なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poison face

男性

ご覧いただきありがとうございます!「感じたことを率直に」を合言葉にレビューしていきます。《2019年目標》・九州地方のラーメン屋さんを訪問・1,000レビュー到達・国家試験合格

平均点 85.819点
最終レビュー日 2019年10月12日
956 956 0 2,142
レビュー 店舗 スキ いいね

「博多らーめん」@濃厚豚骨らーめん 博多一路の写真9月 木曜日

鳴馬良でワンタンメンをいただいた後、車で20分くらいかけて行ったラーメン屋さんが臨休・・・3軒目と考えていたこちらを訪問しました。

駐車場は共同駐車場で、とても大きいです。運転が下手な私でも苦もなく停めることができました。

19:30前に入店すると先客は10名いらっしゃいます。まずは店内のウエイティングボードに名前を書くようです。席が空いていたので座ろうと思ったのですが、先客がいらっしゃるということで、外で少し待つことになりました。

待っている間、後からいらっしゃったお客様にここは美味しいのかいと聞かれましたが、私は初訪問なので、「美味しそうな気がします。」と適当に答えました。人見知りなんですいません・・・

「博多らーめん ¥850」

券売機は入口右手にあります。券売機左上の法則で、こちらにしました。

卓上を見ると、レンゲ、ごま、にんにく、高菜、紅生姜があります。お水は給水機でセルフサービスです。

注文してから7分くらいで着丼です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むおおおお・・・濃厚ですね・・・これはパンチがあります!!クリーミーな豚骨の味が口いっぱいに広がり、とても幸せです!!後半もダレることなく、豚骨が主張してきます。

そして、麺を。むううう・・・ボソ感がある細ストレートなものです・・・スープとしっかり絡んでとても美味しいです!POPによると、かたさは「はりがね・ばりかた・はかた・はかたやわ」から選ぶ感じですかね。粉おとし好きとしてはちょっと残念でした・・・

具材は、チャーシュー、玉子、海苔、ねぎ、メンマですかね・・・

チャーシューは大きく、とても美味しかったです!

お腹メーターは連食ですので7割くらいになりました。替え玉は夜ということもあり、自重しました・・・食べたかったな・・・

後客は10名以上で、外待ちができていました。大人気店ですね!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
87

「ワンタンメン」@鳴馬良の写真9月 木曜日

本日はこちら方面で仕事でしたので、帰宅がてらの夕食を食べるために訪問しました。

まったく土地勘がないところですので、カーナビに頼りました。そのおかげで迷子になることはありませんでした。

駐車場は店前2台および道を挟んだ駐車場に5台とのことです。道をはさんだ駐車場は広く、運転が下手な私でも停めるのは苦労しませんでした。

18:00前に到着すると既に開店していました。先客が1名いらっしゃいます。

店内は清潔感があり、居心地がとても良いです。

「ワンタンメン ¥930」

口頭注文、後会計です。ワンタン好きとして、迷わずこちらにしました。

卓上を見ると、レンゲ、ブラックペッパー、割り箸、楊枝、醤油、一味があります。

注文してから7分くらいで着丼です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むおおおお・・・うまい!鶏さんと醤油の組み合わせですが、鴨出汁ということで、鶏さんの味が一般的なものと比べて少し異なっているように感じます・・・油っぽさは抑えており、ぐびぐびスープが飲めますね!出汁の味をしっかり感じられとても好みなタイプです!

そして、麺を。むううう・・・中細なストレート麺で、スープとの絡みは上々です。

具材は、チャーシュー、鶏団子、ワンタン、水菜、海苔、ねぎ、メンマですかね・・・

お肉が臭みがなく、とても美味しいです!!

