なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スーパーくいしん坊

男性 - 栃木県

最近の世の中、バカが多くて疲れません?www

平均点 76.547点
最終レビュー日 2013年12月18日
955 759 0 1,737
レビュー 店舗 スキ いいね

「げそ天みそラーメン」@有頂天の元祖の写真将棋の街天童に寄ったあと、山形のもう一つの名物「ゲソ天ラーメン」を食べに、こちらを訪問したゲソ!
カーナビに従って細い路地を入っていくとラーメンののぼりが立ち並ぶお店を発見。
古い温泉施設の裏手にある食堂だと聞いていたので、今風の作りにちょっとびっくり。
表のデッキにも客席があって和風カフェみたいなつくりで、むしろ肝心の温泉の方が目立たないじゃんw

店内に入ると威勢のいい店員さんがお出迎え。
カウンターの上には大きな写真入りで看板メニューの紹介がされており、いやがおうにも頼みたくなります。
注文するのはもちろん、ゲソミソ。

オーダーを通すや否や170g と書かれた麺箱から麺を取り出して茹で始めます。
FC展開しているのもあってか、調理や接客はシステマチックで、あっという間に提供となりました。

一度見たら忘れないこのヴィジュアル。
みっちりと具材が敷き詰められており、そこから天に向かってゲソ天とレンゲがピンコ立ち!
改めて思いますが、この内陸部でなぜラーメンにゲソ天をのせようと思い立ったかが不思議w

スープは薄めの白味噌ベースでややもの足りないカンジもありますが、癖はなく飲みやすいとも言えます。
辛みそは龍上海ほどは辛くなく、溶かしこむとニンニクのおかげでコクがちょっとプラスされるかな?
こちらでも油は多めで、スープがアツアツですね。
麺はつるつるとした麺肌の平打ち中太で、硬めの茹で加減。
龍上海よりも既製感はありますが、逆に言えば安定しているとも感じます。
ゲソ天は三本足の大振りのヤツが4つも入っていて、居酒屋ならこれだけで300円ぐらい取られそう
衣はしっかりとしていて、かなりクリスピー。
少しぐらいスープに浸かっていても簡単には崩れません。
ゲソもブリブリとした弾力があり、スープを吸った衣にも言うことなしの美味しさ。
これだけでも満足なのに、さらにバラチャーシューが二枚ついて来ます。
脂身と肉のバランスもよく、薄めの味付けで、これまた脇役にするにはもったいないほどの美味しさ。
大きめにちぎられ茹でられたキャベツはみずみずしく、甘味があり、スープによく合います。
最初は薄く感じたスープも途中から具材のうまみが溶け出して、良い方向に変化。
のっけちゃえ系のいいところを余すことなく味わってのご馳走様です。

ベースの構成は先ほどの龍上海と似ていますが、こちらの方がより万人向けの味に思えました。
具沢山で、納得のいくコスパで、なんといってもゲソ天のインパクトは凄まじいものがありました。
とかくイロモノとみられがちののっけちゃえ系ラーメンですが、
しっかりと地に足のついたつくりになっていて、非常に気に入りました。
また食べたくなる一杯でしたよ。

うまい指数 1.10

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「赤湯からみそラーメン」@龍上海 赤湯本店の写真米沢を離れて、新横浜のラーメン博物館にも出店している龍上海の本店に向かいます。
からみそラーメンで有名ですよね。
学生の頃、スキーに行った帰りにどこかの店舗で食べたことはあるのですが、
なかなか美味しかった印象があります。

お店に着くと、ここがあのチェーンの本店かと思うほどに古く小さな構え。
山形屈指の行列店と聞いていましたが、平日の中途半端な時間なので並ぶことなく席に着けました。
店内は古い食堂さながらでテーブル席の相席は当たり前で、大きなクマの絵が飾られているのがとても印象的。
奥に見える厨房もいやに古めかしい雰囲気です。
せっかくここまで来ましたので、お願いしたメニューは当然、からみそラーメンです。

作ってくれたのはパートらしきお母さんなのですが、手付きを見ているとちょっと不安。
のったりとした動作で、10分ほど待たされてから提供となりました。

やや小振りのドンブリに隙間なく盛り付けられた具材が鮮やかな一杯。
やはり真ん中の赤味噌とふりかけられた青のりが目をひきますね。
スープ表面には結構な油の層が出来ていますよ。

