なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,737
レビュー 店舗 スキ いいね

「南蛮ラーメン」@ラーメンショップAji-Q 水沢店の写真前店での感動の余韻を引きずりながらも、この店に出会ってしまったら避けて通るわけにも行かず。
タレ目のパンダの誘惑を振りきれず、カラダが勝手にハンドルを切って駐車場にイン。
岩手地区でラーショといえばこのAji-Q系列が有名ですが、他のラーショが推すネギラーメンを
こちらはわざわざ「南蛮ラーメン」と言い換えて売っているという疑問があります。
黄色の看板にはうまいの文字はありませんが、ラーメンショップを名乗るからには
それなりの覚悟というものを見せて欲しいと思いながら入店です。

小奇麗な店内には家族連れやカップルの姿も見られ、ラーショ的な場末感はありません。
厨房も奥に引っ込んでおり、ホール係のパートさんがてきぱきと配膳するチェーン然とした営業形態です。
メニューも既製のしっかりしたもので、安心感を出すことには成功しています。
ラインアップは多岐にわたっていますが、まずはAji-Qの代名詞、掲題をオーダーしてみましょう。

提供を待つ間、壁に貼られた南蛮ラーメンの由来のようなパウチを読みますが、
南蛮が外国人を指すことであり、ネギを指すという、一般的なうんちくの他に、
うちこそが「南蛮ラーメン」の元祖であるという、他店を牽制するようなことしか書いてありませんでしたw

さて、まもなく提供されたラーメンですが、醤油の色でわずかに茶色がかってはいるものの、
不自然なほどに白濁したスープは完全に豚骨ラーメンの様相。
小山に盛られたネギにはデフォで黒胡椒が掛けられており、細く切られたチャーシューが垣間見えます。
のりに印刷されたパンダの表情は目の焦点があっておらず、今後の行く末に不安を覚えるには十分です。

おそるおそるスープに口をつけますと、見た目よりもずいぶんとライトな味でまろやかな口当たり。
スーパーの豚骨醤油生ラーメンのような出来合い感はありますが、思ったほど破滅的でなくてホッとしましたよw
塩分も控えめ、化調過多といった過激な部分もありませんからお子様にも安心して食べさせられそう。
麺は黄色味がかったつるしこの中太麺で、茹で加減はやわらかめ。
麺を食べてから思いつきましたが、スガキヤからカツオ風味を消し去って醤油を足したようなイメージですw
ネギは細くきられ、塩胡椒とごま油で和えられているだけで、あの粉は使われていない様子。
あの味がこれほどまでにしないということは、椿との関係は無いと考えて差し支えないでしょうか?
チャーシューは細いながらもそこそこの味ですから、普通の大きさで食べれば満足できると思います。
わかめとメンマは力はありませんが、見栄えとしては置いておくのも正しいかと思いました。

私の思うところのラーショらしさは皆無で、全く別の系列として考えていいのではないかというのが本音です。
実際にこの系列のエリア内には現在も椿系をうたうラーショが点在していますし、
これは推測に過ぎませんが、過去に椿食堂管理と関係はあったものの、
独立してから後もそのままラーメンショップを名乗っているというのがAji-Qの真相なのではないでしょうか?
東北のラーショ通からの情報が欲しいところです。

うまい指数 0.94

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「満州にらラーメン」@さかえや本店の写真盛岡から南下して花巻へ。
ここにはご当地名物のラーメンがあると聞いていましたので、早めにお店に到着。
雪山のロッジみたいなドームを持つ変わった形の建物で、
入口には大きく「元祖満州にらラーメン」と書かれた看板が掲げられています。

ちょっと早く着きすぎたかなというのは全くの杞憂で、大きな駐車場にはすでに先客の車が数台止められており、
しかも先頭に並んでいるのは女子高生の集団www
一緒に並びますが、どうも店に入る前から周辺にはニラの匂いが漂っており、なんとも言えないシチュエーション。
こりゃたまげた人気店だわw

のれんがかかると、お客さんがドッと店内になだれ込み、広い客席が一瞬で満席になるという迫力ですが、
恐らくこれがこの店の日常であり、店員さんが慌てる素振りは全くありません。
端から淡々とメニューをとっていきますが、すべてのお客さんのオーダーはもれなく「まんにら」、たまに「まんにら餃子」
醤油、味噌、塩の3種類から選べるようですが、ほとんどの方が醤油でたまに味噌といった比率でした。
厨房も分かりきっているので、次から次へとラーメンが提供されていきます。
私も急かされるように「まんにら醤油」をオーダーしますと、3分とかからずに提供されました。

