃子は薄皮で野菜が多いのかな?あまり肉肉しなくてアッサリ味、薬味の柚子胡椒も合う味。

雰囲気から味まで、正に食堂という空気を味わえました!
たまーに来たくなりますね、昔家族で来たラーメン屋にまた来た…そんな気分で来られる気がします。
ファミリーで来られている方も多く、お子さんが小さい頃から美味しいラーメン食べちゃって一体どんな大人になるのか楽しみな他人の私でした(笑)
味を追求するお店というよりは、今流行りのラーメン屋に慣れ過ぎてしまったら行きたくなる、リセットボタン的なお店(良い意味ですよ!)としてまたその内に来ようと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーらーめん 牛ステーキ」@ラーメン燈郎の写真最近カレーラーメン食べてないなぁと思いつつ調べて来たこちら!

外観はビルの一階なのであまり目立ちはしないですね、店内は綺麗で席の後ろも広くゆったり食事出来る空間。BGMは邦楽ロック。
券売機で「カレーらーめん(中盛野菜にんにく普通) 牛ステーキ」を注文、店内を見て待つと店員さんは御近所と思われる御客様方とアットホームにコミュニケーションしていて明るいお店だなぁと感じます。
そして配膳されると肉!野菜!大蒜!と見るからにパワー系ラーメンの登場(笑)

それではいただきます!
スープは動物系というよりは正に濃厚カレー、トロットロで辛味もそれなりにあり見た目通りのパンチが利いたもの。
カレー南蛮的にカレーを中心に他の出汁やタレの味がじわっと滲み出る様な味わいでしたが、後半は辛味と香りでほぼカレーのみの味わいに感じられました。
まぁ元々カレーラーメンを食べに来たのでそれでも満足。

麺はかなり噛み応えのある中太麺で、スープのインパクトに負けない個性があります。
こんなにミッチミチな麺は久し振りに食べました、量も多めで噛み応えあるのでかなりの満腹感があります。
味としては案外アッサリだと思いますね、粉の甘味はそんなに強くない様に感じました。

具は、牛ステーキ・豚・野菜・大蒜。
牛ステーキは熟成肉との情報を聞いていましたが、噛み切り易い柔らかさでした。味は塩胡椒なんですかね?薄めでスープのカレー味と混ざっていました。大きそうに見えていたのでお得なトッピングかと思いきや、値段相応なものかと思います。
豚はバラのベーコン状チャーシューで、箸で切れるほど柔らかく調理されています。甘じょっぱい味付けで脂が少し重かったです。
野菜はもやしとキャベツ、シャキシャキに茹でてあり濃ゆいスープの合いの手に良かったです。
大蒜は普通で頼みましたが思ったより多めでした。二郎系は行かないので普通ってこんな量なのかと、スープに対して大蒜が利き過ぎかと思いました。あまりスープに入らない様にと気を付けたつもりでしたが、最後はカレーより大蒜味が殆どでした。少なめにすれば良かった。

味を総合して…
『ラーメン+カレー+ステーキ=パラダイス。』
だと思いました。

正に夢の共演ですよね(笑)
私の好みと麺が合わなかったのと、豚の脂が重かったのが点数低めの要因です。
バッチバチの硬め太麺と豚の脂身と大蒜が大丈夫な方には夢の国でしょう。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛こくラーメン(カレー)」@牛こくラーメン ◯勝の写真カレー!カレー!!夏はエブリデーカレー曜日!
という事で、牛もカレーも好きなので来ました。
あ、券売機は無いのですね。メニューからカレーラーメンを…カレーライスはあった。じゃなくて、カレー…カレーカレー………無い!やらかしたー!!
と、思って訊いたところカレー味も出来るそうです。一安心。

スープはレビューで見て思っていたのとは違い、サラサラ半濁でした。
先ずカレーの風味、そして牛と野菜の甘味、最後に牛のまろやかな香り…これ滅茶苦茶美味しいです!
名前通りこくがあり、牛もカレーもしっかり自己主張しています。
牛は元々甘めの味付けが合うのでスープもそれなりに甘め。甘めの醤油スープが苦手な方には合わないかもしれませんが、和牛好きなら間違い無しの美味しさ。
器の底には飴色の玉葱微塵と牛筋の欠片が入っていました。出汁の一部かとは思いますが、それもまた甘みがあり柔らかく美味しい。
使用和牛はA4ランクとの事で勿論牛の嫌な臭みは皆無、優しくも力強い牛の風味が楽しめました。

