なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「支那そば醤油」@支那そば 一本気の写真070805昼
埼玉県内有数の実力店という情報があり訪れた。正午前に間に合ったので、どうにか店内で10分ほど並ぶだけで席に着くことができた。店は夫婦とアルバイトの女性の3人で切り盛りしているよう。
以前、東上線北朝霞駅そばにあり人気を博した店であるが、みずほ台に移転。6月7日にオープンしたばかりだ。新店らしく清潔感があるさっぱりとした店内。客席はL字型のカウンターで、製麺室もある。
この店は秋田の比内鶏を贅沢に使ったスープが特徴の店。「比内鶏つみれそば」が一番のウリだが、ここは敢えてノーマルの「支那そば醤油」をオーダーする。待っている間、食欲をそそるいい鶏の香りがする。
店内の暖簾に「一杯のラーメンでも世界一の真心をつくせる」と書かれている。かなり期待が出来そうだ。
席に着き5分ほどで運ばれる。見た目クリアな醤油スープ。ラードか油がやや多めだ。スープを啜ると鶏の旨味がしっかりして煮干が効いた上質のスープ。塩分の調節などが抜群にいい。これだけのコクとスマートとさを兼ね備えているスープは滅多にお目にかかれない。間違いなく一級品だ。小皿には柚子が添えられていて、お好みということだが、入れると清涼感が増し、更にスープの良さを引き立てる。
麺は自家製の中細縮れ麺。このスープに一番合うと考案された麺で、手揉みして縮れをだしていて、スープの持ち上げがよい。ただ、もう少しプリプリ感があった方がいいだろう。
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、薬味ネギ。チャーシューは写真では海苔に隠れて見えないが、味付けがしっかりしていて、かなりの出来栄えだ。
埼玉県内では噂通り、最高ランクの店のひとつと言えよう。
店を出ると9人の行列。炎天下でも待つ人の表情は笑みを浮かべていると感じたのは気のせいだろうか・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油とんこつつけ麺」@豚骨らーめん いちご家の写真070607昼
5月の終りコンバット越前さんからこの店の開店情報をいただき、次回本庄に行った際寄ろうと思っていたところ、運良く子供の体育祭がこの日にどんぴしゃ!なので記念すべき開店日に訪れることができた。
店に着いたのは12時を少し過ぎたところ。店内は満員で5人の行列。数本の花輪が出ている。デジカメの写真で確認すると店のルーツらしき「麺屋 大谷」の花輪も置いてある。
私は「麺屋 大谷」へ行ったことがないのでわからないが、“呼び戻し”という技法が最大の特徴らしい。
ということで、店の看板に書いてあった文言をメモって来た。特製スープ呼び戻しとは「熱効率の良羽釜を豚骨を強火で十五時間炊き開店以来カラにしたことのないスープに新しいスープを注ぎ足し作る、呼び戻しという技法のスープ。油にたよらず豚骨本来の旨味を凝縮したスープです」とある。
なので一応ツッ込みを入れさせていただくが、開店以来カラにしたことのないスープに・・・ということは、きょう作ったばっかジャンかよ!(笑)
まぁまぁご愛嬌ということで・・・。さて、ようやくテーブル席に着く。店内は広く空間たっぷり。店主の男性が厨房で調理。女性従業員3人が配膳をしている。従業員全員が黒Tシャツのお揃いだ。
この日もかなり暑かったので私は「醤油とんこつつけ麺」を注文。カミさんには「醤油とんこつラーメン」を頼んでもらった。麺は細麺と太麺が選べるが、私たちは細麺にした。
