なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.781点
最終レビュー日 2019年10月18日
602 582 2 5,466
レビュー 店舗 スキ いいね

「小の小らーめん」@らーめん玄の写真10月だというのに今日は32℃です。いったいどうなっているのでしょうか?とはいえ、雨や寒いよりはましで、今日も元気にチャリンコで出動です。この店は細い路地の奥に入っていったところにあり、とにかくわかりにくいです。しばらくぐるぐるした後にようやく発見し、開店10分前にシャッター2名に接続です。その後続々と来客があり、1人目のラーメンが配膳される頃には外待ちまで発生していました。この店はシャッターがおすすめですね。表題をポチして、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。コールはニンニクのみ。麺量200gなので程よい盛りで、野菜も適量ですね。ではスープからいきましょう。若干豚骨臭のあるスープは非乳化タイプで、かえしが強め、というか、かなり塩っ辛い。一口目は旨いと思えたのですが、2口目からはちょっと飲めるスープではないなとおもい、食べる方に徹することにしました。麺は自家製なのですね。太めの平打ち麺は柔らかめの茹で加減で、ゴワゴワとモチモチの中間ぐらいです。スープが強いので、これくらいの麺のほうがバランスがいいですね。スープが塩っ辛いので、天地返しをし、野菜の水分で薄めながら食べ進めます。チャーシューは小ぶりですが、これは神の領域に近いですよ。最近食べたJ系の中ではトップレベルですね。量的には問題ないのですが、食べ進めていくうちに塩っ辛さがきつくなってきました。レンゲにのっけて、スープを切るようにして何とか固形物完食し、スープはそのまま残してFinishです。

うーむ、好きな人はたまらないのでしょうが、僕には塩分濃度が高すぎました。あと、店の前にはチャリンコを停めてはいけないようです。近所のお兄さんに怒られました。気を付けましょう。(下北は町が狭いのでちゃんと駐輪所に停めたほうがいいかもしれませんね。)

投稿 | コメント (23) | このお店へのレビュー: 1件
70

「豚白湯味玉」@麺屋 錬の写真今日はお仕事で高崎です。昼食は少し前に出来たこちらで取ることにしました。店には11:45頃に到着でしたが、その後続々と来客し、あっという間に満員になっていました。真新しくてこぎれいな店内です。鶏清湯と豚白湯がありますが、デフォっぽい豚をポチです。

10分ぐらいで着丼です。中央にデンと構えたレアチャーが目を引きますね。ではまずスープからいきましょう。うーん、豚白湯というあまり耳慣れない種類に興味津々だったのですが、これはクリーミーな家系スープそのものですね。かえし、油感は弱めです。麺もこれまた家系によくみられるモチモチの中太麺です。とはいえ、具は通常の家系とはずいぶん異なりますねえ。定番のほうれん草はしゃっきりしていて〇。鶏胸肉と豚肩ロースのレアチャーシューは通常の家系にはあまり見られないものですが、このスープに合っているかというと微妙です。味玉は半熟感としっかりした味付けがよく、結構なレベルですね。刻み玉ねぎが家系のスープに合うというのも勉強になりました。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

家系を名乗ってはいませんが、具に一捻りあるクリーミーな家系と思えばよいでしょう。あまり大きな特徴は感じられませんでした。次来ることがあれば鶏清湯の方を選択ですね。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「小(麺1/3、ニンニク)」@ラーメン二郎 神田神保町店の写真台風が来ているので変な天気です。晴れたかと思ったら、急に豪雨、その後湿度100%の不快な蒸し暑さ。これではチャリンコ出動は無理なので、今日は宿題店・有名店のこちらを電車で訪問です。店には10:15に到着。既に12人が待っています。開店時には40~50人の待ちでした。ものすごい人気ですね。この店は6人ずつローテしていくので、三回転目でした。事前に麺量を聞きに来るので、1/3でお願いしました。食券を買って、提出するときも一応1/3と伝え、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。これで1/3ですか!?すごい盛りですよ!ではまずスープからいきます。スープは非乳化タイプで、醤油ダレ+科学の力が前面に出てきているタイプです。とはいえ、きちんと豚骨出汁も感じられます。かなり濃いので飲むスープではないですが、旨いスープですよ。麺は平中太麺で柔らかめのタイプ。二郎でよく見かける麺です。野菜はキャベ率高めで結構な盛りです。豚は柔らか・ホロホロのタイプですが、それほど突出した感じは受けませんでした。1/3だから楽勝だと思ってましたが、麺もかなりの量ですよ。隣の方は小そのままでしたが、ものすごい麺の量で、とても僕には食べきれる感じではないです。これを見ていると僕の麺は間違いではなく、確かに1/3なんだなと納得させられました。さすがに遭難の危機は感じませんでしたが、最後の方は食事ではなくチャレンジモードに入っており、腹パン完食、スープはほとんど残してFinishです。

