なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.219点
最終レビュー日 2019年2月22日
183 144 6 1,343
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン」@ラーメン 天一の写真2月11日(月)

祝日のこの日は仕事が休み、連休ボケで昼夜逆転し昼過ぎにのそのそ起床。
急いで身支度を整え家を出ます。
先日振られてしまった「ラーメン 天一」さんへリベンジに向かいました。
中途半端な時間のせいか、然程渋滞も無くスムーズ行く事ができました。

16時15分到着、店舗脇に駐車場がありピットイン。
入店するとカウンターは満席、4人がけのテーブル席を独占します。
かわいいお姉ちゃんと相席にでもならないかなぁ、ならねーか(笑)
中途半端な時間なのに先客8名もいます、人気店ですね。
後会計ですのでメニューを眺め、やはりお目当てのチャーシューメン(730円)を注文。
出して頂いたお水を飲み店内観察、男性2名と「おばちゃん」2名の計4名体制。
何故か「おばちゃん」と記したくなる雰囲気なんですよね、良い意味での味わいです。
卓上には醤油、酢、ラー油、胡椒と共に大きなにんにくの入れ物。
鋭い角度に首を上げ、テレビを見ながら待ちます。
暫くして、醤油の香り漂う一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
「ショッパウマー」と叫びたくなる竹岡式、玉葱の甘みと醤油のキレが堪らないです。
色合いは元祖「梅乃家」さんに比べると薄めな印象ですね。
単なる煮汁という訳ではなく、塩分抑え目で確り出汁も感じられる中々美味いスープです。
分類は竹岡式でショッパウマですが、その中では比較的穏やかなのではないでしょうか。

麺は黄色味のある細縮れ麺、生麺ですね。
加水高めのムチっとした食感。
茹で加減も良く、啜ると縮れがスープを拾ってきます。

具材はチャーシュー、メンマ、玉葱。
大きなバラ肉をカットしたチャーシューはむちゃくちゃ柔らか。
やっぱりこれが竹岡式の醍醐味、確り味が付いていて美味い(๑´ڡ`๑)
これが6~7枚程入っていてこの値段はリーズナブルですよね。
メンマは細く切られた物、コリコリ食感です。
玉葱は柔らかく甘みがありますね。

途中でにんにくドボン、これがまた堪らないですね(^~^♪
夢中で啜ってチャーシューもパクパク、完食です。
レジにてお会計、毎度の事ですが後会計はビクビクします(笑)
ご馳走様をしてお店を後に、まだ時間があるので次を目指します。

やはり内房人のソウルフードですよね、こちらに来ないと中々頂く機会の無い一杯です。
この付近に住んでいる麺友さん曰く「わざわざ行かないけど、年に何回かは必ず行ってる」との事。
普段はあっちこっちのお店に行くけど、ちょっとした時に食べに来てホッとするんでしょね。
生粋の内房人ではありませんが、これは癖になりますね。

竹岡式のお店では家から近いお店なのできっとまたくると思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
83

「煮干し麺」@麺屋むどうの写真2月10日(日)

麺処ゆきち」さんで裏メニューを頂いた後になります。
気になりながらも未訪だった「麺屋むどう」さんへ伺ってみました。
21時30分頃到着、店舗前の敷地に2台ほど駐車スペースがありピットイン。
遅めの時間まで営業されているので助かります。

入店して中ほど左にある券売機で食券購入。
数量限定の煮干し麺(800円)が運よく残っていたのでポチっと。
カウンター席に着席して食券提出します。
閉店間際ということもありノーゲスト、店主さんのワンオペです。
自分の一杯だけを調理してもらうのって、恐縮ですけど贅沢ですよねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
高台にはコップと給水ポットが置いてありセルフになります。
卓上には調味料の他に、店主さんのプロフィールやメニューの紹介が書かれてた物があります。
「お待ちの間読み物としてお使い下さい」と書かれていて、店主さんの人柄が表れていますね。
また、写真撮影のお断りかと思えば、良い写真を撮る為の注意点が書かれた指南書まで貼り出されています。
なんとも居心地の良い空間です、ですが店主さんは終始一杯に集中して無言です。
読み物を読みながら待っていると、店主さん入魂の一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます(写真、指南書通りじゃないですゴメンナサイ)
かなりのセメント色にこちらも身構えて口内へ注ぎます、が、驚くほど苦味エグミ無しです。
色からは想像つかない優しい味わい、鶏白湯ベースの様ですがそれが強く主張してくる訳でもないです。
塩分濃度も高くなく、さらりと飲める実に柔らかく優しい煮干しスープです。

