なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 83.957点
最終レビュー日 2019年4月26日
257 201 6 2,213
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(小)+煮玉子+チャーハン(小)」@中華そば まるきの写真4月16日(火)

この日は夕飯を頂きに「中華そば まるき」さんへ伺ってきました。
長らく伺えず未レポのお店です、伺えずと言うよりもったいぶってた感じです。
遠くもないしハードルも高く無いので、来ようと思えば何時でもなんですけどね。
なんと言うか、安定しているだろうし焦らずともみたいな安心感で未レポのままになってました。
ちょうどこの後実家に寄るつもりだったので通り道になり、一石二鳥で伺った次第です(笑)

20時頃現地到着、先ずはコイパです。
一番近いのは市役所の駐車場ですね、市役所に用が無くても使用出来ます。
基本的には20分100円ですね、市役所に用事があれば1時間無料のようです。
後は駅付近に多数ありますが、跨線橋の袂にあるコイパが40分200円でした。
自分はこちらに止めて少し歩きました、距離200m程で約3分、短い足で300歩程で到着です。

入店して右側階段の所にある券売機でプラチケ購入、中華そば(小)700円をポチっと。
もちろんチャーハン(小)もポチっと、ついでに煮玉子もポチっとな。
店内中ほどの給水器でお水を汲んでカウンター席に着席、プラチケを提出します。
この時麺の硬さや油の量、味の濃さなどを注文できます、この日は何も言わずノーマルにしました。
厨房内には店主さんと若い男性の2名体制で切り盛りされています。
お弟子さんでしょうか、それとも息子さんでしょうか(・・?)
正解は分かりませんがお2人で切り盛りされています、若い方はちょっと元気が無い様な。
店主さんが元気な掛け声されているからそう見えてしまうのでしょうね、負けずにファイトです。
店主さんがリズム良く中華鍋を振るいます、名物のチャーハンが作られていますね。
先客は4名、卓上にはお酢、ラー油、胡椒、一味などが置かれていました。
少しして、銀のトレーに載せられたラーメンとチャーハンが、若い店員さんにより届けられました。

撮影してスープから頂きます。
程良いラードに確りと漂う煮干感、永福町系を思わせる美味しいスープですね。
塩分濃度ちょっと高めのレンゲが止まらなくなるやつです(๑´ڡ`๑)

麺は草村商店(永福町大勝軒)製中細麺、やや縮れが入った感じの物。
茹で加減は少し柔めでクニュモニュッとした食感。
この系統にはこれ位の感じが良いのかもしれませんね、スープになじんでる感じがします。
麺量は小で145g、無添加麺との事です。

具材はチャーシュー、メンマ、小松菜、刻み葱、トッピングの煮玉子。
チャーシューは小ぶりですが、口に入れると溶けゆく感じ、ビックリするほど柔らかかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)
メンマはコリッとしていて美味しいです、小松菜も箸休めに良いですね。
葱が薬味として確りと機能してくれています。
味玉はカットされていて、中心がゼリー状で確り色が付いた物。

続いてチャーハン、見ただけで美味いと分かる奴。
良い感じのテカリ具合、べたべたせずにパラっとした仕上がり。
かといってパラパラ過ぎず、適度に纏まっていて食べ易い絶妙な食感。
具材は細かく刻んだチャーシュー、卵、葱。
シンプルです、ザ・チャーハン、味付もシンプルです。
ただこれが妙に美味いんですよね、特に煮干スープとの相性が抜群ですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
個人的にはパラパラ過ぎず、べたべた過ぎずの感じが気に入りました。

ラーメンとチャーハンを交互に喰らって完食完飲です。
ご馳走様をしてお店を後に、後客さんも多数来店され人気の高さが伺えますね。
ラーメンも然る事ながら、チャーハンが絶品で相乗効果がありますね。
お腹に余裕があれば是非チャーハンを食べて頂きたい、満足度が上がりますよきっと。

美味いラーメンに美味いチャーハン、安定感抜群ですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】特製ワンタン麺」@麺道我飯の写真移転されるのでレポ先に上げます。

4月18日(木)

