なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 83.934点
最終レビュー日 2019年4月25日
256 201 6 2,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「肉そば(煮干)中盛」@麺や 七彩 八丁堀店の写真4月15日(月)

本社に行く用ができてしまい夕方から都心へ。
帰りに近くを通りがかったので「麺や 七彩 八丁堀店」さんへ伺ってみました。
21時30分頃到着、店舗横の平成通りと呼ばれている通りにパーキングメーターがあります。
こちらにピットイン、足早にお店へ向かいます。
入店しようとしたら自動ドアが開きません(-ω-;)アレ?
足踏みしたり跳んでみたりしても開きませんヾ(・ω・`;)ノ
するとガラスの向こうの店員さん、なにやら引き戸を引く様なゼスチャーをしています?!
無理やりこじ開けるとギリギリ音を立てながら扉が開きました…
ガラスの向こうで必死になっいた僕、皆して見ていたのかと思うと超こっパズカシイ(//∇//)
凄い音が鳴ってますから早めに修理した方が良いですよー絶対(ーー;)

気を取り直して左にある券売機で食券購入。
肉そば(煮干)1070円をポチっと、満席につき店内待ち合い席へ着席します。
店員さんが食券回収に来られたので提出、麺量を並、中、大から選べるとの事なので中でお願いしました。
中待ちは自分含めて3人、後続もどんどん来ます、入り口で入れずに戸惑いながら(笑)
少しして数名の団体さんが一気に抜けカウンター席へ昇格。
お水は店員さんが用意してくれました、高台には給水ポットが置いてあります。
卓上には胡椒のみ、店員さんは3名体制。
厨房の入り口側で麺を打ってます、これがこちらの売りである注文を受けてからの麺打ちですね。
トントントンと麺を切っていく姿をじーっと眺めます。
いや~、楽しいですねこれは、いくら見ていても飽きません。
平ざるでチャッチャと湯切り、良いですねこの雰囲気。
数杯出来上がったのですが先客さんの物でした、もう少し時間がかかるんですね。
次の分の麺打ちを眺めます、これに入っているのかな。
数杯出来上がりました、回ってきませんね。
次の麺打ち...前言撤回、ちょっと飽きました( ̄▽ ̄;)
出来上がったようですね、店員さんより待ちに待った一杯が銀のお皿に載って届けられました。

撮影してスープから頂きます。
濃いめの色合いですが、意外とスッキリ飲めますね。
適度な油分に煮干しが確り効いています。
香りも良くレンゲが止まらなくなるスープですね。

麺は先程目の前で打たれた中太手揉みの縮れ麺。
茹で加減真ん中で、この手の麺には丁度良い感じ。
ポコポコっとしたなんとも言えない感触ともっちり感、美味しいですね。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。
チャーシューは、低温調理のレアチャーシューとバラチャーシューの2種。
しっとりレアチャーシューは火が入らないうちにパクパク頂きます。
噛むと旨味がぎゅっと出てきますね、3枚ほど載ってました。
バラチャーシューは柔らで美味しい物が多数、やっぱりバラチャーシュー好きです(๑´ڡ`๑)
メンマは超細切りのタイプ、今まで見た中で一番の細切りでした。

中盛りでしたがピロポコ麺が美味しくて、あっという間に完食です。
後客多数なので、即座にご馳走さまをしてお店を後に。
打ちたての麺を頂くのは初めてかも知れません、これも美味しいですね。
味も勿論ですが、麺打ちをLIVEで見られる楽しみは大きいですね。
流石に何回も見ているとまだかなぁと思いますが(笑)
それでも20分程で出てきたので許容範囲ですね。
こんな感じのお店外国人が好きそうだな、そんな風に思いました。
次回は待ち時間が気にならないデートで伺いたいですね、相手がいませんが(´-ω-`)

誰か紹介して下さい、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製煮干そば醤油(背脂普通)」@中華そば ムタヒロ 錦糸町店の写真4月12日(金)

この日は所用を済ませて錦糸町方面に突撃。
未訪の「中華そば ムタヒロ 錦糸町店」さんへ伺ってみました。
21時20分頃到着、コイパは沢山ありますがこの近辺は結構高いです。
高速道路側に一本外れた通りには結構安い所があり、一箇所だけ平日最初の1時間のみ200円という所があったりします。
そこは満車でしたので、以前利用した四ツ目通り側のコイパにピットイン、300分200円です。

