なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まなけん

男性 - 神奈川県

ちゃんと記録に残したく、RDBスタートです。現在までに約1600店を制覇。雨でない限りチャリンコで訪問し、カロリーをオフセットしてます。

平均点 75.774点
最終レビュー日 2019年10月14日
601 581 2 5,461
レビュー 店舗 スキ いいね

「そぼろ味噌らーめん+クーポン無料」@五穀みそらーめん 味噌屋蔵之介 東大和店の写真昨日は過去最大級の台風が来襲。横浜の我が家にとっては、今回の台風は雨台風で、風は大したことがありませんでした。被害は全くなく幸いでした。さて、台風一過の今日は時折強風が吹くため、大事をとって車で出動です。店には11:30頃に到着。無料クーポンが先着5名までなので、大丈夫か心配でしたが、お姉さんに渡すとOKとのこと。店はファミレスのような感じで、この時間は既にテーブル席は一杯でした。漫画の単行本が置いてありますので、席が空いている時間にビールと餃子で漫画を読みながら、なんてのもいいかもしれません。スラムダンク、久々に読みました。

10分ぐらいで大ぶりの丼が到着です。ではスープからいきましょうか。「信州みそをベースに、麦、米、大豆、胡麻、落花生の五穀をブレンド」した五穀味噌スープは、安心して飲める味で、しつこくはありませんがこってりしています。麺は味噌らーめんに定番の黄色縮れ麺。やっぱりこの麺が一番しっくりきますね。具はクタ気味のキャベツ、タマネギ、もやしです。もう少ししゃきっとしたほうが好みかな。そぼろはしっかりした味付けでたっぷり入っています。唯一このラーメンで残念だった点は、そぼろが冷えてしまっていること。これが大量に入っているため、せっかくの熱々の味噌スープを冷ましてしまっています。この店は味変アイテムもしっかりしていますね。飽きやすい味噌らーめんには重要です。ラー油、胡椒、いりごま、おろし生姜、一味唐辛子、おろしニンニクを次々と投入し味変を楽しみます。お薦めは生姜とラー油ですね。固形物完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。これで税込み702円ならCPも結構高いと言えるのではないでしょうか?

この店はラーメンのファミレスです。個性よりも万人受けを重視した作りになっていますが、ラーメンも手抜きなくしっかり作ってあり、これが嫌いという人はいないでしょう。クーポン無料だからというわけではなく、良い店だと思いました。

投稿(更新) | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件
75

「排骨担々麺」@Renge no Gotokuの写真今日は深夜から海外と電話会議です。家に帰ると飲んでしまうので、帰宅途中で麺活して帰ることにしました。店には19:00頃に到着、店内は1/3ぐらいの客の入りでした。夕飯なので小瓶一本くらいいいかなと思い、表題とビールをポチポチです。まずはビールをグラスに注ぐと...あれっ?常温?飲んでみると、やっぱり生ぬるいです。これは大幅減点です。(ラーメンの点数には加えてませんので、悪しからず...)でも、お姉さんも慣れていないみたいで、文句を言って変えてもらうのもかわいそうで、氷をもらってチビチビやりました。

半分ぐらいビールを飲んだところで着丼です。デジャブ―です。先週食べた神保町の「五ノ井」と全く同じ外観です。それもそのはず、出身が共に渋谷の名店「亜寿加」なんですね。味もほとんど一緒なので、先週のReviewをコピペし、一部改変することにしました。ご飯無料ですが、今日はビールを飲んでいるので丁重にお断りしました。スープは辛さは控えめで、痺れはほとんどなし、胡麻も程よく効いていて、さらりと飲めるスープです。排骨も同じ「大麦仕立三元豚」で、味の濃さもサクサク感もビールには最高でした。麺はシルキーな細ストレート麺。大きな特徴はないですが、スープにはよくマッチしています。具は青梗菜だけ。まあこれはこれで十分です。汗だくになりながら、完食、スープは3割ほど飲んでFinishです。

