なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 83.957点
最終レビュー日 2019年4月26日
257 201 6 2,213
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】ジンジャーポタージュラーメン食べ比べセット」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真4月11日(木)

この日も所用で都内に、その前に「らー麺屋 バリバリジョニー」さんへ伺いました。
企画、製麺「魂麺」山西店主、スペシャルゲスト「らー麺屋 バリバリジョニー」ジョニーさん、バーター(笑)「4代目松屋食堂」松谷店主の3店で「生姜醤油ラーメン」を提供するというイベントが目当てです(このイベントは既に終了しております)
18時40分頃到着、店舗裏手のコイパにピットイン、40分200円です。
因みに店舗横のコイパは30分200円になります。
車を止めてお店に向かいます、入店してジョニーさんにご挨拶。
現金対応なので右にある券売機をスルーしてカウンター席に着席します。
ジョニーさんに確認してジンジャーポタージュラーメン700円を口頭注文。
お代を支払った所でジョニーさんから「食べ比べてみます?」との提案が。
企画の麺とデフォの麺の食べ比べ、確かにそれは面白いと思い200円追加でお願いしました。
テレビ下のコップを取り、卓上の給水ポットでお水を汲み飲み干します。
先客1名で割とゆったりした雰囲気、この日は来店が少なく暇だと嘆くジョニーさん(^^;)
少し話をしながら待っていると、山西氏が打った麺で作られた一杯がトレーに載せられ到着しました。

撮影してスープから頂きます。
スープは言わずと知れたジョニーさんのベジポタ、下ろしたての生姜が香ります。
豆乳を少量入れてあり、ブラックペッパーが効いて締まりがありますね。
円やかにまとまったクリーミーで美味しいスープです(๑´ڡ`๑)

麺は魔術師の異名を持つ山西店主の打ったストレートの細麺。
茹で加減はちょい硬めの良い感じです。
滑らかで喉越しの良い麺です。

具材は刻んだ万能ねぎと白髪ねぎのみのかけスタイル。
麺を味わうにはこれも良いですね、特に食べ比べならより分かり易いです。
スルスル啜って一旦終了、追加の麺をお願いします。

2玉目はジョニーさんで使用している通常の麺です。
先程同様ストレートの細麺。
口に運ぶ際にフワッと小麦の香りを感じます。
口に入れてると麺の味が先程より確りと伝わってきますね。

ズルズル啜ってこちらも完食、スープも残さず完飲です。
この後色々ジョニーさんに教えて頂いたりしました。
こんな感じで麺自体を食べ比べたのは初めてで、とても勉強になりました。
比べると一方は麺の味は弱くその分スープの味が際立ち、一方は麺の味が華やかで一体感がある感じ。
細かく語れる程知識はありませんが、こうして比べると違いがハッキリしていて面白いです。
麺とスープの相性、ただ単に食べて美味しいだけしか考えていませんでしたが奥が深いですね。
作り手側はこうやって色々試して麺を選定するんですもんね、改めて作り手さんに敬服致します。
自分などが比べたところで麺の良し悪しは語れませんが、ラーメンを知る意味でとても貴重な経験をしました。
ご馳走様をしてお店を後に、所用の為都内へ…
だったのですが、社用携帯が鳴り取引先からのクレームが( ̄▽ ̄;)!!ガーン
この後会社に戻る羽目になりました(´-ω-`)
所用後に「4代目松屋食堂」さんにも伺ってみようとも思っていたのですが仕方なく断念しました。

今回は貴重な体験とお話ありがとうございました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん並+チャーシュー増+半ライス」@横浜寺田家ラーメン 白井店の写真1月7日(月)

この日は以前から気になっていたこちらへ伺ってみました。
国道16号線沿いにあるのですが、いつも出掛けた帰りに通るので未訪でした。
21時ちょっと前に到着、コイパはありませんが店舗前に広いゼブラゾーンがあります。
駐車禁止の標識は見当たらないので恐らく問題ないかと思います(法解釈は自己責任でお願いします)

