なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.240点
最終レビュー日 2019年2月18日
179 141 6 1,288
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製塩らあめん」@らあめんCloverの写真2月5日(火)

この日偶然目にした「麺や 福一」さんのツイート。
「骨折してしまいました」と、あららお大事になさって下さいm(_ _)m
同時にふと、「最近成田方面に行ってないな〜」と思いました。
そこで未訪の「らあめんClover」さんへ伺ってみる事にしました。
20時半頃到着、洒落た雰囲気の店舗横に駐車場がありピットイン。
この駐車場、桝目状に線が引いてあり、案内によると6台可能となっています。
ですが道路に面していない奥へ止めてしまうと、後から前を塞がれて出られなくなりそうな気も...
ちょっと不安になりながらも、塞ぐ事はないだろうと思い車を止めお店へ。
裏にもコイパがあり30分100円、止め難い時や満車の時はこちらが便利。

入店して右にある券売機で食券購入、特製塩らあめん(1000円)をポチっとな。
空いているカウンター席に座り食券提出、お水は出して頂けました。
店員さんは男性2名、どちらかが店主さんでしょうか。
先客は6名、外国人のお客さんもいました。
小上がりが1卓とカウンター8席ほどの店内、小洒落た雰囲気ですね。
高台には給水ポット、卓上には胡椒や酢などが置いてあります。
外国人のお客さんが出て行く際に「thank you」とお見送り、さすが成田は国際的です(◎_◎;)
そんな事を考えていると、とてもお洒落な一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
綺麗に透き通った清湯スープ、鶏と魚介の様ですね。
塩加減が控えめなので優しい味わいで美味い、グビグビいけちゃう感じです。

麺は中細ストレート麺、少しうねりあり。
色白美人でつるつるモチっと食感。
主張しすぎないおとなしい印象、スープ同様優しさを感じます。

具材は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー1枚、海苔3枚、割ってある味玉、小松菜、刻み葱、柚子。
豚チャーシューは肩ロースですかね、大振りで味わい良く美味いです(๑´ڡ`๑)
鶏チャーシューは胸肉でしっとり柔らか。
味玉は中心が半熟で良いですね、このトロトロな感じが好きです。
小松菜、柚子、葱も良い感じに機能してます。

ズルズル啜ってあっという間に完食、優しいのでついついスープも完飲。
パンチの強い物が最近多いので、偶に頂くこうした一杯が新鮮だったりします。
何か1つが突出するのではなく、全体的にバランス良く纏まった感じの一杯でした。

こちら方面はあまり来ていないので今年は狙って行こうかな、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「端麗味玉塩らぁめん+和え玉」@鶏らぁめん たけなかの写真1月24日(木)

この日は出勤後に重大なやらかしが発覚。
運転免許の更新を失念し、まさかの失効( ̄▽ ̄;)!!ガーン
気がついてしまった以上、車で帰る訳にもいかないので電車で帰る事に。
折角ですから駅前で一杯頂いて帰る事にします。
以前から気になっていた「鶏らぁめん たけなか」さんへ伺ってみる事にしました。

20時20分到着、こちらの店舗は地下になります。
入り口には大きな提灯が出ているので直ぐわかりました。
階段を下って右側が店舗入り口、左は恐らくお手洗いだと思います。
入店するとすぐ右に券売機があります、先ずは食券購入。
「端麗味玉塩らぁめん」(850円)をポチっとします。
先客なし、2つに分かれたカウンターの一方の空席に着席。
「店主さんワンオペかぁ」と思った瞬間、カウンターの下から別の店員さんが急に現れて…Σ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
かなりビビりましたが、悟られないようにクールを決め込み食券提出、店員さん2名体制(滝汗)
このまま自分ひとりかなと思ってましたが、この後出るまでに4名ほど来店されました。
お水は券売機横に給水器がありセルフ、オープンして日も浅い店内は綺麗ですね。
テーブル席が2卓ほどのこじんまりした店内、地下なので当然窓は無し。
卓上には昆布酢や胡椒、一味などが置かれています。
暫くして気になっていた一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
少しだけ濁った感じのスープ、鶏とホンビノス貝を使っている様ですが鶏が強めな印象。
一口目は丁度良いと思ったのですが、少し経つと塩気がやや強く感じますね。