お腹メーターは4割くらいになりました。

後客は2名でした。

「なまら」とはものすごく・すごいという北海道の方言のようです。なまら美味しかったです!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(黒)」@中華蕎麦 あお木の写真9月 火曜日

支那そば なかじまでとっても美味しいわんたんそばをいただいた後、車で15分くらいで到着しました。以前一度訪問したことがあったのですが、移転したようですね。すごい失礼な言い方かもしれませんが、変なところにあります。ナビだと立体感がなくて迷子になってしまいました・・・

駐車場は店舗から道をはさんだ(立体交差みたいなところなのですが)ホテルの裏にあります。ここもわかりにくいところにあり、軽く迷子になってしまいました・・・

12:30頃に入店すると、先客は1名いらっしゃいます。店内は和食の名店のように、厳かで格式があります。これから出てくるラーメンと真剣に向き合える環境です。

「つけ麺(黒) ¥900」

券売機は入口にあります。夏期限定ということで、こちらにしました。9月いっぱいまで提供のようです。「四季を感じてもらうために通年での提供はしない」と店主様が先客の常連様に仰っていました。

卓上を見ると、レンゲ、割り箸、ティッシュ、酢、楊枝、ブラックペッパーがあります。麦茶はセルフサービスです。

注文してから10分程で提供です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、麺を一口。昆布水に使っていて、とっても美味しいですね。油断するとつけだれを使わないで、そのまま食べきってしまう奴です・・・さらに塩をつけていただくと、これもやはりうまい!やや平打ちがかった形状で、小麦感がしっかりしています。

つけだれはきれきれの醤油と鶏さんをベースにしたものです。昆布水に浸された麺を食べていくとだんだんあっさりしていくものです。

具材は、カイワレ、すだち、柚子胡椒、塩、ねぎ、チャーシュー、メンマですかね・・・

後半は麺にすだちをかけ、さらにスープに柚子胡椒を入れてパンチを上げて、食べ切りました!この一杯からも味の変化が感じられました。日本の四季のようですね!

お腹メーターは連食ですので、7割くらいになりました。

後客は1名でした。このレベルの食事を並ばず食べられてラッキーです。

季節が変わると、また来なきゃですね!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「わんたんそば」@支那そば なかじまの写真9月 火曜日

本日はこちら方面で仕事でしたので、昼食を食べるために訪問しました。

駐車場は少し先の店舗との共同のようです。以前あった団地側は停めてはいけない旨、店内POPに書かれていました。

11:30前に到着すると、先客は25名いらっしゃいます。勝手に11:30開店だと思っていたので出遅れてしまいました。中待ちからのスタートです。

店内は清潔感に溢れ、お客様が多いので活気があります。

「わんたんそば ¥900」

口頭注文、後会計です。レジは店内奥にあります。一度訪問したことがあり、そのときは塩をいただいた記憶があります。そのころと比べて、わんたんに対する愛情がかなり増していますので、こちらにしました。

卓上を見ると、酢、一味、ブラックペッパー、割り箸、お手拭き、楊枝があります。お水も卓上にあります。

並び始めてから20分程で提供です。回転はかなり良いと思います。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むううう・・・めちゃくちゃうまい・・・お魚系でしょうか・・・あっさりとしながらも力強い出汁の感じがします・・・醤油とのバランスが良く、出汁がしっかり味わえつつも、醤油の絶妙な塩気も感じられる逸品ですね!!

麺は中細ストレートで、ややボソっとしたかための茹で加減ですかね・・・スープとの絡みは上々で、歯応え、小麦感、スープとのフィット感も申し分ありません!!うまい!

具材は、チャーシュー、わんたん、ねぎ、海苔、メンマですかね・・・

チャーシューうめぇな・・・脂身が少なく、とても好みです!わんたんは皮がしっかり、餡が詰まっているタイプで、これもうまい!

