なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1500店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.843点
最終レビュー日 2019年6月23日
540 525 2 4,761
レビュー 店舗 スキ いいね

「麻辣麺+クーポン バニラアイス」@麺飯店 マラマラの写真今日も雨予報です。運動不足で、梅雨明けまでの体重増加が気になりますが、今日も車で出動です。店には12:00ぐらいに到着です。店について分かったのですが、店名の「マラマラ」は「麻辣麻辣」なんですね。7割ぐらいの人が頼むらしい、表題をポチして、カウンターにつきます。店は7割ぐらいの客の入り。決して場所は良くないと思いますが、結構賑わってますね。

10分ぐらいで着丼です。おーっ、見事に真っ赤なスープですね。では、まずスープからいきましょう。おや?見た目ほど辛くはないですね。一口目からカラとシビがバランスよく来て、きちんと動物出汁の旨味も十分に感じられますよ。これは辛いだけではない、よくできた旨辛スープですね。麺は三河屋製麺の中太縮れ平打ち麺です。スープの味が強いので、麺の味自体はそれほど感じられませんが、このスープに負けないしっかりした麺です。具の中で一番気に入ったのは海苔です。海苔は家系に見られるようなしっかりした海苔で、スープに浸してから麺を巻いて食べると、海苔の風味がふわっと広がり旨いです。これはライスとの組み合わせでもいいかもしれませんね。ネギと青菜もちょっとした避難所というか清涼剤になってよいですよ。固形物完食後も、旨辛スープにレンゲが止まらず、スープは8割飲んでFinishです。

食後は汗だくでした。でも辛さより旨味が勝っており、7割の人が頼むというのも納得でした。食後はクーポンでバニラアイスを頂き、口の中をリフレッシュしてから帰路につきました。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件
80

「味噌らーめん」@大島の写真今日は千葉方面に出張です。少し時間があったので、かねてからの宿題店であった沿線のこちらに立ち寄り訪問です。店には13:30頃に到着。外待ち9名に接続でしたが、以外にも回転は速く、10分弱で中待ちに昇格です。券売機で表題をポチし、5分の中待ち後に着席です。

おっ、来ました来ました。すみれ出身の店主さんだけあり、まさにすみれのイメージそのままの一杯が着丼です。ではまずスープからいきましょう。うーん、安心して飲める味ですね。親しんだすみれの味の血を引いています。豚ベースのスープに白味噌とラードの濃厚なスープです。塩分濃度は高めですが、ぐびぐびと行っちゃいますね。生姜もよく合います。ちょっとざらつきを感じたのが残念でした。今日は暑いですが、このスープは冬にこそ真価を発揮しそうですね。僕はこの札幌ラーメン特有の黄色縮れ麺が大好きです。この麺だけでもこの店に来た価値がありますね。ここの麺はかなり硬めの茹で上がりで、ごつごつとした食感が特徴です。やっぱり味噌らーめんにはこの麺が最高です。具はシンプルにメンマ、チャーシュー、少量の玉ねぎと、ネギだけ。具は特筆するものはありませんが、スープと麺が主役ですので、まあ問題ありません。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

旨いのですが、濃厚の宿命でちょっと逃げ場が欲しくなります。次回来るときは、お腹を空かせてライスと一緒に注文したいなと思いました。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば(クーポン100円引き)」@中華そば 勝本の写真本日は昼食にこちらを訪問です。この店は開店直後に一度行ったきりで、そのあと足が遠のいてました。ちょうど仕事の区切りがついたので早めにこちらに向かいます。11:03くらいについたのですが、もうすでに席はほとんど埋まっており、最後の2席目に何とかすべり込み。11:05には行列ができ始めました。こんな人気店になっていたのですね。未食の塩をポチし、柚子抜きでお願いして、暫し待ちます。

結構時間がかかり20分ぐらいで着丼です。きれいな清湯スープですが、油分もしっかりですよ。ではスープからいきましょう。うーん、こいつはじんわり系ですね~。初動で鶏が来て、その後にあさりと魚介系が来ます。決して何かが飛び出しているわけではなく、塩だれも控えめで、完全にバランス型のスープです。「薬味を加えずにそのまま食べていただくのがおすすめ」とありますが、優しいスープなので、試しに端っこにちょっとコショウを入れてみたら味が壊れてしまいました。確かにそのままが正解です。麺は中太平打ちの多加水麺。ちょっとぬるっとしか感じが特徴ですよね。中華そばらしくズルズルいける麺です。諸兄の写真を拝見していると、モリーユ茸のコンフィがチャーシューの上に盛り付けられてあるんですが、あとで気づいたのですが、僕のにはありませんでした。輸送中に崩れてしまったのかな?チャーシューは好みが分かれます。赤身のひれの部分で柔らかなのですが、僕には少しもさっとしていて好みではありませんでした。固形分完食、午後にお腹をタポタぽにしたくなかったので、スープは半分残してFinishです。

