なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,740
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「あの麺」@一丸の写真「あの日食べたちょっと辛い胡麻風味の冷たい麺の名前を僕達はまだ知らない」850円
略称「あの麺」w
文字数が多すぎて正式なメニュー名が入力できないので、頭に書いておきますw

お店はかつて秩父の有名店とんぷうのあった場所のとなり。
店前にのぼりが立ち並び、提灯が下がる派手な構えで、一瞬躊躇しますが、気にせず入店。
メニューを見てもドリンク類、おつまみなども豊富なラーメン居酒屋のスタイルですね。
本当はこちらはタンメンが美味しい店だと聞いて訪問したのですが、
店内の季節メニューの貼り出しに掲題を見つけてしまい、運命的なものを感じましたので、即オーダーした次第。

こぢんまりした店内ですが、お客さんは多く、活気のある店内。
やはり皆さん、最初は軽くおつまみとお酒から入って、〆にラーメンというのが定番のようです。
よく見れば厨房は若い女性の方がひとりで切り盛りしており、なかなかの美人さん。
なれど調理する手つきは堂に入ったもの。
餃子やらを提供する合間を縫って手際よく調理し、私のオーダーも間もなく到着となりました。

目の前にあるのはガラスの器に盛り付けられた涼やかな一皿。
トマト、きゅうりといった野菜がたっぷりと盛られ、上からは青ネギが散りばめられています。
てっぺんの海藻麺には照明が反射してキラキラとしており、見た目は完全にサラダです。

皿の脇からスープをちょっと舐めてみますと、うん、メニュー名どおりちょっと辛くて胡麻風味だわw
名前だけ奇をてらった冷やし中華なのね、と思っていたら大間違い。
全体をよく混ぜて、麺も野菜もまるごと食べればわかるこの凄さ。
キラキラの海藻麺は口の中でプチプチと弾けまわり、麺料理では経験したことのない新感覚。
冷え冷えに〆られた中太麺はつるつるとなめらかで、もちもちとした抜群のコシ。
トッピングに散りばめられたガーリックチップがカリカリとした食感とコクを与えます。
同じくフライドされた餃子の皮は一転してパリパリとした軽快な歯ざわり。
ぴちぴちの瑞々しさを持つトマトと、シャキシャキのきゅうりがカラダを一気に冷やしてくれ、
時おり口のなかに入ってくる細切りのチャーシューはジューシーな肉汁にあふれ、満足感が急上昇。
プチプチつるつるもちもちカリカリパリパリぴちぴちシャキシャキじゅわじゅわ~。
プチプチつるつるもちもちカリカリパリパリぴちぴちシャキシャキじゅわじゅわ~。
プチプチつるつるもちもちカリカリパリパリぴちぴちシャキシャキじゅわじゅわ~。
もうずっとこの調子!
こんなん、食感のフルオーケストラや!by彦○呂
息をするのも忘れ、一心不乱に食べ尽くしましたとさ。

たしかに「この日食べたちょっと辛い胡麻風味の冷たい麺」は「僕がまだ知らない」衝撃をもたらしました。
新時代の冷やし中華と呼ばせてください。
アニヲタとしての妙な加点がついているかもしれませんが、お店的にもそこを狙ったメニューなのでご容赦召されよw
次回訪問ではタンメン、そして「別麺」と呼ばれるつけ麺にも手を伸ばしたいと思います。

うまい指数 1.18

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「トマトとチーズ豆腐の冷やし中華」@麺や 七彩 東京駅の写真日曜の朝、突然の出張で東京駅。
ブレックファーストにラーメンストリートに来てみましたが、六厘舎は夏休み家族連れで長蛇の列。
いっぽう奥まったこちらは5名ほどのウェイティング。
そういえば、こちらは先週の栃木花の季でのイヴェントに参加していましたので、新小麦麺にありつけるかも?
と考え、券売機に向かいますが見当たらず。
聞けば、昨日までの提供だったとのこと。
軽く落胆する私に「こちらの限定もいかが?」と店員さんに薦められるままにボタンをプッシュです。

