なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,737
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@本家第一旭 たかばし本店の写真京都に来てこの2軒のうちどちらか一方しか行かないなんて、ラヲタ失格でありますッ!
右の頬を打たれたら、左の頬も差し出すべきですぞ???
というわけで、当然のように連食。

店内に入りますとお隣同様こちらも盛況。
やはり古い食堂のスタイルで、奥から流れてくるラジオの声が余計に叙情的。
すぐさま空いた席に案内されまして掲題をオーダーです。

こちらのお店も客の要望にいろいろと応えてくれるようで、
お客と店員の間でかわされる注文や、厨房とホールの符牒などには独特のものがあります。
私には全く理解できませんでしたが、この地域に根づいていることを感じさせますよね。
ある程度注文がまとまってから調理に入るようで、順番は多少前後しながらも10分足らずで提供でした。

醤油の色がクリアなスープに多めの油が浮かんでいます。
こちらもノーマルで4、5枚のチャーシューがのっていますよ。
京都のお店はチャーシューが大盤振る舞いですな!

では早速グビリ。
うーん、こちらは見た目よりもずっと豚感を感じるスープになっています。
初めて飲んだときには何かの間違いかと思ったほどに、スープに深みがあるのです。
ベーススープは勿論ですが、おそらく表面の油に秘密があるのかと思われ。
栃木で言うと、共栄系のスープがこういうアプローチのイメージなんですよねぇ。
さらにこちらの場合は薄切りのチャーシューからも旨味が滲み出しているように思います。
とにかく、醤油とのバランスが絶妙ですよ。
麺は新福菜館 本店をそのままダウンサイジングしたような中細ストレート。
太さが違うので食感こそ差がありますが、トータルのイメージはよく似ています。
それぞれの店のスープにあった太さというカンジがしますね。
こちらはお隣ほど延びが早い印象はありません。
チャーシューはモモとバラが適当に混ざってのせられてるようです。
かなり薄めのスライスですが枚数がありますので物足りなさは感じません。
他のお客さんのオーダーを見ていると部位の指定もできるようです。
こちらのチャーシューも九条ねぎとあわせて麺と口にいれるとたまらないですぞ。
もやしはオマケ程度の量ですが箸休めとしては十分でしょう。
お腹いっぱい、大満足2連チャンのご馳走様でした。

東京、神戸のお店が何なのかと思えるほどに、本家の一杯は素晴らしいものでした。
薄口醤油の中華そばとしては王道ともいえる味で、その凝縮された旨味に脱帽。
そりゃ全国に名を轟かす名店になるわけだわ。

うまい指数 1.13

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並)」@新福菜館 本店の写真グッ、モーニン、京都!
格安オサレビジホのあまりの寝心地に寝坊しましたが、飛び起きて向かった先はもちろんこちら。
隣合わせの赤いお店と黄色いお店、どちらから入ろうか考えて、手前の赤いお店にイン。

10時すぎという中途半端な時間にもかかわらず、店内はびっちり満席。
後からもお客さんが続々と入店してきますが、回転はスムーズですぐに席に案内されます。
もちろん、テーブル席は相席。

壁のメニューにはいつか食ってやろうというヤキメシがありますが、今日のところは素直に掲題。
ホール係のおねぃさんの惚れ惚れするほど通りの良い声を聞きながら、提供までは10分弱というところです。

いやー、相変わらずスープは黒いですねぇ。
これを京都ブラックなどと呼ぶことにも納得の黒さ。
大量のチャーシューと九条ねぎの緑が食欲をかきたてます。
今回気づいたところで「小」の場合、ここにモヤシが付いてくるようですが、なぜか「並」にはありません。
ま、モヤシ嫌いの私には関係ないことw

