なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1500店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.843点
最終レビュー日 2019年6月23日
540 525 2 4,762
レビュー 店舗 スキ いいね
80

「味噌らーめん」@大島の写真今日は千葉方面に出張です。少し時間があったので、かねてからの宿題店であった沿線のこちらに立ち寄り訪問です。店には13:30頃に到着。外待ち9名に接続でしたが、以外にも回転は速く、10分弱で中待ちに昇格です。券売機で表題をポチし、5分の中待ち後に着席です。

おっ、来ました来ました。すみれ出身の店主さんだけあり、まさにすみれのイメージそのままの一杯が着丼です。ではまずスープからいきましょう。うーん、安心して飲める味ですね。親しんだすみれの味の血を引いています。豚ベースのスープに白味噌とラードの濃厚なスープです。塩分濃度は高めですが、ぐびぐびと行っちゃいますね。生姜もよく合います。ちょっとざらつきを感じたのが残念でした。今日は暑いですが、このスープは冬にこそ真価を発揮しそうですね。僕はこの札幌ラーメン特有の黄色縮れ麺が大好きです。この麺だけでもこの店に来た価値がありますね。ここの麺はかなり硬めの茹で上がりで、ごつごつとした食感が特徴です。やっぱり味噌らーめんにはこの麺が最高です。具はシンプルにメンマ、チャーシュー、少量の玉ねぎと、ネギだけ。具は特筆するものはありませんが、スープと麺が主役ですので、まあ問題ありません。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

旨いのですが、濃厚の宿命でちょっと逃げ場が欲しくなります。次回来るときは、お腹を空かせてライスと一緒に注文したいなと思いました。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨味噌ラーメン・並+クーポン味玉」@横濱家系 豚骨醤油ラーメン 蒲田 いっ家の写真今日は出張帰り、羽田空港からの帰路に、蒲田駅で途中下車してラー食です。ぬこさんのReviewを拝見して、家系の味噌というのがどうしても食べてみたくなり立ち寄りです。夜なので当然ビールをポチ。クーポンの味玉はおつまみでもらい、ラーメンに入れる間もなく食べてしまいました。ただでもらって恐縮ですが、この味玉は白身まで半熟で、ちょっとイマイチでした。ビールを飲み終えたところでラーメンを注文です。

10分ぐらいで着丼です。元はきっとクリーミーな家系スープだったのでしょうね。これに味噌が解けて何となくオレンジっぽい色になっています。ではまずはスープ。ほーっ、これが家系の味噌ですか。違和感全くないですね。巷で食べられる豚骨味噌に近いです。マイルドで粘度は高め。濃厚と言えるスープですね。麺は典型的な家系の麺で、やや短めが特徴でしょうか。このスープは飽きが来るのが速いです。店側もそれを解っているようで、壁にはご丁寧に味変アイテムのお薦め順などが記されています。まずは豆板醤→辛みそらーめんになりこれは鉄板です。次いでニンニク→これも合わないはずがありません。最後にフライドガーリック→香ばしさがプラスされてよいですね。固形物感触、スープは半分ほど飲んでFinishです。初めての家系味噌、まずまずでした。

味はよいですし、店主さんの感じもよく、メニューも豊富で研究熱心な感じがしてよいのですが、この店の最大の問題点はハコにあります。ただでさえゴチャゴチャしている場所なのですが、その中で店は暗く、雑然としていて、何となく清潔感がないです。この辺りを改善するだけで、ずいぶんと人気が出るんじゃないかなあ~。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌」@灼味噌らーめん 八堂八の写真GWも終盤になってくるとやることがなくなってきます。今日はテレビのバスの旅に感化されて、路線バスを乗り継いで横浜から中目黒のこちらの店に向かいます。この店は先日おさってもさんのREVIEWを拝見してBMしたばかりの店です。思ったよりバスがうまくつながらず、途中歩いたり、20分ぐらい待ったりで、
結局4時間かかって到着です。こりゃ歩いても変わらないですね。この企画は微妙でした。店には1時過ぎに到着。流石に疲れて、ムギシュワと味玉で乾杯です。ほろ酔いになったところで、味噌ラーメンをお願いします。

