なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 83.957点
最終レビュー日 2019年4月26日
257 201 6 2,213
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】濃厚煮干し混ぜそば+味玉+白飯」@零一弐三の写真4月10日(水)

この日は「零一弐三」さんが限定の混ぜそばをやるとツイートあり。
仕事終わりに夜の部へ突撃しました。
コイパは少し離れた天沼公園脇のレオパークが安いです。
8時~18時が20分100円、18時~翌8時が60分100円です、距離にして400m、徒歩5分ほど。
なんですが、この日はこの後都内へ移動しなくてはならず、雨が降っていてしかも限定。
多少の金額には目をつぶり、到着と同時に空きが出来た目の前のタイムズへピットイン。
8時から22時は30分200円です、因みにお店の裏手にある三井のリパークだと、同時間40分200円です。

外待ちが数名見えたので傘を持ってお店に向かい、18時35分過ぎに到着です。
到着と同時に数名が入店、外1名の待ちに接続します。
少しして列が進み入店、入り口すぐの所にある券売機でプラチケ購入。
限定ボタン900円をポチっと、味玉100円もポチっと。
中待合席に座り暫く待機、19時ちょっと前にカウンター席に昇格です。
店内自販機横に給水器がありセルフ、高台にお酢や一味などのアイテムとレンゲが置いてあります。
池田店主とバイト君の2名体制、満員御礼で相変わらずの盛況ぶりです。
特にこの日は限定狙いで常連さんが多数来店されていたみたいですね、後のツイートで多数上がってました。
少ししてバイト君の手により限定の一杯が届けられました。

撮影して混ぜ合わせて頂きます。
麺は通常の物とは違い、混ぜそば用の中太ストレート麺。
もにゅッとした食感で食べ応えがあります、麺量は180g。
底にある粘度の高いスープは長崎上物背黒2種と九十九里背黒で炊いたそうです。
煮干しの香り良く、確り麺に絡み程よい苦味を伴って口内に入ってきます。
具材はレアチャーシュー、豚バラチャーシュー、鶏フレーク、岩海苔、刻み玉葱、水菜、トッピングの味玉。
レアチャーシューはぎゅっと噛むほどに旨味が出てきますね、バラチャーシューは少しほぐれた物で美味い(๑´ڡ`๑)
鶏のフレークは和え玉で使われている物と同じですかね。
岩海苔と玉葱が煮干しとよく合います、今さらながら良い組み合わせだと思います。
水菜はシャキッと瑞々しく存在感があります。
味玉は確りゼリー状、濃いめに味も滲みていて美味ですね。

意外とあっさり完食、白飯の追加を聞かれたのでもちろんお願いしました。
現金100円と引き換えに、茶碗に軽く盛られたご飯に刻んだレアチャーシューが少量載ってます。
ドボンしてマゼマゼ、残ったタレを全部吸収して胃袋の中へ、完食です。
ご馳走様をしてお店を後に、が、しかーし、傘立てに傘が無い...
ビニール傘あるあるです、買ったばかりのやつがありません(;ω;)
かといって違うのを持っていく訳にもいかないので泣く泣く諦めてダッシュです。
わざとじゃない事を祈りたい、ラーメン好きは皆良い人説であって欲しいです(´-ω-`)

ゲリラ的に出たまぜそばでしたが濃厚で美味しかったです、ご馳走様した。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 6件

「豚マシまぜそば(全マシ)+小ライス」@ジャンクガレッジ 森下店の写真4月5日(金)

この日も所用を済ませた後「ラーメン二郎 亀戸店」さんを覗くも結構な列。
そういえば去年近くに出来たなと思い「ジャンクガレッジ 森下店」さんへ伺ってみる事に。
21時近くに到着、コイパを探します。
裏手に20時以降60分100円があったのでこちらへピットイン、お店に向かいます。