見れば真っ赤なラー油の海の中に濃い緑色のニラがどっさりと入っています。
ドンブリの真ん中には紅しょうがののせられた豚肉のニンニクの芽炒めがのるという大胆な一品。
どこらへんが「満州」なのかはさっぱりわかりませんw
さぁ、食べ始めようとしたときに隣に提供された「まんにら餃子」はそこにさらに餃子が4つのるというシロモノ。
しまった!そっちだったか!w

真っ赤なスープをグビリとやれば、アッツアツなところに突き抜けるラー油の辛味。
スープベースは甘めの醤油汁に近いようなあっさりとした清湯ですが、
ラー油と合わさることで刺激的なスープに変化していきます。
私には思ったほどの辛さではありませんでしたが、希望すれば辛さの調節も可能とのこと。
麺はちぢれた細麺で白っぽく見えるのはスープの赤とニラの緑とのコントラストの所為でしょうか?
提供時こそやや硬めのゆで加減でしたが、あっという間に伸びていくので注意が必要。
個人的な印象だとポロイチの麺にちょっと似てなくもないようなカンジがしないこともない今日この頃w
例え麺が頼りなくとも、それを補う具材の数々は非常に豪華。
豚こまはニンニクの芽だけではなく、ニラとの相性が良いのはもちろん、ラー油とベストマッチ。
まったく死角はありません。
ニラは食べても食べてもまだ残っていると思わせるほどにたっぷりと入っていますので、
ニラ好きにはたまらないと思います。
また、それぞれを麺と一緒に食べることで満足度もぐっと上がるというものです。
さぁご馳走様と思うものの、なぜかスープをもう一杯、もう一杯だけと結局すっかり飲み干してしまいました。
ちょっと冷めてからのほうがこのスープの美味しさはわかりやすいみたいですw

独創的と言うよりも暴力的にすら思えるそのオリジナリティには脱帽。
なんだか初めて食べたとは思えないほどにしっくりときた不思議な一杯でした。
そして今回の旅で最も再訪してみたいと思ったお店がこちらでした。
この味はやみつきになること請け合いですので、お近くに来た際には無理してでも訪問することをオススメします。

うまい指数 1.32

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン」@神子田朝市食堂の写真朝起きるとそこは一面の銀世界。
盛岡名物神子田の朝市におばあちゃんが作るラーメンがあるというので、行ってみます。

6時前くらいに朝市につきますと、ボタ雪の落ちる中にもかかわらず、場内は徐々に盛り上がりを見せてきた様相。
それぞれの店がちいさな区画にずらりと野菜やら、惣菜やらを並べて売っています。
売る方も買う方も平均年齢は軽く60を超えていると思われ、私なんか卵から孵ったばかりのひよっこも同然。
市そのものはちょっとした体育館のなかに収まってしまいそうなほどの小規模なもので、
想像していたよりもずっと狭い範囲で開かれていることにもびっくり。
その狭い市の中ほどに低い軒に赤いのれんがかかるお店を見つけました。

店内に入れば湯気のなかにガラの香りがお出迎え。
カウンターについて壁のメニューを見れば、ラーメン400円で、ワンタンメンはワンコイン。
ここは豪気にワンタンメンいっちゃいますかw

どうやらこの日は噂のおばあちゃんはおられないようで、営業しているのは娘さんとお孫さんでしょうか?
AMラジオから流れてくる会話をバックに、田舎の家の台所のような厨房設備でせっせとラーメンを作る姿を見ていると、
他所の家にあがりこんだような妙な気分w

しばらくしてカウンター越しに手渡されたのはワンタンがたっぷりと入ったうえに、
具材がしっかりと盛りつけられた一杯で、とてもワンコインのラーメンには見えません。
都内だったら800円はつけるね。