麺は煮干しに良く合う細ストレート麺。
パツパツでサクッと歯が入る食感、麺桶から菅野製麺製と思われます。

具材はチャーシュー、メンマ、玉葱、小葱。
チャーシューは箸でほぐせる位にめちゃくちゃ柔らかくて美味い(๑´ڡ`๑)
メンマは細めの物が多数入っていて量的に満足感ありますね。
玉葱はやっぱり煮干しにはマスト、シャリシャリ食感が楽しいです。

あっという間に完食です、閉店間際ですし連食しましたのでこの日はここまで。
こちらは和え玉のメニューが豊富です、1軒目に伺っていたら相当悩みそうです(優柔不断なのデス)
食べ終わってご馳走様をして少し感想をお伝えすると、先ほどまで無言だった店主さんが色々お話して下さいました。
きっとこちらが無言だったのでそっとしていてくれたのでしょうね、とても情熱的な店主さんでした。
少しお話も出来、美味しい一杯も頂けて大満足でお店を後にします。
突き抜けているのではなく、いつ食べても優しく安心といった感じの一杯でした。

また伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「新天地ラーメン+パーコー」@ラーメン新天地の写真2月9日(土)

零一弐三」さんで美味しい煮干し蕎麦を堪能した後になります。
少し雑談した後、小雪がちらつく中で麺友さんと解散し車に戻ります。
このまま帰宅しようかとも思ったのですが、この日は2月9日(肉の日)です。
チャーシュートッピングができ、美味い肉を堪能しました。
ですが「もう少しだけ」と欲が出てきてしまいました(笑)
ツイッターを確認、すると大きなパーコーが載った一杯が目に留まりました。
9の付く日は肉祭りと称して限定の肉トッピングを出している様です。
という事で「ラーメン新天地」さんへ伺ってみる事にしました。

21時45分頃到着、コイパは店舗向かって左に一箇所と向かって右にも一箇所。
左の方が近いのでピットイン、20時までが30分100円、20時以降90分100円。
向かって右の所は19時までが60分200円、19時以降90分100円、激安ですね♪
車を止めて店舗到着、以前伺ったのはもう10年近く前になると思います。
入店して左にある券売機で食券を購入します。
新天地ラーメン(770円)をポチっと、そしてお目当ての「限定トッピング」パーコー(350円)をポチっと。
カウンター席に着席、店員さんが食券回収にやってきました。
こちらは麺の量が選べます(小130g、並200g、大300g)
連食なので並200gを選択、コールも先なのでニンニクのみお願いしました(野菜は有料)
卓上には一味やブラックペッパーなど、コップとお水も卓上にあります。
厨房から油で揚げているであろう「パチパチ」という音が聞こえてきます(´− ` )
店員さんワンオペの様ですね、暫く待ってご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
やや甘めで非乳化のシャバ系スープ、豚感そこそこ出ている感じです。
ちょっとパンチに欠けますが、ニンニクや卓上アイテムでカバーできる範囲ですね。

麺はつるつるとした麺肌が特徴的な太ストレート麺、ややうねり有り。
しなやかで、一般的な二郎系のそれとはちょっと印象が違いますね。
茹で加減少し柔らかく感じました、自家製麺のようです。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、チャーシュー、ニンニク、トッピングのパーコー。
キャベツ率そこそこでシャキッとした茹で加減です。
チャーシューは豚と呼ぶにはやや小振りですが、味付は中々良い感じでした。
パーコーは揚げたてで熱々、大きくてサクサク食感、味付けも良くこれは美味い(๑´ڡ`๑)

