なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zuwatara

男性

いらっしゃいませ! 当方ただのラーメン好きです。味の分析スキルはほとんどありませんので感じたままに書いてます。点数は基本的に自身の中での相対評価でして、整合性を図るため後で変わることがあります。

平均点 68.295点
最終レビュー日 2019年6月13日
122 114 11 51
レビュー 店舗 スキ いいね

「831ラーメン(太麺、TOPチャーシュー)」@831家 和田店の写真日曜の夕方でしたので店内は先客一組でした。

駐車場がとても広いです、ありがたい。
もっとも隣のビルと共用ですので
時間帯によっては混んでる可能性もありますが。

レビューは概ね良好でしたので831の醤油をチョイス。
ちなみに券売機では「ゆず塩」が一番上でした。

各種トッピングはトッピング券を買い、
口頭でオーダーするようです。
私はチャーシューにしましたがこれが大正解。
ご覧のお肉が100円です、なかなか無いですよ。

しかしながら、一番の特色である831が
完全に隠れてしまいました、
なんとも言えない顔の一杯でございます、、、

着丼のままを写真におさめるのがマイルールです(笑)

さて、スープが家系とのことでしたが
確かに家系ですね、でもかなりライトではあります。
脂っこさはありませんでした。

で、肝心の831ですが色味も良く
とっても良い炒め具合でナイスです。
歯応えシャッキリ、程よく油を纏っており
何とも言えない香ばしさ。ウマイ。

昨今、ラーメンで野菜と言えばモヤシがメインですから
この赤や緑の感じは、野菜採ってる! と実感できますね。
しかも肉の下にはしっかりほうれん草も載ってます。
増量しなくても十分な量でした。

麺は太麺にしましたが
もっと太いのかと思ってました。
これも家系でスタンダードな太さです。

海苔も大きいのが入ってますから、
タンメン風に野菜から食べた後、
海苔とほうれん草で家系を楽しむこともできますね!

チャーシューはしっかりとした噛み応え、
柔らかすぎずクドさも無く、
野菜とのマッチングも良いです。

いやしかしこの野菜炒めはウマかった。
さすが、831を名乗るだけはある。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「信州鶏白湯 気むずかし家 チャーシューメン」@らあめん花月嵐 三鷹南口店の写真さすがの三鷹駅も24時を回ると
ラーメン店はナリを潜めてしまいます。

という訳で花月へ直行。

限定メニューが真っ先に目に飛び込んできました。
鶏白湯だそうで、「あれ?花月で鶏白湯?」と思いつつ
ボタンを押してしまいましたが
なんと別なお店のメニューだそうです。
斬新な展開してるなぁ、チェーン店ならでは。

点数が点数ですから結論から言いますと次は無いです。
もっとも、過度な期待は持っていませんでしたが
全くの期待はずれ。これ再現度はどれくらいなんでしょ、
本チャンでもこれが出てくるのでしょうか?
ある意味、オリジナルを食べたくなる味でした。

コラボでクオリティーが落ちているのなら
これは大失態と言っても過言ではないでしょう。

まず、チラシには
「鶏白湯を全国に広めた一杯」とありましたが、
ラーメン道、門戸をくぐったばかりの私としては
広がって行った枝葉の鶏白湯の方が
はるかにウマイ気がします。

出てきた一杯はこじんまりとした感じでした。
花月は丼の大きさなんかはこんなもんだったですかね。

チラシには濃厚スープとありますが粘度は低く、
どちらかというとシャバ系で、鰹節でしょうか、
何て言うのか定かでないですが
所謂魚介とのダブルスープの味わい、
鶏白湯の良いとこが薄まっている気がしました。

で、麺が褐色でかなり珍しい見た目と味わい。
加水は高めですが色が色なので、
このスープに浸ってたら蕎麦でも通用しちゃうかも。
麺自体は香り高く味わえそうなのですが
これもスープに負けてしまってます。

