なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,043
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば 大盛り 全粒粉麺変更」@俺の麺 春道の写真前回気になっていた全粒粉麺を試したくて来ました!

券売機で「まぜそば 大盛り 全粒粉麺変更」を選択(全粒粉麺変更は無料で数量限定)、配膳されると見た目にも迫力ある太麺の全粒粉麺で期待大。
お酢とラー油のボトルもセットで出してくれます。

いただきます!
先ずは麺から。
色から想像したより香りが強いとかではないけれど、風味良くモッチリと歯応えがありまぜそばに最高の麺です。色のせいか粉の味わいも濃い気がします。

タレは甘めな味付けですが太麺にビッタシ合う醤油系の味で、うねりのある麺によく絡みます。
豚骨スープも少しは混ぜているんですかね、油分もありなかなか濃厚なタレ。
海苔に乗った節粉をふりかけ混ぜると香りも良い。

具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・なると・のり。
ネギは相変わらずこちらでは良い薬味ですね、しかしながら今回気付いたのは券売機にネギ増しのボタンは無かった…(笑)
まぜそばの具って二通りあると思うのですが、麺に絡む様に切ってあるものとラーメンと同じ状態のもの。
個人的にはやはりラーメンと同じだと少し食べづらいというか何か違う印象。

半分くらいまでいただいてから一緒に出してくれたお酢をかけると、酸味のおかげでタレの甘味とコクが更に感じられる様になりますね!
更にラー油もかけると胡麻油の香りにピリ辛がまた合う。
個人的にはお酢は少な目ラー油は多目なバランスがベストでした。

麺量もかなりありタレも最後までしっかりと味わえる量、生卵のボタンが売り切れでしたが濃厚味にとても合いそう。
次は試してみたい。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
89

「中華そば」@俺の麺 春道の写真人気店が移転してたという事で久々に来ました!

以前は数年前に来て、当時は豚骨魚介があまり得意ではなかったので美味しいけど好みではないという感想だったかと。
しかし色々食べ歩き豚骨魚介も味が分かり、思い返してみればこちらはかなり美味しかったのではないかと思い移転を期にまた来た次第です。

店内は以前のカウンターのみ一列の造りから二名席まで増えて綺麗になってます、BGMはアイドルソングで水がレモン水なのが濃厚推しのお店ならではの音楽も飲物も清涼感の配慮があって良いです(笑)
「中華そば」を大盛り注文して配膳されると、うおっ!麺がスープから盛り上がってかなりの量!前はこんなじゃなかったよね!?

いただきます!
記憶を頼りにスープから…えっ!以前と全く違う(笑)
以前はもっとスープらしいスープだったのに、今は濃厚を極めもはや流動食!!
味は以前の特徴に近く魚粉や動物白湯の味がしますが、濃厚なんてもんじゃない。特濃中の特濃。
それでも味はしつこく無くくどくも無い、でも麺に絡み付いて一口毎に否が応でもたっぷりとスープが口に入って来る(笑)
大盛りが300gと表記ありましたが普通のお店の300gとは訳が違う、スープがかなりの存在感なので体感は400g弱レベル。濃厚民族大盛派の方にも満足いただける内容かと。
具はチャーシューが相変わらずハムっぽいしっかり味で美味しかったのと、長葱がパッと見多く見えてそれでもやや足りないというスープの濃厚さ。

いやーこれはビックリ!
同じ味の系統の進化で数年でこんなに変化しているお店はそうそう無いのではないかと、味を全く変えたとかではなくその道を登り詰めたと言う方法論では他に類を見ない変わりっぷりかといった感があります。

麺がかなり美味しかったので、これはもう全粒粉も試さないといかんですね。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「らーめん 海老に変更」@らーめん こてつの写真あまり来ないこちら側に用事があったついでに。
新規開拓したかったですが、どうにもまた食べたくて来てしまいました!(笑)

前回から気になっていた「らーめん 海老に変更」を注文、相変わらず個性的なお店の雰囲気。マイケル・ジャクソン聞きながら豚骨ラーメンていうのも良い感じです。
配膳されるとフワッと海老の香りがして食欲をそそります!