並びは無く、入店して右にあるタッチパネル式ハイテク券売機で食券購入。
ジャンクガレッジさんと言えばまぜそばかなと思い、豚マシまぜそば(大)980円をポチっと。
カウンター席に座り食券提出、コールは全マシでお願いしました。
無料トッピングはニンニク、アブラ、チーズ、ベビースター、エビマヨ、辛味になります。
券売機の横に給水器と紙コップが置いてありセルフ、ここに紙エプロンも置いてありました。
卓上にはラーメンたれ、お酢、ブラックペッパー、一味、ハラペーニョのタバスコなどが。
店員さんは男性1名女性1名の計2名体制、先客10名とほぼ満席状態です。
隣のお兄さんはスマホをテーブルに置き閲覧に夢中、ラーメン食べながらずーッと見ています。
暑いみたいで何度も何度もタオルで頭を拭いています。
あ、レンゲを落とした。
スマホ見ながら汗拭いて。
あ、またレンゲを落とした。
あーぁ、今度はお箸を...
そうこうしているうちに、かわいいお姉さん店員さんからジャンクな一杯が届けられました。

撮影して思いっきり混ぜていきます。
これでもかと言うくらい混ぜた所で麺をひっぱり出して頂きます。
麺は平打ちのスリット入り極太麺、少しウェーブがあります。
ムチッとしていて食べ応えがありますね、かなり確りした食感です。

具材は豚、茹で野菜、チーズ、温玉、ベビースター、エビマヨ、辛味、節、フライドガーリック。
豚は厚みそこそこで無難な仕上がりですね。
野菜はもやしとキャベツですね、結構食感が残っている湯で加減。
後は一気に混ぜ合わせているので、ぐちゃぐちゃのジャンク感の中にいます。
ベビースターのパリパリ食感が良いですね。
味は思ったより塩味が控えめですが、エビマヨがこってりしていますので丁度良い位です。
温玉の効果もあり、円やかなニンニク全開のジャンク味ですね(๑´ڡ`๑)
あっという間に完食、少しタレが残ってます。
食べながらチラチラ見ていた案内の追い飯を頂く事に。
お姉さんに小ライス70円をお願いして現金を渡します、するとお姉さんが券売機で食券購入。
あ、そーゆー事ですか、失敬m(_ _)m
ライスドボン、マゼマゼしたら一気に喰らって完食です。

ご馳走様をしてお店を後に、汁無しは意外と軽く入っちゃいますね。
久々にジャンクなまぜそばを頂きました。
千葉には幾つかジャンクガレッジさんがあったのですが全滅、今では遠い存在になりました。
ここならそれ程時間かからずに来られるので、偶にお邪魔すると思います。

次回はラーメンを食べてみたいですね、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(ニンニク有り)+豚増し(1枚)」@ら~めん コジマルの写真2月12日

この日はツイートを確認すると「ちばから」さんが臨休。
これでは驚きません、もう慣れました。
この後です、夕方17時頃に「ら~めん コジマル」さんから驚きのツイート。
「オジキの店が臨休の時だけ「コジから」やります」Σ(・□・;)
コジマル流ちばからリスペクト、これは食べてみたい!
急いで仕事を終わらせ猛ダッシュで向かいます。
心の中では「夕方発表だし、茂原ならそこまで皆んな行けないでしょ」と内心余裕かましてました。
しかーし、そこは流石のコジマルさん、到着30分も前に限定売り切れ(T . T)
参りました、もう山の中を爆走中です、戻るにしても今更です。
そのまま20時15分頃到着、店舗前駐車場にピットイン。

食べ終わってくつろいでいた麺友さん発見、横目で睨みつけながら入り口へ。
入り口には同じ様に限定死刑を宣告された人の山、皆何食うか中々決まりません(そりゃそーだ笑)
やっと自分の番、入店して入り口左の券売機で食券購入。
悩んだ末に台湾まぜそば900円をポチッと、豚増し(1枚)100円もポチリ。
店員のかわいこちゃんに誘導されてカウンター席に着席。
食券を提出するとニンニクの有無を確認されたので、ニンニク有りでお願いしました。
店主さんと助手さんにかわいこちゃんの3名体制、満席近い状態で忙しそうです。
卓上にはカラメボトル、胡椒、一味、辣油など、コップとお水も卓上にありセルフです。
こちらはカウンター席より小上がり席が多いです、ラーメン店ではちょっと珍しいですね。
限定「コジから」が次々とツイートされてくるのを眺めて待ちます(´-ω-`)
暫くして負け惜しみではなく、本当に美味しそうな一杯をかわいこちゃんが届けてくれました。

