なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚鶏白湯つけ麺(塩) +味玉」@麺屋 時茂 西川口店の写真3月に異動があって暫く経った4月1日に訪店。
わかりにくい入口、ビルの1階、雑居的空間の一角にあります。

中高生の団体さん10数名が占拠、
団体なので一人ずつ退席ということがなく、
30分ほど待たされました。

濃厚な鶏白湯、見た目は見事なピュアホワイト、粘度も高い。
鶏白湯というと、旨味部分をギュッと濃縮…
と思いきや、かなり野趣的な部分まで余さず抽出したスタイル。
癖が強く、この癖に対する相性は個人差があるでしょう。
添えられる揚げニンニクで、さらに個性UP、
正直、私はちょっと苦手気味なタイプ。

併せる麺がツルツルピカピカの太麺。
汁のトロミで麺とつけ汁がよく絡みます。
麺のしっかりしたピュア感と野趣溢れるつけ汁とで
バランシングを図る作戦かな。
意図的な組み合わせなら、なかなかしたたか。

IHで常に熱々の状態を保ってくれるのは嬉しい。
割スープはアゴ出汁も使われていて面白い、
多めの割でのばすと、浸け汁もかなり好みの味になりました。

バランシングの効果はありましたが、それでも汁の個性は強く、
やはり「癖も抽出」系の鶏スープは、
「逃げ場のない」白湯にまとめるよりも、
隣駅の竜葵さんのように、塩清湯にまとめる方がよいのではないかな、
なんて考えながらいただきました。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】八丁味噌ラーメン+味玉」@麺匠 むさし坊 武蔵浦和本店の写真多忙期に入り、なかなか未訪店に行けません(><)
武蔵浦和でのお仕事、本日もこちらに。

「牛」の限定を狙ったのですが、
既に次の限定、「八丁味噌」にシフトしていました。

火鍋でスープをじっくり仕上げています。
野菜は煽り炒めではなく、仕上がり前にサッと茹でる感じ。

土鍋に入っての登場、
もちろん、上述の通り、火鍋で仕上げたものを移しただけで、
鍋焼きにしているわけではありませんが、そこは雰囲気・気は心!

緩めのとろみのついたスープ、
トロミはこちらの売りの鶏白湯でしょう、
味噌的塩気4:味噌的甘味2:嫌味のない酸味1というブレンド、
八丁味噌の諸要素をそれぞれ際立たせるようなタッチです。

麺は中細の平打ちで、パラパラッとした硬めの茹で、
スープとの絡みも良好で美味しい麺ですが、
鍋焼き風ですから、思い切って太めの麺なんていう方が面白そうかも。

シャキシャキ感がしっかり残ったモヤシとニンジンが主体、
濃いめの味噌味と野菜のフレッシュ感のコントラストが心地よいです。
メンマ代わりのゴボウも健在!この味噌スープによく合います。

味噌にしては大ぶりのチャーシュー、
噛むとホロッと繊維が崩れて旨味が染み出すタイプで、いい感じです。

個人的には、モッチリした饂飩タイプの麺を、
このミソスープと組み合わせたい衝動に駆られますが、
このチューニングこそがこの店らしい!ともいえそうです。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】牡蠣そば+味玉」@中華そば田家 ふくふくの写真限定の「牡蠣」の文字に惹かれ、またもや訪店。

塩自体の旨味をそれなりにフィーチャーしつつも、
基本的には穏やかな塩清湯スープ。
牡蠣は数分間いっしょに煮て、「移り香」的にスープにも風味を移したか?
葱や春菊も散らして、風味が単調になるのを防いでいます。

