なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1500店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.860点
最終レビュー日 2019年6月16日
535 521 2 4,704
レビュー 店舗 スキ いいね

「アゴ塩ラーメン+クーポン水餃子」@横浜家系ラーメン いとし家の写真今日はぱっとしないお天気ですが、雨は降らなさそうだったので、チャリンコで出動です。店には11:10分ぐらいに到着です。ここはラーメンたま館 4軒の中の1軒です。先客1、後客多数で満席。後から気づいたのですが、立川ウインズの目の前の一等地で、おまけに今日は安田記念だったんですね。週末昼頃はいつも激混みなのでしょう。ここは家系の店ですが、何となく違ったものが食べたくなり、いつもの豚骨醤油ではなく、アゴ出汁の豚骨塩をポチです。ご飯は券売機の横にあって食べ放題。ラーメンWalkerのクーポンは250円の水餃子と、なんだかお得感満載です。

ワンオペなのでなかなか時間がかかりますね。15分ぐらいで着丼です。まずはスープからいきます。うーむ、悪くはないのですが何となくアゴ出汁と豚骨がバラバラな感じです。いつものライス+豆板醤+ひたひた海苔もこのスープだといまいちキマりません。おまけに海苔は一枚だけ、ほうれん草はなく、代わりに白髪ねぎと水菜が入っています。この時点で醤油にしておけばよかったと後悔し始めました。麺は三河屋製麺の中太角ストレート麺。家系らしい麺ですね。半分ぐらい食べたところで飽きがき始めたので、ゴマ、ニンニク、豆板醤と次々と味変アイテムを投入です。固形物完食、スープは半分飲んでFinishです。

残念ながら家系の塩で、おいしいものにまだ出会っていません。家系は強めの醤油ダレが必須だと改めて感じさせれた一杯でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「黒とんこつラーメン どっかんネギ入り」@丸源ラーメン 厚木インター店の写真今日は商用で厚木です。車で向かい、あまり時間もなかったので幹線沿いのこちらを訪問です。12:00頃の到着でしたが、ほぼ待ちなく入れました。以前、肉そばを食べて、ファミレス感、おもちゃ感があったので、今回は表題を口頭オーダーです。

着丼までは結構かかりましたよ。15分ぐらいでしょうか。ではまずスープから行きます。素直で飲みやすい醤油とんこつスープですね。臭みは全くありませんが、コクもあまりありません。丸源はラーメンのファミレスですから、万人受けするこういう作りになるのでしょうね。マー油はこのスープに少し厚みを増す良い働きをしています。麺は多加水の細角ストレート麺。ちょっと冷麺にも似た透明感のあるプリプリの食感で、この麺をとんこつスープに合わせるのは面白いです。ネギは「どっかん」というほどは載っていませんが、食べごたえのあるしっかりしたネギで、まあ十分な量です。とんこつスープにはよく合いますね。他の具は特筆するものなしです。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

積極的に行こうとは思いませんが、ラーメンのファミレスとしては及第点を与えて良いのではないでしょうか。でもラーメンですから、もう少し待ちが短く、短時間で食べられるのが理想ですが...

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「熊本ラーメン」@ラーメンダイニング くすのきの写真今日は熊本出張です。あまり時間に余裕がないため、地元の名店を探す余裕はありません。熊本染めを目的に空港内のこの店を訪問です。東京便の到着直後ですので結構にぎわってますね。テーブル席はほぼ満席です。デフォのこちらをオーダーし、暫し待ちます。

10分後ぐらいに着丼です。ではまずスープからいきます。うーん、熊本ラーメンの雰囲気は出していますがチープなスープですねえ。マー油もそれなりに効いています。卓上のニンニクチップを入れるとより熊本ラーメンらしくなるので不思議です。麺は冷麺を思わせるようなコリコリ感のある不思議な麺です。熊本ラーメンの麺ってこんな感じだったかな?具はキクラゲ、煮卵、チャーシュー、青葱です。これらも特筆するものはありません。完食、スープは7割ほど飲んでFinishです。