10分ほどのウェイティングのあと、席に案内され店内へ入りますと、
白を基調にした落ち着いた雰囲気で、白木の格子を上手に利用したデザイン。
新しくなったラーメンストリートのお店はどこもオサレですなぁ。
箸たてには割り箸と一緒に、竹のエコ箸も置かれていて、環境にも配慮のある店作りがされています。
すっかりくつろいでいると、まもなくラーメンが提供されました。

ドンブリの中には千切りにされたきゅうりが鮮やかに輝いており、
その下にはオレンジ色のトマトと、クリーム色のチーズとスープが見えています。
そこから覗く麺のカンジはフェットチーネのように見え、全体がクリームパスタかと思うほど。

まずはクリーム色の濃厚そうなソース、いやスープから。
ふー、ひとくち目はうっかりするとむせてしまうくらいの酸味を感じますが、それは一瞬。
色こそ白っぽいですが、ベースは醤油とごま油の味を感じる冷やし中華風味。
スープにトマトとチーズが溶けこむように絡んで、シャバドロといった口当たりです。
その中を鮮烈ともいえるほどの発酵系の匂いが鼻腔に駆け抜けます。
醤油そのものも香り高いですが、どうやらトッピングのチーズ豆腐もかなり活躍しているようです。
試しにひとつつまんで食べてみますと、サワークリームに似たさわやかな甘味と、鮒寿司みたいなカンジの強烈な旨味。
ラーメンにこのテの強い発酵臭を伴う味を使うのは、かなり好き嫌いが分かれると思いますが、
トマトの酸味と甘味、きゅうりと大葉の清涼感がミックスされて複雑な味を構成していますよ。
麺はちぢれが強くかかった太麺で麺肌はとてもなめらか。
しっかりと〆られていてプリプリとしたすすり心地ながらも、噛めばもっちもち。
おそらく、朝の時間帯で提供している喜多方系の麺と同じものかと思います。
チャーシューはももが2枚で、鮮やかなピンクのビラビラw
低音調理チャーシューとしての出来はいいですが、やや薄味で冷やしの所為か、あまり旨味が前に出てきません。
ちょっとタタキのような味に思えて、わさび醤油でも欲しかったかもw
朝ラーのわりにはなかなかボリュームもありましたが、東京駅の朝はサラダ感覚でスマートに完食です。

冷やしというカテゴリは食後の余韻が短く、満足感が長続きしないという印象でしたが、
朝食としていただくには、これくらいさっぱりしているのがベストだと感じました。
おそらく、ランチやディナーで食べたとしたらこれよりも評価は低くなったと思います。
とはいえ、七彩らしさがよく出た一品に感じましたよ。

うまい指数 0.94

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「花の季トマトの夏物語~冷製朝採りトマトラーメン~」@小麦ヌーヴォー2011 ~今年の新麦出来ました~の写真さぁ、今年も花の季農場の小麦収穫祭にやってまいりましたよ。
朝も早よから大勢のお客さんがお店の前に列をなしていまして、
行列の前のほうにはマスコミでよく見かけるラーメン界のビッグネームがちらほらと見受けられます。
ホント、花の季は全国に誇れるお店なんだなぁと、改めて実感しますね。

開店前に女将さんからのご挨拶がありまして、今日の主役ラァメン家 69’N’ ROLL ONEの島崎さんと
黄金の塩らぁ麺 due Italian 市ヶ谷店の石塚さんに意気込みを宣言してもらってスタートです。
他にもアイバンさんや西尾中華さんも応援に来ていたので、このときはちょっとした撮影会みたいになってましたよw

この日提供されたラーメンは3種類。
出されたものは全力で食べに行くのが私流の男意気なので、迷わず全部お願いしました。

さすがにあの大きなお店が一気に満席になると提供もままなりませんが、
しばらく待っていると徐々に皆さんにラーメンが行き渡りまして、長い待ち時間を吹き飛ばすような1杯目。
こちらは自然派ラーメン 花の季黄金の塩らぁ麺 due Italian 市ヶ谷店とのコラボですね。