さあ、ここからがアクシデント発生だ!とにかく注文してから時間がかかるのだ。10分が経過したところで、私の後から来た人にラーメンが先に出る。更に他のつけ麺と続き、私たちの前はスルー。いい加減20分ほど経過したところで、「ここはまだですか?」と女性の1人に尋ねると、「何でしたっけ?」とのリアクション。どうやら注文した紙がどこかに消えてしまい、オーダーが通っていないと言う。何〜〜〜!これにはキレかかる。「すみません、もう一度注文お願いします」だと。初日とは言え、この接客はヒドイ。この時点で帰っても良かったのだが、そこをぐっと我慢、再注文した。この私と店員とのやり取りは当然他の客にも聞こえ、店内の雰囲気が明らかに悪くなる。
そんな中、私の隣に座った客が注文の際、「和風とんこつと醤油とんこつの違いは何ですか?」と尋ねていたが、「わかりません」という答え。これはマズイ!店主が教育をしていないということがバレバレだ。仕舞いにはその客に「醤油とんこつ」を細麺で注文したのに、太麺を出してしまったようで、客は猛烈に怒って食べずに帰ってしまった。
店内は更に異様な緊張の度合いがます。一種、店員はパニック近い状態で、店内を右往左往するだけ。「初日からこれじゃ思いやられる」と、その様子を窺っていた厨房の店主の憔悴しきった表情が印象的だった。まあ厳しいようだが、これは店主の自業自得である。
ということでやっとこ「醤油とんこつつけ麺」が到着した。つけ汁は濃厚な豚骨の旨味がたっぷりで醤油とも馴染み、そこそこ美味しかっただったのではないだろうか。正直、細かい味については覚えていない。
店主は私たちに何度も「申し訳ありませんでした」と繰り返していた。
帰り開店サービスにバラの花をプレゼントしていたが、配る方も受け取る方もとても空しく感じたことだろう。希望に満ちた開店日が台無しになってしまった。この日ミスを素直に反省し、是非とも味・サービスの向上に精進して欲しい。
オープン日ということで料金が半額だったのが唯一の救い。そうでなければもっと点数を低くしていた。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「二色つけ麺 (大盛り)」@くすのき亭の写真070510昼
2006年2月に開店したまだまだ新しい店。駅前にもかかわらず店には駐車場があるので、車で訪れた際はありがたい。平日のランチタイムに訪れた。
店はまだ若い店主とおばさん2人。1人は店主の母親?どうやら家族経営のようだ。
店内は広く食堂の雰囲気。カウンターが壁側にあり、中央がテーブル席という、ちょっと変則的な配置の店。昼休みなので満席。サラリーマン、OLのランチには人気の店なのだろう。
券売機で購入したのは「二色つけ麺」。のマネをしてみた。カミさんは「しょうゆラーメン」。私がつけ麺を頼んだ時は、ほぼ100%ノーマルラーメンを食べてもらっている(笑)
10分近く待ったかな・・・ようやく到着。2色つけ麺はこんもりした山。大盛りなので400グラムあるだろうか・・・。書き忘れたがランチタイムは大盛りかライスが無料になっている。
まずはつけ汁を啜る。かなり熱い。茶白濁したつけ汁は動物系が主役で魚介は脇役か。濃厚ではあるが、くどくはない。むしろパンチに欠けるか・・・。
麺は中太平打ち麺とゆかりを練りこんだ中太平打ち麺。どこかに書かれている記憶がないのだが、自家製麺だろう。
まずはノーマル平打ち麺を戴く。モチモチ度は良好だが、麺の主張はやや弱い。続いてゆかり入りを戴く。紫蘇の酸味をほんの少し感じる。ただ控えめなだけに物足りない。どうせ変わり麺にするのなら、インパクト重視でイカスミぐらいやったれ!
