なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,739
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば」@自然派ラーメン 神楽の写真早朝から兼六園の桜を堪能したあと、お腹が空きましたので近くのお店に伺います。
たどり着いたのは和風の地味なカンジの店構えで屋号もシブいこちらのお店。
店前の駐車場にはクルマがいっぱい停まっていまして、狭いスペースに駐車するのに難儀しましたw

店内に入ると、飾らないながらも落ち着いた和の装いで、完全にオトナのお店といった雰囲気。
ほのかに漂う鰹節の香りを嗅げば、ラーメン屋とは思えません。
お客さんの年齢層も他の店と比べると明らかに高いです。

カウンターに案内されメニューを見ると、オーソドックスなラインアップ。
少々強気のお値段ですが、そこに根拠のないこだわりを見出すワタクシw
とりあえず、先頭のメニューをお願いしました。

いかにも職人といったオーラがバリバリに出ているマスターは静かに黙々とラーメンを作り続けます。
このお店には最近あまり感じてこなかった緊張感がありますね。
ちょっと昔の佐野実を思い出しながらラーメンの出来上がりを待ちましたよw

しばらくして助手さんの手によって提供されたラーメンはクリアな醤油色のスープの一杯。
非常にシンプルな具材構成ですが、ドンブリの柄と真円のチャーシューから感じる美しさと言ったら、
よく手入れされた庭の池に浮かぶ満月のようですぜ。

無化調とうたうスープをひとくちいただきますと、口の中には一気にカツオの香りが広がります。
鶏ガラベースに乾物系の旨味もしっかり出ていて、完全に白河系を意識していますね。
脂っけはほとんどありませんから、ダシの旨さがダイレクトに響く仕上がりになっていますよ。
キレのある醤油は厨房奥に置かれた空き箱を見ると喜多方の蔵のもののようです。
わざわざ取り寄せて使っているのを考えると、マスターは福島のお店で修行したのでしょうか?
太めの自家製と思われる手打ち麺は、強くちぢれ、多加水でぷりぷりとした食感が心地良いもの。
あまり熟成させないのか、打ちたてっぽさを感じ、本場の有名店と遜色の無い素晴らしい麺だと思います。
欲を言えば、もう少し麺量が欲しいところです。
モモらしきチャーシューも外側がほのかに赤く色づいており、軽く炭火の香りが残る白河特有の技法。
しっとりさっくりとした口当たりで、ぎゅっと噛みしめるとじんわりと旨味がしみでてくる仕組み。
メンマ、のりといった具材はスープと麺のバランスを崩さないように脇役に徹していました。

まさか金沢で白河ラーメンを食べることになるとは思っていませんでした。
このレヴェルの味であれば値段も納得せざるをえません。
福島から遠い金沢で、これだけのお客さんがこの味を認めているのを目の当たりにして、白河ラーメンの深さを感じました。
我が郷土の佐野も頑張ってくれよぅw

うまい指数 0.93

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+味玉+替玉」@濃厚中華そば 金沢 神仙の写真兼六園と聞くと、ケン・ウェイン・シャムロックを思い出すUの申し子、スーパーくいしん坊です。
R8に点在する8号ラーメンの誘惑を振りきりつつ、来ちゃいました真夜中の金沢。
私の中では金沢とラーメンが直結しないのですが、美味しいお店は絶対にあるはず!
いろいろ調べてみますと、和歌山井出商店出身のお店があるらしいとのことで急行しましたよ。

お店は市場の裏手、時計の針はテッペンになろうかという時間に、この店前だけがこうこうと明るいという異様な光景。
派手な看板の下にはあとすこしで閉店時間だっというのに、ウェイティングまで発生して賑わっています。
まずは列に並んでみると、運良く10分足らずで入店できました。
店内は若いお客さん中心に活気があり、店員さんの接客も威勢が良く、元気いっぱい。
壁には食材に関するこだわりがデカデカと掲げられており、店全体がイケイケドンドンな雰囲気ですよw
メニューを見ても和歌山系といった素振りはありませんので、まずは基本の味と思われる掲題をオーダーします。

お客さんの出入りも多く、混雑の続くなか、5分少々でラーメンが提供されるというスピーディー。
黒字に金文字の入る成金趣味的なドンブリのなかは想像をはるかに超えた泥水具合です。
その様相は井出商店よりもむしろ無鉄砲に近い印象さえ感じるのはドンブリの柄の所為だけではないはず。
このスープの海をこれから泳ぐことを想像するに、味玉つけといてホントにヨカッタw

覚悟を決めてスープをグビッといきますと、ややざらつくような舌触りのなかに、キレのある醤油の香りを感じます。
和歌山系のブタクサは控えめながら、骨髄の旨味が強く出た豚骨醤油というイメージですね。
直系家系のスープにさらに豚骨量を増やして、九州系を目指したというカンジでしょうか。
真夜中に食べるのはかなり危険度の高いスープですw
麺は細麺ストレートで、これは西日本に多くみられるタイプ。
バリカタ指定でしたが、関東近県での一般的な硬さと比較するとワンランク柔らかめに感じましたので、
スープ温度が非常に熱いために提供までに火が入ったのかもしれません。
替玉を頼んだ時は理想の茹で加減でしたから、おそらくそうだと思います。
チャーシューは脂身がたっぷりと残るバラスライスで、この脂身の甘さは塩っぱめのスープに思いのほか合います。
味玉は黄身がねっとりとした半熟で味付けは濃いめ。
終始、濃いめの味付けでグイグイ押し込んでくる印象ですが、卓上にある浅漬けのキャベツキムチがこれを緩和してくれました。
初めて食べた薬味でしたが、このスープには最高の付けあわせでした。
あれだけ濃厚なスープですから、飲み干したあとのドンブリには髄が残っていましたよ。

単に濃厚にするだけではなく、そのスープをいかに美味しく食べてもらうかまで考えられた一杯だったと思います。
親店の味を脱却し、さらに進化したスープが金沢の人たちを虜にするわけがちょっとだけわかりました。
この味であればどこへ行っても行列店になれるのではないでしょうか?
願わくば関東進出、なんてことはないですかね?w

うまい指数 1.18

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件