なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「節骨こってりたいぞうらーめん」@節骨麺たいぞう 池袋本店の写真070815昼
殺人的な暑さの中、場所がわからず、ディープな繁華街うろうろ。びっしょり汗をかき、ようやく店を発見。店内に入ると、冷房がかなり効いていたので、助かった。それにしても今年の夏は暴力的だった。
店内はウッディな内装で照明を落としやや暗い。厨房は奥にあり、そこが明るくなっていて劇場のような雰囲気だ。このような演出は嫌いじゃないな。
ただ、メニューがプラスティックだったのが興醒め。チェーン展開している店を好きじゃない人も多いので、なるべくその痕跡や臭いは残して欲しくないというのが私の考えだ。
さて、イチオシの「節骨こってりたいぞうらーめん」を注文。店内はそれほど混んでいないのに、時間がかかる。4人従業員がいるが、上手く連携プレーが取れていないようだ。結局10分程で到着。
まずはスープを飲む。資料によると『鹿児島県枕崎産本鰹と高知県土佐産宗田節、九十九里産煮干、北海道産天然日高昆布をどっさり使用。また薩摩産黒豚をふんだんに使い、12時間以上煮込み8時間熟成させて、じっくりとうまみを引き出すことにより、力強いスープに仕上げている。更に鶏ガラは九州産地鶏と数種の野菜をどっさり使い、5時間煮込んで、2時間熟成』とある。どうやらどっさりこだわりのあるスープのようだが、実際味わってみると、今まで味わったことがあるよようなないような、オリジナルのようであり、そうでもない。つまり特徴がないぼやけた味だった。狙いが今ひとつ伝わってこないのだ。旨いと思えるスープではなかった。それと、油が多いが、これがこってりの正体というのなら、なんだかなーという感じだ。
麺は中太でやや平うち。この麺はコシも強く、なかなかいい麺だ。こちらは合格点。
具はチャーシュー、メンマ、半熟玉子半分、海苔。チャーシューは厚みがあるが、味は今ひとつ。驚いたのが海苔だ。実に5枚のっている。私はラーメンに海苔は不要論者なので、ちっとも嬉しくない。素朴な疑問だが、ラーメンの海苔好きってどれぐらいいるのだろう。因みに、日本蕎麦の場合も、ざるそばは注文しない。あくまで「せいろ」だ。なんで蕎麦の話で終わってるんだよ(笑)

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば」@支那そばけんの写真070811昼
家族で河口湖に遊びに行った際訪れた。ご主人と奥さんの家族経営の店だ。開店と同時に入店したので、客は私たちだけ。のんびりしていて、いかにも地方の鄙びたラーメン屋という感じだ。
小上がりのテーブルで待つ事5分程で到着。
見た目から超シンプルな「支那そば」。具もチャーシュー、メンマ、もやし、ホウレン草という、レトロな構成だ。
まずはスープ。都内の濃いスープを倍ぐらい薄めたような、とってもあっさりした、鶏と野菜で出汁を取った定番の味。
麺は手打ちで細ちぢれ麺。やや柔らかいので、もう少し固めにでコシを強く仕上げた方が良さそうだ。残念ながら手打ちの良さがあまりでていない。
具は先ほどラインナップを書いたが、どれも書くほどのことはない。片田舎で食べるラーメンなので、初めから期待していなかったが、もう少し特徴が欲しかった。また量が少ないので、自慢らしいチャーハンと合わせて注文した方がいいかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「焦がし味噌」@銀座 五行の写真070808昼
今年4月オープンした「一風堂」の系列店。店のコンセプトはHPによると「一流を知り、遊びこなす、大人たちが集まる銀座にふさわしい酒脱なラーメンダイニング。五行が大切にするのは、自然のもの、季節のもの、土地のもの。各地の豊かな風土が育む旬の食材ひとつひとつを、味わい深い一品料理へ。独自の技法で食材の風味を立てた存在感ある熱々の焦がし麺。素材の旨味が繊細に重なり合う塩。焦がしの要素を加えた新しい「とんこつ」。自家製麺の喉ごしも印象的なつけ麺。主役の麺は四種類の個性派です」とある。
店内は確かに、オシャレ。「MIST 表参道ヒルズ店」とイメージがダブる。店員は全てフレンチスタイルの制服だ。席は全てテーブルなのが逆に新鮮。
トレイに乗せられ運ばれて来たのは、ランチタイムなので「焦がし味噌」と胚芽米ライス、大根の漬物が付いている。とても良い焦がしの匂いが漂う。