具で目を引いたのは麺の上に盛られている乾燥岩のり。汁に入れるとトローッと広がり、食感もよく面白かった。
所沢という土地を考えると、そこそこ合格点だと思う。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
79

「らーめん」@伝家の写真070407昼
2001年6月開店の家系。内装は木材を多く使った、落ち着いた雰囲気で、割合と大型の店である。この日は店の目の前にある航空公園でサッカーの試合でもあったのか、高校生らしきサッカーチームのメンバーが店を占拠していて、15分程待たされた。
カウンター席に座り、まずはキャベチャー。土曜の昼なので、キャベチャーをつまみに生ビールを1杯飲みたかったが、車で来たので、アルコールはNG。ちょっと残念だった。
そこから5分程でらーめん到着。やや小さめの丼だ。せめて中盛りぐらいにすれば良かったかな。ビジュアルは、海苔3枚、チャーシュー、ほうれん草、うずらの玉子となっているが、うずらのトッピングは、店主の修行先の系列本店である「壱六家 磯子本店」に倣ったようだ。
スープを飲むと、こってりマイルド。鶏油がかなり効いているのでやや重く感じる。ただし家系の店は塩辛く感じる店が多いが、こちらは丁度いい塩分量だ。
麺は中太ストレート。それはそれでモチモチっとしてコシのある麺。店内に置いてあった麺箱を見ると、「川越 銀杏軒」と書いてある。調べたところ、「あぢとみ食堂」が使用して以来、またたく間に埼玉県内に広まった、評判の麺だということだ。
具のチャーシューはいい言い方をすればジューシーかもしれないが、柔らかいので、評価としては良くない。他の具は乗っていたという印象しかなかった。
テーブルにはニンニク、胡麻、唐辛子、胡椒などが置いてあり、後半にニンニクを大量投入したため、味のバランスが崩れてしまったが、こういう食べ方が出来るのが家系のいいところだと、勝手ながら感じている。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製磯玉らーめん」@麺処 福吉 本店の写真070218昼
氷雨降る中、開店10分前に到着。いくら日曜日でも、この天候では流石に一番乗り。それにしても、雪に変わるのではないかと思う程の寒さには参った。
店は2002年11月にオープン。早くも「花の木」に支店を開いている。店内はL字のカウンター席だけで、中が厨房という典型的な店。まだ若い男性店員が一人切り盛りしている。
注文して10分ほどで店のおすすめメニュー「特製磯玉らーめん」が到着。岩海苔が乗った珍しいラーメンだ。スープを飲むと、豚骨魚介系の味。中々バランスが取れている。そこそこ美味しい。スープは正確には、動物系、魚介系、野菜系のトリプルブレンドとなっている。
麺は中細のストレート。やや硬めに茹でられていて食感が良いが、ツルツル感がなく、やや味わいに欠ける麺。あまり好きではない。
具はチャーシュー、メンマ、煮玉子、岩海苔、薬味ネギ。チャーシューは厚みがあり、ホロッとしたタイプ。味はまずまずか。チャーシューは単品で購入可能になっている。
岩海苔は大分からわざわざ取り寄せたというが、そもそも私はラーメンに海苔は不要と考えているので、岩海苔の必要性も感じなかった。また煮玉子丸々1個はお得。味も良く、食べ応えがあった。
スープを飲み干すと丼の底にかなり大量の魚粉が残っていた。このタイプはそろそろ飽きたかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン(太麺)」@和風らーめん 大家の写真070212昼
まわりにはなーんにもない片田舎に、ポツンと立っている食堂という店。広い駐車場も完備してあるが、ちょうど私たちの車でいっぱいになった。店内に入ると4人待ち。祝日に訪れたので、家族連れで賑わっている。
一青窈に大家(ダージャー) という曲があるが、中国語でダージャーとは家族という意味。なので店名の由来はファミリーなのかもしれない。と言うのも店に立つのは、お母さんと息子で、ファミリー経営だと思えたからだ。
メニューには醤油の中麺、太麺と選べるようになっていて、私は太麺でお願いした。太麺は麺の量も増え、普通160グラムから230グラム?ぐらいになる。ただし、その分、煮玉子半分がはなくなる。
混んでいたため、10分強待って到着。まずはスープ。節系のいい味が出ている。調べたところ、鰹節とサバ節など大量の節類と、豚と鶏の生ガラを炊いた動物系をブレンドしているという。味は濃厚であるがさっぱりもしている。かなりレベルは高い。