見慣れたばかうまラーメンのドンブリに真っ赤なプチトマトがこれでもかと敷き詰められています。
真ん中のトマトにだけ黄色のタイプを使っていますね。
そこから広がるようにトマトスープの海が展開されており、一見シンプルな盛り付けです。
頭の中ではスペシャルな盛り付けを勝手に想像していましたのでちょっと拍子抜けですw

それではガチンコ仕込みのスープから。
程良く冷えたスープながらもトマトの甘味、旨味が濃縮されたようにぎゅっと詰まっているカンジ。
酸味はごくわずかで、この味は朝採りしたトマトをすぐ使っているというのが決め手のような気がします。
さらにハーブの香りがほのかに広がるイタリアンな一皿。
全体としてはトマトの甘さを引き立てるためにスパイスは控えめにしてあるように思えます。
そしてなんといっても、塩加減が絶妙。
これは道を極めたものだからこそ出せる味ではないでしょうか。
極めたのはガチンコ道じゃなくてイタリアンのほうねw
麺は中細の平打ちタイプで、パスタで言えばフェデリーニかリングイネ。
細いながらもしっかりとした弾力があり、スープ、トマトとはよくからんで申し分は無いのですが、
トマトが旨すぎるあまりに、肝心の新小麦の香りまでは味わうことが出来ず、そこがちょっと勿体ないかな。
ドンブリの中はトマト一色なのでちょっとしたアクセントが欲しいところでしたが、
黄色のプチトマトが昔のままの酸味と青臭さを持っていて、これはかなり鮮烈な印象がありましたね。
願わくばここに肉の旨味として、チャーシューなり、ベーコンなりがあったら最高だったかも。
旨味たっぷりのスープをしっかりと飲み干してご馳走様です。

非常に美味しい一杯で、トマトの旨さで最後まで一気に持っていかれてしまったように思いました。
ま、トマトの旨味をこれだけ引き出せるのが石塚さんの技ともいえるでしょう。
それだけに、due Italianでのウリである黄金の塩でこの麺を食べたいと思う気持ちが強くなりました。
栃木のイベントをきっかけに都内のお店にも興味がわくなんて、理想的じゃナイ?w

うまい指数 0.85

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「まぜつけ 並(ニンニクチーズアブラ)」@ジャンクガレッジ 東京ラーメンストリートの写真まさか、数日後にまたこの場所に来るとは私自身が思っていませんでしたw
ラーメンストリートオープン初日に比べると行列はかなり解消されています。
あの日一番行列が長かったこちらでさえ、10人足らずの並びですから迷わず接続。
10分待たずして店内にご案内されました。
ちなみにオーダーは他の支店では食べられないという掲題をお願いしましたよ。

他のお店に比べると客席はかなりカジュアルというか質素なつくりで、壁にはCDジャケットが並んでいます。
そこに染み付くくらいに店内いっぱいに充満する豚臭さとオーション臭さw
自ずと期待も高まろうというものです。

先に食券を渡してあるので、席に着くとまずトッピングの有無を尋ねられますが、
トッピング入門書なるPOPがテーブルに備え付けてありますので初めてでも解りやすいかと思われます。
そんなわけで、とりあえず全部w

10分程で提供になったのはメインのまぜそばに黒とベージュの2種類のつけ汁。
まぜそばのほうはいまや各地で見かけるようになったチーズとベビースターののったお馴染みのスタイル。
そこにデンと鎮座ましますぶ厚いバラロールチャーシュー。
ちょいとドンブリの底のほうを探るとタレはわりと多めに入っているご様子。