いただきます!
スープは結構ガツンと海老が感じられる味、もっと軽いかと思ってました。お見それしました。
海老好き、そして濃厚好きにはとても良い感じ。海老に変更という味変的なイメージの名前に反して立派な海老豚骨ラーメン!
醤油ダレがやや甘めなところと海老の風味が相まって、コッテリまろやかな味わいです。

麺はしっかりとスープを持ち上げて一口毎の海老味がとても良いです。

しょっぱめのちゃーしゅうと甘口メンマに青いねぎ、具がスタンダードながらも物足りなさは皆無です。
特に濃いスープとねぎの相性は抜群、前回も書きましたがねぎは増しても良いですね。

いやー思ったよりガツンと来る海老味に満足でした!
しかし全体的にちょーっと味が濃いかな…という感想。
スープが塩分高めでガツンと濃くて、ちゃーしゅうも醤油ダレで焼き上げてあり味はしっかりめ、メンマは甘口だけども味はかなりしっかり。
タレ薄めとか出来たら私にはかなり合うかも、って現行でも美味しい事に変わりは無いですがつけ麺の方が向いてる味かもしれません。

次は煮干しに変更も食べてみようと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製らーめん どろどろに変更」@らーめん こてつの写真無化調の豚骨ラーメンと調べて来ました!

外観は御世辞にも綺麗な感じではなく、看板も手描きの絵だったりして個性の強いバーみたいな雰囲気。
内装は黒を基調としていてBGMがクラブ系と、独特な感じで。本当にここ無化調のラーメンなの?みたいな…。

券売機で「特製らーめん どろどろに変更」を買い待ちます、無化調のどろどろ豚骨ってどんなよと。レビューも、もたれたとか食べきれなかったとか書いてあり怖い。
配膳されるとネットで見ていた通りのスタンダードな盛り付けでスープはそんなヤバそうな感じは無く。

それではいただきます!
スープは…これホントどろどろだ!(笑)
この濃度どうやって出してるのだろう、先ずはそれを考えてしまう。
塩気は結構強めで豚骨の味は有るけど節系の香りがかなり強く、濃厚豚骨にありがちな獣臭は皆無。
個人的に正確な表現で言えば「トロトロ」って感じですかね、餡かけの様に麺にトロリと絡み付く。一口毎にガッツリ絡み付いてきます。
一口一口がかなりヘビーなので、濃い味が苦手な方にはキツいかも。でも無化調らしいので食べた後のしつこさは無かったです。
上品ではない、しかし下品でもない、いかんとも形容し難い濃厚スープ。
こんな豚骨魚介スープを出す店は他に無いだろうな。

麺は中細のストレートで噛み応えがある冷や麦の様なもの、スープに対してやや弱いかと思いきや「あ、どろどろに変更したからか!(笑)」と(笑)
このスープでここまで味がするのなら、通常スープだとなかなか良い麺なんじゃあないかなぁ…。
早くも通常スープで食べたいです。

具は、ちゃーしゅう・メンマ・ねぎ・のり・味玉。
ちゃーしゅうは所謂ガチの焼き豚、今時の低温調理ではなくホロホロでもない。肉感しっかりで甘くはない醤油ダレの味付け、硬派ですねぇ。
メンマは濃い茶色の角材タイプ、甘めの味付けで歯応えはジャクジャクとした強めなものでした。
ねぎはこういうスープには必須の薬味、増しても良かったと思うくらい合っていました。
味玉は甘くない味付け、どろどろに変更では特に要らなかったかなぁ…。これは通常スープで味わいたいもの。

味を総合して…
『味は濃いがしつこくないどろどろ無化調豚骨魚介、濃厚好きなら食べてみて欲しい!』
と思いました!

お店は外観が少し怖いというか独特な尖った印象なので無化調という雰囲気ではないですが、店内は学生も多く地元の方が多数来られているのでそのギャップが面白かったですね。
味も他では見られない様な濃厚タイプで、半信半疑でしたが後味からしてもやはり無化調かと思います。
味のカスタムが色々あるので、また何回か来て組み合わせてみたいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん全部乗せ」@らーめん神宮の写真初めてのベジポタ体験に来ました!