次回行くことがあっても、もう1/3は頼まないでしょう。そんなのができるかどうかわからないですが、1/4~1/5ぐらいで十分な感じです。あと食後は猛烈に喉が渇くのでお気を付けを。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(麺半分+ニンニク)」@ラーメン二郎 荻窪店の写真今日は曇天の中こちらに向けてチャリンコで出動です。寒い雨の日が続いたかと思ったら、曇りで高温多湿の土曜日で、チャリンコで出掛けても気持ちよくないですね。混雑を予想して店には30分前についたのですが、楽々PP。2番手は11:15ぐらいにやってきて、結局開店時には僅か9人待ち。全員が座れる感じでちょっと肩透かしでした。この店はすごく量が多いと聞いていたので、麺半分と告げてプラ券を渡します。

コールタイムとなり、ニンニクでお願いし着丼です。野菜の盛りは少なめですが、迫力の外観です。ではスープからいただきます。うーん、旨いですねえ~。乳化したスープは豚感たっぷりで、塩分濃度はそれほど高くなく、スープとして飲んでも旨いです。これにデロ麺とキャベ率高めのクタ野菜の組み合わせですね。チャーシューもホロホロの大ぶりのものが2つ、食べ応えがあります。食べ進むうちにやっと気づいたのですが、野菜の盛が少なく迫力があるということは麺が多いということですよね。食べても食べても麺が減らず、半分ほどの高さになったところで、遭難の危機を感じ始めました。麺半分で遭難しては一大事と、少しづつ少しづつ食べ進めます。この店は15分の時間制限があるので、黙々と食べ進め、最後は麺を口に押し込むようにして、何とか完食Finishです。さすが荻窪二郎、麺半分でも抜群の破壊力でした。

この時期になるといつも感じますが、二郎+夏+チャリンコはかなり危険です。かなりの確率で帰りに気持ち悪くなります。そうならないように、そろそろとペダルを漕いで横浜まで帰宅しました。

投稿 | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件
65

「ラーメン」@麵家はるの写真今日も朝から雨です。10時ごろにやっと雨が上がったのですが、道が濡れておりロードバイクで出掛けるのは無理そうです。今日は久々に徒歩で出動です。いつもはチャリンコで通る道も、ゆっくり歩くと違った景色が見えてきて新鮮なものですね。テクテクと歩き、店には11:30ぐらいに到着。先客:1、後客多数でほぼ満員。結構繁盛してますね。歩いてきたからには、車やチャリンコでは許されないビールからいきましょう。味玉と卓上の高菜をつまみにゆっくりとやります。いい感じにほろ酔いになったところで、ラーメンをお願いします。

ほぼ満員で調理はワンオペのため、結構時間がかかって15分ぐらいで着丼です。ほうれん草の代わりに水菜が載っており、ちょっとひねりが入っていますが、間違いなく家系ですね。ではスープからいきます。家系の中では僕が比較的苦手な、クリーミーなタイプのスープです。その中では醤油ダレがやや強めな方でしょうか。このスープはライスに合わないやつです。麺は典型的な家系の中太やや縮れ麺です。具は定番のチャーシューと海苔で特筆するものはないです。途中で飽きがき始めたので、ニンニクを投入し味変です。この店は家系ですが、魚粉が置いてあります。試しに投入してみたところ、これが意外にもよく合います。豚骨醤油が豚骨魚介醤油になっただけですので、合うのは当たり前といえば当たり前ですが、それでも家系では新鮮でした。固形物完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

