なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.256点
最終レビュー日 2019年2月19日
180 141 6 1,310
レビュー 店舗 スキ いいね

「本日晴天ラーメン 玉子入り(野菜中盛りニンニク少し)」@麺屋 本日も晴天ですの写真1月30日(水)

この日は以前から気になっていた「麺屋 本日も晴天です」さんへ行ってみる事にしました。
前は何度か通っています、二郎系好きなのでもちろん意識していました。
星が見えない曇り空でしたが突撃しちゃいます。
19時50分到着、コイパはお店向かってちょっと左の所に20分100円が有ります。
車を止め店舗到着、並びは無く即入店しました。

入り口入って右の券売機で食券購入、本日晴天ラーメン 玉子入り(800円)をポチっと。
空いているカウンター席に着席、席はカウンターのみになりますね。
店内に大きなテーブルが置いてあり、荷物置きのスペースになっています。
コップとお水は卓上にありセルフ、一味や胡椒なども置いてあります。
店主さんのワンオペです、食券を高台に提出します。
「野菜の大盛無料ですがどうしますか?」と先にコールタイム。
どれ位盛られるのか聞いてみると、表に出しているやつ位ですとの事。

参照[https://supleks.jp/img/stored/kods1u5z1LlnyKcPmX380RFNg9vp7yOM]拝借還暦二郎氏m(_ _)m

結構あるなとちょっとビビッて中盛り位でお願い、ニンニクも少しにしました。
出来上がりの際「これ位で良いですか?」と確認してくれました、とても気持ちの良い接客です。
お手数掛けたくないのでそのままご対麺させて頂きました。

撮影してスープから頂きます。
非乳化ですがシャープと言うほどカエシがガツンとは来ません。
少し甘みのある、二郎系にしては優しい部類に入るかと思います。
二郎系と言うよりは二郎風と言った所です、豚感はそこそこで中々美味いです。

麺はツルツルした麺肌の平打ちストレートの太麺。
お箸にも滑り止めが無いので滑りまくりです(笑)
モチッとした食感でこの系統にはちょっと珍しいタイプですね。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、チャーシュー、味玉。
チャーシューも味玉も野菜の下に隠れています。
野菜はキャベツ率ちょっと低め、シャキクタっと適度に歯応えがある茹で加減。
チャーシューは少し小振りですが、適度に噛み応えがあり味付は良い感じです。
味玉は黄身がトロ~っと流れ出る位の丁度良い仕上がりで美味い。

ニンニクを混ぜて頂きます、やはりニンニクでパンチが出ると良いですね。
どんぶりがやや小さめなので、それ程苦は無くスルスルっと完食です(๑´ڡ`๑)
これなら大盛野菜大盛でも全然いけますね。
かなりライトな仕様で食べ手を選ばないタイプでしょうね。
こんな感じのインスパも偶には良いですね、安心できます。
店主さんの接客は気持ち良く、また顔を出したいなと思わせてくれましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

今度こそ晴天の日に伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん豚一切れ(ニンニク少しアブラネギラー油)+豚券」@ちばからの写真1月27日(日)

濃麺 海月」さんで初デフォを頂いた後になります。
麺友さん達と「ちばから」さんの夜の部へ行こうという話になり一旦解散。
現地集合の為近くまで行き暫く時間潰しをします。
17時頃に到着、店舗裏の駐車場(赤い三角コーンの所のみ)へピットイン。
1名合流、PPゲット成らずとも、ファーストロットで頂けるだろうと2人で表に回ります。
しかし先に来ている筈の麺友さんが1人いません(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ
連絡してみると、向かいの美容室で髪を切っている最中と...
嘘でしょ〜( ̄▽ ̄;)
代表待ちする訳にはいかないので、列から外れて待機。
1人、また1人と列は増えていきます。

途中列の先頭近くに居た人と後続者が合流、代表待ちですね。
すかさず正義感溢れる麺友さんが注意、頼もしいꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
こっちも外れて待ってますからねぇ、許す訳にもいきません。
漸くして散髪終了、すっきりした麺友さんが爽やかに合流(笑)
完全にセカンドロット確定で列にドッキングです。
後続がどんどん増えていきます、あっという間に20人は越えたでしょうか。

