なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.240点
最終レビュー日 2019年2月18日
179 141 6 1,288
レビュー 店舗 スキ いいね

「みそ+玉子」@パンケ 習志野店の写真2月7日(木)

この日ある方が呟きました。
「京成大久保の味噌が食べたい」と...
なので「京成大久保」の「みそ」を食べに行ってきました。
このレポ見て「ちげ~よ!」と突っ込まれそうですが、間違いなく「京成大久保の味噌」です。

21時到着、こちらのお店には駐車スペースがあります。
店舗向かって左に少し行った踏み切り横の駐車場、そちらに4台ほどスペースがあります。
敷地内に店名が書かれたプレートが出てますのでそちらへピットイン、車を止めお店に向かいます。

入店して特徴的な「し」の字のカウンター席へ着席、後会計ですね。
メニューを見て、みそ(850円)と玉子(50円)を口頭注文。
この、◯◯らーめんではない所は本家「ラーメンパンケ」さんと一緒。
そして「らーめん」というメニューがあるのも一緒ですね(素らーめんなのかな?)
先客は2名、何れも常連さんの様で店主さんとお話されています。
店主さん他、男性2名女性1名の計4名体制、大きめのカウンターにテーブル席が数卓あります。
お水は店員さんが用意してくれました、卓上には給水ポットと胡椒や一味などが置いてあります。
厨房では野菜を確り炒め、味噌とスープをハンドミキサーで丁寧に攪拌しています。
店内には習志野高校の甲子園出場記念皿やボールなどが飾られていました。
余談ですが習志野高校と言えば「ミスタータイガース」掛布雅之さんなど、著名なスポーツ選手を輩出している名門校ですね。
店主さんがファンなのか、生徒にファンが多いのかは不明ですが。
そんなこんなで色々拝見していると、あっという間にご対麺になりました。

撮影してスープから頂きます。
ニンニクや生姜が香るオーソドックスな味噌スープ、熱々です。
ラーメンパンケ」さんより少し濃いめな印象ですね。
味噌の「甘・酸・辛」の3味と炒め野菜の旨味、あっさり目ですがラードのコクも加わり美味しいです(๑´ڡ`๑)

麺は西山製麺から取り寄せている中細縮れ麺。
茹で加減丁度良く、プリプリッとした食感で美味しい麺ですね(´∀`)

具材は炒め野菜にチャーシュー、メンマ、コーン、刻み葱、トッピングの玉子。
炒め野菜はもやし、キャベツ、人参、白菜、玉葱、木耳など。
シャキッとした食感も残っていて良いです。
チャーシューは小ぶり、ちょっと寂しいですが柔らかい物でした。
メンマは味付濃いめでコリコリ食感。
玉子は固茹でで茹で玉子ですね、味は付いていないみたいでした。

ズバズバ啜って完食、最後コーン掬うのに苦戦しました(笑)
レジにてお支払、伝票なしのパターンですから要注意です\_(・ω・`)ココ重要!
ご馳走様をしてお店を後にしました。

オーソドックスな昔ながらの札幌味噌ラーメンですね。
ラーメンパンケ」さんからの暖簾分けで修行先みたいですが血縁関係は無いみたいです。
同じパンケさんですが比べるとちょっと違う気がしますね。
千葉県山武市にも「パンケ 成東店」さんもあるのでいずれそちらも伺ってみたいです。

こうした昔ながらの味も変わらず残っていってくれると嬉しいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「【船橋店限定】紅と豚+野菜大盛変更券」@蒙古タンメン 中本 船橋店の写真限定期間過ぎていましたm(_ _)m
こちらのメニューは既に終了しています。

2月2日(土)

この日開店した「ド豚骨 貫」さんで美味しく一杯頂いた後になります。
そのまま歩いて横移動、外には10人前後の列で相変わらずの人気です。
駐車場はこちらが入居する商業施設の駐車場を拝借。
2時間無料なので連食可能ですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