ラーメンの麺としては珍しい食感だけが口に残り、
非常に不思議な、そして腑に落ちない味わい、、、

メンマは少し醤油感を感じる味付けでしたが、
これは味付けが非常に薄かった。

最後にチャーシューですが、
カットが薄く、味はハムやベーコンを連想させます。

ん~、、丼のなかで味の統一感が無いというか
方向性がバラバラというか、、、
この味が好きな人は好きなのかなぁ、、、

で、何故かチャーシューメンは大盛り不可とのこと、
このボリュームと出来映えで980円は高いすよ、、、
実はロイヤリティが高かったりして、、、

客席にあったチラシは気むずかし家の店主や
そのラーメンについてかなり詳しく説明されており
かなり勉強にはなりましたが、
ちょっとこの味は自分には合いませんでした。

味も気むずかし家なのか、、、

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「長崎ちゃんぽん(めん2倍増量)」@長崎ちゃんぽん リンガーハット 府中西府町店の写真こちらは半年ぶり、
リンガーハットは年に数回食べてます。

前回塩味だったので原点回帰、
なぜかデフォちゃんだけは麺増量が無料、
なぜだ、他のも無料にするべきだと思う。

あと毎回感じるのですが
載ってる具が毎回チープになっていく。
量はそこそこあるのですが
昔はもっともシーフードっぽかった気がします。
ゲソとか入ってた気がします

スープの味は特に期待を裏切らなかったが
これも年々濃度が薄くなっている気がします。
もともと粘度は低かったが、
味はもう少し濃厚だったかなと思います。
色も前の方がもっと白かった気がします。

で今回特筆すべきは麺でした。
明らかに以前の麺と違っておりました。
緩やかにウェーブしたまるでラーメンの麺です。
で恐ろしく不味い。

以前は中太の丸い断面の麺だしたよね。
味が悪いというかは食感が最悪でした。
芯の辺りに噛み応えのある部分はあるのですが
外側の部分がブニャブニャになっており、
噛むとベチャーっと口の中に広がってかなり不快でした。

これは粉の質のせいか茹で方のせいか分かりませんが
とにかく不快な麺でした。ノビてるのかなぁ、、、これ。

次は皿うどんかなぁ、、、

皿うどんってここのレビューに載せていいんでしょうかね。

麺は昔のやつに戻して欲しいなぁ、、、
餃子も旨くないし、デフォちゃんの味が落ちたら
生き残って行けないんじゃないですかねぇ、、、

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば」@中華そば 獅子亭の写真最近オープンのお店のようで
前々から気になっていたのですが
車だとなかなか停めにくい所でして、
自転車で行って参りました。

マンションの一階(半地下でしょうか)、
道路沿いに壁があって少々分かりづらいかもしれません。

「獅子亭」、入って即納得、
店主さんがライオンズのファンなのでしょうか、
ユニホーム等が壁に飾られております。

気さくに接してくれる
とても感じの良い店主さんでした。

あごだしは久々です。
塩か醤油か迷いましたがまずは醤油。
あとチャーシュー増しにしようか迷いましたが
デフォ中華そばにチャーシュー丼をセットにしてみた。

丼ものは3種だったかな?
ランチのセットは料金がお得でした。

着丼した一杯は表面の脂がキラキラして
見るからに旨そうです。
見た目に奇をてらった所は全く無く、
ただただ素朴ではありますが
しかしながら何気に隙のない全体感、
既に侮れない雰囲気が漂っております。

スープはあごだしの香りはそんなに強くはなかったですが、
本日、急に暑くなったその日でして
店内の空調がかなり風を巻き起こしてましたので
そのせいかもしれません。

しかしながら旨味は口の中にしっかり広がります。
なんかあごだしって上品な味に感じますねぇ。
塩気も前に出すぎることなく程よい感じで、
大変バランスの良い味に仕上がっております。
スーっと出汁の上品な味と香りが
喉を通って行きました。ウマイ

麺は細目のストレートですが
しっかりとした噛み応えがあってこれまた旨い。
ちなみにお隣がオーダーしたつけ麺も細めんとのこと。
ちょっと気になります。

次にチャーシューですが
これがスープの香りを邪魔せず、
なおかつ自分もしっかり旨い一枚でございました。
食べ応えや味付けかなり好きです。

チャーシュー増しにすれば良かったとここで思う。

ちなみにチャーシュー丼も旨かったのですが、
少々甘めの濃い味付けでして、
ちょっと中華そばとは合わなかったかな、、、
ラーメンと交互に食べると
スープの味の中で繊細な部分は飛んでしまった。