ラーメン丼は、漆の椀を大きくしたような、黒く縦長でスタイリッシュ。スープを啜ると、西麻布の店をほぼ同じチューニングのようだ。熱々のスープは、芳醇でコクがあり、斬新な味噌ラーメンとしてトップクラスの味を維持している。玉ネギのみじん切りもスープに甘味を加え、プラス要素。ただ油分がかなり多いので、ややしつこさがあるようだ。
麺は中細麺。やや黒みかがっている。この麺も西麻布と同じものか。歯応えも良く文句なし。
具はチャーシュー、ナルト、半熟玉子、キャベツなど。キャベツがいいアクセントになっている。
ただ銀座料金にしても一杯1000円は高い。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば醤油」@支那そば 一本気の写真070805昼
埼玉県内有数の実力店という情報があり訪れた。正午前に間に合ったので、どうにか店内で10分ほど並ぶだけで席に着くことができた。店は夫婦とアルバイトの女性の3人で切り盛りしているよう。
以前、東上線北朝霞駅そばにあり人気を博した店であるが、みずほ台に移転。6月7日にオープンしたばかりだ。新店らしく清潔感があるさっぱりとした店内。客席はL字型のカウンターで、製麺室もある。
この店は秋田の比内鶏を贅沢に使ったスープが特徴の店。「比内鶏つみれそば」が一番のウリだが、ここは敢えてノーマルの「支那そば醤油」をオーダーする。待っている間、食欲をそそるいい鶏の香りがする。
店内の暖簾に「一杯のラーメンでも世界一の真心をつくせる」と書かれている。かなり期待が出来そうだ。
席に着き5分ほどで運ばれる。見た目クリアな醤油スープ。ラードか油がやや多めだ。スープを啜ると鶏の旨味がしっかりして煮干が効いた上質のスープ。塩分の調節などが抜群にいい。これだけのコクとスマートとさを兼ね備えているスープは滅多にお目にかかれない。間違いなく一級品だ。小皿には柚子が添えられていて、お好みということだが、入れると清涼感が増し、更にスープの良さを引き立てる。
麺は自家製の中細縮れ麺。このスープに一番合うと考案された麺で、手揉みして縮れをだしていて、スープの持ち上げがよい。ただ、もう少しプリプリ感があった方がいいだろう。
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、薬味ネギ。チャーシューは写真では海苔に隠れて見えないが、味付けがしっかりしていて、かなりの出来栄えだ。
埼玉県内では噂通り、最高ランクの店のひとつと言えよう。
店を出ると9人の行列。炎天下でも待つ人の表情は笑みを浮かべていると感じたのは気のせいだろうか・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(中盛)」@麺恋処 いそじの写真070801昼
炎天下の昼、代ゼミの角を曲がり店を目指すと10名ほどの行列が。さすが今年大注目の7月開店したばかりの新店だ。と思ったら、そこは隣の日本蕎麦の「山崎製麺所」という店。ありゃりゃと気を取り直し、行列を横目に隣の「いそじ」に入る。
店内は先客4人。簡素な作りの店内で厨房には男性2人。50代らしき人が噂のフレンチ出身の店主か・・・。
混んでないのはありがたいが、大行列を覚悟していただけに、肩すかしをくらった感じだ。
約8分で「中華そば」が到着。まずはスープ。豚骨と魚介の正統派ダブルスープ。乳化した動物系の濃厚スープと魚介が少し強めのチューニングで旨味がかなり強い。そして玉ネギの甘味がいいアクセントになっている。とっても好みだ。ただし魚粉も入れられているが、これはちょっと余計か。スープに店主の力量を感じるのだが、私にとってはやや重い。「兎に角 松戸店」のような、後半しつこさを感じてしまった。それでも相当ハイレベルなスープであることは認める。
麺は自家製の太麺ストレート。プリンプリンで歯応えが極端に強い。強麺という麺を「つけめんTETSU 千駄木本店」が出しているが、これに近い。正直、何もここまでしなくてもいいと感じてしまう。これが中太ぐらいであれば、印象はかなり違うのかもしれない。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト。チャーシューはボリュームたっぷり。なかなか、ふくよかでいい味だ。メンマは昔ながらの細メンマでこちらもいい出来栄え。
全体として充分合格点ではあるが、多分「つけ麺」の方がより評価が高いのではないかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多にらそば」@博多にらそば 熊楠家 東京新宿店の写真070728午後
