なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「博多にらそば」@博多にらそば 熊楠家 東京新宿店の写真070728午後
今年5月にオープンした新宿歌舞伎町の「どうとんぼり神座 新宿店」の斜め前にある店。この日はやたら湿気が強く、まさにサウナ状態。そんな真夏の午後に訪れた。
店内はカウンターとテーブルがあり、黒で統一されたシンプルな内装。先客が4人のみでガランとしている。この店を店員1人が全てを取り仕切っているのだ。暇な時間帯とはいえ、ちょっとお寒い状況ではないか・・・。
「博多にらそば」なるものは今まで食べた事がないので興味津々。その主役となるにらを短冊か刻みのどちらかを選べるようになっている。基本は短冊なようなので、迷わずそちらを頼んだ。
あっという間の3分で到着。ルックスは博多名物「モツ鍋」に近い。実際別メニューに「モツにらそば」もある。
まずはスープ。鶏ガラをベースにしたあっさりした塩ラーメン。いや、あっさりとしたというか、出汁がちゃんと取れていない薄味のラーメンというのが正しい表現だろう。
麺は細縮れの玉子麺。これが加水率がやたら低く、かなりパサつきがある。これは私が好きではない麺だ。
具はどっさりと盛られたにらに存在感があり、ルックスとしては迫力満点だが、味わってみると、何てことはないにらだけに、段々飽きてしまう。他の具は薄いチャーシューが3枚、もやし、玉ネギ。このチャーシューは濃い味付けがされているが、アンバランスを感じた。
途中あまりに薄味なため、ニンニクチップと鷹のツメを投入。それでも劇的変化は望める訳もなく、空しく食べ終わってしまった。
店内の冷房の効きが悪く大汗をかいて食べたこともあり、食後感は良くない。残念ながらもう訪れることはないだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「焙煎旨塩そば(ゆず塩)」@麺屋宗 -sou- 高田馬場本店の写真070525昼
大雨が降る昼間、今年4月にオープンしたばかりの新店に訪れた。12時前ということもあり、先客は1人。店内は、店主の叔父にあたるデザイナー柳宗理氏のファッショナブルな調度品が並べられている、オシャレなデート向けの店だ。何でも「スイーツも食べられる女性でも気軽に入れるラーメン店」がコンセプトとのこと。店員は若手の男性3人。中には、学生のバイトらしき若い人物がいるが、ロン毛なので、髪をまとめた方がいいと気になった。
箸は地球に優しい、備え付けの木製のもの。最近このパターンに多く遭遇するな・・・。いいことだと思う。
さて注文したのは、基本の「焙煎旨塩そば」。まずスープを塩とゆず塩から選べるというので、ゆず塩に。麺も手もみボコボコ麺と中太ちぢれ麺から選べ、こちらは手もみボコボコ麺をチョイス。更にランチタイムは半ライスとサラダのどちらかがサービスというので、サラダに。サラダのサービスはちょっと珍しいかも。
5分程して到着。見た目澄んだスープに青々とした水菜と糸唐辛子の赤のコントラストが美しい。一口スープを飲むとマイルドなスープ。主張は弱いが、そこそこの出来だと思う。店のHPによると「スープにはこんがりと焼いた合鴨と大仙地鶏のガラを使い、魚介系素材とあわせました。食材に山と海の物があるように塩にこだわり、ミネラル豊富なヒマラヤ『ピンクロックソルト』と対馬海峡『浜御塩』をバランスよく配合しました。複雑でありながらスッキリどことなく懐かしい味に仕上げました。」とある。しかしながらヒマラヤ岩塩の味わいは・・・さっぱりわからなかった(笑)
麺は平打麺。確かに少し歪で凸凹している。プリプリの食感も悪くないのだが、何か物足りない。
具はチャーシュー、穂先メンマ、水菜。チャーシューは大振りで味が染みて美味しい。好みの味だ。
全体としてまとまっている感はあるが、今後突き抜けた味にはならないだろうなと想像してしまう。これは格好にばかり気を取られた男性の多くが、中身の魅力に欠けるというのに似ているかもしれない。