僕の駄舌では違いがよくわかりませんでした。違いは、①値段が少々安い。(1050→980円)、②カラシビ増しの表記がなかった。、③ 漬物がザーサイではなく高菜。、④雰囲気がちょっと威勢がいい感じ、⑤汁なしが無い、⑥ 気持ち辛目で胡麻が強い感じ(体調のブレもあるので自信ないですが)。ぐらいでしょうか?どちらに行っても旨い担々麺を堪能できると思いますよ。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「小の小らーめん」@らーめん玄の写真10月だというのに今日は32℃です。いったいどうなっているのでしょうか?とはいえ、雨や寒いよりはましで、今日も元気にチャリンコで出動です。この店は細い路地の奥に入っていったところにあり、とにかくわかりにくいです。しばらくぐるぐるした後にようやく発見し、開店10分前にシャッター2名に接続です。その後続々と来客があり、1人目のラーメンが配膳される頃には外待ちまで発生していました。この店はシャッターがおすすめですね。表題をポチして、暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。コールはニンニクのみ。麺量200gなので程よい盛りで、野菜も適量ですね。ではスープからいきましょう。若干豚骨臭のあるスープは非乳化タイプで、かえしが強め、というか、かなり塩っ辛い。一口目は旨いと思えたのですが、2口目からはちょっと飲めるスープではないなとおもい、食べる方に徹することにしました。麺は自家製なのですね。太めの平打ち麺は柔らかめの茹で加減で、ゴワゴワとモチモチの中間ぐらいです。スープが強いので、これくらいの麺のほうがバランスがいいですね。スープが塩っ辛いので、天地返しをし、野菜の水分で薄めながら食べ進めます。チャーシューは小ぶりですが、これは神の領域に近いですよ。最近食べたJ系の中ではトップレベルですね。量的には問題ないのですが、食べ進めていくうちに塩っ辛さがきつくなってきました。レンゲにのっけて、スープを切るようにして何とか固形物完食し、スープはそのまま残してFinishです。

うーむ、好きな人はたまらないのでしょうが、僕には塩分濃度が高すぎました。あと、店の前にはチャリンコを停めてはいけないようです。近所のお兄さんに怒られました。気を付けましょう。(下北は町が狭いのでちゃんと駐輪所に停めたほうがいいかもしれませんね。)

投稿 | コメント (23) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚ラーメン」@喜多方ラーメン 小法師 五反田駅前店の写真今日はあっさりしたラーメンが食べたくなり、乗換駅の五反田でこちらに立ち寄ることにしました。店には11:30頃に到着ですが、待ちが発生しています。それもそのはず、創業価格まつりなるものをやっていて、ラーメンは480円、チャーシュー麺は970円→650円と大盤振る舞いです。この価格ならばと表題をオーダー。半ライスと漬物も付くのですが、これはお断りしました。

10分ぐらいで着丼です。これはやっぱり迫力の焼き豚まつりですね。チャーシュー以外何も見えません。ちょいとチャーシューをかき分けてスープからいただきましょう。豚骨ベースのスープは初動で化学の味を感じますね。それ以外はあっさり目のスープで飲みやすいです。これだけチャーシューが入っているのに、スープが冷めていないのも良いですね。麺は平打ち手揉みの多加水麺、ピロピロゴツゴツの食感が気持ちよいです。麺もそれほど太くなく、このあっさり目のスープにはよく合っています。普段チャーシュー麺を食べないので、食べ進めのバランスがよくわかりません。麺の消費がチャーシューの消費を圧倒的に上回り、最後は肉だらけになってしまいました。チャーシューは味がしっかりついていて旨いのですが、これだけ多いと最後はその味がしつこく感じられます。デフォのラーメンでも、通常のチャーシュー麺レベルの数が入っているので、今度来るときはャーシュー麺は頼まないでしょう。完食、スープは2割ほど飲んでfinishです。

チェーンですが喜多方ラーメンもたまには良いですね。でも、この価格を知ってしまうと、通常価格が割高に感じられますね。このチャーシュー麺に970円を出せるかというと微妙です。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「排骨担々麺」@排骨担々 五ノ井の写真今日はぶるさんのreviewをみてBMしておいたこちらにランチで訪問です。店には11:15ぐらいに到着。先客0、後客2でした。まだちょっと早いのかな?10月とは思えぬ暑さなので、汁なしに傾きかけましたが、まずいまずい、これはビールが欲しくなるやつです。思い直してデフォのこちらをポチです。この店はライスとザーサイが無料で付き、カラシビ増しもできるのですね。渋谷の有名店「亜寿加」の出身ということもあり、期待が持てます。

10分ぐらいで着丼です。排骨がうまそうですが、まずはスープから行きます。うーん、このスープいいですねえ。辛さは控えめで、痺れはほとんどなし、胡麻も程よく効いていて、さらりと飲めるスープです。辛いのが好きな人は、カラシビ増しをお勧めしますが、僕にはこれくらいでちょうどいいです。さて、排骨。これはやっぱり最高でした。「大麦仕立三元豚を秘伝のタレに漬け込んだサクサク自慢の排骨」はその謳い文句通りです。そのままサクサク食べてもよし、スープに浸して食べてもよし、ご飯とともに食べてもよしです。ここに来たら、排骨を載せない選択肢はないですね。麺はシルキーな細ストレート麺。大きな特徴はないですが、スープにはよくマッチしています。具は青梗菜だけですが、これで十分です。逃げ場がないので、ご飯は必須でしょう。完食する頃には汗がポタポタしてきましたので、スープは3割ほど飲んでfinishです。

うーん、たまに食べるとうまいですねえ。ぶるさんのように、近々渋谷のRenge no Gotokuにも行ってみようかなあ。今度は夜に汁なしのビール付きで。汁なし、あるのかなあ?