5分程度で着丼です。自家製の味噌らしく、ちょっと普通の味噌ラーメンと色が違いますね。ではスープからいきます。初動で山椒の風味がブワッときます。スープはシャバ系で油分多め。味噌がガツンとくるわけではなく、ジワジワと味噌の味わいが後からやって来るタイプです。北海道から直送の麺が味噌ラーメンぽくって良いですね。平打ちの卵麺って初めての経験です。チャーシューは醤油糀を使って味付けしているのですね。しっかりした旨味が出ており、初めて味わうタイプです。山くらげが良いですね。コリコリした食感がたまりません。チャーシューに載った生姜を溶いてみますが、これはちょっと山椒と喧嘩しているかな?完飲完食Finishです。

好き嫌いは出ると思いますが、かなり個性的な味噌ラーメンです。良いものを作ろうという気概が感じられ、オンリーワン好きの僕にとっては高評価の店でした。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「赤の味噌バターコーンラーメン」@味噌の金子の写真今日は出張で厚木です。厚木もチャリンコでいける距離なので結構行き尽くした感があります。今日は初めてのこちらに車で立ち寄りです。幹線沿いで大駐車場完備です。11:00過ぎの入店でしたので、客はまだまばらでした。この店は大盛り無料で、ライスも無料+お代わり自由なのですね。具もキムチ、もやし、漬物、チャーシューの切り落としまであります。これは大食いにはたまらない店ですね。表題を口頭オーダーし暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。かなり間口の広い丼に具もたっぷりです。これは食べ応えがありますね。まずは、スープからいきます。赤の味噌らーめんなので赤味噌ベースのはずなのですが、イメージは白味噌に近く、これに若干の背脂が浮いて、プラスでピリ辛といった感じです。出汁感はあまり強くなく、味噌もあまり濃くないので、結構さらりとしたスープです。麺は中太の丸ストレート麺。この麺は濃厚魚介系なんかに合わされるといい感じですが、味噌だったら僕は黄色縮れ麺がいいなあ~。具はたっぷりのコーン、バター、もやし、海苔、ワカメ、チャーシューです。量は結構ありますが、味はそつなくまとまっているといった感じです。いつも思いますが、ラーメン(特に味噌)にはワカメは不要ですね。ここのワカメは特にパサつき気味で旨くありません。あとチャーシューもパサでイマイチでした。固形物は完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。ライス+漬物+切り落としのチャーシューも食べたので腹パンです。

チェーン店の味噌でそれなりの一杯でした。デフォは700円ですので、アクセスよく、腹いっぱい食べたい人には良い店なんではないでしょうか?

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「山椒汁なし担々麺」@ばくだん屋 渋谷店の写真今日は仕事の移動中に乗換駅で、以前より気になっていたこちらを訪問です。11:30オープンのはずが、この日は12:00オープンでした。軽いシャッターで、驚くことに渋谷の12:00で後客ゼロ。だだっ広い店内にポツンと一人、不思議な感覚です。表題を口頭オーダー、辛さを選べますので小辛でお願いしました。

着丼までは3分ぐらい。器も麺も具もキンキンに冷えてます。イメージは事前に作って冷やしておいたものに、タレを横から注いだ感じでしょうか。混ぜ始めると底から赤いタレが出てきました。これは結構辛そうですよ。よくマゼマゼしていただきます。おーっ、これは結構いいんじゃないですか!ベースは味噌と魚介系でしょうか?これにほどほどの辛味に適度な酸味、プラスでシビが効いて辛旨です。今まで食べたことない味ですね〜。麺は細麺ですがかなり硬く、噛み切るのに苦労するほどです。まあこれはこれでなんとかアリかなあ。具はひき肉とワケギですが、大量に入ったワケギがこの一杯にはよくマッチし、不可欠ですね。麺を食べ終わっても具が大量に余ります。僕はそのまま食べましたが、お腹に余裕のある人は追い飯が不可欠ですね。完食Finishです。食べ終わってみると、小辛でもマズマズ辛く、これぐらいが適当ですね。

初めは後客がおらず不安でしたが、なかなかどうして、特徴のある満足できる一杯でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「ミソラーメン+クーポンバター」@味噌ラーメン 雪ぐにの写真朝は曇りでしたが日中になって徐々に日が出てきました。今日もチャリンコで出動です。店には開店5分前に到着。この店は大通りに面していないので、通りがかりの人は絶対に入らないロケーションです。それでも開店時にシャッター8人、退店時には店外に待ちが発生していましたので、結構な人気店のようです。デフォの表題をポチし、カウンターに陣取ります。