女性受けすることを念頭に置いた店構え、ビジュアル優先の具材などから、作り手の虚栄心が透けて見えて来た。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」@旭川ラーメン 好の写真070418昼
津田沼の人気店。以前、仕事仲間から一度食べて欲しいと言われていたこの店だ。当RDBでも、さんをはじめ評価が高い店。この地域の未食店巡りのスタート地点として、ここを選んだ。
行列を回避するために、かなり早く出かけ、津田沼駅には午前11時には到着。ところが、店まで単純な道なのに、地図を読み違い、何と30分ほど歩いてしまった。ここからが更に長い・・・。店は12時開店とあるが、結局店が開いたのは12時15分。私以外に店前で待つ人はなく、ただただポツネンと待つばかり。あれ、行列店ではなかったのね。
で、暇だったので、外壁に書かれていたものをメモしてきた。これによると・・・。「自然派生麺 昭和25年創業の歴史が作り出す麺。日本海産アジの丸干 トンコツの濃くをアジの丸干で11時間丹念に煮込み仕上げた味はさっぱりと磯の香りが漂う独特のスープです。兵庫県赤穂の甘塩 昔の特法で造られた塩は塩ラーメンの味をまろやかに仕上げています」とある。
旨ければこだわりなどどうでもいいと言う人がいるが、こだわりこそ、店主の魂、心意気だと感じているので、かなり重要なファクターだ。
ようやく店が開く。当然ながら一番乗りでカウンターへ。なかなか広い店内だ。厨房には店主一人。この人が噂のラーメン職人、妥協を許さぬ榊原氏か・・・。最近は店主一人で切り盛りしているのだろうか?
注文はやはり「塩ラーメン」でお願いした。
最初の客なので準備も色々あるのだろうが、少し時間がかかっている。厨房には寸胴の他、数種類のスープや塩ダレなどが入っている大小の容器があり、それを混ぜて温めている。10分強で運ばれて来た。
まずはスープ。一口啜ると広がる旨味。何と深みがある味だろうか・・・。そして甘味も感じる。私は事前に知っていたホタテの貝柱が味の決め手なのかと思い、食べ終りスープについて店主に伺ったところ「ウチはアジが中心で、ホタテはほんの少し」とのこと。タマネギの甘さも上手くスープに溶け込んでいるようだ。
麺は細麺を選んだが、どちらかというと中細ちぢれ麺という範疇か。麺は旭川ブランドの「旭川 山加加藤ラーメン」(加藤製麺)の麺を空輸している。この麺は何度も食べているが、加水率が低いのかプリプリした感じではなく、スープを吸い込みながらもコシがあるという麺。私の好みとしてはスープを弾くぐらいのものが好きだ。なので悪い麺ではないのだが、物足りなさを感じてしまう。
具は、チャーシュー、メンマ、モヤシ、タマネギ、海苔他と豊富。中でもピカ一なのがチャーシュー。驚くほど旨い。意識的に濃い味付けをしているが、これがスープと絶妙なコントラストになる。歯応えもとても良い。ちょと驚いたので、この点についても店主に伺うと「敢えて味付け変えたんですけど、支持されないんじゃないかとヒヤヒヤです」というコメントが返ってきた。
研究熱心なので、味をどんどん変えているようだ。現在食べた味は、少しするとかなり違っている可能性がある。永久の進化系がこの店なのか・・・。
それにしても魂のこもった美味しい一杯だった。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン」@陳さんのタンメン亭の写真070415昼
私は行ったことがないが、昭島にあった伝説のタンメン屋「寶来」の流れを組む店だそうだ。系列店としてはもう一軒福生に「」という店があるようだ。いずれにしてもタンメン専門店はとても珍しい。「小金井ラーメン街道」の中ほど、学芸大のすぐ近くにあるここは、以前からチェックしていた店で、日曜日の昼下がりに期待して訪れた。
店内の裏に2台分の駐車場があるが、既に先客あり。駐車スペースが空くのを待ち車の中で15分ほど過ごす。
ようやく店内に入り麺類唯一のメニュー「タンメン」を注文する。店内はコの字のカウンターで中が厨房だが、かなり広いスペース。店舗は、外の暖簾の色や店内の色が赤になっているので、中華のイメージが広がる。
