なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,740
レビュー 店舗 スキ いいね

「とんこつラーメン」@かんちゃんの写真先日の訪問で衝撃を受けてから、気になって気になって仕方がなかったので仕事終わりに直行。
夜は幹線道路からわずかに入っただけで真っ暗なこの街に、誘蛾灯のようにぼんやりと紅く光るテント。
その光に誘われてきたのか、のれんをくぐると小上がり席は満卓で結構な客入りです。
田舎では有名店でも夜営業が弱いところがあったりしますが、ここはかなり賑わいを見せていますね。

お客さんは仕事終わりの人や近所のファミリーといったふうに見える人がほとんど。
前回はお客さんがこぞってチャーハンを頼んでいたのが印象的でしたが、今日はチャーシューメンが人気のようですw
確かにあのチャーシューの旨さはなかなかのもの。
想像しては涎があふれ、一瞬、オーダーを迷いましたが、当初の目的であるとんこつをお願いしました。

オーダーが入るとマスターは中華鍋にスープを移し、何やら調味料とあわせ始めます。
途中、味見を入れつつ味を微調整してスープは出来上がり。
調理台に置かれたドンブリへ高い位置からスープを注ぎ入れるさまは達人を思わせます。
その後カット野菜をサッと湯通ししてさらにドンブリへ。
前回訪問時とは見違えるような熟練の動きに驚きを隠せませんw
感心しているうちにカウンター越しにラーメンが提供されました。

出てきたのは一般的なラーメン好きが想像する豚骨ラーメンからは遠くかけ離れた様相の一杯。
スープは確かに乳化してはいますが、白濁とまではいかない中途半端な濁り具合。
そのうえニラ、モヤシ、人参といった野菜が浮かび、濃いめのメンマの上から白ネギが散らされています。
なんだかちょいとぁゃιぃ雰囲気w

それではいつものようにスープから。
ノーマルのラーメンと比較すると、乳化のおかげもあってか舌触りはずいぶんとまろやか。
ベースの味は醤油では無くて塩のようですね。
この店の初心者にはこちらのほうが断然飲みやすいスープではありますが、鼻腔の奥にはかすかにあの匂いが!
やはり同じスープを使っている限り、否応なく感じられる豚さんの香りw
こちらの最大の特徴はこのメニューにもしっかりと反映されておりますぞ!
麺はラーメンで使われているのと同じものですが、今日はちょっと硬めの茹で加減。
この麺はしっかり火をいれたほうがむちむちして好きですね。
チャーシューは相変わらず肉の旨味を引き出している逸品。
この熟成の度合いは何か秘密がありそうにも思えます。
野菜は細かくカットされているので食べやすく、スープと一緒に掬って飲むのもいいと思います。
そうしていると、やっぱりスープを飲む手は止まらなくなってきて、汗ダクダクでご馳走様。

前回に比べるとだいぶんおとなしく、食べやすさのある一杯でした。
とはいえ、この店独特のスープのあの匂いと味の余韻を、食後しばらく楽しめるほどに独特であった点は変わりません。
それよりもこのラーメンに「とんこつ」と名付けた理由を知りたかったですw
他にも気になるメニューも多いので、訪問の頻度が上がりそうです

うまい指数 0.97

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン 塩」@らぁ麺 神成の写真新年会の席で栃木県東担当の建設業なアノ人から、期待の新店があるという話がでました。
ひとのアドヴァイスにはだまって従う素直なワタシw
ぼちぼち訪問してきましたよ。

向かったのは同じ栃木県とはいえ、私個人とは文化的、交通的な交流が乏しい馬頭町。
土地鑑がありませんので、アバウトな地図を頼りに山道を行きますと、木々に囲まれ突如現れる飲食街。
ヒジョーに不自然な一帯ですが、そのなかにしっかりとした和風の構えのお店を発見。

のれんをくぐりますと、店内は真面目に作られた居酒屋風でカウンターと小上がりという布陣。
場所が場所だけにお客さんの入りはよくありませんが、落ち着いて食事のできる雰囲気です。
メニューはラーメンとつけ麺でそれぞれ塩、醤油といった布陣で、お値段はちょっと強気。
鳥豚骨という聞き慣れないスープですから素材のわかりやすい塩にしておきますかw