レンゲでスープをぐいっといきますとまず感じるのは味噌の味よりも、魚介の強いインパクト。
味噌ラーメンでこれほどベーススープを感じることは非常に珍しいです。
その魚介は表面の油の甘さにも負けないほどで、私の理想とする味噌ラーメンにかなり肉薄しています。
味噌スープは味噌好きには物足りないくらいにマイルドで、甘味がある白味噌がベースでしょうか。
辛みそのほうは生唐辛子とニンニクに調味料を合わせたもので、そのまま舐めますと、結構な辛さ。
スープに溶かし込めば、その辛さが全体にいき渡り、ドンブリを支配します。
この状態で2つの味噌に一体感が生まれ、絶妙な甘辛さとなります。
ただ、さっきまでの魚介ベースが弱くなってしまうのがちょっぴり残念。
ちぢれた太麺は若干のぬめりを感じますが、噛めばもっちりと押しかえすコシがあります。
よく見ると麺肌はわりと荒れていて、これがしっかりとスープをまとい、口の中に入ってきますね。
他ではあまり経験したことのない食感は、味噌スープに合わせるのに非常によく考えられた麺だと思います。
バラチャーシューは2枚で、やや脂身が多いものの、柔らかく仕上げられたもの。
濃いめの味付けでややクドいカンジもしますが、北国の人の好みそうな印象。
思いのほかよかったのは青のりで、たいした量がかかっているわけでもないのに、全体にほどよくきいた薬味でした。
汗をかきかき、スープをしっかり飲み干してご馳走様。

若い頃に食べた時ほどの感動はありませんでしたが、辛味噌ラーメンのパイオニアとして、リスペクトに値する味でした。
寒い季節にカラダが温まり、今回は良い本店詣でが出来ました。
ラーメン博物館のお店にも行ってみて、比較したら面白そうですね。

うまい指数 0.96

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@そばの店 ひらまの写真あの東日本大震災からずいぶんと時が経ってしまったような気がしています。
被災地への意識が薄れぬように、東北を回って復興支援してきました。
福島と茨城は震災直後にお邪魔しているのでそれ以外の東北5県が今回のルート。

喜多方から山道を抜けて米沢へ。
こちらは米沢牛が有名ですが、同時に、ラーメンでも町おこしをしています。
今回は米沢ラーメンの老舗の中からこちらをチョイス。

街から離れてしばらく田舎道にクルマを走らせると、一軒家を改装したようなお店が見えてきます。
小さなのれんがかかるだけの、ホントに地味な構えです。
アイドルタイムでしたのでお客さんはまばらですが、ぽつりぽつりと絶え間なく来店しています。
店内はカウンターとテーブルの飾らないレイアウト
メニューが少ないという情報を聞いていましたが、激辛や味噌ラーメンもあるようです。
今回は米沢ラーメンの特徴をつかむためにデフォのほうをお願いしました。

厨房ではマスターが自家製麺らしき箱から.メールを取り出して、よく揉んでから鍋に入れています。
麺量は結構多めに見えますよ。
3分ほどで茹で上がり、奥様が盛り付けて提供となりました。

薄い醤油色のスープにはうっすらと油の層があります
盛り付けも非常にシンプルですが。そこから漂ってくるのは胡椒の香り。
どうやら最初からかなりの量がかけられているようです。

まずはスープからいただきますと想像通りの薄い塩加減なれど、醤油の甘みはでています。
表ののれんにヤマイチ醤油と書かれていましたが、地の醤油でしょうか?
鶏ガラに煮干しがかすかに感じられ、淡麗系の味わいです。
ただやはり、残念なのはやはり胡椒が多いこと。
繊細なスープがスパイシーになってしまっており、ちょっともったいない気がします。
強く縮れた細麺は茹で加減がやわらかめの仕上がり。
滑らかでプリプリとしたすすり心地が、口の中全体を駆け回ります。
佐野や喜多方の麺と比べるとチュルチュル感が高いイメージで、スープをよく拾う麺です。
チャーシューは腕肉でしょうか?
少し豚のにおいが残ったままで、厚みがないのは残念。
これですと最近流行りのチャーシューと比較してしまうと、どうしても見劣りしてしまいますね。
あとのことを考慮して程々でご馳走様。

私が米沢ラーメンに持っていたイメージとは微妙にズレがありましたが、
これこそが地元で愛されている味なのですね。
ただ、非常にシンプルな構成なだけにスープに胡椒がききすぎなのが悔やまれます。
次回の米沢ではまた違った老舗に行ってみたいと思います。

うまい指数 0.91

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件