今年5月にオープンした新宿歌舞伎町の「どうとんぼり神座 新宿店」の斜め前にある店。この日はやたら湿気が強く、まさにサウナ状態。そんな真夏の午後に訪れた。
店内はカウンターとテーブルがあり、黒で統一されたシンプルな内装。先客が4人のみでガランとしている。この店を店員1人が全てを取り仕切っているのだ。暇な時間帯とはいえ、ちょっとお寒い状況ではないか・・・。
「博多にらそば」なるものは今まで食べた事がないので興味津々。その主役となるにらを短冊か刻みのどちらかを選べるようになっている。基本は短冊なようなので、迷わずそちらを頼んだ。
あっという間の3分で到着。ルックスは博多名物「モツ鍋」に近い。実際別メニューに「モツにらそば」もある。
まずはスープ。鶏ガラをベースにしたあっさりした塩ラーメン。いや、あっさりとしたというか、出汁がちゃんと取れていない薄味のラーメンというのが正しい表現だろう。
麺は細縮れの玉子麺。これが加水率がやたら低く、かなりパサつきがある。これは私が好きではない麺だ。
具はどっさりと盛られたにらに存在感があり、ルックスとしては迫力満点だが、味わってみると、何てことはないにらだけに、段々飽きてしまう。他の具は薄いチャーシューが3枚、もやし、玉ネギ。このチャーシューは濃い味付けがされているが、アンバランスを感じた。
途中あまりに薄味なため、ニンニクチップと鷹のツメを投入。それでも劇的変化は望める訳もなく、空しく食べ終わってしまった。
店内の冷房の効きが悪く大汗をかいて食べたこともあり、食後感は良くない。残念ながらもう訪れることはないだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「汐留らーめん(こってり)」@汐留らーめんの写真070725昼
並んでいるところを知り合いに見られるのではないか・・・と、ちょっと照れがあり、これまで訪れていなかった。
日本テレビ開局50周年企画「ズームイン!!SUPER」の企画から誕生した、「汐留らーめん」。2003年8月1日のオープンなので、丸4年を迎える。
11時40分に並んだが、12人の行列だ。夏休みということもあり、ファミリーが多い。
カウンターだけの店だが広い店内。25席はあるだろうか。色とりどりのTシャツ若い店員が9人もいて動き回っているが、その割りには回転が悪い。座ってからも随分待たされる。暇なので夏休みイベント真っ最中の日テレ会場をぼんやりと眺めると、天然おバカキャラで人気の女子アナがガードマンに守られ登場。ビップなタレント並の扱いに、勘違いするのも当たり前かと1人納得する。
そんなこんなで「汐留らーめん」が運ばれてきた。濃厚そうな黄土色のスープ。揚げネギが浮かんでいる。こってりは豚骨と鶏ガラを煮込んでさらに小鯛の煮干とスルメを加える独特の調理方法だということだが、確かにスルメと風味を感じる。ただし鯛の存在はどこにいっちゃったの・・・。こってりということだけあって、ラードが多めに入っていて、膜を張るほどなのだが、これはいくらなんでも多すぎではないか。出汁でこってりをもっと表現して欲しい。
麺は中太のストレート麺。玉子が入っているらしくかなり黄色い。プリプリした食感で、歯応えは強い。なかなかいい麺だ。どちらかと言えばつけ麺に合うのではないか。
具は、チャーシュー、ほうれん草、メンマ、半熟玉子、のり。チャーシューは柔らかく私の好みではない。「どこにもないラーメン」がコンセプトだっただけに、もう少し創意工夫をして欲しい。要はもっと強烈な個性を出して欲しい。
しかし食べおわるまでたっぶり30分かかった。わざわざ地方からこのラーメンを食べに来た人も多いだろう。果たしてどれだけの人の舌を満足させたのか疑問だ。このラーメンが東京を代表するラーメンとは思って欲しくない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々めん」@らーめん 亜寿加の写真070720午後
遅いお昼ご飯を食べに渋谷へ。以前からチェックしていた当店へ突入した。2時過ぎだというのに満席。カウンターが厨房を取り囲むようになっている店で、かなり広い。従業員5人がせわしなく働いている。この店は元々四川料理店だったが、ラーメン専門店にリニューアル。なので四川飯店系の坦々麺は専門分野ということだ。
5分程で運ばれた坦々麺。オレンジ色の憎い奴の登場だ。スープを啜ると酸っぱ辛い。なかなか旨い。胡麻の風味が豊かだ。スープのベースは豚骨と鶏ガラ。なかなかいい出汁が出ている。
麺は中細麺ストレート。硬めに茹でられた多加水という好みの麺。坦々麺なので、ズルズル啜れないが、シンプル中華そばにも合う麺だ。