麺はストレート系中細麺、茹で加減は丁度良い位。
スープも確り拾ってきますね。

具材はチャーシュー、メンマ、小松菜、味玉、刻み葱。
チャーシューはマズマズの仕上がり、メンマは太めのゴリゴリ食感で存在感あり。
味玉はちょっと塩気が強いですが、中がトロトロで良い感じですね(´∀`)

スルスル啜って完食、ちょっと悩みましたが和え玉(200円)を追加してみる事にしました。
食券を購入するのか尋ねると、現金で構わないとの返事でしたのでその場でお支払いします。
少しして追加の和え玉とご対麺致しました。

こちらも撮影してから頂きます。
具材はメンマと刻み葱、確り混ぜていきます。
麺は汁そばより茹で加減ちょっと固めでパツパツしてます。
こちらも鶏とホンビノスを使った濃厚なタレです。
汁そばのスープに浸けたり、掛けたりしながら食べ進めます。
最後に昆布酢投入、さっぱりしてこれが一番良いですね。

和え玉も完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
全体的に少し塩気が強い印象でした、飲み〆には丁度良い塩加減ですかね。
店内は高級感があり良い雰囲気の中で頂く事が出来ました。
地下という場所柄、目に付きにくいのでそこで苦戦しそうな気もしますね。
接客は丁寧で悪く無いので頑張ってもらいたいなと思います。

今後の動向に期待が高まりますね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「【ハンディクラフトワークス 】熟成ローストビーフ油そば+味玉」@むぎくらべの写真期間限定の為レポ先上げします。
こちらのメニューは終了しております。
予めご了承下さいm(_ _)m

1月25日(金)

間抜けな事に運転免許証を失効(*ノω<*) アチャー
ハガキが来なかったとは言えうっかりしてました。
6ヶ月未満だったので講習だけで済むとの事。
急遽休暇を取得し運転免許センターへ行く事になりました。
講習が終わりなんとか無事免許証ゲット、15時45分頃免許センターを出る事が出来ました。
「おー、間に合うかもしれない!」
他の方々のレビューを見て、行ってみたくて堪らなかったお店。
この日まで「Handicraft Works」さんが出店している「むぎくらべ」さんへ伺ってみる事にしました。
平日は仕事、基本的に赤い日が休日、職場は船橋の倉庫の中。
都心でスーツを着て仕事をしていない自分、これは滅多にないチャンスです!
海浜幕張駅から電車でGO、東京駅でプチ迷子( ;´Д`)
都会はやっぱり苦手ですね、すれ違いが上手くできません(一応東京都出身なんですが…)
17時頃になんとか到着、よく見たら取引先の近所ですね。
今日は休みとは言え会いません様にと、ちょっと緊張(笑)

入店して先ずレジで注文、安心の料金先払いです。
バジル香る鶏そばは売り切れでした。
熟成ローストビーフ油そば(1100円)と味玉(100円)を注文。
カード払いOK、便利です。
お支払いすると呼び出し様のポケベルを渡されます。
奥に進んでカウンター席に着席、さらに奥の方に調理場がありますね。
卓上には一味と胡椒、そして紙コップと麦茶があります。
しかも麦茶は温冷の両方ありました。
麦茶も週替わりみたいですね、麦への拘りを感じます。
しばらくしてベルが鳴り呼び出されました、トレーで受け取り再度着席。

撮影してマゼマゼ、先ずは麺から頂きます。
丸みのある太ストレート麺ですね。
茹で加減少し固めのドンピシャ、風味も豊かです。
モチっとした食感で噛み応えも確り有って美味いですね〜

