なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね
78

「油そば」@藤亭の写真070802夜
新青梅街道を走っていると、以前から「油そば」の提灯が気になっていた道路沿いの店。外観はラーメンショップの雰囲気で、どうやら繊細な味は期待できそうになさそうだ。
店に入ると客はなし。厨房にはガテン系従業員2人。がらんとしたカウンターがやけに寂しい。
「油そば」を注文すると、スープが運ばれてきた。チャーハンのように中華スープがサービスなのはありがたい。鶏ガラベースのシンプルなもので、いい口直しになる。
やや遅れて「油そば」が到着。早速かき混ぜて一口。かなり濃い味付け。「油そば」のタレとしては合格。
続いてラー油と酢を一周ずつ回しかけていただく。はずれのない、いい味だ。
麺は中太麺。店内には「丸八製麺所」と書かれた麺箱が置かれているので、そこのものだと思うが、モチモチ度も程よく結構いい麺だ。
結論として全く期待していなかったので、好印象を抱き店を出た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(特盛)」@甚六亭の写真070630夜
お目当ての店が麺切れでお休みということで、第二候補のこちらへ。店は外観内装共に垢抜けない。U字カウンターになっているが、どこか牛丼店のような雰囲気だ。先客は大学生らしき男性が1人。土曜の夜なのに寂しい。
従業員は男女2人。夫婦経営のようだ。入り口付近にはヒットドラマ「池袋ウエストゲートパークスペシャル」のロケ地だったことがわかる写真が飾られている。一時期はドラマファンがかなり詰め掛けていたのだろう・・・。
メニューを見ると色々ある。3種類のカレー麺や名物らしきキングラーメン。更に「棒々鶏冷麺」なる品書きも。
私は「油そば」に決めていたのだが、「油そば」もこってり、ピリカラ、塩油、キング油と様々。今回は初めてということで、ノーマル「油そば」。大盛り(1.5玉)特盛(2玉)までは無料ということで、かなりの空腹だったため特盛にした。これはありがたい。注文すると「料金先払いです」と奥さんに言われる。
待つ時間は実に10分強。茹で時間が長いといってもこれは時間かかり過ぎだ。見た目はチャーシュー、メンマ、もやし、カイワレ大根、薬味ネギが乗りヘルシーな感じ。麺は縮れ太麺だ。
まずはかき混ぜてそのまま食べる。油が強いかなと思ったが、そうでもない。カウンターにあるラー油と酢を一周大回りでかける。すると味がはっきりして好みになった。麺はなかなかコシがあり、汁とも絡みまずまず。具は薄いチャーシューが2枚などあるが、ぐちゃぐちゃに混ぜているので、味が渾然一体となっていて、何がなんだかよくわからず、評価の対象外だ。
全体として、あのボリュームで値段も600円と手頃なので、お腹を空かせた学生などにはいいのではないか。
帰り道「麺創房 無敵家」が30人以上の行列となっている。一体何があったんだ?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば+生玉子」@ぶぶか 吉祥寺店の写真070521午後
時々、無償に食べたくなる油そば。吉祥寺で映画を観る予定があり、腹ごなしということでこちらに寄った。店名の由来はロシアの棒高跳び世界記録保持者のブブカからというのは有名な話だ。「味の民芸」と同じように、明星外食事業株式会社の店である。なのでぶぶかのカップラーメンは明星食品の製品だ。
多少の行列を覚悟していたが、ラッキーにも1席だけ空いていて、すぐに座ることが出来た。店員は若い男性3人。Tシャツにバンダナという統一のスタイルだ。
注文したのは「油そば+生玉子」。出来上がるまで周囲を見渡すと「油そばは、体調の悪い方はご遠慮ください」との貼り紙。きょうは体調がいいので大丈夫だと壁に向かって、無言で答える。
太麺なので茹で時間がかかる。7分程で到着。まずは生玉子の黄身を割らないように注意し、かき混ぜそのまま食べる。太目の縮れ麺はもっちりして歯ごたえも良い。これだけで充分旨い。続いてラー油と酢をまわしかけ、黄身も割りぐちゃぐちゃに混ぜる。うーん、すっぱ辛くて美味しい。
具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギがあるが、いずれも添えられているだけに過ぎず、プラス要因にはならないな。