普通のクリーミーな家系で、それ以上でもそれ以下でもありません。どうせなら水菜はやめて普通にほうれん草にすればいいのに。あと価格は最低価格が750円、1000円越えのメニューも多々ありますので、高めといえば高めの設定です。とはいえ、この客の入りを見ていると、この辺りのお金持ちはあまりそういうのを気にしないのかもしれませんね。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件
70

「しょうゆ味玉」@輝宗の写真今日はお仕事で本八幡です。ラーメンウォーカー千葉板に載っていた駅近のこちらを訪問です。12:30頃に到着ですが、半分くらいの客入りです。表題をポチし食券を渡すと、細麺か中太麺かを聞かれますので、後者を選択。無料の半ライスには「はい」と答えて暫し待ちます。後客のチョイスを聞いていると、すべての人が中太麺を選んでいますね。

5分ぐらいで着丼です。いや~懐かしいビジュアルですね。昔大流行りした背脂ラーメンです。今ではあまり見かけなくなってしまいました。では早速スープから。うん、懐かしの味です。背脂の上質な甘みが口の中に広がりますね。塩梅は程よく、出汁も中庸に効いています。背脂の旨味を味わうスープですね。麺は中太縮れ麺。サクサク飲めますが、実はこってりしたスープには、やはり細麺ではダメでしょう。トッピングは特筆するものはありませんが、どれも一定のレベルを保っており、不満もありません。麺量は170gと少なくはないのですが、中太麺のためそれほど量は感じず、サクッと完食。スープは7割ほど飲みました。最後は背脂が愛おしく、背脂だけすくって飲んでました。

懐かしの一杯といった感じですね。むかし、感動して食べた「香月」を思い出しました。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件
80

「まぜそば」@麺恋処 爆龍の写真今日は久しぶりに車で顧客回りです。移動中に近くを通ったので、BM中のこちらの店に立ち寄りです。11:30頃の到着で、先客:2、後客多数でほぼ満席でした。ほとんどの人が中華そばを頼んでいるようでしたが、今日は汗だくになりたくなかったので、こちらをポチです。食券を出すときに、店主さん?の迫力に少し押されましたが、実は丁寧な方なので安心です。カウンターに着席し、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。大ぶりな丼で、一見 J系のまぜそばにも見えます。ではよくマゼマゼしていただきましょう。汁は結構多めです。通常の汁そばの半分ぐらいの感覚でしょうか。背脂も含めて油分は多めです。麺はモチモチの中太縮れ麺でタレと良く絡みますね。タレはおそらく豚骨ベースの醤油ダレだと思いますが、醤油感は弱めでむしろ塩に近い感じです。味はあまり濃くなく、油の量の割にはあまりしつこくもなく、食べやすいタレですね。付け合わせの生姜も一緒に混ぜてしまったせいもあるかもしれませんが、あまり他では食べられない味です。J系のまぜそばとは全く異なる味付けですね。具はあまりリッチではありません。もやしが中心で、ネギ、少量のキクラゲ、チャーシューのみです。まあ、この麺とタレであれば、具がなくても十分に成立するので、これで良しかもしれませんが、具を楽しみたい人は、少々値が張りますが特製にした方がよいでしょう。この手の混ぜそばの弱点ではありますが、この一杯も途中から飽きが来ます。仕事中なので別皿のにんにくは味見程度、酢を入れようかと思いましたが、酢の中に果物の断片を見つけて断念。そのまま食べ続けてFinishです。結構お腹いっぱいで味的にも量的にも満足できる一杯でした。

ちらっと見ると中華そばも旨そうでした。他にも青唐塩そば、焙煎味噌そば、限定の冷やし中華など全く性格の異なるようなメニューが豊富で、楽しめそうな店です。よい店を見つけました。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン」@ラーメン二郎 めじろ台店の写真今週末も雨模様ですね。天気予報は曇りでしたが、梅雨時は信じられません。今日もチャリンコをあきらめ車で出動です。店には11:10分ごろに到着。駐車場も最後のスペースを確保できました。シャッターズ 7名に接続です。結局、開店時には24名待ちでした。最近は二郎でも無理するのをやめ、今日もミニ(140g)を選択です。