では黒いスープを朱のレンゲでぐびり。
ふー、わかってはいますが見た目にそぐわぬやさしい塩梅。
初めて飲んだときには何かの間違いかと思って、すぐさまもう一杯レンゲを口に運んだほどですw
こんなにも黒いのに、カエシの醤油の味には爽やかささえ感じます。
油少なめのサッパリとしたベーススープは動物系のガラが中心のように思えますが、鶏メインなのかな?
決して旨味は強いわけではないのに印象深い醤油の味に心奪われてしまいます。
麺は少し黄色味がかった中太のストレート麺。
やや低加水っぽい食感で、コシはそこそこでしなやかさがあります。
時間が経つとスープを吸うようですが、そのぶん食感はハズレていきますので早めに食べるが良いと思います。
チャーシューはノーマルの中華そばで小さいながらも10枚以上は入っているでしょうか。
他の店ならチャーシューメンと呼んでも差し支えないほどの満足感。
部位的にはウデかなんかだと思いますが、柔らかく、麺と一緒に口に運ぶにはいいサイズ。
九条ねぎは薬味というよりも立派な具材というイメージ。
麺量は多めのような事が書かれていますが、あっという間にペロリでご馳走様でした。

朝からこれが食べられる京都の人が本当にうらやましいと感じる、目覚めの一杯。
それにしてもあのカエシの味には一朝一夕には出せない歴史を感じます。
シンプルでありながら物足りなさを感じさせないという、京都ラーメンの代表格ですな。

うまい指数 1.08

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン並 煮玉子入り」@天天有 本店の写真さて、ラーメン荘 夢を語れを後にしまして、その足でお隣りのこちらに入店。
さっきの店の行列から驚愕の呻きが背中越しに聞こえたような気もしますが、おそらく気のせいでしょうw

お店はいかにも昔からのラーメン屋といったカンジで時間が停まっているかのようです。
こちらは10年ぶりの訪問ですが、マスターの時間までも停まっているかのような変わらない姿にビックリ。
小さなお店ですが、店員さんはエキスパート揃いで回転は悪くありません。
先程までの混雑もすっかり解消され、席には余裕がありました。

メニューの中から掲題をチョイスし、味の調整も融通が効くので、麺かため、ネギ多めでお願いしました。
こちらはデフォでもチャーシューが4、5枚つきますから
個人的にはチャーシューの枚数を減らして煮玉子、もしくは温玉入りに変更するが賢い選択かと思われ。
ちなみに隣の人のチャーシューメンを覗いたら、麺が見えないほどにものすごい肉の量でしたよw

提供までは5分ほど、ネギの緑と玉子の黄色が薄暗い店内に鮮やかに映える一杯。
白濁スープの表面にはキラキラと油が多めに浮いています。

それではレンゲを深く沈めるようにスープをひとくち。
ほー、スープ自体は鶏白湯で、唇がペトペトになるほどに濃厚で濃度も相当なものがありますね。
ギトギトそうに見えますが、実際は柔らかい甘味を舌の上に残してスッと胃に収まる深みのある味。
この上品な甘味が京都らしいといえば、京都らしいかなw
塩気のひっかかりはないのに、満足度は高めに思えます。
麺は細麺ストレートで、硬麺指定ですがしなやかさがあります。
スープが非常に良く絡むので麺自体の味はわかりませんでしたが、総じて満足。
チャーシューは薄くスライスされたモモが3枚で味付けは薄めですが
九条ねぎと麺とをくるんで一緒に食べるとたまらない美味しさです。
メンマは細く、味の濃いタイプ。
煮玉子は黄身が硬めの半熟でした。
たっぷりの九条ねぎは辛味も程々ですが、特に増やす必要もなかったかなw
メニューに書かれた店オススメの食べ方で、紅しょうがを入れるといいとありましたが、
やや口の中はサッパリするものの、このスープの美味しさの前では入れないほうが純粋に楽しめました。
にんにくの豆板醤は好みでいれてみるのはいいかもしれません。
連食でもスープまでしっかり飲み干してのご馳走様です。

以前食べた時よりも、さらに美味しくなっているように思えました。
鶏白湯を出すお店は関東でもすこしづつ増えていますが、このレベルで提供している店を知りません。
非常にシンプルな構成ながらも一本芯が通った一杯。
老舗の底力をしっかりと味わわせていただいた想いがします。