空港内のラーメンとしてはCPも含めて悪くないと思います。まあ、熊本に足跡を残せただけでまずは満足です。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@八ちゃんラーメン ラーメン博物館店の写真今日は久しぶりにラー博に向けてチャリンコで出動です。狙いは最近開店したばかりのこの店です。11:00開店かと勘違いしており、到着したときにはすでに10人以上の長蛇の列でした。仕方なく列に接続し、表題をポチです。でも、さすがに博多ラーメン、大きな箱ということもあり回転はよく、10分弱で着席です。自分から言わないと固さ指定できないと予習していたので、「バリカタでお願いします」と声をかけました。タイミングが良いのか悪いのか4人テーブルが空き、こちらに通されます。「相席だろうなあ~」と思っていたのですが、最後まで一人でした。なんか少し気分がよく、得した気分でした。

3分ぐらいで着丼です。ではまずスープからいきます。若干の獣臭が残るスープは濃厚と呼ぶのにふさわしいです。油も大量に浮いており、豚骨出汁もこれでもかというくらい出ています。でもタレは控えめで塩分濃度は高くありません。低加水の極細ストレート麺はバリカタで頼んだのですが、そんなに固くなく、ザクザクとした食感はあまりありません。ちょっと期待外れです。スープが重いので、すぐに飽きが来始めます。このスープだったらネギ増しは必須かもしれません。まずは紅生姜、次いですりごまで味変です。麺はあっという間になくなりましたので、今度はハリガネ指定で替え玉をお願いしました。今度の麺は固いのですが、噛むと歯にまとわりつく感じで、あまり心地よくありません。どうも適当な固さが見つからないなあ~。ついてきたタレ(塩ダレに近いです)、ニンニク、コショウ等で味変しながら完食。スープは8割ほど飲んでFinishです。

悪くはありません。ただ、飛び抜けた旨さではありません。25年間口説き続けたというふれ込みに期待しすぎていたのかもしれません。あるいは、昔は抜群に旨かったのですが、時代とともに他の店に追い付かれたということでしょうか?

投稿 | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニざぼんラーメン(だれやめセット)」@ざぼんラーメン フレスタ鹿児島店の写真今日は出張で鹿児島です。晩飯をどこで食おうかフラフラ歩いて、いつもの如く結局はラーメンになってしまいました。お得そうな”だれやめセット”を注文。(だれやめとは鹿児島弁で晩酌のことらしいです。ダレる(疲れる)のをやめる=晩酌だそうです。)まずはひとくち生ビールからいきます。ぷはーっ、仕事の後はうまいですねえ~!でも本当にひとくちでなくなってしまったので、追加で生中をオーダー、餃子とクラゲと無料の大根で一杯やります。ビールがほぼほぼなくなったところでラーメンをお願いします。

5分ぐらいで着丼です。鹿児島ラーメンは豚骨ベース+中細ストレートが特徴らしいですが、各店が独自に個性を出しており、これが鹿児島ラーメンのスタンダード、というのが存在しないとのことです。ここは白濁した豚骨ス―プで、かえしの全く効いていないぼんやりした味ですが、実はかえしは丼の底に沈んでおり、全体を混ぜてから食べるのが流儀のようです。こうすると醤油ダレが効き、エッジの効いたはっきりした味+豚骨のまろやかさといった感じで、特徴的ななかなかうまいスープです。このスープであれば麺は中細の中加水麺が合いますね。博多豚骨とは一線を画す味です。具の中では豆もやしとキャベツが面白いです。初めはしゃっきり過ぎる茹で上がりに思えましたが、全体を混ぜて食べ進めるとちょうどよい茹で加減になります。メンマ、チャーシュー、キクラゲは平均点でしょうか。揚げネギが微妙に効いてよいアクセントになっています。完飲完食でFinishです。

昔は地方に来ると地場の旨いものを出す店に一人で飲みに行ってましたが、かかる費用の割にはつまらなく最近はやめてしまい、もっぱらラー活です。この店は駅に連結する食堂街の店ですが結構満足しました。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつラーメン」@とんこつラーメン博多風龍 秋葉原総本店の写真本日はお仕事で秋葉原です。この街はどんどん不思議な方向に変わっていますね。電気街だった昔の面影はほとんどなくなっています。歩いている人も半分以上が外国人、みたいな感覚です。あまり時間がなかったので通りがかりのこちらに立ち寄りです。7~8名ぐらい並んでいましたが回転は速く、5分ぐらいで着席できました。客層も半分以上が外国人の方のようでした表題を選択し、バリカタでお願いします。