徒歩3分、200mくらいで店舗到着、カラフルで見ているだけで楽しい子供が喜びそうな外見ですね。
入店してカウンター席に着席...
と思ったら「先に食券をお願いします」と言われました。
よく見ると、入り口右の壁にはめ込まれるようにして券売機があるじゃないですか!
券売機で食券購入、煮干特製そば980円をポチっと、カウンター席に着席して食券を提出します。
塩か醤油かを聞かれましたので醤油でお願いすると、今度は背脂の量を聞かれました。
いつもなら背脂多めにしてしまう所ですが、この日は普通でお願いしました。
理由は「器の底に当たりが出たらトッピング永久無料」とのふれこみがあるからです。
そうです、飲み干す気満々、当たる気満々(๑•̀ㅂ•́)و✧
店員さんは2名体制、先客1名でしたが後客多数で食べ終わる頃にはほぼ満席でした。
座った席が悪かったか、物凄い熱風が厨房より流れてくるので1つ隣へ避難、カウンター中央は暑いですι(´Д`υ)アツィー
外見も楽しければ店内も楽しいですね、電球の傘はどんぶりになってます(๑˃̵ᴗ˂̵)
店員さんの服装もまたおしゃれでかわいらしく、カラフルで目を楽しませてくれます。
店内を見ながら楽しんでいると、お皿に載った当たりと書いてある(筈の)一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
グッとくる煮干しの香りが堪らないスープ、軽い苦味が良いですね。
煮干し以外は鶏かな?

麺は平打ち太縮れ麺、茹で加減少し硬めで良い感じです。
むちっとした食感で縮れがスープと背脂を拾ってきます。
確りコシもあり、噛み応えもあるので満足殿高い麺ですね。

具材は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、いったん麺、穂先メンマ、バラ海苔、味玉、ナルト、刻み玉葱、三つ葉。
豚チャーシューは2枚あり煮豚で柔らかく美味しいですね、鶏チャーシューもしっとりしたのが2枚。
いったん麺は麺なのかトッピングなのか扱いに迷いますが、ちゅるんとした喉越しがGOODな物がやはり2本。
ワンタンの皮みたいですが長さがあるので麺と言えば麺ですね。
バラ海苔、玉葱、三つ葉の活躍が大きいですね、特に三つ葉は刻んであり細かく口に入るのが良いです。
穂先メンマも確りしたシャクシャク食感の物が2本、味玉は半熟のジャストな仕上がりでした。

夢中で啜って具材もパクパク、スープも残らず完食完飲(๑´ڡ`๑)
あれ?おかしいな?どんぶり間違ってますよー
あるべき物が一つ足りません、器の底に描かれている筈の当たりの文字が...
残念無念、ってよく考えたら店員さんの匙加減1つじゃん( ̄▽ ̄;)
これは当たりをくれるまで通わなくちゃダメかな、でも美味しかったのでそれもいいでしょう(笑)
特製は超が付くほど具沢山、お腹も満たされ遊び心もあり大変満足な一杯でした。

何回来たら当たりをもらえるのかな、期待を込めてまた来ます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】濃厚煮干し混ぜそば+味玉+白飯」@零一弐三の写真4月10日(水)

この日は「零一弐三」さんが限定の混ぜそばをやるとツイートあり。
仕事終わりに夜の部へ突撃しました。
コイパは少し離れた天沼公園脇のレオパークが安いです。
8時~18時が20分100円、18時~翌8時が60分100円です、距離にして400m、徒歩5分ほど。
なんですが、この日はこの後都内へ移動しなくてはならず、雨が降っていてしかも限定。
多少の金額には目をつぶり、到着と同時に空きが出来た目の前のタイムズへピットイン。
8時から22時は30分200円です、因みにお店の裏手にある三井のリパークだと、同時間40分200円です。

外待ちが数名見えたので傘を持ってお店に向かい、18時35分過ぎに到着です。
到着と同時に数名が入店、外1名の待ちに接続します。
少しして列が進み入店、入り口すぐの所にある券売機でプラチケ購入。
限定ボタン900円をポチっと、味玉100円もポチっと。
中待合席に座り暫く待機、19時ちょっと前にカウンター席に昇格です。
店内自販機横に給水器がありセルフ、高台にお酢や一味などのアイテムとレンゲが置いてあります。
池田店主とバイト君の2名体制、満員御礼で相変わらずの盛況ぶりです。
特にこの日は限定狙いで常連さんが多数来店されていたみたいですね、後のツイートで多数上がってました。
少ししてバイト君の手により限定の一杯が届けられました。

