なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.781点
最終レビュー日 2019年10月18日
602 582 2 5,466
レビュー 店舗 スキ いいね

「[限定]冷やし中華(小)」@鷹の目 蒲田店の写真今日は蒲田のJインスパイアに向けてチャリンコで出動です。あまり聞いたことのない店だったので、並びもないだろうとタカをくくっていましたが、15分前到着で8番手。開店時には20名近くの行列になっていました。この店に行くのであれば、開店の15分前には少なくとも到着したいですね。開店し、先頭から食券を購入し、店員さんに手渡していくのですが、なんと僕の前の全員が限定の冷やし中華です。まぜそばにしようと思っていた僕も、そんなに人気があるのならと、心変わりして表題をポチです。Jの冷やし中華は初めてなのでワクワクです。

15分ぐらいで着丼です。コールは、ニンニク、辛揚げ、ガリマヨにしました。おっ、見たことのない食べ物がやってきましたよ。ではまず水菜の陰に隠れた大根からいきましょう。そのままでも十分おいしいですが、卓上のタレをかけるとさらに良しです。みずみずしくて、キンキンに冷えています。では麺を引っ張り出して、食べてみましょう。胡麻がベースになっており、これに醤油ですかね。濃厚ですが、塩分濃度は適切で、良いタレです。麺もきっちりと冷えており、ワシワシの食感もよいですね。肉類は豚ではなく鶏肉が二切れ、これも冷やし中華に合わせてよく考えられています。さあ、コールしたアイテムを少しづつまぜていきましょう。ニンニクは量が少なめですが、冷やしでもJ系の一杯にピッタリですね。ガリマヨのパンチ力は凄いです。この一杯のジャンク度をぐっとあげてくれました。冷やしを頼む人はこれは必須かと思います。辛揚げは見た目は派手ですが、効果はいまひとつかな?サクッと完食でFinish。麺量200gなので適度な満腹感。最後まで飽きずに美味しく食べられました。

初体験のJ系の冷やし。こんなに旨いものを知らなかったとは、もったいなかったですね。これはリピート必須です。来年になってしまうかもしれませんが。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@真鯛らぁめん まちかどの写真今日は学芸大学のエモラーを目指してチャリンコで出動したのですが、なぜか臨休。ということで、先日娘といってフラれたこちらに急遽回ることにしました。店には11:20頃に到着。先客1、後客3でした。間借り営業なんでしょうが、なんかスナックのような雰囲気ですねえ。カウンターに座って、表題を口頭注文し、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。ではスープからいきましょう。うん、鯛の旨味がよく抽出されていてよいですね。生臭さも皆無です。食感的には鶏白湯のスープを飲んでいるような感じでしょうか。麺は中太のクニュクニュした感じ、このスープとの相性はまあまあといった感じです。トッピングの鯛ははっきり言って不要かと思います。せっかく、スープの臭みを抑えているのに、こちらが生臭さを感じさせてしまいます。これならチャーシューのほうがいいかなあ。途中で飽きが来始めるので、まずは胡麻を入れて風味を足します。次いで、辛味オリーブオイルを加えると、印象がだいぶ変わってよいのですが、少し酸味も追加されてしまうところが残念でした。完飲完食Finishです。

うーむ、悪くはないのですが、それほど印象に残らない一杯でした。950円という値段もやや強気化と思います。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「フォアグラ油そば+クーポン味玉」@満鶏軒の写真今日はお仕事帰りに、乗換駅の錦糸町で、かねてからの宿題店であったこちらに訪問です。雨模様の中20:00頃に到着。さすがにこの条件では空いていますね。半分ぐらいの客の入りでサクッと座れました。昼には汁そばを食べたので、夕飯は油そばにしました。あとエビス500mlもポチです。まずは、ビールとアテの鴨チャーシュー細切れが出てきます。このチャーシューの切れ端をつまみに、よく冷えたビールを飲んでいると、庶民にとっては至福の時ですね。

そうこうしているうちに、メインの表題が着丼です。よく整った端正なルックスですね。初めからタレと混ぜてあるため、改めて混ぜる必要もないため、具の下からそばを引っ張り出してそのままいただきます。口に運ぼうとした瞬間、今まで経験したことのない芳醇な香りが...この香りだけでクラクラ来ちゃいました。ついで、麺を口に含むと何とも言えない旨味が口いっぱいに広がります。フォアグラをソテーした際の油を使っているとのことでしたので、その香りと旨味でしょう。これは素晴らしいです!塩分濃度は低くないのですが、とがりをあまり感じず抜群のバランスです。この味はここでしか、また油そばでしか経験できないでしょう。最高です!!!麺は低加水の中太平打ち麺。このたれと良く絡み、タレを幾分吸い込み、でもザクザクの歯ごたえと小麦感を残しており、絶妙なバランスです。具も素晴らしいですね。2種の鴨チャーシュー、クーポンの味玉、どちらも旨いです。意外なことに唯一イマイチだったのがフォアグラです。外は固く、中は油っこくて、微妙です。貧乏人だから食べなれていないだけでしょうか?こんなに旨い脂が取れるなら、それだけでよく、本体は要らないくらいでした。途中から刻み玉ねぎとネギを混ぜると、また少し違った表情になります。サクッと完食しFinishです。あまりのタレの旨さに、意地汚く最後の一滴まですくって食してしまいました。