4月22日に閉店して移転予定の「麺道我飯」さんへ伺ってみました。
前はよく通り以前から知っていましたが未訪のままでした。
ツイートなどで移転を知り、折角なので移転前に一度伺ってみようと突撃です。
20時55分到着、店舗横の駐車スペースにピットイン。
入店して入り口左の券売機で食券購入、基本は豚骨ラーメンの様です。
豚骨気分では無いので限定メニューの特製ワンタン麺1000円をポチッと。
券売機向かいの給水器でお水を汲んで、空いているカウンター席に着席します。
食券を提出、先客2名、店主さんのワンオペ。
以前は鶏白湯だった様で数年前に豚骨にシフトしたみたいですね。
通常メニューとは別に限定を出されていて、そちらに結構力を入れている印象です。
卓上にはゴマや紅生姜、辛子高菜などの豚骨用アイテムが置いてありました。
厨房では店主さんが丁寧に、ワンタンや味玉などをテボに入れ茹で温めています。
少しして特徴的な器の一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
一口目の印象は昔飲んだチャーハンスープ。
悪い意味ではなく、どこか懐かしい中華そばにも通じる様な味わい。
香って来るのはニンニクでしょうか。
塩分濃度はそれ程高くなく、ついつい飲んでしまう鶏清湯スープです。

麺は中細ストレート麺、しなやかでもっちりした食感。
茹で加減は真ん中くらいです、麺桶には羽田製麺の文字。
器の形状から、底にぎゅっと固まって入っている印象です。

具材はチャーシュー、ワンタン、筍、海苔、味玉、刻み葱、白髪葱。
チャーシューは半分にカットされた物が4枚ほど、むちゃくちゃ柔らかく箸でほぐせてしまうほどです。
ワンタンは四角い餡ギッシリの大きなタイプ、餡はやや柔らかめに詰めてフワッとした食感で美味いです(๑´ڡ`๑)
メンマではなく筍が3枚、ポリパリっと確りした歯応えがあります。
海苔も3枚、小さめですが量的に満足ですね。
味玉は超半熟のプルプルのやつ、割ると黄身が流れてしまうので丸呑み(笑)

ズルズル啜ってトッピングもパクパク、完食です。
スープは飲み干しそうでしたが、この器だとこぼしてしまいそうなのでレンゲで掬える所で終了です。
ご馳走様をして移転について伺いました。
移転先は葛飾区、JR金町駅の北口側、TSUTAYAの近くになるそうです。
工事の関係でオープンは未定、予定では5月の下旬頃との事。
メニューは豚骨ではなく清湯主体にするそうです。
葛飾区は出身地ですし、実家も近いので行く機会は沢山ありそうですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
オープンしたら顔を出す約束をしてお店を後にしました。
店主さんは石神秀幸氏の「食の道場」ご出身の様ですね、色々引き出しがありそうです。
豚骨メニューが頂けるのも4月22日まで、興味がある方は今のうちにですね。
鎌ヶ谷市は目立ったラーメン店が少なく残念ですが、移転後も繁盛する様応援したいですね。

清湯メニュー楽しみにして待ってます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ホタテ正油ラーメン」@旭川ラーメン 好の写真4月8日(月)

この日は帰宅が遅くなり、帰り道で夕飯の1杯。
ラー本ではよく見かけている「旭川ラーメン 好」さんへ伺ってみました。
RDBで検索すると最近はお一人のレビュアーさんしか上げておらず、いろんな意味で興味がありました。
22時ちょっと前に到着、線路沿いの道を入った所にコイパがあります、30分200円。
雨も降っているので一番近いこちらへピットイン、お店に向かいます。
国府台時代にはかなりの有名実力店だったとか。
今は線路際でひっそりと営業されている、そんな雰囲気ですね。

入店してカウンター席に着席、口頭注文後払制です。
メニューを見たのですがピンと来ず、普段はあまり聞かないのですがオススメを聞いてみました。
すると「ホタテ正油なんかはどうですか?」と新メニューをオススメされました。
「ではそれでお願いします」とホタテ正油ラーメン950円を注文して待ちます。
店内は広い厨房をカウンターで囲んだ形式、ノーゲストでかなり年配の親父さんがワンオペです。
お水はカウンター角にコップとやかんが置いてありセルフ。
貼り出されたメニューを眺めていると、鱈のチゲラーメン950円が美味しそうに見えますがどうやら写真が逆さですね(笑)
まあ、天面からの画なので問題ないですが、明らかに逆さでしょう。
その他店内を見ていると、「365日営業、11:30~14:30、17:45~25:00」とあります。
ちょっと親父さんの体調が気になってしまいますね、他にどなたか入ってくれるのでしょうか。
あれこれ考えていると熱した油をひと回しした一杯が親父さんより届けられました。