撮影して混ぜ合わせて頂きます。
麺は通常の物とは違い、混ぜそば用の中太ストレート麺。
もにゅッとした食感で食べ応えがあります、麺量は180g。
底にある粘度の高いスープは長崎上物背黒2種と九十九里背黒で炊いたそうです。
煮干しの香り良く、確り麺に絡み程よい苦味を伴って口内に入ってきます。
具材はレアチャーシュー、豚バラチャーシュー、鶏フレーク、岩海苔、刻み玉葱、水菜、トッピングの味玉。
レアチャーシューはぎゅっと噛むほどに旨味が出てきますね、バラチャーシューは少しほぐれた物で美味い(๑´ڡ`๑)
鶏のフレークは和え玉で使われている物と同じですかね。
岩海苔と玉葱が煮干しとよく合います、今さらながら良い組み合わせだと思います。
水菜はシャキッと瑞々しく存在感があります。
味玉は確りゼリー状、濃いめに味も滲みていて美味ですね。

意外とあっさり完食、白飯の追加を聞かれたのでもちろんお願いしました。
現金100円と引き換えに、茶碗に軽く盛られたご飯に刻んだレアチャーシューが少量載ってます。
ドボンしてマゼマゼ、残ったタレを全部吸収して胃袋の中へ、完食です。
ご馳走様をしてお店を後に、が、しかーし、傘立てに傘が無い...
ビニール傘あるあるです、買ったばかりのやつがありません(;ω;)
かといって違うのを持っていく訳にもいかないので泣く泣く諦めてダッシュです。
わざとじゃない事を祈りたい、ラーメン好きは皆良い人説であって欲しいです(´-ω-`)

ゲリラ的に出たまぜそばでしたが濃厚で美味しかったです、ご馳走様した。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 6件

「煮干しらーめん+味玉」@濃麺 海月の写真2月24日(日)

この日は煮干しが食べたくなり「濃麺 海月」さんへ伺いました。
13時半過ぎ到着、駐車スペースが空いていたのでそのままピットイン。
15人程の並びにドッキングします。
偶然にも真ん中辺りに麺友さんも並んでいました( ´Д`)ノ
少しして小窓が開き、北村店主より最後尾まで食券を買う様促されました。
前から順に食券購入、自分も前の方に続き店内へ。
入店して、入り口右の券売機で食券購入。
狙い通りの煮干しらーめん(750円)をポチッと、味玉(100円)もポチッと。
外に出て再び待ちます、後客も絶えず列は先程と変わらず。
再び小窓から開き食券回収、暫く待って14時10分頃入店の指示がありました。

入店してカウンター席に着席、卓上のコップに水を汲み待ちます。
途中で券売機が釣り切れになった様でお客さんが困っていました。
「すみませーん」と声をかけるも厨房内には聞こえなかった様子。
助け舟を出して無事解決、どうしても厨房内は換気扇の音などで聞こえないんですよね。
出来るだけ大きな声を出してあげると双方気持ち良く済みますね(´∀`)
卓上には七味、豆板醤、ニンニクなどが置いてあります。
少しして北村店主より煮干し香る一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
煮干しの風味良く、エグミは殆どありません。
程良い塩分濃度で非常に飲み易いスープ、美味いですねーこれは(๑´ڡ`๑)

麺は村上朝日製麺製、加水率低めの中細ストレート麺。
硬めの茹で加減でパツパツとした食感の楽しめる麺ですね。

具材はチャーシュー、穂先メンマ、海苔、玉葱、トッピングの味玉。
チャーシューはジュワッと旨味が溢れてめちゃ美味いもの( ̄¬ ̄)
穂先メンマもショリクニュっと食感良く、玉葱もシャリっと良い仕事をしてくれますね。
海苔も大きめで風味も良く、味玉は中心が流れる位の半熟加減です。

夢中で啜って完食、もちろん美味しいスープも完飲です。
ご馳走様をしてお店を後に、こちらは煮干しもレベル高いですよね。
濃厚煮干しが人気の様ですが、この淡麗の煮干しらーめんも大変美味しかったです。

