なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,740
レビュー 店舗 スキ いいね

「あってり流進化系あってり麺「さいしこみ」」@あってりめんこうじの写真ども、栃木の吉田栄作ことスーパーくいしん坊です!
腹ごなしにしばらく高崎観光などいたしましてから、イベント開催中だという3軒目に向かいます。
1周年記念ということで35時間連続営業中のこちらは、私が以前から一度食べてみたかったお店。
だって「マネーの虎」見てたんだもんw

街道沿いではありますが、店舗は奥まっていまして、駐車場の黄色いのぼりが目印。
店前のスペースには車を置いてはいけないようなので注意が必要です。

お店に入りますと長丁場で満足に寝ていないだろうというのに、マスターがさわやかな笑顔でお出迎え。
奥のテーブルに陣取りましてメニューを眺める一行。
バリエーション豊富ななかから各々が思いおもいのメニューをオーダーします。
限定に弱い私は初訪だというのに大胆にも基本をすっ飛ばしてスペシャルな掲題をオーダーしてみました。

しばらくして現れたのはドンブリから大きなのりが張り出したラーメンで、
中をのぞきこみますと、オクラにごぼうといった見慣れない具材が使われています。
スープは赤茶色といったカンジで、これが噂のあってりかぁ。

"このあと、栃木の豚がメロメロになる。その一部始終をご覧いただこう"

まずはいつものようにスープから。
うーむ、確かに「あっさり」でも「こってり」でもない味というか・・・
たいがい、スープ飲んだときに舌の上で味がする場所はそれぞれの部分部分なのですけど、
このスープは舌そのものを包み込むように全方向から味がするようなカンジなのです。
動物系のダシに魚介が柔らかくかぶさっているのですが、
そこにさらにフルーティさが加わるのですから私ごときではワケがわかりません。
脂っこいわけでもなく、もちろん物足りなさを感じるはずもなく、どっしりと旨い。
そもそもいったい何種類の材料を入れるとこういう味になりますか?
地元有名醤油店の再仕込み醤油を使っているとのことですが、これがまず深い甘味を持っていて、
たまり醤油ほどではありませんが、かなりの濃厚さが感じられます。
麺は中細のストレートでしなやかなタイプ。
茹で加減はやややわめながらもホッとするような味わいの麺です。
大振りのチャーシューは厚みが10mmくらいで手のひらくらいあるロース。
黒胡椒のおかげでスパイシーながらもジューシーさをあわせ持つ仕上がりになっていますよ。
具材のオクラとごぼうは力強いスープとの相性もよく、スープを引き立てる名脇役。
ごぼうのような癖のある素材がラーメンに合うとは今まで考えて来ませんでしたよ。
このスープは一滴たりとも無駄にできないと思い、ドンブリにノースープでフィニッシュです!

1回、2回食べたくらいではこの味の深みは理解できないような気がしています。
今でこそ似た系統の味を出すお店はたくさんできてきましたが、
さすがにここまでの高みに到達している店はほとんど無いと思います。
あの当時からこの味を作っていたのであれば、そこには天賦の才を感じずにはおれません。
マスターの笑顔からは想像出来ませんが、心の奥にはすでに「ラーメンの虎」がいるのでしょう。
素敵すぎますので、何がなんでももう一回来るつもり。


うまい指数 1.11

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件