外観は遠くからでもラーメンの看板で分かりますが、それにしてもここら辺はかなりラーメン店の多い場所ですね。店内は武骨なラーメン屋の作り、BGMは邦楽ポップス。
「らーめん全部乗せ」を注文し配膳されると野菜がモリッと乗せられて食べ応えありそうな盛り付け。

それではいただきます!
スープは塩気はしっかりしてますが、豚骨も野菜も薄めに感じます。最後の方で野菜のものかと思われるザラつきがあったくらいでした。

麺は思っていたより細くややウェーブのもの、漠然とラーメンと言う単語から想像されそうなスタンダードなもの。
味は良いです。

具は、チャーシュー・メンマ・野菜・ネギ・のり・味たま。
チャーシューはバラ肉で味の濃いもの、三枚は私にはちと重かった…。
メンマはしょっぱめなもので結構柔らかかったです。
野菜はもやしやキャベツを中心とした茹でたもので、まぁ皆様想像通りのもの。
ネギは量が少なかったのであまり印象に無いです。
のりは無難に合ってました。
味たまも甘くなくしょっぱめな味付け、浸けダレは出汁とかではなさそう。

味を総合して…
『案外軽いスープに野菜もポタという程は感じず、想像し易い野菜盛り乗せ豚骨魚介ラーメン。』
だと思いました。

スープも麺も具もド定番な感じで。
何が良くも悪くも無い無難なラーメンに感じました。
ただ、味付きの具が全て塩気が強いのは辛かったです。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鷹虎ら~麺」@麺屋武蔵 鷹虎の写真暑いからこそ、豚骨魚介。
本当は豚骨魚介は冬に食べたいタチですが、突然の秋の風が豚骨魚介欲求を誘発して来てしまいました!
あと最近豚骨魚介が少し好きになれてきたので、有名店の味を知りたくてですね。

外観はもう外観と言うよりも駅前の路地裏の小さなスペースに無理矢理お店を捩じ込んだ感じ、赤い暖簾が目印です。
店内は黒が基調で暗めの照明、壁に和風の絵が描いてあったり装飾も和風。
洋楽ポップスが結構音量大きめにかかっているのが、食事をするには少し気になるところ。

「鷹虎ら~麺」を注文して配膳されると、俺達はこれでやってきたんだという貫禄を感じる盛り付けですね。
よく有りそうな盛り付けなのに、隙が無いというか不思議と特別な雰囲気を醸し出しています。

それではいただきます!
スープはトロッと乳化した豚骨魚介で、節の香りが強めながらも意外な程にしつこくなくアッサリ。
ほんのりピリ辛風味があるのはチャーシューのせいかそれとも基本仕様か、いずれにせよそのピリ辛風味が更に後味を引き締め爽やかささえ感じます。
前情報で濃いというイメージが先行していたので、ちと面食らいました。

麺はストレート太麺でモチップリッとした食感。
すすり心地と噛んだ時の味わいのバランス、スープとの味の相性がパーフェクトハーモニー。完全調和ってやつです(笑)
スープの絡みは弱いものの、麺の味が半端無く良い!そりゃあつけ麺がメインのお店になる訳だと。
しかし汁麺でも味の良さは充分に伝わりますね、麺が好きな方には是非来て欲しいお店です。

具は、鷹虎チャーシュー・チャーシュー・メンマ・ネギ・三つ葉・味付玉子。
鷹虎チャーシューはバラロールで甘じょっぱくピリ辛な味付け、ジューシーで味が濃いめに調理されています。スープの僅かなピリ辛味はこれが原因かもしれない。
チャーシューは肩ロースの歯応えがしっかりしたものでバラロールよりも味が薄め、肉の自体の味と食感を楽しめます。
メンマは色の通り味濃いめで、甘じょっぱいのですけど…何だろ塩からいのとは違う味の濃さ。たまり醤油の様なコクのある味でした。
ネギは長葱で適度な量で良かったです。
三つ葉はこのアッサリとしたスープととても合いますね。豚骨魚介で三つ葉が入っていても意味を為さず無駄な事もありますが、こちらは先にも書きましたが意外とアッサリとした味わいなので三つ葉の香りも活きます。三つ葉が好きな方は増しもアリだと思います。
味付玉子は中がややトロッとした状態で、味も染みていましたが…普通だったので印象は薄いですね。