次回はその人気の煮干濃麺HVを頂いてみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 5件
83

「煮干し麺」@麺屋むどうの写真2月10日(日)

麺処ゆきち」さんで裏メニューを頂いた後になります。
気になりながらも未訪だった「麺屋むどう」さんへ伺ってみました。
21時30分頃到着、店舗前の敷地に2台ほど駐車スペースがありピットイン。
遅めの時間まで営業されているので助かります。

入店して中ほど左にある券売機で食券購入。
数量限定の煮干し麺(800円)が運よく残っていたのでポチっと。
カウンター席に着席して食券提出します。
閉店間際ということもありノーゲスト、店主さんのワンオペです。
自分の一杯だけを調理してもらうのって、恐縮ですけど贅沢ですよねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
高台にはコップと給水ポットが置いてありセルフになります。
卓上には調味料の他に、店主さんのプロフィールやメニューの紹介が書かれてた物があります。
「お待ちの間読み物としてお使い下さい」と書かれていて、店主さんの人柄が表れていますね。
また、写真撮影のお断りかと思えば、良い写真を撮る為の注意点が書かれた指南書まで貼り出されています。
なんとも居心地の良い空間です、ですが店主さんは終始一杯に集中して無言です。
読み物を読みながら待っていると、店主さん入魂の一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます(写真、指南書通りじゃないですゴメンナサイ)
かなりのセメント色にこちらも身構えて口内へ注ぎます、が、驚くほど苦味エグミ無しです。
色からは想像つかない優しい味わい、鶏白湯ベースの様ですがそれが強く主張してくる訳でもないです。
塩分濃度も高くなく、さらりと飲める実に柔らかく優しい煮干しスープです。

麺は煮干しに良く合う細ストレート麺。
パツパツでサクッと歯が入る食感、麺桶から菅野製麺製と思われます。

具材はチャーシュー、メンマ、玉葱、小葱。
チャーシューは箸でほぐせる位にめちゃくちゃ柔らかくて美味い(๑´ڡ`๑)
メンマは細めの物が多数入っていて量的に満足感ありますね。
玉葱はやっぱり煮干しにはマスト、シャリシャリ食感が楽しいです。

あっという間に完食です、閉店間際ですし連食しましたのでこの日はここまで。
こちらは和え玉のメニューが豊富です、1軒目に伺っていたら相当悩みそうです(優柔不断なのデス)
食べ終わってご馳走様をして少し感想をお伝えすると、先ほどまで無言だった店主さんが色々お話して下さいました。
きっとこちらが無言だったのでそっとしていてくれたのでしょうね、とても情熱的な店主さんでした。
少しお話も出来、美味しい一杯も頂けて大満足でお店を後にします。
突き抜けているのではなく、いつ食べても優しく安心といった感じの一杯でした。

また伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し蕎麦+チャーシュートッピング+味玉+和え玉」@零一弐三の写真2月9日(土)

この日の天気は雪。
雪に弱い関東地方は前日から大騒ぎ、職場でも前日から皆そわそわしていました。
朝起きるとそこそこの降雪が見られ、このまま降ると積もるかもしれない気配。
案の定、職場のパートさんから「出勤できない」との連絡が社用の携帯に引っ切り無しです。
結局パートさん全滅、自転車通勤なんで仕方ありませんね(^^;)
自分も出社した所でやる事が無くなってしまいました。
帰ってこれなくなる可能性も考慮して急遽休みを取る事に。

どこかへ行く事も無く家でのんびりしていましたが、午後になり思ったほど雪が降りません。
夕方に麺友さんから連絡があり「零一弐三」さんへ行くというので便乗しちゃいました。
職場に行ってもやる事無いのでズル休みじゃありませんが、雪を理由にした事になんとなく背徳感有り(笑)
19時30分頃到着、店舗向かいのコイパは30分200円、丁度埋まってもいたので裏のコイパへ。
ぐるっと回り込む様に少し行った美容室裏のコイパ、こちらは40分200円。
雪がちらつく中足早にお店に向かい麺友さんと合流。
さすがに天候のせいもあり並びは無く即入店。
入り口正面にある券売機でプラチケ購入、煮干し蕎麦(750円)をポチっと。
ありがたい事にチャーシュートッピング(200円)が残っているのでそちらもポチっと。
更に味玉(100円)まで付けちゃいました、ちょっと贅沢ですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

