なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.783点
最終レビュー日 2019年10月13日
600 580 2 5,443
レビュー 店舗 スキ いいね
70

「豚白湯味玉」@麺屋 錬の写真今日はお仕事で高崎です。昼食は少し前に出来たこちらで取ることにしました。店には11:45頃に到着でしたが、その後続々と来客し、あっという間に満員になっていました。真新しくてこぎれいな店内です。鶏清湯と豚白湯がありますが、デフォっぽい豚をポチです。

10分ぐらいで着丼です。中央にデンと構えたレアチャーが目を引きますね。ではまずスープからいきましょう。うーん、豚白湯というあまり耳慣れない種類に興味津々だったのですが、これはクリーミーな家系スープそのものですね。かえし、油感は弱めです。麺もこれまた家系によくみられるモチモチの中太麺です。とはいえ、具は通常の家系とはずいぶん異なりますねえ。定番のほうれん草はしゃっきりしていて〇。鶏胸肉と豚肩ロースのレアチャーシューは通常の家系にはあまり見られないものですが、このスープに合っているかというと微妙です。味玉は半熟感としっかりした味付けがよく、結構なレベルですね。刻み玉ねぎが家系のスープに合うというのも勉強になりました。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

家系を名乗ってはいませんが、具に一捻りあるクリーミーな家系と思えばよいでしょう。あまり大きな特徴は感じられませんでした。次来ることがあれば鶏清湯の方を選択ですね。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「手打ちゃーしゅー」@手打らーめん 玄の写真本日は2年半ぶりにこちらの店を訪問です。12:00前に到着ですが、10分もすると続々と客が入ってきてほぼ満席。相変わらずの人気ですね。前回、チャーシューのメージがよく、餃子が大きかったことを覚えていたのですが、聞くと餃子はニンニク入りとのこと。泣く泣く表題のみをオーダーです。

10分ぐらいで着丼です。大ぶりで肉厚のチャーシューが5枚も載っています。ではスープからいただきます。国産豚と国産鶏からなるスープは、前回は7:3くらいで鶏を強めに感じました。今回は、僕の舌がいい加減なのか、日によってブレがあるのかはわかりませんが、8:2で豚の感じでした。いずれにせよ、透明感がある割にはしっかりと動物系の旨味が感じられる、上等な清湯スープです。チャーシューは前回感じた通りかなり良いです。今どきのレアチャーシューやホロホロチャーシューとは違いますが、しっかり肉々しさを残し、味がしっかりついてる秀逸なチャーシューです。これでデフォから150円増しでは、絶対にチャーシュー麺を頼むべきですね。手打ちの中太ピロピロ麺も相変わらずの出来栄えです。モチモチ感を残しつつ、外が僅かにスープを吸ってとろける感じで、旨いですねえ~。前回は陰に隠れてましたが、しっかりした歯ごたえのメンマもいいですよ。次はメンマ増しでもいいですかね。完食、スープは8割飲んでFinishです。

再訪ですが、前回以上の満足感がありました。よい店ですね。次は絶対に特大餃子を頼める仕事上がりの夕方にしないと。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 2件

「淡麗つけそば 正油」@中華そばつけそば 千思萬考の写真今日はお仕事で群馬県の玉村です。2年前ぐらいに訪問して、印象の良かったこちらに久々に訪問です。11:15頃の到着で、先客2、後客0でした。古民家を改装したような作りが個性的ですね。この店はベースのスープは一番搾り(鶏清湯)、本絞り(鶏白湯)の2種類で、これにタレが正油、塩の2種類、でさらにつけ麺か汁そばが選べます。今回は一番搾りX正油×つけ麺の表題を選択です。

10分ぐらいで着丼です。平打ピロピロ麺が美しいですね。ではまず麺からいただきます。多加水の麺はちょうどよい固さの茹で上がりで、きっちりと水で〆られています。食感と小麦感を十分に楽しめる良質な麺です。つけダレは真っ赤で、つける前からすでに辛そうです。では麺をつけてズズズッといただきます。うーむ、辛味と酸味が効いているのはクラシカルと言えないことはないですが、それにしても酸っぱすぎです。辛みも強よすぎで、ベースのスープの味がよくわかりません。これは少しもったいないですね。具はどれもよいですよ、シャキシャキのタケノコ、小ぶりだけどきっちりと温められた肉団子、カイワレ、タレに沈んだチャーシュー、どれもよいアクセントになっています。完食し、スープ割はせずにFinishです。酸っぱすぎます。

