なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かぷっちょ

男性
平均点 81.376点
最終レビュー日 2019年10月20日
271 220 44 247
レビュー 店舗 スキ いいね

「辛辛魚ラーメン」@麺処 井の庄の写真漸くというか、カップ麺で長列店になっていたので、なかなか来れず、天候不良の14:00を狙って訪ラー。されど、外8中8で、20分強は待たされる。
初回につき、辛辛魚ラーメン普通でのデフォ攻め。
麺/33 スープ/34 具/16 計83点
麺は、平打中細麺。スープとの絡みは良好だが、啜りすぎるとむせるので注意。
スープの基本は濃厚豚骨魚介。豚骨魚介の甘味に七味の辛味が絶妙にブレンドされている辛旨のスープ。
混ぜ七味と魚粉を撹拌して、更なる濃厚の世界へと誘われます。
しかし、辛さも塩梅も魚粉のクドさも絶妙で、ついついレンゲで啜ってしまいますね。
具は、チャー、メンマ、海苔、ネギ。
チャーは、脂身ガッツリで肉感はあまりない。
ただメンマは大振りながらも、ちょっと薬品臭がしていて、残念。もう少し筍感が感じられるものならばかなりよかったのに。
完食後は首から上はしっかり汗をかき、期待通りの辛旨でした。
帰りに保谷店を覗いてみると、此処にも辛辛魚ラーメンはあり、本店で20分も並ぶ必要があったのかな
本店では、本店にしかないつけ麺にすべし
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「淡竹」@麺屋 優光の写真京都御池にて、訪ラーは、良さげな優光にてデフォらしき淡竹を。
麺/33 スープ/35 具/17 計85点
麺は、中加水中太丸麺。何か練り込んであるようだが、分からず。
パツッと張りのある歯応え、味もしっかりでとても美味しい。
スープは、牡蠣、アサリ、しじみに京醤油のブレンドとのこと。
牡蠣感はちょっと分からなかったが、アサリの旨味がしっかりと感じられる清淡スープ。
塩分も抑え目で完飲は必至。
後半はチャーからの脂とチャーの味付けに使われている香辛料もブレンドされて、更にふくよかな味わいに。
具は、半レアチャー三枚、穂メンマ、ネギ。
チャーは、火が通っている部分と半レアの部分が適度にあり、味、食感ともにとても美味しい。少し香辛料系で味付けしてある感じ。
穂メンマもスープとマッチ。
上品な美味しい一杯でした。
ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@博多一成一代の写真福岡出張につき、お約束のトンコツ。
今回は、久々に一成一代へ。
東比恵の地下駅までトンコツ臭が流れて来てます。相変わらず強烈ですね~
いつの間にかランキング店になってます。
メニューは、相変わらずのラーメン一本。
もちろんバリカタで。
麺/33 スープ/34 具/16 計83点
麺は香り強めの細麺。しかし、ここまで香りが強かったかな?替玉して、素麺で食べてみる。かなりグッと来ますね。
固さはきっちりのバリ。
スープもトンコツ臭が一段と強くなった印象。れんげで啜るとグイグイ攻めて来ますね。嫌いじゃないけど、好みが別れそう。
辛子高菜投入で、少しマイルドに。
具は、小ぶりのチャー2枚、木耳、浅葱。
チャーは、少し物足りないかも。木耳増しにすれば良かった。
いやー、相変わらずの硬派トンコツで、期待を裏切りませんね。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん」@麺処 あす花の写真ハイレベルな神保町だが、営業時間が短く、行っておきたいあす花にて、デフォのらーめんを。
麺/33 スープ/34 具/16 計83点
麺は低加水ストレート細麺。
ほんのり香る小麦とぷつっと歯応えの美味しい麺。
スープは、魚介系から入るが、途中から鶏出汁の旨味が沁みてくる。
麺との相性がとてもよく、お互いを引き立てている感じ。
塩分はそれほど強くなく、ほんわかした優しい味わい。丼ぶりから飲むより、レンゲで啜る方が旨味をより感じることが出来た。
具は、チャー、海苔、ほうれん草、細メンマ、ネギ。
チャーは、結構脂身がしっかりしてて、全体のなかでは、インパクト強。
丼ぶりがとても綺麗で、楽しくなりますね。
ちょっと量が少なめだったが、後で出汁ご飯が付くことを知るも、後の祭り。
次回訪問時には忘れずに頼みたい。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん銀だら搾り」@鮮魚らーめん 五ノ神水産の写真今回漸くデフォの銀だら搾りをポチっと。
麺/34 スープ/37 具/17 計88点
麺は中細ストレート。固さもジャストな歯応え。
少し甘味のある香りで、とても美味しい。
スープは、一口啜ると喉まで銀だらの香りがフワーッと広がってきます。
円やかな鶏白湯の甘味のなかに、魚介系がしっかりと前面に出てくる独特の風味。
銀だらほぐしを撹拌して、更に濃厚に。
具は、鶏チャー、角メンマ、銀だらほぐし、ネギ、バラ海苔。
鶏チャーは、程好く火が入っていて、なかなかのお肉感。炙りもあり、美味い。
角メンマが、絶品。シャクっとした歯応えも良いし、何より味が、何でしょう、松茸のような香りがします。とても美味い。
とてもバランスがよい美味しい一杯でした。
ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「煮干トリュフそば」@志奈そば 田なかの写真数年来の訪ラー希望店になっていた志奈そば田なかに遂に訪ラー。
季節限定の煮干トリュフそばを。
麺/36 スープ/39 具/17 計92点
麺は、全粒粉平打ち細麺。
少し軟らかめだが、味はほんのり甘め、香りは程好い小麦香で、かなり美味い。
お店によると、春よ恋 ゆめ星等のブレンドとのこと。
スープは、清淡醤油煮干。
一口啜ると、円やかな醤油の味を感じたあと、口のなかにスーッと煮干の香りが広がって行く。
魚感の主張は控え目ながら、香りはしっとりと。なんでしょう、満たされる感じというのが合っているかも知れません。
お店によると玉葱と豚の皮で、円やかさととろみを出しているそうです。
煮干香を楽しんだ後、ワクワクのトリュフを撹拌。
先ず濃い目の辺りを啜ってみる。
何とも云えないうま味とあまり経験のない香りに一瞬で満たされます。
更に撹拌して、もう一杯。
煮干との相性も完璧で、スープだけどんどん啜ってしまいそうです。
麺と合わせても、本当に美味しい。
具は、チャー、鶏チャー、芽メンマ、ネギ。
チャーは、焼豚的な味付けで好み。
芽メンマもスープが染みて美味しくなってます。
かなり美味しい一杯をいただきました。
また来ます❗️