撮影してスープから頂きます。
軽い豚骨ベース、かなり薄めの味わい。
魚介を少し感じる気もします、ホタテの感じはちょっと分からず。
少し風変わりな味わいで、一言では表現し難いという印象ですね。
最後に油を回し掛けていたのですがコクは無い感じです。

麺は加水率低めの細縮れ麺。
案内には細麺(旭川麺)と太麺が選べると書いてありました。
特に聞かれなかったのでノーコールですが、指定が無ければ細麺と書いてありましたので旭川麺だと思います。
この麺は水分を極力減らした卵麺だそうで、スープを吸って美味しくなりますと書いてあります。
確かにスープを吸って喉越し良く入っていくのですが、スープが薄いのでいまひとつ。

具材はチャーシュー、帆立、海苔、小松菜、もやし、メンマ、半味玉、刻み葱。
チャーシューは小ぶりで胡椒がピリッと効いたも物。
帆立は特に味が付いている訳ではありませんが、大きく普通に美味しいです。
海苔は可もなく不可もなく、小松菜ともやしはシャキシャキしていますね。
メンマが変わっています、聞くと酒粕を使って仕込んでいるとの事。
少し酸味のあるペースト状の物が酒粕の様です、おつまみには良い感じの物ですね。
半味玉は固茹での物、店内写真だと丸1個なんだけどなぁ...

ズバッと完食、スープを探りながら完飲してみましたが、やはり薄めでハッキリしない印象。
ノーゲストですし、色々不明だったので少しお話を聞いてみる事に。
熱して掛けていた油の正体はオリーブオイルとの事でした。
なんでも親父さんが重い油が好みじゃないらしく、背脂は一切使っていないとの事。
豚骨も少量を時間をかけて炊くらしく、その方がガス代もかからないとも。
365日、しかも夜中まで大変じゃないかと聞くと、暇な時間で仕込んでいるからとにこやかに返答。
色々研究熱心であれこれ教えてくれるのですが、線路沿いで電車が通る度に大事な部分が「ゴー」と...
聞いていてわかったことは、年々重い油が苦手になって軽めに軽めにしていってると言う事。
この背脂大好きアブラマシおじさんには大変痛いお言葉です、だから合わないのか…
ご馳走様をしてお店を後に...いけないいけないお支払でした。
お支払済ませてお店を後に、会話が長引き駐車料金が400円に( ̄▽ ̄;)

結構ラー本にも出てますし、ブロガーさんなんかも記事を書いてあるのは目にします。
今回は完全に嗜好から外れてしまったみたいですが、他のメニューはどうなのかな。
親父さんはお話好きで良い方でした。
立地的に背脂の有名店が近所にありますから、こんなお店が有っても良いのかなとは思います。

お体に気をつけて頑張って下さい、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば(醤油)」@手打式 超多加水麺 ののくらの写真4月4日(木)

この日はちょっと覗いてみようと「手打式 超多加水麺 ののくら」さんを訪問。
20時15分頃に到着するとなんと並び無し、超ラッキーです、急いでコイパへGO。
コイパの下調べは済ませてあります、こんな日を狙ってちょくちょく覗いていましたので。
目の前にも30分200円のコイパがありますが少し離れます。
お店の2本裏の通りにセブンイレブンがあるのですが、その駐車場がコイパになっています。
20時以降なら60分100円、こちらにピットイン。
車を止めてお店に向かいます、距離にして250mほど、3分程で到着です。

入店して左にある券売機で食券購入、大きなボタンが目を引きます。
特製中華そば(塩/醤油)1030円をポチっと、案内されたカウンター席に着席です。
食券を提出、塩か醤油の確認がありましたので醤油でお願いしました。
店内入り口右手には製麺室がありますね、あちらで噂の超多加水麺を打たれているのでしょうね。
高台には給水ポット、卓上にコップが置かれていてセルフになります、アイテムはシンプルに胡椒のみ。
店主さんと助手さんの2名体制、先客は3名でこの日は緩やかな来客の様子。
確り手揉みして麺を茹でていく姿に見惚れながら待ちます( *˙-˙* )
暫くして、受け皿に載った素敵な一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
魚介香る鶏清湯の醤油スープ、角が無く円やかで優しい味わいです。
見た目はかなり黒いスープですが、塩味はそこまで高くありません。
ほんのりと甘みを感じるレンゲの止まらなくなるスープです。