ニンニクを混ぜてパンチを出します、かなり良くなった印象。
固形物は難なく完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
こちらは同じく本八幡の人気店「魂麺」さんのセカンドブランドになります。
以前伺ったのが相当前なのでどうだったかは覚えていませんが、以前より良い印象です。
スープがもう少し好みなら麺300gでも良かったですね、味濃いめにしておけば良かったのかも。

また肉祭りしたくなったらツイート覗いてみます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し蕎麦+チャーシュートッピング+味玉+和え玉」@零一弐三の写真2月9日(土)

この日の天気は雪。
雪に弱い関東地方は前日から大騒ぎ、職場でも前日から皆そわそわしていました。
朝起きるとそこそこの降雪が見られ、このまま降ると積もるかもしれない気配。
案の定、職場のパートさんから「出勤できない」との連絡が社用の携帯に引っ切り無しです。
結局パートさん全滅、自転車通勤なんで仕方ありませんね(^^;)
自分も出社した所でやる事が無くなってしまいました。
帰ってこれなくなる可能性も考慮して急遽休みを取る事に。

どこかへ行く事も無く家でのんびりしていましたが、午後になり思ったほど雪が降りません。
夕方に麺友さんから連絡があり「零一弐三」さんへ行くというので便乗しちゃいました。
職場に行ってもやる事無いのでズル休みじゃありませんが、雪を理由にした事になんとなく背徳感有り(笑)
19時30分頃到着、店舗向かいのコイパは30分200円、丁度埋まってもいたので裏のコイパへ。
ぐるっと回り込む様に少し行った美容室裏のコイパ、こちらは40分200円。
雪がちらつく中足早にお店に向かい麺友さんと合流。
さすがに天候のせいもあり並びは無く即入店。
入り口正面にある券売機でプラチケ購入、煮干し蕎麦(750円)をポチっと。
ありがたい事にチャーシュートッピング(200円)が残っているのでそちらもポチっと。
更に味玉(100円)まで付けちゃいました、ちょっと贅沢ですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

店内自販機横の給水器でコップに水を注ぎカウンター席に着席。
池田店主とバイト君の2名体制、バイト君疲れているのかボーっと一点を見つめています(笑)
最近なにかと話題の「バイトテロ」について、真面目に論議ながら出来上がりを待ちます。
少ししてなんとも堪らない匂いの一杯にご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
さらっとしながらもニボ感抜群で、ぎゅーっと旨味が詰まっています。
以前は塩変更をしてしまったのですが、この醤油も美味いですね。
やや高めな塩分が良い刺激になり、レンゲが止まらなくなります。

麺は加水率低めなパツパツ細ストレート麺、自家製麺になります。
茹で加減も固めでクシクニュっと食感を味わえる物。

具材は豚レアチャーシュー、バラロールチャーシュー、海苔、刻み玉葱、万能葱、トッピングの味玉。
肉増ししたレアチャーシューはハイレベルな逸品、これは美味いです。
バラチャーシューも流石の一言、これも肉好きには堪らない物。
海苔も煮干スープには良く合いますね、もちろん玉葱もドンピシャ。
味玉は中心がトローッとしていて好みの物でこれも美味い。

ひと通り堪能して現金200円を高台へ、和え玉をお願いします。
あっという間にご対麺、撮影してから頂きます。
具材はフレーク状の、玉葱のみ。
固めな茹で加減の細ストレート麺、先程の麺より更に固め。
この和え玉が堪らないです、濃いめの味付けでドボンするのを躊躇する位美味いです。
良く混ぜてバクバク食べて、最後の2口位でスープをちょっとだけかけて完食。
残りのスープも完飲です。
ご馳走様をしてお店を後にします、さすがに雪で外は寒くこの日は後客も数名程度。
おかげで肉祭りも出来て満足です、因みにこの日は2月9日肉の日です(๑´ڡ`๑)

やっぱりハイレベルな一杯ですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件

「特製つけ麺」@長男、もんたいちおの写真2月8日(金)

とものもと」さんで美味しいカレーの限定を頂いた後になります。
麺友さんが以前から一度行きたいと言っていたので連食する事にしました。
21時頃到着、外待ちは無さそうでした、一旦スルーしてコイパへ向かいます。
店舗前面道路を駅反対に少し行った所、ここに3台だけの小さなコイパ発見。
20時以降60分100円、こちらにピットインです。
お店の隣にも銀行提携のコイパがありますが、こちらは22時迄は20分100円。
極太麺に茹で時間がかかる為、20分じゃ出てこれないのでご注意を。