撮影してから頂きます。
具材は台湾ミンチ肉、角切りチャーシュー、卵黄、ニラ、刻み葱、魚粉、ニンニク、トッピングの豚1枚。
卵黄は残念ながら潰れていました、混ぜちゃうから関係無いけどザンネ〜ン(笑)

確り混ぜ合わせていきます。
麺は平打ち極太麺、もっちり食感。
確り噛み応えも残る茹で加減で美味いですね。
辛味も確りでニンニクも入っているので結構パンチある味わいです。

具材の角切りチャーシューも食感良く美味しいですね。
トッピングで追加した豚は厚みもあり大きくてホロやわでこれは美味い(๑´ڡ`๑)
もう一枚増しても良かったかな、クオリティ高いですね〜♪
思った以上に美味しいので勢い良く食べ切りました、追い飯も考えましたが連日食べ過ぎなので自粛。
食べ終わったここでアクシデント、ブレーカーが落ちて店内真っ暗!(◎_◎;)
でもコジマルファンはお行儀良いです、皆静かに復旧を待ってました(笑)

店主さんにご馳走様と、近日オープン予定の東金店についておめでとうを伝えてお店を後にします。
「コジから」は頂けずに残念でしたけど、台湾まぜそばが予想以上に美味しかったので良かったです。
ツイートでは本家が臨休の時限定と書いてありました。
期待して良いのかどうか迷いますが、チャンスは結構転がっているのかも⁈
でもよく考えてみたら本家が休みなので皆こっちに来ちゃうんですよね〜
ライバル多し、遠い分不利です(-_-;)
こちらは限定が豊富なので遠いけどチョイチョイ来てみたいです。
東金店も出来るので益々楽しみですね。

また頑張って伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】まぜそば」@とものもとの写真2月6日(水)

この日はまたまた「とものもと」さんへ行ってきました。
未食の限定メニュー「まぜそば」があるとの呟きを確認し、職場から急いで向かいます。
毎度おなじみ「六代目 麺処「まるは」極 西船橋店」横のコイパへピットイン、30分100円です。
麺友さんと合流し、足早にお店に向かうと外待ち1名、ドッキングして待ちます。

列が進んで入店、ご挨拶して確認するとまだ残っていました(´▽`) ホッ
入り口右の券売機で限定のまぜそば(800円)とチャーシュー(200円)をポチっと。
ラッキーついでに皿ワンタン(300円)もポチっとしちゃいます。
ウキウキしながら卓上のコップに水を注いで待ちます。
少し談笑していると、皿ワンタンが到着。
そして待ちに待ったまぜそばが溶き卵と一緒に姿を現しました。

撮影して頂きます。
もとのとも」さんでもまぜそばを頂きましたが、これも同じ様な仕掛けですね。
ぱっと見花鰹が載っただけの麺に見えます。
少し汁気のあるまぜそばなので汁を1口。
鶏油の香りが堪らない醤油ダレです、コクがありこれだけで美味い。

確り混ぜ合わせていきます。
底からもレアチャーシューと鶏チャーシューがお目見えしました。
知っていてもやっぱり見えると嬉しいもんですね(笑)

麺は平打ち中太ストレート麺。
長めでコシがあり食感が堪らないです、村上朝日製麺の物。

具材は豚レアチャーシュー、鶏チャーシュー、鶏節、刻み葱、ご厚意の味玉。
チャーシューは本来麺の下に隠れています、上にあるのはチャーシュー増しをした分です。
いつ食べても美味しいチャーシューですね、レアチャーシューは特に美味いです(๑´ڡ`๑)
鶏節も華やかな香りが増して良いですよね。
味玉も安定の美味さ、黄身が濃厚です。