その他、穂先メンマも上品さの演出に
一役買っておりました。

いやぁ、、、
久々に自分の好みにマッチした
旨いラーメンを食いましたよ~、
ここは穴場ではないでしょうか。

これは再訪確実です。
絶対チャーシュー増しにします。
なんなら白飯頼んでチャーシュー茶漬けにでもするかっ!?

何はともあれごちそうさまでした。
旨かったです~

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ネギチャーシュー中(TOP海苔)」@山岡家 桑名店の写真ラジオのCMで名前は頻繁に聞くのですが
食べるのは初めてです。

とてつもなく広い駐車場で
大型トラックも何台も停められます。
埼玉で通りかかった山岡家さんには
「シャワーあり」の看板が立っておりましたよ。

昼時は完全に過ぎてましたので
店内のお客さんはカウンターのみ数名でした。
店内はとても席数が多くテーブル席も沢山あります。

今回は珍しく味噌をオーダーしてしまいました。
味噌はなかなか当たりがないイメージがあって、
メニューにあってもなんだか敬遠してしまうのですが
最近食べてなかったのでチョイス。

海苔増しにしてみました。プラス5枚です。

さて、出てきた見た目はとにかく味噌色。

味噌を溶いてみた、、、?
え~と、、、溶いたと言うよりかは味噌自体を
伸ばしたと言う表現の方がしっくり来る色です。

正に味噌色。

で、味もとにかく味噌。とても塩気が高い。
味噌の塩気は塩分の中でも最強クラスに感じます。
明日の朝、私の手はパンパンになっていることでしょう。

丼に顔を近づけると
ハッキリ豚骨臭がしてくるのですが
スープの味はただただ味噌。
引き算していくと変化が分かるのかも知れませんが
出てきている物は、もうとにかく味噌味。
決して不味いのではないが中盤で飽きてきてしまった。

お好みは全て普通でお願いしたのですが、
麺は硬めが良かったのかなと思いました。
ストレートの中太麺でしたが若干柔らかく
強い味噌味に完全に負けてしまってました。

ネギはカットがしっかり細くなっていて
シャキシャキと丁度良い歯応えでした。
最近、この白髪ネギのカットが太めのお店が多く、
歯応えが強すぎて、なんか違う気がしてました。

海苔はデフォで3枚入りでしたので
増やさなくても良かったかなと思いました。

食べ終わってから卓上に白ゴマを発見。
入れたらちょっとテイストが変わったかなと思いましたが
時既に遅し。

とにかく味噌味でした。
もう少し豚骨を感じたかったのが率直な印象です。

塩豚骨というのがありましたので
次がありましたらオーダーしてみたいと思います。

ちなみに24時間営業のようですが
店員さんは皆さん感じが良く接客は好感が持てました。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「徳島風ラーメン」@ゑびな軒 東名海老名SA下り線店の写真金曜の20時半、休み前とあってか、
家族連れや若者のグループなど目立ちます。
注文のレジには軽く列が出来ておりました。

さすが海老名。

ここは色んなジャンルのラーメンを用意してますね、
なんつっ亭監修や、支那そばや監修等々、、、
メニュー看板に佐野さんが腕組みしてました!

そんなこんなで新メニューなのか
レビューにはなかった徳島風ラーメンをチョイス。
そもそも自分は徳島ラーメンは食べたことがありません。
ので、比較対照がありませんので悪しからず。

ラーメンはトレーに乗って出てくるのですが、
卵は殻ごと小鉢に別になっておりました。
自分で割るスタイルです。
中心に卵がないと、なんとも締まらないですね、、、

あとちょっと気になったのが
メニュー看板の写真と色味が違いました。

具は豚肉ともやし、刻んだネギにメンマです。
これらの中心に自分で卵を落としたのがご覧の一枚です。

まずスープですがライトな豚骨醤油で
見た目よりだいぶあっさりしてます。
系統で言うと王将ラーメンとか、横綱ラーメン、
あと近所だと南京亭ラーメンみたいな感じです。