タレは塩ダレ、ブラックペッパーが効いてい良い刺激です。
牛脂のコクと旨味が良いですね。

具材はローストビーフ、サニーレタス、パプリカ2色、紫玉葱、プチトマト、クレソン、温玉、トッピングの味玉。
ローストビーフが柔らかく筋も無く美味いです、これは流石ですね。
野菜類はサラダを食べている様でヘルシーな感覚、なんかいつもより良い事してるな(´∀`)
味玉は半分に割ってあります、ちょっと固めのゼリー状。
温玉は割るとトロトロの黄身が流れ出ます。

温玉を混ぜて頂きます、円やかになりこれはやっぱり美味しい。
残りを食べ進めあっという間に完食です。
トレーを返却口に持って行きます。
「ご馳走様でした、美味しかったです」と言うと若い男性店員さんがニッコリ。
店主さんを存じ上げないのですが、厨房にいらっしゃったもう1人の方がそうなのでしょうか。
レジの可愛いお姉さんにご馳走様をしてお店を後にしました。

明るい時間の都心で頂くお洒落な一杯。
「似合わねー」と心で思いながらもワクワクしてしまいました(笑)
都心はごく偶にしか来ません、なのでかなり挙動不審(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・)
改めて都心で働く人って凄いなと、全く別の感想も。
慣れないけど都心にはまた来ます、美味しい物が沢山あるので(笑)

八潮にも行かなくちゃ、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定フィルハーモニー】名古屋コーチンの淡麗+鶏チャー+味玉」@零一弐三の写真1月2日(水)

この日も引き続き行われているコラボ企画です。
零一弐三×濃麺海月の第二弾に伺って来ました。
前日の冷やし中華から打って変わってこの日は温かいラーメン。
名古屋コーチンをふんだんに使った淡麗清湯と濃厚白湯の2種類です。

風邪を拗らせる訳にもいかないので、暖かくなるのを待って少し遅めに出発。
11時の開店に間に合う位に出たつもりでしたが、渋滞にはまり11時10分に到着。
しかし周辺コイパに空きがありません‼︎
電車で来るべきでした、大失敗( ;∀;)
ちょっと離れた所になんとか空きを見つけ急いで店舗へ。
11時20分に到着すると外並びなんと40人オーバー∑(゚Д゚)
完全に出遅れました、ここまで並ぶとは…甘かったです。
それから並ぶ事約1時間半、入店して券売機でプラチケ購入が12時55分です。
並びの途中で店内連食終了のアナウンス、おまけにご飯物も終了。
ただトッピングがまだ残ってました、淡麗清湯とチャーシューと味玉をポチっと。
限定ラーメン1000円、チャーシュー増し200円、味玉100円の計1300円也。
少し店内で待機してカウンターへ案内されました。

この日は零一弍三の将さんと濃麺海月の北村さんのツーオペ。
今日居ない所を見ると昨日の店員さんはバイト君の様ですね。
流石に店主さん2名だと作業はスムーズ、流れる様に一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
あっさり貝の塩ダレに、鶏の旨味がギュッと詰まった清湯スープ。
塩分濃度ジャスト、こいつは美味い!
これレギュラーで出しません?
この清湯は良いです、この辺じゃ中々無い感じなので是非レギュラーで出して欲しいです。

麺はもっちっとパツパツの中細平打ち麺、スープに良く合っています。
この感じ、何処かで似た感じの麺を頂いた記憶があるのですが思い出せません。
印象に残ってるので美味しい麺だったのでしょう、それに似た感じ。
少し芯が残る位の茹で加減で美味しいです。

具材は鶏ハムチャーシュー、刻み葱、穂先メンマ、トッピングの味玉と炙りの入った鶏チャーシュー。
ハムチャーシューは厚みがあり嬉しいですね。
穂先メンマもしゃっきりで美味い。
味玉もトロ〜リで絶妙。
そして炙りが入った鶏チャーシュー、少しレアな仕上がり。
これが絶品、香ばしくて超美味い(๑´ڡ`๑)