さて、溶き卵の出番です。
途中からこの卵に潜らせて頂きます。
円やかに味が変化して良いですね、飽きさせません。

そして終盤で麺が無くなると同時に追い飯が到着。
タレと卵と追い飯をドッキング、卵かけご飯の様な一杯の出来上がり
美味いですね、シンプルに美味いです。

それとつまみながら頂いた皿ワンタン。
てるてる坊主の形をしたやつです。
刻み葱が散らしてあり、ポン酢でさっぱり頂けます。
皿で頂くのは初めてですが良いですね、ビール飲みたくなりました(^^;)

追い飯も完食し♡のRe:を確認。
するとひょんな事から店主さんより醤油らーめんを一杯頂き、麺友さんとシェアする事に。
マイナーチェンジ後初の一杯でしたが、こちらはまた後日確り一杯頂いてからレポします。
全て平らげご馳走様、ご挨拶をしてお店を後にしました。
近くても中々頂けない数量限定のまぜそば、やっぱり美味かったですね。
ツイッターをチェックしないと中々頂けませんので、興味のある方は常に呟きをチェックして下さい。

また癒されに伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 11件

「白湯まぜそば+炊き込みご飯」@もとのともの写真1月22日(火)

この日は定期巡回(笑)で火曜日限定のこちら「もとのとも」さんへ伺いました。
いつもの様に「六代目 麺処「まるは」極 西船橋店」さん脇のコイパにピットイン。
30分100円ですね、車を止めてお店に向かいます。

19時55分到着、入店してご挨拶、満席ですね。
少し前に麺友さんも到着していたみたいで一緒になりました。
この日は未食の「白湯まぜそば」(950円)がまだ残っていましたので当然ポチっとな。
この「白湯まぜそば」は昼夜各10食程の数量限定で、この日の夜は12食のみでした。
浮かれついでに「炊き込みご飯」(200円)もポチっとします。
丁度一番端の席が空き着席、食券を提出し卓上のコップに水を注ぎ待ちます。
途中麺友さんの隣が空いて「移動しますか?」と言って頂くも丁重にお断り。
「おっさん2人が並んで食べてもねぇ」なんて言いましたが本当は恥ずかしいのです、お互い(笑)
そんなこんなで待っていると遂にお目当てのまぜそばとご対麺できました。

撮影してスープを1口、濃厚な鶏が押し寄せてきます、力強いですね。
早速マゼマゼしていきます。
面白いですね、混ぜていくと底から具材が現れます。
最初はおかかが載った麺にしか見えませんでした(笑)
何にも入っていない様に見えたのですがこれで一安心です(´∀`)

麺から頂きます。
麺は太めのストレート麺、喉越し良く確りコシもありますね。
時折ピリッとやってくるブラックペッパーの刺激がアクセントになり堪らないです。

具材は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、刻み葱、鶏節、ご厚意の味玉。
豚チャーシューは低温調理の物、確り肉の旨味が堪能できて美味いです。
鶏チャーシューもしっとりで美味い。
葱が良い感じに機能しますね、鶏節も華やかな香りが増します。
ご厚意の味玉も黄身が濃厚で美味いですね。

市原店主のご指南により、少し食べ進めた所で割りスープに浸けてつけ麺風にして頂きます。
これもちょっと面白く、つけ汁とは違い割りスープですから風味が増す様な独特の感じ。
麺を洗う様な感じですかね、塩気が抜けて風味が増す様なイメージです。

更にご指南頂いた通りに割りスープをドボン、今度はラーメン風ですね。
これが一番驚きました、むちゃくちゃ合います(^~^♪
塩加減と鶏の出汁感が見事に合わさって美味いです。
元々汁そば好きなので嗜好にぴったりとは嵌りましたね、これが一番好きですね。

途中で炊き込みご飯も頂きます。
こちらの具材は人参、みつば、ホンビノス貝。
ホンビノスのエキスで炊いたご飯は旨味たっぷりですね。
これに少し割りスープを掛けるとこれまた美味しです。

ズバズバ啜って完食完飲、最後はちょっとペッパーで辛くなっちゃいますがご愛嬌で(笑)
ハートのRe:にご挨拶、ご夫妻にもご挨拶してお店を後にします。

やっと未食のまぜそばをゲットできました。
曜日限定、且つ数量限定でかなりハードルの高い一杯ですが、職場が近いので助かります。
余談ですが1月30日より「とものもと」さんのメニューに変更があるみたいです。
トッピングと麺が変更になるそうですので興味がある方は伺ってみて下さい。
自分は市原店主から「暫くの間、軽くテンパッてるので落ち着いた頃来て下さい」と釘を刺されました。
なので落ち着いた頃伺ってみます(笑)