やや開店時間を過ぎオープン、一斉に券売機目掛けて人が流れ込んで行きます。
少しして順番が来ました、入り口正面奥の券売機でプラチケ購入。
らーめん 豚一切れ 900円と豚券 豚1枚 200円をポチポチっとな。
何度も来ていますが、いつも遅めの時間でしか来た事が無く初の豚券ゲットです(^~^♪
セカンドロット先頭なので店内でそのまま待機、少しして一番奥の席が空き着席します。
先のお好みは特になしなのでそのままプラチケ提出します。
(こちらでは麺少なめ、麺硬め軟め、味薄め、有料のトッピングは先にコール)
大将、奥様、助手さん2名の4名体制、お水は入り口の所に給水器がありセルフ。
暫く大将交えて談笑、麺上げ作業を好位置で眺めているとお腹が空いてきます。
順番にコールタイム(後のお好み)へ突入。
豚券があるので控えめに「ニンニク少しアブラネギラー油」でお願いします。
助手の拓也君から素敵な一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
もう言わずと知れたド乳化スープ、この日もトロッと粘度があり抜群の出来です。
いつもより少し軽めに感じるのは来店時間のせいでしょうか、単純なので思い込みかもしれません。

麺は平打ちの太麺、少しうねりがあるもの。
デロまで行かない茹で加減ですね、ピロっとしていて何度食べても美味しい麺です。
その麺がド乳化ヘビー級のパンチあるスープと一緒に口内にやってくるんですから幸せしかありません。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、豚、ネギ、ニンニク。
豚ちゃんを見て下さい、この圧倒的なビジュアル( ̄¬ ̄)
らーめんも豚券も値上がりしましたが、これなら文句無いですよね。
柔らかな部分と確り噛み応えのある部分とがあり堪らないです、まさに神豚!
お気遣いの端豚も乗っていてもう言う事などありません、美味い美味いの連発です。
ヤサイはノーコールなので安心の盛り、ネギと今回初めてコールしたラー油が相性抜群に良いですね。

ニンニクを混ぜて無我夢中で啜ります、豚ちゃんも噛み締め胃袋へ(๑´ڡ`๑)
最後は禁断の汁完飲、ぷはーっと声が漏れちゃいます(笑)
ご馳走様をしてお店を後にします、「美味しかったね」で皆解散。
家に戻ると愛犬が自分の膝から離れません。
「かわいい奴だなぁ」と目を細めていると、なんとセーターにちばから汁のシミがΣ( ̄ロ ̄lll)
そいつを美味そうにぺろぺろしてました。
いや、まぁね、気持ちは痛い程わかる(笑)
こうして書いていてまた食べたくなりました、やっぱり間違いなく最強のド乳化インスパですね。

また伺います、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン(麺固め)+半ライス」@家系ラーメン とらきち家の写真1月26日(土)

家系ラーメン直系の「末廣家」さんで美味しいラーメンを頂いた後になります。
今度は元直系「家系ラーメン 王道家」さん公認の「家系ラーメン とらきち家」さんへ伺いました。
お互い家系ラーメンではトップクラスの人気ですよね。
この2店がこの距離で対峙しているっていうのが凄いですね。
しかもそれ以前は「六角家 六角橋本店」さんまで有ったんですよね、正直驚きです(*_*)
車でちょっと、あっという間に到着です。

コイパは店舗裏の道に数箇所発見、20分100円へ車を止め店舗に向かいます。
21時45分到着、閉店間際に滑り込みセーフです。
入店して入り口左にある券売機でプラチケ購入、ラーメン(670円)と半ライス(80円)をポチポチします。
カウンター席に着席し食券提出、麺固めでお願いしました。
店員さんは3名体制で先客は6名ほど、自分の後にも4名ほどがギリギリで来店。
卓上にはライス用にんにく、無臭にんにく、刻み生姜、ラーメン酢、胡麻、一味、トウガラシ、胡椒etc...
この卓上アイテムの豊富さは王道家系ならではですね。
麺桶にはもちろん王道家の文字。
少ししてライスが届き、続いて王道家系列らしいビジュアルの一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
キレッキレのカエシにガツンと豚感満載、王道家を彷彿とさせるシャープなスープですね。
思わず「これこれこれ」とニンマリしてしまいます( ̄ー ̄)ニヤ...
ショッパ旨の極み、前店と比べるとかなり攻撃的なスープですね。

