なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,740
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏煮込みそば」@ラーメン人生 JET 福島本店の写真せっかく降りた福島駅、もう1軒有名店があったはず。
いくら絶好調だからと言ったって、まだ1時過ぎで4杯はヤヴァいだろと。
もし店前に行列があったら辞めようと。
ちょっと見るだけのつもりで角を曲がると、空いてるんだなコレがw
せっかくですから入店。

雑居ビルの1階の狭いスペースながら、そこそこスタイリッシュにまとまった店内。
店員さんもイケメン揃いで今風のオサレ路線ラーメン屋ですね。
お客さんは若い人が多く、それだけで店の方向性も見えてきそう。
軽く一杯と思ってメニューを見れば、やっぱり「煮込み」とかヘヴィーな文字が並んでるぅ~!w

食券を店員さんに渡せば、厨房からは威勢の良い掛け声。
皆、忙しなく動きつづけているので、提供まではかなり早かったように思えます。

屋号のロゴがビシッと決まった黒ドンブリのなかには、泡立つほどに濃厚なスープ。
具材の盛り付けはやや寂しげではありますが、チャーシューが真ん中で主張していますよ。
そこから香り立つ湯気の向こうにうっすらベッキーが笑ってる気がしますw

もしやと思いつつ、レンゲをスープに沈めます。
軽い抵抗を感じながら飲んだスープはやっぱり、京都のアレっぽいですwww
鶏の旨味と野菜の優しさが同居するタイプ。
ゴリッとする骨のかけらみたいのがスープに混じるほどでちょっと気になりますが、それほどの濃厚さ。
それでいて、上品な仕上がりは新時代の天一か?w
自家製麺と謳われるのは中太のストレート。
ややザラッとした麺肌に否応なしにスープが絡むので、終始濃厚な鶏を感じることになります。
4杯目にはちょっと重いですが、それをものともしないほどの充実度w
チャーシューは大判のバラで、脂身の部分が多いのでまさに若者向けといった構成ですね。
ミツバやネギといった薬味はちょっと弱い気もしますが、
このスープに身も心も没頭するにはこの程度で良いのかもしれません。
なんだかんだと、スープ飲み干してのご馳走様です。

私の中の鶏白湯ブームも落ち着いてきた頃でしたが、このベクトルの鶏白湯はやっぱ好きだなぁ。
たぶんそう思ってる人は多いのではないでしょうか?
近所にあれば思わず通っちゃうほどのレベルで、天一好きには絶対にオススメ!w

うまい指数 0.96

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「鰹本節とんこつ」@ラーメン Jackson'sの写真大阪のラーメンは盛りが軽いのか、私の胃袋の調子がいいのか、まだまだイケそうな気がするぅ~。
新幹線の時間を気にしつつも3店目に向かいます。

福島駅で降りて、線路沿いを西に進むとガードの先にこちらが見えます。
屋号こそ横文字ですが、店の構えは純和風。
店内に入ると小料理屋といった雰囲気で、カウンターにはガラスのネタケースがあったりします。
中に入っているのは生鮮ではなく、カツオ節と昆布といった乾物ですけどw
レイアウトもこぢんまりとしており、お客さんは近くの会社の人といった印象です。
RDBで評判のいい「」を頼もうとしましたがどうやら限定のようでメニューに見当たらず、
先頭に表記してあった掲題をお願いしました。

しばらくすると、ごつごつとした味のあるドンブリでラーメンが提供。
ベージュ色のドロリとしたスープが濃厚そうに映ります。
よくある豚骨魚介のイデタチですが、なんだかそれだけでは終わらない予感がしますよ。

期待をふくらませながらスープをグビリ。
あら、思ったよりあっさりとしていて、豚骨よりもカツオをメインにした魚介系が主張していますね。
カツオは香りの部分でもしっかり効いていて、和のテイストが強いです。
とろりとしているのは脂の所為ではなく、昆布あたりが由来なのか、すごく自然な甘味を感じます。
ベジポタというわけではないですが、やさしい口当たりですよ。
麺は平打ちの太ちぢれ麺で全粒粉配合のようでしっかりとした粉の味が感じられます。
つるりとなめらかな舌触りと、モッチリとしたコシは田舎の地粉うどんを思わせます。
うーん、まさに大阪?w
チャーシューはバラブロックとロースの2枚看板で、どちらも薄味ながらしっかりとした出来。
脂身が多いバラよりはしっとりとしたロースのほうが個人的にはよかったです。
惜しむらくはちょっと冷えていたので、スープの温度に影響したことくらいでしょうか?
大阪のラーメン店は青ネギを基本の薬味にしている店が多く、こちらも同様。
関東人の私には薬味としてはちょっと物足りなさも感じますが、彩りの点では優秀だと思います。
終盤、卓上に置かれたインドのスパイスを少々振りかけますと、一転してカレー風味に。
その変わり様は魚介こそ効いていますが、まさにカレーうどんwww
そういや、今回の大阪ではうどん食ってませんでしたけど、もうこれで満足だわw