味を総合して…
『有名店の貫禄ある豚骨魚介、何気に優しく後味アッサリ。注目すべきは麺!』
と思いました。

勝手な先入観で、濃い豚骨に肉がドーンみたいなイメージがありました。
しかし実際食べてみるとなかなか繊細な味で、ややトロみのあるスープときめ細やかな食感の麺のコンビネーションが店の雰囲気に似合わないと思える程の上品さを出していました。
辛い味もある様なので、また来てみたいと思います。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白湯そば ワンタン」@おおぜき中華そば店の写真以前から気になっていた有名店へ来ました!

外観は目の前まで来ないと、通りからではちょっと分かりにくいですね。
店内は年季を感じる風合いで多くの方が来られているのだなと感じます。BGMは洋楽ロック。

清湯にしようかと思いましたが気分的には白湯だったので、「白湯そば ワンタン」を注文。
調理風景を眺めていると、「えっ…」というシーンがありました。その一杯は他の方へと運ばれた訳ですが、私のところへ来たらどうしていただろうか。

それではいただきます!
スープは塩気が強めで魚介出汁も香る白湯、鶏と豚という事ですが臭みは全く無くサラリと飲み易いものでした。
器の底にフライドオニオンが入っていましたが、効果は殆どありませんでした。

麺は中細の縮れですが、サラサラスープの絡みはイマイチかと。
あと大盛りを注文しましたがかなり量が少ないですね。数回すすって殆ど無くなりました、他のお店と比べて半分まではいかずともなかなか少なかったです。

具は、焼豚・メンマ・ネギ・小松菜・海苔・なると・ワンタン。
焼豚は低温調理の豚と鶏もも肉の醤油ダレ風、豚は厚みがあり塩味もしっかりしていて食べ応えあり。鶏は醤油ダレの味が照り焼きを思わせる風味で柔らかい。
メンマは穂先の長いタイプで柔らかく味もしっかり。
ネギは小葱でスープによく合う薬味。
小松菜は食感が楽しめる茹で加減で良い箸休めになりました。
海苔となるとはこちらの盛り付けのトレードマークですかね?味は普通でした。
ワンタンは餡を味わうのに比重を置いたタイプで、豚と鶏の合挽きですかね?鶏軟骨が入って黒胡椒がかなり利いていました。皮はたなびかない硬めのもの。

味を総合して…
『麺の少ない無化調白湯ラーメン。』
だと思いました。

これといった特徴は無く無難に美味しい、そして無化調で後味がサッパリ。
ただスープや具の塩気が全体的に強めで喉が渇きましたね。
何より値段の割にかなり麺が少なく、スープメインで味わいたい方向けなのかなと。しかしながらスープは塩気が強くあまり進まなくて殆ど残した状態。

盛り付け時の事とか麺の量とか考えると、ここはもういいかなぁ…と(笑)
有名店の味を確かめられて良かった、という事で。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚魚介わんたんめん」@瞠 池袋店の写真雲呑、好きなのですけどなかなか「これだ!」というものに出逢わないラーメンの具。
そして皮や包み方や餡もそれぞれ個性的で、「おおぅこれはなかなか…」というところまではあってもドンピシャというものはそう無い。先日も牡蠣の雲呑をいただいたのですが、何か腑に落ちなくて…。

の で!
渡なべさんの関連店でこちらは雲呑があったな…と思い出し来てみました。

外観は和食屋さんの様な雰囲気、そして中へ入ると案外奥に広く店内待ち席も長めに用意してあり人気がうかがえます。
内装は自然色を基調とし黒めの木を使っていて、照明も暗めでBGMは洋楽バラードと混雑していても落ち着いて過ごせる空間になっています。
カウンターと椅子は高めに作られていて、待ち席から見ると食事中の方は少し違う場所に居る様な雰囲気。
食事中の方と待っている方の両方にストレスにならない様に配慮された造り…、かと思うのは考え過ぎでしょうか。
少なくとも私はそう感じました。