ちょっとやりすぎの感が強い一杯でしたが、この店のポテンシャルはこんなものではないはずです。
次は違う組み合わせでまたトライしたい店です。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(しょうゆ)+ランチ半チャーハン」@ラーメンハウス 香雅の写真今日は高崎出張で、時間の関係上、新町という小さな駅でランチを取ることになりました。RDBで検索をすると、うち一店で立秋さんが「安心して食べられる店」といった感じのコメントをされていたので、この店にすることにしました。店には11:30頃に到着。かなり大きな箱で、先客3、後客11でした。予想外に多数のお客さんで賑わっています。表題を口頭オーダー。計770円とリーズナブルです。置いてあった「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を読みながら暫し待ちます。

5分ぐらいで着丼です。まさに「The街中華」といったルックスですね。スープからいきます。どこも飛び出たところのない一般的な街中華の醤油スープです。化調もしっかりと効いています。麺も一般的な中太縮れ麺。少し軟らかめの茹で具合ですね。具はメンマ、ワカメ、赤身のチャーシューに、この手の一杯には定番のナルトです。これらも標準的なレベルです。チャーハンはしっとり気味で、味付けもしっかりしており美味しかったですよ。完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。淡白なReviewですが、こんな感じの一杯です。どこにも押し出しがないので、この一杯がたまらなく好きという人はいないと思いますが、逆にこれはあまり好みではないという人もいないでしょう。

この店が東京にあったらきっと行かないと思います。東京ではいろんな選択肢があります。でも、この場所でしたらこのスタイルでいいのではないでしょうか。地元に愛される色々食べられるラーメン屋さん、ってなんかいいですよね。

投稿(更新) | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「お醤油らーめん」@らーめん芝浜の写真昨日は飲みすぎました。ちょっと気持ち悪く、軽い頭痛もあり食欲は全くありませんでしたが、ここまで来て食べない選択肢はありません。「今食べたくないな~」と思いながら、ホテルを7時に出てこの店に向かいます。7:05到着に到着したのですが、なんと30人以上の大行列です。ちょっと甘く見てました。でもそのおかげで待っている間に気分もよくなり、結果オーライです。一時間ちょっと待ってようやく入店です。デフォっぽい表題を口頭オーダーし暫し待ちます。

5分ほどで着丼です。シンプルで上品な麺顔ですねえ~。では早速スープからいただきます。おっ、これはかなりかえしの立ったスープですね。とはいえ角はなく、醤油の旨味がストレートに味わえるスープです。醤油が来て次に鶏の旨味がきますね。はっきりした旨いスープです。麺はザクパツの細ストレート麺。このスープにはこの麺といったお約束の麺ですが、小麦の風味が半端ないです。チャーシューは性格の違うものが2種。ホロホロのチャーシューと、しっかりした歯ごたえを残したレアチャーシューです。どちらも旨いですよ。あっという間に完飲完食でFinishです。新味はありませんが、上等な高レベルの一杯で、さすがといった感じでした。満足です。

お腹がいっぱいになったところで横浜の自宅を目指しますが、朝に目標を達成してしまったので後は帰るだけ。目標がないとひたすらペタルをこぐ単調な仕事です。追い風に助けられましたが、目標なしの120kmは結構長くて疲れました。今日も飲んで早々に寝てしまいましょう。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らあめん」@上州地鶏ラーメン 翔鶴の写真今週末は3連休ですので、少し足を延ばして群馬遠征です。チャリンコを担いで新幹線で軽井沢まで行き、そこから少し山登りして見晴らし台です。景色は素晴らしかったのですが、たった5kmの道のりが急坂でめちゃくちゃキツかったです。これで観光はおしまい。ここから、かねてから狙っていた「いち林」を目指します。途中で虫の知らせがありTwitterを確認すると、「本日は長男の運動会のためお休み」のコメントが。おいおい、決まっているのなら前日に行ってくれよ~、こっちは横浜から来てるんだぞ、って感じです。文句を言ってもしょうがないので、こちらの店に方向転換です。店には12:00頃に到着。待ちは11名です。さすがの人気店ですね。15分ぐらいでカウンターに着席。表題を口頭オーダーです。