店内自販機横の給水器でコップに水を注ぎカウンター席に着席。
池田店主とバイト君の2名体制、バイト君疲れているのかボーっと一点を見つめています(笑)
最近なにかと話題の「バイトテロ」について、真面目に論議ながら出来上がりを待ちます。
少ししてなんとも堪らない匂いの一杯にご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
さらっとしながらもニボ感抜群で、ぎゅーっと旨味が詰まっています。
以前は塩変更をしてしまったのですが、この醤油も美味いですね。
やや高めな塩分が良い刺激になり、レンゲが止まらなくなります。

麺は加水率低めなパツパツ細ストレート麺、自家製麺になります。
茹で加減も固めでクシクニュっと食感を味わえる物。

具材は豚レアチャーシュー、バラロールチャーシュー、海苔、刻み玉葱、万能葱、トッピングの味玉。
肉増ししたレアチャーシューはハイレベルな逸品、これは美味いです。
バラチャーシューも流石の一言、これも肉好きには堪らない物。
海苔も煮干スープには良く合いますね、もちろん玉葱もドンピシャ。
味玉は中心がトローッとしていて好みの物でこれも美味い。

ひと通り堪能して現金200円を高台へ、和え玉をお願いします。
あっという間にご対麺、撮影してから頂きます。
具材はフレーク状の、玉葱のみ。
固めな茹で加減の細ストレート麺、先程の麺より更に固め。
この和え玉が堪らないです、濃いめの味付けでドボンするのを躊躇する位美味いです。
良く混ぜてバクバク食べて、最後の2口位でスープをちょっとだけかけて完食。
残りのスープも完飲です。
ご馳走様をしてお店を後にします、さすがに雪で外は寒くこの日は後客も数名程度。
おかげで肉祭りも出来て満足です、因みにこの日は2月9日肉の日です(๑´ڡ`๑)

やっぱりハイレベルな一杯ですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「あごだしらーめん+味付玉子」@栄昇らーめんの写真1月15日(火)

この日は仕事帰りに「栄昇らーめん」さん伺いました。
帰りのルート上に設定することができるラーメン店はありがたいですね。
20時15分到着。
目の前のコンビニ「ローソン+スリーエフ」に併設のコイパにピットイン。
こちらのコイパはコンビニ利用者優先駐車場で30分無料になります。

店舗入店、カウンター席のみです。
後払制なのでお水を置いてくれた場所に着席します。
来る前から決めていたあごだしらーめん700円を口頭注文。
それと味付玉子50円もトッピング、今でもまだ50円って凄くないですか?
店内には先客5名ほど、店員さんは男性1女性2の計3名体制。
このキャパで3名は繁盛店の証ですね。
少し薄暗い店内、煮干し系の良い香りが漂っています。
程なくしてご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
上品でエグみのないあご出汁、少し甘みのある味わい深いスープですね。
やっぱりあご出汁って美味いですね。
鼻を抜ける香りも良く、レンゲが止まらなくなりますね。

麺は中細ストレート麺、つるつるとした喉越しの良い麺です。
茹で加減少し固めで絶妙ですね、噛むと少し歯に纏わり着くような印象。
麺の味わいが強く伝わります、スープとの相性も良いですね。

具材はチャーシュー、穂先メンマ、味玉、なると、葱。
チャーシューはホロホロの柔らかい物、スープを邪魔しない位の薄めな味付け。
穂先メンマは柔らかく数本入っていて嬉しいですね。
味付玉子も外側が確り固まり中心部分はゼリー状、味付はやはりスープを邪魔しない薄め。
気に入ったのは葱の切り方、千切りなので葱の風味が強く、あご出汁に良く合っています。
この葱が良い仕事しますね、これが輪切りだとかなり印象変わりそうです。

美味しいので無我夢中で啜り続け、あっという間に完食。
旨味の詰まったスープも飲み干しました。
お支払いは店員さんがこちらまで来てくれました。
ポケットにお釣りも入れてあり動くレジ状態(笑)
今回も食い逃げせずにご馳走様、お店を後にします。
小心者ですからコンビニに寄ってミンティア購入、駐車料金30分100円也(^^;)

とても上品で丁寧な一杯がこの値段なのには恐れ入ります、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し味玉そば」@陽はまたのぼるの写真12月28日(金)