醤油もそうですが、塩も優しい上品な作りです。その分押し出しは弱めです。今度は押し出しが強そうな濃厚煮干しそばにトライしてみます。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「三位一体(モンゴウイカスミ×トマト×ハマグリ)」@中華そば 和渦 TOKYOの写真今日はランチにこちらを訪問です。三位一体が昼でもやっているようになったと知り、早速試してみることにしました。店には12:15頃に到着。今日も運よく最後の一席にすべり込むことができました。限定の三位一体がまだあることがわかり、はやる気持ちを抑えきれず、すかさずポチです。食券を購入した後に、本日の三位一体がモンゴウイカスミ×トマト×ハマグリであることを知りました。トマトとは...嫌な予感がします。

10分ぐらいで着丼です。イカスミのせいでものすごいルックスです。表面には何かの葉っぱをすりつぶした緑の物体が浮いています。ではまずスープからいきます。うーむ、これはちょっといただけません。まずはトマトの酸味が来て、次いでハマグリ、イカスミときますが、バラバラの印象で相性もいいとは思えず、はっきり言って旨くありません。緑の物体を混ぜて食べてみましたが、むしろマイナスの方向に働いています。こうなるともうあとは惰性です。おなかを一杯にするために黙々と食べ進めて、スープはほぼすべて残してFinishです。この三位一体は、キワモノっぽく好みに合いませんでした。

他の日の三位一体はサザエ×海老×ホタテだったり、鶏×鯛×煮干しだったりと旨そうなんだよなあ。Twitterで公開しているので、三位一体狙いなら確認してから訪問することをお勧めします。

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 4件

「牛肉ラーメン」@中国蘭州牛肉拉麺 王記 横浜店の写真今日は一転して晴天で、気温も急上昇です。チャリンコで出動です。気持ちよく走れるのもあと半月でしょう。それからは暑さとの戦いです。店には11:15分ぐらいに到着ですが、まだ準備中のようです。店をのぞき込むと大陸系の主人が出てきて、開店です。前回訪問時は予告もなく臨休で、この辺りは大雑把なオペレーションのようですね。デフォの表題を口頭オーダーすると、目の前で麺を打ち始めます。これは最高のパフォーマンスで、期待が持てますね。

10分ぐらいで着丼です。大ぶりな丼に、打ち立ての麺がたっぷりと入っています。ではまずスープからいきましょう。牛肉でとったスープは、醤油ダレも控えめで、牛の旨味がしっかりと感じられる割にはさっぱりしたスープです。30種の漢方を加えているらしいのですが、僕にはよくわかりませんでした。それよりもパクチーの周りのスープを飲むと、パクチーの香り、味が移っており、このスープを引き立てますね。僕はパクチーは苦手なのですが、蘭州ラーメンには必須のような気がします。ラー油の部分を混ぜると辛みが加わりますが、ピリ辛程度で、味に厚みが増してよいですね。麺は真っ白な中太のストレート麺。日本で食べるラーメンの麺とは全く異なりますが、モチモチして旨いですよ。目の前でライブを見せられているので、余計に旨く感じます。具は、ニンジン、大根と、牛スジ肉の煮込み。牛肉はしっかりと煮込まれており、トロトロで旨いです。麺は結構な量があり、体感で200g弱ぐらいでしょうか。ぺろりと平らげ、完食、スープは8割飲んでFinishです。