マスター自身もかなりのラーメン好きなのか、カウンターの脇には県内外のラ本がズラリと揃っています。
ま、私もほとんど持ってるので、見るともなしにパラパラとめくっている間にラーメンが到着。
深めの玉丼の中はクリーム色に乳化したスープにネギと青菜の青味、白髪ネギ、半熟の半玉と彩り鮮やか。
盛り付けもまとまっていて期待がもてそうです。

あえて鳥豚骨を名乗るスープがどんなものか、注意深くひとくちめ。
まずはライトな豚骨白湯系というイメージで、油分はさほど多くはありませんが、
鳥豚骨とうたうだけあって、飲み進めるうちに唇がペトペトするくらいのゼラチン質を感じます。
まんま鶏白湯と豚骨白湯のミックスといったカンジですね。
塩梅は軽く、最初の口あたりがサラっとしていて丸いので、グビグビ飲める私の好きなタイプ。
ただ、いくぶん旨味が物足りなくも感じますが、もしや無化調なのかな?
卓上には小エビと魚粉がありましてこれを入れると、グッと味に深みは出るものの、
ベースの味はどこかに吹っ飛んでしまうような気がして、非常に悩ましいところです。
中細で軽くちぢれた麺には小麦の味が強めに香る良さがあります。
はじめに麺の茹で具合を聞かれて「普通」をお願いしたところ、やや硬めの仕上がりででてきましたので、
お店としてもこの香りを楽しんで欲しいという想いがあるのでしょうね。
そしてなにより、こちらはバラロールチャーシューが美味い。
しっかりと味がついており、スープに負けず主張を感じる出来栄え。
炙りの香ばしさはもちろん、熟成されたような肉の旨味を感じるのは、あまりお目にかかったことがない味。
これは味わってみる価値はありで、チャーシューメンの設定が無いのが不思議なほどです。
薬味のネギはスープよりもこのチャーシューにあわせて食べてもらいたいくらいw
半玉の茹で具合もドンピシャでしたよ。

未知の土地で想像以上の一杯がいただけました。
アクセスのデメリットを跳ね返して、繁盛店になって欲しいと思わせるお店でした。
近くには同じように街から遠くても県の内外から人を呼べる名店もありますので、
お客が遠方からも足を運びたくなるような、そんなメニュー開発に期待したいところです。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつこってり濃厚(塩)中太麺」@濃厚ラーメン じゅんの写真昼までには時間がありましたので、ひとっ風呂浴びて身繕いし、選んだお店はこちら。
RDBの店舗情報によれば、駅から歩いて1時間かかるそうですが、
たかだか2kmの道程をそんなに時間をかけるとは、店舗登録者は余程お御足が重いとお見受けします。
え?私ですか?20分かからずにお店に到着しましたが、何か?w

店舗の集合施設のような一角で、同じ敷地には有名ラーメン屋さんもありますが
そこに目立つよう掲げられた黄色い看板を見上げます。
「濃厚」らーめんだよなぁ、どう見ても・・・農機具やビニールハウスは見当たらないよなぁw
もちろん、長作も三波春夫も・・・などと思っていたら、不二子ちゃんがポルシェで颯爽と登場。
のれんがかかったところで店内にレツゴー。

出来たばかりという真新しさもさることながら、正面がガラス張りですので店内は明るい雰囲気です。
メニューを見れば食材にこだわり、ラーメンの研究にも余念が無いご様子。
厨房のマスターはコックコートでビシッとキメており、期待できそうなカンジ。
今回はお店のオススメという組み合わせのなかから、掲題をオーダーしてみました。

提供までは5分少々、出てきたラーメンは繊細さを感じる盛り付けで、
特に真ん中に添えられた刻み梅は特徴的ですね。
スープはきれいなクリーム色でポタージュを思わせます。

むむむ、舌にまとわりつくのはコラーゲンっぽいのっぺりとした脂の旨味。
この味は以前にもどこかでいただいたことのあるテイスト。
濃厚といってもドロドロというわけではなく、なめらかでヌルリとした舌触りです。
豚骨らしさはありますが、肝心の天然塩の味がマスクされてしまっているような気がします。
魚介を使わない濃厚無化調が辿りつくのはやはりこういう味になってしまうのか?
それならば私は、例えこの身滅びようとも、化調にまみれる日々を選ぼうぞ。
そんなとき、卓上に自家製ハバネロソースと黒こしょう唐辛子という2つの調味料を見つけます。
前夜のおイタで体の一部がホット、ホットになっていますので前者は敬遠。
自動的に後者をスープに投入しましたが、なるほどしっかりと味がついたように思います。
スパイシーさも感じられ、これはなかなかいいアイデアかと。
麺は中太で軽くウェーブがかかっており、ちょっと家系っぽさを感じさせるタイプ。
もっちりとしていてスープとのからみこそよいですが、もう少ししなやかさがあったら最高かも。
バラチャーシューは大振りですがしっとりしていてどことなく上品さを感じるタイプ。
こちらも薄味になっていますが、旨味が凝縮されたおり、噛んで初めて味が膨らむようなイメージです。
しっかりとダシの染みた半玉は黄身がゼリー状で素晴らしい出来。
キクラゲのコリコリした食感と、きざみ梅のもたらす爽やかさに包まれながらご馳走様。