20分ほど待って入店、入り口右の券売機で食券購入です。
北極プルプル(930円)なる牛モツが入った2月"限定"のメニューに惹かれてポチっと。
しかし食券回収されるまでの間に"船橋店限定"の文字が目に飛び込みます。
なんとも言えないネーミングのメニュー、紅と豚(930円)
北極ラーメンの辛さレベルは9、紅と豚は辛さレベル8。
少しだけ控えめなんですね、"船橋店限定"ですか、駄目ですね言葉の魔力に勝てません。
店員のお姉さんが食券を回収に来た際に変更できるか確認、大丈夫と言うので変えてもらいました。
壁の案内には野菜大盛可能と書いてあったので「野菜大盛でお願いします」とコールタイム。
すると「では、そちらで野菜の食券をお買い求め下さい」との返事。
なるほど、そーゆー事ですか...
やっぱ二郎ってスゲーんだな( ̄▽ ̄;)
野菜大盛変更券(60円)をポチっとしてお姉さんに渡します。
更に店内で少し待機、暫くして一番奥のカウンター席に案内されました。

店内はもちろん満席、店員さんは男性2女性2の計4名体制で絶えず動いています。
卓上のコップに水を注ぎ待ちます、紅生姜やお酢等のアイテムが並んでいますね。
ここだけの話、かわいい女性店員さんがいます、あくまでも私見です♪
すっかり見とれていると、あっという間に紅に染まったこの俺の様な一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
ベースはレギュラーメニューの味噌卵麺、ニンニクが強めに効いた旨辛味噌です。
角煮の煮汁が一緒に入っているんでしょうか、八角かな?少し複雑な風味あります。
辛さはヒーハーレベル、かなり辛~いぃぃぃぃです( ;´Д`)
一気に汗が噴出します、卓上の給水ポットが恋人の様に愛おしく思えます。

麺は中太のストレート麺、少しうねりがありますね。
スープの絡みは問題なし、一緒に唐辛子も纏ってくるので辛味も問題なし
啜ったらヤバイやつですね、確実に咽ます。

具材は豚の角煮、もやし、ほうれん草、メンマ、煮玉子、ゆず。
角煮にはからしが載っています、ただスープの辛さに負けてどこかへ行ってしまいますね。
角煮自体は柔らかく美味しいです、辛いけど…
大盛にした野菜は茹でもやしのみ、少し寂しいですけどこの水分が助かります。
ほうれん草やメンマは普通、いや辛さでハッキリ判っていないかも。
煮玉子が天使の様に感じます、固ゆでですがこの日の自分にとっては高ポイント。
時折香る柚子は清涼感がありますね、ただし一瞬だけですが。

しっぱねしない様に頑張るも、やっぱり撥ねてしまいました( ;∀;)
汗かきながらも完食、終始辛さとの戦いでした。
ただ辛いのは嫌いじゃないので、少し辛さが先行しましたが味噌ベースの美味しさは楽しめました。
辛さの引きは早く30分位で落ち着いちゃいますね。
中本さんは店舗数がかなり増えましたが、各店オリジナルの限定メニューがあり面白いですね。
北極プルプルも船橋店で2月末迄のメニューの様です。

機会があったら再度伺ってみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定裏メニュー】味噌らーめんN+味玉」@麺処ゆきちの写真限定メニューにつき先にレポ上げます。

2月10日(日)

何気なくツイッターのタイムラインを確認していた時の事。
麺処ゆきち」さんのツイートに12日迄の文字が。
先日伺って頂いた「しょうが味噌らーめん」
そしてその時一瞬迷った「味噌らーめんN」
これがどちらも2月12日迄と表示されています!(◎_◎;)
次回は「味噌らーめんN」と思っていたので慌てて伺いました。

前回同様、店舗斜向かいのコイパにピットイン。
30分100円(河内屋&業務スーパー利用で30分無料)
入店するとノーゲスト、先日来たばかりなので店主さんが覚えていてくれました(´∀`)
お目当の味噌らーめんN(750円)を注文、味玉(100円)も追加でお願いします。
卓上のコップに水を注いで待ちます。
次回の限定のお話しなんかを聞きながら作られていくのを目で追います。
この日も冷え込んでいたので温かいものが待ち遠しいですね。
暫くしてお目当の味噌らーめんNとご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
ニンニクと生姜が効いた昔ながらの味噌らーめん風なスープ。
実はこのメニュー、店主さんが昔よく食べた味噌らーめんをゆきちさん風に再現した物との事。
(因みにNはノーマルのNらしいです)
確かに言われた通り懐かしい感じがします。
ですが、ただ単に昔懐かしいかと言われるとちょっと違いますね。
魚介スープが使われている部分、そこがゆきちさん風。