この日もまだまだ仕事、ですが少し早く終わりました。
なのでちょっと足を伸ばして「ののくら」さんに伺うも結構な行列。
ならばとスルーしてこちらにお邪魔しました。
20時ちょっと前に到着、コイパを確認すると店舗横にひとつとその斜向かいにひとつ。
店舗隣は20分で100円で22時以降が60分100円。
斜向かいにある方は20時迄が60分200円、更に20時以降は60分100円と激安です
あと5分位なのでちょっと待機して20時以降にピットイン。
お店外待ち5人の列にドッキング。
中から先客さんが出てきたので先に食券買った方が良さそうですね。
順番譲って食券購入の為一度入店。
入り口入って右の券売機で食券購入、煮干し味玉そば(900円)をポチっと。
外に出て再度列に並びます。
後客3名が並んだ所で終了の案内、看板の照明が落とされました(;-_-)アッブネ-

20分程で入店、L字カウンター席の一番奥に着席します。
店主さんと助手さん、それと女性店員さんの3名体制。
お水は店舗奥に給水器がありますが、この時はカウンターに用意してくれていました。
煮干しの良い香りですね、お店の前で並んでいる時から堪りませんでした。
有線放送でしょうか、懐かしい曲がかかっていました。
卓上にはお水のポット他、胡椒、一味などが置いてあります。
少ししてご対麺となりました。

撮影してスープから頂きます。
グッとくる煮干し感が堪りませんね。
店内に積まれているのは伊吹いりこの段ボール。
これだけではないでしょうけど良い煮干しを使っているのでしょうね。
エグミは少なく塩分濃度やや高いですがそれがまた良いですね

麺は村上朝日製麺製の様です。
結構シルキーな色合いの細めの麺で少しウェーブしていますね。
茹で加減少し固めのジャストな食感、良く見ると薄っすら芯が残っているのがわかります。
スープの絡みも悪くなく、美味しいツルパツの中加水位の麺ですね。

具材は豚レアチャーシュー、海苔、小松菜、味玉、刻み玉葱。
レアチャーシューは脂の入り具合が良く美味。
火が入ってしまうのは勿体ないので先に頂いちゃいました。
海苔は海苔巻きして頂きます。
玉葱は必須アイテムですよね、めちゃくちゃ合います。
味玉は黄身が流れ出る位に超半熟、柔らか過ぎて上手く掴めずに滑ってドボン(笑)
小松菜は箸休め、シャキシャキでした。

ラストオーダーを聞かれました、和え玉(醤油・200円)をお願いして現金を高台へ。
残りを食べていると和え玉登場。
撮影してから混ぜ合わせていきます。
先程の麺よりもボソッとした食感で固めの茹で加減、低加水の麺ですね。
程良い塩加減で美味しいですね。

具材は刻まれたレアチャーシューと玉葱。
このまま食べても良し、麺をスープに浸けても良し。
最後はスープにドボンで完食です。

ご馳走様をしてお店を後に、駐車料金100円はやっぱり嬉しいですね。
この時間なので売り切れてしまっていましたが「厚切り豚」が食べたかったなぁ。

時間はまだ20時40分、まだ間に合うな…ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「麺処晴 濃厚煮干しそば+全部トッピング」@中華蕎麦とみ田 富田治PRESENTS 松戸ラーメンサミット 2018の写真イベント物につき先にアップします。

11月23日(金)祝日

イベントコラボの美味しい一杯を頂いた後、もう少し時間があったので共通食券を購入して晴さんに並びました。
夕方になり日も傾いてきたので会場も少しずつ空いてきました。
途中で食券を渡して全部トッピングをお願いしました。
スルスル進んで並んでから15分でご対麺出来ました。

撮影してスープから頂きます。
濃厚で強烈な煮干しスープです、やや苦味も感じる本格的なセメント色。
塩分もちょっと高めで二ボラーには堪らない感じです。

麺はパツパツ細ストレート麺、スープの絡み良く煮干しを纏って口に入ってきます。
茹で加減も確り歯が入っていく感触で良かったです。

具材はチャーシュー、玉葱、刻み葱、岩海苔、味玉。
トッピング内容案内の写真を失念したので正式名がわかりませんm(_ _)m
内容は恐らくトッピングでチャーシュー2枚と岩海苔と味玉だと思います。
チャーシューは厚めで肉感があり美味しかったですね。
岩海苔も風味良く合いますね。
イベントですのでスープの温度がどうしても低くなるのが残念。
しかも夕方になるにつれ冷えてきましたので余計ですね。
さらにスープの量が少ないので一気に冷めます。