調味料ではなくダシの文化から生まれたラーメンに思え、今回、一番大阪らしさを感じたラーメンでした。
終盤のスパイス投入では完全にラーメンから離れてしまいましたが、それもまた大阪らしさだと思います。
深いよなぁ、大阪。

うまい指数 0.97

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「なにわブラック(細麺)」@金久右衛門 本店の写真目覚めの一杯を堪能したあとは腹ごなしに軽くお散歩。
次なるお店はカップ麺にも採用された大阪屈指の人気店です。
繁華街にもいくつも支店はあるようですが、ルーツマニアとしてはやはり本店を大切にしたいところ。

お店はマンションの一階でずいぶんと地味な構え。
看板も小さく、お店からいい匂いがしてこなければ通り過ぎるところでした。
しかも隣のラブホがラーメンフェアとか派手に看板出してて、一瞬そっちかと思ったじゃないか!w
開店時間15分前になるとポツポツとお客さんが集まりだし、オープン時には10人くらいでしたよ。

店内はカウンター席メインで奥に小上がりがあるようですが、使っていないようです。
他のラーメン店に比べると店員さんがストイックに見え、お客さんにも伝わってピリッとした空気が流れていますね。
昔の支那そばやとまでは行きませんが、なんか、本気度高くないかい?w

オーダーはウェイティング時にお願いしていたので提供まではスムーズ。
「よくかき混ぜてください」と提供されたドンブリを覗き込んでビックリ。
スープに後のせ的に濃縮されたようなカエシだれがのっているのですね。
カップ麺ではよくありますが、実際のお店でこういうのに出会うのは初めてw

店員さんからの言いつけを無視して、まずはキラキラと油の玉が輝く素のスープからいただきますw。
確かに油は多いものの、鶏ベースのスッキリとした旨味が口の中に広がり、しっかりとスープが取られているのがわかります。
わずかに魚介の存在が見え隠れしていて、これは塩を軽くあわせた程度でも旨いこと間違いないでしょう。
メニューのうんちくによればカキとかあさりの煮干しとかも入ってるんですってよ、奥さん!
いっぽうカエシをちょっぴり舐めてみますと、ツメのような濃厚さがあり、甘酸っぱさも感じます。
関東ではあまりお目にかかったことのない味です。
徐々に融合していっているあたりをレンゲでそっと掬ってみれば、味もまたグラデーションになっているのも面白いです。
それぞれをしっかりと混ぜ込むと、本来の深い旨みが味わえ、その時々で違った顔を見せてくれます。
軽くちぢれた細麺はスープの程良くとらえて、すすり心地がとてもいい優等生です。
これだけスープが旨いと麺が負けそうに思うのですが、一見普通に見えてもまじめに作ってあるんだろうなという印象。
そして、なんといっても大振りのバラチャーシューが薄味ながらにホントに旨い。
厚みもしっかりとあるのに、口の中で崩れて溶けていくほどの柔らかさです。
普通、バラというと脂身が重かったりしますが、ここのはそれを一切感じさせず、脂を旨味に変換してるみたい。
青ネギとメンマを間にはさみつつ、大満足のご馳走様です。

醤油の旨さと、素スープの旨さを独立して味わえるというのは面白い趣向でした。
なるほどカップ麺になったのもうなずけますね。
この記憶をもとに、次回の大阪では支店巡りなんてのもいいかもw

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@住吉の写真今日こそまともな大阪観光でもと気合を入れてホテルを出ますが、向かったのはやっぱりラーメン屋。
大阪の地ラーメンである高井田系のお店が朝からやっていると聞きましたからw

駅を降りて、見知らぬ土地を地図に導かれて歩く楽しさはいくつになっても胸が躍ります。
下町の街並みを眺めながら歩いて行くと交差点の角に古ぼけた小さなお店があります。
これが高井田系の元祖か!
いかにも大阪っぽい店構えを前に、ルーツマニア垂涎www

