なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.774点
最終レビュー日 2019年10月14日
601 581 2 5,460
レビュー 店舗 スキ いいね
75

「排骨担々麺」@Renge no Gotokuの写真今日は深夜から海外と電話会議です。家に帰ると飲んでしまうので、帰宅途中で麺活して帰ることにしました。店には19:00頃に到着、店内は1/3ぐらいの客の入りでした。夕飯なので小瓶一本くらいいいかなと思い、表題とビールをポチポチです。まずはビールをグラスに注ぐと...あれっ?常温?飲んでみると、やっぱり生ぬるいです。これは大幅減点です。(ラーメンの点数には加えてませんので、悪しからず...)でも、お姉さんも慣れていないみたいで、文句を言って変えてもらうのもかわいそうで、氷をもらってチビチビやりました。

半分ぐらいビールを飲んだところで着丼です。デジャブ―です。先週食べた神保町の「五ノ井」と全く同じ外観です。それもそのはず、出身が共に渋谷の名店「亜寿加」なんですね。味もほとんど一緒なので、先週のReviewをコピペし、一部改変することにしました。ご飯無料ですが、今日はビールを飲んでいるので丁重にお断りしました。スープは辛さは控えめで、痺れはほとんどなし、胡麻も程よく効いていて、さらりと飲めるスープです。排骨も同じ「大麦仕立三元豚」で、味の濃さもサクサク感もビールには最高でした。麺はシルキーな細ストレート麺。大きな特徴はないですが、スープにはよくマッチしています。具は青梗菜だけ。まあこれはこれで十分です。汗だくになりながら、完食、スープは3割ほど飲んでFinishです。

僕の駄舌では違いがよくわかりませんでした。違いは、①値段が少々安い。(1050→980円)、②カラシビ増しの表記がなかった。、③ 漬物がザーサイではなく高菜。、④雰囲気がちょっと威勢がいい感じ、⑤汁なしが無い、⑥ 気持ち辛目で胡麻が強い感じ(体調のブレもあるので自信ないですが)。ぐらいでしょうか?どちらに行っても旨い担々麺を堪能できると思いますよ。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「排骨担々麺」@排骨担々 五ノ井の写真今日はぶるさんのreviewをみてBMしておいたこちらにランチで訪問です。店には11:15ぐらいに到着。先客0、後客2でした。まだちょっと早いのかな?10月とは思えぬ暑さなので、汁なしに傾きかけましたが、まずいまずい、これはビールが欲しくなるやつです。思い直してデフォのこちらをポチです。この店はライスとザーサイが無料で付き、カラシビ増しもできるのですね。渋谷の有名店「亜寿加」の出身ということもあり、期待が持てます。

10分ぐらいで着丼です。排骨がうまそうですが、まずはスープから行きます。うーん、このスープいいですねえ。辛さは控えめで、痺れはほとんどなし、胡麻も程よく効いていて、さらりと飲めるスープです。辛いのが好きな人は、カラシビ増しをお勧めしますが、僕にはこれくらいでちょうどいいです。さて、排骨。これはやっぱり最高でした。「大麦仕立三元豚を秘伝のタレに漬け込んだサクサク自慢の排骨」はその謳い文句通りです。そのままサクサク食べてもよし、スープに浸して食べてもよし、ご飯とともに食べてもよしです。ここに来たら、排骨を載せない選択肢はないですね。麺はシルキーな細ストレート麺。大きな特徴はないですが、スープにはよくマッチしています。具は青梗菜だけですが、これで十分です。逃げ場がないので、ご飯は必須でしょう。完食する頃には汗がポタポタしてきましたので、スープは3割ほど飲んでfinishです。

うーん、たまに食べるとうまいですねえ。ぶるさんのように、近々渋谷のRenge no Gotokuにも行ってみようかなあ。今度は夜に汁なしのビール付きで。汁なし、あるのかなあ?

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件
80

「担々麺」@鶏そば 山もとの写真せっかくの三連休なのに雨予報です。唯一天気が持ちそうな今日はチャリンコで出動です。ところが出発直後から小雨。結局ほぼ一時間、降ったり止んだりの中を走ることになりました。ツイていません。この店は普通のマンションの地下にあり、とても飲食店がある場所には見えません。小さなメニューが置いてあるだけで、看板等もなくとても分かりにくいのでご注意を。店には開店直前に到着。シャッターは僕を入れて2名でした。店に入るとビックリ。そこには三鷹のハズレとは思えない洒落た世界が広がっています。夜はきっと隠れ家的な高級和食店になるのでしょう。メニューの端の表題を口頭オーダー。これがデフォだと思っていたら、他の方はほとんど醤油か塩を頼んでいました。