麺は太めの微ウェーブ麺。
茹で加減丁度良くモチっとしていて美味しいです。

具材はチャーシュー、茹でもやし、小松菜、メンマ、トッピングの味玉。
チャーシューは柔らかなバラタイプ、味付け良く美味い。
茹でもやしは少し食感が残る位の茹で加減。
小松菜は箸休めに、メンマは柔らかな食感の物。
トッピングした味玉は、中心が少しだけトロッとしていて周りは少し固めの物。

店主さんに出して頂いた七味と一味。
「一味の方が昔の感じに近くなりますよ」との事でしたので一味をフリフリ。
卓上の揚げネギも投入、良いですねこの感じ。
結構ニンニク強めなスープなんですが、底に行くにつれ生姜が強くなってきました。
恐らくおろし生姜が沈んでいるせいではないでしょうか、これで良い感じに味が変化して楽しいです。
固形物完食、スープも楽しみながら完飲です(๑´ڡ`๑)

次回の限定メニューについて少しお話を聞き、ご馳走様をしてお店を後にします。
このメニューも2月12日で終了です、ギリギリですみませんm(_ _)m
まだ1日あるので一応先に上げておきます。

引き出しの多い店主さんなので次も期待したいですね、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】しょうが味噌らーめん」@麺処ゆきちの写真2月1日(金)

寒いので味噌ラーメンが食べたい。
そんな時にツイッターに出現した「しょうが味噌らーめん」の画像。
こいつは美味そうです( ̄¬ ̄)
早速「麺処ゆきち」さんへ伺いました。
20時25分到着、コイパは店舗斜向かいにあり30分100円です。
(河内屋&業務スーパー利用で30分無料)
車を止めて店舗に向かいます。
入店してカウンター席に着席、お目当のしょうが味噌らーめん(750円)を注文。
先払い制なのでその場でお会計、食い逃げ防止で安心です(笑)
店主さんのワンオペ、先客のおじいさんとお話ししています。
卓上のコップに水を注ぎ、その様子を眺めながら飲み干します。
その姿から人柄が溢れていますね、見ていてほのぼのしちゃいます(´∀`)
少しするとおじいさんが帰り、自分と店主さんのみの贅沢な時間になりました。
自分の一杯が出来上がるのをじっくりと眺め堪能。
あっという間にお目当の一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
口いっぱいに広がる生姜の風味、味噌の旨味と合わさって美味い。
一味も入っているので少しピリッとして良いですね。
生姜好きには堪らないスープ、身体が温まります。

麺は太めの微ウェーブ麺、モチっとした食感で美味しいですね。
スープにおろし生姜が入っている様ですね。
麺を啜ると生姜の風味が全開です。

具材はチャーシュー、牛蒡、小松菜、刻み葱、針生姜。
チャーシューは大判で脂身が少なく、噛み締める度に旨味が広がります。
牛蒡が面白く思わず「面白いですね」と聞くと「メンマの代わりです」との事。
柔らかく煮てあり、素材の味が広がり良いですね。
小松菜も食感良く箸休めに、葱は食感が残る斜め切り。
そして自分がこのラーメンの主役にしたい「針生姜」
これが追い討ちをかけてガツンとやって来ます。
これが生姜好きには本当に溜まりませんね、物凄い主張です(๑´ڡ`๑)

ズバズバ啜って完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
寒い時期のみの限定味噌らーめん、パターンが幾つか有るのもこちらの魅力です。
レポ上げるの遅くなってしまいました、このメニューは2月12日迄の限定になりますm(_ _)m
これが終わるとまた違うパターンの限定味噌らーめんが始まります、そちらも気になりますね。

また伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「【臨時営業限定】味噌つけ麺+味玉」@濃麺 海月の写真1月31日

この日はツイートを見ていて飛び込んできた情報に反応。
濃麺 海月」さんが夜営業をするとの事Σ(・□・;)
しかもメニューは限定の味噌つけ麺との事で向かってみる事に。
先日の夜営業には間に合わなかったので、この日は超ハラハラしながら向かいました。