今回目的の「濃厚魚介わんたんめん」を注文し配膳されると、正に渡なべだなぁという感じの渋い盛り付け。

それではいただきます!
スープは高田馬場よりもやや薄めな印象、薄いのは節の風味…かな?
まぁ比較して薄めというだけで、普通に考えたらそこそこ濃厚なスープです。
豚骨と鶏も使っているのでしょうか、動物系白湯は臭みが全く無いのでとても上品です。
後半に卓上セットの辣油を少し入れると抜群の相性、薄めに感じた部分が穴埋めされ個人的な好みではこれが完成形といった感じです!
一口目の印象は軽くて心配でしたが、最後までいただくのに程好い濃さでしたし辛味も合って良いですね。

麺は中太のストレート麺で、スープの吸いが良くムチッモチッとした食感。
適度な噛み応えがあり重過ぎず、量の割にはサラッと食べられます。

具は、ちゃあしゅう・めんま・葱・のり・わんたん。
ちゃあしゅうは厚めで肉の食感がしっかりとあるものでした、脂もそれなりにありましたが然程気にならず。
めんまは板状の大きめなもので部分的にかなり硬いところも少しあり、個性的ではあるがもう少し完成度が高いと良いなと思いました。
葱は長葱でしたがスープと合う薬味でした。
のりは向こう側が透ける様なもので、あえて乗せなくても良いかなと。
わんたんは餡に挽き肉以外にバラ肉を刻んだものが入っていて食感を楽しめる仕様でした。皮は薄くはなくこちらも噛んで味わうタイプ。食べるという事に比重を置いたわんたんでした。

味を総合して…
『量の割には優しい味の濃厚魚介ラーメン、わんたんは噛んで味わうタイプでこれも食べ応えあり。』
だと思いました。

店内の雰囲気も含め、落ち着いた味わいでしたね。
今回はわんたん目的で来ましたが、わんたんは他には無い食感だったのでわんたん好きな方におすすめ。
他の方が食べていた煮干次郎らーめんが気になったのでまた来たいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

「らーめん 替玉」@渡なべの写真前回のお店で豚骨魚介が物足りなかったので、ちょっと久しぶりにこちらへ来てみました!
以前こちらでいただいた時はまだラーメンをあまり食べていない頃だったので、今改めて食べてどう違いを感じるかという事も含め。

外観は相変わらずひっそりとしていて独特の雰囲気、内装は茶が基調で木目を活かした造り。
BGMはヒップホップなのが意外でありながらもしっくりきています。
「らーめん」を注文し待ちます、配膳されるとシンプルな盛り付けに良い香り。以前と殆ど変わらず同じ状態のものだと思われます。

それではいただきます!
スープは一口目から節の香りがグワッと強めで、豚骨が上品に円やかなコクを出しています。
飲み易くもインパクトは強い味、印象に残って食べ易い…つまり中毒性の高いスープ。
こりゃあ人気出る訳だ…。

麺は自家製らしく、中太のストレートで全粒粉入りでした。スープに負けない存在感がある味と香りでとてもバランスが良かったです。
替玉は博多豚骨ラーメン風の細麺ストレートでこちらも全粒粉入り。香味油の様なものと葱が少しかかっていました。
こんなに主張の強いスープに細麺が合うのかと疑問に思いましたが、食べた瞬間に「こっちの方が好きだ!」となりました(笑)
出来るなら最初から細麺を選びたいくらい。