麺はもっちりした太麺。正確には中太麺ぐらい。妻が中麺を頼んだので食べてみたが、太麺の方が好みだ。麺は埼玉の人気店「あぢとみ食堂」と同じ、銀杏軒のものを使用しているといるそうだ。
具のチャーシューは柔らかく、よくあるタイプ。隠し味として生きていたのが、玉ネギのみじん切り。この旨味が溶けていい味になっている。
このご主人は「あぢとみ食堂」のご主人と仲が良いらしく、お互い研究して情報を交換しているそうだ。なので味も似ているということなので、今度「あぢとみ食堂」に訪れ、是非食べ比べてみたい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「とんこつ塩」@まぼろし軒の写真070106夜
街道沿いに突如現れる、南方の島にある白壁に藁葺き屋根というような摩訶不思議な店。その名も「まぼろし軒」。
「夕方、まぼろしの様に現れて、明け方、まぼろしの様に消えて行く」ということから名づけられた。ネーミングは北野武さんによる。
そう、この店は、最近「佐賀のがばいばあちゃん」のベストセラーで再び脚光を浴びている、漫才師・島田洋七さんが、1987年に創業した店だ。
洋七さんは所沢に住んでいたことがあり、当時地元で開業した。所沢は私の実家があるため、過去4,5度訪れている。仕事上本人とも面識はある。
現在この店は洋七さんの手を離れ、当時の店長がそのまま経営しているようだ。
店内に入ると、L字のカウンター。壁には、洋七さんと武さんと店長の写真などが飾られている。厨房には50代とおぼしき男性2人。どちらかが店主だ。
スープはとんこつか鶏がら、味は塩、醤油、味噌の3種類から好みでオーダーできる。今回私はオーソドックスな「とんこつ塩」。息子は「とんこつ醤油」をオーダーした。
先客は4人。大学生らしき男性2人と若いカップル。この店は深夜営業しているので、飲んだ帰りにはうってつけの店で、〆の一杯として使っていた。
待つこと5分。ラーメンが運ばれる。見た目はクリーミーな博多ラーメン。紅生姜が鮮やかだ。
スープを一口。豚骨臭が全くない、まろやかで旨味の強いスープ。とてもいいい味だ。豚骨はゲンコツを「五右衛門釜」と呼ばれる巨大な釜で1日半かけて作るという。
麺は豚骨と鶏がらとスープでかえていて、豚骨スープには、ストレート玉子麺を使っている。この麺はスープと相性が良く、スルスルと、どんどんたぐれる。なかなかいい麺だ。
具はとりたてて書くことはない。チャーシューは平凡。海苔は無用。点数としてはマイナスに傾く。もったいない。ねぎは博多の万能ねぎを使用しているようだ。
食べ進めて後半に、たっぷりのおろしニンニクを入れた。これで全体の味は壊れるが、旨味が増し、たまらなく旨かった。
洋七、武とかつての漫才ブームを作り、今なお光り続けている2人がコラボした伝説の店。行けばネタにはなる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あつもり」@所沢大勝軒の写真061224昼
2003年10月に開店した店。「東池袋大勝軒」で修行した若い店主が暖簾を守っている。去年、山岸さんを取り上げたフジテレビのドキュメンタリー番組「ラーメンより大切なもの2〜それからの池袋・大勝軒〜」で、山岸さんの味に一番近いと言われた店。山岸さんが病気療養中、味が落ちたということで、「東池袋大勝軒」の若手従業員が教えを請いに伺った店だ。東池袋を継承する店の筆頭と思えるこの店で、今年を締めくくる一杯になればという思いもあり訪れた。
前回訪れたのはは2年ちょっと前、夏の盛りだったと思う。今回はクリスマス・イブの昼間。この時の流れで、どう味が変化したのか・・・。
店は相変わらずの人気で6人の待ち。前の道路は路駐の車が数台並んでいる。
15分程待っただろうか、ようやくカウンター席に誘導される。妻が「中華そば」、私が「あつもり」を頼んだが、「中華そば」の方が圧倒的に早く出来上がる。とりあえず「中華そば」の味見。食べ慣れた味だ。控えめながら、魚介の味が嫌味なく、量を食べられる味に仕上がっている。
そうこうしている間に「あつもり」が来た。つけ汁を一口。甘・辛・酸の三位一体。それぞれの味が突出することなく調和しているのが「東池袋」。全盛期だった以前の記憶を辿ると、量が多くてもスルスルいけて、食べ終わると、満足感がまず先に来たものだ。
果たしてここはというと・・・あっさりしてる。悪い意味ではない。何の邪魔もしないつけ汁で、大量の麺も問題なくなくなった。前回伺った時も思ったが、つけ汁の主張を敢えて押さえているのではないか?