朝からテンションが上がって参りましたので、メラミンのペナペナレンゲでスープをグイッと。
鶏ガラベースのスープは醤油の甘塩っぱさが特徴的で、他ではあまり経験したことのない味。
なんと表現するのが適当かわかりませんが、醸造の香りのような良い意味で鼻につく甘ったるさがあり、
その甘みを抑えつけるような塩っぱさでバランスをとっているようなカンジ。
カエシにはチャーシューの煮汁を使っているのでしょうか?
麺はちぢれが強めにかかった中細麺で柔らかめの茹で上がり。
黄色味が強く、かんすいの味も残っているので古いタイプの中華麺といった感がバリバリ。
甘塩っぱいスープを吸ってご飯が欲しくなりそうな麺ですよ。
麺量的にはやや少なめにも思いますが、早朝の一杯にはこのくらいで丁度いいのかもしれません。
モモのチャーシューはパサつきもなく、しっとり柔らかですぐにぺろり。
ワンタンを数えてみるとなんと8個も入っていてプラス100円とは思えないほどの充実ぶり。
中の餡は鶏肉で、チャーシューの物足りなさを補って有り余るほどのボリュームだと思います。
具材のほうれん草、ネギといった野菜はこの朝市での調達なのでしょうか?
とてもみずみずしく、ラーメンでここまでのほうれん草と出会ったのは久しぶりの出来事でした。

朝市の食堂で予想外のラーメンにであえた事に感謝。
盛岡の朝の味としてしっかりと味わうことが出来ました。
看板娘のおばあちゃんに会うのは次の機会まで、楽しみにとっておこうと思います。

うまい指数 1.56

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「魚鶏豚骨醤油ラーメン+味玉」@極上拉麺専門店 穴場の写真本日の宿、盛岡に戻りまして、道すがら繁盛している様子でしたのでふらっと立ち寄ったお店。
これまたRDBでは登録なしなんですが、屋号が「穴場」ってソソられませんか?
ラッキホール!w

外壁には変なマークやHPのURLなどが書かれており、どことなく若者向けのスタイリッシュな外観で夜の店という雰囲気。
店内に足を踏み入れると、強烈なニンニク臭が私を襲います。
もしやJインスパイヤかと思いましたが、店内のそこらじゅうに貼られたメニューをみれば、
なかには「極め盛」などというそれらしきものもあるものの、幅広いジャンルのお店のようです。
そのなかから最も無難に見えた掲題に味玉トッピをお願いしました。

店内はカウンターのみで客層を選びそうですが、やはり来ているのも若い人が中心で、
皆さん、サイドメニューもがっつり頼むようなスタイルのようです。
待っている間にもお客さんはポツポツ入って来ていまして、なかなかに盛況。
地方都市で遅い時間にこれだけお客さんが来るのは、人気店だと言って差し支えないでしょう。

忙しいお店だけに提供も迅速で、5分足らずでラーメンが出てきました。
そういえば、今回の盛岡で入ったお店はどこも提供が早くて、非常に気持ちが良かったですね。

さて、ラーメンはといえばスープはかなり白濁しており、背脂も多めに浮いていて、どちらかと言えば豚骨寄りに見えます。
薬味も全体にまぶしてあるような一風変わった盛り付けで、普通の豚骨魚介には無い期待が湧いてきます。

早速スープからいただきますと、うわー、スタンダードな豚骨魚介だw
しかもどちらかといえば、豚骨魚介創世記に多かった寸胴一本で取るタイプの味に近いですね。
ドンブリであとから合わせるダブルスープのようなキレはないですが、調和に関してはこっちの味のほうが好きです。
とろりとしたところにさらに背脂が豚感を後付けしていて、かなりコッテリしたカンジ。
鶏はほとんどわからず、魚介は完全にサブに回っています。
中太で軽くウェーヴの入った麺はやや硬めに茹でられており、スープとのからみは上々。
どことなく、味噌ラーメンに合いそうな麺だと感じましたが、味噌もこの麺を使っているのかな?
チャーシューは脂身のたっぷりとついたバラを大きめにカットしたものが入っていて、ほわほわに柔らかく、
これだけでツマミにしたくなるほどの旨さですが、このラーメンにはちょっと重すぎかな。
もうちょっと脂身が少ないほうがいいかも。
トッピングの味玉は予想に反してハードボイルド。
半熟とろとろの味玉が席巻する昨今では逆に珍しいタイプで、これもたまにはいいなという感想でした。
粗みじんの薬味のネギと背脂の組み合わせがとてもマッチしており、
固形物を食べきったあともちびちびとスープを飲み続けて、ご馳走様です。

豚骨魚介の美味しさは堪能できましたが、すでに食傷気味であるジャンルなので評価が難しい一杯でした。
その旨さにはなるほどと冷静に頷くことはできますが、もう一回食べたいという気を起こすまでには一工夫欲しいかな。
同時に、他の味にしていればかなり印象も違ったのだろうという思いもあります。
とはいえ、こういう実力のある人気店が埋もれているのはホントに惜しい気がします。
そのためにも岩手のRDBの整備を切に望むくいしん坊でした。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@福の写真盛岡をあとに、一路宮古へクルマを走らせます。
雪の峠を抜けてたどり着いた先は、津波の爪痕がまざまざと残る場所でした。
港の道の駅は仮店舗で細々と頑張っていましたので、お土産を大量購入。
ひとつめのミッションを達成し、次なる宮古ラーメン調査ミッションに向かいますが、お目当てのお店がなんと臨時休業。
急遽代替の店としてお邪魔したのがこちらです。