具は中央に存在感がある青梗菜とチャーシュー2枚。青梗菜は彩りも美しいが、食感が楽しめ、具材として成功している。
ライスはサービスで、テーブルの高菜漬けを乗せて食べても良い。この高菜漬けはかなり美味しいので、食べることをお勧めする。
総合的には私が食べた坦々麺の専門店の中ではハイレベルだと思う。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン専門店 ザボン 新宿支店の写真070719夕
若い頃歌舞伎町で飲んだくれて、〆の一杯として何度暖簾をくぐっただろうか・・・。そんな店に夕暮れ時、約15年ぶりに訪れた。
客は誰一人いない。薄暗い店内には、50代の親父ひとりがぽつり。日本一の繁華街なのに、ここだけは地方のうら寂しい場末のラーメン屋だ。「あいよっ」と麦茶が出される。あー懐かしいなと感じるところだが、全く当時の雰囲気も味も思い出せない。いつも酔っているので、記憶がすっ飛んでいるのだ。
この店は東京における「鹿児島ラーメン」の代表店として知られている。鹿児島ラーメンとは、スープは豚骨ベースで、鶏ガラや野菜も使う半濁スープ。九州ラーメンの中では唯一久留米ラーメンの影響を受けていないそうだ。
もの静かな親父は店奥にある大鍋で麺を茹でる。具のもやしとキャベツも湯の中へ入れ軽く茹でている。後姿がどことなく寂しい。以前は人気のラーメン屋だったが、現在注目度はゼロ。夜は今でも客が入っているのだろうか・・・。
約3分で到着。一目で豚骨とわかるスープだが、かなりあっさりスッキリ。ライトなスープだ。飲んだ後にはいいかもしれないが、私は物足りなさを感じる。こってりもメニューに追加して欲しい。
麺は細麺ストレート。やや柔らかい。これは茹で過ぎではなかろうか。やはり細麺はやや硬めの方が良い。
具は、もやし、細切りキャベツ、小口チャーシュー、揚げネギ、薬味ネギ。キャベツの口当たりが良いが他の具はそれなり。ただこれで870円は高い。歌舞伎町料金にしても取り過ぎではないか。もし今度来るとしてもまた15年後かな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺-CHABUTON- 吉祥寺北口店の写真070714午後
ラーメン界のイチローこと森住康二氏には、今回、正直失望させられた。最近支店展開が急速に進んでいるなと思っていたが、そういうことだったのか・・・。
東京に台風がやってきたこの日の午後3時頃訪れた。品の良い内装の明るいカウンターのみの店内には、先客2人。店員は若い男性2人と女性1人。3人共アルバイトのように見える。
初めて訪れたのでノーマルな「ラーメン」をオーダー。麺が細いだけに早い早い、注文して僅か1分で到着だ。運ばれた細長いスタイリッシュなラーメン丼。ラーメン界きってのスマートな相変わらずのちゃぶ屋スタイル。因みにこの丼は有田焼のものだ。
ビジュアルは揚げネギも乗っているし、大好きな「ちゃぶ屋」のフォームを崩していない。
まずはスープ。豚骨臭は全くない。あっさり上品な味。それでいてしっかり旨味がある。ただ画一化された味というか、手づくり感を感じられないのだ。そこに職人の奥深さはない。
麺は中細ストレート。麺硬めに茹でられており、歯切れが良く、口当たりの良いものに仕上げている。悪くない麺だ。これは文句ない。
具のチャーシューはトロトロ系で、好みとは違うので加点とはならない。
全体の印象として無難にまとめられた万人向けラーメンという感じ。見た目はちゃぶ屋スタイルでも、こと味に関しては期待していた森住氏の職人技、拘りを感じることが出来なかった。
で、このコメントを書くにあたり、資料を調べていたら、謎が解けた。
この店は「ラーメン花月」ブランドで全国に200店舗以上を展開する「グロービートジャパン」と「ちゃぶ屋 本店」や「MIST 表参道ヒルズ店」を展開する「CHABUYA JAPAN」のコラボレーションだというのだ。つまり「ちゃぶ屋」のフランチャイズ化。更に言えばその主導権は「ラーメン花月」が持っていると言える。
どうやら「ちゃぶ屋」の素材とテイストを受け継ぎながら、フランチャイズとして全国どこでも均一な味と品質が保てるよう、レシピやオペレーションをパッケージ化したのである。
つまりこれは森住氏のラーメンではない。単なるものまねだ。このコメントを書きながら、空しさを感じている。
森住康二さん、あなたも金にまみれて魂を失ってしまったのですね・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件