2坪くらいの店内にカウンター6席で、調理設備さえおぼつかないようなお店でちょっとビックリ。
狭い厨房の中では年季の入ったおねぃさんが2人で切り盛りしています。
掲題をオーダーしますと、瓶に入ったカエシだれをドンブリに目分量でドボドボ。
結構な量、入れてますがなw
麺茹では家庭用くらいの小さな寸胴でこなしていて、店は構えていてもやっていることは完全に屋台のスタイルですよ。
コンロも家庭用に毛が生えたくらいで火力が弱いうえに、麺が太いので茹で時間は長め。
その間、おねぃさんは表通りが映っているモニターをぼやーっと眺めていて商売ッ気ゼロ。
なんちゅう店だと思っていたら、途中、駐禁取締りが近づいてくるのをモニターで察知。
素早くお客さんに合図をするやいなや、お客さんは食べてる最中に店を飛び出してクルマに戻るという按配。
なんじゃ、この連携プレーはwww

さて、いろいろありましたが、10分ほどでラーメンが提供されましたよw
小ぶりのドンブリの中はざっくりとした盛りつけながら、妙に食欲をソソる面持ち。
特に分厚いチャーシューに無造作に散らされた青ネギの旨そうなこと。

辛抱たまらず、ドンブリから直接スープをグビッと。
うーむ、作っているのを見ながらある程度予想はしていましたが、前面に醤油が出た濃いめのスープですねぇ。
「ダシで食わせる文化」の大阪ではこういうダイレクトな味は珍しいと思っていましたが、そうでもないのかな?
はっきり言って、北関東人の私でも塩っぱいですw
麺はストレートの太麺で、キシキシゴワゴワとした食感を持っています。
一見するとうどんライクですが、なめらかさやコシを重視というよりは、粉が詰まって固いイメージ。
これまた特徴的ですね。
太麺でがさばっている所為か、食べ始めるとあっという間になくなってしまいましたので、
満腹感を求める人は最初から大盛りくらいのほうがいいかもしれません。
チャーシューは腕とかモモあたりの安価な部位のようですが、かなり柔らかく煮こまれており、
ぶつ切りながらも量が入っているのが、うれしい限り。
肉の弾力が程よく残っており、噛み締めるたびにあふれる幸福感。
特に青ネギの辛味と肉の甘味は相性がよく、思わず唸らされます。
メンマは古いタイプの味付けで昭和の匂いをいっぱいに感じるラーメンでした。

いろんな意味で大阪のスゴさを体験したような気がします。
ラーメンのようなうどんのようなラーメンは、大阪の縮図とさえ思いました。
まだまだ私の知らない未知のラーメンが日本中にあると思うと、ワクワクしちゃいますね。
これだからラーメンはやめられねぇw

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@揚子江ラーメン 総本店の写真梅田で軽く引っ掛けてホテルに戻る途中、そういやこのあたりに老舗があったなと思い出し検索。
地図に従って歩けば路地の奥に、いかにも昭和の純喫茶といったようなお店。
ナイロンみたいな安っぽい地ののれんにラーメンて書いてあるからラーメン屋だわなw

店前の階段をちょちょいと駆け登って入店しますと、中で二手にわかれる面白いレイアウト。
この店同様、古くからいるであろう女性店員さんに案内されたのは、正面に鏡が貼りつけられた珍しいカウンター。
店内の装飾もゴージャスを狙っているのに古ぼけてチープに見えるあたり、大昔のラブホみたいw
壁に掲げられたメニューはラーメンと餃子とワンタンの組み合わせで構成されているようですが、
夜も更けていたので基本のラーメンでお願いしました。

提供までは5分程、ラーショのような広口の平べったいドンブリが出てきましたよ。
透き通った淡い色のスープに水菜の緑が映えていますね。
良い意味での猥雑さがあるこの店には似つかわしくないほどの上品な見た目ですよw