速攻で完食完飲、連食禁止で残念ですがこれは仕方ないですね。
隣の方の濃厚も美味しそうでしたが、ここは淡麗で正解だと思う一杯でした。
ご馳走様をしてお店を後にします。
駐車料金700円( ̄▽ ̄;)!!ガーン
明日は海月さんで零一弍三さんとの最終コラボ、メニューは超海老との事。

早めに行かないとなぁ、寒いけど頑張ります、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 4件
82

「蛤塩」@麺屋壱心の写真12月2日(日)

東我孫子の「麺倶楽部」さんで、「塩らーめん」と和え玉の「光麺」を美味しく頂いた後の連食です。
「麺倶楽部」さんから車で30分程走り、茨城で気になっていた「麺屋壱心」さんへ伺ってみました。
18時半頃到着、店舗前面の駐車場へ車を止めお店の中へ。
先客は2名、左側の券売機で食券購入します。
お目当ての蛤塩(850円)をポチっとしてカウンター席へ、食券を提示します。

厨房は2名体制、お1人は店主様でしょうか。
綺麗な店内はカウンター席のみで、お水は卓上に置いてありセルフになります。
一列に真っ直ぐなカウンターは鮨店の様な雰囲気にも感じます。
暫くしてご対麺となりました。

撮影してスープから頂きます。
さらっとした清湯スープで優しい味わい、蛤がじんわりと押し寄せてきてきます。
鶏などがやや強めに感じるも、円やかで磯の風味も良く美味しいですね。
塩加減が絶妙でぐびぐび行けちゃいますね、ヤバイです。
連食なんで少し我慢しなくちゃ、血圧上がっちゃいますε-(´∀`; )

麺は中細ストレート麺、茹で加減丁度良い感じ。
噛み応えも残しつつ、ややモッチっとした食感もあり美味しいです。
麺桶から菅野製麺所製かと思われます。

具材はレアチャーシュー、穂先メンマ、刻み葱、貝割れ、蛤、柚子。
チャーシューはレアの仕上がりであっさりな味付け、噛む度に肉の旨味がジワーっと出てきて秀逸(๑´ڡ`๑)
穂先メンマはしなやかな物でこちらもあっさりシナショリ。
蛤は小振りながらも、ジューシーな物が2個は貝好きには堪らないですね。
貝割れと麺を一緒に頂くと良い感じになりますね、これが思いの外美味しく感じられました。
終盤に柚子を口に含むと、清涼感でより一層さっぱりしました。

あっという間に完食です。
ご馳走様をしてお店を後に、入れ替わりで後客5名が来店しました。
やはり人気があるんですね、車を出す際にも入れ違いで車が数台入り、ほぼ満車状態になりました。

全体的にあっさりした一杯でしたが、出汁の旨味を存分に味わえて美味しかったです。
接客も物静かですが丁寧で好印象でした。
家の近所にもこうしたお店が出来ると嬉しいな、そんな風に思った店舗さんでした。

蛤の余韻を楽しみながら次のお目当てに向かいます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん+光麺」@ラーメン寺子屋 麺倶楽部の写真12月2日(日)

この日は昼過ぎから用事があり16時前に漸く外出する事が出来ました。
茨城方面を目指して出発しましたが、朝からカップ麺しか食べておらず小腹を満たす為にRDBを検索。
17時から夜営業開始のこちらへ伺ってみました。
オンボロ車を走らせて17時10分に到着、店舗横の駐車場にピットイン。
入店すると先客は3名、後会計なのでカウンター席へ着席します。
小腹を満たす為なので軽めにと塩らーめんを口頭注文しました。

厨房は店主ご夫妻でしょうか、年配のお二人で切り盛りされていました。
油っぽさが無く清潔な店内は、ちょっとした洋食屋さんの雰囲気ですね。
先ほど注文した塩らーめんは450円、この値段でどんな物がと期待が高まります。
すぐさまご対麺、提供まであっという間の速さでした。