具のチャーシューは、パサパサして好きではない。ボリュームがあり、大食漢にはいいかもしれないが、私にとってはお荷物だった。
しかし店主の服装は、まさに「大勝軒」そのもの。厨房に立つ姿に淀みがなく、己を貫いている。ここに山岸魂が生きているのは間違いない。
実は25年前の「粒」と言う隠れメニューが、この店にはあるそうだ。常連には懐かしいこのトッピング。詳しくは店で聞いてくれ。
食べている途中、店の前に駐禁を取り締まるパトカーが来て、あわてた客が食べかけのまま半数が外に出た。ああ、情けない。冷めたラーメンは元に戻らない。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「油そば(大盛)」@油濱の写真060924昼
埼玉の人口密度がさほど高くないこの地で油そば専門店を開店するとは、よほどの自信があるのではないかと思い訪れた。
店内に入ると8席ほどしかないL字カウンターのみの狭い店。プラス50円で食べられる大盛を注文。待っている間、店内を見回す。あちこちに油そばの食べ方が書かれている。また「店の油は植物性の油で、普通のラーメンよりカロリーが低い」というような事が書かれている。
さて、登場した油そばは、なると、チャーシュー、メンマ、刻みのり、そして焦がしネギが乗っている。これを全てからめてぐちゃぐちゃにして食べる。さほど油っこくなく、ぐいぐいいける。麺は玉子入りの太麺。厨房の中の麺箱に「丸富」と書いてあったので、調べてみると埼玉県桶川市にある製麺所で、「酒井製麺」と同じ家系の麺を製造しているようだ。なるほど、確かに言われてみれば、そういう麺だ。モチモチ感がかなりいい。
具に関しては取り立てて感想はなし。途中、酢とラー油をまわしかけて食べたが、これもかなりいい。
トータルで言うと、かなり満足。近ければ通ってもいいと思った。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+味付け玉子」@手打中華 富士屋の写真060923昼
秩父のラーメン店は過去「見晴亭」、「孫悟空」など訪れているが、印象としてはあまり良くない。秩父にはラーメン文化が育たない地なのかという疑問が以前からあった。それを示すかのように国道299から秩父市に入ると看板には「日本そばの町」と書かれている。
この店は昭和37年創業、青竹で打った手打ち自家製の店だ。外観、内装とも新しく、清潔感が保たれ美しい。聞くところ、去年3月改築したそうだ。テーブル席と小あがりの座敷があり、さらにカウンターと広い。田舎の食堂という感じだ。店内には年配の家族4人が一組。他はなし。祝日の昼の店内としてはガランとしてかなり寂しい。
さて基本メニューの中華そばを注文。店内を見回しているうちに、ほどなく若奥さんが中華そばを運んできた。見た目はまさに昔ながらのお馴染みのビジュアル。ナルトはないが。
スープを飲むと、ゲンコツなど動物系と魚介と野菜からとったスープに醤油で味付けたオーソドックスなもの。煮干の風味がわずかにして食欲をそそるが、ややコクと旨味に欠ける。でも悪くはない。
麺は青竹で打った、平打ち麺。手打ちではよくある形状の麺。しっかりとした歯応え、これはかなりいい。
具は小ぶりのチャーシュー2枚、ワカメ、メンマそしてトッピングの味付け玉子。この玉子が、濃口の醤油だしをたっぷりと吸い込み、とても旨い。半熟ではないが、食べる価値はある。
わざわざ出向くまではないと思うが、ふらっと寄る店としては合格点だろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件