なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.435点
最終レビュー日 2019年7月19日
568 460 14 1,850
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば  ¥650+味玉 ¥100」@らぁめん 欽山製麺所の写真日曜日 晴天 20:05 先客なし 後客4名

令和改元記念 特別企画

〝諸国麺遊記 中四国編〟

徳島市にて今回の中四国遠征の八県八杯目を食べ終えた頃には午後6時を過ぎていた。先程の行列の際に中四国制覇の最終目的地である香川県 高松駅への移動手段は調べておいた。

すると思っていたよりも徳島駅から高松駅は近く移動時間も一時間程度だと知った。そこですぐにチケットを購入して 18:30発 JR 高徳線 特急 うずしお26号 高松行きに乗り込んでクライマックスの地となる高松駅に向かった。

夕暮れの車窓を眺めながら一時間で高松駅に着いて改札を出ると海沿いという事もあり、さっきまでの高知や徳島よりも随分と肌寒く感じる。RDB香川県総合ランキング第3位のこちらへは高松駅から歩いて行ける距離だったが、せっかくなのでひと駅だが乗った事のない琴電という路面電車に乗車して行く事にした。高松駅から琴電 高松築城駅まで歩くと5分以上はかかったが、電車に乗ると初めての車内を楽しむ暇もなく2分で最寄りの片原町に着いた。そこからは早じまいしてない事を願いながらアーケードの商店街の門を曲がると、踏切の向こうに明るい看板が見えた。日曜日の午後8時過ぎなので商店街に人通りはなく、営業している店も数軒だけと寂しい限りだ。それはともかく今回の旅の終わりを迎える目的地が営業していた事を感謝しながら店に入った。さすがに時間帯なのか客は誰一人おらず貸切状態。券売機は無く変わったレイアウトのカウンター席に座り、卓上メニューの中から本日のお題をゆっくりと品定めする。

自家製麺を売りにしたメニューが豊富な中で、一番シンプルそうで好みの醤油味の中華そばを見つけた。好物の味玉だけは追加して女性スタッフさんに告げると店内観察をはじめる。入口近辺に調理場が設けられた珍しいレイアウトの店内で、オーソドックスな対面カウンターはないがデシャップ兼ドリンク場に面したカウンター席もある。壁沿いにはテーブル席もあり客席数はかなり多い。そんな店内を本日は二人体制で切り盛りしている。厨房で黙々と 調理をされているご主人の作業を暖簾の隙間から食い入るように見ていると、着席して8分で我が杯が到着した。

その姿は、さすがは「うどん県」を自称するだけに、うどん鉢にも似合いそうな砥部焼の梅山釜で焼かれた外唐草の反り丼の中で、私の中華そばのイメージとは少し違う表情をしていた。しかしこれが〝さぬき中華そば〟なのかと、初対面の姿を眺めながらレンゲを手にした。

まずは透明感のある赤銅色のスープをひとくち。レンゲでスープをすくわずとも穏やかな魚介の香りが鼻先に届いている。それは明らかに煮干しの香りだが、煮干しというよりはイリコと言った方が良さそうな讃岐らしい香りだ。動物系の香味油の香りも少ないので、うどん出汁のような和の要素にあふれている。ラーメンとは思えないようは香りに包まれながらスープを口に含んでみると、香りに比例した和出汁テイストが口の中に染み渡る。今回の中四国遠征の中で味わった事のない魚介出汁が主役のWスープだ。カエシは出汁を活かす為か、角もなく尖っておらず甘みすら感じてしまう設定だった。

勝手ながら、この和出汁感が讃岐っぽさだと決めつけて麺に取りかかってみる。クリアなスープの中で全貌を明らかにしている中太麺は、軽やかに波打ったちぢれ具合と平らな麺質が特徴的。麺上げまで120秒くらいの麺を箸で持ち上げると、強いハリとコシを感じた。この時点で、コシの強いうどん文化圏である讃岐地方で愛させる理由が分かった気がした。瀬戸内海を挟んではいるが昨日訪ねた岡山県とは距離にすればいかほどでもないはずだが、両県の麺文化の違いを知った。対岸の岡山県は赤磐雄町をはじめとした酒米を含めた米の名産地だ。しかし香川県は昔から水不足の影響を受けて米の生産量が少ないために小麦文化が発展してきた経緯がある。そんな香川県だからこそ生まれた小麦麺に対する拘りが歯応えとなって表されているような気がした。それは強いコシとなって表れているが、うどんのコシとの違いはカンスイによるモッチリとした歯応えではないだろうか。奥歯に吸い付くような食感と、ちぢれによる不規則性が噛む楽しさを倍増させる。さらには喉越しも良く今回の中四国遠征では一番の強麺だった。

具材のチャーシューは鳥モモ肉のロースト型。しっかりと漬けダレが浸みてして旨みも十分。また厚切りなので食べ応えもあった。今回はたまたま端切れ部分が一枚入っていたが、より下味が濃く焼き目の香ばしさがあったので、切り落とし系が好きな私にはとてもラッキーなチャーシューだった。

追加した味玉は、ほんのりと出汁が香るタイプで熟成度は低め。きちんと適温まで温め直してあるのは好印象だが、好みの味玉ではなく残念。穏やかなスープに合わせたうす味仕立てだった。

こちらはメンマで山の幸を表現するのではなく、山くらげで個性を出していた。乾物ではあるがメンマのような発酵臭こそないが、独特の食感が愉快なので大変アクセントとなってくれた。数年前に中華料理店で山くらげの漬物を食べた時には、これがレタス類の茎だとは知らなかった。

薬味は丁寧に白ネギを刻んで水にさらしたものと豆苗を細かくしたものを和えてあった。香りや食感、彩りの面でも役割を果たしていたが、糸唐辛子だけはこのラーメンに合っておらず不要にすら思ってしまった。

十字4切の大判な海苔は瀬戸内の海苔らしく、口溶けや香りの良さよりも歯触りや食べ応えをアピールしている。厚みがありしっかりとした食感の海苔は、この麺の強いコシには合っていると思った。香り高く口溶けの良い江戸前海苔とは違った味わいを楽しんだ。

最終的にはスープに不必要な旨味も感じる事なく食べ進み、気がついた時には器の底が見えていた。今回の旅では唯一のスープまで飲み干せる穏やかな味わいだった気がする。後客で来たご家族連れの中に幼稚園児くらいの男の子がいたが、子供にも安心して食べさせられるラーメンが香川県にもある事がうれしく思いながら店を後にした。

中四国で各県一杯ずつ九県九杯のラーメンを無事に食べ終える事ができた。これで心置きなく東京へと帰る事ができると足早に高松駅へと引き返しした。香川県での滞在時間が、たったの67分で離れる事となった一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件