今回いただいたのは塩でしたが、このスープには醤油味のほうがわかりやすかったかな?
あれほど濃厚なスープであるにも関わらず、食後には爽快感さえ感じるところは無化調らしいと思いました。
豚骨ラーメンにスッキリ感を求める方にオススメしたいと思います。

うまい指数 0.93

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「半チャン塩味ラーメンセット」@太昇亭の写真昼時になり牛久近辺でラーメン情報をあさりますと、必ず名前があがるのがこちら。
どうやら半ちゃんシリーズが好評とのこと。
私が作るチャーハンよりも旨い町の中華屋はいまだかつてありませんので、ここでも勝負といきますw

昼前に店に着きますが、駐車場には続けてクルマが滑り込んでくる繁盛ぶり。
田舎のちっちゃな食堂ですが、表に専用のトイレが作ってあることからも人気店だとわかります。
入口を入りますと狭い店内は家族連れを中心にお客さんでごった返しております。
まずは券売機に向かいますが、半ちゃんセットだけボタンがデカいw
心のそこからイチ押しなんですねw
チャーハンの味が引き立つ塩を選択しポチッとな。

店員さんに食券を渡しますと「空いてる席はここだけなんです」と案内されたのはV字カウンターの頂点部分。
しかも何故かその席だけ「アタリ」というプレートが?!
何よ、アタリって???
不審に思いながら待っていますと、厨房からは途切れることなく中華鍋を振る音が響きます。
それが五徳にあたるときの鈍く重い音を聞いて勝利を確信する私。
ここのチャーハンは牛久では評判だが、その腕前は日本じゃ2番目だ!w

先に半ちゃんから提供されますが、食べる前にすでに勝負がついているので
余裕の表情でラーメンを待っていると、「アタリのお客さんの塩ですね!」と提供されました。
だから何がアタリなんだよ!?www

手渡されましたラーメンは白濁したスープで具材は少なめ。
表面にはゴマが振られておりますよ。

これだけでは味の想像がつきませんので、まずはスープから。
ほわー、なんとイソ・・・いや、カツオ君がおりましたぜ?
じんわりと口の中に魚介の風味が広がって、しだいに動物系に変わっていくカンジ。
さらっとした舌触りを含めて、まるでスガキヤや~んw
このパワーが魚粉オンリーなのか化調のおかげかはハッキリしませんが、そんなことはどうでもいいのです!
思いがけずめぐり合えた味にスープをがぶがぶし、ひととおり堪能したところで麺に移ります。
ちぢれの強い中太麺は黄色味がかったタイプで、やや硬めの茹で上がり。
プルプルもちもちとした食感は口の中で踊るようです。
やや短めなのか、気をつけないとまわりにスープが跳ねまわりますよ。
チャーシューは大判のロースですが余分な脂身は落とされています。
おそらくチャーハンの具に使うからだと思いますが、ちょっとさびしいですね。
ジューシーさには欠けますが、しっとりとした肉の旨味は残っていて食べ応えあり。
ワカメとメンマは標準的なものでした。
最後、唯一の卓上調味料、紅しょうがに手を伸ばしましたが、つまむものが入っていません。
箸で取るわけにもいかないので泣く泣くあきらめましたよw

お腹がすいているときにはコスパのいいセットもおトクかとは思いますが、私には正直は蛇足でした。
帰りには20人近い行列ができておりましたので、
地元のソウルフード的なお店なのだと納得して、早々に退散いたしましたよ。