お腹メーターは4割くらいになりました。

若い頃からの嗜好の変化を感じました。昔は濃厚一辺倒だったのですが・・・歳をとったのでしょうか・・・でも良い歳のとり方をしている気がします!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン」@博多屋台の写真9月 日曜日

本日はこちら方面で仕事でした。昨日、おとといで10杯食べているので、今日は休肝日(肝臓の休憩になるかどうかはわかりませんが・・・)と思っていました。

車を走らせていると、博多屋台の看板が・・・こちらに移転したのね・・・お腹も減っているじゃないですか・・・

店舗前の駐車場はとても広く、運転が下手な私でも停めるのは苦ではありませんでした。

入店すると先客は18名いらっしゃいます。店内満席で中待ちになりました。店内は清潔感があり、お客様、店員様が多く活気があります。

家族連れが多く、お子様が多いですね。日曜日の夜に家族で豚骨・・・日本の幸せの一つの形ですね・・・憧れます。
「おい。豚骨に行くぞ・・・」「はい。あなた・・・」的なことを想像していたら、すぐに着席となりました。

「博多ラーメン¥650」

口頭注文、後会計です。レジは入口付近にあります。移転してからは初訪問です。移転前と通算すると今回は4回目になります。東京豚骨との2択で、いつもこちらを選んでしまいます。

卓上を見ると、紅生姜、高菜、にんにく、割り箸、一味、タレ、胡椒、ティッシュがあります。お水は、給水機でのセルフサービスです。

入店してから15分程で提供です。回転は良いと思います。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むううう・・・うまい!豚さんのクリーミーな感じがしますね・・・食べやすく、ファミリー層が多いのも納得です・・・もちろん物足りないというものではありません・・・卓上アイテムを使わなくても十分パンチがありますね!

麺は細ストレートです。「粉おとし」で注文しましたので、ボソポキ感がとってもします。ボソポキ・・・大好きな歯応えですね!

具材は、ねぎ、チャーシュー、きくらげですかね・・・

ねぎ増せば良かった・・・お肉もうまい!!

お腹メーターは3割くらいになりました。最近の状態から替え玉は自重です。ちょっと食べ過ぎかも・・・

後客は7名でした。人気ありますね!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「七種の煮干らーめん(味玉付)」@麺屋 ざくろの写真4月 金曜日

らーめん つけめん 和み屋で天草大王の塩鶏そばをいただいた後、お腹具合にやや余裕があったため、こちらを訪問することにしました。車で10分程かかったと思います。

店舗横の駐車場は空いています。街灯が暗くて、オープンしているかどうか不安です。暖簾も出ていません。おそるおそるドアを開けると営業してそう!

19:00すぎに到着しました。店内はラーメン屋さんというよりイタリア料理店のような雰囲気で、デートに良いかもしれません。

「七種の煮干らーめん(味玉付) ¥700」

口頭注文、後会計です。レジはカウンター右端にあります。太田時代に一度食べたことがあります。そのときはつけめんをいただきました。今回はお腹具合も考えてこちらにしました。

卓上を見ると一味、辣油、楊枝、割り箸、ティッシュがあります。お水は卓上にあります。

注文てから7分程で提供です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むううう・・・雑味がない煮干の清湯ですね・・・醤油はやや強めですが、お魚の味はしっかり感じられます!馬鹿舌なので7種類の味を分けることなど絶対にできませんが、とっても美味しいです。

麺は茹で加減ジャストの細ストレートなものです。スープとの絡みも上々です。

具材は、メンマ、海苔、ねぎ、カイワレ、玉子、チャーシューですかね・・・

玉子がついて700円とは、コスパは良いと思います。味もとっても美味しかったです!

お腹メーターは連食ですので、8割くらいになりました。今日はこれで打ち止めです。

後客は3名でした。

つけめん系のメニューもまた食べてみたいです!