麺は超多加水の手揉み平打ち太縮れ麺、所々に全粒粉が見えます。
プルルンと喉越し良く、なんともいえないポコポコ感。
ムチムチの食感で小麦香る、大変美味しい自家製麺ですね(๑´ڡ`๑)

具材は豚レアチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、味玉、ワンタン、皮ワンタン、海苔、白髪葱、刻み葱、三つ葉。
豚レアチャーシューは噛むたびにじゅわっと旨味がはじける物、大ぶりな物が2枚ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
鶏チャーシューもしっとりで美味、メンマはシナコリ食感、味玉は中心部がゼリー状で良いですね。
特に印象的なのがワンタン、餡が入った物はもちろん美味。
それ以上に皮ワンタン、喉越しがめちゃくちゃ良くちゅるんと喉を超えていく瞬間が堪らなかったです。
葱や三つ葉も風味良く確り役割を果たしている感じです。

あっという間に完食、スープも完飲です。
ご馳走様をしてお店を後に、駐車料金100円はありがたいですね。
やっと超多加水麺を頂く事が出来ました、並びが無い日に来る事ができてラッキーでした。
店主さんも終始にこやかにされていて好印象、人気なのも頷けます。

次回は評判の塩で頂いてみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+味玉トッピング」@ラーメン 億人隊長の写真3月24日(日)

この日は麺友さんに「中華ソバ 伊吹」さんの不定期限定営業「煮干まぜソバ 水」さんに誘われるも、どうしても外せない来客を昼過ぎに予定していた為断念。
14時頃に用が済み昼食へ、「濃麺 海月」さんへ向かうもやはり終了。
ならば未訪の「千葉家」さんへと思い車を走らせました。
到着目前でふと目に入ってきた「ラーメン 億人隊長」さんの看板、2月にオープンの新店です。
ツイッターで見かけて気になっていたのですが、こんな所に有ったとは知りませんでした!(◎_◎;)
インパクトのあるネーミングは古代ギリシアの軍隊階級からの様ですね。
百人隊長、千人隊長……億人隊長。
せっかく見つけましたし、通し営業されている様子だったのでそのまま突撃する事にしました。
お店は千葉家さんの目と鼻の先、同じ通りに面しています。
駐車場は店舗向かって左側、施設専用の駐車場があります。
ピットインしてお店に向かいます、15時過ぎに到着。

入店すると右側にタッチパネル式のハイテク券売機がありますので食券購入。
少々わかり難い券売機です、先ず一番上に分類があります。
ラーメン(醤油・塩)、ラーメン(白湯・煮干し)、サイドメニュー・ドリンク、限定メニューの4分類です。
これを選択しないとトップの中華そば系のメニューしか表示されません。
煮干しにしようかとページを変えましたが、ちょっと悩んでまた中華そばのページへ。
ツイートで中華そばをあまり見ていなかったので、ならば試してみようと中華そば690円をタッチ。
??????
券が出てきません、どういうことかな?
画面をよく見ると右下に「発券」の文字が、これをタッチすると食券が出てきましたε-(´∀`;)
続いてページをサイドメニュー・ドリンクへ変更し味玉トッピング100円をタッチして発券をタッチ。
あ、よく見たら味玉中華そば790円というのがありますね、無駄に動いて紙も無駄にしましたね…
このハイテクマシーンについていけてない自分が悲しくなりました(_ _。)・・・シュン
因みにこちらは話題のPayPayが利用できるらしいです、自分はよく分からないのですが。

カウンター席に座り食券提出、店主さんと女性店員さんのお2人で切り盛りされています。
時間が時間なのでノーゲスト、綺麗な店内を眺めながら待ちます。
綺麗な厨房は意外と広く、設備も整っていますね、POPが貼り出されていて資本系を思わせる部分も。
お水は高台に給水ポットがありセルフ、卓上にはコップが置かれ、他に胡椒、一味、お酢などもありました。
少しして、大きな具材が目を惹く一杯が店主さんより届けられました。