うまい指数 1.09


半ちゃんは思ったとおり、米どうしはべたついて、油が飛ばずに皿の底に残っているカンジでした。
ひとつの鍋でチャーハン作りすぎ、もしくは火力不足だと思います。
とはいえ、セット分210円と考えたら仕方ないのかもしれません。
ゆえに、ラーメンのみの評価としています。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「海鮮塩らーめん+替玉」@ハングリードラゴンの写真10/1は天一の日ということで会社帰りに天下一品 睦町店に向かうも長蛇の列。
取って返して天下一品 宇都宮店で一杯。
そのまま天下一品 末広店に向かう途中でちょいと寄り道。
あくまで寄り道w

いつものようにカウンターに陣取り、頭上のメニューを見上げますと
お気に入りの塩が無くなって、新たに海鮮塩になってるじゃないですか!
マスターが以前からよく話題にしていたメニューがついにお披露目というわけですな。
では、そいつを所望しましょう。

最近では基本的には調理をお弟子さんに任せているようですね。
マスターはまだカラダの調子が戻らないとのことで味のチェック中心のようです。
5分足らずで提供となりましたが
うーん、見た目はいつもと全く変わりませんぞw
ドンブリから立ちのぼる匂いもいつもどおりの軽い豚クサ加減。

ではスープからいただきます。
お、おぅ、ぐわわっと魚の旨味が口の中に広がってから鼻に抜けていきます。
豚骨スープなのになんで?
もちろん、ベースにはあの強烈な豚骨の旨味とハンドラ脂を感じます。
というより、ハンドラの豚の強さを凌ぐ魚介の旨味って何?w
動物系と魚介系が分割されていて、それぞれ単独で味わっているような不思議な感覚。
鼻の奥のほうで豚の味、先のほうで魚の味を感じます。
嗅覚も味覚のように場所で味を感じ分けるんでしたっけ?
なんだかいろんな味がいろんな方角から感じられて少々混乱気味です。
一番強く感じるのは鯛で、あと貝が何種類か入ってることしかわかりませんw
マスター曰く、「やさしい味に仕上げたかった」ってバリバリとんがってるよ!
塩ダレを作るのに貝類の乾物と魚の干物で20種類くらい入れてるとのこと。
カエシだけでこれだけのインパクトとは驚きです。
かなりクセの強い攻撃的な塩に仕上がっていますよ。
麺はいつもの長浜麺ですがこのスープでは麺が追いついていかないカンジすらあります。
替玉をして何となく馴染んだかなぁと感じるくらいです。
終盤になると舌のほうが慣れてきたのか、はたまたスープとカエシがこなれたのか、
やっと魚介が落ち着いたように感じました。
なんかスゲェw

豚骨スープなのは間違いありません。
イメージとしてはお頭つきの鯛を頭からかぶりつきながら食べる長浜ラーメンという感じです。
ラーメンの可能性てすごいねw

うまい指数 0.93

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 5件

「03 長浜塩らーめん+替玉」@ハングリードラゴンの写真また太田にきちゃいました。
こっちに来ると帰り道が遠回りなのにと思いつつも
ステアリングをきってしまうのは何故?

赤富士ののれんをくぐって中に入りますと
今日はなかなかにお店が繁盛していてマスターとお話する余裕はなさそう。
通し営業はなんだかんだでお客さんが来ますからねぇ。
とりあえずカウンターに陣取り、コッテリ5秒で。

ほほ肉ゴリゴリを見ていればすぐに提供されます。
でてきたラーメンはノーマル長浜と見た目かわりませんよ。

どんなふうに違うのかスープからいってみます。
あー、この脂の味はハンドラの味。
でもスープ自体は普段飲みなれた豚骨スープに近いかも。
塩は最後にピンと感じますね。
雑味の少ない純粋な豚骨スープという感じがして
これは好みです。
でも伊勢崎時代はクサさバリバリだったというのですから想像できません。
前回気に入った麺のゆで加減5秒は今日もバッチリ!
粉オトシが美味しいお店はいいお店ですw
チャーシューはかなり薄味なんですね。
よくいえばスープと麺の邪魔にならないですけど
あまり主張してきません。
現金で替玉を5秒でお願いしますと助手さんがボウルで出してくれました。
ここで卓上のカエシを少し足してと・・・あ、味ちょっと変わったw
これはノーマル長浜用ということですかね?
ニンニククラッシュと紅ショウガも入れてウマウマで完食です。

塩のほうはなんとなく自分の好きな博多長浜らーめん 田中商店
博多長浜らーめん 楓神に近いカンジでした。
決定的な違いはあの脂の風味なんでしょうね。
次は醤油豚骨だw

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 5件