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「天草大王の塩鶏そば」@らーめん つけめん 和み屋の写真4月 金曜日

本日はこちら方面で仕事でしたので、帰宅がてらの夕食ということで訪問しました。

本日は車でのラーメン活動ですが、駐車場がどこだかわかりません・・・RDBに掲載されている大手町市営 無料駐車場が良くわからずぐるぐる周辺を回ってしまいました・・・

18:30頃に到着すると、先客は3名いらっしゃいます。ちょうど4名の団体さんとの競争になりましたが、猛ダッシュの末、なんとか勝ちました・・・

店に入ると、先客が3名いらっしゃいます。店内は昔ながらの和風な店舗です。

「天草大王の塩鶏そば ¥750」

券売機は入口右手にあります。初めての訪問ですので左上の法則でこちらにしました。

卓上を見ると、胡椒、プラ箸、ティッシュ、楊枝があります。お水は卓上にあります。

注文してから15分程で提供です。ワンオペで大変そうです。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むううう・・・鶏さんですかね・・・あっさりした味がします。天草大王とのことですが、馬鹿舌素人だと鶏さんの違いなどちょっとわかりませんね・・・店内POPによると「天草大王をふんだんに使用した”あっさり塩味”店主の一押し!!」とあります。

麺は、ポキ感があり、とっても美味しい麺です。スープとの絡みも上々です。

具材は、メンマ、海苔、ねぎ、三つ葉、チャーシューですかね・・・

お腹メーターは4割くらいになりました。

後客は8名でした。ワンオペで大変そうです・・・

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ワンタンメン」@手打ちラーメン 清仁軒の写真3月 金曜日

小烏丸 ramen-laboでとっても美味しい三大地鶏出汁つけ麺をいただいた後、車でこちらに参りました。時間は20分程度だったと思います。駐車場は店舗隣にあるようですが、ぼーっとしていて通りすぎ、ちょうど空いていたスペースに入られてしまいました・・・近くにコイパがありますので、気を取り直してそちらに停めました。

正午頃に到着すると、先客は9名いらっしゃいます。店内はお客様が多く、活気に溢れています。

「醤油ワンタンメン ¥870」

券売機は入口にあります。ワンタンが好きなのでこちらにしました。

卓上を見ると、七味、胡椒、割り箸、おしぼり、レンゲ、ティッシュがあります。お水は卓上にあります。

注文してから7分程で提供です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。むおおお・・・油に頼らず醤油とお魚系の出汁が調和したスープですね。あっさりしていて、とっても美味しいです。

麺はモチフワッとしていて食感にとってもインパクトがあります!これは手打ち感が半端ないです!!スープとの絡みは中程度です。

具材は、メンマ、チャーシュー、ねぎ、ワンタン、なるとですかね・・・具沢山です。

ワンタンは餡がとってもしっかりしていました!

お腹メーターは連食ですので7割くらいになりました。

後客は7名でした。若い方からお年寄りまでお客様の層が広く、皆様に愛されている感じがしました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「三大地鶏出汁つけ麺」@小烏丸 ramen-laboの写真3月金曜日

今日はこちら方面で仕事でしたので、昼食を食べるために訪問しました。こちらは3度目の訪問ですが、駐車場がいつも心配なのでちょっと早く行きました。

開店時に駐車場はぴったり3台埋まり、お客様は3人いらっしゃいます。店内はこじんまりした食堂のような雰囲気で、飾らず居心地がとても良いです。

「三大地鶏出汁つけ麺 ¥失念(1,000円は超えてなかった気がします・・・すいません・・・)」

券売機は入口正面にあります。今日は割とあたたかかったので、こちらにしました。

卓上を見ると、割り箸、レンゲ、楊枝があります。お水は給水機でセルフサービスです。

注文してから8分程で提供です。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、麺を一口。むおおおお・・・めちゃくちゃうめぇ・・・平打ちがかったやや太い麺の味を昆布水が引き立てています・・・噛むたびに麺の旨さ、小麦の旨さをしっかり感じます・・・「これつけだれはいらないのでは」と思わせる麺と昆布水でした!店内POPによると「北海道産小麦キタノカオリ、春よ恋、きぬあかり」また昆布水は「伊吹煮干と数種の昆布、πウオーター」とあります。