撮影してスープから頂きます。
オーソドックスな中華そばですね、丸鶏と鶏ガラがメインの様です。
可も無く不可も無く、いや、加点は無いけど減点も無いと言った方が良いのかな...
万人受けする、まさに教科書通りな印象です。

麺はシルキーな細ストレート麺、奥に積んである面桶には羽田製麺の文字。
プリシコっとした食感でプツっと切れる歯ざわり。
茹で加減丁度良く、この辺りも優等生な印象です。

具材はチャーシュー、メンマ、海苔、味玉、刻み葱。
チャーシューは大ぶりな物ですね、柔らかくて適度に脂身があり美味いです(๑´ڡ`๑)
メンマも極太の大きな物、コリコリした歯応え抜群なタイプ。
海苔も大きめで厚みはそこそこ、味玉は浅漬かりですが半熟加減が良いですね。

あっという間に完食、店主さんに伺った所個人経営だそうです。
綺麗な女性店員さんとはご夫婦か尋ねると「よく言われるんですよ」とやんわり否定(;´Д`A
足立区の背脂ラーメン店ご出身との事ですが、店名までは出てこず。
後客さんがいらしたのでご馳走様をしてお店を後にします。

最後のお話で色々含みをもった答えが気になりますね~
足立区の背脂って最近だと「田中そば店」さんあたりでしょうか。
変わった店名ですが長く続いてくれると嬉しいですね。

次回は海月リスペクトと噂の煮干し系を頂いてみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「千茶屋×弥七×照の坊【生姜醤油らーめん森尻コンチータ】+α」@中華蕎麦とみ田 冨田治PRESENTS 最強ラーメン祭2019 in 小山の写真イベント物につき先にレポ上げます。

3月31日(日)

中華蕎麦とみ田 冨田治PRESENTS 最強ラーメン祭2019 in 小山」第二陣の3軒目はこちらのコラボを頂きました。
塩らーめん 千茶屋」さん、「つけ麺 弥七さん、「麺屋 照の坊」さんのスペシャルコラボです。
17時45分並び10名ほどにドッキング、食券回収と同時にトッピングの注文。
もちろん全部のせである馬並み盛り500円を注文して食券と現金でお支払。
トッピングの内容は森尻の美味しい玉(味玉)、森尻の極太メンマ、名物極馬チャーシュー(バラ肉、腕肉)と、よく運営がOKしたなと思うこのネーミング(笑)
17時47分に並んで17時53分には山盛りの一杯を受け取り着席、さすがに早いです。

撮影してスープから頂きます。
生姜が効いた醤油スープ、優しい中にも醤油のどっしり感がありますね。
ただ見ての通りトッピングがてんこ盛り、スープの温度低下は気温も影響してかなり早いです。

麺は中細縮れ麺、やや平打ちでもにゅむゆっとした食感。
縮れがあるのででスープも確り拾いますね。

具材はバラチャーシュー、ブロックチャーシュー、メンマ、味玉、ほうれん草、刻み葱。
バラチャーシューは厚みもあり美味しいのです、肉感たっぷり(๑´ڡ`๑)
腕肉のブロック状にカットされたチャーシューも美味しいです。
ただ、チャーシュー2種を温める為にスープに浸すと、あっという間にスープが温くなりました(T ^ T)
その分チャーシューは堪能しました、もう時間も遅いので盛ってくれたのでしょうか、兎に角大量肉祭り。
メンマは極太でコリコリ食感、美味しいですね。
味玉は固めの仕上がりでした。
写真ではあまり見えませんが、お肉の下にほうれん草もあります。
スープが温いのは仕方ないですね、なにせ日が落ちているのでどうにもなりません。
ズルズルしながら肉を喰らって完食です。

ゴミ回収エリアに器をと割り箸を持って行きご馳走様。
本当は5杯頂こうと思っていましたが、この肉祭りが結構効きました( ;´Д`)
寒くなりどうしても冷たい一杯になってしまうにでこの日はここまで、会場を後にします。
トッピングのコスパは無茶苦茶高かったですね、まさに馬並み!
これ食べて本当に馬並みになれたら…
あ、独り言です(*゚∀゚*)
誰とも会う事なく少し寂しかったのですが、1時間ちょっとで3杯頂けましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

早く花粉の季節が終わりますように、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「手打焔【まぜそばつけめん(KANRYO ver)】+α」@中華蕎麦とみ田 冨田治PRESENTS 最強ラーメン祭2019 in 小山の写真イベント物につき先にレポ上げます。

