なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.435点
最終レビュー日 2019年7月19日
568 460 14 1,850
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製什景湯麺 (王さんの特上ちゃんぽん) ¥1620」@江山楼 中華街本店の写真土曜日 晴天 10:40 先待ち15名 後待ち10名以上

〝諸国麺遊記 九州編〟

レビュー二年目の目標を全国制覇と決めてから先月に引き続いて西日本に足を伸ばしてみる。テレビでは九州地方の梅雨入りのニュースが流れているが、そんな事には耳も傾けずに強行スケジュールを敢行する。

出発時に手元にあるのは行きの飛行機チケット一枚だけで、帰りのチケットも今夜の宿さえも決まっていないノープランなラーメン旅なのだ。そんな中で唯一チケットを持っている長崎空港行きの飛行機に乗るために午前6時に自宅を出た。山手線を品川で京急線に乗り換えると1時間で羽田空港第1ターミナルに着いた。

空港内のラウンジで軽い朝食を摂ってから、JAL 605便 7:40発 長崎行きにて東京を離陸した。快適な空の旅を楽しむつもりでクラスJシートにしたのだが隣客のイビキのせいで、とんだ旅のスタートとなってしまった。飛行機のエンジン音よりも大きなイビキに耐えながら1時間40分で定刻通りに長崎空港に着陸した。梅雨入りで心配された天候も良かったので、何とか気分を取り戻せた。

機内で今回の九州遠征の一発目を探していたのだが、地方遠征恒例のRDB総合ランキング第1位は長崎市ではなく佐世保市のラーメン店だった。せっかく長崎に来たので中華街へは行ってみたいと思い、出足からセオリーを無視して中華街にある総合ランキング第2位の店への初訪問を決めた。この行き当たりばったりもノープランなラーメン旅の良さでもある。

そこで長崎空港からは中華街へと向かうリムジンバスで長崎自動車道に入ると40分ほどで最寄りの長崎新地ターミナルに着いた。するとバス停の目の前には新地中華街への入口が見え、チャイナタウンを真っ直ぐに歩いて行くと目的地の大きな赤い看板が目に入った。11時開店の20分前でも15名の行列が出来ており、慌てて最後尾に続いてオープンを待った。

いかにも中華街らしい外観の店構えだが、周辺の店と比べても圧倒的に大きく只ならぬオーラがある。店先の池には錦鯉が優雅に泳ぎ、清く澄んだ池の水からは手入れの良さも伝わってくる。梅雨入りが嘘のような初夏の日差しなので涼しげな池の中にダイブしたい気持ちを抑えながら待っていると、定刻より10分も早く開店を告げる場外アナウンスが店先に鳴り響いた。

それと同時に電動シャッターが上がり始めると、中から和装に割烹着姿の女将が現れて入店の合図となった。入口と言うよりはエントランスとでも言うべきのレジカウンターで女将さんに人数を伝えると二名テーブルの11番席に案内された。お冷と紙おしぼりと一緒に配られた菜譜の中から長崎に来たならば食べずには帰られない長崎ちゃんぽんを見つけ出し、すぐさま店員さんにお願いした。せっかくの九州遠征の一食目なので特製にしてみた。

一番隅の席ながら客席全体を見渡せる絶好のポジションから店内観察を始める。一階に何席あるか分からないが見える範囲は開店直後に満席になり、中待ちベンチも埋まり外待ちまでも発生している。休日という事もあってか観光客が多く見受けられるが、私のようなお一人客の姿は見られない。ホールスタッフも何人体制かも数えられないほどで、中華料理店なので厨房の様子も全く見えず中華鍋の音すら聞こえてこない。ホールスタッフも和装なので中華調の店内とミスマッチに思えるが、これが長崎ならではの異文化の融合なのだろうと歴史の重みを感じながら待っていると10分ほどで我が杯が到着した。

その姿は白磁に朝顔柄の反高台丼の中で特製ならではの〝これでもか〟と言わんとばかりの景色を見せつけている。それは何と言っても具材の頂点に君臨する〝フカヒレ〟の姿が思わせるのだろう。実は昔から無類のちゃんぽん好きなのだが、フカヒレが入ったものにはお目にかかった事がない。それ以外は如何にも長崎ちゃんぽんらしい表情を眺めながらレンゲを手にした。