牡蠣は比較的大粒なものが5個、
茹で過ぎず、火入れが甘くなり過ぎず、ジャストな茹で、
牡蠣の旨味が損なわれないよう、上手く仕上げている印象。

麺は細麺、この店の細麺は、やはりなかなかいけますね。
醤油スープと併せた時ほどボワッと風味は立たないけど、
塩スープと馴染んで、地味ながらしっかりした味わい。

「牡蠣」と銘打ったとはいえ、スープとかを牡蠣尽くしにしたものではない、
でも、牡蠣本体が出汁ガラになったりすることなく、
風味を損なわずボンッと乗っているだけで、限定としては楽しいではないか。

もうちょい牡蠣自体に仕事を施したり、
出汁に牡蠣を活かすなど、細工の余地はあると思うけど、
野暮なことは言うまい、
ほっこりと牡蠣を楽しめたことを慎ましく喜べた一杯哉。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「担々麺」@麺匠 むさし坊 武蔵浦和本店の写真武蔵浦和でお仕事、その前に、2008年以来の訪店、
武蔵浦和マークスの1階に組み込まれ、
オシャレな店構えになっています。

鶏白湯をフィーチャーした、個性的な白い担々麺。

濃厚さを追究するのではなく、
すっきりミルキーに仕上げた鶏白湯スープに、担々肉味噌を浮かべ、
ルッコラ・赤タマネギ・クワイ・ラディッシュなどを具材に配置、
辛味はあくまでアクセントに、
すっきりしているけど、フワッと香りの立つスープの合間から、
洋菜のシャキシャキした食感と風味が顔を出す心地よさ。

担々麺党には物足らないかもしれないけれど、
ひとつのニュージャンルラーメンと考えると悪くない。

併せる麺は硬めに茹でた細麺、
博多ラーチックなものが長さとしなやかさを増したようなもので、
ミルキースープを勢いよく裂くように啜り上げます。

惜しむらくは、洋菜類の温度で、
「冷め」が若干速く感じられることでしょうか。

しかし、提供前に炒り胡麻とすり鉢が提供され、
食べる前に擦って香り立たせたものをスープにぶち込んでいただくシステムが、
香ばしさでそれを補う役目を果たしてくれるようにも思えます。

この季節よりも、冷製で、夏場に楽しむとよさそうではあります
(実際、そういうメニューを出しているようではありますが)。

8年前はあまりよい評価をしなかったのですが、かなり見直した次第。
同じ系列から、名店・七彩なんかも輩出されているわけで、
やはりポテンシャルは秘めていそう。
他のメニューなども改めて試してみようかな、と思いました。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「特製つけめん」@中華そば田家 ふくふくの写真「穴子そば」という限定を店頭でみつけ、
喜ぶも束の間、前の客で完売(><)
では、前回、麺に惹かれたので、つけめんを試してみます。

中華そば系と異なり、こちらは平打ち麺、
モッチリ&シコシコで悪くない、
でも、中華そばの麺ほど強い風味は感じません。
並で300gとお得なボリューム。

つけ汁は、ドロ度強めの動物魚介、
魚介のパンチも感じますが、
何やら独自な仕立てになっています。
何由来だろう、ミネストローネ風というかイタリアンチック、
なるほど、だからこそパスタライクな平打ち麺と併せるのですね。
発想や取り合わせはなるほどと思うけれど、
高いドロ度とこの手の麺の組み合わせは冷却速度も速く、
中盤から魚介よりも酸味が立って感じるのが難点かも。
個性的な味わいは、ひょっとしたら食べ手の好みも選ぶでしょうか。

トピは、鶏・豚、2種の低温調理チャーと味玉、
クレソンに穂先メンマ。
低温チャーの出来がよくて、
この手のものにありがちな筋残りや、旨味の「トビ」もない。

スープ割で、温度回復、食べ始めの好バランスが戻ったところを味わって完食。


こちらも個性的でしたが、
やはり温そばのあの麺の方が印象に残ります。
川越勤務があるうちは何度かお邪魔するでしょうが、
基本的に温そば系を愛させていただくことにしましょう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「煮干野菜つけ麺(並)+味玉」@つけ麺津気屋 武蔵浦和の写真十条の新店を訪ねるも、通し営業と思いきや、中休み。
やむなく勤務地 武蔵浦和で、貴重な通し営業のこちらへ。
津気屋は久しぶり。