この店は替え玉が2玉まで無料なのですね、替え玉の提供で忙しいようで5分強かかって着丼です。非常にシンプルな麺顔ですね。ネギ、キクラゲ、小ぶりなチャーシューのみです。ではスープからいただきます。うーん、万人に受けそうなオーソドックスなスープです。旨味はしっかり感じますが、平板で単調な感じがするのは、セントラルキッチン+化調なのでしょうか?麺は良いですね。しっかりバリカタで、ポキポキ感がたまりません。1玉では少なく、半替え玉はできないみたいでしたので、バリカタで替え玉をお願いし、申し訳ないですが半分残す作戦としました。構成がシンプルな分、紅生姜、からし高菜、ニンニク、ゴマ等のトッピングは一通り無料でそろっており、最後まで飽きることなく食べられました。トッピングはキクラゲのコリコリ感がよいですね。でも、ネギはパサ気味、チャーシューは小ぶりで正直旨くないです。これはなくてもいいなと思わせるほどでした。完飲、麺は替え玉分の半分を残してFinishです。

手軽に立ち寄れて、低価格でおなか一杯食べるには良い店かもしれませんね。でも、おじさんはこの店にもう一回行くかといわれると???です。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+クーポン餃子」@博多禿鷹の写真今日も歩きで出動です。今日は風も弱くぽかぽかで歩いていても気持ちがいいですね。3時間ほど歩き武蔵小杉のこちらに到着です。店は常に半分ぐらいの客の入りです。まずは瓶ビールと餃子のクーポン券を渡します。RWのクーポンで餃子とは気前いいですね。次いで高菜と紅生姜をつまみにハイボール、うーん気分良くなってきました。さてそろそろラーメンと行きましょうか。チケットを渡し、ハリガネでお願いします。丼に多めの白い粉を入れているように見えたのが気になりました...

2分ぐらいで着丼です。まずはスープからいきましょう。結構あっさり目の豚骨ですね。出汁の出方はやや物足りない感じですが、ライト系という表現がいいのでしょうか。麺は期待通りのザクパツ麺、針金にしてはやや柔らかめですかね。多めに入ったネギとキクラゲが食感の変化をプラスしています。麺量はすくなく、ここで半替え玉をお願いします。(替え玉:150円、半替え玉:100円と値段はやや高めでしょうか?)ニンニク、紅生姜、高菜でカスタマイズ、味変してサクッと完食。スープも完飲でFinishです。

かなりライトで万人受けするように調整された一杯でした。逆にこの店ならではといった要素が少なく、その分ラオタには響きにくい一杯かもしれませんね。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン + クーポン替え玉」@ラーメンくれはの写真今日もまずまずの天気ですね。チャリンコで出動です。もう顔に当たる風が完全に冬です。いよいよ来ましたねえ。店には11:45頃に到着。店外待ち2名、店外待ち1名です。結局ひっきりなしに客が来て、待ちが途切れることはありませんでした。立地はよいとは言えないのに人気がありますね。表題をポチで事前に食券を渡します。

着席後は2分ぐらいで着丼です。この店は豚骨ラーメンですが、麺の茹で加減を聞かれないんですね。では、まずはスープから。若干豚骨臭が残るスープですが、豚骨が徹底的に煮出されている感じがします。かなりの粘度の濃厚豚骨スープで、醤油ダレも強めです。ちょっと僕の苦手なタイプのスープです。焦がしニンニクチップも結構効いていますね。麺は博多豚骨などと比べると若干太めのストレート麺です。茹で加減は中庸でざっくりとした食感ですが、当然ポキポキ感はありません。麺をバリカタ以下で食べたのは久しぶりなので、これはこれでかえって新鮮ですね。チャーシューは大ぶりのものが3枚、豚骨ラーメンはチャーシューがショボいのが相場ですが、ここのはしっかりしてますよ。麺は120g程度のようなので、途中でRWの替え玉無料券を使って替え玉をお願いしました。同時にニンニククラッシャーでニンニクも投入。ますますニンニク感が増してよい味変となりました。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