今まで経験した油そばの中では、その独創性も含めてNo.1でしょう。油そばがこのレベルですから、汁そばも旨いんだろうなあ~。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば」@麺屋 はなび 京都拉麺小路店の写真今日は出張で京都泊まりです。”はなび”は以前から気になっていましたが、神奈川県民にはなかなか行く機会がなく、たまたま宿泊先の京都にオープンしたということで、夕食はこちらでとることにしました。オープン直後なので行列するかと思っていましたが、意外にもガラガラ。京都拉麺小路は外人さんが多いのですが、つけ麺やまぜそばはあまり興味がないのでしょうかね?まあ、この店が狙いの僕にとっては、空いているのは良いことです。まずは、今日もお疲れさまでしたということで、ビールと水餃子で一杯いきます。キンキンに冷えたビールが染みますねえ~。思わず二杯目に突入するとともに、表題をオーダーします。

10分弱で着丼です。典型的な台湾混ぜそばのルックスですね。ではマゼマゼしていただきましょう。結構タレは多めです。うむ、旨い...んですが濃いです。魚粉がかなり効いており味を支配しています。この内容ならネギ増しにしてもよかったかもしれませんね。麺はモチモチの中太縮れ麺でタレをよく持ち上げますが、その分余計に濃いです。途中から辛さもジワジワと効いてきます。途中でお酢を投入すると少しさっぱりしますね。麺を食べ終わった後に追い飯(無料)をお願いしますが、残ったタレと飯の量のバランスが悪く、これもかなり濃い味となりました。おなかに余裕のある人は初めから別途ライスを頼んだ方がいいかもしれません。

台湾まぜそばは、東京の「こころ」で2回食べました。鮮烈な印象がありましたが、ここまで濃いイメージはありませんでした。なんとなく「こころ」のほうがバランスが取れている気がします。こちらはとにかく味が濃く、そればかりが印象に残った一杯でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣麺+クーポン バニラアイス」@麺飯店 マラマラの写真今日も雨予報です。運動不足で、梅雨明けまでの体重増加が気になりますが、今日も車で出動です。店には12:00ぐらいに到着です。店について分かったのですが、店名の「マラマラ」は「麻辣麻辣」なんですね。7割ぐらいの人が頼むらしい、表題をポチして、カウンターにつきます。店は7割ぐらいの客の入り。決して場所は良くないと思いますが、結構賑わってますね。

10分ぐらいで着丼です。おーっ、見事に真っ赤なスープですね。では、まずスープからいきましょう。おや?見た目ほど辛くはないですね。一口目からカラとシビがバランスよく来て、きちんと動物出汁の旨味も十分に感じられますよ。これは辛いだけではない、よくできた旨辛スープですね。麺は三河屋製麺の中太縮れ平打ち麺です。スープの味が強いので、麺の味自体はそれほど感じられませんが、このスープに負けないしっかりした麺です。具の中で一番気に入ったのは海苔です。海苔は家系に見られるようなしっかりした海苔で、スープに浸してから麺を巻いて食べると、海苔の風味がふわっと広がり旨いです。これはライスとの組み合わせでもいいかもしれませんね。ネギと青菜もちょっとした避難所というか清涼剤になってよいですよ。固形物完食後も、旨辛スープにレンゲが止まらず、スープは8割飲んでFinishです。

食後は汗だくでした。でも辛さより旨味が勝っており、7割の人が頼むというのも納得でした。食後はクーポンでバニラアイスを頂き、口の中をリフレッシュしてから帰路につきました。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「三位一体(モンゴウイカスミ×トマト×ハマグリ)」@中華そば 和渦 TOKYOの写真今日はランチにこちらを訪問です。三位一体が昼でもやっているようになったと知り、早速試してみることにしました。店には12:15頃に到着。今日も運よく最後の一席にすべり込むことができました。限定の三位一体がまだあることがわかり、はやる気持ちを抑えきれず、すかさずポチです。食券を購入した後に、本日の三位一体がモンゴウイカスミ×トマト×ハマグリであることを知りました。トマトとは...嫌な予感がします。