背脂、玉子、チーズ、もやし、カツオぶし、フライドガーリック、ニンニクといった
それぞれの具材はそのまんまの味ですから、とっととマエストロにかき混ぜていただいてパックンチョ。
お、そんじょそこらのまぜそばに比べると、味の輪郭がしっかりしていて確かに旨い。
のっぺりと単一の味に染まること無く、いろんな美味しさが同居しているとでもいいましょうか。
なかでも脂身の旨さとカエシの塩っぱさにチーズが絡んだあたりが特によいカンジ。
逆にベビースターは相変わらず好きになれませんw
なるほど、これがJGのまぜそばかと納得したところで興味をつけ汁に移します。
どちらもかなりの濃度でつけ汁というよりタレのようなカンジ。
黒いほうはどうやらカレーベースにマー油を足したもののよう。
麺をくぐらせますと、ほのかな苦味の中にカレーのスパイスがぼんやりと浮かび上がるようで
イマイチ、フォーカスが安定せずぱっとしない印象。
ベージュのほうは豚骨魚介のようで、なかなかの粘度と豚臭加減。
そのうえ、しっかりとカツオのダシも効いていますが、どうにももとダレと和えた麺とは相性がわるいようです。
どちらもそのままいただくと好印象なのに、麺をくぐらせると輝きを失うという困ったことになっています。
うーん、なんだかなぁ。
200gという麺量はそれぞれの味を存分に味わうには少々足りなかったようで、
結局は3種類のどのタレも結構な量が余ってしまいました。
せっかくのつけ汁がこのままでは勿体無いので、〆にスープ割りをお願いしますと
「当店はやっていません」との返答。
ありゃ、つけ麺の派生であれば当然スープ割りがあるものかと思っていましたが、そうでは無いと。
そりゃそうですよ、こちらは完全無欠のオリジナルジャンル「まぜつけ」ですからねw
このご時勢に食べ残しをしたような気分で、後ろ髪をひかれるようにして、退店です・・・

このジャンルの旗振りを自負するのであれば、もう少し作りこみが必要なのかなと感じました。
2種類のつけ汁は完全に蛇足で1000円という値段から鑑みても、非常にコスパの悪い一杯であったように思います。
そもそもジャンク系だったらそれなりの満腹感が残らないとキビシイよなぁ。
お財布に余裕があるときに、最低でも中盛り以上でオーダーすることをオススメしたいと思います。

うまい指数 0.68

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「TEAM CRAZY 「冷やしラーメン」」@ラーメンフェスタin栃木の写真陽は高く、エステ三宅のフードバトルで会場の熱気も最高潮となってきました。
三宅ちゃんの食いっぷりは正面かぶりつきで堪能させていただきましたよw
ここは火照ったカラダの一部を抑えるためにも涼し気なところを選んで9軒目。

冷やしラーメンというのは山形が発祥だそうな。
昔、何かで冷やしラーメンを食べましたが脂の旨味が一切感じられず、残念な思いでしかありませんが、
今回はきっと大丈夫な気がしますw
この暑さで他の店がやや下げ気味ななかで、このブースはわりと盛況でしたね。

さて、有名店がコラボした冷やしラーメンでまず最初に目がいったのは麸ですねw
麸が入るラーメンは久しぶりでどこ以来かも思い出せません。
スープは澄んだ醤油色で、心配していた脂分はサラっとしたオイルが後のせでかけられていました。

では実食に移ります。
スープをすすりますと魚介の香りが思いのほか強く、予想外の攻撃に一瞬ひるむ私。
さっき上にかけていた油はエビ油か何かのようで、魚介と甲殻類の匂いを結構強めに感じます。
醤油の味は思ったよりさらに薄いのですが物足りなさはないですな?
麺はちぢれの強い平打ちの中太サイズで非常によくスープをとらえます。
今回いただいた麺の中では一番力強さを感じるもので、もちりとした食感もさることながら、
味をしっかりと感じられたのは良いところでした。
チャーシューは脂身が固まるのを嫌ったのか、細かくカットされたもので
玉ネギと一緒に絡みあうとサッパリとしたなかに肉の旨味が隠れて面白いカンジがします。
麸はスープが染みたところはジュワッとそれ以外はカリッと、2つの食感が同時に楽しめました。
青味でほうれん草と山菜が添えられていましたが、こんなところも山形らしいということでOK?

