なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.774点
最終レビュー日 2019年10月14日
601 581 2 5,457
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾まぜそば」@麺屋 はなび 京都拉麺小路店の写真今日は出張で京都泊まりです。”はなび”は以前から気になっていましたが、神奈川県民にはなかなか行く機会がなく、たまたま宿泊先の京都にオープンしたということで、夕食はこちらでとることにしました。オープン直後なので行列するかと思っていましたが、意外にもガラガラ。京都拉麺小路は外人さんが多いのですが、つけ麺やまぜそばはあまり興味がないのでしょうかね?まあ、この店が狙いの僕にとっては、空いているのは良いことです。まずは、今日もお疲れさまでしたということで、ビールと水餃子で一杯いきます。キンキンに冷えたビールが染みますねえ~。思わず二杯目に突入するとともに、表題をオーダーします。

10分弱で着丼です。典型的な台湾混ぜそばのルックスですね。ではマゼマゼしていただきましょう。結構タレは多めです。うむ、旨い...んですが濃いです。魚粉がかなり効いており味を支配しています。この内容ならネギ増しにしてもよかったかもしれませんね。麺はモチモチの中太縮れ麺でタレをよく持ち上げますが、その分余計に濃いです。途中から辛さもジワジワと効いてきます。途中でお酢を投入すると少しさっぱりしますね。麺を食べ終わった後に追い飯(無料)をお願いしますが、残ったタレと飯の量のバランスが悪く、これもかなり濃い味となりました。おなかに余裕のある人は初めから別途ライスを頼んだ方がいいかもしれません。

台湾まぜそばは、東京の「こころ」で2回食べました。鮮烈な印象がありましたが、ここまで濃いイメージはありませんでした。なんとなく「こころ」のほうがバランスが取れている気がします。こちらはとにかく味が濃く、そればかりが印象に残った一杯でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「黄金の塩」@きんせい 京都拉麺小路店の写真今日は京都出張です。午前中の予定が急遽キャンセルになったため、京都駅で比較的時間ができました。RDBであたりを物色すると、なんと京都拉麺小路に新店ができているではありませんか!当然こちらに突撃です。一番デフォっぽいこちらをポチ。暫し待ちます。

着丼したのはきれいな清湯系の一杯です。トッピングは大ぶりのバラチャーシューと刻みネギ、白髪ねぎ、水菜のみという潔さです。(後で気が付きましたが実は下に穂先メンマが隠れていました。)まずはスープから行きます。うーん、コクがありますねえ~。これはいいですよ!たっぷり目の油が効いているからでしょうか。塩分濃度はほどほど。裏に感じるのはエビでしょうか。とびぬけたところはありませんが安心して飲める旨い塩スープです。麺は多加水の平打ち麺です。スープがしっかりしているので、これくらいの麺がちょうどよいかもしれません。ネギ、水菜を麺、スープと啜るとこれがまた良い感じです。よく計算されていますね。チャーシュー、メンマは逆に特筆するものなしです。あれよあれよいという間に完飲完食でFinishです。

京都拉麺小路ではいい選択かもしれません。後で調べたのですが、「きんせい」は関西で増殖中のチェーンなのですね。でもよくよく調べてみると、それぞれの店でメニューが違うようで面白い店です。関西は奥が深い!

投稿 | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@ますたに 京都駅ビル拉麺小路店の写真今日は少し時間が早かったので、いつもは外人さんで大行列のこちらを選択です。表題の食券を購入し、店内カウンターへと向かいます。店は意外と狭いですね。いつも行列ができるのも納得です。

5分ぐらいで着丼です。写真ではわかりませんが丼ぶりは小さめです。さて、まずはスープから。背脂がたっぷり浮いているだけではなく、動物出汁もちゃんと出ており、一般の人にシンプルにわかりやすい旨いスープです。なにも入れなくてもちょっとピリ辛なのも特徴でしょうか。拉麺小路に来る観光客にはこういうスープはうけるでしょうね。麺は加水率中程度の細ストレート麺で、このスープをよく持ち上げます。麺自体がうまいかというとそれ程でもないですが、このスープと合わさるとそれなりの一体感が出て楽しめます。チャーシューは結構な枚数が入っていますが、うすくパサ気味でそれほどうまいチャーシューではありません。チャーシュー麺でなくてもよかったかな。九条ネギはもっと欲しいですね。さすがに京都ラーメンに九条ネギは合います。あれよあれよという間に完飲完食でFinishです。

京都に来て平均的な京都ラーメンを食べた。まあまあ、満足。そんな感じです。また来たくなるかというと?で、ラオタの方には別の選択肢がいいかもしれないですね。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「喜多方ラーメン」@喜多方 坂内食堂 京都店の写真本日は京都方面に出張のため、乗り換え駅の京都駅で京都拉麺小路に訪問です。最後の一軒のこちらを迷わず選択、デフォの表題をポチ、暫し待ちます。

待ちも含めて15分後ぐらいに着丼でしょうか。ビジュアルはオーソオックスですが、デフォでチャーシューが6枚も入っています。サービスで半ライス、漬け物が付き、この立地で650円はまずは圧倒的に安いと言わざるをえません。まずはスープをひと口。うーん、優しい味です。豚骨ベースということですが、透明感があるスープでしつこくはありません。醤油ダレも控えめで、醤油と塩の中間ぐらいに感じられるスープです。麺は喜多方の特徴である手揉み平打ちピロピロ麺で若干柔らかめのゆで具合でしょうか。もっちりしていて美味いです。チャーシューは今流行りのものではなく、昔からの固めのチャーシューですが、しっかりした歯ごたえと味があり満足できます。固形物完食、スープも7割がた飲んでFinishです。

これで京都拉麺小路は制覇です。新横浜ラーメン博物館、品川品達、川崎ラーメンシンフォニー、東京ラーメンストリートも制覇しましたので、次は立川ラーメンスクエアでしょうか?立地が悪く行きにくいのですが...