車を止めて店内へ、オール引き戸の一番左から入店します。
入り口左に給水器があり、店内左奥に券売機があります。
食券購入、らーめん並(650円)とチャーシュー増(300円)と半ライス(100円)をポチっと。
お水を汲みカウンター席へ着席、食券を提出します。
食券が4枚出てきて不思議だったのですが、1枚はポイント券で店員さんよりリターンされました。
ポイント券3枚で半餃子かライス、6枚で餃子かミニチャーシュー丼、10枚でらーめん並が無料との事でした。
いつも家系だと麺固め油多めなんですが、特に聞かれなかったので言いそびれ(*ノω<*)シマッタ!!!
店員さんは2名、どちらかが店主さんでしょうか。
卓上にはおろし生姜、おろしニンニク、豆板醤、ブラックペッパーなどがありました。
厨房は思った以上に綺麗ですね、改装したのでしょうか。
家系らしい手捌きでチャッチャと手際良く仕上げて行きます。
少しして本年初家系とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
非常にクリーミーな白濁したスープですね。
カエシは控えめでパンチは弱め、ちょっと早めにニンニク投入。
自分好みに寄せるには、油多めにした方が良さそうですね。

麺は中太ストレート、断面が四角い家系ではスタンダードな麺です。
色白美人な麺肌つるつるした綺麗な麺でした、茹で加減はやはり固めにしたいですね。
スープはそれなりに絡んできます。

具材はチャーシューを増したので計7枚ほど、海苔2枚、ほうれん草、刻み葱。
チャーシューは厚みもそこそこ、これだけ乗っていると存在感がありますね。
少し固めでしたのでスープに沈めて温めます、美味しく頂き満足感高いです。
海苔は贅沢にチャーシューと一緒にライスを巻いて頂きました。
ほうれん草は沈めて汁ダクでライスにオン、品の無さが堪りません。
最後に豆板醤を入れライスドボンで完飲完食です(๑´ڡ`๑)

昼も夜も結構人が入っているのでもっとガツンと来るのかと思っていました。
ややパンチの弱い家系でしたが、ニンニクを入れたら結構いけました。
麺固めで油多めならもっと良かったと思います。
次回は麺固め油多めを言いそびれないように呪文を唱えながら伺います(笑)

ポイント券頂いたのでせめて3枚は貯めたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「【パルプンテ限定】海老ンゲリヲン+チャーシュー+炊き込み御飯」@濃麺 海月の写真1月3日(木)

零一弐三×濃麺海月のコラボ最終日、場所を海月さんへ変えて営業です。
この日のメニューは海老をたっぷり使った一杯との事。
昨日は出遅れでかなりの時間待ったので早めに家を出ます。
11時のオープンより前、10時40分位に到着。
駐車場は埋まっていましたので向かいのコイパにピットイン。
よく見たらここ安いです、60分100円。
隣も90分200円と店舗裏手より全然安いです、以上コイパデータベースでした。

開店前なのに既に40人近くの列、ちっとも昨日と変わりません ˘•ω•˘ ).。oஇ
しっかし正月早々それも寒い朝から一杯のラーメンの為に…
みーんな頭おかしいです、まぁ自分もですけど(ー ー;)

文句言っても始まらないので40名位の並びにドッキング、ここまで海老の香りがプンプンします♪
この日は回転早く、1時間程で小窓の前に到着。
小窓が開き食券購入許可が出ました。
きっとメニューが一つで店内連食が無かったからでしょうね。
入店して右の券売機で食券購入。
限定ラーメン「海老ンゲリヲン」1000円をポチっと。
追加トッピングの「鶏と豚チャーシューのミックス増し」150円をポチっと。
「和洋折衷の炊き込み御飯」200円もポチっと、計1350円也。
列に戻り少し待機、小窓が再び開き入店許可がおります。
カウンター1番奥へ誘導され着席。
お水は卓上にコップとポットが置いてありセルフ。
海月さんの店舗ですと店主さんとの距離感が近いですね。
途中で他のお客さんから「両替お願いします」の声が。
するとすかさず北村店主より「うちは手数料掛かりますけど良いですか?」と。
真顔で言ってますけど冗談です、真に受けないで下さい、多分(笑)
ただ、ここに限らずなるべくでしたら入店前に両替して伺いましょう。
特にコラボとかで忙しいと対応大変ですからね。
少し待って零一弐三の池田店主から渾身の一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
ドーンと海老の旨味が押し寄せてきますね。
初日の冷やし中華は海老油だったので風味程度でしたが、こちらは確り海老。
清湯スープですけれど結構な量の海老を使っていそうで濃密です。
海老はオマール海老と甘海老を使用しているみたいですね。