10分ぐらいで着丼です。イカスミのせいでものすごいルックスです。表面には何かの葉っぱをすりつぶした緑の物体が浮いています。ではまずスープからいきます。うーむ、これはちょっといただけません。まずはトマトの酸味が来て、次いでハマグリ、イカスミときますが、バラバラの印象で相性もいいとは思えず、はっきり言って旨くありません。緑の物体を混ぜて食べてみましたが、むしろマイナスの方向に働いています。こうなるともうあとは惰性です。おなかを一杯にするために黙々と食べ進めて、スープはほぼすべて残してFinishです。この三位一体は、キワモノっぽく好みに合いませんでした。

他の日の三位一体はサザエ×海老×ホタテだったり、鶏×鯛×煮干しだったりと旨そうなんだよなあ。Twitterで公開しているので、三位一体狙いなら確認してから訪問することをお勧めします。

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 7件
70

「麻婆麺」@箸とレンゲの写真今日も暖かいですね。チャリンコで出動です。この店は駅下のよく整備された現代風商店街「ビーンズ阿佐ヶ谷」の一角にあります。駐輪場も付属してあり、一時間までは無料なので、駅近でも駐輪スペースに困ることはありません。店には11:15頃に到着です。ちなみに店内にはトイレはありませんのでお気を付けを。あらかじめ予習し、麻婆、坦々、醤油のうちから担々麺を選ぶことに決めていましたので、口頭オーダーです。辛さは1~5から選べるのですが、標準の2にしました。なお、無料のライスはこちらからお願いしないと付かないのでご注意を。

10分ぐらいで麻婆麺が着丼です...あれっ?思っていたのと違う...でもはっきりと口頭で麻婆麺を注文した記憶がありますねえ。ボケてます、予習をしていたのにボーっとしてましたね。気を取り直していただきま~す。丼は結構小ぶりですが、それに揚げごぼうがこんもりと盛られています。ビジュアル系ですね。下の方から麺を引っ張り出すと、平打ち麺と春雨が一緒に出てきました。それに豆腐とひき肉。確かに麺類なのですが、イメージは麺の入った別の料理を食べている印象です。スープは麻辣が程よく効いた飛び出たところのないものです。「2」ですので辛みはほどほどです。さすがMENSHO Group、よくできた万人向けのスープです。このスープに揚げごぼうはよく合いますね。そのまま食べてもよし、浸して食べても良しです。麺類とごぼうを食べ終えると穴あきスプーンで豆腐とひき肉の掃討戦です。ここでぶどう山椒に出会い、ちょっとした嬉しい驚きです。完飲完食でFinishです。

この店は麺が半分にできたり、麺を茹で野菜や豆腐に変えられたりと、ヘルシー志向の女性をターゲットにしている感じです。事実、カップルも含めると僕以外のほとんどの客が女性でした。ラーメンもビジュアル系でインスタ映えするように、これでもかというくらい工夫が凝らされています。でも、僕のようなラオタにとっては、ビジュアルにお金を払わされている(980円)ようでちょっとなあ~、といった気持ちが拭えませんでした。

投稿 | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件

「麻婆豆腐麺+クーポン味玉」@中華ノ麺 Xing fuの写真今日は寒さも一段落、チャリンコで出動です。花粉が少ない週末も今週で終わりでしょうか?いやな季節になってきました。店には12:00頃に到着。予想しなかった外待ちです。列に並んで表示を見ていると「嵐にしやがれ」なんかにも出てたんですね。隠れた有名店のようです。店に入って表題をポチです。この店は辛さと痺れがかなり細かく10段階ぐらいからそれぞれ選べるんですね。加減がわからないので基準でお願いしました。小ライスが無料で付くのでそちらもお願いしました。

10分ぐらいで着丼です。見るからに辛そうなビジュアルです。まずは麻婆のかかっていないスープからいきます。うん!これは結構しっかりした鶏塩のスープですよ。単体で飲んでも旨いです。これは期待が持てますね。では麻婆と麺を絡めていただきます。おーっ、これは結構きますねえ~。辛さはそれほどでもないのですがかなりの痺れです。今まで食べた店と比較しても、このカラシビはかなりシビのほうに偏っています。麺はもっちりした感じの角中太ストレートです。麻婆豆腐餡と良く絡み、餡と比較してもしっかりした存在感です。食べ進むうちにシビが結構きつくなってきました。ライス、味玉に時々避難しながら食べ進みますが、痺れで味がよくわからなくなってきました。隣のカップルも特に女性が痺れに悪戦苦闘しているようでした。何とか麺は完食し、穴あきスプーンで豆腐とひき肉の掃討戦に入りましたが、痺れの強さに途中でGive Up。スープはほとんど飲めませんでした。

かなりシビの強い一杯でした。こういう点数を付けましたが、実はこの店は結構よいのではないでしょうか?カラシビが自由に調整できるので、何度か通ってベストの配合を見つけたら、きっと高得点になるんじゃないかなあ?