麺はこちらも短めの中太平打ちストレート、ややウェーブが入った王道家系で使われている物ですね。
食感は前店よりこちらの方が少し固めな印象。
カエシを吸って少し色が着いています、これも美味しい麺ですね。

具材はチャーシュー、海苔、ほうれん草、刻み葱。
トッピングはしなかったのでややビジュアルは寂しいですが、これくらいが普通でしょうね。
チャーシューはスモークされた物で、前店ほど大きさは無いですがスモーク感が強く美味いです。
海苔は3枚これは一緒、ほうれん草は前店より少なめですがこれも美味しい物。

ライスにライス用にんにくを乗せ頂きます。
それを海苔で巻いて頂いていきます。
ラーメンにも緑のにんにくをドボン、ライスはドボンせずスープをかけて頂きました。
スープを半分残してフィニッシュです。

帰り際にトイレを拝借、洗面台が寸胴になっていてかわいいですね(笑)
ご馳走様をしてお店を後に、元気にお見送りしてくれました。
こちらは王道家系らしい、ガツンとキレッキレの味わいでした。
この感じは大好きですね、ショッパ旨で堪りません。
トッピングやコスパでは前店に軍配が上がりそうですが、個人的な好みではこちらがやや優勢かな。
もう少し早く来られたら「くり山」さんにも伺いたかったのですが時間的に無理でした。
良く考えたら白楽エリア恐るべしですね、半端じゃないですε-(´∀`; )

ここもまた来ちゃうと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺固め)+味玉+耳入りきくらげ」@末廣家の写真1月26日(日)

この日は仕事がいつもより早く終わり、少し遠出が出来そうでした。
それならばと、家系ラーメンを頂きに神奈川遠征してみました。
目指すは「家系総本山 吉村家」さんの直系「末廣家」さん。
途中、どうやら道を一本間違えたらしく中々辿り着かず。
結構迷って20時30分頃やっと到着、裏のコイパ(30分200円)にピットイン。

お店に向かうと外に5人ほどの並びがありドッキング。
少しして店員さんから先に食券を買う様促され入店、入って右奥の券売機前へ。
ラーメン(680円)と味付玉子(100円)をポチポチして一旦外へ出ます。

列が進み再度入店、お水が券売機向かいにあるので汲んでからカウンター席に着席します。
プラチケ提出し麺固めでお願い、それと現金トッピングの耳入りきくらげ(100円)をお願いしました。
店内は中央に厨房があり、回りをぐるっとカウンター席が囲むような仕様。
店員さんは男性4名女性2名の計6名体制、家系らしく威勢の良い感じです。
途中お子さんへトッピングのサービスをしてあげていました、思ったよりアットホームで好印象(´∀`)
麺桶には酒井製麺の文字、卓上には刻み生姜、豆板醤、無臭ニンニク、ニンニクなど。
目の前ではガンガンに炊かれた豚骨ガラを、出しては掻き混ぜ出しては掻き混ぜ。
堪らないですね、見ているだけで幸せですが、食べてもっと幸せになりたい( ´Д` )
このままダイブしたいな~と眺めていると、モリモリ山盛りてんこ盛りの一杯とご対麺になりました。

撮影してスープから頂きます...なんですが、先ずこのビジュアルに圧倒されます。
玉子ときくらげだけしかトッピングしてないんだけどなぁ...
スープから頂きます。
閉店間際なのでズシっとくる豚骨感、鶏油はややおとなしく感じます。
濃厚な油はなんでしょう、ラードかな?
直系ならカエシのキレキレ感が凄いのだろうと想像していましたが、キレより円やかさが中心。
キレた醤油感たっぷりが好きですが、これはこれで悪くなく纏まっています。

