なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,740
レビュー 店舗 スキ いいね

「ごんちゃんラーメン」@ごんちゃんの写真せっかくの敦賀ですから、地ラーメン発祥である屋台でもいただこうと繁華街へ移動しますと、
大きな国道沿いの歩道に屋台のトラックがポツポツと店を出しています。
道路脇には通りに面して直角にパーキングが用意されており、関東者には珍しい風景が広がります。
私にとっては非日常的なロケーションにワクワクしながら人気のお店を訪問しました。

RDBに書かれたオープン時間よりちょっと早めでしたが、小型トラックの行灯にはすでに「ごんちゃん」の文字が赤く浮かんでいます。
荷台を調理場にしてウイングの上から屋根を出し、それをぐるっと取り囲むように風よけのビニールシートを張ってあります。
簡易テーブルとイスは歩道のアーケードにも並べてあり、屋台とはいっても自由度が高いですね。
お母さんに口頭でオーダーすると、番号の書かれたプラの小札を渡されますので、それを持ってテーブルで待機。
まもなくして出来上がったラーメンはその番号をたよりに提供されるという寸法のようです。
このプラ板は食べ終わったあとのお会計の時に再度使いますので大事に持っていてくださいw

さて、屋台ですから提供は早いかと思っていましたが、普通のお店とかわらず提供までは10分少々。
初対面は天一を思いっきりライトに引っ張ったような第一印象で、特にスープの乳化具合からそんなことを考えます。
チャーシューが見るからに出涸らしっぽいなぁ、と思っていましたら、
店員さんが「朝一だけのサーヴィスですからお好きなだけどうぞ」とタッパーに入ったチャーシューを差し出してくれました。
なんちゅう豪気なサーヴィスだよ!ww
あんまりごっそり取るのは粋じゃないので、控えめにたっぷりいただいて完成。

屋台ですからスープはドンブリから直接飲むのがカッコいいんじゃない?
ズズズッといけば、やや塩っぱめの白湯で、これは鶏ベースなんでしょうか?
口当たりは見た目よりもあっさりとしていますが、脂は多いようで飲んでいるとくちびるがぺっとりしてきます。
やや甘さも感じる味わいは関東の屋台ではまずお目にかかれないスープですね。
こういう甘さには黒胡椒がマッチしたりするものです。
麺は中太で、透明がかったストレートで、やわめの茹であがりでむちむちとした食感。
この太さの麺も屋台ではあまり使っていないのではないでしょうか?
これなら茹で時間が多少長くなることにも納得です。
そぎ切りにされたチャーシューは薄味で、いろいろな部位がごちゃまぜになっています。
最近流行りの肉そばなんかもそうですが、安い部位で薄っぺらだろうが肉がたくさん入っていれば
それだけで満足できてしまう朝三暮四なワタクシw
どこに箸をいれても肉が顔を出すといった具合で、思わずニンマリ。
薬味のネギもタップリと入っていますので最後まで美味しくいただきます。
屋台では残飯が出ないように残さず食べるのがマナーですから、もちろん完食完飲ですぜ!

旅に来たことを実感できる一杯でしたが、地元の人には仕事帰りにふらっと立ち寄れるお店なんでしょうね。
屋台の雰囲気が美味しさを2割増していたような気がしますw
今回はお客さんもまばらでしたが、もっと活気のある時間に食べるとまた違った一面が見えたかもしれません。

うまい指数 1.17

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@中華そば 一力の写真活断層レヴォリューション! 大丈夫なのか原発?
ども、北関東の不謹慎ラヲタ、スーパーくいしん坊です。
私、恥ずかしながら福井敦賀にご当地ラーメンがあるとは存じませんでした。
ご当地ラーメンはその土地の縮図みたいなものですから、ラヲタとして食べずに帰るわけにはいきません。
数ある人気店のなかから歴史が深く、多くの支持を得ているというこちらをチョイスしましたよ。

夕闇迫る頃にお店に向かいますと、看板のネオンサインには灯が入り、私を待っていてくれました。
初めてだったので店前の停めにくい駐車場に無理やりクルマを入れましたが、店の裏手には大きい駐車場があるそうで。
繁盛店と聞いてはいましたが普通の中華屋さんぽい質素な構えで、この日の先客は2組と落ち着いています。
壁に貼られたお店のポスターには何故かラーメンをすするメーテルと鉄郎。
どことなくコレジャナイ感が漂うのはアニメ版を見慣れている所為だと思います。
なにやらこの敦賀、街をあげての松本零士推しだそうで、あらぬ盗作疑惑をかけられる前に掲題をオーダーしましたぜw

提供までは3分ほどでなかなかスピーディー。
見た目からは乳化して濃厚さを感じるスープにデフォで黒胡椒がふられています。
おまけに紅生姜までのっちゃっているので、この時点でテンションがやや下がってしまったのですが
その脇にドカンと添えられたチャーシューの枚数を数えて気持ちを高ぶらせますw

初の北陸での一杯に期待と不安を抱えながらスープをぐびり。
想像したよりもサラッとした口当たりですが、ガラの旨味がしっかり出ていて味自体はかなり濃厚です。
化調が多めに使われているのか、ブーストアップされた旨味を感じますね。
個人的な印象としては和歌山や京都に見られる西のラーメンといった印象が見え隠れ。
見た目通りに胡椒は強めにきいていますが、ニンニクもこのスープの柱として頑張っていますよ。
でも、紅生姜はスープを壊しちゃって勿体無く感じるので、最初に食べてなかったコトにしたほうがいいと思いますw
麺は軽くちぢれた中細麺で、一昔前を思い出させるノスタルジックな味わい。
透明がかった艶やかな麺肌で、やや柔らかめに茹でられており、ちゅるちゅるとすするのが相応しいカンジ。
スープとのからみも良好ですが、麺量は少なめでちょっと物足りなさがあります。
薄くスライスされたチャーシューはモモの部分で、これまた時代を感じる仕上がり。
大判で3枚入っていましたので薄いながらもお腹は満足です。
スープはほどほどにいただいて、ごちそうさま。

屋台発祥と言われるラーメンらしく古いテイストを残しつつも、現代にも通じる一杯でした。
ただ、この味がホントに50年前に完成されていたとするととんでもないことだと思います。
ご当地に愛されて、ずっと続いて欲しいラーメンでした。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件