さっぱりしており、胃もたれもせずに、健康的な感じがしますね。たびたびというわけではないですが、1年に1回ぐらいは食べたくなる味です。前回は神保町の店に行きましたが、どちらを選ぶかと言われればこちらに来るでしょう。先客、後客ともにゼロでしたが、もっと客が入っていい店です。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「宍道湖しじみ中華蕎麦〈塩〉」@宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀の写真今日は朝から大雨です。風も結構強く、出かけたくないな~、と思い始めましたが、諸先輩方が「雨の日こそ行列店へ」と言われているのを思い出し、あえてしり込みしていたこちらに車で出動です。線路を渡ってすぐ左折したところにコイパがあるので、車の方はそちらが便利です。店には11:10頃に到着。シャッター2名に接続です。開店時には15名ぐらいの待ち、これは空いている方なんでしょうか?いずれにせよ20分の待ちで1st Lotには入れたので文句はありません。表題をポチし暫し待ちます。

花びらみたいに大きく広がった器で着丼です。ではまずスープから。おおっ!シジミがブワッときますねえ~。この押し出しはハンパないですよ。シジミが強いのですが、決して平板ではなく、この奥行きは動物系が下支えしているのですしょうね。塩分濃度も控えめ。あくまでもシジミの旨さで食わせようというスープです。僕にとっては若干甘めなのが少し気になりましたが。麺は加水率低~中の細ストレート麺。極端ではありませんがザクザクといった食感です。このスープにはよく合っていますし、麺自体の旨さも味わえるよい麺だと思います。レアチャーシュー、メンマも出来が良いですよ。地味に芽ネギがよい仕事をしています。初めは量が少ないと思ったのですが、結構深さのある丼でまあまあの量でした。完飲完食でFinishです。

この店が20分の待ちで食べられるとは思っていませんでした。荒天時のシャッターは良いのかもしれません。もう何度か試してみます。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨味噌ラーメン・並+クーポン味玉」@横濱家系 豚骨醤油ラーメン 蒲田 いっ家の写真今日は出張帰り、羽田空港からの帰路に、蒲田駅で途中下車してラー食です。ぬこさんのReviewを拝見して、家系の味噌というのがどうしても食べてみたくなり立ち寄りです。夜なので当然ビールをポチ。クーポンの味玉はおつまみでもらい、ラーメンに入れる間もなく食べてしまいました。ただでもらって恐縮ですが、この味玉は白身まで半熟で、ちょっとイマイチでした。ビールを飲み終えたところでラーメンを注文です。

10分ぐらいで着丼です。元はきっとクリーミーな家系スープだったのでしょうね。これに味噌が解けて何となくオレンジっぽい色になっています。ではまずはスープ。ほーっ、これが家系の味噌ですか。違和感全くないですね。巷で食べられる豚骨味噌に近いです。マイルドで粘度は高め。濃厚と言えるスープですね。麺は典型的な家系の麺で、やや短めが特徴でしょうか。このスープは飽きが来るのが速いです。店側もそれを解っているようで、壁にはご丁寧に味変アイテムのお薦め順などが記されています。まずは豆板醤→辛みそらーめんになりこれは鉄板です。次いでニンニク→これも合わないはずがありません。最後にフライドガーリック→香ばしさがプラスされてよいですね。固形物感触、スープは半分ほど飲んでFinishです。初めての家系味噌、まずまずでした。

味はよいですし、店主さんの感じもよく、メニューも豊富で研究熱心な感じがしてよいのですが、この店の最大の問題点はハコにあります。ただでさえゴチャゴチャしている場所なのですが、その中で店は暗く、雑然としていて、何となく清潔感がないです。この辺りを改善するだけで、ずいぶんと人気が出るんじゃないかなあ~。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「北熊支那そば」@支那そば 北熊 総本店の写真今日は出張で九州です。まずはRDB通算ランキング 熊本一位の「火の国 文龍」を目指したのですが、残念ながら定休日です。近くに点数の高い店ないかと探したらこちらがヒットしましたので、代打でこちらに向かうこととしました。店には11:30頃に到着ですが、なかなかの繁盛店で、店の前の駐車スペースはいっぱいです。向かいのセブンイレブンの一部が第二駐車場になってるので、こちらに停めて店に向かいます。デフォっぽい表題を口頭オーダーし暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。ぱっと見、熊本ラーメンかと思ったらどうも違うみたいです。また、メニュー名は支那そばとなっていますが、僕の知っている支那そばのイメージとはかけ離れていますね。ではスープからいきましょう。マイルドな豚骨でさすが熊本と一瞬思いましたが、こいつは鶏なんですね。こういった鶏白湯はあまり関東ではありません。思い込みもあるのかもしれませんが、豚骨スープの味に近いです。後から振りかけられたニンニクチップが特徴です。これがないとボヤっとした味になってしまいそうですが、良いアクセントになっています。また、たっぷりの背脂もシャバ系のスープにコクをプラスしていてよい感じです。麺は中太縮れ麺で、こいつは熊本ラーメンとは全く別物です。シャバ系のマイルドなスープに、このようなしっかりした麺を合わせるのは、あまりお目にかかりません。具はネギ、メンマ、チャーシューですが、特筆するものはありません。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