麺は短めの平打ち中太麺、うねりがありスープを拾います。
指定どおり固めで良いですね、やっぱり直系家系の麺は美味しい。
お箸に滑り止めが無いので、麺がつるつる逃げていきます(笑)

具材はチャーシュー、海苔、ほうれん草、きくらげ、トッピングの耳入りきくらげ、味付玉子。
チャーシューはもものタイプ、どんぶりからはみ出す位大判な物。
スモーキーで確りと噛み締めると肉の旨味がじわーっと口の中に広がり美味い。
海苔は上質で3枚も、ほうれん草も美味しい物が山のように入っています。
きくらげは細切りの物とそのままの形の物がこれでもかのてんこ盛り。
もはやカオスでどれが耳入りなのかわかりませんけど、キノコ星人には嬉しい限りꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
耳入りって何の事ですかね、誰か教えて下さい(笑)
味付玉子は固茹でタイプ、券売機にも書いてありましたが超特大の3Lサイズ、圧巻の大きさ!
閉店間際のサービスかなんかでしょうか、想像以上のボリューム感でビックリです(@_@)

緑のニンニクと刻み生姜でカスタマイズして完食〜
スープも飲みやすいのでどんぶり持ち上げ完飲です(๑´ڡ`๑)
ご馳走様をしてお店を出ます、駐車料金400円也。

想像していた感じとはちょっと違い、最初は少し戸惑いました。
ですが上手く纏まった一杯で流石は直系だなと感じました。
自分の様な馬鹿舌は、しょっぱい物食べると殆ど美味い美味いなんですけどね(笑)
こちらの一杯はそれ程しょっぱく無いのに美味い美味いでした。
そしてボリュームにもビックリ、これで880円とは凄いです。
接客では特にお子さんへの気配りなんかが好印象でした。

家系って奥が深いですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン豚入り(豚4枚)ニンニク少しアブラ+ウーロン茶」@ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店の写真1月25日(金)

むぎくらべ」さんで美味しい油そばを頂いた後になります。
折角の平日休暇、それなら普段中々行かれない二郎に行きたい。
近くの「ラーメン二郎 神田神保町店」さんは時間的に間に合わず。
ならばと「ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店」さんへ伺うことにしました。
現時点のRDBで全二郎のトップですね。
(二郎で検索すると「ちばから」さんがトップなのですが…)
ヒバジさんもずっと狙っていました、やっとチャンスが到来です。
少し腹を空かせようと秋葉原まで歩き、途中少し休憩を挟んで電車でGO!

19時45分到着、並びが2、4、6、8……………………30位ありますね( ̄▽ ̄;)
平日の夜なのにこんなに並ぶのか………
そうか金曜日だったな今日は………
ここまで来たからには心なんて折れてる場合じゃない、と言うかもう折れる事すら出来ません。
意を決してドッキング、その後も後ろにドンドン繋がっていきますΣ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
これは何時間掛かるんだろうと思っていましたが、思ったより回転は早く1時間程で入店出来ました。

入店して左の券売機で小ラーメン豚入り(豚4枚)850円をポチッと。
こちらは表に自販機は無く、ウーロン茶(黒ではありません)100円が券売機にあるのでこれもポチッと。
カウンター席に着席してプラチケを提出します。
お水は券売機横に給水器がありセルフ、レンゲは無いようですね。
店主さんと助手さんの2名体制、店主さん某歌舞伎役者さん似のイケメンさんです。
店主さんの接客は丁寧、それでいて人柄溢れる接し方ですね、好印象です(´∀`)
暫くしてコールタイム、隣の方のヤサイの盛りを見てかなりビビりました。
予定変更「ニンニク少しアブラ」でお願いします。
素晴らしい盛りの一杯が届き、ペットボトルのウーロン茶も受け取りました。

