なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね
91

「軍鶏白湯麺」@麺屋 臥龍の写真070524夜
2006年11月オープンとまだまだ新店。しかしその名前は広く知られている。というのも「季織亭」出身の店主が、満を持して開いたということが大きいのだろう。
平日の夜8時過ぎに訪れたが、外に3人待ち。「我流旨味ソバ 地雷源」の開店祝いの植物の立て札が置かれている。これだけで交友関係がわかろうと言うもの。そんなこんなで外で待っているが、なかなか店に入れず15分待つ。後でわかったが、一度に2杯しか作らないため、回転が悪いのだ。
店内は質素な小料理屋風。焼酎も置いてある。店主と2人の女性がやや緊張感が漂う中、静かに動いている。因みに箸は環境に優しい、備え付けのもの。
基本メニューである「軍鶏白湯麺」を注文。印象に残ったのは湯切り。スープの濃度を落とさぬよう、しっかり水分を抜いている。これは期待が持てる。
5分程で到着する。まずは白濁したスープを戴く。名の通り軍鶏からとった鶏白湯だが、実にまろやか。粘度と旨味が強いタイプではないが、上質な仕上がり。やや塩加減を抑えた味付けも好感が持てる。かなり凄いスープだ。軍鶏メインのスープだが、野菜系のスープと魚介系からもスープを取り、それが味に深みを加えているようだ。
麺は「三河屋製麺」の中細ストレート。「我流旨味ソバ 地雷源」との店主との関係からも、当然のセレクション。上品なスープと相性のよい麺で、コシ、喉越しも良く文句なし。
具は鶏のモモ、胸のチャーシューが一枚ずつ。他、穂先メンマと九条ネギの笹切りという構成。特に鶏チャーシューが絶品。モモ肉は香ばしくてジューシー。蒸した胸肉は黒胡椒がアクセントになっていて、味わいの違いが楽しい。穂先メンマは生っぽさを全面に出ていて、これがまた素晴らしく美味しい。
もう大満足で店を出た。
ちなみに「臥龍」とは、「三国時代、司馬徽が蜀の諸葛孔明をたとえた言葉」ということだが、「季織亭」から独立し、「我流」で作った拘りラーメンという言葉も掛けているのではないか?そんな意気込みが伝わった、強烈な一杯だった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏塩らーめん」@有明 九段下店の写真061101昼
この店の本店は江東区にある鶏料理専門店。ランチタイムに始めた鶏白湯スープのらーめんが、去年の鶏白湯ブームと重なり、ついには去年9月らーめん専門店を開くほどになった。果たして味は・・・。
11時30分の開店と同時に訪れた。近くには人気店「斑鳩」があり、20人以上の行列。ところがこちらは私ひとり。店はカウンターのみの
簡素な作り。明らかに内装に金をかけていないのがわかる。なので余計一人ポツネンとした。
店員は男女2人で、らーめんを作るのは体格のいい男性だ。
注文したのは「鶏塩らーめん」。7月にメニューを全面リニューアルしたようで、メニューが大幅に変わっている。以前は付属の「洗い飯」というものが付いていたらしいが、ライスは追加注文になっていた。
さて、らーめんが来た。白濁したスープ。まさしく鶏白湯。味わうと、柔らかい味わい。柚子胡椒の香りがアクセントになっている。基本のスープは日向鶏の鶏白湯と鶏節野菜スープを合わせたもの。ただ、グッと来る深みがない。そしてスープがとてもぬるい。それでも上に乗っている、紅葉おろしを溶かしながら味わうが、正直味が薄く物足りない。もっと文句を言うと、スープの量が圧倒的に少ない。器の半分よりちょっと上ぐらいしかスープがない。更に男性店員は湯きりがヒドすぎる。ダラダラと湯が垂れるそのままに、丼に麺を移していた。これでは本来の味ではなくなってしまう。彼はどこかでちゃんとした修行をしたのだろうか?
麺は 浅草開花楼の平打ち細麺。薄べったく、貧相な麺という印象。あっさりし過ぎて好きではない。
具は鶏チャーシューがいい。さすが鶏料理専門店の自信の一面が顔を出したが、全体的には影響なし。もっと期待していただけに残念だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白濁そば」@塩そば専門店 桑ばらの写真060729午後
この店は塩がメインなので、本来は塩を頼むべきなのだが、
月〜木は塩そば、金土が「鶏白濁そば」と分かれている。
そのことを忘れ、店に入ってしまった。仕方なく「鶏白濁そば」を注文することに。
ここは池袋といっても目立たないところにあるし、店内はカウンターのみ7席の小さな店。ところが開店わずか1年あまりで、その名はラーメン好きに轟いている。果たしてどんなラーメンを味わうことができるのだろうか?
待ちながら奥にある厨房の様子を伺う。スープを小鍋に移し暖めなおしている。他、一杯を完成させる作業がいろいろ細かい。かなり期待が増す。
さて、ラーメンが運ばれてきた。久々の鶏白湯。見事に白濁したスープが美しい。スープを啜る。鶏の旨味がたっぷりと伝わる。さらに魚介の味わい。魚粉が添えられいて、こちらが溶け出し、抜群のバランスを生む。実に旨い。
麺は平打ち。浅草開花楼の麺だが、こちらもベストマッチ。後で店主に聞いたが、塩そばは違う麺だとか。資料によると極細麺のようだ。
そしてトッピングはキャベツ、木耳、そして味玉半分、メンマなど。キャベツのシャキシャキと木耳のコリコリとった食感の違いが楽しい。
チャーシューは鶏と豚から選べるのだが、鶏を選択。こちらも旨い。珍しいだけでなく、素直に味がいい。
これは相当レベル高いよ!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まる玉らーめん+煮玉子」@らーめん まる玉 両国店の写真今年のニューウェーブ、鶏白湯スープの草分け的存在の店。この手のスープはあまり食べていないので、期待に胸膨らませ夕方6時ぐらい店内へ。客は3人。客の入りとしては寂しい。さて出てきたラーメンは黄色いポタージュスープのよう。味は鶏の凝縮した深みがあり、なかなか美味しい。煮玉子もいい味している。青ネギと共に添えられている、あおさもなかなか面白い。しかし最大の欠点が麺。単なる縮れた細麺で、味わいがない。もっと麺の工夫があればもっと高得点なのにな。店主に「この店注目されていますね」と尋ねると、「何の個性のない店だけど、まあボチボチやりますよ」とのこと。鶏白湯が最大の個性なので十分なのだが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件