そしてつけだれですが、着丼と同時に鶏の芳醇な香りが漂っています!おススメにあるように麺全部を浸すのではなく、半分くらいつけだれに浸し、麺の味も生かしながら食べ進めます。むおおお・・・きりっとした醤油が素晴らしいアクセントになり、めちゃめちゃうまいです・・・!!鶏さんですかね・・・つけだれに鶏の旨みが詰まっています・・・店内POPによると「名古屋コーチン・黒さつま鶏、オリジナルブレンド地鶏100%スープ、生揚醤油は和歌山の物を中心に数種ブレンド」とあります。

具材は、つけだれの方にねぎ、麺の方に三つ葉、チャーシュー、メンマですかね・・・

チャーシューは見た目通りに味もとっても美味しかったです!!

残った昆布水をつけだれに入れてスープ割をしました。

お腹メーターは4割くらいになりました。

後客は3名でした。並ばずこのレベルの麺が食べられるとは・・・恐ろしい世の中です・・・

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン しょうが」@ラーメン ほしのの写真2月 木曜日

麺屋 燦鶴で前橋醤油タンメンをいただいた後、お腹メーターにやや余裕があったので気になっていたこちらを訪問することにしました。高速道路を使って、およそ30分程度かかったと思います。まったく土地勘がないですが、ナビに頼ったため迷子にはなりませんでした。

駐車場はどこにあるのかわかりませんでしたが、店舗すぐ近くにコインパーキングがあります。30分無料と書いてありました。30分以上かかったこともあり、この日私が車を出したときは100円かかりました。

開店10分前に到着すると、店舗前で2名のお客様が開店待ちしています。この日はめちゃくちゃ寒く、一緒に並んでいるだけでなんだか親近感が湧いてきます。不思議ですね・・・

定刻通り開店しました。開店時は7名のお客様がいらっしゃいました。店内は新店らしく、清潔感に溢れています。店舗はカウンター席のみですが、中待ち席もあり規模はそれなりに大きいです。

「小ラーメン ¥780」
「しょうが ¥50」

券売機は入口右手にあります。寒かったのでしょうがをつけました。

卓上を見ると、カエシ、酢、一味、辣油、胡椒、割り箸、ティッシュがあります。お水は卓上にあります。

注文してから20分程で提供です。回転はあまり良くないと思います。

無料トッピングを提供直前に聞かれました。「ニンニク」と答えました。隣の方は「ヤサイマシマシ」でしたが、そのとき店舗にいたお客様の大部分が「おおっ」となる量でした。私のような少食の人間には腰抜かす量です・・・恐ろしや恐ろしや・・・

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、得意の天地返しです。ヤサイの量が多い上に、器が小さいので難易度が高いです。ふー・・・今日はうまく決まりませんでした・・・

そして、遭難防止のために豚さんから。むおおお・・・めちゃくちゃうめぇ・・・やわらかい・・・味付け素敵!!

次にスープを一口。むううう・・・醤油が強めですね・・・脂と醤油がはっきり分かれている感じです・・・麺が醤油色に染まっています・・・しょっぱいほどではなく美味しいです。

麺は極太で縮れています。これはすごい力強さを感じるものですね!スープとの絡みは中程度ですが、麺自体とっても美味しいので、全く問題になりません。とっても美味しい!

具材は、ヤサイ、豚さん、しょうが、にんにくですかね・・・

しょうがは量がめちゃくちゃ多いです。別皿で頼めるならそうした方が良いかもです。

お腹メーターは9割くらいになりました。ふー何とか制圧しました!

隣りの人が食べきれるのかどうか見たかったですが、待っている方もいらっしゃったのでさっさと退店しました。

後客は10名程で、中待ち席が埋まっていました。人気ありますね!!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件