この日もご夫妻に癒されました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 6件

「小ラーメン汁なし(ニンニク少なめヤサイアブラ)」@ラーメンBoo Boo太郎。の写真1月17日(木)

濃麺 海月」さんの特別夜営業に振られた夜。
鶏そば 七星」さんで美味しい鶏白湯を頂きリカバリー。
ですが振られて気持ちが沈んだまま、アイツの事なんて忘れなきゃ(T ^ T)
と言う事で、失恋の痛手はやけ食いで忘れる事に。
お近くの「ラーメンBoo Boo太郎。」さんへ伺いました。
先ずコイパ、周辺に多数有ります。
その中で、お店の前を通り過ぎ「県庁前駅」方向へ少し行った所のコイパ。
こちらが20時以降60分100円ですね(20時前は30分200円)
既に20時を回っていたのでこちらに車を止めお店に向かいます。
因みに20時前なら店舗手前の一方通行を入った所が40分200円です。

21時ちょい過ぎに到着、外並び無しなので店内へ。
中待ちは9名で満員、ひとまず入り口左の券売機でプラチケ購入します。
連食なので気持ち軽めに小ラーメン(740円)と汁なし(100円)をポチっと。
一旦表に出て待機、黒烏龍茶購入。
少しして入店、25分程でカウンター席に昇格です。
プラチケ提出、汁なしは自分一人だけの様ですね。
店主さんと奥さんでしょうか、あと助手さん1名の3名体制。
寡黙ですが、キチンとした接客で丁寧ですね。
お水はカウンター1番右側に給水器がありセルフ。
卓上には一味と胡椒が置いてあります。
汁そばの配膳が終わってから自分のコールタイム、ニンニク少しヤサイアブラでお願いしました。

撮影してマゼマゼ、麺から頂きます。
麺は平打ちの太麺、確りウェーブしています。
茹で加減は少しだけ柔らかめ、もっちりで食べ易い食感です。
タレがやや薄めかな、以前よりパンチが少ない印象。
ブラックペッパーがアクセントになりますね。

具材は豚ちゃん2枚、もやしとキャベツの茹で野菜、卵黄、フライドオニオン、アブラ、ニンニク。
豚ちゃんは厚みもありホロホロ、混ぜながら崩れる位でめちゃウマ(´∀`)
茹で野菜は程良く歯応えが残っているシャキクタ、量もそこそこですね。
卵黄が混ざると円やかに、疲れてきても食べ続けられちゃうから不思議です(笑)
ニンニクを混ぜると、やや不足気味だったパンチが増して良いですね〜
アブラの甘みも加わって箸を止める事なく完食(๑´ڡ`๑)
ご馳走様をしてお店を後に駐車料金は100円で済んじゃいました。

2杯目でしたけど美味しく頂けました。
これで終わった恋を忘れられました、ゲップする度にニンニクが上がってきて幸せです♪
最近並びが増えて中々伺えなかったので、満足感も高かったです。
振られたらまた来ます、いや振られなくてもまた来ます(笑)

忘れさせてくれてありがとう、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「【ハンディクラフトワークス 】熟成ローストビーフ油そば+味玉」@むぎくらべの写真期間限定の為レポ先上げします。
こちらのメニューは終了しております。
予めご了承下さいm(_ _)m

1月25日(金)