撮影してスープから頂きます。
一口飲んでちょっとびっくりしました、思いの外美味しくて。
柔らかい感じの中に確りと旨みとコクを感じますね。
鶏の旨みをじわーっと感じ、塩分濃度も丁度良くレンゲが止まらなくなります。

麺は細ストレート麺、湯で加減はドンピシャな感じです。
この麺が美味い、スープがスープなだけに麺の風味が確り伝わってきます。
歯の入る感じが堪らないですね、スープとの一体感も良いです。

具材は刻み葱と胡麻だけです。
寂しくもありますが、麺とスープを邪魔しない最低限のトッピングですね。
小腹満たしには丁度良く、450円という価格も魅力です。
これで小腹が満たされて目的達成なんですが、メニューの中の光麺がとても気になります。
光麺300円、2杯合わせても750円…食べちゃえ!
って事で光麺を注文、予定外の2杯目(๑´ڡ`๑)

こちらも時間掛からず直ぐにご対麺、撮影してから頂きます。
こちらは所謂和え玉、油そばになります。
麺は塩らーめんと同じ物の様ですね、こちらもシンプルに刻み葱と胡麻少々。
麺の頂点にちょこんと乗ったペースト状の味噌を確りと混ぜ合わせていきます。
一口食べるとまた一瞬驚きました、これは初めてな感じですね。
中華系香辛料の香りが良く塩分もちょい高めに感じます。
ニンニクなども入っているのでしょうか、これは美味しいですね。
汁が無いので麺の食感は塩らーめんより確り感じます。
この麺を先ほどの塩らーめんのスープにつけて、つけ麺風にして頂いてみます。
これ美味いですね、塩らーめんの優しさにパンチが加わります。
店主さんのオススメは麺とスープを交互にとの事、確かに良く合いますね。
交互に優しさとパンチが口の中を巡ります、飴と鞭(笑)
こちらもあっという間の完食、残っていた塩らーめんのスープも完飲。