麺はモチプリ系のやや縮れ麺、スープにも合っていて美味しいです。
ツルツル表面の麺に先の細い設置箸で持ち上げづらかったのが少し難点でしたが。

具材は、和牛チャーシュー・キャベツ・海苔・葱・味玉。
和牛チャーシューは二枚で、柔らかく調理されており味も風味も良いもので脂身も上品でしつこくなく美味しいです。
キャベツは茹でてあり和牛チャーシューの下にあります、最初は見て違和感を覚えました。しかし食べ進めて気づくと、濃厚なスープの箸休めとして味の相性も良かったです。
海苔は…やはりあまり必要性を感じないですね。
葱は長葱の輪切りが入って、食感も風味も良かったです。
味玉は元から半個入っており、カレースープのせいかあまり味付けは分かりませんでした。

味を総合して、甘くて美味しい和牛ラーメン!だと思います。
やはり「甘いラーメンは苦手」という声も多数聞くのでそういった方に無理強いは出来ませんが、ただ平たく「牛」ではなく「和牛」が好きな方なら間違いなくお薦めです!

値段が980円というのがネックだと仰る方も見受けられますが、私は価値ある980円だと思いますしまた来たいと思いました。
そもそも現代ではお店に入る前に値段や画像は調べられるのですから、「ラーメンに千円はちょっと…」とか「この盛り付けの内容では…」と思う時点で他のお店の選択肢は沢山あると思います。
実際私は肉を扱う仕事もしましたが、A4ランク以上の肉を使ってこの内容でこのお値段ならむしろかなりお値打ちだと思いました。
質の良い食材は値が張って当たり前で、そしてそれが活かされているかどうかが重要だと考えますし、こちらのお店は充分に活かされた内容であると判断し93点とさせていただきました!

マルカツ丼ハーフもいただきましたが、こちらも丼ものとして充分に美味しかったです。
しかしながら味付けがやはり醤油ベースの甘辛なので、ラーメンと合わせると同じ味が続いて飽きてしまいそうかとも思います。
乗っている味玉がラーメンと同じ物ではなく、トロトロの温玉であればまた違うかとは思いましたが。

店内は白と木目を基調としたカフェの様な屋台の様な明るい空間、BGMはラジオでアットホームな雰囲気です。
外から見るとあまりに小ざっぱりした外観で、入るのにちょっと心配にはなりますが(笑)

次は醤油か塩か、はたまたカレーか…

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌カレー牛乳らーめん【月曜限定】 味付け半熟玉子」@豚らーめん 獣道の写真以前から目まぐるしい曜日限定が気になっていたので、お目当てに休みも合った事だし、夏だし、夏はカレーだし、我が家はカレー曜日だし。

スープは最初カレーパウダーが別添えの味噌牛乳ラーメンです。って文字にして冷静に考えると何だか物凄く怖い事をしているかの様なえげつない組合せですね…。
しかし!カレーパウダーを入れ忘れるくらい先ずはこちらが美味しいのですよ!良いイメージに言い換えるなら濃厚クリーミー味噌ラーメン!
サラサラスープではありますが、かなり濃い牛乳を使っている感じです。味噌の味もしっかりして、牛乳のまろやかさと上手く融合しています。一味唐辛子も軽く入っているので、味の輪郭もボヤけずにクッキリとしております。
私的には好きなスープで、思わず蓮華が進み過ぎるのを何とか抑制し後半戦にカレーパウダーを投入。これはまたカレーも主張し過ぎず先程の味にカレーの香りとピリ辛が足され、さながらタイカレーの優しいバージョン的な味に変化。
タイカレーでは香辛料のきいたペーストにココナッツミルクを使い辛くてミルキーになりますが、それが牛乳と日本の家庭用カレーの組合せになった優しいバージョンだと思っていただければ解り易いかと思います。(タイ料理が分からないとむしろ解り難いかもしれませんが。)
つまり名前は異端の様ですが、その実世界の料理的に見れば結構スタンダードな内容とも言えます。
誰もが経験した事のある、カレーライスと辛さ対策の為の牛乳と何故か毎日出て来てしまう味噌汁という幼少期の家庭の夕飯を思い出しませんか!?それら全てが一つのメニューに集約されたという訳です、何と合理的!
と、変な熱は入りましたが単純に美味しいですよ。

麺は平打ち太麺で、モチプリ系の噛んで楽しむタイプ。まぁまぁスープに合っていると思います。
替玉はストレート細麺、こちらも悪くはないですがやはり最初の太麺の方が合っています。

具材は、叉焼・麺麻・葱・味付半熟玉子。
叉焼は程好い味付けの柔らかいもの、スープとの相性は可も無く不可も無く。
麺麻は太くて甘いもの、こちらも同じく不可も無く。
葱は合うか心配でしたが案外普通。
味付半熟玉子は醤油ベースの味付けで黄身も濃厚トロトロでした。単品としては美味しいですが、醤油清湯スープの方が合いそうな感じです。