麺はやはり零一弍三の将さんが打ったと思われる物。
昨日の物と似ていますが、やや角が無く少し柔らかい印象。
少しだけうねりがある中細ストレートタイプです。

具材は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、穂先メンマ、刻み葱、人参やじゃがいもなどのミックスベジ。
チャーシューはレア加減、どちらも食べ応えがあり美味いです。
チャーシューは3日間少しずつ変えてきてますが、どれも美味しい所は流石ですね。
穂先メンマはしゃっきり食感。
人参やじゃがいものミックスベジは洋風で面白いですね。

続いて炊き込み御飯、残り僅かでしたが無事ゲット出来たやつです。
人参やじゃがいもが一緒に炊き込まれた物に刻んだ葱が乗せられています。
少しおこげの部分が入っていてこれも中々美味。

この日の一杯もあっという間に完食完飲。
ご馳走様をしてお店を後にします。
濃麺海月さんと零一弐三さんのコラボはこの日が最終日。
翌日は濃麺海月×とものもとのコラボ、場所はとものもとです。
残念ながら翌日から仕事です、抜けて行きたいけど並んでいるかなぁ。
タイミングが合えば仕事抜けて行ってこようかな、勿論バレないように( ̄∀ ̄)
年末年始のが過ぎ去り徐々に通常営業へと戻りつつありますね。
限定三昧の日々でしたが、お正月ですから財布の紐も緩みまくりでした(笑)

両店舗ともデフォルト頂きに行かないとなぁ、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定フルボッコ】2019年最速冷やし中華始めました」@零一弐三の写真新年初レポ、本年も宜しくお願いします。

1月1日(火)

元日のこの日は零一弐三さんで濃麺海月さんとのコラボ営業。
行く気満々でしたが、前日の大晦日夜からどうも風邪気味。
朝から鼻水ダラダラ、くしゃみ連発。
鼻は真っ赤でヒリヒリ、並ぶのはとてもじゃないけど無理と判断。
午後から実家に行く予定もあり諦めて大人しくしていました。
薬を飲み効いてきた頃ツイッターを確認。
すると今なら並び無しとのツイートw(゜o゜*)wマジ!?
まだ少し麺も残ってるとの事で実家に行く前に寄ってみる事にしました。

13時5分到着、目の前のコイパが満車でしたので裏手のコイパにピットイン。
限定物は時間との戦いなので空いていたら即入庫です。
急いで店舗へ向かいます、営業中の札を確認!
入店して左側の券売機でプラチケ購入、先客3人のカウンター席へ。
お水はカウンター後ろに給水器があります。
ご挨拶をしてプラチケ提出、着席して零一弐三の将さんと海月の北村さんのコラボを楽しみます。
助手さんでしょうか、もう1人男性店員さんがいらっしゃいます。
仕上がる寸前で声がかかりました。
香油を煮干しと海老油から選べると言うので煮干しをチョイス。
季節外れの冷やし中華とご対麺致しました。

撮影して先ずタレをペロリ、煮干しが香ってきます。
混ぜ合わせて頂きます。
一口目の印象は確り冷やし中華、思ってる以上に冷やし中華です。
ただし煮干しが香る冷やし中華、このニボ感堪らないですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

麺はコシのある中細麺、将さんが朝に打ち立ての麺との事。
ツルツルシコシコの麺でこの一杯にとても良く合っています。

具材は鶏と豚のレアチャーシュー、プチサラダ、プチトマト、きゅうり、ゆで卵、玉ねぎ。
冷やし中華風に細切りになったレアチャーシュー、どちらも美味しいですね。
きゅうりも細切り、玉ねぎはスライス、プチトマトは半分、ゆで卵も輪切りのスライス。
プチサラダは水菜やベビーリーフなど。
忠実に冷やし中華です、この時期この日に冷やし中華(笑)

温スープが付いています、少し遅らせて温かいスープの登場です。
こちらは煮干しに生姜の効いたスープ、温まります。
風邪っぴきの自分にはこれはありがたいですね。
きっと朝から並んでいた方達は、これを飲んでホッとしたに違いないでしょう。
冷えた身体に冷やし中華、そこでこのスープ。
どれだけツンデレなんだと( ̄∇ ̄)