ご馳走様をしてお会計の為レジへ。
伝票無しですが食い逃げしません、もう大丈夫です(´− ` )
お母さんの優しい対応が嬉しいですね、接客もすごく丁寧で好印象。

段差のある駐車場からゆっくり車を出して次に向かいます、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗鶏そば(塩)+半熟味玉」@松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY店の写真10月31日(水)
翌日に人間ドックを控えている為この日は21時以降絶食、そう思うとお腹いっぱいに食べておかなくては…
そう思い20時頃伺いました。
同施設内青葉さんからの連食になります。
外に待ちはなく即入店、券売機にて少し悩みましたが連食ですので味も量も軽めにと思い淡麗系の鶏そば(塩)の食券購入。
…だけのつもりが我慢出来ずに半熟味玉もポチッとな(* ̄∀ ̄)ゞエヘヘ
先客後客多数の店内はほぼ満席状態で相変わらず繁盛しています、富田のネームバリューに1Fの立地も大きく影響しているのでしょうね。
カウンター席に通されて配膳を待ちます。
こちらではレアチャーシューが平気かどうか聞いてくれます。
店員さんの滑舌が悪いのか自分の耳が悪いのか、2度程聞き直してOKしました(笑)
厨房とホール合わせて5名程の店員さんが休む事なく動いています。
余談ですが、以前伺った時変なおっさんだったかあんちゃんだったかが入ってきて、いきなり券売機の下に手やら棒やらを突っ込んでガサガサしているのを店員のお兄さんと一緒に呆然と見ていた事を思い出しました。
暫くしてブツブツ言いながら出て行きましたが、皆さんはそんな大人になりません様に(^^;)
そんな事を回想しているとお盆に載ってご対麺、撮影してスープをレンゲで頂きます。
スッキリ淡麗シャバスープですが鶏油でコクはしっかりと感じます。
塩加減もキツ過ぎずバランス良く出汁の感じが伝わってきます。
ほんのり柚子も香りこれもまた良い感じです。
続いて麺を頂きます。
細ストレート麺で四角く、キメ細かでツルっとスルッと入っていく感じがします。
プツプツっと歯切れも良く風味もあり良いですね、さすが心の味と言った所でしょうか。
具材は別皿にて提供、ラーメンには刻み葱のみトッピングされています。
別皿には豚のレアチャーシュー2枚と鶏胸チャーシュー1枚、極太メンマ2本と追加した半熟味玉です。
チャーシューはどちらもほんのりと塩味がするあっさりしたもので、ラーメンにトッピングして温めても美味しいですが、そのまま食べても肉本来の旨味がグッとくる仕上がりで堪りません。
味玉も半熟で白身の部分が固まり切らない絶妙な火加減、その名の通り半熟でした。
そして富田さんお決まりとも言える極太メンマは、コリっとしていて安定の美味しさですね。
パパッと完食、混んでいるのでご馳走様してすぐさま退店しました。
ショッピングモールでとみ田の味が頂けるありがたい店舗さんです。
さすがは日本一の富田さんですね、ショッピングモールの支店でも手抜き無しな感じでとても美味しかったです。
お腹も膨れたので満足して帰りました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜たっぷりタンメン+餃子セット」@日高屋 船橋本町4丁目店の写真10月23日火曜日、この日は取引先の方に誘われて仕事帰りにに1杯やる事に。
船橋で2件ほどはしごした後某店で〆ラーして帰ろうと思うも、「もう1軒だけ」と半ば強制的にこちらへ。
クライアント様には逆らえませぬ、悲しきサラリーマンの性(T ^ T)
とは言っても「ラーメン食えるしなぁ」と気を取り直して23時10分頃到着。
クライアント様の意向で表記の物とハイボールを人数分オーダー致しました。
タンメン好きだしいいやと思って隣を見ると、ちょっとしょぼくれ顔の上司(笑)
先に届いたハイボールを飲んでいると、餃子と共にやってきました。
酔っていても取引先が居ても、撮影会だけは怠らずにパシャッとしてスープから頂きます。
酔っているのでいつも以上に細かいことがわかりませんが、化調チックのスープにラー油が少々。
麺は少し平たい感じの中細麺、加水高めのモチモチした食感ですが茹で加減がちょっと柔めだったかと。
具材は豚肉、もやし、キャベツ、にんじん、ニラ、だったと思います。
タマネギはいたかなぁ?
野菜はそこそこボリュームありますね。
餃子は熱々で結構ニラとニンニクが効いていたと思います、うろ覚えでごめんなさい(>人<;)
飲みながら食べながらお喋りしながら、ちょっと麺が野比のび太になりましたがワイワイしながら美味しく頂きました。
タンメン餃子セットとハイボールで1000円ちょい、チェーン店はコスパが良いですね。
最後割り勘だったのでズッコケましたが(笑)