出てきた一杯はシンプルな正統派の麺顔です。まずは、スープから。うーん、鶏の旨味が十分に抽出されていますね~! 塩分濃度は中庸です。また、昆布を中心とした魚介系の旨味を結構強く感じます。上等な旨いスープですが、この手のスープはよく見られるものであまり新味はないですね。麺は細ストレート麺ですが、太さの割には結構な歯ごたえがある特徴のある麺です。このスープにはもっとしなやかな麺か、低加水ザクパツ麺のほうが合いそうな気がします。チャーシューは大ぶりで肉厚ですが、パサ気味でこれはちょっと残念でした。海苔はこのスープによく合いますね。次に来ることがあれば、間違いなく「青さ海苔」トッピングでしょう。結局、完飲完食でFinishです。よくあるタイプの塩ラーメンで、僕にはあまり響きませんでした。すいません...

この後は翌日の「芝浜」訪問のために桐生を目指します。この辺りは結構アップダウンがあり、基本上り基調で走りにくかったです。この日の走行距離は約100km。疲れていたので早めに飲み始め、早々に寝てしまいました。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚煮干SOBA」@らーめんキッチン いいづかの写真本日は車で高崎に出張です。顧客近隣でRDBの点数が高い順番から探していくとこちらがヒットしました。11:20ぐらいに訪問です。メニュー一番上のこちらを口頭オーダー。ランチタイムは麺大盛りか味玉がサービスとのことで、味玉をお願いしました。結構大きな箱ですが、調理する方はお一人でしたので、結構時間がかかりました。

結局20分ぐらいで着丼です。見た感じ流行りのセメント系に見えますね。ではまずスープから。おや?これはセメント系と違いますね。比較的軽い飲み口です。説明書きを見ると、「基本のブレンドスープに、さらに煮干し、さば、うるめ、貝柱の粉末を大量(30g)投入」とあります。なるほど作りが全然違うんですね~。煮干し感は十分ですが、粉っぽさもかなりのものです。説明書きには「粉末を直接食べるスープ」とあり、これは好みが分かれるスープです。個人的にはもっと滑らかでかつ濃厚なほうが好きかな?この手のスープにはザクパツの低加水の細麺が定番ですが、ここの麺はもう少し加水率が高く中太ツルシコ麺です。相性はまずまずといった感じです。チャーシューは大ぶりのものが一枚、箸でもてないほどにホロホロで、これは良いですね。量はそれほど多くないので完飲完食でFinishです。

「粉末を直接食べるスープ」ってコンセプトは初めて聞きました。濃厚煮干しそばってタイトルからはアリがちな一杯を想像しますが、実は結構レアなタイプかもしれません。これは好みが分かれると思いますが...

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「(松)特級中華そば(醤油)」@自家製麺 くろ松の写真今日は仕事で高崎です。昼食時に少し時間があったので、群馬で注目度No.1のこちらにてくてく歩いて訪問です。開店直前に到着し、並びに接続し、何とか一巡目に入れました。退店時には15人ほどの待ちになっていました。場所はいいとは言えないのに大した人気です。表題を口頭オーダーし暫し待ちます。