味を総合して、名前は異端そのものですが味は馴染み易く美味しいラーメンだと思いました。
やはりスープが良かったですね。麺や具材の武骨さはスープ主体に比重を置いているからだと思われますが、具材もこのスープ用に変わったら面白いのになぁ…でもそれでは仕込みの手が回りませんよね。ただでさえ曜日別の限定が目まぐるしいので。
私はスープを楽しみに来ることにしましょう。

店内はやや広めでスッキリしており、こちらもラーメンと同じく武骨な感じ。
BGMは80年代ポップス、店主さんの世代ですかね。真新しい内装に80'sは新鮮な感覚でした♪

私の前回食べたラーメンが凄いものだった後にこれだけ美味しいと思えたのですから、次回も期待大!
トッピング以外にも辛さ調整も出来ますから、こちらのお店だけで随分と沢山の味が試せますね。色々な味を確かめたくスタンプカードもゲットしてしまいましたし、また来る事は間違い無しです(笑)

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製濃厚味噌(カレー)」@みそや林檎堂BASICの写真夏はやっぱりカレーですね~!(毎回違う事を言ってる気がしますが…)
カレー、カレーと、カレー味噌…無いッ!?
店員さんに訊いたらカレー味も出来るとの事で、迷わずお願いしました。
「スープに粉チーズを溶かして御召し上がり下さい。」と言われて見たものの…

スープは……見えません!
いつも先ずはスープから食べる派なので、麺をかき分けスープを何とか蓮華に。
ドロッとした濃厚なスープを一口、しっかりカレーもきいていて濃厚ながらもしつこくなくまろやかな味です。ラーメンというよりは和え麺にも近い様な濃厚スープで、粉チーズが入ると更に濃厚かつドロッとします。濃厚民族の方は必食。
私の経験した味噌ラーメンとしては、今までで一番濃厚かと思います。

麺は中太やや縮れ麺で、程好いモチモチ感がスープと合っています。
ただ、具材がモリモリなので麺を引き上げるのがかなり大変でした。

具材は、ローストビーフ・粉チーズ・叉焼・麺麻・挽肉・水菜・もやし・葱・味玉。具沢山!
ローストビーフはしっとり柔らかく旨みもあります、肉の味的に国産牛ですかね。しかし運悪く筋が多めの部分に当たり、なかなか噛みきれませんでした。「味噌スープにローストビーフ!?しかも粉チーズ!?そしてカレー仕様にしてしまったけど大丈夫!?」と自業自得を焦っておりましたが、全く問題無く美味しい(笑)好みは分かれるとは思いますが、私は好きです。
叉焼は冷たいものが乗っており、冷たくても箸で切り分けられる柔らかさ。味はローストビーフの後では特筆するものは無いけど、柔らかさはビックリです。
挽肉も同じく、甘じょっぱい味でしたが印象は薄いです。
麺麻は柔らかい極太タイプの甘め、辣油みたいな辛ダレがかけてあり甘味と辛味を楽しめます。
水菜は生で独特の苦味が良いアクセントに。
もやしと葱はローストビーフの下に。もやしは茹でてあり私は常々ラーメンに茹でもやしが入るのは否定的ですが、こちらはスープがドロ系なので水分で味が薄まる事も無く葱とも合っていて仄かな甘味がとても良かったです。
味玉は醤油の風味が強く出た甘から味、黄身までしっかりと味が染みた濃厚なゼリー状。これは逸品。

味を総合して、濃厚一直線の味噌カレーラーメンでした。
味噌スープに具材も肉系が多く内容がタンパク質だらけな事とか麺がとりにくい事とか、色々細々気になる点がある気がしますがそれを吹き飛ばす個性と美味しさがあります。

店内は黒を基調としたやや暗めな作りでムーディー、椅子が木で硬かったのが少し気になりました。
BGMは終始宇多田ヒカル、妙にお店の雰囲気に合ってました。

お店は味噌メインの扱いですが、しっかりとカレーの味は楽しめたのでカテゴリーはあえてカレーに致します!
次は通常の味噌ラーメンを食べたいなぁ。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「グリーンカレー鶏そば【期間限定】」@自家製麺 鶏そば 三歩一の写真久し振りに通りかかったら、何度か来ているこちらで初めて見る限定メニューの貼り紙。
今まではタイミング悪かったのか見た事がありませんでした、しかも私の大好きなグリーンカレー!これは試さなくては!