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「あっさり鶏塩+特製壱」@麺匠 風流の写真10月21日、日曜日の昼食はご近所さんのこちらへ伺いました。
こちらは開店当時家のポストにチラシが入っていて気になっていた店舗さんなんですが、昼営業のみで日曜祝日お休みだった為行けずじまいでした。
10月から日曜祝日の営業を開始したとの事で、やっとこさ伺う事が出来ました。
13時25分頃到着、駐車場へピットイン。
こちらの駐車場、店舗向かって右隣に一軒建物がありまして、その隣の駐車場はそちらのものと思われます。さらに右隣がこちら風流さんの駐車場になります。
さらに縁石の所に段差スロープが設置されていますが少々入れ難いので注意が必要です。
店舗へ向かいます、正直言ってこちらの店舗外観はお世辞にも立派とは言えません。
小さな小屋に手作りの看板、ここで美味しいラーメンが食べられるのか?
そう疑ってしまう外観。
公式サイトで情報確認すると、主婦店主さんが夢を叶える為に家族一丸で作られたみたいです。
戸を開けて入店すると先客6名、入り口左手の券売機前で少し悩みます。
さっぱり、あっさり、こっさり、こってり。トッピング壱、弐、参。
悩んだ末にレポが無かったあっさりとトッピング壱にしました。
ちなみに壱は鶏チャーシュー、弐が豚チャーシュー、参が両方で他に味玉とメンマ、葱と海苔が付きます。
トッピングを付けなければ素ラーメンでワンコイン程で頂けるみたいでした。
カウンター席に着席、奥には小上がりがあります。
狭いキッチンに主婦店主さんと妹さんかな?
奥の方でお父様と思しき男性の計3人でのオペレーションでした。
暫く待ってご対麺、撮影会を終え蓮華でスープから(写真、蓮華が邪魔でしたm(_ _)m)
その名の通りあっさりした鶏塩です、優しい清湯スープがすーっと胃袋に沁みていきます。
麺は中細微ウェーブ麺、喉越し良くスープに合いますね。
具材は先に書きましたが鶏チャーシュー、味玉、メンマ、葱、海苔。
鶏チャーシュー小ぶりですが外側に鶏皮の脂身があり美味しいです。
味玉はゼリー状の良い出来具合で美味しい、メンマはややシナの食感。
海苔で麺を巻いて海苔巻きで頂きます。
スルスルっと啜ってあっという間に完食です。
主婦店主さんがほぼ独学で作られているとは驚きの一杯でした。
店主さんの元気なご挨拶に嬉しさを感じながら退店、気持ちの良い接客です。
後客も数名いらして地元で浸透してきている様子です。
ご近所さんという事と、主婦店主さんの頑張りに美味しさが後押しされました。
今後の伸び代はかなりありそうです、また濃厚系は評価高げなので試してみたい所です。
ご近所贔屓かもですがとても応援したくなる、そんな店主さんがいらっしゃる店舗さんでした。
ご馳走様でした、次回はこってり系を頂きたいと思います。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ゲリラ限定冷やし塩ラーメン」@とものもとの写真10月7日(日)
10月なのにとても暑い1日、気温は30度越え。
お昼頃に予期せぬツイート、「暑いし暇なので限定10食で冷やしやりますbyとものもと」
なにー、10食限定!
夕方頃つくばラーメンフェスタにでも行こうとノソノソ支度していたのですが一気にスピードアップ、ボロ車で京葉道路かっ飛ばしてとものもとへ💨
14時10分頃到着、暇と仰っていたわりに外待ち4名程、悪い予感しかない(;´д`)
待つ事15分程で店内へ、「冷やしまだありますか?」の問いに「ありますよー」の店主様の声。
間に合ったー、いやもう店主様ならぬ天使様にしか見えませぬ(笑)
14時40分頃にご対麺、ガラス製の器に綺麗に盛られた一杯を写真に収めていざ実食。
蓮華ですくいスープを一口、脂をまとったスープが口内に流れ込みます。
冷やしなので鼻腔に突き抜ける感じではなく貝出汁がほんのり優しく香ります。
脂がスーッと抜けて後味はさっぱりなスープ、麺は素麺とも思える極細微ウェーブ麺。
茹でられた後しっかり締められてい歯ざわり抜群、サクッともスルっとも言えない食感。
具材は小松菜、豚と鶏の二種類のチャーシュー、半分の味玉、海苔1枚とネギ。
本来の冷やしは穂先メンマが入るみたいですが、この日はゲリラ限定ですので穂先メンマは無しです。
元々美味しいのは間違いないのですが、この季節外れに頂けた事でより満足感が高いです。
冷たいのでいつも以上にあっという間の完食、スープもほぼ飲んでしまいました。
そして相変わらずご夫婦の丁寧な接客、いつ来ても気持ち良いです。
10月に冷やしが頂けるとは思いませんでした、改めて店主様に感謝です。
ご馳走様でした、また来ます。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 7件