間抜けな事に運転免許証を失効(*ノω<*) アチャー
ハガキが来なかったとは言えうっかりしてました。
6ヶ月未満だったので講習だけで済むとの事。
急遽休暇を取得し運転免許センターへ行く事になりました。
講習が終わりなんとか無事免許証ゲット、15時45分頃免許センターを出る事が出来ました。
「おー、間に合うかもしれない!」
他の方々のレビューを見て、行ってみたくて堪らなかったお店。
この日まで「Handicraft Works」さんが出店している「むぎくらべ」さんへ伺ってみる事にしました。
平日は仕事、基本的に赤い日が休日、職場は船橋の倉庫の中。
都心でスーツを着て仕事をしていない自分、これは滅多にないチャンスです!
海浜幕張駅から電車でGO、東京駅でプチ迷子( ;´Д`)
都会はやっぱり苦手ですね、すれ違いが上手くできません(一応東京都出身なんですが…)
17時頃になんとか到着、よく見たら取引先の近所ですね。
今日は休みとは言え会いません様にと、ちょっと緊張(笑)

入店して先ずレジで注文、安心の料金先払いです。
バジル香る鶏そばは売り切れでした。
熟成ローストビーフ油そば(1100円)と味玉(100円)を注文。
カード払いOK、便利です。
お支払いすると呼び出し様のポケベルを渡されます。
奥に進んでカウンター席に着席、さらに奥の方に調理場がありますね。
卓上には一味と胡椒、そして紙コップと麦茶があります。
しかも麦茶は温冷の両方ありました。
麦茶も週替わりみたいですね、麦への拘りを感じます。
しばらくしてベルが鳴り呼び出されました、トレーで受け取り再度着席。

撮影してマゼマゼ、先ずは麺から頂きます。
丸みのある太ストレート麺ですね。
茹で加減少し固めのドンピシャ、風味も豊かです。
モチっとした食感で噛み応えも確り有って美味いですね〜

タレは塩ダレ、ブラックペッパーが効いてい良い刺激です。
牛脂のコクと旨味が良いですね。

具材はローストビーフ、サニーレタス、パプリカ2色、紫玉葱、プチトマト、クレソン、温玉、トッピングの味玉。
ローストビーフが柔らかく筋も無く美味いです、これは流石ですね。
野菜類はサラダを食べている様でヘルシーな感覚、なんかいつもより良い事してるな(´∀`)
味玉は半分に割ってあります、ちょっと固めのゼリー状。
温玉は割るとトロトロの黄身が流れ出ます。

温玉を混ぜて頂きます、円やかになりこれはやっぱり美味しい。
残りを食べ進めあっという間に完食です。
トレーを返却口に持って行きます。
「ご馳走様でした、美味しかったです」と言うと若い男性店員さんがニッコリ。
店主さんを存じ上げないのですが、厨房にいらっしゃったもう1人の方がそうなのでしょうか。
レジの可愛いお姉さんにご馳走様をしてお店を後にしました。

明るい時間の都心で頂くお洒落な一杯。
「似合わねー」と心で思いながらもワクワクしてしまいました(笑)
都心はごく偶にしか来ません、なのでかなり挙動不審(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・)
改めて都心で働く人って凄いなと、全く別の感想も。
慣れないけど都心にはまた来ます、美味しい物が沢山あるので(笑)

八潮にも行かなくちゃ、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(大盛り)」@自家製太打麺 勢拉 稲毛店の写真12月5日(水)

12月に入り仕事は繁忙期、毎日残業で遅くなり開いているお店も限られています。
そんな中この日はこちらの「自家製太打麺 勢拉」さんへ伺ってみました。
かなり前に北習志野の店舗は伺いましたが、それも何年も前なので記憶も曖昧。
21時半近くに会社を出て稲毛方面へ向かいます、到着してコイパ探し。
すると店舗向かいに不思議な駐車場を見つけました。
看板に9:00~1:00 60分/100円 1:00~9:00 60分/100円 と記載されています(・・?)
謎です、朝なのか夜なのかわかりませんが60分/100円以外の金額表示がありません。
周りの駐車場を見ると午前9:00~午前1:00前後が大体20分100円位。
安そうなので謎のままピットイン、お店に向かいます。

21時55分店舗到着、特に並びも無いのでそのまま入店します。
入り口左の券売機で食券購入、一押しの油そばをポチっとしてカウンター席に着席。
食券を提出すると麺の量を聞かれました、大盛まで同料金との事。
並盛で225g、中盛が300g、大盛で375gとの事、もちろん大盛でお願いしました。
水はセルフで店舗右奥に給水器があったと思います。
店員さんは2名体制、先客は4名ほどいました。
10分弱でご対麺になりました。