それでは、襟を正してスープから。
おー、鶏ベースにほんわりとした塩気が感じられるスープですね。
脂っぽさもなく、どこか頼りなげではありますが、決して物足りなさはありません。
とても女性的なイメージで、言ってみれば守ってあげたくなるような味とでもいいましょうか。
これは初めてのアプローチです。
麺はスープに合わせるように繊細なストレートの細麺で、そうめんライク。
やや柔らかめの茹で加減ですが、プツッとした歯ごたえとしなやかさがあり、このスープと恐ろしいほどにマッチしています。
これはいくらでも食べられそうです。
チャーシューは薄くスライスされたロースで、普段ならこの薄さには耐えられない私ですが、
このスープの前にはこれこそがベストの厚みと思えるほど。
薄味で、しっとりとして、口の中ではらりとほぐれていくあたりは、高級豚しゃぶを思わせます。
水菜とモヤシは普段は脇役に徹してはいますが、それぞれが麺とスープに出会うことで存在感をアピール。
特に細軸のモヤシは関東で使っている店はほとんどありませんが、
普通のモヤシにありがちな独特の匂いが少なく、スープを壊すことがないのがいいですね。
とにかく全ての素材が繊細にできていて、なおかつそれぞれがリンクした美味しさを作っています。
最後に卓上に置かれた薬味の揚げネギを投入。
入れ物に「スプーン一杯が適量です」と書かれていましたので、まずは半分くらい試しに入れてみます。
ググッと旨味が追加され、良いアクセントになりましたが、私はデフォの優しいスープのほうが好きかなぁ。
そんな訳で、スープは一滴残らず飲み干してのご馳走様です。

まるで、ラーメン界の吉永小百合やぁ!w
うどん文化のこの街で、こんなにやさしい味の塩ラーメンがあったとは驚きです。
この味は関東ではなかなかお目にかかれず、非常に良い経験になりました。

うまい指数 1.24

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「Miyasakoラーメン~たこ焼き入り ほとちゃんつけ麺~」@ザ・ドラゴンズ・パールの写真何故か大阪にいるワタクシ。
ディズニーは嫌いですが、ユニバーサルは許容範囲なのでちょっと息抜きにw
昼飯時ともなれば園内のレストランはどこも混雑しますが、パラパラと案内冊子を見ていると目に入ってしまったんですよ。
MIYASAKOらーめんが!w
雨上がり決死隊の宮迫氏が相方のホトちゃんをイメージして作ったというじゃないですか!
ぐるぐる回る怖いアトラクションからひとまず離脱して寄り道です。

テーマパークらしく豪華な内外装で中華のお店を模したイメージ。
ま、実際ジャンルは中華なんですが、カウンターで注文して商品を受け取って精算するカフェテリアスタイルです。
店内ではすでに20人ほどの行列ができているので最後尾に並びます。
こういう店には珍しくメニューが絞られていますのでわりとスムーズに列は進み、20分ほどで注文。
3分ほどで紙容器に入った一杯を受け取ることとなりました。

つけ汁の方は直径10センチくらいで表面をごま粒いっぱいのパイ生地が覆っていまして、
麺の上にはたこ焼きやら揚げ物やらがのせられています。
底のほうにはスープも少し入れれれているようで、まぜつけスタイルなのかな。
のっけちゃえ系にしては何やらウマそうではないですか!

まずは麺のほうを軽くかき回してズルズル。
黄色い細ちぢれの麺は既製感が強いですが、つるプリの食感はさほど悪くありません。
それよりもスープが最初から温く、徐々に冷えていくほうが問題。
つけ汁のパイ生地を上手に突き崩そうとしますが、黒ごまがトレイ中に飛び散ってしまいます。
頭だけ穴を開けてつけ汁を舐めてみますと、ほのかな辛さと強めの酸味のカレースープです。
これ、カレーの風味を埋没させるほどにめちゃくちゃ酸っぱいですけど、酸味を加える意味あるのかな?
つけ汁に麺をくぐらせて食べますが酸味が和らぐことはなく、酸っぱつけ麺に。
残ったパイ生地を全部浸したり、麺のスープで薄めたりしましたが酸味は衰える気配を見せません。
うん、あきらめた!w
たこ焼きはスープを吸ってグズグズになってしまって残念。
もひとつのっていた揚げ物にかぶりつくと中身はなんとバナナでした・・・
ハナから判っていれば心の準備も出来ましたが、この顔ぶれの中で突然の甘味はナシだろw
甘めのバラチャーシューだけが私を救ってくれましたとさ。

薄々わかってはいたけれど、これほどの衝撃とは思いませんでした。
まさか、心のそこから震え上がるアトラクションがこんなところにもあったなんて・・・
数量限定で毎日売り切れ必至のようですから、食べたい人は急げ!
そして、体感せよ!w