久しぶりの冷やしラーメンはこの炎天下の下ということもあり、そこそこ満足。
山形という遠いところからわざわざ栃木までイベント参加お疲れ様でした。
機会があれば本場にも行ってみたいと思いました。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 10件

「紅茶涼麺」@麺家 ゐをりの写真冷やし中華 終りました。

赤の王座決定戦、最後の一杯てなわけで提供のリミットギリギリに佐野で勝負。
すでに提供が終わってしまったメニューのレヴューで申し訳ありません。

先日、下見がてらに店前を通ったときに、開店直後で駐車場が満車だったことを考慮して早めの訪問です。
休日夜の部、開店10分前で待ちのクルマは3台といったところですが、
開店と同時にどこからともなくクルマが集まりだし駐車場は満車、店内も満席ウェイティングでビックリ。
洒落た店内はゆっくりくつろげる雰囲気で、お客さんに女性が多いのもこちらの特徴ではないでしょうか。

さて、目立つようにメニュー立ての手前に置かれた掲題をオーダーした後、
お店の雰囲気に合わせてちょい悪レオン親父を気取った私は、知恵の輪に興じながら提供を待ちます。
そのあまりの難しさに我を忘れて知恵の輪を叩きつけそうになった頃あいで提供となりましたw

サラダか冷製パスタといった出で立ちで、いわゆる冷やし中華らしさはありませんが、
涼麺というだけあって水菜やプチトマトなど、その彩りは涼しさを感じさせます。
今日の薄曇りの天気にはやや不釣合いですが、この日しか食べるチャンスはないのでねw

いつもならスープから行くところですが、この場合はタレ?つゆ?になるのでしょうかw
ちょいと舐めますとサラッとしていますが確かにベースに紅茶の甘い香りがほんのりと感じられます。
醤油の味はかなり薄く、冷やし中華特有の強い酸味が無いので、思ったよりバランスはとれていますね。
当初の予想ではピロピロの手打ち麺で出てくるものと期待していたのですが、
実際はいつもと違う中太のちぢれ麺で、冷水で〆られているおかげで非常にコシが強いもの。
なめらかな麺肌とむっちりとした食感は、豚骨魚介系の濃厚つけ麺で使えそうなほどの強さがあります。
それでいてこの薄味のつゆでも違和感なくいただけるというのは、他の具材のアシストがあるからでしょうか?
メインのむし鶏チャーシューは全体があっさりしすぎないように上手に脂を補っているというカンジです。
小さいながらも3枚入っているあたりは評価したいと思います。
そこに甘味の強い伊達巻き味の玉子が強烈な印象を残します。
さらにかぶせるようにカリカリに焼かれたカットベーコンの塩加減がタレの甘さを引き立てます。
偶然なのか必然なのか、よく考えられているではないですかw
水菜とトビッコもサブキャラといえど、要所を絞める活躍でこの一杯をまとめあげていましたよ。

「赤」という点では「らしさ」を感じませんでしたが、冷やし中華としてはまぁまぁ満足のいく一杯でした。
ただ、やはりこのメニューはムシムシと暑い夏に食べるのがいいと思いますので、
この季節に勝負するのはちょっとキビしかったかも?w

初の冷やし中華採点になりましたが、コイツを冷やし中華標準にしちゃっていいのかな?

うまい指数 0.98

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「大神ラーメン」@らーめん 大神の写真宇都宮の新店ラッシュの中にこちらのお店が含まれていることはもちろん知っていました。
あの支那そば 彩華の後釜というわけで開店日に行くつもりで万全の準備をしていましたが
先行した偵察隊から全軍撤退の報を受け敗走した過去があります。
その報告たるや凄まじいものでありましたが、生来のラヲタがここで怯むわけにはまいりません。
玉砕覚悟で特攻してみましょう。

居抜きですので以前の店とそれほど変化もありませんが
店頭には派手めの懸垂幕がかかり、一見FC店の様相。
店内にはお祝いの花などもあり、新店らしさが残っていますね。
お客さんの入りはぽつりぽつりといったところです。
席につきメニューを見ますとラーメン類だけでなくサイドメニューも豊富。
そのなかからとんこつ味だという屋号のついたメニューをチョイス。
770円と他店に比して少々お高く感じますが、最初ですから無難に、ねw