撮影して良く混ぜ合わせから頂きます。
麺は太めのストレート麺で加水率やや高めでモチモチしています。
薀蓄によると小麦は「キタホナミ」と「ホクシン」それに千葉県産の全粒粉「有芽小麦」をブレンドしているそうです。
タピオカも入ってるそうですが、残念ながらバカ舌の自分には細かい事はわかりません(^^;)
でもモチモチしていて美味しい麺でした。
茹で加減も悪くは無いです、個人的にはもう少し固めだとベスト。

具材はチャーシュー、温玉、メンマ、海苔、刻み葱、魚粉。
チャーシューはバラロールのペラペラタイプ、美味しいけどちょっとペラペラなのが残念。
メンマは極太の材木タイプでコリコリの食感強め、色黒ですが味付は無難な仕上がりでまずまず。
温玉は潰して円やかになり良いですね、この中では華になってますね。
海苔は麺を海苔巻きして頂きました。

途中で卓上アイテムでカスタマイズ、ニンニクを2匙ほど入れるとパンチが出て美味いですね〜
あと2口位の所で、オススメの食べ方として書いてあったスープ割りをお願いしました。
暖かいスープを入れて頂きブーメランで帰ってきます、汁そば風にして頂きます。
濃厚な魚介豚骨スープです、ちょっと風味が足りませんがこの辺はサービスですので。

ご馳走様をしてお店を後にします、後客3名ほどでそれなりに入っては来ますね。
駐車料金100円、とりあえず駅前なのに安いコイパみたいでしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

資本系は遅くても営業している所が多く、夜行性の自分にはとてもありがたいです。
余談ですがこちらのお店、以前は「つなみ」という店名でした。
東日本大震災の後に屋号を変更されたんですよね。
旧店名の時は、結構雑誌などでも拝見していたような記憶があります。
そんなことを思い出しながら頂いていました。

時が経つのは早いですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(ニンニク少なめ)」@麺屋こころ 船橋店の写真新店につき先にレポ上げます。

12月7日(金)

本日開店の「麺屋こころ 船橋店」へ行ってきました。
この日は残業で仕事が終わらず、20時過ぎに漸く解放。
急いでお店に向かいましたε=ε=ε=ε=(ノ*´Д`)ノ
京成線ガード下のコイパにピットイン、20分100円でこの周辺だと1番安いと思います。
20時35分店舗到着、表には開店祝いが飾られていますね。
場所は旧「麺屋 船橋 さのや」の跡地、店主さんは以前と変わらない様です。
外に並びは無くそのまま入店、券売機にて食券を購入します。
オープンより3日間、12月9日迄はオープン記念キャンペーン営業になります。
メニューは台湾まぜそば、塩まぜそば、塩ラーメンの3種類のみで全て500円での特別提供になります。
仕事が遅くなり売り切れが心配でしたが、日頃の行いが良いので運良くどれも残っていました(笑)
お目当の台湾まぜそばをポチッとして店員さんに渡します。
ニンニクの有無を聞かれましたので少なめでお願い、明日も仕事なのでちょっとだけ我慢です。

店内は満席で店内待ちの状況、ベンチに座って暫く待機です。
スタッフはホールに女性2名、厨房に男性3名女性1名の計6名体制。
オープン初日なので万全の人員体制ですね。
内装はカウンター席のみ13席程、物の配置等は以前と変わってないみたいですね。
少しすると目の前の席が空き、そのままカウンター席へ昇格しました。

お水はカウンターにコップと共に置いてありセルフスタイル、水はレモン水ですね。
待つ事10分程でご対麺となりました。

撮影会を済ませ、まぜそばですからよく混ぜてから頂きます。
麺は加水率高めの太ストレート麺、ムッチリ食感です。
油分と卵黄でねっとりとタレが絡んでますね、ピリッと辛味も感じます。
麺量は少なめですね、汁なしにしては軽い量です。