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「中華ソバ+クーポン味玉」@中華ソバ ちゃるめの写真ここのところこってりしたラーメンが続いていたので、ちょいとあっさりした清湯系が食べたくなり、今日はこちらに向けてチャリンコで出動です。もうすっかり秋めいてきましたね。チャリンコで走っていても風が気持ちが良いです。店には11:10頃に到着。目の前に銀行の駐輪場があるので、チャリンコの人も駐めるところに苦労しません。店内に入るともう空きが2席のみ。危ないところでした。表題をポチしカウンターに陣取ります。

10分ぐらいで着丼です。うーん、こういうのが食べたかったんだよなあ~。もう見た目だけで高得点が決定です。スープを一口。あ~、ホッとしますねえ。鶏ベースのクラシカルなスープですが、とんこつや魚介にほんのりと裏打ちされており、また、たっぷり目の鶏油+香味油でコクもプラスされており、現代的にFine Tuneされています。麺は加水率やや低め細ストレート麺。今風の麺ですが、どこかクラシカルで、このスープにベストマッチですね。メンマ、なると、海苔はオーソドックスなもの。チャーシューは厚手の豚と低温調理の鶏で、これも凝っていますよ。完食、スープは当然の完飲でFinishです。

これはいいですね。オーソドックスなラーメンを現代的な最新の技法でアレンジしつつ、クラシカルな部分はキッチリと残して感じさせるという、技の入ったラーメンです。客も年配の方、カップル、小さなお子さん、夫婦連れ等々多彩で、クラシカルかつ今っぽいこういったラーメンは幅広くの方に愛されるんだなあ~と実感しました。こういう店はあまり人気店にならず、地元の方が通える店になるといいのですが、このレベルだとそのうち行列店になってしまいますね。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油SOBA + クーポンタマネギ」@荒節中華にはらいの写真台風が来ていますが、昼までは天気が持ちそうだったので、今日はこちらに向けてチャリンコで出動です。店には10:40に到着。シャッターは僕一人でしたが、開店直後に続々と来店し、結局は外待ちまで発生。まずまずの人気ですね。表題をポチし、カウンターに陣取ります。

10分ぐらいで着丼です。690円にしては豪華なルックスですね。ではまずスープからいきましょう。スープは鶏ベースで結構粘度の高い煮干し系です。秋刀魚節を使っているのがこの店の最大の特徴です。初めは確かに他の節系とは違う風味がふわっと来ますが、次第にわからなくなってきます。諸兄のReviewを拝見すると、粉っぽさの指摘が多々ありましたが、僕はあまり感じませんでした。それよりもスープがぬるいのが少し気になりました。麺は自家製の太平打ち麺です。表面のつるんとした感じが特徴ですね。このしっかりしたスープだとこれくらいの麺が必要でしょう。具は、レアチャーシュー、鶏チャーシュー、材木メンマ、とろっとろの半熟味付けたまご、玉ねぎです。どれもレベルは高いですよ。しかし...固形物完食、スープは半分ほど飲んでFinishです。

無化調、自家製麺、流行りのトッピングに、秋刀魚節で個性をプラスし、これで690円なら来るでしょ!と言われているような気がして、見透かされているような気になります。でも、諸兄のReviewを拝見しても、みなそこそこの評価で、そういった意味では客もよくわかっているということなんだと思います。実際に食べてみると新しい要素がほとんどなく、これが2019年開店の新店といわれると、ちょっと違和感がありますね。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(並)」@自家製中華そば としおかの写真2週連続の3連休です。何かイベントっぽいことを盛り込みたく、並びを覚悟して有名店のこちらを訪問することにしました。店には10:15頃に当着。なんと既に18人待ちです。予想はしていましたが流石の人気店ですね。ワンオペなので開店してからも進みは遅く、並び始めて1.5時間でやっと入店です。始めから決めていた表題をポチ。ビールをどうしようか悩みましたが、今日はパスすることにしました。並と中が選べるので並を選択です。待っている間に隣の方のビールとアテが運ばれてきました。小皿に大盛りのチャーシューとメンマ。これが無料でつくとはなんとお得なのでしょう。激しく後悔です。