店舗到着、一瞬で外待ち2名になっています、この時間でも並ぶのは人気の証拠ですね。
先に食券購入の為入店、入り口左の券売機で特製つけ麺(1000円)をポチっと。
連食なんでこれだけにして一旦外へ出ます。
開店当日以来の再訪です、約3ヶ月ぶりになりますね。
店舗外には以前無かった「地域の皆さんへ」との張り紙と、給水器にお茶が用意されていました。
嬉しいサービスですね、どなたでもどうぞというのがとてもありがたいです(´∀`)
少し待って入店の案内がありカウンター席に着席します。
店主さんと店員さんの2名体制、お水は入り口入って右側にありセルフ。
やはり茹で時間がかかるのでここから暫く待ちます。
外には待ちが3名、途切れませんね。
10分程待ってご対麺致しました。

撮影してつけ汁ペロリ。
王道豚魚系で濃厚で力強いつけ汁、程よい甘みです。

麺は浅草開化楼製超極太麺、少しだけうねりがあります。
ゴワムチっとして噛み応え抜群、好きなタイプの麺です。
小麦の風味も良く美味しいですね。

具材は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、海苔3枚、白菜、味玉。
豚チャーシューはレアな仕上がり、牛肉のタタキの様な赤い物。
鶏チャーシューも薄っすらピンクでレア気味。
両方とも確り肉の旨味が凝縮されていて美味い(๑´ڡ`๑)
白菜は良い箸休め、海苔も海苔巻して頂きました。
味玉は「決意の固茹で」と貼り出されている味付き茹で玉子。
やっぱりこれは好み分かれますよね、自分は半熟派なのでちょっと。
日替わりの「気まぐれ薬味」は刻み葱と柚子胡椒。
全部投入して味変、自分的には柚子胡椒よりも前に頂いた生姜ニンニクの方が好きかなぁ。
麺が太いので難なく完食、高台のポットに割りスープがあるのでスープ割で完飲です。

ご馳走様をしてお店を後にしました。
初レポ上げた店舗なのでその後が気になっていました。
皆さんのレポも順次上がって来ましたし、人気も相変わらずで嬉しかったです。
こんな未熟者が初レポ上げて申し訳ないのですが、やっぱり思い入れがありますよね(´− ` )

益々のご活躍を願ってます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「みそ+玉子」@パンケ 習志野店の写真2月7日(木)

この日ある方が呟きました。
「京成大久保の味噌が食べたい」と...
なので「京成大久保」の「みそ」を食べに行ってきました。
このレポ見て「ちげ~よ!」と突っ込まれそうですが、間違いなく「京成大久保の味噌」です。

21時到着、こちらのお店には駐車スペースがあります。
店舗向かって左に少し行った踏み切り横の駐車場、そちらに4台ほどスペースがあります。
敷地内に店名が書かれたプレートが出てますのでそちらへピットイン、車を止めお店に向かいます。

入店して特徴的な「し」の字のカウンター席へ着席、後会計ですね。
メニューを見て、みそ(850円)と玉子(50円)を口頭注文。
この、◯◯らーめんではない所は本家「ラーメンパンケ」さんと一緒。
そして「らーめん」というメニューがあるのも一緒ですね(素らーめんなのかな?)
先客は2名、何れも常連さんの様で店主さんとお話されています。
店主さん他、男性2名女性1名の計4名体制、大きめのカウンターにテーブル席が数卓あります。
お水は店員さんが用意してくれました、卓上には給水ポットと胡椒や一味などが置いてあります。
厨房では野菜を確り炒め、味噌とスープをハンドミキサーで丁寧に攪拌しています。
店内には習志野高校の甲子園出場記念皿やボールなどが飾られていました。
余談ですが習志野高校と言えば「ミスタータイガース」掛布雅之さんなど、著名なスポーツ選手を輩出している名門校ですね。
店主さんがファンなのか、生徒にファンが多いのかは不明ですが。
そんなこんなで色々拝見していると、あっという間にご対麺になりました。