壁には食べ方が書かれていた。「まずは普通に食べる。半分になったら『秘伝特製ラー油』1滴からさじの1/3程度入れる。そして特製の酢。黒胡椒で味の引き締める」など。
店主はかなりの年配だ。ゆっくりゆっくり作業をし、ようやく10分経って出来上がる。プラスチックのトレイで運ばれて来るが、かなりちゃっちい。せめてステンレス製のトレイにして欲しい。
ビジュアルは大量の白菜、もやし、小さな豚肉炒めが乗っている。スープを啜るとかなり薄口だ。塩分も足りないが、ダシがしっかり取れていない。鶏のモミジを大量に使用しているというが、それを感じることが出来ない。
ひょっとすると湯切りがかなり甘く薄まってしまったのかも。なので早めに特製ラー油を投入した。かなり辛いラー油のため、鋭く味が変化する。
麺は中細縮れ麺。柔らかく仕上げてあり、残念ながらダマになっているところがある。これは茹でる前に麺をほぐさず、途中でかき回しもしていない証拠。かなり不満だ。
白菜はフレッシュでこれはこれで美味しい。他の具は感想なし。
とにかく、スープと麺の出来が悪いため、印象は悪い。最後の方は酢を入れて味を調えてしまった。今回は期待していただけに残念だ。まぁ、今回はたまたま・・・だったと思いたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば(大盛)」@函館らーめん 船見坂の写真070404昼
銀座で函館の塩ラーメンが食べられるという、昼時は行列になるという人気店。開店と同時に一番乗りで入店した。店内に入るとジャズが流れているが、白木使いの内装に網がディスプレイされていて、とてもアンバランス。一体何をやりたいのか、そのコンセプトが不明だ。
そもそも店名の「船見坂」とは、映画やドラマの撮影地としてもよく使われ、小樽を代表する坂の名前。なんで小樽の坂が函館ラーメンの店名になっているのか、全くわからない。誰か知っている人がいたら教えて欲しい。
とまあ理解不能な店ではあるが、問題は味だ。
カウンターに座り、「塩そば」を注文。大盛サービスということで、大盛りにしたが、更に小ライスもサービスだという。ちょっと量が多すぎるのではと不安だったが、貧乏性なのでライスもお願いした。
厨房にはベテランの店員2人。また若手1人が雑用係のようで、ホール厨房を行き来していた。
さて、5分程で出来上がる。ビジュアルは澄んだ黄金色のスープに、チャーシュー、ホウレン草、メンマ、海苔、ナルトと彩りがとてもキレイ。
スープを飲むと、魚介がまず現れる。資料によると、スープはゲンコツ、鶏ガラ、利尻昆布、煮干、鯖節などの魚介類と数種類の野菜を煮込んでいるようだが、やや塩気が尖っていて、丸みがない。飲み進めて行くと、段々くどくなっていく。そういう意味ではライスは口休めになる。使用している塩は天然の旨味がある古式粗塩を使っているということだが、古式粗塩とはどういう塩なのか知らない。もし味に少し飽きてきたら、卓上にある柚子胡椒を加えると、多少の変化が期待できるので、試す価値あり。
麺は中細ストレート。黄色いので卵麺だと思うが、滑らかな麺で、これはこれで有りだと思った。
具はチャーシュー1枚、メンマ、ナルト、ほうれん草、海苔1枚、刻みネギ。チャーシューは薄く小さく脂身が多く含まれているタイプだが、イマイチ。これはもっと存在感を増す工夫して欲しい。他の具は特に感想なし。
塩ラーメンは誤魔化しが効かないだけに、ちょっと辛めの評価になったかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」@旭川ラーメン さいじょう 品達店の写真070205昼
「品達」唯一、北海道に本店がある店。旭川ラーメン大賞塩部門第1位という輝かしいタイトルがあるが、果たして何店中1位なのかは定かではない。
11時半頃入店したが、ほぼ満席。「なんつッ亭 弐 品川店」の大行列は別として、「品達」の中ではまずまずの人気なのだろうか?