19時20分到着、駐車場も空いていたのでピットイン。
この日は生憎の雨と言う事もあり、なんとか売り切れずに残っていてくれました。
並びが無いので入店してご挨拶、入って右の券売機で味噌つけ麺(950円)と味玉(100円)をポチっと。
空いてるカウンター席に着席、食券提出。
卓上のコップに水を注いで待ちます。
北村店主のワンオペ、先客3名後客2名。
暫くして滅多にお目にかかれない味噌つけ麺が届けられました。

撮影してつけ汁をペロリ、濃厚で塩分濃度高めです。
つけ汁には挽肉と刻み葱、刻んだ大葉が天辺に載っています。
麺が入っている器には割りスープも一緒に入っていますね。
麺を浸けて頂きます、挽肉がつけ汁を纏って付いてくるので拾いは問題なしです。
かなり塩分濃度が高いのでショッパーな味わい。

麺は加水率やや低めですかね、シルキーな中細麺で麺量は300gとの事でした。
あつもりでの提供、少し食感は柔らかめです。

具材はチャーシュー、穂先メンマ、トッピングの味玉。
チャーシューはかなり大判の物、適度に入っている脂からの旨味が抜群ですね。
穂先メンマもシナシャクっと食感良し。
味玉は確り色が付いた物で味染み良く、黄身もゼリー状で美味い。

途中、割りスープを麺が吸っていってしまうので麺ごとドボン。
味噌ラーメン風にして頂きます。
割りスープが加わって塩味がマイルドになり丁度良い感じに。
自分的にはこちらの方が好みかな、濃厚な味噌ラーメンで美味いです。
大葉がやっぱり良いですね、濃厚の中にさっぱり清涼感があり重さが和らぎます。
完飲完食、挽肉も掻き集めて平らげました(๑´ڡ`๑)

ご馳走様をしてお店を後にします。
ゲリラ的な限定は嬉しいけどヒヤヒヤですねε-(´∀`; )
この日は生憎の天気なので助かりました。
遊び心のある店主さんなので、先日も雪の日だからと冷やしを出されていました(笑)

また伺います、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 4件

「味噌タンギョウ(ショウガ)」@トナリの写真1月18日(金)

野菜不足解消の為に「トナリ」さんへ伺いました。
コイパも沢山ありそうですね。
ですが前面道路のお店から木場駅寄り、そこにパーキングチケットのエリアがあります。
この時間だと駐車禁止じゃなさそうなので枠の中にピットイン。
(法解釈は自己責任でお願いします)
目の前のラーメン店をスルーして店舗へ向かいます。

21時20分到着、入店して右側にある券売機で食券購入。
タンメンと餃子がセットの「タンギョウ」を…
と思ったのですが、味噌タンメンがあるじゃないですか!
味噌タンメンの方が好きなので「味噌タンギョウ」980円をポチッと。
奥に長いカウンター席のみの店内、1番奥に給水器がありセルフになります。
お水を汲んで空いている席に着席、食券を提出します。
店員さんは2名、1人がカタコト混じりの外国人の方。
最近は外国人労働者の方がラーメン屋さんにも溢れていますね。
この方逹のおかげで美味しいラーメンが食べられると思うと感謝しかありません。
外国人店員さんに「ニンニクショウガドチガイデスカ?」と聞かれたのでショウガでお願いしました。
中華鍋から火が上がります、野菜を炒める音が良いですね。
暫くしてご対麺、餃子も届きました。

撮影してスープから頂きます。
豚骨主体の動物系に炒め野菜の旨味が確り流れ込んだスープです。
香ばしい匂いにやられます(´∀`)
味噌は濃いめで後引く感じです、中々美味しいスープですね。

麺は平打ちの中太麺、結構太めで少しうねりがあるストレート系。
モチモチしてコシも確りありかなりの存在感。
やっぱり浅草開花楼なんでしょうか、これ位噛み応えがある麺は好みですね。

具材はもやし、キャベツ、人参、ニラ、コーンなどの炒め野菜に豚肉や蒲鉾など、それとショウガ。
野菜は以前よりは減ったみたいですが、それでもたっぷり山盛り。
シャキッと食感が残っている炒め加減で良いですね。
これ程の野菜が摂れるなら、ラーメンも身体に悪いなんて言われないでしょうね(笑)