これはこれでアリですが、せっかく熊本に来たから、熊本ラーメン食べたかったなあ~。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「ガツ旨らーめん(麺少なめ)+クーポン味玉」@らーめん ◯八の写真今日も雨模様。仕方なく車で出動です。もう梅雨ですので、今後は車での出動が多くなりそうです。近隣のコイパに車を停めて、店には11:10ぐらいに到着です。表題をポチし、体重の増加を気にして"麺少なめ"でお願いします。この店は食券提出時にコールするのですね。にんにくをお願いし、カウンターの端に陣取り暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。麺少なめも効いているのでしょうが、J系とは思えないような淡白なルックスですね。ではスープからいただきます。うん、これは旨いスープですよ!微乳化のスープはとんこつ出汁がしっかりと抽出されており、やや強めのかえし、背脂と相まってインパクトのあるスープです。J系のスープと家系のスープの中間ぐらいの位置づけでしょうか。麺はゴワゴワの太縮れ麺。典型的なJ系の麺でワシワシ感が嬉しいですね。野菜はクタクタで量は少ないです。これなら一般の人は野菜増しにしないと物足りないかもしれません。豚はJ系のそれで、柔らかく旨いのですが、厚みも薄く、サイズも小さく、これは不満が残ります。量的には普通のラーメンの大盛り程度といった感じでしょうか。もう少し食べたいなといった感覚が残るぐらいで、完食・スープは半分ほど飲んでFinishです。

味は良いです。スープ、麺、チャーシュー、味玉、個々のパーツをとっても良く出来ています。ただし、量は控えめですね。僕は麺少なめで頼むぐらいですからこれでいいのですが、J系を目指す一般の人は、最低野菜増し+麺も増量しないと不満が残るレベルかもしれません。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「三枚チャーシュー」@中華そば専門店 武富屋の写真今日は雨予報だったので車で出動です。結果的には雨は降らず、チャリンコでも行けましたが、まあ良しとしましょう。こういう日もあります。店には11:30頃に到着。斜向かいのイオンモールに車を停めてこちらに向かいます。ちなみにイオンモールは買い物をしなくても3時間まで無料なので、気兼ねなく利用できます。先客0、後客1でした。表題を口頭オーダーです。変なメニュー名ですが、チャーシュー単品ではなく、チャーシューメンです。チャーシューは炙りか普通かを選べるので、炙りでお願いしました。

5分ぐらいで着丼です。ん?これは八王子ラーメンなのかな?縮れ麺の八王子ラーメンって見たことありません。あとで調べると八王子ラーメンの定義は■醤油ベースのタレ、■表面を油が覆っている、■きざみ玉ねぎが具として用いられている、の3つを満たすことのようです。玉ねぎの入っている醤油ラーメンは全部八王子ラーメンになっちゃうような気もしますが...ではまずスープからいただきましょう。富山ブラックと見間違うような漆黒のスープですが、見た目のとおりかなり濃いです。油もたっぷりと入っており、インパクトのあるスープです。ベースは豚骨のようですが、魚介の主張もそれなりに感じられ、若干の酸味もあります。麺は低加水の中太縮れ面。スープを吸ってだんだんと黒ずんで行きます。八王子ラーメンというと中加水の細ウェーブ麺のイメージがありますが、これだけしっかりしたスープだと、こういった麺でも十分に行けますね。チャーシューは箸で持てないくらいホロホロで、濃い味がついています。スープの味が濃いのでチャーシューはもっと薄味でも良かったかもしれません。やっぱり玉ねぎのシャクシャク感は良いですね。ぴったりときます。玉ねぎ大盛りでも良かったぐらいです。完飲完食でFinishです。

古い店ですが、良い店でした。イオンモールが出来てからは、モール内の魁力屋なんかに客は流れているのでしょうね。でもこの近辺で食べるのでしたらこの店のほうがいいと思いますよ。魁力屋はいつでもどこでも食べられますから。頑張って欲しい店です。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件