10分ぐらいで着丼です。トラディショナルなビジュアルにレアチャーシューだけが今っぽい、そんな麺顔です。ではまずスープからいきます。あ~ぁ、ほっこりしますねえ~。冬はやっぱり味噌ですね。スープは熱々で、鶏ベースの味噌スープに煮干しとニンニクが下支えし、ベタな配合ですが薄っぺらさがなく、しっかりと旨いです。麺は中細の角縮れ麺。硬めの茹で上がりでごつごつとした食感です。やっぱり味噌らーめんにはこういった麺が合いますねえ。ベストマッチです。柔らかめのもやしと玉ねぎがたっぷり入っており、ボリューム感もあります。このつくりだったらチャーシューはレアチャーではなく、固めの赤身の方がそれらしいかもしれません。途中で飽きが来はじめたので、クーポンのバターを投入。しばらく食べてから、今度は卓上の刻みニンニクを投入で最後まで飽きずに食べられました。麺を平らげ、残った野菜の掃討戦に入ります。穴あきレンゲの用意もあるようですが、スープもしっかり飲みたいため、普通のレンゲで食べ進み、完飲完食でFinishです。

派手さはないですが、堅実な作りの味噌らーめんで、近くにあったらたびたび食べたくなりそうな一杯でした。他のお客さんは地元の方が多そうに感じましたが、なるほど地元で愛されるのもわかるような気がしました。お店の方々もかなり感じよかったですよ。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌味玉らーめん」@しょうゆのおがわや 厚木246号店の写真今日は厚木に出張です。決めていたわけではありませんが、たまたま通りがかったこちらに入店。醤油は以前食べたことがあったので、小川系では初めての味噌に挑戦です。表題をポチし、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。結構大ぶりな丼で迫力です。ではまずスープからいきます。豚骨ベースのスープに白味噌。こってりでもなくシャバでもなく中庸で、甘い⇔辛いも中庸。万人に受けそうなスープです。僕はちょっと物足りなかったので唐辛子を投入です。麺は多加水の中太平ストレート。麺自体はコシがあってよいのですが、あまりスープに絡みません。具はチャーシューと、味玉と、コーンとネギ。この中で味玉が印象的でした。黄身は上手に半熟で、しっかりとした味がついており、これは味玉だけお持ち帰りしたい感じでした。途中からお腹を一杯にするために食べ進み、完食、スープは半分飲んでFinishです。

つまらない簡素なReviewですいません。でもこんな感じの一杯なのです。まるでファミレスでハンバーグを食べているような感じです。旨いかまずいかと言えば、間違いなく旨いのですが、特筆するものがなく印象に残らないのです。むかしむかし橋本駅の裏手にあった小川は、こじんまりしていましたが活気があって個性的でした。でも店舗が増えるにつれ、何でこんなファミレスになってしまったんでしょう。ラオタとしては少し寂しい感じがしました。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌らーめん+クーポン味玉」@北海道らーめん 味噌ノ頂の写真今日は風が強いせいもあり、体感温度ではこの冬一番の寒さではないでしょうか。この時期はいつもチャリンコで出掛けるのが億劫になりますが、重い腰を上げて近場のこちらに向けてチャリンコで出動です。Reviewを拝見すると、この店は賛否両論あるため、あまり期待せずに訪問です。店には12時ごろ到着。ほぼ満席です。後から後から客が来て、常に待ちが発生する状態です。4人体制ですが捌き切れていません。僕は何とか待たずに座れ、表題を口頭オーダーです。

15分ぐらいで着丼です。ビジュアル的には背脂とワカメがちょっとあまり見かけないトッピングですね。まずはスープからいきます。うーん、やっぱ冬は味噌ですねえ~。旨いです。濃厚というほど濃厚ではなく、粘度もそれほど高くないですが、甘さをあまり感じない味噌に豚骨・鶏ガラベースの出汁がよくマッチしており、しっかりしたスープです。背脂もよい働きをしており、コクを加えています。野菜をしっかり炒めていたせいか香ばしさも感じますね、これに組み合わされる麺は中太の縮れ麺。モチモチとした食感です。ところで店内には北海道の写真がたくさんありますが、なぜ元来の黄色い玉子麺を組み合わせなかったのでしょうか?そちらの方がよさそうなのに...不思議です。具は当たり障りがない感じでしょうか。特に不満はありませんが、逆に特筆すべきものもありません。ただ、皆さんが言うようにワカメは不要ですね。味噌には合わないですし、チープ感を醸し出してしまいます。結局、完飲完食でFinishでした。