スムーズに提供されたラーメンからは大量の湯気が上っています。
ここまで湯気ののぼるラーメンは冬の屋台でもあまりお目にかかったことはありません。
スープは濃い醤油の色で、あまりとんこつらしさを感じないです。
上にのる具材も心なしかさびしげ。

一抹というか、胸いっぱいの不安を抱えながらスープをいただきます。
ほー、とってもさらさらなスープです。
スープの粘度、濃度が高いと冷めにくいのは皆さんお分かりですよね。
油でも表面に浮かんでいればあれほど湯気の立つこともないのでしょう。
味の中心がわかりにくいですが私に感じとれるのは
うっすらときかせた醤油とカツオだしが遠~くに見え隠れしていることくらい。
肝心の豚さんが全く見えないのは私の力不足か?
この薄味加減は無課長というわけでしょうか?
肺をつぶして入院していたころの食事を思い出します。
麺はちぢれの強い多加水の太麺。
ちゅるちゅる、ぷりぷりとしていて食感はかなり好み。
スープとのからみも良いようですがスープの味はやはり私には感じられません。
チャーシューは小ぶりのバラ。
とても柔らかく、口に入れるとほろりと崩れて脂身はとろりん。
スープが薄味の所為なのか単品で口にすると非常に塩辛く感じてしまうのが残念。
メンマも熟成させないタイプのものなので独特の風味はありません。
あの醗酵臭が苦手だという人にはいいと思います。

まるで濁りのない水のような非常に上品なスープのラーメンでした。
接客、清潔さなどは全く問題はありません。
むしろラーメン屋として考えれば良いほうだと思います。
まだ開店間もないこともあり、味は定まっていないのかもしれませんね。
お客様の期待にこたえるためにも頑張っていただきたい。

マイルールに従えば、こちらのレヴューをすることはありえないのですが
店舗コメント欄に発言をしたこともあり、
自己責任でハッキリとした結末をつけるべく採点させていただきました。

うまい指数 0.26

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きそば(並)」@支那そば 朝日屋 本店の写真栃木県にはスープ焼きそばという不思議な料理があります。
有名なのは塩原のこばや食堂釜彦
そのスープ焼きそばを出しているお店が今市にもあります。

お店は日光杉並木からちょっと鬼怒川方面に入ったところ。
いかにも食堂といった風情で、店内は小上がりを中心とした構成。
お昼時には地元の人で席が埋め尽くされるという人気店です。
その地元の人が頼む人気メニューが焼きそばセット。
セットといってもつけ麺(小)と焼きそば(並)が出てくるダブル麺。
この店のセットメニューはみんな麺と麺ですのでw
兎にも角にもこのセットをオーダーです。

満席の店内で15分ほどしてまずは焼きそばから到着。
モヤシをメインとした野菜が山になっていて見た目は野菜炒めのようです。
この時点で普通の焼きそばとは明らかに違いますね。
スープは皿の底にひたひた程度で
塩原の店のように並々と入っているタイプではないです。
でも、メニューにスープが入っていることは触れられていないので
普通の焼きそばが出てくると思っているとビックリすると思います。

ではいただきます。
まず感じるのがすっぱ辛ですね。
野菜はシャキシャキとしていて炒め煮のような状態です。
モヤシ9割でニラ、キャベツ、ニンジンがご愛嬌程度。
野菜の下から麺を引っ張り出しますと
平打ちのちぢれが入った手打ちの中華麺が蒸し焼きになってます。
麺も全く焼きそばじゃねぇw
適度な硬さは保っているもののべろべろとした食感。
焼きそばというよりも焼きうどんに近いかもしれません。
そしてスープも面白いです。
ウスターソースが味の軸になっているものの、そこに酸味と胡椒がきいています。
しゃばしゃばしているのでよく混ぜないと麺と具に味が絡みませんよ。
今日は焼きが足りないのか少々酸味が強かったですね。

つづいてつけ麺が到着ですが
それは別レヴュでw

この味はここでしか食べられないといいたいところですが
今市と宇都宮に暖簾わけのお店があります。
宇都宮のお店とはちょっと違うので食べ比べもいいかもしれません。

うまい指数 0.75

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件