スープはなかなか本格的なグリーンカレーです。
香りも辛さもマイルドさも兼ね備えており、雰囲気だけの紛い物ではないです。
これはグリーンカレーペーストにココナッツミルクは少な目にして濃厚鶏そばの出汁を合わせた物の様に感じましたが…、どうなのでしょう。とても美味しいスープです。
香りと辛さはしっかり有り、乳成分は抑え、そして自家製麺に合うサッパリ感と上品さを保っているあたりがこちららしいグリーンカレーだなぁと思いました。

麺は恐らく通常メニューと同じの全粒粉入りでやや茶褐色気味なもの。
私はこちらの麺が好きなのでグリーンカレーでどんな麺が出てくるのか、替玉は出来るのかがやや不安でしたが、思いの外これが合っていてビックリしました。替玉も大丈夫でした。

具材は、鶏叉焼・麺麻・青葱・白髪葱・揚玉葱・パクチー。
鶏叉焼は通常と同じ二つのタイプが入ってます、勿論グリーンカレーとの相性は文句無し。柔らかくて美味しいです。
麺麻もグリーンカレーには筍がよく入っているので、全く違和感無し。しかも細切りで味も薄めなものなので尚更合っていて良かったです。
葱二種類は初見で「これ合うのかなぁ…」と不安でしたが、可もなく不可もなくといった感じ。逆に入っている事でラーメン感が出て、味としては普通ですが雰囲気的にはアリです。
揚玉葱は普通グリーンカレーには入りませんが、ラーメンの具材としてはこのスープに馴染んでとても合うと思います。風味がまろやかになりますね。
パクチーはタイ料理だから…って事ですかね、勿論合わない事は無いですが必要って程でも無いとは思いました。有れば風味は足されますが葱も乗っているし、どちらかと言うと量的にも葱に味が負けてしまっていて存在感が薄いです…。

味を総合して、とてもサッパリで上品なグリーンカレーのラーメンでした。
タイ料理と和のラーメンの見事な融合だったと思います。

店内はやや暗めで和風な造り、BGMは洋楽ポップスでした。
通常メニューも濃厚鶏そばが好きですし、また来ます!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カレー味噌」@Miso Noodle Spot 角栄 KAKU-Aの写真スープはカレー風味の味噌といった感じ。
そもそもカレーの味はスパイスや具等で全く変わる訳ですし、味は味噌で風味がこれだけカレーならカテゴリーはカレーで良いかなと思いました。
スープは無化調でかんずりも使っていると店内に書いてありましたが、かなり濃厚で無化調感は皆無です。
一口目は味噌の塩気がガツンときますが、カレーの風味と背脂の甘みでスグに円やかスパイシーに変わります。とても面白い味。
そして、粉チーズで更に風味豊かかつコクのある濃い目に、トマトでフルーティーかつ甘酸っぱめに、割りスープでサッパリかつ爽やかに…と味が目まぐるしく変化します。こういう変化が楽しめるラーメン大好きです(笑)
濃厚さの中に、他には無い斬新さがあり唯一無二の個性を放っています。

麺は濃厚味噌と同じく、噛み応え重視の中太麺。
スープの辛さとの相性抜群の麺で美味しいです。

具材は、豚角煮・麺麻・韮・にんにくの芽・トマト・粉チーズ・セロリ・糸唐辛子。
豚角煮は甘めの味付けで柔らかく、カレーとミスマッチな様で合います。
麺麻は親指程の太さ、これくらい太くないとこのスープでは埋もれてしまいますね。
韮とにんにくの芽は、これまた良いチョイス!ピリ辛味とこの風味はたまりません。
セロリは意外な具材でしたが、このスープには合うんですね。これは斬新で良い。

全体的に、スープの味の変化や具材の意外さが妙にマッチしていてとても好きです。
私的には割りスープは必要ありませんでした。味の変化を楽しむという点では楽しかったですが。
また食べたくなる味です。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「グリーンカレーヌードル 【限定麺】」@○麺堂の写真新作限定麺を食べに来ました。

スープは、恐らくグリーンカレーペーストと通常の看板メニューラーメンの豚骨スープの合わせかと思います。ココナッツミルクは殆ど感じられず、少し塩気が強めです。
タイ料理!というよりは、タイ風と和風のブレンドスープ。

麺は、いつも通りのツルツルプリプリ麺。
麺自体は美味しいですが、スープの味に負け気味。

具材は、骨付き手羽元、フクロタケ、素揚野菜(茄子・ピーマン・赤パプリカ・玉葱)、白髪葱、あさつき、チャービル。
鶏は軟骨までやわらかく調理されており美味!
ただこちらもトータル的にスープの味に負けてしまう…、スープが美味しいから良いのだけど。

いつもは具材や麺のバランスが素晴らしいですが、今回はグリーンカレーの香辛料たっぷり風味にちょっと他が負けたがします。
今後はイエローカレーやレッドカレーも出るのか、非常に気になるところ…
御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件