まずは鳥の子色のスープをひとくち。パーフェクトエマルジョンと言うべき完全乳化を果たして、表層には微塵の油膜も見られないスープにレンゲを沈めてみる。そこからの香りには甘みの要素を多く含んだ長崎ちゃんぽんならではの香りが立ち昇った。これが本場の香りなのかと記憶に刷り込みながらスープを口に含んでみると、先行した甘みは具材の野菜を炒めた甘みだった。また外交貿易が盛んだった長崎ならではの砂糖の使い方にも贅沢な地域性が表れている。清湯ラーメンに砂糖を使う事に抵抗があるのだが、ちゃんぽんには欠かせない調味料なのだ。しかし砂糖の甘みだけではない野菜由来の自然な甘みがあればこその優しい旨みなのだろう。その甘みの土台には白濁していながらも灰汁の気配を全く感じない鶏ガラスープには、臭みひとつない丁寧な仕込みを思わせてくれる。カエシという概念は無いのかもしれないが、合わせる塩気も穏やかでスープをボヤけさせない最低限に抑えてある。

麺は俗に言う、ちゃんぽん玉だ。断面が長方形のような太麺が〝らしさ〟をアピールしている。持ち上げた箸先には加水率の高さが重みとなって伝わってくる。程よく溶け始めたグルテンが麺肌に浮かび上がった麺を一気に啜ってみると、儚く思えるほどのスープの香りを微かにまとった太麺が滑り込んできた。それと同時に小麦の香りも少しだが感じられて、スープと麺が互いに引き立て合っているように思えた。白濁したスープの印象からは想像もしてなかった、清らかな世界がそこには待っていたのだ。このままスープと麺だけを食べ続けると物足りなくなるような組み合わせなのだがバラエティに富んだ具材たちが加わる事で、豊かな食感や個性的なアクセントを付けてくれる。

その優秀な具材たちのラインナップは、春キャベツ、もやし、タケノコ、しめじ、キクラゲの野菜陣。いずれも強火であおってあるので食感は生きたまま野菜の持つ甘みを発揮している。そこに豚肉、揚げた鶏団子、白身魚の練り物に包まれた豚ひき肉、長崎かまぼこ、素揚げのウズラの卵が入る。特製の目玉である海産物は、王者のフカヒレ、アサリのむき身、甲イカ、むきエビと旨みの他にも見た目の鮮やかさでも役割を果たしている。細かな点を取り上げれば、むきエビの背ワタが残って臭みがあったり、フカヒレにはスープの旨みが乗っていなかったりと不満点はいくつかあった。しかしそんな事を忘れさせてくれたのが、目立たない存在のはずの春キャベツとモヤシと甘さだった。それには鮮度の良さだけではない調理技術の高さも大いに関係していると感じた。大箱の店内の割には提供スピードが早くはなかった。一度に二杯までの配膳だったように思われ、少ロットで作られているのだと確信した。そんなちゃんぽんに対するこだわりも本場ならではだろうと感心した。そんな丁寧な調理人の作り出した具材との共演で麺は幾多にも表情を変えて食べ手を飽きさせずに最後まで楽しませてくれた。

かなりの麺量とスープだったので飲み干す事は出来なかったが一つの具材も残したくはないと思い白濁したスープの底を探っていると、小柱が丼の底に沈んでいた。それが最後の具材となって箸とレンゲを置いた。

満足で食べ終えて周囲を見ると中華料理店だけに、ちゃんぽんだけを食べている客は半数くらいだった。やはり大勢で来ている家族連れは前菜や炒め物を楽しんでから名物の皿うどんやちゃんぽんを分け合って食べているようだ。そんな和やかな風景を後にして店を出ると、すでに次の目的地探しのためにRDBを開いていた。

このまま本日は何処へ向かうのかも分からないラーメン旅だが、九州遠征の第一歩としては地方色も十分に感じられた幸先の良いスタートを切れたと思える一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件