5分ぐらいで着丼です。青梗菜がドサッと入っているのが印象的ですね。ではスープからいきましょう。芝麻醤と酸味が印象的なスープです。どちらもあまり得意ではないのですが、中央にある黒い物体(トーチ醤:トーチとXO醤を合わせたもの)を加えると、酸味がおさえられて、かつ塩分濃度が増し、やっとしっくりくる味になりました。麺は低加水の細ストレート麺。これは醤油や塩のネオ中華にはよく合いますが、この担担麺との相性は今一つのように感じました。トピは良いですよ。青梗菜はシャキシャキで食べ応えあり。チャーシューは黒七味でマリネした煮豚だそうです。これも旨かったです。最後は花椒を大量に入れて味変しながら、完飲完食Finishです。

正直、好みからは外れた一杯でしたが、食べる人によっては90点以上がついてもおかしくないと思います。よくできた担々麺だと思いますよ。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし排骨坦々麺」@かつぎやの写真今日は神保町で仕事です。一日が終わりまっすぐ帰りたくなかったので、ぶるさんのReviewでBMしておいたこちらに訪問することにしました。店には19:00頃に到着。先客5、後客2でした。今日は初めから飲もうと思っていたので、つまみになりそうな表題をポチ。券売機でビールを探したのですが、見当たりません。でも先客が飲んでいるのを見て安心して席につきます。よい雰囲気の店ですね。ちょっと料亭っぽいです。カウンターから瓶ビールを口頭オーダー。食券を渡して待つ間に一週間の疲れを癒します。

5分くらいで着丼です。ビールのアテに排骨を頂きます。カレー味でよいつまみになりますね。量も十分です。では担々麺の方もよくマゼマゼしていただきます。いや~、ビールに合いますね。胡麻がよく効いた一杯です。2辛(普通)で頼みましたが、ちょうどよい辛さです。卓上にはラー油も山椒もありますので、2辛ぐらいで頼んで後で調整するのがよいかと思います。麺は平打ちの中細麺。これぐらいの麺のほうがアルコールには合いますね。よいつまみです。ビールが止まりません。ついでウーロンハイをオーダーです。担々麺をつまみながら、食していくと量はあまり多くないので、ウーロンハイを開けるのと同タイミングで完飲完食でFinishです。いやー、気分がよかったし旨かったです。

この店はアルコールとおつまみが充実していますので、夜は飲み屋として使うのもありです。現に先客の4人組は麺類は頼まずひたすら飲んでました。よい店を見つけました。ちょっとラーメンDBのて歩になっていないような気もしますが、そこはご容赦を。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件
95

「坦坦麺」@創作麺工房 鳴龍の写真今日は東北へ出張でした。帰りがけにちょうどこの辺りを通るので、今日は意を決して、大行列店のこちらを狙ってみることにしました。店には19:00頃に到着。20人待ちと、事前の情報収集通りの行列でした。ちょっと意外だったのは外人さんが少なかったこと。僕の見る限りでは3人だけでした。ということで1.5時間の待ちを予測していたのですが、それよりも短く1時間で入店まで行けました。入店して何故 待ちが長いのかよくわかりました。ほぼ全員飲んでいます。そう、ここはラーメン屋だと思ってはいけないのです。飲み屋だと思えば、あの回転の遅さも納得です。そうなると、僕も瓶ビールと味玉をつまみでポチポチ、表題もポチし、カウンターにつきます。ぷはっ!ビールが染みますね~。味玉も味がよく染みて、黄身も絶妙の半熟で、驚きの旨さです。ビールをほぼ空にしたところで、ラーメンの食券を出します。

細麺ですので、すぐに着丼です。小ぶりで深めの丼です。ではまずスープからいきます。おーっ!これは初めて味わう旨いスープですねえ~。複雑で内容はわかりませんが、動物系+魚介系+強めの醤油ダレ+酸味のスープに、ゴマ入り芝麻醤のペーストが浮いたような2層構造のスープです。初めはバラバラな感じがしましたが、徐々に混ざり合い、一体化した見事な味わいになります。ラー油を使用しているようですが辛みは非常にマイルドで、シビはほどんど感じません。これに合わされる麺は低加水のザクパツストレート麺。坦坦麺にこの麺を合わせるのは初めて見ました。意外にもよくマッチしますね。具は九条ネギとひき肉のみですが、これで十分!ひき肉がすくいにくいのが難点ですが、些末なことです。途中から辛みが欲しくなり、卓上の花椒を投入しましたが、これがよく合います。皆さんもバンバン投入して食べましょう。完飲完食でFinishです。あー、旨かった!