この店のおすすめは何と言っても「塩ラーメン」。伝説の塩ラーメンと、店が自慢するぐらいだから相当なものだろう。ということで、塩ラーメンとまかない丼のCセットを注文。
カウンターに座ったので、厨房の様子がよくわかる。センターに立つ、イケメンの若頭が、テンポ良く動き、まわりを仕切っている。かなり期待が持てそうだ。
5分ほどで到着。アクセントになっている赤いナルトが鮮やか。スープをすすると、うん・・・?マイルドだが、何か物足りない。よくわからないが、出汁がしっかりと取れていない気がする。資料によると、「大雪山の水を使って作ったスープを旭川より直送」とある。この店では温め直しているだけなのだろうか?もしそうなら、味は劣化するのではないか・・・。
麺も水にこだわった中太のややちぢれ麺を旭川より直送ということだが、こちらは滑らかでコシもあり、美味しくいただけた。
具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギだが、取り立てて感想はなし。
と言うのも、まかない丼(ライスの上に刻んだチャーシュー、マヨネーズとタレをかけたもの)が意外とボリュームがあり、ラーメンと一緒に完食するのが大変だった。正直、具がどうだったのか、覚えていない。しかしだ、自ら「伝説の塩ラーメン」と謳うのはいかがなものか。伝説とは、世間から自然発生的に生まれるものではないのか・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牡励天」@青山 牡励湯 麺カフェの写真070119昼
去年2月にオープンした店。渋谷から青山通りを赤坂方面に10分ほど歩いた地下に店はある。店に入るとそこは洒落たバーそのものだ。暗い店内はおよそラーメンを食べる店ではない。
店名の「牡蛎湯」とは、文字通り牡蛎のエキスからとった湯のこと。牡蛎湯は漢方薬にも使われ、気の流れを正常に促し、ストレス発散をしてくれるため、肌と健康には良いらしい。
経営母体は二子玉川でラーメン業界に新風を巻き起こした「鮎ラーメン 二子玉川店」。その勢いで3年前赤坂に「リュウキュウアーユーを食べる会」という2号店をオープンしたが、そもそものメイン食材である琉球鮎の確保が難しく、一昨年末あえなく閉店。
この「牡蛎湯」はメイン食材とコンセプトを変えての新規オープンとなった。まぁ店の能書きはこのくらいでいいだろう。
ランチメニューは定食などが中心だが、ラーメンのみのメニューということで、「牡励天」を注文した。店内はほぼ満席で、10以上待たされる。BGはサザンが流れているが、青学が目の前とはいえ、ちょっと店の雰囲気にそぐわないよ。
さて到着した「牡励天」は、野菜の葉の天ぷら、牡蛎が乗っている。今まで見たことがない独創的なラーメンだ。スープを飲むと、旨みがしっかりつまった、何とも優しくふくよかな味。資料によると出汁のベースは、牡蠣の殻を焼いて砕き、鶏ガラや野菜などと一緒に煮こんだもの。
麺は中太の平打ち縮れ麺。歯応えは乏しく、主張がない。かなり弱い麺だが、敢えての選択。輝きを放つ、このスープを引き立てるのに一役買っている。
具は何と言ってもフーチバ(沖縄ヨモギ)の天ぷら。一口食べて苦味があり、何の葉なのかわからなかったため、店長に聞くと、沖縄ヨモギだと言う。薄めの衣でサクッと揚がっていて食感も良いが、薬膳料理の材料でもあるこのヨモギは独特の癖がある味だ。ところがスープとのバランスはいい。牡蛎の身はソテーしたものだが、こちらもラーメンの具として食べるのは初めてだ。ただ食べて良さは感じなかった。
〆でライスを注文し、おすすめという雑炊にして食べたが、これもなかなかの旨さ。飲んだ後にも良さそうだ。
それにしても、この店は気に入った。とにかく落ち着けるのだ。ラーメン店として面白いだけでなく、夜飲む店として、必ず訪れるだろう。
店を出る時、店員が店の外まで出て見送ってくれた。気持ちのこもったサービスにプラス1点。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老塩らーめん」@麺蔵 もみじの写真061223午後
2005年4月開店の店。オープン当初、1度訪れたことがある。その時は「地鶏醤油らーめん」を食べたが、その時の評価は60点台前半で、ちょっとガッカリした記憶がある。今回は評判が比較的高い「海老塩らーめん」をいただく事にした。
祝日の昼間ということで、店内は家族連れ、ビールをあおる親父など、アットホームな雰囲気だ。注文をすると、私は早速席を立ち、後方にある炊飯ジャーへ。この店は、ライス、キムチ、ニラキムチが食べ放題で、セルフで好きに食べられるのが特徴だ。