残り3分の1ぐらいになったところで、またもラー油を1周回しかける。更に美味しい。カスタマイズ出来るところが油そばの魅力だが、まだ完成品というところに辿り着けない。今度こそマヨネーズ入りに挑戦してみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「一平ソバ(中)・ネギ・生卵」@油ソバ専門店 一平ソバの写真070428午後
土曜の午後、車を走らせていると突如の雷雨に見舞われた。大粒の雨が道路を打ちつけ、雷音が轟くとんでもない嵐の中訪れた。
平日ここは隣にある法政大学の生徒でいつも混雑している店。「一平ソバ」をソウルフードにしている学生も多く、店内には法政大学の学生の卒業写真が飾られている。
この日はゴールデンウィーク初日ということで、学生の姿はなかった。
明るい店内は住宅街の中華料理屋さんという感じで、中央には10人掛けの丸テーブル。壁側には4人掛けのテーブル席という配列。およそ油そばを置いているイメージはない。
券売機で「一平ソバ(油そば)」の中盛り。ネギ、生卵をトッピングする。テレビのゴルフ中継を眺め、待つこと5分。ヤツがやって来た。何とネギがたっぷりで麺の姿が隠れている。予想を超えたネギの量だ。
まずは全体をかき混ぜ、汁を馴染ませていただく。中太縮れ麺の食感が良い。生卵も汁にいい感じで混ざり、これが美味しさを増しているのかもしれない。
ここでラー油と酢を回しかける。そして食べると更にいいね〜。ジャンクフードぽさがよく出て旨い。
この麺はあまり表面がつるりとしていないので、タレが絡まるようだ。いいセレクションかもしれない。更に更に特製ラー油なる辛味が強いラー油付けの一味を投入するとピリ辛度がアップ。
テーブルにはこの他、マヨネーズ、胡椒、紅生姜があり、最後に紅生姜を入れてみると、これが意外と合う。更に増量しかき混ぜて食べると、旨さ爆発。私の中での油そば完成形となった。
具はバラ肉チャーシュー、メンマ、鳴門、薬味ネギが入っていたが、これはただ入っていただけだった。
時々無償に食べたくなる油そば。この「一平ソバ」もその欲求を満たしてくれる一杯だった。
満足して店を出ると、あれだけひどかった雷雨は、すっかり上がっていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(大盛り)」@宝華らぁめんの写真061203昼
「宝華らぁめん」という名前でわかると思うが、ここは店主が東小金井の中華料理店「宝華」で修行した店。暖簾分けの店ではあるが、スタイルとしては、中華料理店ではなく、ラーメン専門店だ。そして「宝華ソバ」が、「油そば」という表記になっているのは何故だろうか・・・。
さて、元気のいい店主が新人らしいアルバイトの若者にハッパをかけながら、調理をしている。そのやり取りは内輪の漫才のようだが、こちら観客は笑えないしウザイ。
そんなこんなで5分程で油そばが到着。チャーハンのようにスープがついてくる。これはちょっと嬉しい。驚きは麺の量。物凄く多い。大盛りにしたのだが、400gぐらいはあるのではないだろうか。
麺は中太の縮れ麺。「永福町大勝軒」と同じ草村商店の麺を使用しているようだ。具としてはチャーシュー1枚、メンマ、ナルト、カイワレ大根、刻みネギが盛られている。見た目は本店仕込みでくりそつだ。
さて、麺も具もぐちゃぐちゃに混ぜて食べる。一口二口・・・。何か本店で「宝ソバ」を食べた時の旨さがストレートに伝わってこない。暫く食べ進め、3分の1ぐらい食べたところで、ラー油と酢を回しかけてみる。そこそこ自分好みの味に変化するが、あの本店のものとは一味違う。醤油だれと油の量の比率が本店と違うのかどうかわからないが、ちょっと予想した味とは異なる。具はあくまでも添え物で、コメントとしては特に無い。おまけで付いているスープは、シンプルな醤油味だが、結構いける。これは点数アップだ。
全体としては合格だが、どうしても本店と比較してしまう。どうやら「宝華」の偉大さを感じてしまう一杯となったようだ。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「あぶらー麺」@あぶらー亭 桜上水本店の写真061118午後
車を運転していると、信号で止まる時など、街道沿いのラーメン店のチェックを自然としてしまう。ここは甲州街道沿いではダントツに気になっていた店だった。