3月31日(日)

中華蕎麦とみ田 冨田治PRESENTS 最強ラーメン祭2019 in 小山」第二陣の2軒目はこちらへ。
手打 焔」さんのつけ麺を頂く事にしました。
以前のイベント「中華蕎麦とみ田 富田治PRESENTS 松戸ラーメンサミット 2018」の時は、尋常じゃない並び且つ回転の悪さで回避した焔さん。
その時一緒だった麺友さんは、3時間ほど並んで閉会間際に食べ、他へ回れなかったという結果。
しかし今回は並びも20人いません、ここぞとばかりにドッキングです。

並ぶと店員さんが食券回収とトッピングの有無を確認しに来てくれました。
もちろん特製スペシャルトッピング500円(生玉子、高級穂先メンマ、極上チャーシュー)も注文。
イベントは応援半分ですから奮発しちゃいます( •̀∀•́ )✧
食券と引き換えにコインが渡されました、これと交換になるようですね。
前回のイベントの様な回転の悪さは皆無、スルスルと進みます。
約10分でコインと引き換えに、トレーに入った熱々の麺が渡され飲食スペースへ着席。

撮影して麺を一本パクリ。
ムニュッとした食感と手打ちならではのピロポコ感。
茹でたてのあつもりで、小麦の風味も良く美味しい麺でした。
貼り出してあった指南書を参考に、先ず混ぜないでつけ汁につけて食べてみます。
つけ汁と言っても鶏油と醤油の合わさったタレという感じですね。
薀蓄によると鶏油は近江軍鶏・近江鶏・名古屋コーチンの脂、鶏ガラから抽出したそうです。
結構しょっぱいのでチョンと先だけつけて頂くと中々おいしいですね、麺が香るのが良いです。

次に麺の下にまぜそば用のタレとスープがあるそうですので、それと混ぜて頂いてみます。
こちらのタレにはカネシ醤油が使われているそうです、ふんわりと醤油香る感じですね。
更にタレと混ぜた麺をつけ汁をつけて頂きます、キリっとした醤油感と鶏の旨味が良い感じです。
最後は生玉子を割り絡めて頂きます。
ショッパめの味わいが円やかになり美味いですね、この食べ方が一番美味しかったです(๑´ڡ`๑)

具材はチャーシュー、海苔、穂先メンマ、刻み葱。
チャーシューは厚みは無くまずまずな感じですかね、極上チャーシューと呼ぶにはちょっとかな。
イベントなので本来の味わいが出ないのでしょうね、夕方で寒くなってきてましたから余計にかと。
穂先メンマは食感良くシャキショキで味わいも良かったです。
海苔も上質な物でしょうね、パリッと厚みがありました。

こちらも難なく完食、ゴミ回収エリアにトレーと割り箸を持って行き、ご馳走様をして次へ。
美味いと評判の焔さんの麺、やっぱり美味しい麺でした。
食感と喉越しが堪らなったです、これは是非店舗へ伺って頂いてみたいですね。

回転も良く直ぐに頂けて満足です、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件
84

「味玉中華そば」@丸中華そばの写真3月18日(月)

仕事が終わって品川方面にGO!
先日ツイッターで見て店名が気になった「丸中華そば」さんへ伺ってみました。
20時40頃現地到着、コイパ探し開始。
と思ったら、お店の前面道路を駅に向かって少し行った所にパーキングメータエリア発見!
こちらにピットイン、閉店間際なので小走りでお店に向かいます。

入店して右側の券売機で食券購入、味玉中華そば780円をポチっと。
テーブル席を案内されたので着席、テーブルにあるコップに給水ポットで水を汲み待ちます。
店員さんが来られて食券回収、ワンオペの様で店主さんかと思われます。
店内は狭くカウンターは3席、4人掛けテーブル1卓と2人掛けテーブル2卓のみ。
先客4名ですが狭い店内はほぼ満席みたいな状態です、後客さんも2名こられて人気が伺えますね。
卓上には胡椒と一味が置いてありました、壁にはテレビが掛けられています。
壁のテレビをチラチラみていると、お皿に載った黒々スープの一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
ツイッターでも気になった漆黒のスープ。
色ほど塩味は強くなく、動物系の旨味とキレある醤油のどっしり感が良い感じですね。
ややオイリーな感じですがしつこくなく、旨く纏まったスープだと思います。