店は家族経営で、ご主人が作り、奥さんがラーメンを運ぶというオペレーション。麺茹で時間が短いのか、注文からものの3分で運ばれてきた。ビジュアルの印象はかなりいい。なかなかの出来栄えという雰囲気だ。そして香ばしい匂いが漂う。ネーミングにもなっている、海老油の香りだ。 
まずはスープ。塩味がまろやかで、そこそこいいが、何となくぼやけていて、物足りないというのが正直な感想だ。
麺は中細の縮れ麺で、やや柔らかい。これは好きではない麺だ。へたった麺という感じして、評価を落としている。
具はチャーシュー、メンマ、カイワレ大根、味玉2分の1、ナルト、海苔、長ネギと豊富であるが、どれも平凡で、プラス材料はなし。
そうは言っても580円のリーズナブルさとライス無料などの配慮から、70点台はあげたい。
ただし、キムチを食べてスープを飲むと、辛さで舌が麻痺し、味がわからなくなるので、注意した方が良いだろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん+煮玉子」@たけちゃんにぼしらーめん 代々木店の写真061122昼
10月よりリニューアルして「塩らーめん」専門店となったということで、久々に訪れた。これまで、たけにぼには何度もリピートしているが、いつ行っても裏切られることがない安定感がある店だ。
今回行列を避けるため、開店時間の11時半の前に店に到着したが、既に4人が外で待っている。
10分程で「塩らーめん」が到着。見た目スープは黄色く濃い。チャーシューの上にラー油のような深いオレンジ色をした香味油がかけられている。何だろう?
さてスープを味わうと深くより深くまろやか。このレベルの高さは、大変なものだ。高級地鶏と数種の野菜から採ったスープらしいが、煮干はかなり抑え目だ。
麺は三河屋製麺の中細ストレート。硬めの茹で加減が絶妙。歯ごたえも良く、最後まで美味しくいただけた。それにしても三河屋はいい麺を提供している。
具は厚切りバラロールチャーシュー、メンマ、ナルト、ノリ、刻みネギとトッピングの煮玉子。チャーシューは煮すぎず肉がくずれることなく旨味を閉じ込めた感じ。とても美味しい。煮玉子も見本のような出来具合で合格。
例のチャーシューの上の香味油は、後で電話取材したところ、ニンニク風味を生かした“マー油”ということだ。少しずつスープに溶かしながら飲むと、微妙に味が変化するが、それほど影響はない。
しかし、調布の店を遥かに凌ぐ塩らーめん。今年食べた塩らーめんとしてはナンバー1だ。ただ中には、店名に掲げている煮干の陰が薄くなったと嘆いている人もいるだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩柳麺」@MIST 表参道ヒルズ店の写真061027午後
ラーメン界のイチローこと、森住氏が仕掛けた、新スタイルのラーメン店。『表参道ヒルズ』にあるので、ちょっとオシャレして出かけた。おそらく日本で最も高級感があり、それに伴う値段もバカ高い店であろう。店は、一流ホテルのラウンジにあるようなバーそのものだ。デートに使うにはいい店なのだろうな。
カウンターに座ると、ワイングラスにミネラルウォーター。店員は皆フレンチ店のユニフォーム。教育の行き届いた、軽やかな身のこなしで迎えてくれる。
オーダーは「塩柳麺」。一番人気ということで選んだ。テーブルの上には、箸類は置いていない。これらはテーブルの引き出しに入っているのだ。5分程で、「塩柳麺」が運ばれる。細身で鋭角的な白のスタイリッシュな器。大きなチャーシューが一枚浮かぶ。
スープを一口。こりゃ凄い!1250円という料金のため、かなり厳しい姿勢で臨んでいたのだが、この旨味はちょっと味わったことがない。香りも素晴らしく、かなり衝撃的だ。何でも40種類近くの厳選素材を使っているそうだ。後で店員に聞いたが、アジ、サバ、アゴなど魚介だけでもかなりの種類。海老系の香りも感じる。
麺は細麺であるが、しっかり主張したコシが強い麺。当然自家製麺であるが、国産最高級の小麦を使用しているとか。この麺は文句なし。
スープにはニンニクチップ、得意の揚げネギ、薬味ネギ。定番のバラ肉ロール、トロトロチャーシュー。「ちゃぶ屋」のテイストは忘れずに、最高級塩ラーメンに仕上げたという感じか。唸るほど旨かった。
値段が1000円以下なら90点以上を付けたいところだが、そこは流石にマイナス点。
しかし間違いなく最高峰にあるラーメンであろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件