具材は台湾ミンチ、ニラ、刻み葱、魚粉、卵黄、海苔。
台湾まぜそば基本の具材ですね、FC店なので何処も同じでしょうか。
大きくこれがと言う物はありませんが不満は無いレベル。
ただしこれが通常の金額になるとちょっと物足りない気もしますね。
ミンチは程よく辛味があり良い感じです、個人的にはもう少し辛くても可。
卓上にあった昆布酢をかけてみたのですが、勢い良過ぎてちょっと入れ過ぎました(^^;)
でも円やかになり美味しいですね、辛味が和らぎます。

一旦完食、追い飯をお願いして丼を渡します。
白飯ドボンでブーメラン、残りのタレと混ぜ合わせて頂きます。
タレに良く合っていて美味いですね、やっぱり追い飯があるとテンション上がりますねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

追い飯もあっという間に完食です。
後客多数で食べ終わったら頃は外に数名待ちが出来ていました。
ご馳走様をしてサッとお店を後にしました。

駐車場ですが、ガード下は京成系列の運営で交通系電子マネー(PASMO等)が使えます。
自分はSuicaを使いましたが、交通系電子マネー使用だと割引されます。
支払いは30分程の駐車で180円、多分1割引きだと思います。
大した金額じゃありませんが、チリツモなので情報共有。

無難に美味しい台湾まぜそばでした。
1つだけ気になったのが厨房にいた店員のお兄さん、ちょっと私語が多いかなぁ。
初日なのでテンション上がるのも分かるんですが、そのテンションをお客さんに向けて欲しかったですね。
自分は駄舌なので大概の物は美味しいと感じます、なので接客態度は採点を大きく左右します。
まぁ初日ですしお手伝いの方かもしれませんね、開店祝いと言う事で採点は大目に見ておきますね(笑)

会社から近いので機会があれば他のメニューも試してみたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし油そば(中)ヤサイちょい増し+豚2枚」@ラーメン燈郎の写真11月25日(日)

柏の「道有楽」さんで感動の一杯を頂き暫く余韻に浸って周辺をブラブラ。
もう一杯何か頂きたいなとTwitterを眺めていると美味しそうなTweetが。
限定に乗せるイクラが無いので雲丹に変更、そう出ていたので燈郎さんに伺ってみる事に。
しかし途中で野暮用が出来てしまいかなり遅くなってしまいました。
バスターミナル近くのコイパに止めて21時20分に到着です。

先ず入店して券売機で食券購入、やはり限定は売り切れ(--,)ぐすん
ならばと未食の汁なし油そば(中、250g)と豚2枚をポチリ。
店員さんに食券を提出、野菜チョイ増しニンニク無しでお願いしました。
外待ち3名に接続、21時35分に再度入店出来ました。

カウンター席に着席して待ちます。
店員さんは4名体制、いつもの様に丁寧な接客です。
暫く待ってご対麺となりました。

撮影して良く混ぜます。
汁なし油そばですが結構汁っ気がありました。
野菜から水分が出ているからでしょうか?

早速麺を頂きます。
平打ちストレート系の太麺で、確り噛み応えがある美味しい麺です。
この噛み応えは好きですね。
ですがタレと言うより、少ないスープの様に入っているタレが今一つ絡んで来ません。
元々こうしたタイプなんでしょうか?

具材は豚が追加分含めて3枚、茹で野菜、刻み小葱、天かす。
豚は相変わらず美味いんですが値上げで豚2枚280円はちょっときついですね、でも間違いなく美味い。
茹で野菜はもやしとキャベツ、茹で加減は少し柔らかめでした。
そして天かすが揚げ玉とイカ入りでしょうか、これが後々良い感じになってくれました。

シャバシャバのタレが天かすと混ざり合い、天かすがタレを吸ってくると麺に絡んできます。
これが良く、最初の絡みが無かった時に比べてかなり確りした味わいに。
なるほどなとちょっと感心してしまいました。
別皿で温玉が付いてきたので最後に乗せて味変して完食です。

最初はちょっと驚きましたが美味しく頂けて良かったです。
仕方ない事なのですが少し前に値上げがありました。
この油そばも中盛り950円になります、トッピングと合わせて1230円。
今後気軽に豚が増せなくなりそうです(;´Д`A

でも美味しいから何とかして食べちゃうんですけどね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 4件