続いて餃子です。
モチモチの皮に確り餡が詰まっていて良いですね。
大きさも小さくなく、セットで980円ならリーズナブルだと思います。

ショウガを混ぜて食べ進めます、体が温まりますね〜♪
これならニンニクも一緒に入れてたいなぁ、両方って言えば入れてくれるんでしょうか?
あっという間に完食、野菜の摂取は大事だなとしみじみ。
店内に流れる大事MANブラザーズバンドの「それが大事」が相槌してくれました。

かなり好みの一杯でした、野菜摂取にまた伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件
84

「みそ野菜魂麺」@魂麺の写真12月26日(水)

この日は所属部署の仕事納め。
無事仕事が終わったのですが色々あって遅くなりこちらへ。
22時頃到着、ドンキホーテ横のコイパにピットイン。
22時以降60分100円(´∀`)

店舗到着、入り口が正面と店舗横の2か所にあります。
正面入り口から入店、左にある券売機で食券購入。
味噌メニューを発見、今年は9月から始まったみたいです。
味噌メニューの中から味噌野菜魂麺をポチっと。
先客5名、空いているカウンター席に着席して食券提出して待ちます。
店員さんは2名、店主さんはご不在かな?
お水はカウンターの上に給水ポット、ケロリンのコップと共に置かれています。
卓上にはミル付きのブラックペッパー、高台には辣油やフルーツ酢の様な物などが置かれていました。
店内蘊蓄を読んでいるとあっという間にご対麺になりました。

撮影してスープから頂きます。
優しい味わいのスープは白味噌ベースでしょうか、動物系の出汁感も確りです。
限定だと梨味噌なる物を使った一杯もあったみたいですがこれは違いそうですね。
てっぺんに振られた一味がピリッと効いています。
野菜からの旨味も流れ込んでいて美味しいスープです。

麺は色白の中太麺、軽くウェーブがかかっています。
ツルツルした麺肌でモチモチの食感、適度なコシもありました。

具材はチャーシュー、炒め野菜、木耳、刻み葱。
チャーシューは小振りですが確り味が付いていて美味しいです。
炒め野菜はもやし、キャベツ、人参、軽めに炒めてありシャキッとしていて美味しいです。
木耳が乗っているのが良いですね、好きなので好印象。

蘊蓄によると油は綿実油を使用しているみたいですね
なんだか身体に良さそうです、よくわかっていませんが(笑)
ズルッと啜って完食、やっぱり味噌は温まりますね。
ご馳走様をしてお店を後に、出る時は店舗横の扉から出られて便利です。
駐車料金勿論100円ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

味噌も中々の美味しさでしたね、また伺います、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(味噌)」@麺匠 八雲 本店の写真12月24日(月)

振替休日のクリスマスイブ。
以前から行きたかった「麺匠八雲 本店」さんに行ってきました。
元バイトAKB、アイドル出身の若い店主さんのお店。
何故この日か、特別意味なんてありません。
決してまゆか店長がサンタのコスでお出迎えしてくれるなんて思ってません。
偶然この日だっただけですので余計な詮索は無しで(-_-)

お店に着く前にコンビニに寄ってツイッターをチェックしていると大事件が。
なんとこれから行くこちらのお店で食い逃げが発生したとの事∑(゚Д゚)
なんというタイミングの悪さ、しかしもう目と鼻の先なのでこのまま伺ってみる事に。

20時20分到着、お店の前の道路にはパーキングチケット制の駐車スペースがあります。
自分の交通ルールへの解釈が間違っていなければ、ここは時間外19時から9時までは違反にならない筈。
あくまで個人の見解ですから自己責任で駐車して下さいね。
建物は立派な外見です、外壁には大きく店名が表示されているので一目でそれとわかりますね。
店舗前に立ちますが一瞬入り口がわかりませんでした。
向かって左の扉が入り口のでした、いざ入店。