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「全とろ麻婆麺」@新潟三宝亭東京ラボ 渋谷宮益坂店の写真今日は仕事の移動中にこちらを訪問です。店には11:30頃に到着。この時点ではまだ席に余裕がありましたが、退店時には行列です。渋谷の一等地で行列は当然とはいえ、なかなかの人気です。着席しメニューを見て、表題を口頭オーダーです。辛さも選べるようですが、デフォの最もマイルドなものでお願いしました。ランチ時は半ライスがサービスで付くようですのでお願いしました。店内を見回すと、やっぱり渋谷だけあってシャレオツな店ですねえ~。女性の一人客も多いです。

10分ぐらいで着丼です。木のお盆に載って何となく高級感のあるルックスです。ではまずスープからいきます。メニュー名の”全とろ”の冠通り、汁そばの上にあんかけ麻婆が載ったものではなく、麺の上に麻婆豆腐がそのままかかったものなのですね。これは汁そばというのか、汁なしなのか微妙な感じです。デフォで頼んだのにシビカラが伴った結構な辛さですが、辛さの裏にきちんと旨さがあり、これは上等な麻婆豆腐ですよ。素直に旨いですねえ~。麺はモチモチの中太平打ち麺。このこってりしたスープ、というか餡をしっかり受け止めます。途中でライスをはさみながら食しますが、やっぱり麻婆麺とライスは鉄板の組み合わせですね。半ライスでは足りません。結構な辛さなので、汗があふれてきました。でも構わず食べ進め、麺完食。穴あきレンゲで固形物の掃討戦に入ります。たくさんの豆腐や、ひき肉や、ニラが入っていたことに改めて気づきます。結局、固形物完食。スープというか餡もほぼ完飲でFinishです。

いや~、思っていたより本格的でした。1000円は決して安くないですが、この内容なら割高感もそれほどありません、と言えるような内容でした。あと、食べ放題のザーサイが肉厚で旨かったなあ~。これは夜飲みに行ってもいいですね。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「全部のせ牛じゃんラーメン(クーポン半額¥534)」@ラーメン まこと屋 厚木山際店の写真長かった9連休も今日で最後。お正月休みの終わりは、いつもお祭りの終わりのようでさみしいです。今日は寒くて、ちょっと咳もでるので、大事をとって車で出動です。店には開店直後に到着。129号沿いで大駐車場完備ですので、車の方には非常に行きやすい店です。この店は関西を中心に海外にまで店舗を展開する大チェーンなのですね。関東は初出店のようですが、所詮チェーンということであまり期待はしていませんでした。RWの半額券を提示し、表題を口頭オーダー。麺:固め、背脂:並味でお願いしました。何となく食べたくなったので半チャーハンも併せて注文です。いきなり高菜の大盛りが届きました。なぜこれだけ別皿で、しかもこんなに大盛りで届くのか不明ですが、これをつまみながら暫し待ちます。

5分ぐらいで着丼です。比較的小ぶりの器に具がてんこ盛りのおもちゃ箱みたいなラーメンです。見た目は豚骨と変わりませんが、まずはスープを一口行きます。うん、思い出しました、これが牛骨ラーメンですよね。クリーミーなスープは牛骨ならではのまろやかさ、コク、若干の甘味が出ています。これだけ具をのせるとスープ温度が低下してしまうのが常なのですが、ここの温度管理は完璧で、スープも具も熱々です。麺はザクパツの低加水細麺。これは博多豚骨なんかとあまり大きな差はないですね。替え玉も1玉無料なんですが、今日は半チャーハンを食べてしまったため自粛しました。具は特筆すべきものはありませんが、どれも平均点以上で、次はどの具を食べようかと忙しいです。特製慣れしていないので目移りしちゃいますね。ちょこんと載った豆板醤を溶くと味が変化し面白いですね。おっと、ここで味変アイテムを使用していないことに気が付きました。胡麻、紅生姜、高菜、ニンニク(クラッシャー)と次々と投入し、味変を楽しみ完食。スープは最後は甘さが気になりはじめ、半分ほど飲んでFinishです。

思っていたよりもしっかりした内容で好感触です。この店はファミレス使いですとか、ちょっと飲みがてらなんて使い方もできますね。(ここの支店は立地的に難しいですが...)便利なお店でCPも悪くないです。さて、明日は実質的な仕事始め、また長い一年が始まります。頑張ろう!

投稿(更新) | コメント (29) | このお店へのレビュー: 1件