なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

のらのら

男性 - 東京都

はじめまして。レビュー開始から一年が経ち、二年目の目標を全国制覇にしました。一杯のラーメンに出会うまでの経緯も書き記しているので、前置き等が長くなりがちですがお許しください。しかし採点に関しては立地 接客 衛生面 価格設定などは考慮せずに、ラーメン一杯に対しての評価にしています。自分の好みだけで評価しているので不快な文面もあると思いますが、何卒宜しくお願いします。

平均点 73.435点
最終レビュー日 2019年7月19日
568 460 14 1,850
レビュー 店舗 スキ いいね

「ふくや豊(とよ)特製ラーメン ¥780+味付玉子 ¥100」@ラーメン工房 ふくやの写真日曜日 雨天 16:50 先客4名 後客なし

〝諸国麺遊記 九州編〟

九州巡業二日目の南国 宮崎での地方色豊かなラーメンとの出会いに別れを告げて、梅雨入り間もない雨の中を宮崎駅までの20分かけて歩いて戻ってきた。

ノープランで繋げてきたラーメン旅だったが、さすがにルートがしぼられてきた。RDBレビュー開始二年目の目標を全国制覇に掲げて始めた九州遠征も、残すは福岡と大分の二県だけになった。現在地が宮崎駅となれば必然的に大分県に北上するルートしか残っておらず、総合ランキング大分県第1位の店を検索してみる。

そこで挙がってきたのがこちらだったのだ。お店情報を見ると、年中無休で通し営業とノープランナーにはありがたい営業時間だ。その上に主要駅である大分駅から歩いてすぐと知り、迷いなく初訪問を決定した。

Googleマップでルート検索してみると30分後には大分行きの特急列車があるようで、おあつらえ向きのシュチュエーションに運命を感じた。すぐさま窓口にて乗車券を購入すると、宮崎 13:31発 にちりん16号にて大分を目指した。

午前中に鹿児島中央駅から乗車した「きりしま8号」と同じ 787系の1号車1番A席に座り、豊後水道の海岸沿いを海を眺めながら大分駅へと向かった。道中の南国ムードあふれる景色を眺めているうちに、はしゃぎすぎた昨晩の鹿児島ナイトの影響で眠りに落ちていたようだ。気が付いた頃には大分駅到着の知らせを告げる車内アナウンスが聞こえてきた。宮崎駅を出発して3時間以上も経っていたが、あっという間に思えるくらいに眠ってしまっていた。

目が覚めると目的地という観光気分など全く必要としないラーメン旅となってしまったが、乗り過ごす事もなく無事に大分駅に辿り着けたのは幸運だった。列車を降りると駅前に延びる雨よけの屋根のある歩道を歩いて行くと、これまた九州らしい赤と黒を基調とした看板や暖簾が飛び込んできた。

日曜日といえどアイドルタイムの時間帯なので行列もなく入店できた。普段は食券に慣れているので、まずは券売機を探してしまうが無いようなので案内を待ってみる。すると私の来店に気付いた女性スタッフさんが「お好きな席にどうぞ」と案内されると、何気なくカウンターの奥の席に座った。九州遠征では当たり前となった卓上メニューからの品定めをすると、今回の九州行脚で若干の〝トンコツ疲れ〟を感じていた私にはうれしいメニューを見つけた。それは豚骨100%ではなく鶏ガラも加えた動物系のWスープとなっている表題なのだ。

迷う事なく注文をこなすと店内観察を開始する。入口付近にはテーブル席が設けられていて、店の奥に行くほど鋭角なカウンターのある二等辺三角形のような店内が特徴的だ。その三角形の突き当たりに設備されたスープ炊きの調理設備には目を見張るものがあった。それはスープ炊き用の回転釜で、普通ならば給食センターでしか見られないような規格外の大きさなのだ。その大きな回転釜が一台だけではなく三台も連なっている。こちらの屋号には「ラーメン工房」と付いているが、それ以上の「ラーメン工場」と呼んでもいいスケールに驚いた。回転釜の中を覗いて見ると、スープを炊き終えた豚骨や豚ガラが大量に残っていたが、一体何杯分のスープが作れるか興味が湧いた。そんな店内を本日は三人体制で回している。客入りも落ち着いた時間帯なので女性スタッフさんがレジの中締めや、おでんの仕込みをされている様子を眺めながら待っていると着席して3分ほどで我が杯が到着した。