高級感溢れる店内に先客のおじさん3名、うなぎの寝床の様に真っ直ぐにカウンター席があるだけです。
お席にどうぞととの声が掛どこからか聞こえます。
空いている席に着席、「食い逃げ」があるくらいですから後会計制です。
行った事がある方なら「食い逃げ」ときいて「あぁ」と思うかも知れませんね。
カウンター前面はすりガラスの様になっていて厨房内は見えません。
会計のレジも厨房側からの対面式で、こちらのカウンター側も椅子の後ろは人一人分の通路。
店員さんが待機するスペースが無さそうです。
但しセキュリティは万全で、防犯カメラが3台もあるそうです。
ツイッター情報によると、バッチリ顔も映っているので警察に被害届を出したとの事。
逃げ得はありえませんからね、直ぐにお縄頂戴ですね。
メニューを見ると味噌、塩、醤油とあります、推しである味噌のチャーシューメン(980円)にしました。
暫くウエイトタイム、以前伺った江戸川区の「大島」同様厨房が見えないスタイル。
スマホでも弄っていれば良いんでしょうけど、やっぱりなんだか「つまらない」んですよね見えないのって。
店員さんも何名かわかりません、声の感じから男性3名体制の様子。
厨房が見えずに店員さんの姿も見えない、おっさんが4人並んで壁を見つめたりズルズル啜ったり( ̄▽ ̄;)
炒めている音は聞こえますね、後はさっぱりわかりませんでした。
奥からお客さんが現れレジへ、万単位のお会計を済ませていました。
最近2階席が「もつ鍋八雲」として開放されたようなのでそのお支払いでしょうか。
なんとなくバタついているというか、店員さんがそわそわしている気がしますが事件の後ですから無理もないですね。
貼り出されている薀蓄を眺めていると、店名の入ったカッコイイ器に盛られた一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
薀蓄によると北海道味噌と信州味噌のブレンドの様です、やや信州味噌のほうが強い印象。
多少の酸味を伴ってスーッと流れ込んできます、塩分濃度はそれ程高く無い感じです。

麺は自家製麺との事、まゆか店長がツイッターで言っていました。
つるつるプリプリの中細縮れ麺、やや黄色がかった物です。
茹で加減は悪くなかったのですが、ダマになっている所があり少し残念。
麺自体は中々美味しい麺でした。

具材はチャーシュー3枚、炒めたもやし、メンマ、青葱、糸唐辛子。
チャーシューはそこそこ厚みもあり噛み締めるタイプ、肉本来の味を堪能でき美味しかったです。
もやしはシャッキリしています、あまり火を通さない仕上げ。
メンマは小振りで四角く整えられた物で味わいは可も無く不可も無くかな。
全体的に綺麗に纏まってる印象ですね、あっという間に啜ってしまい完食です。
食べ終えて気がつきましたが器がすり鉢になっているんですね。

お会計は渡された札をレジに提出するようです、札を持ってレジへ。
やはり出てきたのは男性店員さん。
そりゃそうですよね、女性の声すら聞こえないですもんね( ;∀;)
きっちりお支払い、食い逃げなど論外です(以前うっかりやらかしそうになった事は内緒です)
ご馳走様をしてお店を後にします。

話題先行のお店ですが、確りとしたラーメンを提供されていて嬉しかったです。
出身地葛飾のお店は気持ち的に応援したくなってしまうんですよね。
若い娘が頑張っている姿にもお父さんは心を打たれてしまうんです(笑)
色々酷評も目にしましたがこれで少し安心しました。
ただ今回まゆか店長にお会い出来なかったのはやっぱり残念(´・ω・`)ショボーン
最近は大和のお店と本店を行ったり来たりの様ですね。
お会い出来たら採点アップは間違い無しですね(自分は満足度で採点しているのでご了承を)

サンタコスプレの妄想は打ち砕かれましたが機会を見てリベンジします、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン+餃子+サービス半ライス」@くるまやラーメン 実籾店の写真12月21日(金)

この日も仕事が遅くなり家の近くで夕食を。
22時10分到着、敷地内駐車場に車を止め入店しカウンター席へ。
後払い制、先客は7名、店員3名体制。
水が届き味噌ラーメンをオーダー、リーズナブルなので餃子もオーダー、サービスの半ライスも。
味噌ラーメン650円、餃子290円の計940円。
卓上の給水ポットで水をおかわり、思い出に目を閉じて…
落ち着く雰囲気、父はくるまやラーメンが大好きだった。
子供の頃よく連れて行ってもらったな。
子供の頃はラーメン屋=くるまやラーメンか近所で出前してくれる旭屋か永利菜館。
中でも外食で行くくるまやラーメンは格別のご馳走…
自分は幼い頃から醤油派、父は味噌派。
暫くすると父の愛した味噌ラーメンが。
父に報告するべく撮影してスープから。