うまい指数 1.17

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン300g(ニンニクアブラ)」@ラーメン荘 夢を語れの写真この日のお宿は京都。
東海以西のうどん文化圏において、古くからラーメン文化が根付く貴重なエリアですね。
先斗町でお座敷遊びも捨てがたかったのですが、たどり着いたのは洛北・一乗寺。
一乗寺下り松といえば武蔵・吉岡決闘の地ですが、お目当てであるもうひとつの激戦区に参りましょう。

当初の予定では天天有 本店からのつもりでしたが、店前の行列が動きそうもないので、先にお隣りのこちらへ。
青い看板に白抜きの屋号が描かれていますが、その筆筋はあまりにも大胆。
お店は白いタイルの外壁で、内装も間接照明に照らされた黄色のカウンターが目立つなど、ちょいオサレな雰囲気。
でも店内から漂ってくるのは二郎臭w

入口の二郎標準スタイルの券売機で掲題を購入。
ラーメンは麺量300gがデフォで400gまで増量可のようですが、ちょっと表示が解りにくいかな。
店員さんに、店周辺に違法駐車をしてないかの確認を受けてから席に案内されました。
ところが、席についてからカウンターに箸も調味料も置かれていないことに気づきます。
見れば箸やレンゲは入口付近まとめられており、席に着く前にセルフで取って行くシステムのようです。
これまた一見客には解りにくいと思うのですが、これが京都の洗礼なのか?w

麺上げをしてるのは西新井マルジ(現ラーメン富士丸 西新井大師店)にいた童顔のマスター。
バッチリ決まった調理の様子を眺めているとコールがかかりましたので、ニンニクアブラでお願いしました。
ヤサイマシ残して撃沈なんて、とてもじゃないですがカッコ悪くて、恥ずかしさで首吊りたくなりますから。
と思いましたら、考えていたより標高はありませんねw
しかもミンチ系アブラはデフォでのるようで、さらに別皿でアブラ提供がありました。
ちなみに、ドンブリには読んでいてこっ恥ずかしくなるような中二病みたいな文章が書かれていますぜw

では、マルジらしくドンブリのふちに口をつけてズズズっと。
うーん、スープは油ぎってはいるものの、マルジ特有のみりん系の甘ったるさはないんですね。
見た目は非常によく似ているのですが、西新井とも神谷ともずいぶんと違う気がします。
Jインスパイアとしては豚感も控えめ、醤油の強さがあるわけでもなく、ちょっとフォーカスのぼやけたカンジ。
ニンニクを溶かしてもいまひとつ締まらないようですが、この味は関西風ってことでしょうか?
醤油が効いてこそのJだと思っている関東者にはカラメ必須でしょう。
途中でもカラメ足してもらえばよかったかなと今更ながら後悔。
麺は平打ちの太麺でごわごわとした低加水ですが自家製麺なんでしょうか?
これはほとんどマルジそのものに感じますが、茹で加減が少し硬めかと思います。
ちぢれが強くスープの持ち上げも良いですから、この麺にはクドいあのスープのほうが合うように思います。
300gという麺量はマルジに比較すると若干少なめか?
ブタはウデの塊が2つで、やや濃いめの味付けですがこれは上々。
やわらかく煮込まれており、オーダーされるメニューがブタ系ばかりなことにも頷けます。
ヤサイはキャベツ率3割のややクタ系で、やはりデフォだと存在感は薄めかもしれません。
残さないことを前提にトッピングするがよいでしょう。
ペースをつかんで流れるようにスムーズに完食、ご馳走様。

関西初のJインスパイア店という触れ込みですが、
マルジをベースとして感じるものの、こちら独自の味で勝負をかけていると感じました。
屋号にあるように、夢を語り続けて、お店を大きくしてください。

ここで初めてJに触れた若者が東京に出て、二郎を食べたらどんな感想を持つのでしょう?
たぶん「醤油、塩っぱすぎ!」っていわれるんだろうなwww

うまい指数 1.12

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件