撮影してスープから頂きます。
ニンニクや生姜が香るオーソドックスな味噌スープ、熱々です。
ラーメンパンケ」さんより少し濃いめな印象ですね。
味噌の「甘・酸・辛」の3味と炒め野菜の旨味、あっさり目ですがラードのコクも加わり美味しいです(๑´ڡ`๑)

麺は西山製麺から取り寄せている中細縮れ麺。
茹で加減丁度良く、プリプリッとした食感で美味しい麺ですね(´∀`)

具材は炒め野菜にチャーシュー、メンマ、コーン、刻み葱、トッピングの玉子。
炒め野菜はもやし、キャベツ、人参、白菜、玉葱、木耳など。
シャキッとした食感も残っていて良いです。
チャーシューは小ぶり、ちょっと寂しいですが柔らかい物でした。
メンマは味付濃いめでコリコリ食感。
玉子は固茹でで茹で玉子ですね、味は付いていないみたいでした。

ズバズバ啜って完食、最後コーン掬うのに苦戦しました(笑)
レジにてお支払、伝票なしのパターンですから要注意です\_(・ω・`)ココ重要!
ご馳走様をしてお店を後にしました。

オーソドックスな昔ながらの札幌味噌ラーメンですね。
ラーメンパンケ」さんからの暖簾分けで修行先みたいですが血縁関係は無いみたいです。
同じパンケさんですが比べるとちょっと違う気がしますね。
千葉県山武市にも「パンケ 成東店」さんもあるのでいずれそちらも伺ってみたいです。

こうした昔ながらの味も変わらず残っていってくれると嬉しいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「【臨時営業限定】カレーらーめん(追い飯付き)」@とものもとの写真2月8日(金)

先日の火曜日に臨時休業した「もとのとも」さん。
その代わりにと通常は定休日のこの日に限定メニューを出すとの事で行ってきました。
いつもの様に「六代目 麺処「まるは」極 西船橋店」横のコイパにピットイン、30分100円です。
後から来るの麺友さんを待ってお店に向かいます。
外待ち無く入店、ご挨拶して右側にある券売機で限定らーめん(950円)をポチッと。
カウンター席に着席して食券提出。
卓上のコップに水を注いで待ちます。
先日の臨休と本日の限定営業で振り回されたと奥様がチクチク(笑)
笑いながら待ってると、偶にしか頂けない貴重な一杯にご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
今年の初めにコラボ限定でカレーを頂きましたが、それより優しい味わい。
スパイス感が前回より大人しく、その分スープの旨味が前面に出ていてこれも美味いですね。
香りも前回の様なスパイシーな物より抑えた感じ。

麺は中細ストレート麺。
少し硬めに茹でられパツっと食感も良く、このスープに合いますね。

具材は豚レアチャーシュー、バラロールチャーシュー、刻み玉葱、ご厚意の味玉。
通常営業で出るレアチャーシューはいつも通り美味いやつ。
バラロールはこの日の為に仕込んだ物、柔らかくて肉好きには堪らんやつです(´∀`)
玉葱のシャリっとした食感もカレーに合っていて良いですね。
味玉も安定の仕上がり、何度食べても濃厚で美味いです。

続いて追い飯、こちらはご飯に刻みチャーシューとチーズが載っている物。
バーナーでチーズを炙ってあり香ばしいですね。
らーめんと交互に食べ進め、途中から麺を一気に啜ってらーめん完食。
このまま食べてももちろん美味いのですが、やっぱり最後はドボンでしょうꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
ドボンしてマゼマゼ、これはやっぱり美味いです(๑´ڡ`๑)
完食です、スープも吸ってるので残らずカラッポ。
♡のRe:を拝んでご馳走様をしお店を後に。

途中で別の麺友さんが来店しましたが、この方は昼につけ麺夜にらーめんの2度目の来店(@_@)
小さなお店ですが本当に愛されているなぁとつくづく感じました。
この日もご夫婦に癒されハッピーになりました。

もちろんまた伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】まぜそば」@とものもとの写真2月6日(水)

