なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

fxxkman

男性
平均点 81.912点
最終レビュー日 2019年8月22日
57 48 10 20
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】鶏白湯『醤油』」@RAMEN ブリキの木こりの写真この暑さでも外待ちができる寒川の人気店。
限定の鶏白湯を注文。
スープは鶏白湯でもドロっとした感じではなく、割と淡麗系の鶏白湯。味は濃い目で途中からマー油を入れながら味変が可能。マー油を入れるとニンニクのいいアクセントになるが、時間が経つとスープに油膜が張ってしまうのが少し残念。
麺は縮れ麺で濃い目のスープがよく絡む。
具材はチャーシューがほろほろのものが一枚と、薄めのローストのものが一枚。ローストの方が非常に好みだが、鶏白湯のスープにはほろほろの方が合っているような印象。白髪ねぎは非常にいいアクセント。
非常に鶏白湯の中では淡麗系で食べやすいが、あっさり好きの私としては、少し濃すぎるかな。マー油と鶏白湯が意外にも合うんだなと発見できた一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
76

「淡麗煮干」@麺屋BISQの写真駐車場も2台分確保され、来やすくなったので再訪。
初の煮干は淡麗と言う通り、ドロドロ系ではなくサラッとしている。煮干の香り、えぐみをかなり残しているので、好きな人は好きなはず。しかし、今日は少ししょっぱめな印象。もうちょっと塩気が薄くなればベスト。
ストレートの自家製細麺も小麦の味も残しつつ、コシが強くて美味い。
チャーシューは鶏チャーシュー1枚とローストのものが1枚。味がしっかりしており美味い。この手の煮干にはマストな粗みじんの玉ねぎが煮干のスープによく合っている。
この店は湘南のカフェのような店内で、どのラーメンもレベルが高い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん」@なんつッ亭 秦野本店の写真言わずと知れた熊本豚骨ラーメンの先駆けになったお店。
真っ黒のマー油が広がる豚骨スープは夏に食欲を増進させてくれる。味はかなり濃厚だが、そこまで豚骨の臭みはない。
麺は中細ストレート麺で加水率も高め。
具材のネギはいいが、もやしは味付けなしの茹でたもので少し味気ない。チャーシューもこれといった特徴はない王道の固めチャーシュー。
暑い夏にはピッタリのガツンとマー油豚骨。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば・醤油」@櫻井中華そば店の写真平日にもかかわらず、開店15分前でも5人ほど待ちが…ラーメン雑誌でも取り上げられていたのでずっと気になっていたお店。
スープは鶏ベースの醤油。油は強めだが、醤油の味もしっかり感じられる。
麺は自家製のちぢれ麺。この手のラーメンは最近は細麺ストレートが多い中で珍しいが、パンチのあるスープに非常にマッチする。
具材は特製なので、チャーシューがバラとロース2枚ずつ、味玉がつく。バラのチャーシューは脂身が多いが、非常に脂身も甘く脂身が苦手でも全然嫌ではない。ロースの方は低温調理されているような味わいだが、今まであまり食べたことのない独特な味わい。味玉は半熟気味で非常にコクの強い卵で味もしっかり染み込んでいる。メンマは細めだが、柔らかめでこちらも味がしっかり染みていて具材はどれも美味しいので特製にして正解。
特製トッピングで990円でこの味は大満足。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「追いはまぐり中華そば(醤油)」@麺酒処 ふくろうの写真戸塚の飲めるラーメン屋さん。
こちらの追いはまぐり中華そばは100%はまぐりダシのスープ。パンチは強くないがしっかりはまぐりを感じられる。油は薄めで醤油のうまみとはまぐりのうまみがうまく調和している。
自家製の細麺は加水率高めで啜りやすく、どんどん箸が進む。
具材の鶏チャーシューはプリプリで味付けは控えめ。殻付きのはまぐりがゴロゴロ入っていてインパクトは大。カイワレは非常にこのはまぐりのスープにいいアクセント。
100%はまぐりのダシは物珍しいが、1180円と少しお値段は高め。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆチャーシュー麺」@らぁ麺 飯田商店の写真神奈川不動のNo.1人気店。整理券制、メニューを一新してからの初の来店。