結局着丼まではそれから約20分かかりました。反対側の方はつけ麺中盛りで、うまそうな麺を見ると、中盛りにしなかったことを、これまた後悔です。では早速麺からいきましょう。小麦感たっぷりの自家製丸中太麺はモチモチです。柔らかめに茹でられており、コシ、歯ごたえは感じませんが、クラシカルで良いですね。つけだれは、動物+やや魚介のシャバ系で甘みと酸味が特徴ですね。これも昔、一世を風靡したつけダレで今はあまり見なくなりました。久しぶりに食べるとうまいもんですよね。つけダレの中には大量のメンマとブロックチャーシューでボリューム満点です。並の250gはペロリと完食。結果的には僕には程よい量でした。スープ割りをお願いしましたが、飲むにはちょっと甘すぎ、少しだけ飲んでFinishです。

社会人になりたての頃、ラーメン本で「べんてん」を見て、いつか行きたいと思ってました。当時は、わざわざそこまで行って、長時間行列に並ぶなんて考えたこともなく、結局行かずじまいでしたが、その夢がようやく叶ったような感じです。

投稿 | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「焦がしみそらーめん」@みそ処 麺屋 いはし。の写真明日は人間ドック。今日は早飯で、酒も飲めないので帰宅途中にラー活することにしました。車でよく通る道から僅かに外れたところにあり、この店の存在には全く気づきませんでした。居抜きの新店かと思いきや、聞いてみると12年目とのこと。人の注意力はあてになりませんね。メニューを見てびっくり。基本的に味噌らーめんの店で、北海道、仙台、長野、名古屋、京都、博多、九州と7か所のご当地味噌らーめんが計10種類も用意してあります。器もそれぞれ違うというこだわりようです。スープ、麺を別々に用意しているとは思えませんから、厳密にいうと違うのでしょうが、そんなことはどうでもよく、こういう企画自体がワクワクしますね。初訪なので無難に表題をチョイスです。

10分ぐらいで大ぶりの器が着丼です。ではまずスープからいきましょう。おっ、シャバ系のスープですが、これはインパクトありますねえ。「厳選された国産旨味豚油と、純正胡麻油に新鮮なニンニク・ネギを爆炎温度で揚げたマー油とネギ油を札幌赤ミソスープに加えて香ばしく仕上げた一品」とあります。どこにでもありそうなビジュアルですが、ゴマ油と赤味噌が特徴的で、意外と個性的です。麺は嬉しい黄色玉子麺です。中太ストレートですが、これがゴツゴツ縮れ麺でしたら最高でした。具はトラディショナルな柔らかチャーシュー、メンマ、もやしです。チャーシュー、メンマは可もなく不可もなくといったところ。スープが濃いので、もやしはもっと欲しかったなあ。完食、翌日の人間ドックを考慮して、スープは半分残してFinishです。

規格が面白く、味も満足できます。これは少なくとも7か所をCompleteするまで通いたくなる店ですね。メニュー写真もアップしておきますね。

投稿 | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「[限定]冷やし中華(小)」@鷹の目 蒲田店の写真今日は蒲田のJインスパイアに向けてチャリンコで出動です。あまり聞いたことのない店だったので、並びもないだろうとタカをくくっていましたが、15分前到着で8番手。開店時には20名近くの行列になっていました。この店に行くのであれば、開店の15分前には少なくとも到着したいですね。開店し、先頭から食券を購入し、店員さんに手渡していくのですが、なんと僕の前の全員が限定の冷やし中華です。まぜそばにしようと思っていた僕も、そんなに人気があるのならと、心変わりして表題をポチです。Jの冷やし中華は初めてなのでワクワクです。

15分ぐらいで着丼です。コールは、ニンニク、辛揚げ、ガリマヨにしました。おっ、見たことのない食べ物がやってきましたよ。ではまず水菜の陰に隠れた大根からいきましょう。そのままでも十分おいしいですが、卓上のタレをかけるとさらに良しです。みずみずしくて、キンキンに冷えています。では麺を引っ張り出して、食べてみましょう。胡麻がベースになっており、これに醤油ですかね。濃厚ですが、塩分濃度は適切で、良いタレです。麺もきっちりと冷えており、ワシワシの食感もよいですね。肉類は豚ではなく鶏肉が二切れ、これも冷やし中華に合わせてよく考えられています。さあ、コールしたアイテムを少しづつまぜていきましょう。ニンニクは量が少なめですが、冷やしでもJ系の一杯にピッタリですね。ガリマヨのパンチ力は凄いです。この一杯のジャンク度をぐっとあげてくれました。冷やしを頼む人はこれは必須かと思います。辛揚げは見た目は派手ですが、効果はいまひとつかな?サクッと完食でFinish。麺量200gなので適度な満腹感。最後まで飽きずに美味しく食べられました。

初体験のJ系の冷やし。こんなに旨いものを知らなかったとは、もったいなかったですね。これはリピート必須です。来年になってしまうかもしれませんが。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件