なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

カズオ

男性

今日も、明日も、大盛。でも最近、麺少なめ。

平均点 83.279点
最終レビュー日 2019年7月19日
652 583 0 1,461
レビュー 店舗 スキ いいね

「全部のせつけ麺(1100円)」@つけめん・らーめん・煮干そば 金狼の写真平日の夜、春日部駅。
会社の人達と一件呑んだ後に。
夜20時頃、行列こそ無いもののこの界隈では人気のようで客足は絶えず。

埼玉のラーメン好きならこの狼の文字を見てムムっと思うところですが、やっぱり店主の最後の修行先は狼煙で、つけ麺は狼煙のつけ麺を目指していると店内に書いてありました。

実際、狼煙のつけ麺よりはサラリとしています。つけ汁も麺もこれぞつけ麺といった王道スタイル。

鶏そば、煮干し、豚骨魚介とメニュー構成もお店のお勧めが伝わりにくいので器用貧乏な印象です。もったいない。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺(918円)」@麺処 いぐさの写真休日の昼、伊奈町。
ほん田出身の麺屋こうじグループのこちら。
車でぶらりと40分ぐらい。駐車場がお店の前にありますが止めにくい。近くにもあるようですのでよく確認。
休日のオープン時間ちょうど、今日は独りでしたがそんなに混んでいないため家族で訪問しても問題なしですね。
魅力的な限定メニューもありましたが初めてなので基本のつけ麺を。

麺は極太で硬めの弾力。この一杯の印象はこの太麺に尽きるかなと。噛みごたえのある麺が好きな人にはいいかも。

至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
89

「濃厚つけ麺(850円)」@銀座 朧月の写真平日の夜、銀座駅。
どうも気分がのらない午後、残業を止めて部下を引き連れてラーメン激戦区の銀座へ。
濃厚なつけ麺が食べたいと思い、こちらに。まだ明るい時間、中待ち少々。

初めてなので基本のメニューを注文しましたが、部下の塩つけ麺も美味しそう。
濃厚なつけダレは豚骨と魚介のWスープだとの説明書きがあります。
麺は極太麺でかなりモチモチ。

見た目はいまいちですが、味はさすがの一杯です。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「限定Wつけめん(1280円)」@六厘舎の写真平日の昼、東京駅。
東京ラーメンストリートにて、有名店に訪問。
時刻は12:00、20人ぐらいの行列。並ぶお店はさすがに子供を連れては来られないので、こんな仕事の隙間に。
回転は早く20分ちょっとで着丼です。
手前が豚骨魚介、奥が新作の鶏豚野菜です。
鶏豚野菜の方が一口目の動物系の濃厚な旨味が感じられるので印象的。でも食べ続けると飽きる。豚骨魚介は安定の味、卓上のゆず粉を入れればサッパリ感。モチモチの麺はつけ麺ならでは。

この後すぐにとみ田に行って豚骨魚介の味の違いを確認したい気分、でもお腹一杯。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺(1100円)」@つけ麺 弥七の写真休日の昼、館林市内。
不安定な天気に不安を感じつつ初訪問。
時刻は12:10、外待ち3名です。
つけ麺の有名店との認識で以前よりマークしていたお店にやっとこさ。店内はテーブル2卓にカウンター5席と郊外にしては狭いほうかと。

注文はせっかくなので特製で。
肉厚で大きくコッテリなチャーシューがドカンと。太麺は全粒粉タイプでツルモチ食感。
さらりと食べやすい豚骨魚介。ネギと玉ねぎが多めに入っており薬味として効いている。

とても元気のいい店主、地方の人気店は人柄がいい。それと外で並んでいるとき蚊に狙われがち。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「特製豚骨魚介つけ麺(1080円)」@中華そば 七麺鳥の写真平日の夜、鶯谷駅。
北口の改札を出て、ラーメンを食べに降りただけなのに誰かに見られてそうで恥ずかしいなんて、ピュアな心が芽生えたり。

まだ明るい時間、店内に客は数人。
醤油、塩、味噌と一通りあるメニューの中から、豚骨魚介のつけ麺を選ぶのが私のつけ麺ライフ。

つけダレは正に「またおま系」。少し煮干しが入っていそうな味と色。
中太麺はモチモチでこれぞつけ麺。とても美味しいです。
全体としては可もなく不可もなく。何か印象に残るものが欲しくなるメニューですね。
またおま系のハードルは高い、って自分で注文しておいてすいません。

日頃のストレスから解放されるせいで、金曜日が1番テンション高い。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけめん(900円)」@次念序 モラージュ菖蒲店の写真休日の昼、久喜市内。
大型ショッピングモール、モラージュ菖蒲のフードコート内で六里舎系列の次念序のつけ麺が味わえるとは。11:00頃ならフードコートも空いています。

ザラモチの極太麺は食べごたえあり。
つけ麺男子の心をつかみます。
王道の豚骨魚介スープは重すぎず、軽すぎず。

フードコートだと他の店舗のステーキやら天婦羅やらをトッピングしたくなります。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「GOTTSUつけめん(980円)」@RAMEN GOTTSUの写真休日の昼、練馬駅。
少し出遅れた日曜日、人気店のようでしたので、待ちは覚悟。中待ち合わせると5人ぐらい。練馬という土地柄か家族で来る客も多い。
それでも運よく、すぐにカウンターに。

フワフワした食感の麺は好み。
しっかりとした味の豚骨魚介つけダレは修行先の渡なべに負けてない。
大きな玉子に燻製されたチャーシューなどトッピングも美味しい。

添えられた辛肉玉を入れると味変にはなりますが、担々麺の味になってしまうので、賛否両論。

お洒落なラーメン屋さん黒いTシャツ着がち。って勝手な空想。
至福の一時をありがとうございました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介系豚骨つけ麺(800円)」@横浜家系ラーメンとりとんの写真平日の夜、浦和駅。
なんだかんだで美味しいチェーン店みたいな家系。
夜20時頃に店内は7割ほどの客の入り。
新メニューでつけ麺を始めていたので注文。

またおま系の豚骨魚介で標準的なつけ麺を目指している模様。ラーメンは白い麺ですが、つけ麺は色の付いた全粒粉タイプで弾力固めの仕上がり。チャーシュー、メンマ、海苔に魚粉とトッピングも標準的。

家系のつけ麺なのだから家系っぽいつけ麺の方が絶対いいのに。
ギトギト豚骨のつけダレに、ホウレン草のトッピング、海苔を綺麗に並べて盛り付けて、しなやかでツルモチの太麺。と、どうでもいい私の好み。
至福の一時をありがとうございました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「大味玉つけめん+チャーシュー(1220円)」@つけめん さなだの写真平日の夜、三郷駅。
駅から私なりに速足で15分。遠い。それでも食べログ百名店にも入っているし、部下の雑誌にも載っているしの名店には行かねばと思い初訪です。

開店まもない時間帯、先客2名です。後客多数。
六厘舎出身とのことで味は折り紙つき。
お店の案内によると、スープは鶏豚骨魚介つけ麺とのこと。
太麺で茹で時間がかかりますので、混雑する時間帯なら待ちも発生するでしょうね。

見た目からドロドロ系のつけダレを想像していましたが、サラリ系です。
サラリが功を奏して、自慢の麺のプリっとした食感と小麦の味を感じることができます。
麺もつけダレもチャーシューも大味玉もどれも美味しいです。

私はフルーツ酢が卓上にあると、麺でもスープでもなく水に入れるタイプです。
至福の一時をありがとうございました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件