10分ほどで着丼です。豪華ですが上品な麺顔ですね。まずはスープから行きます。ほーっ!これは旨いですねえ~。返しで食べさせるタイプですが、かといって醤油ダレはきつすぎもせず、まるで上等な和食をてべているかのような気分になります。きっと良い醤油を使っているんだと思います。麺は多加水のツルシコ麺でしっかりとしたコシがあります。ここからはもう好みですが、僕はこのスープであれば、もう少し低加水&細めのほうが好きですね。さすがに(松)だけあって具だくさんです。豚と鶏のレアチャーシューはどちらもジューシーで秀逸です。材木メンマは柔らかめですが旨いですねえ。味付け玉子も黄身の半熟加減、味付けともに絶妙ですが、冷たかったのが少し残念でしょうか。ワンタンは皮が厚くチュルンとした感じがあまりなく、これは好みではありませんでした。あっという間に完飲完食です。特に最後にスープがなくなりつつあるのを切なく感じるほど旨いスープでした。

この内容であれば(竹)で十分満足できそうです。また、半分以上の人がつけ麺を頼んでいましたが、この麺だったら絶対にうまいはずです。高崎に良い店を見つけました。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「わんたんそば しお」@支那そば なかじまの写真本日は出張で高崎です。駅前で仕事をし昼の時間になったのでRDBを検索すると、なんとRDB全国30位の店が車ですぐの距離じゃないですか!これは行くしかありません、ということで今日はこの店を訪問です。駐車場は少し離れた飲食店の大駐車場と共用で、店に貼られた駐車場の案内を確認してからでないと分かりにくいです。店に入ると店内待ちが10名ほど、さすが人気店ですね。回転は速く10分ぐらいで着席です。この店の店主さんはあのかづ屋出身なのですね。期待が高まります。ここはデフォで醤油と行きたいところですが、何となく塩気分で今日は表題をオーダーです。周りを見ていると醤油と塩が半々ぐらいです。また、ほとんどの人が豚角煮ご飯を頼んでいます。メニュー見ると数量限定180円とあります。これは確かにお得です。

10分ぐらいで着丼です。醤油と塩の違いはあれど、まさにかづ屋そのもののルックスです。まずはスープからいきます。動物系の出汁に支えられ魚介系の香りとうまみがふわっと来ます。すべてが過度に主張しすぎないバランスのとれた優しいスープです。ややぬるめが僕には少し残念でした。麺は全粒粉の細ウェーブ麺。加水率、ゆで加減も中庸で伝統的な中華そばの麺って感じです。ワンタンはさすがに旨いですね。チュルンとした皮に大き目の餡が包まれており、食べ応えがあります。熱々なのでやけどにご注意を。焼き豚チャーシューも小ぶりですがよいですね。全体的に、正にかづ屋の血をひいています、というかそのもののように見えます。完飲完食でFinishです。

毎日食べられるラーメンって感じですね。トラディショナルで現代っぽい要素は全く入っていませんが、これはこれで良いと思います。ただ、東京でかづ屋のラーメンが食べられる人にとっては、わざわざ高崎まで行く必要はないかな?

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ばりこてめん」@八番山ばりきや 安中店の写真今日は出張で群馬です。安中方面に車で向かうも、急にあたりの店が少なくなってきてタイミング良く昼食をとれるかが不安になってきたため、急遽こちらに訪問です。店に入って初めて気づいたのですが豚骨ラーメンの店だったのですね。後で調べてわかったのですが、群馬に数店舗を持つチェーンのようです。表題を口頭オーダー、暫し待ちます。

10分程度で着丼。まずはスープを。全く臭みのない豚骨スープで、さすがにチェーン店らしく万人受けする味です。ちょっとコク不足でしょうか、ベースのスープは結構ライトです。奥に浮かんでいる茶色い液体はマー油に見えたのですが、飲んでみると若干違います。説明書きを見ると”自家製香油”となっています。ラーメンの頂点に辛味噌がありますが、これを溶かすと結構辛くなります。お気をつけあれ。麺は典型的な極細ストレート麺です。ハリガネで頼んだのですが、そこまでのポキポキ感はありませんでした。細麺の豚骨ラーメンではすぐにおなかが減ってしまうのですが、小ライスが無料で付いてくるサービスは嬉しいですね。チャーシューは特徴的です。しっかり味が付いた柔らかいチャーシューはこの手の豚骨ラーメンには珍しいです。固形物完食でFinishです。

いきなり飛びこみで入ったチェーン店にしては悪くありませんでした。でもCPもそれなりです。まあこんなもんでしょう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件