さすがのミシュラン一つ星店の貫禄です。この店が素晴らしいのは、旨いだけではなく、オリジナリティーが高いことです。脱帽ですが、もう一回この行列に並ぶとなると、また腰が引けるなあ~。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「つゆ無し担担麺」@四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店の写真今日は東京駅近辺でお仕事です。以前からちょっと気になっていたKITTE丸の内の「ラーメン激戦区 東京・丸の内」に行ってみました。12:25分に到着。5店並んでいるんですが、この店の行列が一番長く、20人待ちでした。この店は女性客も多いですね。半分位がOLさんではないでしょうか?回転は意外と速く20分後にはチケットを購入し着席できました。表題をポチ、追い飯は必須ですので、ランチ半額の半ライス(60円)もポチし、カウンターに陣取ります。カラ・シビはO~6の7段階からそれぞれ選べますが、今回は店おすすめのカラ:3、シビ:2でお願いしました。

5分程度で着丼です。彩り鮮やかなビジュアルですね。レンゲと箸でよくマゼマゼしてからいただきます。初めの一口はマイルドに感じました。カラシビも抑えられており、ゴマの風味が豊かで安心して食べられる汁なし坦々麺の印象でした。モチモチの中太平打麺もこの一杯にベストマッチです。具も多彩ですよ。水菜、たっぷりのミンチ、ザーサイなどが入っており、あとから気づいたのですが極小のエビなんかも入っています。これは箸が進みますね。途中からシビが気になり始めだんだんきつくなってきました。店のおすすめは、カラ:3、シビ:2ですが、カラ:3、シビ:1ぐらいの方がバランスがいいかもしれません。固形物完食し、タレとミンチが残りましたので予定通り半ライスを投入。マゼマゼして坦々ライスにし、美味しくFinishです。王道の間違いない一杯でした。

奥のテーブルの女性陣がずっと気になっていました。女性ですので食べるのがゆっくりなのは全く問題ないのですが、食事後もしばらく談笑しているんですよね。食べ始めてから40分以上居たのではないでしょうか?行列しているラーメン屋ですから、このあたりはもう少し考えて欲しいんですけどねえ~。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「タンタンメン(中辛)(クーポンで300円)」@中山 マグマ タンタンメンの写真体調が戻りません。こんなに天気が良くて暖かいのに、しぶしぶ車で出動です。今日は嫁が暇そうにしていたので、嫁を誘ってこちらに訪問です。開店と同時に入店し、後客1でした。味噌タンタンメンは塩分濃度が高いことを予習していたので、デフォのこちらをポチ、中辛でお願いして暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。ルックスはニュータンタンメンですね。まずはスープからいきます。うおっ、これはすごいニンニクですね。生のニンニクがこれでもかというぐらい入っています。唐辛子の辛味もかなりのものですが、鶏と豚からとったスープの旨味も十分に感じます。麺は中太角ストレート麺。モチモチした触感でこのパンチのあるスープによく合っています。食べ進むと...やっぱり辛いです。汗が滝のように流れ始め、まるで風呂あがりのようです。麺が減ってきたので穴あきレンゲで溶き卵とひき肉の掃討戦に入ります。かなりの量が沈んでいますね。残念だったのは、穴あきレンゲですくうと、当然スープがないために唐辛子の尖った辛さが直に感じられることです。やはりこの辛みはスープ一緒に食べないと引き立ちません。麺は完食、溶き卵・ひき肉は2/3を食べ、スープは2割ぐらい飲んでFinishです。

食後もなかなかニンニクのにおいが消えません。下品でパンチのある一杯、こういうのもたまにはいいですね。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@ほうきぼし 関内セルテ店の写真前々回がセルテの臨休、前回がお店の夏休みということで2回フラれ、今日は3度目の正直ということでこちらに向けてチャリンコで出動です。店には11:30頃に到着。先客0、後客2でした。土曜日の昼食時にしては少し寂しい客の入りです。表題をポチし、食券を手渡します。しばらくしてから辛さを聞かれたので辛めでお願いしました。汗だくになった体に、水を補給しながら暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。見た感じは辛みが全く見当たりません。ではまぜまぜ...すると底のほうから多量の赤い液体が...一気に汁なし担々麺になりました。しかも辛そう。ではいただきます。うーん、いいですねえ~。カラシビのバランスが絶妙で、ほのかな甘みも感じます。青菜、肉みそ、揚げ麺、シャキシャキもやしなどのトッピングも安定感があります。麺はモチモチの中太麺で、この強いタレとの相性は抜群です。初めての来店ですが、まさにスタンダードな汁なし担々麺を食べている安心感がありますね。食べ進むうちに、辛さがじわじわ来て口の周りが痛くなってきました。辛さ体制のない僕には、辛めはちょっと強すぎましたね。ノーマルを頼んで卓上の味変アイテムで辛さを調節するのがよかったかもしれません。カラシビ以外の味変アイテムではフライドガーリックが面白いです。少し麺になじませてから食べると、かなり面白い味変になります。酢も試しましたが、これはちょっときつすぎるかな?あっという間に麺を完食してしまったので、追い飯(30円)を注文です。残った肉みそとうまく混ぜ合わせ、こちらもおいしくいただきました。