撮影してスープから、レンゲが無いのでドンブリ持ち上げ頂きます。
乳化が進んでますね、豚感確りでメチャ美味い!
カエシの感じも丁度良い加減、レンゲが欲しいです。

麺は平打ちの中太ストレート、ややうねりがある物。
思ったより柔らかめで食べ易い麺ですね。
底から引き上げると茶色く色付いていて、それがまた堪りません。

具材はもやし、キャベツ、豚、ニンニク。
ヤサイはクタ気味でキャベツ率はそこそこ。
これ位クタならヤサイマシしておけば良かったですね、全然楽にイケそう。
豚はヤサイの下からホロホロした物が出てきます。
少し大きめで形のあるものから、コンビーフの様に崩れた物まで様々顔を出してくれましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
味わい良くホロホロで神豚、隠れて写ってないのが残念。

ニンニクを混ぜていき食べ進めます。
ふぁー、堪んないですねニンニク入ると♪
美味いスープにニンニクはちょっと反則ですよね(๑´ڡ`๑)
固形物完食、レンゲが無いので途中で止まりましたが有ったらヤバかったですねきっと(笑)

ご馳走様をしてお店を後にします。
外にはまだまだ長い列、凄い人気ですね。
電車に乗るのでブレスケアを気持ち多めにゴックン。
噛むタイプのやつもモゴモゴしながら駅に向かいます。
帰りに池袋で安定のプチ迷子、駅が大き過ぎます( ;´Д`)
慣れない平日電車での麺活でしたが、いつも行かれない場所に行けたので大満足でした。
電車だとカロリー消費するので良いですね、二郎も相殺されてカロリー0です(笑)

店主さんの神対応で気持ち良く美味しく頂けました、また行きたい、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
82

「濃厚豚SOBA」@ド豚骨 貫の写真新店につき先にレポ上げます。

2月2日(土)

仕事帰りに横を通りふと見ると赤い看板に灯りが灯っていました。
職場に近く、出勤時に前を通るので気にはなっていました。
登録方法を知らないので暫く放置。
しかしこの日は灯りが灯っているので覗いてみました。
花が飾ってあり間違いなくオープンしている様子。
他へ行く予定を急遽変更して伺ってみる事にしました。
コイパもありますが、近くの施設が2時間無料なのでそちらにピットイン。
少し歩いて19時頃到着しました。

入店すると左側に券売機があります、ですがこの日は全て✖️が。
すると店員さんが直ぐに説明してくれました。
どうやらこの日がオープン初日で、2月2日と3日は記念価格で3種類のみの営業との事です。
「ド豚骨」「濃厚豚SOBA 」「濃厚鶏SOBA」の3種類ですが生憎「ド豚骨」は売り切れとの事。
「濃厚豚SOBA」(オープン記念価格500円)をお願いしてこの日は現金で先払いしました。
カウンター席に座って店内観察、流石にピカピカですね。
小さなテーブル席3卓とカウンター席が8席位のそれほど広くない店舗です。
店員さんは2名体制、コップが卓上にあり、カウンター席一番奥に小さな給水器が置いてありセルフ。
厨房には大きな寸胴があり、確り豚骨を炊いている様でした。
暫く観察していると、少し小さめな器の一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
かなり粘度の高いスープですね、トロトロです。
ガツンと感じる豚の後に、少し魚介を感じました。
少し節の様な物も入っていますね。
こんな感じのどこかで食べた様な、思い出せない(ーー;)

麺は中太微ウェーブの平打ち麺、茹で加減は丁度良い位。
スープの粘度がかなり高いので拾いは凄いですね。
モチっとした食感、外に置かれていた麺桶から三河屋製麺の物と思われます。

具材はチャーシュー、穂先メンマ、岩のり、刻み葱。
チャーシューはそこそこの大きさ、柔らかく味付けも悪くないですね。
穂先メンマはシャキシャキとしていて美味しいです。
岩のりも面白く、葱も清涼感があり良い感じ。