店内はかなり広いが、古い作りで、照明もぼんやりしていて、清潔感はあまりない。店名ではないが、油ギッシュな印象がある。
カウンターに座りしばし待つ。となりの年配者は、ラーメンの麺を一本ずつ食べる感じで超スローモー。奥のテーブル席は見覚えのあるモデルの女の子。食べ終わっても、前にいるボーイフレンドとの会話に夢中になっている。誰も急いでいない感じがいい。そんな土曜の昼下がりの光景がここにある。
「あぶらー麺」はもちろんスープのない油そばのこと。私は最近2週に1回はヤツを喰らっている。かなり中毒であるようだ。
暫くしてヤツがやってきた。表面には大ぶりのチャーシュー、メンマ、ナルト。そして揚げネギと刻みネギ。底にタレがあるので、まずは絡めて一口。それはそれで美味しい。でも経験上、卓上のラー油と酢を一度まわしかけ食べる。麺は中太のもっちりむっちりとした、油そばには良い食感のものだが、ラー油と酢でワイルドさが増し、むしゃむしゃ喰らう。ジャンクなのはわかっているが、これが物凄く旨い。
チャーシュー、メンマは味の変化ぐらいで、ドラマに例えれば、台詞二言三言の通行人程度。揚げネギの方がバイプレーヤーとしての存在感をあらわしていた。
いずれにせよ、油そばとしてのレベルは並以上。つうか、かなりいい。
油そばジャンキーでも、納得してくれると思うよ。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば大盛り」@東京麺珍亭本舗 鶴巻町店の写真061028午後
夜、この店の前を車で通ると、油!っというライティングに照らされた赤い文字が堂々と浮かび、私を誘ってくる。その度に、予定に組んでいた店の予定を変更して、浮気してやろうかと思う程刺激的だ。
ということで、今回は本命で訪れた。
ここは、年中無休で営業時間が長く深夜までやっている。だが、気をつけなければいけない。休日は「機嫌の悪い日」と書いてある。なので、事前に電話をかけ確認した方がいい。
店はカウンターのみの狭い店。人が後ろを通るのもやっとだ。この日店員は若い兄ちゃん2人。客は土曜の午後という時間帯でほぼ満席。店の中毒患者が多そうだ。
ほどなく油そば大盛りが登場。普通でも大盛りでも同料金なのがありがたい。
貼り紙には、最初に「酢」と「ラー油」を2周以上まわし入れると書いてある。なので流儀に従いとの通りに。ぐちゃぐちゃにかき混ぜ、後は無心に喰らう。麺も海苔もメンマもチャーシューもぐちゃぐちゃなので味わっている感じはない。ひたすら喰らう感じ。これが旨い。麺がどうのチャーシューがどうのという能書きは今回書かない。油そばは全体で感じるものとしてコメントしたい。むしゃむしゃとすぐに完食。う〜ん、癖になる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「紅香油ラーメン」@三代目 けいすけの写真061022昼
初代が「黒味噌」、二代目が「海老そば」。そして三代目・・・。果たして今回はどんなコンセプトのラーメンなのか!わくわくして立川の「ラーメンスクエア」に出向いた。
日曜の昼下がり。かなりの人出だ。人気の「いちや」はかなりの行列。新規の「凪」もかなり人が入っている。ところが「けいすけ」は、空席が目立つ。立川辺りでは、知名度はまだまだということか・・・。
食券をギャル店員1に渡し5分程で、ギャル店員2より運ばれて来た。今回もまたも驚かされるのがラーメン丼だ。今回は丼に穴が空が開いている。
説明すると、丼の右側上部には箸置き用の窪みがありが、左側には穴が開いていて箸先を通してある。そして割り箸の先にはバジルがはさまってるのだ。「お箸についてるバジルを落としてお召し上がりください」とギャル2。この茶目っ気たっぷりな遊び心が、「けいすけ」の創作ラーメンへの意欲をかきたてている。
さて、箸を抜いてバジルを落とす。スープを飲むと、トマトが顔を出す。イタリアンなラーメンだ。酸味も感じる。なんでも豚骨や野菜などで炊いたスープにイタリアントマトを加えたものだそうだ。今まで味わったことのない奇怪なテースト。面白いけど、かなりやりすぎ。ちょっとバグったラーメンだ。
麺は中太の平打ちで、黒みかがっている。小麦粉の特徴だろうが、品種まではわからなかった。
具は鶏の肉片、青菜、得意の糸唐辛子、ネギ。鶏肉は大きめに蒸した鶏か・・・これが鶏の旨味が凝縮されたようで旨い。
