なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,737
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューラーメン(小)」@大喜 根塚店の写真富山ブラックの代表的なお店として名高い「大喜」ですが、実は手広く展開しているお店が本流では無いと知ったのはごく最近。
「旧大喜」経営陣が一度解散したのちに、別経営で同じ屋号を立ち上げたのが現在の「西町大喜グループ」なんだとか。
その解散前に暖簾分けを許され、今でも頑張っているというシーラカンスみたいなお店がこちらの根塚店。
ルーツの味を求めて足を運びましたよ。

富山市街からちょっとだけはずれたところにあるお店。
近くには「西町大喜」の支店もありますが、それとは明らかに違う立派な構えです。
広い入口を抜けるとエントランスには坪庭が!ここは料亭か?w
さらに奥に進むと広い空間に贅沢に配置された客席。
開業してそこそこの年月のお店だと思いますが、びっくりするほどピカピカで、
テーブルの上にはメニューも割り箸も無いまっさらな状態でお客を迎えるスタイル。

メニューは客席の隅の方にさりげなく看板がかかるだけで、しかも普通のラーメンは無く、
チャーシュー麺の大小の設定しかありません。
席に着くと、店員さんがお冷を持ってきてくれるので、小のほうを所望しました。

厨房は奥の方にあって見えませんので、その間に辺りをキョロキョロ。
高級感があり、優雅な雰囲気のいいお店だと思うのですが、大画面テレビが大音量で鳴ってるてのはどうよ?w
ま、野球中継だったので多少の救いはありますが、この店の色じゃ無いと思う。

しばらくするとドンブリに割り箸をのせたカタチでラーメンが提供されます。
見れば、スープの色が黒くナーイ!w
富山ブラックとは全く違う、明るい茶色に濁ったスープで、表面に油の層ができるほど。
もっさりとチャーシューが盛られたその上に、大量のネギがこんもりと置かれています。
さらに多めにかけられた黒胡椒が特徴的。

レンゲなんてまどろっこしいものはありませんから、軽くかき混ぜてドンブリの縁からズズとすすります。
お、ちょっと濃いめの醤油の味に、ごった煮系のダシと油とがまろやかに感じるお味。
そこにスパイシーな黒胡椒が印象的なスープですね。
ベースは鶏と豚だと思われ、感覚的にはどこか徳島ラーメンに近いような気がします。
さきほど食べたブラックとはアプローチは全く違いますが、この味もごはんにはよく合うだろうことは想像に固くありません。
さらには、生玉子を合わせた場合になれば、こちらのほうが馴染みが良いように思います。
麺は中太のストレートで、ちょっぴりゴワッとしており、低加水を思わせるボソッとした食感を残します。
店の雰囲気には似合わず、かなりワイルドに思える麺。
チャーシューは薄くそぎ切りにされたものがたっぷり入っていて、スープに良く絡みます。
薄いのですぐにポロポロと崩れてしまうのですが、これがスープと麺とネギと混然一体となって口の中に押し寄せてくるシアワセw
イメージ的にはすすって食べるのではなく、ドンブリを持ち上げて掻きこむカンジでしょうか。
これはやみつきになりそう。

果たしてこれを富山ブラックとしてよいものか?
とはいえ「我こそが正統なり!」という気概を感じるラーメンでした。
ルーツの味を知ることで、本流がどこへ流れていたかがわかる貴重な体験になりましたし、
かたくなに元祖の味を守り、孤高の道を行く店としてリスペクトしたいと思います。

うまい指数 1.00

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「黒醤油らーめん」@麺家いろは 射水本店の写真富山にはブラックというジャンルのラーメンがあるのはラヲタにはすでに周知の事実。
しかも最近ではその勢いは増すばかりで、都内には続々出店し、各地のイヴェントでも引っ張りだこのご様子。
この日は我が宇都宮のデパートの催事コーナーでも富山ブラックが提供されていましたが、
せっかく富山に来ているんだから思い切ってそこの本店に行っちゃいますかw

お店は全国展開をしているチェーンの本店にしては駐車場もそんなに広くないですし、地味に思える大きさ。
看板はしっかりしているものの、構えも無難なロードサイド店といったカンジです。
店内はやや薄暗く、壁には焼酎のボトルが並んでおり、飲めるお店でもあるようです。
メニューにはラーメンだけでなくおつまみ系もたくさん載っているので、居酒屋的な使われ方をしているのでしょう。
まさか、こういう店とは思いませんでしたよw
とりあえず、ラーメンにライスという富山定番の組み合わせにしときますか。

店員さんはチェーンらしくバイトメインなのか、あまり緊張感がない接客。
お客が1人だからって、営業中はもうちょっとシャッキリしようよ?
私のココロに暗雲が立ち込める前に3分くらいでラーメンが出てきました。
早いじゃねぇか!w

朱色のドンブリで提供されたそれは墨を流したように真っ黒なスープ。
表面には油も多いようでギラギラと妖しい光を反射しています。
見た目から濃い味を連想させるヴィジュアルで、ちょっとよだれが出てきましたw

真っ黒のスープのメインとなる味はやはり醤油で、スープベースが何になるのかちょっとわかりませんw
くちあたりは思いのほかあっさりで、醤油独特のツンツンしたカンジもなく甘味もそこそこに感じます。
ただ、デフォでかかっている黒胡椒など、やはり味付けは濃いめです。
中細のストレート麺は透明がかったもので、いかにも既製感があって非常にチェーンっぽさがありますw
茹で時間は短いもののしっかりと茹でられていて、程よくもっちりとしています。
ずっとスープに入れておくと徐々に醤油の色に色づいていきますが、急激に吸収するというわけでもなさそう。
程よく浸かった麺とごはんとの相性は確かによく、北関東モンブラン党の御仁に食べさせたいわw
ごはんと一緒が前提なので麺量としては十分すぎるボリューム。
バラチャーシューはやわらかとろとろで、脂の甘さと醤油の塩っぱさの対比がいいですね。
この値段で2枚ついてくるのも高評価。
濃い味の連続でさすがに終盤は息切れするかと思いましたが、卓上の薬膳七味というのをパパっと振るとスープが刺激的に変化。
七味の色は薄く、見た目は辛そうに思えませんが、かなりホットで、陳皮の香りが非常に高い私ごのみの配合。
ごはんにこの七味とブラックスープだけでじゅうぶんイケちゃいますw
お腹パンパンでのごちそうさまです。

スープに関しては過去に食べたブラックと大きく変わることはなく、予定調和のなかにいたような印象でしたw
逆に言えば、これを全国各地に流行させる手腕のほうがスゴイのではないかと感じました。
B級グルメブームに後押しされて、どこまで進出できるか見ものですね。

うまい指数 0.93

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件