食べ終わる前に残りを聞いたところ、まだ麺が数玉残ってるとの事。
店内連食を伺ってみるとOKとお許しが出ました。
折角なので海老油バージョンも頂く事に、プラチケ追加購入。
食べ終わる頃に、再度素敵な一杯が手元に届けられました。

撮影して混ぜ合わせて頂きます。
先程の冷やし中華よりアジアン風。
ピリッと辛みがあります。
香油以外は全部一緒ですね。

2杯目のスープはお気遣いで生姜の入っていない煮干しのスープ。
先程とは違うので飽きずに楽しめました。
こちらはガツンと煮干しで塩分もダイレクトに感じます。

2杯も頂きお腹も満腹、ご馳走様をして帰り支度。
「煮干しが良いですね」とお2人に伝えると北村さんから「え?煮干し入ってませんけど」と(笑)
真顔で言うので注意が必要です(^^;)
正月早々大変美味しいコラボ、やっぱり将さんの煮干し美味いですね。

明日は名古屋コーチンとの事、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 6件

「油そば(大盛り)」@自家製太打麺 勢拉 稲毛店の写真12月5日(水)

12月に入り仕事は繁忙期、毎日残業で遅くなり開いているお店も限られています。
そんな中この日はこちらの「自家製太打麺 勢拉」さんへ伺ってみました。
かなり前に北習志野の店舗は伺いましたが、それも何年も前なので記憶も曖昧。
21時半近くに会社を出て稲毛方面へ向かいます、到着してコイパ探し。
すると店舗向かいに不思議な駐車場を見つけました。
看板に9:00~1:00 60分/100円 1:00~9:00 60分/100円 と記載されています(・・?)
謎です、朝なのか夜なのかわかりませんが60分/100円以外の金額表示がありません。
周りの駐車場を見ると午前9:00~午前1:00前後が大体20分100円位。
安そうなので謎のままピットイン、お店に向かいます。

21時55分店舗到着、特に並びも無いのでそのまま入店します。
入り口左の券売機で食券購入、一押しの油そばをポチっとしてカウンター席に着席。
食券を提出すると麺の量を聞かれました、大盛まで同料金との事。
並盛で225g、中盛が300g、大盛で375gとの事、もちろん大盛でお願いしました。
水はセルフで店舗右奥に給水器があったと思います。
店員さんは2名体制、先客は4名ほどいました。
10分弱でご対麺になりました。

撮影して良く混ぜ合わせから頂きます。
麺は太めのストレート麺で加水率やや高めでモチモチしています。
薀蓄によると小麦は「キタホナミ」と「ホクシン」それに千葉県産の全粒粉「有芽小麦」をブレンドしているそうです。
タピオカも入ってるそうですが、残念ながらバカ舌の自分には細かい事はわかりません(^^;)
でもモチモチしていて美味しい麺でした。
茹で加減も悪くは無いです、個人的にはもう少し固めだとベスト。

具材はチャーシュー、温玉、メンマ、海苔、刻み葱、魚粉。
チャーシューはバラロールのペラペラタイプ、美味しいけどちょっとペラペラなのが残念。
メンマは極太の材木タイプでコリコリの食感強め、色黒ですが味付は無難な仕上がりでまずまず。
温玉は潰して円やかになり良いですね、この中では華になってますね。
海苔は麺を海苔巻きして頂きました。

途中で卓上アイテムでカスタマイズ、ニンニクを2匙ほど入れるとパンチが出て美味いですね〜
あと2口位の所で、オススメの食べ方として書いてあったスープ割りをお願いしました。
暖かいスープを入れて頂きブーメランで帰ってきます、汁そば風にして頂きます。
濃厚な魚介豚骨スープです、ちょっと風味が足りませんがこの辺はサービスですので。

ご馳走様をしてお店を後にします、後客3名ほどでそれなりに入っては来ますね。
駐車料金100円、とりあえず駅前なのに安いコイパみたいでしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

資本系は遅くても営業している所が多く、夜行性の自分にはとてもありがたいです。
余談ですがこちらのお店、以前は「つなみ」という店名でした。
東日本大震災の後に屋号を変更されたんですよね。
旧店名の時は、結構雑誌などでも拝見していたような記憶があります。
そんなことを思い出しながら頂いていました。