この日はまたまた「とものもと」さんへ行ってきました。
未食の限定メニュー「まぜそば」があるとの呟きを確認し、職場から急いで向かいます。
毎度おなじみ「六代目 麺処「まるは」極 西船橋店」横のコイパへピットイン、30分100円です。
麺友さんと合流し、足早にお店に向かうと外待ち1名、ドッキングして待ちます。

列が進んで入店、ご挨拶して確認するとまだ残っていました(´▽`) ホッ
入り口右の券売機で限定のまぜそば(800円)とチャーシュー(200円)をポチっと。
ラッキーついでに皿ワンタン(300円)もポチっとしちゃいます。
ウキウキしながら卓上のコップに水を注いで待ちます。
少し談笑していると、皿ワンタンが到着。
そして待ちに待ったまぜそばが溶き卵と一緒に姿を現しました。

撮影して頂きます。
もとのとも」さんでもまぜそばを頂きましたが、これも同じ様な仕掛けですね。
ぱっと見花鰹が載っただけの麺に見えます。
少し汁気のあるまぜそばなので汁を1口。
鶏油の香りが堪らない醤油ダレです、コクがありこれだけで美味い。

確り混ぜ合わせていきます。
底からもレアチャーシューと鶏チャーシューがお目見えしました。
知っていてもやっぱり見えると嬉しいもんですね(笑)

麺は平打ち中太ストレート麺。
長めでコシがあり食感が堪らないです、村上朝日製麺の物。

具材は豚レアチャーシュー、鶏チャーシュー、鶏節、刻み葱、ご厚意の味玉。
チャーシューは本来麺の下に隠れています、上にあるのはチャーシュー増しをした分です。
いつ食べても美味しいチャーシューですね、レアチャーシューは特に美味いです(๑´ڡ`๑)
鶏節も華やかな香りが増して良いですよね。
味玉も安定の美味さ、黄身が濃厚です。

さて、溶き卵の出番です。
途中からこの卵に潜らせて頂きます。
円やかに味が変化して良いですね、飽きさせません。

そして終盤で麺が無くなると同時に追い飯が到着。
タレと卵と追い飯をドッキング、卵かけご飯の様な一杯の出来上がり
美味いですね、シンプルに美味いです。

それとつまみながら頂いた皿ワンタン。
てるてる坊主の形をしたやつです。
刻み葱が散らしてあり、ポン酢でさっぱり頂けます。
皿で頂くのは初めてですが良いですね、ビール飲みたくなりました(^^;)

追い飯も完食し♡のRe:を確認。
するとひょんな事から店主さんより醤油らーめんを一杯頂き、麺友さんとシェアする事に。
マイナーチェンジ後初の一杯でしたが、こちらはまた後日確り一杯頂いてからレポします。
全て平らげご馳走様、ご挨拶をしてお店を後にしました。
近くても中々頂けない数量限定のまぜそば、やっぱり美味かったですね。
ツイッターをチェックしないと中々頂けませんので、興味のある方は常に呟きをチェックして下さい。

また癒されに伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件

「特製塩らあめん」@らあめんCloverの写真2月5日(火)

この日偶然目にした「麺や 福一」さんのツイート。
「骨折してしまいました」と、あららお大事になさって下さいm(_ _)m
同時にふと、「最近成田方面に行ってないな〜」と思いました。
そこで未訪の「らあめんClover」さんへ伺ってみる事にしました。
20時半頃到着、洒落た雰囲気の店舗横に駐車場がありピットイン。
この駐車場、桝目状に線が引いてあり、案内によると6台可能となっています。
ですが道路に面していない奥へ止めてしまうと、後から前を塞がれて出られなくなりそうな気も...
ちょっと不安になりながらも、塞ぐ事はないだろうと思い車を止めお店へ。
裏にもコイパがあり30分100円、止め難い時や満車の時はこちらが便利。