あっという間に完食、スープも少ししか残って無いので勢いで完飲(๑´ڡ`๑)
量的にはやや物足りないですが、この日はオープン記念価格なので大満足。
少しお話しを聞いたら煮干しを少し使っているとの事でした。
今月は無休の予定で、営業時間は11時から22時を予定していますがハッキリはしていない様でした。
色々聞いてみたかったのですが、初日で後客さんもいらしたのでお邪魔しない様にこの辺で撤収。
ご馳走様をしてお店を後にします。

ググってみてもやっぱりヒットせず、今の所どこも未登録なんですね。
ここでの登録方法も良くわからないので、運営にメールみたいなのを送ったらなんとか登録出来ましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
取り敢えずレポ上げておきます、少ししたら様子見に行くかも(笑)

目立たない場所ですが頑張って欲しいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン汁なし(ニンニク少なめヤサイアブラ)」@ラーメンBoo Boo太郎。の写真1月17日(木)

濃麺 海月」さんの特別夜営業に振られた夜。
鶏そば 七星」さんで美味しい鶏白湯を頂きリカバリー。
ですが振られて気持ちが沈んだまま、アイツの事なんて忘れなきゃ(T ^ T)
と言う事で、失恋の痛手はやけ食いで忘れる事に。
お近くの「ラーメンBoo Boo太郎。」さんへ伺いました。
先ずコイパ、周辺に多数有ります。
その中で、お店の前を通り過ぎ「県庁前駅」方向へ少し行った所のコイパ。
こちらが20時以降60分100円ですね(20時前は30分200円)
既に20時を回っていたのでこちらに車を止めお店に向かいます。
因みに20時前なら店舗手前の一方通行を入った所が40分200円です。

21時ちょい過ぎに到着、外並び無しなので店内へ。
中待ちは9名で満員、ひとまず入り口左の券売機でプラチケ購入します。
連食なので気持ち軽めに小ラーメン(740円)と汁なし(100円)をポチっと。
一旦表に出て待機、黒烏龍茶購入。
少しして入店、25分程でカウンター席に昇格です。
プラチケ提出、汁なしは自分一人だけの様ですね。
店主さんと奥さんでしょうか、あと助手さん1名の3名体制。
寡黙ですが、キチンとした接客で丁寧ですね。
お水はカウンター1番右側に給水器がありセルフ。
卓上には一味と胡椒が置いてあります。
汁そばの配膳が終わってから自分のコールタイム、ニンニク少しヤサイアブラでお願いしました。

撮影してマゼマゼ、麺から頂きます。
麺は平打ちの太麺、確りウェーブしています。
茹で加減は少しだけ柔らかめ、もっちりで食べ易い食感です。
タレがやや薄めかな、以前よりパンチが少ない印象。
ブラックペッパーがアクセントになりますね。

具材は豚ちゃん2枚、もやしとキャベツの茹で野菜、卵黄、フライドオニオン、アブラ、ニンニク。
豚ちゃんは厚みもありホロホロ、混ぜながら崩れる位でめちゃウマ(´∀`)
茹で野菜は程良く歯応えが残っているシャキクタ、量もそこそこですね。
卵黄が混ざると円やかに、疲れてきても食べ続けられちゃうから不思議です(笑)
ニンニクを混ぜると、やや不足気味だったパンチが増して良いですね〜
アブラの甘みも加わって箸を止める事なく完食(๑´ڡ`๑)
ご馳走様をしてお店を後に駐車料金は100円で済んじゃいました。

2杯目でしたけど美味しく頂けました。
これで終わった恋を忘れられました、ゲップする度にニンニクが上がってきて幸せです♪
最近並びが増えて中々伺えなかったので、満足感も高かったです。
振られたらまた来ます、いや振られなくてもまた来ます(笑)

忘れさせてくれてありがとう、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン(ちょい野菜ちょい脂 大蒜)+生玉子+ブタかす入り脂」@ラーメン富士丸 西新井大師店の写真1月12日(土)

この日は麺友さんが「ど~してもマルジの神谷に行ってみたい!」
そう仰るのでご案内する事に。
小雨降る寒〜い夜、富士丸神谷本店に着くも30人ほどの行列。
これ並ぶと3時間はかかりまっせ( ̄▽ ̄;)
流石に2人して心が折れ梶原に向かうも10人以上の列…
寒いからパス、で流れ着いた西新井。
並び5人ほど、超ラッキーです。