まず驚きが値段設定。デフォでも1000円超え…チャーシュー麺でも1480円。かなり強気。
しかし、相変わらずの丁寧な盛り付け。スープは流石の一言。鶏のうまみを全て凝縮しているにも関わらずしつこくない。油も完璧なバランス。
自家製の細麺も加水率高めでとてもうまい。
チャーシューは薄めだが、TOKYO Xと黒豚の2種類でどちらもトップクラスにうまい。
神奈川不動のNo.1は値段設定は強気だが、その金額以上に価値のある一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「塩らー麺」@麺処 凪の写真見た目はあっさり優しめな塩ラーメンかと思いきや、なかなかパンチのあるスープ。牛骨のまろやかさと野菜の甘みが存分に感じられる。柚子胡椒を少し絡めるようにと勧められたので実践してみると、これがまた抜群にうまい。
麺は細麺のストレート。具材のチャーシューは厚切りの小ぶりなものだが、しっかり味が染み込んでいてうまい。穂先メンマは柔らかめ。ニラが牛骨スープにマッチして最高のアクセントになっている。
さらに、塩もつ煮ご飯のセットを頼んだのだが、これまたモツ煮がうまい。この時期ビールが欲しくなる。
湘南では珍しい牛骨スープが味わえる貴重な一杯。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉鶏と鰹の醤油らーめん」@鶏喰~TRICK~の写真お昼のピーク時は行列必至の言わずと知れた人気店。
いつもオーソドックスな醤油か塩だったので初めて鰹に挑戦。
相変わらずの美しいフォルム。スープを一口飲んでみると、もっとあっさりめにまとめてあるのかと思いきや、すごく濃厚。鶏ベースの醤油に鰹節や魚粉?も溶け込んでいる。鶏より鰹が強いが、かといって喧嘩するわけでもなくうまく調和している。
細めの自家製麺もコシが強くスープにしっかり引けを取らないおいしさ。
具材は鶏チャーシュー2種類、鶏だんご、海苔、九条ネギ、トッピングの味玉。正直全て文句の付け所がなくうまい。
鶏が売りの店ではあるが、鰹の方もさすがレギュラーメニューなだけあってものすごくうまい。ここはどのメニューもレベルが高く、トッピングも美味しいので、少し値は張るが特製トッピングがオススメ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【本日の限定】煮干醤油そば」@53'sNoodleの写真あいにくの雨でも開店10分前から続々と並び始め開店同時にもう満席。さすがの人気。
フォルムは淡麗さが一目でわかるサラサラスープ。スープは一口飲むと…醤油の旨味は感じるものの煮干はあれ?と言った感じ。しかし、食べ進めるにつれ、沈殿した煮干の粉末がめんにまとわりつき、煮干の味わいを感じられる。油は薄いが、非常に丁寧に計算されたスープに脱帽。
麺は言わずともこの淡麗スープに合うコシの強い細麺。
具材は2種類のチャーシュー、メンマ、刻みと焦がしの2種類のネギ。チャーシューはロースの方は低温調理のような形で肉肉しくうまい。バラの方もあえて歯ごたえを残しているのか、非常にかみごたえもあるものの、味付けが抜群にいい。メンマは細めでコリコリの食感を残しつつも味はしっかり染み込んでいてうまい。そして、焦がしネギのアクセントがこのスープにベストマッチ。焦がしネギとスープだけでずっと啜っていられそう。
スープから麺、具材全てのバランスが抜群にとれた一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鯵醤油」@小田原ラーメン 鯵壱北條の写真小田原での旅番組等でよく特集される桶ラーメン。
鯵を前面に押し出しているが、スープから鯵感はそこまで感じられない。しかし、以前よりパンチは増している気が…以前食べたよりもパンチも増して美味しい。最近のレビューが少ないので昔より格段にレベルは上がっていると思う。
麺は中太のストレートで固めに茹で上げられていてコクのあるスープにはぴったり。
具材はチャーシューが二枚もやし等の野菜、小田原ならではのかまぼこと海苔、さらにスープには胡麻がまぶされている。チャーシューは特に印象は強くないが普通にうまい。その他も普通だが、胡麻はいいアクセントになっている。
卓上のニンニクを入れるとより一層旨味が増して箸が進む。
ただ、デフォで1000円の強気な値段設定はコスパが…そして、桶に盛られたラーメンはインスタ映えはするだろうが、なにぶんスープが飲みづらい…
値段設定さえ見直せばもう少し点数も伸びてくる気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件