その姿は真紅の受け皿に乗せられた黒と赤の切立丼の中で、今までの九州遠征で出会ってないタイプの盛り付けが印象的に映った。それは素朴さとは違ってオシャレに見せようとはしているが、盛り付けに丁寧さを感じないので中途半端にも見えた。しかし見た目は評価の対象としないので気持ちを切り替えてレンゲを手にした。

まずは薄香色のスープをひとくち。やはり鶏ガラ出汁が加わっている事で〝ド豚骨〟とは違った濃度に見られるスープにレンゲを落とすと、しっかりと乳化されてはいるが見た目通りにサラリとして感じる。レンゲの中のスープから漂ってくる香りも軽やかでクセがなさそうだ。いざスープを口に含むと、思った通りに豚骨スープと鶏ガラスープの良いところを活かした円やかで優しい口あたりが広がった。そんな穏やかなアプローチの後にはコショウのような香辛料が顔を出す。卓上のコショウを振りかけた訳でもないのにデフォルトで強い刺激を感じる。これは九州ではよく感じた事なのだが、出会ったラーメンには必ずと言っていいほどにコショウを初期値で使われていると思った。これが豚骨スープの臭みを消す効果があっての事なのだろうかと思うほどに、ふんだんにコショウを利かせてある。そんなスープにも多くの人が卓上のコショウを掛けていたので、九州の人はコショウなどの香辛料が好きなのかもしれないとも思った。

麺は九州南部ではお目にかからなかった細麺の登場である。たまたま選んだ店が中太麺だったのだが、熊本 鹿児島 宮崎とは違ったストレート細麺を使われていた。単なる偶然かもしれないが、九州北部は細麺で南部は太麺の構図が私の中では出来上がりつつある。そんなストレート細麺は基本の硬さでも麺上げまで、わずか15秒と私にとっては過去最短の茹で時間だった。箸で持ち上げてみても、細麺ながらも硬さを感じるハリが伝わってくる。そんな麺を束にして一気にすすり上げると、シャープな口当たりとともに飛び込んできたのは苦手なアンモニア臭だ。それは低加水細麺には付き物のナトリウム系のカンスイ臭で、私の最も苦手な匂いなのだ。これがあるので豚骨ラーメンが好きになれないのかもしれない。もちろん麺をすすり込まなければ感じることは少ないが、麺類を食べる醍醐味の一つとして〝すする〟という行為をとても大事に思っているので残念で仕方ない。その後は大人しく麺を運ぶ食べ方に切り替えて難を逃れたが、すする楽しみを欠いてしまった。麺の味わいとしては、多少の粉っぽさも感じるがキレのある喉越しには魅了された。

具材のチャーシューはスープの材料に合わせた鶏ムネ肉と豚肩ロースの二枚添え。どちらも薄切りで食べ応えは乏しく味付けも控えてあるので物足りなさがあったが、スープの塩気がかなり強いので合わせて食べる事で程よくなった。

特製にしたので味玉半個が入っている事を知らずに追加してしまった味玉は下茹での半熟加減は絶妙だったが、味の浸透はほとんどなく白身の表面だけが醤油の色素に染まっていただけで好みの熟成感はなかった。また提供温度も冷たかったのも残念だった。

写真からは見えないが細切りメンマがスープの中に沈んでいた。かなり醤油色素の強い見た目だったが味わいは優しく、細身ながらもコリッとした歯応えがアクセントとなってくれた。

薬味は白髪ねぎと青ネギの小口切り、茹でモヤシに海苔が添えてある。そこに鶏節だろう削り節も乗せてあった。しかし来店時間のせいだろうかモヤシは茹で置きされた冷たさが気になり、白髪ねぎも乾いてしまい舌触りの悪さが目立っていた。海苔も鮮度が悪く香りもない。残念ながら薬味には必要性を感じなかった。

中盤からも麺をすすらなければ順調に食べ進められて完食できた。具材と薬味は好みとは違っていたが、スープと麺の相性は良く人生初の大分ラーメンを楽しんで箸とレンゲを置いた。

九州制覇も残すところ福岡県だけとなり、目指すはRDB総合ランキング福岡県第1位に君臨する博多ラーメンに出会うために目の前の大分駅へと戻った。その時すでに17時を過ぎており、博多行きのルートと今夜の宿さがしを急ぐ事になった一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件