ちょっと資本系の匂いがするところがマイナスですが、当初思っていたよりは悪くありませんでした。混んでいる理由もわかります。でもCPはちょっと低めかな。ところで、ラーメン屋で外税はやめてほしいと思うのは僕だけでしょうか?これだけでリピートする気がなくなるくらい違和感があります。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌らーめん+コーン」@味噌っ子 ふっくの写真今日は荻窪に向けてチャリンコで出動です。ここは花道の2nd Brandがあった「楓」の跡地ですね。今日は気温が低いうえに北風が強いので、寒いだけでなく漕いでも漕いでも進みません。この事態を予想して早めに家を出たので、開店10分前に到着しシャッター2名に接続です。開店時には待ちが7人になっていました。この店は開店10分前ぐらい来ないとダメですね。3杯/ロットで1サイクル10分のため、わずか数分の到着の違いで20分ぐらい提供時間に差が出ます。楓の時は結構味噌が甘かったのを思い出して、今日は辛味噌をチョイスです。食券を提出し、無料のもやし大盛りを頼んで暫し待ちます。

1st Lotに入れたので10分ぐらいで着丼です。花道の流れを引くルックスで、基本的に楓と同じように見えます。まずは”辛”の影響がないところのスープを一口。うん、これです!いいですねえ~。豚骨ベースの粘度高めのスープと甘目の白味噌が組み合わさった濃厚といえるスープですが、決して塩分濃度が高すぎないのがよいところです。初めの一口が少しぬるく感じますが、少し混ぜると熱々のスープが顔を出します。これも楓と一緒ですね。次いでラー油系の辛味を混ぜると...うん、こっちのほうがいいですね。ベースのスープは少し僕には甘すぎます。辛さも適当で、しっかりとベースのスープの味が残ります。麺は三河屋製麺で、いい意味で少しボソッとした、中太丸ストレート麺です。濃厚なこのスープによく合います。具もいいですね。かなりシャキシャキ感の強いもやし、しっかりと味がついた歯ごたえのあるチャーシュー、どちらもこの一杯には欠かせません。コーンがあるとなんか贅沢感があります。(そういえばお金のない高校生の頃は味噌バターコーンチャーシュー麺が最高の贅沢だったなあ~。)汗をかきながら完食、スープは8割飲んでFinishです。基本的に楓とほとんど一緒の一杯に感じられました。

味噌らーめんは冬がいいですね。体があったまります。退店時の店員さんの笑顔とFriendlyな対応に、心も少しあったまりました。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん+クーポンバター」@北海道らーめん 楓 京急蒲田店の写真今日から一週間の海外出張です。いつもは早い便なので仕方なく空港で食べるのですが、今日は午後便なので、途中で食べることにしました。とはいえ、あまり時間に余裕があるわけでもないので、乗換駅の蒲田で未訪の店を探し、こちらにしました。開店と同時に入店し、デフォの表題を口頭オーダーです。続々と客が来ますね。商店街の中という好立地もあると思いますが、結構な人気ですね。

着丼までは15分ぐらいかかりました。きわめてオーソドックスな北海道味噌らーめんのVisualです。まずはスープからいきます。ぬめっとした感じのスープは濃厚な味噌の味が楽しめますが、出汁感が弱く味に奥行きがありません。後でクーポンのバターを溶かしたり、ニンニク、すりごま、一味唐辛子を加えたりしていくとそれなりになっていきましたが、やはり若干物足りなさが残ります。麺は北海道から輸送してきた「さがみ野製麺」の中太黄色縮れ麺です。ちょっとまわりがテロンとしており茹ですぎの感がありますね。もうちょっと硬めでプリプリしたものが好みです。野菜はクタ気味のものが少量、チャーシューはパサ感の強い薄っぺらいものが一枚で、具はいまいちでした。完食、スープは2割ほど飲んでFinishです。

良くも悪くも昔の札幌ラーメンって感じで、ノスタルジーすら感じます。こういう味噌は今はあまりないので、たまにはこういうのもいいかもしれませんね。さあ、明日からしばらくラーメンなしの生活です。帰国時に食べる一杯が今から楽しみです。

投稿(更新) | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件