メニューを見て、
「お!野菜!煮干!」なんて安直に表題メニューに飛びつきますw

ドロ度60%くらいの食べやすい粘度の豚骨魚介、
ニボニボで売ってるお店と比べると、どうしてもボヤっとは感じますが、
万人向きの穏やかなものと解します。

野菜好きなので、シャキシャキ炒め野菜のトッピングは歓迎なのですが、
煮干のつけ汁と併せたのは選択ミスかな、野菜の水分で、どうしても薄まって感じます。
やはり野菜を併せるなら、味噌か辛味だなあ。

あと、ここはつけ汁インの刻みチャーシューがあまり好みではありません。

麺は、鎖店らしからぬ個性、
ほどよい風味、粒子もチラホラ、麺肌ツルスベで、強いモチモチ系の弾力、
つけ汁のとろみで絡むスタイルなのでこれでよし。

野菜の水分でほどほど薄まったので割は少な目で。

メニューにはあるけれど、やはり野菜だ煮干だと欲張ってはいけませんね。
限定メニューの鮭なんか試してみればよかった。

でも、便利だし、いろいろアレンジ楽しめるし、店員さん元気良いし、
県内で安定した人気があるのは納得です。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製塩SOBA」@むぎとオリーブ さいたま新都心店の写真新都心店限定という塩SOBAをいただきに、再訪。
アニマルオフの、藻塩を使った一杯。

魚介出汁命の私ではございますが、
もちろん動物出汁を低く見るものではありません。
むしろ、三種の旨味成分のシナジーの中で、
魚介が引き立つ味わいが至高と考えるもの。

そう考えたとき、この一杯は、どうしても「軽さ」を感じます。
ふんわり軽やかな旨味に満ちたスープではありますが、
揮発チックというか、グイッと喉の奥へ入っていく満足感が?

麺も、どちらかというとモコッとした食感の軽快なタッチでありますから、
スープをまとっても、おやつの「カール」を彷彿とさせる、
だから、適度な腰もあるのに、どこか「ふやけた」ような錯覚が・・・。

具材は、低温チャーを中心に秀逸なもの、
鶏チャーのしっかと火が入りつつやわらかさや旨味を失わないタッチ、
薄めにスライスした豚チャーの、低温チャーにありがちな「筋っぽさ」を
みじんもかんじさせない仕上がりは優れもの。

動物質を加えない分、塩のミネラルなりカツオ系の旨味なりで、
もう少し「重心」を低く持ってきてほしいなあ、というのが感想。
(注:個人の感想です)

逆に(?)、今度は鶏SOBAを試してみようかな。
まだ楽しめそうなお店ですし。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】せたが屋Essence」@らあめん花月嵐 和光市駅前店の写真8月のレビューです。
このメニューの提供は終了しています。

多忙な夏期の勤務の合間に何とか食べた数少ないラーメン。
多忙な時期に、通勤経路上でせたが屋が味わえるならありがたい。
大好きな前島's せたが屋が花月嵐とコラボということで、
少々期待していただきました。

魚介出汁からラーメンの世界に本格的に踏み込んだ身にとって、
魚介を前面に出す、前島'sせたが屋ブランドは魅力的でした。

豚骨ラーメンがメインの花月嵐さん、
やはり魚介の出し方はおとなしめ、
なめらか豚骨に、フワッと漂わせるように魚介出汁を「溶かし込んだ」感じ。
せたが屋さんの、よい意味で乱雑に魚介を弾けさせることがお家芸のせたが屋にしては、
よく言えば無難にまとめた、悪く言えば個性を控えた「小奇麗」な一杯。