麺は中太平打ちの縮れ麺、茹で加減やや硬めで良い感じ。
確りハードな食感で噛み応えがありますね、好きなタイプです。
ややもちっとしていて、確りスープとオイルを拾ってきます。

具材はチャーシュー、メンマ、味玉、刻み葱。
チャーシューは分厚く肉々しい物、ノスタな印象の味わいで存在感は抜群で美味い(๑´ڡ`๑)
券売機だとチャーシューではなく肉と表示されていますが、これはもっともな表現ですね。
メンマはコリコリ食感、刻み葱も多めに載っていて確りと役割を果たしています。
驚いたのが味玉、箸で摘むとプニュンプニュンしてました!(◎_◎;)
そして持ち上げた途端にブチューっ割れてしまいましたΣ(・□・;)
慌ててレンゲで掬って再度摘むと、今度はグチュっと潰れてしまいました( ̄▽ ̄;)
ブチューだのグチュだの表現が下手でごめんなさい、要するにヤワヤワな状態な訳でございます(笑)
どうやったらこんなに柔らかいままで殻を剥が剥けるのか、ちょっと不思議なくらいでした。

ズルズル啜ってあっという間に完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
小さなお店ですが中々美味しい一杯を頂けて満足でした。
中華そば「丸」ではなく、「丸」中華そばという店名も印象的ですね。
店主さんが常連さんと、先日行ったラーメン店の話をしていました。
カウンターに座れたらお話聞いてみたいですね(´∀`)

次回は肉増しして頂きたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉肉そば+丸源餃子(にんにく有り)」@丸源ラーメン 北習志野店の写真3月13日(水)

この日は仕事がめちゃくちゃ遅くなり22半前に職場からやっと脱出。
時間も時間なので遅くまで営業している「丸源ラーメン 北習志野店」さんへ伺いました。
この時間ですと遅くまで営業されている鎖店は助かりますね。
22時50分に到着、コイパ式の駐車場併設です。
食事をすると2時間無料ですのでそのままピットイン。

入店すると「お好きな席へどうぞ」と声がかかりました。
空いているカウンター席へ着席、口頭注文後払ですね。
メニューを眺めると種類が豊富ですね、セットメニューも豊富です。
チャイムを押すとかわいらしい女性店員さんが来てくれました(*゚∀゚*)
味玉肉そば750円(税抜き)と丸源餃子280円(税抜き)を注文します。
丸源餃子はにんにくの有無を確認されましたので、にんにく有りでお願いしました。
大箱の店内に先客さんが7名ほど、店員さんは4人くらいでしょうか。
卓上には揚げにんにく、胡椒、酢、餃子だれ、どろだれラー油など。
お水は店員さんが届けてくれました。
薀蓄には色々と拘りが記載されています、読みながら暫く待ちます。
少ししてかわいらしい店員さんから、受け皿に乗った一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
背脂が浮いているスープ、豚や鶏に加え、香味野菜魚介も使っているそうです。
あっさりとした醤油ベースで万人受けしそうですね。

麺はプリッとした中細ストレート麺。
鎖店やフードコートでよく目にする色合いの麺ですね。
硬めのゆで加減で結構コシがあります。

具材は豚肉、海苔、味玉、青葱、玉葱、柚子こしょうおろし。
豚肉は柔らかく煮込まれて中々美味しいですね、玉葱との相性も良いです。
柚子こしょうおろしは混ぜるとさっぱりしますが、柚子こしょうの風味はやや足りない印象。
啜っていると餃子が届きました。

餃子の方は至ってシンプル。
この値段で6個は嬉しいですね。
卓上のドロだれラー油と餃子だれ、それとお酢で頂きます。
パリッとしていて無難に仕上がっています。

POPの指南通りにラーメンをそのまま頂いた後、どろだれラー油を垂らしてみます。
次に揚げにんにくを入れ、最後にお酢を投入。
指南通りにしましたが、お酢がさっぱりでオススメですね。
固形物完食、レジにてお会計。
税込み1112円をお支払してご馳走様を伝え、お店を後にしました。
この時間でも食べられるので助かりますね。
帰り道にR296を走っていたら「丸源ラーメン 八千代店」さんが…ナヌッΣ(・ω・;)
こっちの方が家から全然近いじゃ無いですか〜、いつの間に…
レポも上がって無さそうだったのでこっちにしとけば良かったか(笑)