うまい指数 0.48

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつラーメン+替玉」@無鉄砲 大阪店の写真京都まで来て大阪でラーメン食わずに帰る道理がおありかしら?
まぁ、胃袋と帰りの新幹線には余裕がありますのでちょっと寄り道。
近頃、東京上陸を果たしたというあのお店が大阪にもあるというので、予習がてらに行ってみましたよ。

土地鑑が全くないところを地下鉄を乗り継ぎ、お店まで無事到着。
古びたカンジの間口が小さなお店で、ホントにここがあの有名店?という佇まい。
ちょうどお昼時とあって外待ちが7人ほどいるご様子ですが、黙って列に加わります。
東京でこれほどの有名店なら2桁ウェイティングもざらですから、思ったより空いていて安心しました。
並びながら、路駐で食べてたお客さんのクルマが駐禁切られているのを見て、大阪を実感w
20分という待ち時間も退屈せずに済みました。

店内に入りますと結構なブタ臭が鼻腔をくすぐりまして、ヴォルテージも自ずとアガッて参ります。
壁には注文に関していろいろな貼り紙がありますが、肝心のラーメンの写真のようなものは見当たらず、
仕方無しに、デフォのボタンを券売機でポチリ。
中の待ち椅子に座るか座らないかのうちに、すぐさま奥のカウンターに案内されました。

なるほどなるほど、ずいぶんと細長いうなぎの寝床のような店ですね。
客席の照明は暗めですが、厨房は少し明るく、ちょっとしたステージみたいです。
ズラリと並ぶ羽釜に向かってスープをかき回し続ける店員さんがカッコいいぜw
接客の店員さんには麺硬め、スープこってり、ネギ普通でお好みを伝えましたよ。

待っている間に生ぬるいお冷を舐めながら、カウンターの下にカバンを置こうとしましたが
棚のようなものなど無く、豚骨ラーメン店ですからもちろん床はツルツルで置き場がありませんw
あとでわかったのは店員さんに言えばカゴをくれるようで。
結局、カバンを抱えたまま待機すること5分でラーメンが提供になりました。

ヒャッホー!弁慶超ギタ?www
ネギはかろうじて見えますが、果たしてこれがラーメンかどうかもわからない状態です。
よく見れば上からかけられた背脂自体はさほどでもなく、もとのスープがすでにドロなカンジなんですね。

それでは沈まぬレンゲを無理矢理押し込んでスープをグビリ。
うーん、スープが流れませんwなんだこれwww
モツ鍋の汁を煮詰めたようなザラッとした口あたりで、たまにホントに骨の欠片みたいな部分すらあります。
天一よりも粘度が高そうで、背脂がのるとかのらんとか、このスープの前では些細なことに思えてしまいます。
塩気もそれに負けず思ったよりも強めで、油っぽさを除いても、とにかくずっしりと豚の重さを感じるスープ。
それよりもこれは豚骨スープというくくりでいいんでしょうか?
これじゃスープじゃなくて豚骨ソースだぜ?
麺は中細のちぢれ麺で、麺長はかなり短めにもかかわらず、何もしなくても勝手に絡むスープw
豚骨ラーメンには相性が悪そうな多加水よりの麺ですが、この濃いスープに負けない味がすることにオドロキ。
ただ麺量は少なめですので、迷わず替玉をお願いします。
替玉を投入したところでもちろんスープはビクともしません。
チャーシューはペナペナのバラが2、3枚入っていたようですが、スープの抵抗によりすでにバラバラになっていますw
ネギなんてのはこれくらいの量では焼け石に水で全く薬味の意味を成しません。
ネギ多めにしなかったことが今更ながら悔やまれます。
卓上の辛子高菜はそのままいただけば結構な辛さがありますが、ドンブリに入れた途端におだやかに。
それほどまでにスープが強いです。
最後までスープのインパクトのみで押し切られ、目標、完全沈黙。
いやはや、参りました。

たぶん、最初から最後までずっとニヤケながら食べていたと思います。
これと同じ味が東京で食べられるというのは快挙ですよ!
関東でもこの味にハマる人が続出するのではないでしょうか?
訪問の優先順位をあげて、食べ比べてみたいと思いました。

スープが勿体無くて、つい替玉までしちゃいましたが、これが後々ボディブローのように効きまして、
連食予定の店前まで来るも、どうにも食べきれないような気がして失意のままに車上の人となりました。
また来るぜ、大阪。

うまい指数 0.98

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件