麺はつるんとした中太麺で、油分でスープが絡まり、塩分で麺の味わいが立つ感じで、
髄質と油分で巧みに麺と絡めるせたが屋さんよりも、やはり絡まりは弱いかな。

とはいえ、せたが屋を未食、ないし、前島ブランドに思い入れがない人にとっては、
いつもの豚骨ラーメンの目先を変えるには、ちょっと良い感じの一杯でしょう。

前島さんの顔写真やコメントまで前面に出して「せたが屋」を売り込んだのですから、
もうちょっとせたが屋らしいものが出てきてほしかったかなあ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「プレミアムエビワンタン麺(中太麺)」@中国ラーメン 揚州商人 北浦和店の写真台風(→熱低)接近で土砂降りの中、
本日の勤務地に降り立つも、数軒訪れたお店は何故か開いておらず、
こういうときのためにチェックしておいたこちらに駆け込みます。

狙いは、限定提供中のこちら。

「濃厚な鶏と魚介のスープ」というPOP、
その通り、コラーゲン質でポタージュ状になったスープは、
かなり強めの鶏風味が漂っており、
そこに塩分的に魚介出汁が強く利かされています。
メニュー名通り、プレミアムな上質のスープ感と、
揚州商人「らしからぬ」(?)野趣が同居、なかなかいけてます。

麺は、刀削麺・中太麺・細麺から選べますが、中太麺をチョイス、
スープのとろみの中で、モコモコした食感が心地よく、
弾力・噛み心地も合格点、スープを味わう道具でありつつも、
静かに存在感を主張します。

ちょっとしゃがれたほうれん草と標準的なメンマ、ネギ、
味濃いめに染みた味玉、
そして、大ぶりのエビワンタン!
皮は、ヒラヒラというより、やわらかめのラザニアチック、
餡は、プリプリ硬めのエビが「まんま」入っています。
このコントラストは、これはこれで面白いけれど、
やはり「金魚チック」な皮と、
すり身にして何か一仕事加えた餡を期待してしまう、
面倒でも、3つのうち1つを違うタイプのものにしたら面白いのに?

と、ついワンタンの方に注文を付けてしまいましたが、
雨で気温が上がらず、仕事の士気まで上がりそうになかった私の気持ちを、
それなりに「高めて」くれた一杯ではありました。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「レッズ+味玉」@○玉大勝軒の写真北浦和でのお仕事、の前に、こちらも通し営業のお店で一杯。
久しぶりの訪店です(6年ぶり)。何か珍しいメニューを?
と思って、ふと目に留まったメニューをポチッと。

「すごく辛いですか?」、「いえ、そんなに辛くないですよ」
というやりとりを経て、軟弱なのにピリ辛好きのおじさんにも安心のチョイス。

基本は、「またおま」という言葉がそろそろ懐かしくなった豚魚系、
豚骨の強めのドロと適度な甘みがしっかりした土台を形成、
魚介系は、塩気と旨味で動物質の甘みの行き過ぎを穏やかに抑えつつ、
麺の旨味・甘みを引き立てる役割を果たします。

地元蹴球団をおそらくは応援するメニューでしょう、
真っ赤なチームカラーは、我がカープとかぶります、いいことだw
ラー油による全体馴らし系のピリ辛と、
鷹の爪によるピンポイントアクセント的辛味で単調さを回避、
合わせて麺の旨味を引き立てることにも貢献している感じです。

提供時、すぐにセラミックを「焼き石」として投入、
すぐにチャーシューをグツグツ器に入れるよう促されます。
まあ、アツアツでいただけるのはありがたいけれど、
厚みもそんなにないし、麺を啜る傍らでチョロッとつけ汁に泳がせて食べた方がよいかも?w

麺は、「またおま」にしては細めな太麺、
プリプリとした腰があっておいしい麺です。

貼紙に、「池袋の大勝軒の精神をきちんと継承」していることを強調してますが、
麺やスープのタッチは違ってますね。
丁寧な仕事と、無化調で食べ手にやさしくも、しっかり満足のいく一杯を提供する、
その精神を受け継いでいることは、きちんと伝わってきました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件