頑張れば私1人で1日程度で解体できそうな、かなり年季の入った構えのお店。
RDBでの登録は「はなふく」ですが、事情通からの情報によれば代替わりして屋号も「福」になったとか。
店の隣が駐車場と思いきや、ちょっと離れた場所だそうで店前の貼り紙を頼りに路地を進み、無事駐車。

店に戻り、建物と比べてずいぶんと新しいのれんをくぐりますと、押し寄せる煮干しの強い香り。
おー、これは期待しちゃいますよ。
店内は外観で想像したとおり、やっぱり時間が止まったまま。
いろんな想いが染み込んで色が変わっている壁には、ところ狭しとカレンダーが掛けられ、
狭い客席に頑張って並べた小さなテーブルには、背もたれを切断した椅子がなぜか3脚づつ。
上のほうに掲げられたメニューの板を見ますと中華そばが400円から。
うん、安い、これだ。

物憂げなマスターが作ってくれたラーメンはスープがたっぷりと注がれています。
そこにチャーシューを始めとした具材がホントに浮いているというカンジ。
どことなくもの淋しく、ナルトから哀愁の影さえ感じられるのは、店内が薄暗いからではないはず。

いつものようにまずはスープ。
グビリといきますと動物系の影は感じられず、煮干しと昆布に貝類のみといった印象で、
当初想像していた煮干しの香りよりも、磯の香りのほうが強く感じられます。
山育ちの私はこの匂いに一瞬怯みましたが、脂っ気が皆無でスッキリしているので、グビグビいけちゃいます。
醤油も淡く色こそついていますが、塩スープに近いというカンジ。
乱暴な言い方をすると佐野ラーメン魚介版的なスープ。
麺は中細のちぢれ麺で、かなりやわらかめで優しい味わい。
色も白っぽく、小麦の味が感じられますので、もしかしたら無かんすいなのかもしれません。
見た目通り、スープの量に比べると麺は少なめなので、よく食べる人は大盛りのほうがよさそうです。
バラロールのチャーシューはわりと濃いめの味付けで、このラーメンの具材としては異質な印象でしたが、
ちょっとかじってスープを飲むとちょうど良い塩梅でした。
あっという間に食べきって、ご馳走様です。

いかにも海のラーメン、そして地のラーメンといった素朴さがあり、地方巡りに相応しい一杯でした。
ただ、食べながら心が沈んでしまったのは、直前に見た荒涼とした景色の所為だったのでしょうか?
それとも小雪のちらつく空模様の所為だったのでしょうか?
こういうラーメンが食べられる土地を襲った災害に遣る方無い憤りを感じました。
あれから1年経った今、1日も早い復興に、外の人間にもまだまだ頑張れることがあるのではないか?
そんなことを思った宮古でした。

うまい指数 1.25

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(こってり)」@中華そば 弥太郎の写真事前調査で盛岡ラーメン事情を調べると度々名の挙がるこちらですが、なぜかRDBでのレヴューがない不思議。
これは確かめねばならぬと、足を運んでみました。

市街地からちょっと離れた商工地区のようなところにスッキリとした外観のお店。
一見してラーメン屋らしくはありませんが、駐車場はクルマでいっぱいです。
ちょっと周囲をひとまわりして戻ってくると、空きがでましたので入店しますと、お客さんでいっぱい。
客層も多岐にわたっており、評判通りの人気店のようです。

店内も外観同様に真新しく、清潔感を感じます。
厨房は奥まっていて見えないのが残念ですが、店員の女性の格好もバッチリキマっているので、期待が持てそうな雰囲気。
メニューのなかから基本と思われる掲題を選択。
「全品こってりで出来ます」ということだったので、思わず頼んでしまいましたw

3分後、厨房と客席をつなぐ小さな小窓の萌黄色のカーテンをのけて現れたのは、ほのかに煮干しの香るこぢんまりとした一杯。
淡い色のスープに大粒の背脂がポツポツと浮かんでいますので、この部分がこってりなのかな?
真ん中に置かれた材木系のメンマからニューウェーヴの雰囲気が漂っておりますw