帰りに見渡すと、土曜日の昼食時だというのに関内ラーメン横丁はどこの店もイマイチの客の入りでした。関内駅前の立地だというのに、セルテが地味なのでしょうか?あるいはビルの一角にラーメン屋を4件並べただけでラーメン横丁とは、企画にちょっと無理があるのでしょうか?

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺(200g)+クーポン温玉」@辛麺処  満天の写真昨日軽い熱中症になったのに、懲りずに今日もチャリンコで出動です。今日は無理をせずゆっくりゆっくり進みます。体感温度は昨日よりずっと低く、今日は楽勝でした。店には開店10分前に到着。でも開店時間になっても開きません。11:45頃になって店の中を伺うと、店員さんがこちらに気づき店に入れてもらえました。麺の量と辛さが選べるのですね。200g、3辛(標準)でお願いします。

10分ぐらいで着丼です。結構派手なルックスです。よく混ぜ混ぜしてから頂きます。ん?これは甘いのか辛いのかよくわからない味ですね。ベースのタレはかなり甘いですが、それに大量の粉唐辛子で辛みを加えています。しびれはほとんどありませんね。ちょっと苦手な系統のタレです。麺はモチモチの中太縮れ麺でこのタレをよく持ち上げます。汁なしには適当な麺ですね。具は色々入っていますが、たまねぎの食感が面白かったです。途中で飽きてきたので、卓上のしびれを加えて味変し、固形物完食です。追い飯を頼むかどうか迷いましたが、お腹が結構一杯なのと、タレがあまり好みではなかったのでやめました。

担担麺ではたまにこの系統のタレ(スープ)に出会います。好き嫌いが分かれるタレだと思いますが、好きな人にはたまらない店かもしれません。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「汁無し坦坦麺 (クーポン半額450円)」@担担麺専門店 ドラゴンキングの写真今日は嫁がお出かけのため、どこかで晩飯を食って帰らなければなりません。仕事帰りにこちらに立ち寄ります。相模原から歩いて訪問し、食後は矢部まで歩きましたが、ちょっと徒歩で訪問は厳しい距離ですね。晩飯にラーメンは久々です。まずはビールです。ふーっ、癒されますねえ~。麺は表記を口頭オーダーです。ラーメンウォーカーのクーポンが使えたため半額となりました。これはお得です!辛さは4段階目が普通で、ここまではアップチャージなしでしたので、ちょっと保険をかけて3でお願いしました。

10分ぐらいで着丼です。かなり広めの器に盛りつけられています。ではよく混ぜ混ぜしていただきます。具はシンプルに刻みネギとひき肉です。芝麻醤の風味と甘さ、ラー油の辛さ、少しピリリと山椒といった感じです。バランスが取れた非常に旨いタレです。辛さ耐性の低い僕でもピリ辛程度ですので、普通の人は最低でも辛さは4で行ったほうがいいかもしれません。麺はきしめんに近い薄い平打麺です。特徴がありうまい麺ですが、残念ながらあまりタレを絡み取れません。そこで、レンゲに具をすくって、そこに麺をのせて食べる戦術に変更です。この方法では麺とタレと具がバランスよく味わえます。麺量は140gとそれほど多くないのでサクっと完食です。ライスが無料で付くのですが、これが結構な量です。半分にしてもらいましたが、それでも半分残してしまいました。デフォの1/4ぐらいが追い飯としてはちょうど良いです。タレと混ざった追い飯はこっちが主食かと思うぐらい絶品でした。完食Finishです。

久々にうまい汁無し坦々麺を食べました。満足満足です。この立地は市役所勤務の人か、地元近隣の方でないと行きにくいですが、うまい坦々麺を食べたくなったら是非行ってみてください。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件