時が経つのは早いですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(ニンニク少なめ)」@麺屋こころ 船橋店の写真新店につき先にレポ上げます。

12月7日(金)

本日開店の「麺屋こころ 船橋店」へ行ってきました。
この日は残業で仕事が終わらず、20時過ぎに漸く解放。
急いでお店に向かいましたε=ε=ε=ε=(ノ*´Д`)ノ
京成線ガード下のコイパにピットイン、20分100円でこの周辺だと1番安いと思います。
20時35分店舗到着、表には開店祝いが飾られていますね。
場所は旧「麺屋 船橋 さのや」の跡地、店主さんは以前と変わらない様です。
外に並びは無くそのまま入店、券売機にて食券を購入します。
オープンより3日間、12月9日迄はオープン記念キャンペーン営業になります。
メニューは台湾まぜそば、塩まぜそば、塩ラーメンの3種類のみで全て500円での特別提供になります。
仕事が遅くなり売り切れが心配でしたが、日頃の行いが良いので運良くどれも残っていました(笑)
お目当の台湾まぜそばをポチッとして店員さんに渡します。
ニンニクの有無を聞かれましたので少なめでお願い、明日も仕事なのでちょっとだけ我慢です。

店内は満席で店内待ちの状況、ベンチに座って暫く待機です。
スタッフはホールに女性2名、厨房に男性3名女性1名の計6名体制。
オープン初日なので万全の人員体制ですね。
内装はカウンター席のみ13席程、物の配置等は以前と変わってないみたいですね。
少しすると目の前の席が空き、そのままカウンター席へ昇格しました。

お水はカウンターにコップと共に置いてありセルフスタイル、水はレモン水ですね。
待つ事10分程でご対麺となりました。

撮影会を済ませ、まぜそばですからよく混ぜてから頂きます。
麺は加水率高めの太ストレート麺、ムッチリ食感です。
油分と卵黄でねっとりとタレが絡んでますね、ピリッと辛味も感じます。
麺量は少なめですね、汁なしにしては軽い量です。

具材は台湾ミンチ、ニラ、刻み葱、魚粉、卵黄、海苔。
台湾まぜそば基本の具材ですね、FC店なので何処も同じでしょうか。
大きくこれがと言う物はありませんが不満は無いレベル。
ただしこれが通常の金額になるとちょっと物足りない気もしますね。
ミンチは程よく辛味があり良い感じです、個人的にはもう少し辛くても可。
卓上にあった昆布酢をかけてみたのですが、勢い良過ぎてちょっと入れ過ぎました(^^;)
でも円やかになり美味しいですね、辛味が和らぎます。

一旦完食、追い飯をお願いして丼を渡します。
白飯ドボンでブーメラン、残りのタレと混ぜ合わせて頂きます。
タレに良く合っていて美味いですね、やっぱり追い飯があるとテンション上がりますねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

追い飯もあっという間に完食です。
後客多数で食べ終わったら頃は外に数名待ちが出来ていました。
ご馳走様をしてサッとお店を後にしました。

駐車場ですが、ガード下は京成系列の運営で交通系電子マネー(PASMO等)が使えます。
自分はSuicaを使いましたが、交通系電子マネー使用だと割引されます。
支払いは30分程の駐車で180円、多分1割引きだと思います。
大した金額じゃありませんが、チリツモなので情報共有。

無難に美味しい台湾まぜそばでした。
1つだけ気になったのが厨房にいた店員のお兄さん、ちょっと私語が多いかなぁ。
初日なのでテンション上がるのも分かるんですが、そのテンションをお客さんに向けて欲しかったですね。
自分は駄舌なので大概の物は美味しいと感じます、なので接客態度は採点を大きく左右します。
まぁ初日ですしお手伝いの方かもしれませんね、開店祝いと言う事で採点は大目に見ておきますね(笑)

会社から近いので機会があれば他のメニューも試してみたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「二郎の味がするラーメン」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真限定メニューなのでレポ先上げします。

11月26日(月)

この日はtwitterのタイムラインに表示されたのを見てジョニーさんへ伺いました。
「11月26日はいい風呂の日らしい、俺はいい二郎の日だと思った」と、ある方の呟きを見て二郎っぽいの食べなきゃと思い突撃です(笑)