懐かしく優しい味わい、これがと突出するものは無いがニンニクが効いていて普通に美味しい。
この「普通に」って大切、何十年も普通に美味しい。

麺はツルっとモチっとでこれも悪くない、茹で加減良好。
美味しい中太のややウェーブのある麺、普通に美味しい。

具材はもやし、ニラのみ、頭には一味と胡椒が。
しゃっきり食感でやや寂しげだが値段考えれば納得。

餃子も普通、いや美味しい。
皮がパリッと、これも懐かしい。
父も好きだったなこの餃子。
食べさせてあげたい、もう一度一緒に食べたい。
噛みしめて噛みしめて、思い出を噛みしめて完食。

レジにてお会計、ご馳走様、ありがとう。
父との思い出が詰まった一杯、涙が…



あー、父は病気も怪我も無くピンピン元気にしております。
くるまやラーメンに歩いて行ける所に少し前に引っ越しました、今でも大好きの様です。
母と仲良く暮らしてます、実家近いので正月に顔出して一緒にラーメンでも食ってきます(笑)

懐かしかったです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「北海道味噌超バターらーめん+野菜たっぷり」@麺場 田所商店 本店の写真12月20日(木)

ここ最近寒いので味噌にはまってしまっています。
千葉を中心に急速に店舗数を増やしている「田所商店」さん、こちらはその本店になります。
暖簾分けと謳っていますが、実質フランチャイズなんでしょうかね。
店名が違うけど中身が同じ店舗も多数存在していて、かなりの範囲に広がっているようです。
自分も先日ツーリングの際、中央道のサービスエリアで頂きました。
毎日出勤の時に前は通るのですが、ここ本店に伺うのはもう何年ぶりか覚えていません。

敷地内の駐車場にピットイン、21時55分到着です。
入店すると右側に待合室があります、後払い制なので券売機はありません。
この日は待ちも無いのでそのままカウンター席に案内されました。
お水とお通しを持ってきてくれました。
こちらは味噌専門店で、キャベツと味噌が小皿に乗ってお通しとして提供されました。
メニューを見ると大きく3種類の味噌に分かれています。
北海道味噌、信州味噌、九州麦味噌。
それ以外に別のPOPでこの日は広島味噌のメニューもありました。
10年ほど前に市川のお店にはちょくちょく伺っていました。
その時よく食べていた北海道味噌超バターらーめんを注文。
更に「野菜たっぷり」と味噌漬け炙りチャーシュー1枚をトッピング。
超バターらーめん840円、野菜増しトッピングが110円、炙りチャーシューが130円。
店内には先客後客多数、テーブル席に小上がり席もあり広々です。
店員さんも6名体制で以前から変わらず繁盛してますね。
卓上にはお水のポットと餃子用の調味料や豆板醤などが置かれています。
程なくしてご対面、撮影してスープから頂きます。

塩分濃度やや高めな味噌で動物系のスープです。
この北海道味噌の味わいは以前と変わらず自分好みで良い感じ、濃くて美味いスープですね。

麺は中太縮れ麺、シルキーな麺でややコシが足りないかな。
もう少し麺に力強さがあると嬉しいですね、伸びるのも早く後半はやや柔らかくダレてしまいました。

具材は炙りチャーシュー、炒め野菜、挽き肉、フライドポテト、バター。
味噌漬けされた炙りチャーシューは大振りで、味噌の香りが香ばしくてこれは美味い♪( ´▽`)
炒め野菜も歯応えが残る火の通り具合でシャキシャキです。
フライドポテトは北海道らしさの演出でしょうか、珍しいですね。
バターはかなりの大きさの物が乗っています。
溶かすと一気にコクが深くなり良いですね~

味噌の部分とバターを溶かした部分を交互に味わったりなんかしてみます。
堪能したら全体を掻き混ぜ一気に啜って完食です。

伝票をもってレジにてお支払い、こちらはラーメン店では珍しくカード払いOKで便利です。
味噌製品の物販もされているみたいで、レジの周りや待合室に多数案内があったりしました。
お支払いを済ませてお店を後にします、この時間でも後客が絶えませんね。

変わらず美味しい味噌でした、次回は違う味噌を頂いてみたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件