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「特製しょうゆラーメン (並)」@ラーメン 萬福 京都駅前店の写真今日は出張の合間の昼食にこちらを訪問です。12:00すぎに到着、並びが発生していましたが、これは支払いに戸惑った外人さんの集団によるもので、基本満席ですがほとんど待ちはなしという状態です。表題を口頭でオーダー、暫し待ちます。店員さんの動きを見ていると実にきびきびと効率よく動いていて、たった2人でこれだけの客をさばくのはすごいことです。

10分ぐらいで着丼。いや~、九条ネギの山盛りがそそりますね。まずはスープから。弱めの豚骨出汁にあまり主張のない醤油ダレで、京都ラーメンっぽさは感じますが中庸です。麺は全く見えませんので、引っ張り出して食べます。中太丸ストレートで加水率は中程度、これも中庸です。麺が固まっているせいかどうも麺だけ食べていたようで、気がつくと残っているのはもやしばかり。九条ネギに隠されてこんなに大量のもやしが入っているとは気づきませんでした。こうなると、もやし・ネギスープを啜っているだけでもはやラーメンではありません。固形物を完食したところでFinishです。

典型的な京都ラーメンですが、キレやパンチは感じられず平均的な一杯です。あとバランスよく食べてください。でないと、僕のように野菜スープを啜るはめに...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌チャーシューメン」@ラーメン東横 京都駅ビル店の写真今日は出張の合間にこちらを訪問です。駅からすぐの京都拉麺小路に行き、あまり時間がなかったので並びが少なく未訪のこちらに決めました。表題をポチ、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。まずは、スープを。濃い...濃すぎます。これはとてもそのまま飲めません。このラーメンにはラーメンのくせに割スープが付いている理由がよくわかります。新潟産コシヒカリを使用した麺は特徴があります。ツルツルもちもちとした丸太麺ストレートでこれは良いですね。チャーシューは大ぶりですが、ただの肉といった感じで味も付いておらず、これはいただけません。8割ほど食べたところで、割スープを投入。少しずつ足すとスープの甘みを感じるようになります。スープの量が倍になるまで足したところでようやく美味いと感じて飲めるスープになります。固形物は完食しましたが、スープはもういいやって感じでほとんど残してFinishです。

なぜ、始めは異常に濃くて、割スープなのでしょうか。始めからスープで割って適度な濃度のほうが絶対にうまいのに...コンセプトがよくわかりません。CPもよくないです。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン」@博多一幸舎 京都拉麺小路店の写真今日は出張で関西です。京都で待ち時間が発生したため、京都拉麺小路内のこちらに訪問です。前回も感じましたが、やはりここは外国ですね。今回は未訪のこちらをチョイス。味玉ラーメンの食券を購入し、列に並びます。場所柄仕方ありませんが、しかし¥850は高いです。10分ほどして店内に通され、食券を渡し、バリカタでオーダーです。

程なくして着丼。スープは若干豚骨臭が残るものの、気になるレベルではなく、豚骨出汁はしっかりと出ています。スープにとろみはないものの、ある意味濃厚といえるスープで、上々の豚骨スープです。このところぬるいラーメンが多かったのですが、ここのスープはアツアツでうれしいですね。後で半替え玉したのですが、替え玉投入後もアツアツ感は残っていました。やはりラーメンはこうでなくちゃ。バリカタ指定の麺はポキポキ感というかザクザク感があり、このスープとの相性は抜群です。まさに博多ラーメンを食べているという感じがして安定感がありますね。大きめのチャーシューは薄っぺらく、これはまあ普通かな?

京都拉麺小路内では選択してよい店かと思います。京都拉麺小路もあと2軒でCompleteです。がんばろう!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@白樺山荘 京都店の写真今日は関西出張です。乗り換え駅でこちらを訪問です。もう京都拉麺小路は観光名所ですね。感覚的には3~5割の客が外国人といった感じでしょうか。11時をまわったばかりなのでまだ空いています。行列は京都のますたにぐらいです。今日は未訪のこちらに訪問、デフォの表題を注文です。ゆで卵がタダなのですね。冷たいのでラーメンに入れたくなかったので、そのまま剥いて塩をかけて食べながら着丼を待ちます。
しばらくしてラーメン到着です。まずはスープを。スープは濃厚との触れ込みでしたが、シャバ系で、塩分濃度は高めですがコクがありません。また始めから唐辛子の辛みが付いています。飲みやすいスープではありますが、まあ一般的な味噌ラーメンのスープといったところでしょうか。麺は札幌ラーメンらしい中太縮れ卵麺で、これは昔札幌に住んでいた僕にとってほっとする味です。チェーシューは角切りが5~6個です。何か不自然な軟らかさで、味自体も付いておらずもの足りないです。あとはもやし等の野菜類ですが、きくらげは嬉しかったですね。
札幌は感じられますが、平均的な一杯で可もなく不可もなくといったところです。でも、場所柄CPは低め(850円)ですね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件