遅い時間だと本当に重宝しますね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「馬辛らーめんとろ玉入(中盛り辛さ普通ニンニク有り)+味玉」@らー麺 つけ麺 おぐりの写真3月9日(土)

麺友さんと「麺者屋ちくわ」さんで、おいしいラーメンとマグロ丼を頂いた後になります。
22時15分頃到着、店舗向かって左の駐車場にピットイン。
こちらは店舗隣の「MEN'S PLAZA AOKI」さんの駐車場になります。
その中の一部、店舗側の4台分のみお借りしているみたいです。
それと店舗裏の道、丁度「ココス佐倉王子台店」さんの裏にも駐車スペースがあるようでした。

車を止め入店、左にある券売機で食券購入。
こちらは辛いメニューが売りのようですので馬辛らーめんとろ玉入900円をポチっと。
トッピングの味玉もポチっと、テーブル席に着席します。
名物女将が登場し辛さと麺量を確認されました。
辛さのレベルを聞くと「うちは結構辛めで攻めてますよ」との事。
辛さは控えめ×2から、控えめ、普通、中辛、大辛、激辛(50円)、極辛(100円)、スーパーおぐり(150円)まで8段階。
おすすめは控えめとの事でしたが、漢らしく「普通で」(`・ω・´)キリッ
種類を赤(唐辛子)と黒(山椒)から選べるそうで赤をチョイス。
ニンニクの有無を聞かれたので有りでお願い。
麺量は100g、200g、300gから選べるそうで、連食なので200gでお願いしました。
卓上にはコップと給水ポットがありセルフ、胡椒なども置かれています。
店内は割りと広め、先客は8名ほどいらっしゃいました。
女将と男性店員さんの2名体制、女将がホールを担当していました。
元気ですね〜、女将は店内を縦横無尽に動きながら、絶えず声を出しています。
この時間でもテンション高め、この日は朝から晩まで働いているとおっしゃってました(°_°)
壁に貼ってある案内には、スーパーおぐり100gを20分以内完食で◯◯◯をプレゼントとあります。
100gを20分なら楽勝、◯◯◯はあれだこれだと麺友さんと盛り上がります。
◯◯◯はきっと女将から…と妄想していると、真紅に染まったいかにも辛そうな一杯が届きました。

撮影してスープから頂きます。
餡のかかっていない部分でも結構辛いですね、旨辛、いや馬辛です。
動物中心の醤油系スープ、これに真っ赤な餡が載っています。
餡を混ぜると一気に激辛へ変化。
辛さ普通っすよねこれ?
いや、普通じゃないな、これ他店では最低でも中辛とか2辛とか言うんじゃないですかね?

麺は中太ストレート麺、茹で加減丁度良い感じ。
モチモチ食べ応えのある食感ですね。
赤い物を纏って口内へ、勢いよく啜ってはいけない奴ですね(;´Д`A

具材はチャーシュー、とろ玉、もやし、木耳、春雨、玉葱、ニラ、刻み葱、トッピングの味玉。
チャーシューはバラタイプでホロホロに崩れる柔らかさで良いですね。
もやしに細切りの木耳と春雨が纏めて口内に入って来るのでシャキコリチュルっと食感が楽しいです。
とろ玉は所謂温玉で割って混ぜるとマイルドになり助かります。
味玉もこちらの名物女将がイチオシの物で、中は半熟と言うより未熟の仕上がり。
味付け良く美味しいですね(๑´ڡ`๑)
とろ玉同様黄身を混ぜてよりマイルドになりました。
咽せない様に気をつけながら固形物完食、流石に完飲は出来ず…

ご馳走様をしてお店を後に、女将が元気にお見送りしてくれましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
女将の言った通り、かなり辛い一杯でした。
普通でこれだとスーパーおぐりは…
◯◯◯は気になりますが、自分にはスーパーおぐりは厳しそうですね。
注意書きには「体調を崩されても責任取れません、ごめんなさい」と書いてありましたが…
どなたか挑戦してくれませんか?
翌日の黄門様はギリギリの所でした、もうワンランク上だと完全にアウトですねきっと( ̄▽ ̄;)

次回は黒(山椒)を試してみたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件