この店は不思議な順番できますね。なぜか先客を飛ばして4番目にコールタイムです。ニンニク、野菜でお願いしました。どういう理屈で4番目に来たのかわかりませんが、早い分にはラッキーです。やはりヤサイマシだけあってミニでも結構な迫力ですね。まずはスープからいきます。おおっ!これいいですよ!!!豚感もしっかりしており、かえしも飲める程度に控えめで、もしかすると過去の二郎でBESTのスープではないでしょうか?天地返しは麺が冷めるので嫌いなので、端から野菜の山を崩すようにして食べ進めます。かえし控えめなのでしっかりスープにつけないと野菜の味がないですが、もやしもキャベツもシャキシャキしてい旨いです。野菜の山を食べ進めるとようやく麺が顔を出し始めました。二郎にしては細目の平打ち麺です。硬さは中庸というかちょうどよく、かえし控えめのこのスープによく合っています。豚も旨いですねえ~。ホロホロとまではいきませんが、肉の食感をしっかり残したうえで適度に柔らかく、これもベストではないでしょうか。ミニなので全く苦しまずに完食。スープも8割飲んでFinishです。二郎でこんなにスープを飲んだのは初めてです。大満足でした。

二郎は過去に11軒行きましたが、僕の中ではBESTです。帰りは天気予報に反して大雨。信用しなくてよかったです。梅雨の間はしばらくは車でラー活かなあ?体重増加が怖いです。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「ガツ旨らーめん(麺少なめ)+クーポン味玉」@らーめん ◯八の写真今日も雨模様。仕方なく車で出動です。もう梅雨ですので、今後は車での出動が多くなりそうです。近隣のコイパに車を停めて、店には11:10ぐらいに到着です。表題をポチし、体重の増加を気にして"麺少なめ"でお願いします。この店は食券提出時にコールするのですね。にんにくをお願いし、カウンターの端に陣取り暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。麺少なめも効いているのでしょうが、J系とは思えないような淡白なルックスですね。ではスープからいただきます。うん、これは旨いスープですよ!微乳化のスープはとんこつ出汁がしっかりと抽出されており、やや強めのかえし、背脂と相まってインパクトのあるスープです。J系のスープと家系のスープの中間ぐらいの位置づけでしょうか。麺はゴワゴワの太縮れ麺。典型的なJ系の麺でワシワシ感が嬉しいですね。野菜はクタクタで量は少ないです。これなら一般の人は野菜増しにしないと物足りないかもしれません。豚はJ系のそれで、柔らかく旨いのですが、厚みも薄く、サイズも小さく、これは不満が残ります。量的には普通のラーメンの大盛り程度といった感じでしょうか。もう少し食べたいなといった感覚が残るぐらいで、完食・スープは半分ほど飲んでFinishです。

味は良いです。スープ、麺、チャーシュー、味玉、個々のパーツをとっても良く出来ています。ただし、量は控えめですね。僕は麺少なめで頼むぐらいですからこれでいいのですが、J系を目指す一般の人は、最低野菜増し+麺も増量しないと不満が残るレベルかもしれません。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニ無垢ラーメン」@無垢ツヴァイテの写真1杯目に気を良くして2杯目も帰国子女にチャレンジです。この店の方が並びが長く、結局30分ぐらい待ちました。この店はドイツビール、日本酒、おつまみが充実しています。前の人はドイツビールを片手にワイワイやりながら並んでいました。こういうのも楽しくて良さそうで、ちょっと今までのラーメン屋にはないものをを感じました。今度もミニの表題をポチポチ。嫁はビールも頼んでいました。

着席後、5分ぐらいで着丼です。おっと、予想外の泡系ですね。スープが2層構造になっているとのことでしたので、まずは表層から。ほんのり魚介と動物系が中心で塩分はほとんど感じません。ついで底の方のスープをすくい上げると、こちらは魚介ガツンで、醤油だれがかなり強めです。混ぜるといわゆる滑らかな豚魚に変身です。これはこれで旨いですが、2層にする必然性はないかな?麺はデュラム粉が配合されたコシの強い平打ち麺。どことなくパスタっぽさを感じます。しっかりと味のついたチャーシューはうまいですね。これはドイツビールのつまみに最高でしょう。完食、スープは8割飲んでFinishです。

海外物はハズレというのが今までの思い込みでしたが、今日2杯食べて、少し見直しました。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件