最寄りのコイパはまだ正月料金、裏の方に探しに行くと22時以降60分100円を発見♪
車を止めてお店に向かいます、日ごろの行いが良いせいか雨も上がってます(モチロン僕が)
先にチケット購入、ラーメン小と生玉子、マストアイテムのブタかす入りアブラもポチっとな。
並びに接続、暫くして助手さんがやってきて食券回収、ヤサイマシでお願いしました。
するする進み15分程で店内へ、更に5分でカウンターへ昇格です。
やっぱり西新井は小上がりが無い分、他の2店舗より進みがはるかに早い気がします。
お水とおしぼりは壁際にあります、卓上には一味や辣油、カラメボトル、ゴマなど。
クタヤサイが茹で上がっていくのを見ていると、あっという間にご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
やや乳化してますがほぼ非乳化、豚感確り。
キレがあるマルジテイスト、美味いです。
並々と注がれたスープはどんぶりを置いただけで流れ出します。
おしぼりを敷いておくのは富士丸さん3店舗共通の作法ですね(笑)

麺は平打ち極太微ウェーブ麺、ゴワゴワムチっとな食感、
西新井の麺は好きですね、存在感があります。

具材はもやしとキャベツの茹でヤサイ、豚2個、半茹で玉子、ニンニク。
富士丸特有のクッタクタヤサイは飲めるくらいに柔らかいですね。
この日の豚は超強烈で1個は半分以上が脂身(;´д`)
流石に脂好きの自分でもこれにはちょっと参りました。
ちょいアブラをお願いして、更にブタかす入りアブラをトッピングですからね(笑)
それでもお残しは大嫌いなので美味しく頂きましたが(๑´ڡ`๑)

ニンニクマゼマゼ、ブタかす入りアブラに浸けて頂きます。
アブラ攻めに遭ってますが、ブタかす入りアブラはやっぱり美味いです。
生玉子に潜らせすき焼き風に、これでマイルドになりラストスパートです。
最後は残りの生玉子とアブラを全部かけてフィニッシュ。

ご馳走様をしてお店を後に、麺友さんは脂でだいぶやられてました( ´∀`)
後日ツイートで神谷の話題が上がっていたので読んでました。
この日も3時間半待ちとか、麺友さんいつになったら食べられるのか…

自分的には昨年末のリベンジができたので満足です、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン小(ヤサイマシニンニク少なめアブラ)」@かじろうramen7の写真1月8日(火)

先日の二郎系初めで少しモヤモヤが残ってしまっています。
ならば急いでリベンジしよう!
という事でこの日が年内営業初日になるこちらへ伺って来ました。
間に合わないと嫌なので、仕事が終わって京葉道路でひとっ飛び。
19時50分頃到着、店舗裏手のコイパ(カラオケ店の提携じゃない方)へピットイン、60分200円。

店舗に着くと外に並びなし、そのまま入店。
入り口右の券売機で食券購入、ラーメン小(750円)をポチっとな。
助手さんが直ぐに回収に来てくれました。
こちらでは先のお好みのコール時にヤサイの量を聞かれますので、ヤサイマシでお願いしました。
中待ち4人にドッキング、暫し店内観察。
折笠店主と助手さん2名の計3名体制。
すると初めて来たのでしょうか、「先のお好み」の意味が理解できていないお客さんが1人。
「壁のボードに書いてあるので読んで下さいね」と促されるもボードを発見できずにウロウロ。
教えてあげてなんとかコールするもなんと全マシ、「多いけど平気?」の問いに「平気です」と応戦。
その後の「後のお好み」もピンと来ていない様子。
うーん、慣れていないなら普通で様子見た方が懸命かも。
なんとか食べ切っていたみたいですがこっちがハラハラしちゃいます ˘•ω•˘ ).。oஇ
そうこうしているとカウンターへ案内されました。