入店して右にある券売機で食券購入、特製塩らあめん(1000円)をポチっとな。
空いているカウンター席に座り食券提出、お水は出して頂けました。
店員さんは男性2名、どちらかが店主さんでしょうか。
先客は6名、外国人のお客さんもいました。
小上がりが1卓とカウンター8席ほどの店内、小洒落た雰囲気ですね。
高台には給水ポット、卓上には胡椒や酢などが置いてあります。
外国人のお客さんが出て行く際に「thank you」とお見送り、さすが成田は国際的です(◎_◎;)
そんな事を考えていると、とてもお洒落な一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
綺麗に透き通った清湯スープ、鶏と魚介の様ですね。
塩加減が控えめなので優しい味わいで美味い、グビグビいけちゃう感じです。

麺は中細ストレート麺、少しうねりあり。
色白美人でつるつるモチっと食感。
主張しすぎないおとなしい印象、スープ同様優しさを感じます。

具材は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー1枚、海苔3枚、割ってある味玉、小松菜、刻み葱、柚子。
豚チャーシューは肩ロースですかね、大振りで味わい良く美味いです(๑´ڡ`๑)
鶏チャーシューは胸肉でしっとり柔らか。
味玉は中心が半熟で良いですね、このトロトロな感じが好きです。
小松菜、柚子、葱も良い感じに機能してます。

ズルズル啜ってあっという間に完食、優しいのでついついスープも完飲。
パンチの強い物が最近多いので、偶に頂くこうした一杯が新鮮だったりします。
何か1つが突出するのではなく、全体的にバランス良く纏まった感じの一杯でした。

こちら方面はあまり来ていないので今年は狙って行こうかな、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯らーめん+味玉+サービス半ライス」@二代目ラーメン処「まるは」 旬の写真2月4日(月)

仕事がいつもより気持ち早めに終わったので、ちょっと遠出。
しかしお目当てには間に合わずリカバリーする事に。
丁度帰り道に通りがかったのでお邪魔してみました。
そう言えば以前伺ったときも同じくリカバリーだったような(笑)

21時頃に到着、駐車場は店舗並びにあるパチンコ店の駐車場。
ここが兼用駐車場になっています。
車を止めお店にいそいそと向かいます。
入店して入り口左の券売機で食券購入...
財布を車に忘れました( ̄▽ ̄;)
走って取りに戻り再度入店、2回目でも「いらっしゃいませ」してくれました(〃ω〃)
鶏白湯らーめん(730円)をポチっと、味玉(100円)もポチり。
券売機横には両替機もあり助かりますね。
カウンター席に着席、食券を渡すとライスがサービスとの事なので半ライスでお願いしましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
お水は小上がり席脇にありセルフ、ですがこの日は店員さんが用意してくれました。
店員さんは男性2人女性1人の計3名体制、元気の良い接客ですね。
卓上にはニンニク、辛味噌、胡椒、魚粉などが置いてあります。
先客6名、後客3名、遅くてもそこそこの客入りです。
少し待ってご対麺となりました。

撮影してスープから頂きます。
ちょっとトロっとした鶏白湯スープ、カエシ強めで醤油が立ってる印象。
鶏の旨味は良く出ていますね、中々美味しいスープです。

麺は中太でやや縮れている物、茹で加減固め。
少し黄色い色合いです、スープはよく絡みます。

具材はチャーシュー、ほうれん草、海苔、刻み葱、刻み玉葱、トッピングの味玉。
チャーシューは炙りが入ったかなり大きくて柔らかな物、味付も良くこれは美味い(๑´ڡ`๑)
ほうれん草と刻み葱がかなり残念、水分が抜けパサパサ。
これはちょっと勿体無いですね(´-ω-`)
船橋のお店だと小松菜なんですが、こちらでは違うんですね。
やっぱり船橋だからなのでしょうか、西船橋近郊は小松菜栽培が盛んですから。
味玉はかなり黒い仕上がりで黄身が固めのゼリー状、ちょっとしょっぱかったです。
海苔はライスを巻いて海苔巻きで頂きます。

ライスにほうれん草を乗せスープをかけて頂いちゃいます。
ズバズバ啜って固形物完食、ライスも完食です。
ご馳走様をしてお店を後にします。
久しぶりに伺いましたが、中々美味しい鶏白湯でした。
トッピングが少し残念でしたけど、きっと今回だけでしょう。

久しぶりに船橋の方も行きたくなりました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件