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
78

「つけ麺」@人形町 兎屋の写真お天気も良く、お散歩がてら初訪の兎屋へ。
まだつけ麺が美味しい気候。
麺/32 スープ/31 具/15 計78点
麺は、高加水平中太麺。
モチッとした歯応えも、味と香りはそれほどはっきりとはしていない。
スープがシャバ系の割には、持上げが悪く、少しれんげで啜りながらが丁度良い。
量はかなりしっかりで、後半やや飽きも来るか。
スープは、鶏多種、煮干、豚骨のミックスだが、先ずは魚介先行。
段々と味が薄くなるにつれ、鶏、豚骨と香り出す。
麺量が多いことを見越してか、塩分はかなり高め。しかし、終盤一気に薄くなり、味変にお酢を投入。まずまず合う。
出汁割は、王道の節出汁。
具は、バラチャー、メンマ、海苔、ネギ、小松菜、ナルト。
チャーは、脂の旨味しっかりも、バラよりは切れで付いている方が合いそう。
ちょっと、麺とスープのバランスに工夫があるともっと美味しそうでした。
ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「純鶏そば」@鶏そば十番 156 ICHIKORO 麻布十番店の写真久々の麻布十番で、久々の鶏白湯なぞと、ICHIKOROラー訪で、デフォの純鶏そばを。
麺/34 スープ/35 具/16 計85点
麺は低加水細麺で、粒入りのやつ。
香りホンノリ、歯応えプッツリ、スープとの絡みも良く、なかなか美味い。
スープは、鶏白湯にしては、動物感はやや抑えめで、ポタージュ的な野菜の美味さが出ている。
何か香辛料も少々と思われたが、判明できず。アト引く美味さです。
具は、鶏ムネチャー、メンマ、水菜、半熟玉子、ネギ、糸唐辛子。
鶏チャーは、ややパサ系もスープとの相性良し(当然か)。
ネギとスープの相性がことのほか良く、もう少しあってもよかったかな。
バランスの取れた美味しい一杯でした。
ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしかれーそば」@すすり処  奥がわの写真保谷の奥がわにて、冷やしカレーそばを。
和食屋さんの居抜きらしく、ラーメン店にしては珍しいカウンター無し。
麺/33 スープ/34 具/17 計84点
所謂混ぜそば系とは一線を画するビジュアルなのですが、パン粉もあり、一応混ぜ混ぜした方が良いのかな。
麺は加水平打ち細麺。
チュルッと啜りやすく、シャバスープともよく絡む。
スープは、うん、確かにカレーだ。
しかし、カレーライスのカレーというよりは、タンドリーチキン系のターメリックが効いた味。食べ進めるに、そのインパクトはやや下がる。
伊予柑酢の味変は、このメニューには、いまいちか。
バランス的には、ギリギリのところ。
個人的には好みだったが、人によっては味付けが薄く感じるかも知れない。
具は、鶏ササミ、メンマ、半熟玉子、トマト、蒸しエビ、キャベツ、ネギ、海苔とかなり盛りだくさん。
チキンが、カレーと合いますな。
トマトの味付けもかなり良い。
折角なので、蒸しエビも何か下味、例えばバジルなどが付いているともっと華やかな味になるかも。
最後はレンゲで、スープと具を完食。
冷パスタを食べているような感覚でしたが、初めてのタイプで、アリです。
他のメニューも気になるところで、再訪確定。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃い出汁つけそば」@日本橋 製麺庵 なな蓮の写真味覚の確認で、半年に一度、基準店として訪ラーのなな蓮にて、夏の終わりに濃い出汁つけそばを。
麺/34 スープ/35 具/17 計86点
麺は加水中太麺。
味がしっかりあって、スープに負けない。
歯応えもっちりで、これまた美味し。
スープを啜ると、先ずガーンと来るのは、千鳥酢の酸味。魚介豚骨でここまで酸味を効かせているものは先ず無い。この酸味が美味い。ただ、以前より更に強くなっているようにも感じる。
それから、節、煮干等の魚介が香り、豚骨はやや控え目。
塩分は、以前より少し高めになった感じ。
出汁割りは、少々でつけ汁に近い。
具は、炙りぶつ切りチャー、ネギ、細メンマ、水菜、海苔。
ぶつ切りチャーは、食べ応えしっかりで、甘味も程よく美味いですね~。
美味しい基準を確認でき、まだまだラー探訪は続く。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件