この店の一つの特徴は替え玉が30円と他の店と比較して圧倒的に安いことです。これは嬉しいですよね。ガテン系のお兄さんや学生さんたちもたくさんいて、なるほど人気なのも頷けます。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん」@豚骨麺 あの小宮の写真今日は休日出勤です。定時で勤務を終えて、運動不足のため一時間ほど歩いて、午後7:00頃こちらの店に到着です。駅前の好立地ながら先客2、後客2は少々寂しい客の入りです。まずは、休出と1時間歩いたご褒美にビールとおつまみメンマで乾杯です。うーん、染みますねえ~。メンマは味もよく、かなりの盛りでお得感ありますが、卓上の辛味もやしが無料で取り放題なのでなくてもよかったかもしれません。もう一本ビールを行きたいところを我慢して、ラーメンの食券を渡し、麺かためでお願いします。

5分ぐらいで着丼です。マー油がたっぷりで真っ黒ですね。まずはスープからいきます。やっぱりこれだけかかっているとマー油の味が支配的ですね。ベースの豚骨スープはかなりライトで、出汁感、塩分濃度共に控えめです。マー油がないと成り立たないスープですが、全体としてよくまとまっています。麺はやや太めのザクパツ麺で、硬めでオーダーして正解です。小麦感豊かでなかなかいい麺ですよ。たくさん入ったコリコリのキクラゲもよいですね。チャーシューはペラが2枚。いわゆる博多豚骨と比べるとまだいいかなといったレベルです。「いいとこどりをした」という一杯は全体としてそつなくまとまっていますが、逆に押し出しやインパクトはあまりありません。完飲完食でFinishです。

ラーメンには無料で替え玉や高菜ご飯なんかがついてきますが、お腹いっぱいなので頼みませんでした。無料サービスを含めるとまずますのCPといえるでしょう。このサービスはこちらから言わないと、むこうからはあえて聞かれないのでご注意を。後店員さんの元気がないのは少し気になったなあ。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨らーめん スパイシーガーリック」@Kinton Ramenの写真一週間の海外でのご奉公を終え帰国です。ちょっと体調が悪かったのですが、どうしてもラーメンが食べたくなり、こちらで途中下車です。三軒茶屋はいつもチャリンコで通り過ぎてしまうのですが、一本裏通りに入ると急に下町の顔になるんですね。三軒茶屋がこんな街だなんて知りませんでした。店は裏通りの更に奥まったところにあります。予習ではカナダに10店舗、韓国に6店舗を持つ逆輸入店なのですね。土曜日の夜なのに先客ゼロ、後客ゼロとちょっとさみしい客の入りです。表題をビールとともに口頭オーダー。麺が選択できるので太麺を選択し、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。スープは豚骨ながらオレンジ色で、中央にボール状のすりおろしにんにくが鎮座します。ではまずスープから行きます。おーっ、これは結構辛いですねえ。豆板醤系の辛さです。ベースのスープは素性が良さそうな感じがするのですが、ちょっと辛さがきつすぎてベーススープの味よくわからないです。麺は中太の角ストレート麺。店の方は太麺をおすすめしてくれましたが、納得です。このスープだと細麺では弱すぎますね。具は器からはみ出す炙りチャーシューがメインです。香ばしく味は良いのですが、細く薄いため、見かけほどのインパクトはありません。さて、ボール状のすりおろしにんにくをスープに溶くと、、、今度は強烈なにんにく一色に味が変化します。もはやベースのスープの味は全くわかりません。固形物完食、スープは2割ほど飲んでFinishです。

うーむ、かなり個性的で強烈な一杯ではありましたが、次に来ることがあれば普通の豚骨を頼むでしょう。この店はちょっとオシャレに飲んで、そのあとにラーメンを食べるというコンセプトなんでしょうね。高めの値段(950円)も他の店にはないスタイルと雰囲気の付加価値を含んでいるのでしょう。このコンセプトが日本の三軒茶屋で受け入れられるのかどうか...

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件