サクッと完食、この時点で自分は2食完食です。
しかし先行してる麺友さんは一軒目「焔」さんのブースで3時間待ちの最中でした。
イベントの注意点として補足ですが、16時に食券販売中止になります。
店舗は16時半終了の様で、食券2枚以上購入後どハマりすると払い戻し無しなので気をつけた方が良いですね。
麺友さんは16時半をちょっと過ぎてしまったのですが、松戸の神が降臨して事なきを得ましたが(笑)
焔さん狙いの方はお早めに、この日も早々売り切れでした(回転が非常に良くないです)
イベントは色んな方々に会えるので楽しいですね、この日も有名店の店主さん達が数名来場してました。
晴さんは未訪なので次回は店舗の方で頂きたいと思います。

本格的な煮干しスープ、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「特製濃厚煮干しそば(しょう油)+和え玉」@麺屋 音 柏店の写真11月11日(日)
この日は沢山の記念日があるみたいですね。
ラヲタ的には麺の日やもやしの日といったところでしょうか。
麺の日なのでラーメンを食べましょう(笑)
という事で以前Twitterでタイムラインで見て気になっていたこちらへ。
柏に着きコイパに止めてお店に向かいます、近づくにつれ三味線の様な音色が聞こえてきます。
21時15分到着、和のコンセプトで造られたであろう外見は立派で一瞬面食らいました。
外待ちの席も屋根の下にあり他店とは一線を画す感じです。
外待ち無しですが店内ほぼ満席で数席カウンターが空いている状態でした。
入店すると高級和食料理店の様な雰囲気です
券売機にて雰囲気に飲まれ思わず値段の張る表記のものをポチッとします。
カウンターに幾つか空席があったのですがその場で暫しウエイトの指示。
店員さんは男性2名で和装の出で立ち、店内には外と一緒で和テイストの音楽が流れています。
5分程してカウンター席に案内されました。
テーブルには眩い金のお盆に箸置と箸がセットされており、陶器に注がれたお水が届けられました。
更におしぼりは広げて手渡しされとても丁寧な対応、こんなのキャバクラ行って以来です(笑)
コンセプトなんでしょうが舞い上がりますね、女性店員だったら尚の事ですねこれは( ´艸`)ムププ
暫く経ってご対麺、撮影してスープから。
ややセメント色で粘度はドロまでいかないトロっとな鶏白湯煮干しスープ。
煮干しも良い感じで出ていて突き抜けてではないですが良い塩梅。
エグミはそれ程無く飲み口はスッキリ、あまり食べ手を選ばない方でしょうか。
麺は細ストレート麺、加水率低めでパツパツタイプ。
確り歯応えの残る湯で加減は良いですね。
具材はチャーシュー、トロ肉、海苔2枚、メンマ、味玉、葱、玉葱、柚子。
チャーシューはロール状で綺麗にカットされている物、肉質ちょっと固め。
トロ肉はプルプル食感で濃いめに味付けされていてめちゃ美味い!
味玉はまずまずの仕上がり、メンマは存在感無い位に細い物でちょっと残念。
やはり煮干しには玉葱がベストマッチで海苔に包んで頂くと良いですね。
するする啜り完食、折角なので和え玉を現金にて注文しました。
程なく提供されパシャッと記念撮影して頂きます。
麺は同じく細ストレート麺、具材は葱、玉葱、こま切れチャーシュー、魚粉。
確りと混ぜ合わせていきます。
そのままで頂きましたが油そばとしてはちょっとインパクトが薄い印象。
なので卓上の粒山椒をグリグリすると良い感じに、柚子胡椒もオンしてカスタマイズ。
最後にレンゲで汁をかけて完食です。
ご馳走様してお店を後に、スタンプカードを渡されました。
スタンプカードの有効期限19.2.15
満タンまであと7つ。
うーん、3ヶ月じゃちょっと厳しいかな...
頑張ってみます、ご馳走様でした。

余談ですが来店された方に豚アレルギーだとおっしゃってたお客様がいました。
ラーメン店で豚エキスが一切混じらないのって中々難しいですよね。
券売機前で店員さんに聞きながら鶏のメニューを注文されてましたが大丈夫だったのでしょうか?
ちょっとだけ心配です。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件