では、いつものようにスープから。
お、想像したよりもずっと魚介系がヴィヴィッドに映る、キレのあるスープですよ!
青魚系の程よい酸味と、煮干し系の微かな苦味にあわせて、ふくよかな旨味がひろがります。
惜しむらくはこってりにしちゃったがために、脂がそのキレをぼやかしてしまっているカンジ。
これはデフォのスープのままでよかったかもしれないですね。
ただ、大粒の背脂は具として考えるとかなりいいと思いましたので、そのあたりの選択は難しい所でもあります。
麺はちぢれのかかった細麺で、標準的な茹で加減で、スープにもよくあっていると思います。
ちょっと伸びやすい印象を持ちましたので、テキパキいただくのがいいかもしれません。
チャーシューは小ぶりのバラロールで、濃いめの味付けにトロホロの食感。
最近、このテのチャーシューに出会うことが少なかったのでちょっと新鮮に感じました。
材木系のメンマは見た目通りの印象でしたが、こちらも薬味のネギが非常に美味しく思えました。
盛岡のネギには何か秘密があるのか?w

噂に違わぬ、よくできたラーメンであったと思います。
これだけのラーメンを出すお店があるのに東北地区のレヴューが少なく、紹介されないのは非常に残念です。
東北の皆さんにもRDBをもっと盛り上げて欲しいと思いました。
美味しいラーメンを食べたくて、東北に足を運ぶのって素敵やん?w

うまい指数 1.13

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@中河の写真前回の東北シリーズで嫌われた盛岡を今回こそ攻め落とそうと、一気に北上。
まずは過去のdanchuのラーメン特集でべた褒めされていたコチラに訪問。
市街地の路地を抜けてたどり着きますと、おもての看板には燦然と輝く金色の屋号。
ラーメン屋というよりも、老舗の寿司屋とか蕎麦屋のような佇まいです。

店内はカウンターと小さなテーブルのみと非常にシンプルながら、和のテイストにあふれ、
厨房をみてもこざっぱりとしており、清掃がすみずみまで行き届いた空間であることが瞬時にわかります。
かといって、空気は張り詰めているわけではなく、むしろゆったりとした時間が流れているように感じます。

こちらでは席に付けば何も言わずともお冷と割り箸がでてきます。
卓上に置かれているのは胡椒のみ。
メニューは1種類ですので、オーダーの必要もありません。
ここでは「こんちゃ!」とか「栃木からきました云々」などの余計な言葉は野暮の極み。
発するのは「いただきます」と「ごちそうさま」のみでよいのです。
3分後にはクリアなスープにゆらゆらと麺の泳ぐ、美しい中華そばに出会うことができます。
具材も最小限でシンプルですが、全体から気品が漂っている気がするのはドンブリの柄の所為だけではないはず。

スープからズズズといきますと、ほんわりと広がるガラと野菜の微かな甘味。
見た目通りに醤油の塩梅は薄めで非常にやわらかなくちあたり。
絹のような印象のスープで、普段ドギツイラーメンばかり食べている私には逆に衝撃的。
最近、食べたラーメンでは鹿沼のしなそば 麺坊をさらにこなれさせたような印象を持ちます。
あまりにも儚い旨味に卓上の胡椒をかけたくなる気持ちもわからなくはないですが、
かけるのはもったいないほど洗練されているスープです。
麺は硬めにゆでられたちぢれの細麺で、ちゅるちゅるとしたすすり心地。
こういう麺は思い切りすすることでスープが適度に絡んでホントに美味いと思わせます。
夢中になってすすっていると、なぜか「ラーメン大好き小池さん」のイメージが頭に浮かびます。
あの人が食べていたラーメンて、きっとこういう味なんだろうなw
2枚のせられたモモチャーシューは小ぶりでノスタルジーな味わい。
このラーメンには脂身のついたバラとか、サシの入ったロースはむしろ邪魔。
出涸らし気味の硬いモモこそがあうのでしょう。
さらに、こういう甘いスープでこそ薬味のネギが映えるということを再認識しました。
ここでも思わず、スープ完飲w

優雅にいただく大人のラーメンといったところでしょうか?
遠征ではインパクトを重視しがちな私ですが、
調味料に頼り過ぎない淡麗系のこういう味のほうが感動させられることは多いですねぇ。
飾り気はなく、一見して古臭いタイプなのかもしれませんが、二度三度と食べたくなる一杯でした。
日祝休みの昼のみ営業というハードルを超えて、また来たいと思いましたよ。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件