ちょっと離れた消防署隣のコイパ(30分100円)に車を突っ込みお店へ。
因みに店舗隣は30分200円、店舗裏手が40分200円でした。
19時45分に到着、入店して券売機の所で限定ボードを確認します。
当メニューは現金にて対応との事なのでカウンター席に座り口頭注文してお代をお支払いします。
先客は3名、オペレーションはジョニーさんワンオペです。
お店はカウンターのみ、綺麗でお洒落ですね。
女性1人でも入りやすいと思います。
常連さんがいらっしゃり、限定のラーメンについてジョニーさんが色々語られていました。
聞き耳立てて配膳を待ちます、色々なお話を盗み聞きしてしまいました(^^;)
こちらのメニューはボードの方にコールは無しと書かれていました。
なのでニンニク無しのつもりが、なんとニンニク生搾り!(◎_◎;)
明日仕事じゃん(笑)

10分程でご対麺、前途の様にコールは無しです。
撮影会してスープから頂きます。
スープはベジポタと鶏油かな、そこに醤油と味醂で二郎を再現しています。
ちょっと驚きの味わいです。
味醂由来の甘味が少し強めですが中々の再現度、面白いですよこれ(笑)

麺は全粒粉入りのストレート系でややウェーブがある太麺、加水率高めでモチモチしています。
スープに負けず、絡みも悪くありません。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、大きめなチャーシューと生搾りのニンニク2個分。
キャベツは大きめにカットされていてビジュアル的にも鮮やかです。
野菜の茹で加減はシャキシャキ感が残る位で食べ応えがあります。
豚と呼んで良い程大きなチャーシューは、二郎やインスパ系と比べても劣らない程の神豚。
柔らかく確りと味が付いていてめちゃくちゃ旨い!

天地返ししてニンニクを混ぜると一気に二郎感が爆発しました。
あっという間に完食、ニンニク全開で満足感もアップですね。
二郎のつもりで食べるのでは無く、二郎じゃないのにどう来るのかを楽しむ感じですかね。
いや本当に面白い(´∀`)

本当は今月限定の4種のチーズのラーメン(みそ味)も店内連食で頂こうと思っていたのですが、二郎感に満足しちゃいご馳走様しました。
順番逆にしておけば良かったですね、ニンニクパワー恐るべしです。
しかしこの日が良い二郎の日だとは思いもしませんでした。
生粋のジロリアンなら当たり前なんでしょうけど(笑)

この日に食べられた事に感謝です、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし中華(普通)ヤサイニンニクショウガアブラ」@千里眼の写真遠路遥々人気店のラーメンを食べにやってきました。
大学街の若者の街って感じで店内店外並びも皆さん若い💧
怯まず並ぶと後客に年上と思しきおじさまが(笑)
安心するも束の間、その後学生さんが続々と💦
会話にジェネレーションギャップを感じながらも食券購入。
整理券を発券してから食券を購入との事、見ると冷やし中華の整理券しかありません。
お目当ての豚入りラーメンはお預けかと思い冷やし中華をチョイス。
しかしよく説明を聞くと、冷やし中華の整理券でラーメンも注文できるとの事😵
失敗したー、でもレビュー見ると夏場は冷やしが人気の様でしたのでそのまま食す決意を胸に着席。
程なくコールタイムで、表題の物をコールします。
まずはヤサイ。
サラダですね、標高はかなりあるのですがサクサク胃袋に入ります。
見た目ほどキツくなく軽いです、マシマシしても良かった位にライトでサクサク入ります。
半分程減らした頃天地を返して麺を食します。
思ってたよりは細身の麺ですがしっかりと締められて良い歯ごたえ、食べ応えがあります。
生姜とにんにくを絡めて食すと風味が増して美味いです。
生姜はにんにくの主張を受けた後時折スーッと清涼感を感じます。
チャーシューは鶏ですね、柚子胡椒の効いた鶏チャーシューが思いの外美味い!
意外にも軽いです、ヤサイマシマシでガリマヨが良かったかななんて考えているうちに完食です。
自分の知る冷やし中華とは全くかけ離れて、中華を感じませんでしたが(笑)
美味しかったです、ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件