具は、ちゃーしゅー・メンマ・ねぎ。
ちゃーしゅーは豚の臭みが全く無く、肉も旨味があって噛むと豚肉の味がしっかりと感じられるものでした。シンプルで美味しいちゃーしゅー、こういう当たり前に見える美味しいものを提供するあたりに貫禄を感じます。
メンマは板状の特大サイズ、しかもそれが数枚!こんなに入ってましたっけ?(笑)とても柔らかくはなっていますがやはり噛み切ると歯間に繊維が…、そして一口では大き過ぎる…しかし味は良い。特徴的ではあるし味は良いですが、何ともコメントが難しいメンマ。
ねぎは青葱と白葱で、麺に絡み良い風味と食感を与えてくれます。スープの風味とも合っていましたし量もちょうど良かったと思います。

味を総合して…
『ありふれた豚骨魚介の様で、実は繊細に作り込まれたらーめん。』
だと思いました。

私は元々豚骨魚介スープがあまり好きではなかったので、数年前に食べた時は他のお店との違いはそんなに分かりませんでした。
しかしあえて今食べてみると…節系の香りが強烈という印象は変わりませんが、豚骨の臭み無いクリーミーな優しさやちゃーしゅーの肉本来の旨味もしっかりと感じられます。
一度食べたら満足という作りではなく、何度も足を運んでもらえる様な飽きない味の構成。そうも感じました。
こちらは限定を食べた事が無いので、次は限定もチェックして食べに来たいと思います!

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「濃厚味玉入り中華そば」@道玄坂マンモスの写真渋谷への用事がてら、人気店らしいこちらへ立ち寄りました!
さすがは人気店、混み合う時間は避けたつもりでも店前は数人の列。
食券を買ってからの並びなので「濃厚 味玉入り中華そば」をポチリ。

外観は回りのお店の種類が雑多なだけに特に目立つ事は無く、マンモスと書いてある看板でさえも景色に埋もれます。店内はかなり狭く、若者向けの人気店だなという雰囲気でした。並んでいた方々のマナー面も含め。
席に座ると程無く配膳、盛り付けはガッツリ系豚骨ラーメンの風体。

それではいただきます!
スープは節系の香りと豚骨がベースですが、何か薄い…。背脂も入っていますし決して軽くはないのですが、水っぽく薄い味。
数分後には口が慣れてしまい飽きを感じました。

麺はやや太めなストレートのモチップリッとした食感、太さの割にはアッサリした味の麺。
薄め味のスープに麺もアッサリ、合うどころかむしろ物足りない。

具は、チャーシュー・メンマ・水菜・葱・柚子・海苔・味玉。
チャーシュー自体は薄味で脂身が重かったです。スープと麺と比較するとチャーシューの脂身がとても浮き立つ重さ。
メンマは水分少な目のコリコリ食感、味薄め。
水菜と葱は刻んであり、麺に絡めて食べるという事でしょうかね。水菜本来の苦味や青臭さは無く、薄いスープが更に薄まる印象。
柚子は水戻しかと思われるもの。いつも思うのですが、水戻しの柚子がちょこんと乗っていて感動的な役割を果たしているラーメンには一度も巡り合った事はありません。こちらも味的に合わない訳ではないですが、乗せてある「意味」というものを感じられないのでした。
味玉も薄味で中身はトロットロなタイプ。

味を総合して…
『脂や麺の量的な重さの割には薄くて軽いラーメン。』
だと思いました。

並んでいるお店だから美味しいとは限らないですし、美味しいからこそ並んでいるお店という現実。
そもそも美味しいかどうかは個人の味覚の差が大きいですし、世間の評価はアテにならない事も多い。
しかし今までの一つの結果として、並びながら若者達が「ここウマイんだよなー!」とかワイワイ盛り上がっているお店は大体私の好みから外れた味だと感じました(笑)
○○の系列店とか、ネットで美味しいと書かれていたからとか、並んでいるからとか。
インターネットの普及により個々の味の好みよりも、そういった先入観や情報・状況的な特別感が持て囃される時代になったなと。
百軒以上食べ歩いてみて、並んでいる方々や店内での会話等を総合するとそういった結論に至りました。

流行りの情報に敏感になる。
それもまた一つの価値観かもしれませんが、私はやはり己の味覚と感動を大事に味わっていきたいです。
新年一発目、味の感想よりも思想の話になりました(笑)

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件