お店中央の給水器でお水を注ぎ着席、食券提出してご挨拶。
後客で7名の団体が並んだ時点でこの日は終了、早めに来る事ができて良かったです。
暫くしてコールタイム、ニンニク少なめアブラでお願いしました。

撮影してスープから頂きます。
非乳化のスープですね、豚感たっぷり。
カエシもキリッと効いています。

麺は平打ち縮れの自家製麺。
モチモチしていてスープも拾ってきます。
麺量は240g、丁度良い量です。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、豚2枚、アブラ、ニンニク。
豚はホロっと崩れる位に柔らかくて相変わらず美味い。
野菜の盛りもそこそこ、キャベツ率も相変わらず高め。
アブラがコクを強くしてくれますね。

ニンニク混ぜて頂きます。
あー、幸せです、このニンニク感が堪りません(笑)
難なく完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
これで無事「二郎系初め」終了です(´∀`)

こちらも今年はかなりお世話になりそうです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(野菜ニンニク背脂)」@ラーメン盛太郎の写真1月5日(土)

この日は仕事帰りに社内の人間を送る為に都内へ。
無事送り届け、どこかで一杯頂いていこうと周辺をリサーチ。
初めて聞いた名前のお店がヒット、名前からして二郎系と判断。
22時頃到着、早速「二郎系初め」に伺ってみました(笑)
コイパはありますが、この時間はパーキングメーターの所が駐禁にならなそうでしたのでそちらへ。
お店に向かうと目を引く黄色い看板見っけ♪

入店すると先客4名、入り口左に券売機がありました。
チャーシュー麺(チャーシュー4枚)780円をポチッと。
店員さんに食券提出、「ニンニクセアブライレマスカ?」と聞かれました。
壁の表示を確認してコールは野菜ニンニク背脂でお願いしました。
空いているカウンター席に着席、カウンター席は左の壁際と正面厨房前にあります。
店員さんは3名、全員日本語の上手なアジア系の外国人さんでした。
お水はカウンター上にありセルフ、注いでみると少し茶色く色がついています。
麦茶じゃ無さそうですね、ウーロン茶?
店内に漂う匂いは悪くないですね、ちょっと期待して待ちます。
暫くしてご対麺しました。

撮影してスープから頂きます。
微乳化で豚感ややライトなスープ。
塩分濃度もそこまで高くはありませんでした。
飲みやすいスープですね、駅近二郎の歌舞伎町や蒲田に近い印象ですね。

麺は中太位のストレート、茹で加減普通位でした。
もう少し歯応えを感じる方が好みですね。

具材はもやしとキャベツの茹で野菜、チャーシュー2枚、背脂、ニンニク。
野菜はクタまで行かない位で、少しシャキッとした歯応えもあり。
チャーシューは味付け良く柔らかい物、サイズはそこまで大きく無いですね。
背脂は筋が付いていてくっついちゃっていました。
ひと塊りに近い感じ、これはちょっと嫌でした。
途中まで野菜を掘りながら食べて行き途中で「あれ?」
チャーシューが2枚; ̄ロ ̄)!!
チャーシュー麺(チャーシュー4枚)を押したよね⁇
うっかりしていました、最初に気がつくべきでした…
もう喰っちゃってます、チャーシューにも手を付けちゃってます( ;∀;)
食券も写メ撮らずに渡しちゃってるし、店員さんも外国人だし…
グチグチ言いがかりつけていると思われるのも嫌だし、まぁ元値が安めだし…
面倒なので頭の中で「安いから安いから」と呪文を唱え忘れる事に。
良く無いんですけどね、お店の為にはならないので。
ニンニク混ぜて頂きます、パンチが増して良くなりました。
モヤモヤしながら完食、ご馳走様をしてお店を後にします。

そんなに悪く無いんでしょうけど、ちょっと印象が…
再訪するかわかりません、近くで仕事している訳でも無いので。
ただ、外国人の店員さんは一生懸命に仕事してました。
手を付ける前に確認しなかった自分もいけませんしね。
メニュー名は混乱するのでデフォにしておきます。

次からは食べる前に確認します、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件