おすすめということで、最後にガーリックトーストをスープに浸して食べた。これは余計だった。そのまま終えるべきだった。
斬新な試みを続ける「けいすけ」。その味も裏打ちされているが、前衛的な芸術のような、気負いが先走りしている。アバンギャルドは、受け手にどこか消化不良を与えることが多いものだ。今回はそれを特に感じた。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「太陽のラーメン」@太陽のトマト麺 錦糸町本店の写真061011昼
私はラーメンFCはほとんど行かない。画一化された味であり、人の温もりをほとんど感じないからだ。オートメーション化されたラーメンほど味気ないものはない。
ということで、普段は行くチャンスがない、この店に行って来た。それは、現在当DBで問題となっているこの店の味を、自分確かめたかったということに他ならない。
店は外観から企業のFC店のひとつであることが伺える幟。店内はこじゃれた感じがするカウンターだけの店だ。あちこちに薀蓄が書かれている。手元にはビニールプリントされたメニュー。これが私は嫌いだ。
しかし昼12時前とは言え客は私ひとり。50代らしき男性と女性店員の2人で切り盛りしているようだ。
この店は、LOHAS思想に共感し、大衆的なLOHAS普及を目指すというのがコンセプト。去年流行した言葉とはいえ、そのまま店のウリとするのはいかがなものか?基本のメニューが鶏白湯であるが、これも去年のハヤリをそのまま取り入れたもの。少しでもラーメン界の潮流を知っている者なら安直な感じがするだろう。
さて、「太陽のラーメン」とは、トマトラーメンのこと。作り方はこうだ。あらかじめ仕込んであったトマトソースを鶏白湯スープとあわせるというもの。店の資料によると有機栽培の完熟イタリアントマトを3つ使用しているという。
まず、スープを飲む。「うん、イタリアン〜!」というのがすぐ出た感想だ。このスープの元は、トマトソースの基本「サルサ・ポモドーロ」で、完熟トマトとオリーブオイル 、にんにく、セロリ、たまねぎ、ローリエ 、バジル などを煮込んだものだろう。言ってみれば、カレーラーメン、トムヤンクンラーメンと同じポジション。トマトソースがしっかりしているので、スープとしては悪くない。
麺は超極細。“豆乳入り”だということだが、食べても豆乳の味はわからなかった。細い割りはコシは強い。まあ、こんなスープパスタがあってもいいかなという印象だ。
具は鶏肉と青菜。シンプルなので、味の邪魔にはならない。
最後に、ライスにスープをかけて食べたが、これはそのままリゾット。店はラーメン店だが、食べたものはイタリアンだった。
うん、この採点は難しい〜。イタリアンならもっと美味しい店で食べたいじゃん。結局は奇を衒ったラーメンということか・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(大盛)」@中華料理 丸善の写真061007午後
亜細亜大学のそばあり、油そばの元祖「珍々亭」のすぐ近くにあることから、通称「裏あぶら」と呼ばれる店。場所は住宅地の非常にわかりずらいところに、ひっそりとある。店内はカウンター8人程、テーブル4人という狭い店。壁一面にはジャイアンツの木佐貫投手や亜細亜大野球部員、亜細亜大駅伝チーム、アルピニストの野口健さんなどの写真がびっちり。長年亜細亜大体育会系学生の胃袋を満してきた店ということがわかる。
客は私ひとり。ご主人、奥さんと、西武VSソフトバンクのプレーオフをテレビ観戦をしなが舌鼓を打つ。何とものんびりとした土曜の午後だ。
さて、運ばれて来た「油そば」は細い縮れ麺。太麺が多い油そばとしては珍しい。麺はサッポロ製麺ということだ。
例によって、ぐちゃぐちゃに混ぜ、喰らう。胡麻油の香りが良く、細麺に絡みつき旨い。麺が合わないのではと思ったが、そんなことはなく十分美味しい。更にラー油と酢を1回まわしかけ食べると、ますます旨い。
具はメンマ、ワカメ、チャーシュー、モヤシ、ネギと入っているが、どれもアクセントとなり、調和が取れている感じだ。
途中電話が鳴り、ご主人が出前に出かけた。ほとんどが亜細亜大学からの出前だと言う事だが、懐かしい風景だ。
この店は「珍々亭」の陰に隠れてしまっているが、油そば好きは訪れても損はないと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件