優しい味ではありますが悪く言えば主張がない。
味の輪郭はハッキリと分かるのだが
やはりパンチがない。

やっぱり地名を冠していると
勝手に期待度が高くなってしまいます。
これが徳島ラーメンなのかっっ!! みたいな。

まあもっともこれが徳島ラーメンなのかも知れませんが。
こちらも勉強不足ではあります。

さてメインの豚肉ですが厚木豚、だそうです。
住まいが厚木の豚、ではないですよね?
すいませんが知りませんでした。
結構たっぷり乗ってます。

味が付いてるのですが味噌系のタレですかねぇ、
下味と言うよりかは漬け込まれていたような味わい。
なかなか旨いです。

麺は中加水?の細目のストレートでした。
まあ可もなく不可もなくです。持ちは良い。

それから、卵なんですが
どうして良いのかわからず後半まで玉のまま、、、
何の脈絡もなく崩しては見ましたが、
このスープに卵溶けたらこういう味だよなぁ、、ぐらい。
もともと塩気が弱くおとなしめな味が
さらにマイルドに、元々弱かったエッジが
さらに滑らかに、、、てな感じでした。

肉と混ぜるべきだったのか、、、

総じてあまり強く印象に残るものはなかったのですが、
この手のフードコートで出てくるラーメンとしては
具や量など、なかなかの一杯だと思います。

余談ですが、期間限定のミニ焼き鳥丼を
セットで頼んだのですが、これはダメだった。
タレが激甘、安売りの冷凍焼き鳥の、
あのベタ甘なヤツです。もう頼まん。

まあでも、24時間営業は大変ありがたいです。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ブラックらーめん(大盛り)」@麺創研 紅 BLACKの写真紅は食べたことがあるのですが
隣のブラックはなかなか時間が合わず、やっとです。

木曜の12時過ぎで満席でしたが
待ちは先頭ですぐに座ることが出来ました。
その後も外待ちは途切れず人気を伺わせます。

店内は席数が少ないですね、
カウンターのみで6,7席だったかな?
鉄鍋で一杯づつ作るスタイルのようで、
そうするとこの規模が限界なんでしょうか。

着丼までは少し待った気がします。
目の前の鉄鍋から炎が立ち上る様子など見つつ、
お隣の丼をチラ見すると、なるほどスープが黒いです。

着丼しまずスープをすすりましたが旨いです。
焦がし醤油と言うのでしょうか、
スープ自体がとても香ばしいです。

炙りチャーシューの香ばしさと同じ。
表面だけかと思いきやスープは最後までこの香りでした。

塩気は強いですが喉に引っかかる一歩手前ぐらいで
醤油の旨味もしっかり感じられます。

野菜(もやし中心)とチャーシューに
胡椒がまぶされており、これまた香りが立っています。
で口にすると、胡椒だけではなく塩気もありまして、
これは所謂ヤキ塩というやつですかねぇ?
いい具合の塩気です。

麺は紅でも食べましたが細から極太までの乱切り麺で
この粉感は塩気の高いスープによくマッチします。
スープを持ち上げるというよりかは
纏う、もしくは吸う? 感じでしっかりと味がある。

ここまででかなりバランスは良いと感じましたが
チャーシューは若干味の方向性が違う気がしました。
旨いですがまた別な塩気の方向で
肉増しにしなくて良かったかなと思う。
デフォでボリュームは十分高いと思います。

再度ですが、この麺の食い答えと
スープの塩気のマッチングが良いですねぇ。
最後の最後まで美味しく頂きました。

余談ですが、この乱切り麺は、
大盛りと言うこともあり箸で持ちあげるのにとても重たく、
(※箸は箸で結構スベり易いタイプ)
持ち上げきらずに丼に落としては
スープをピンピン跳ね散らかしてしまいました。

券売機脇に紙エプロンがあるようなので
心配な方は面倒がらずに使った方が良いかもです。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎラーメン大盛り(こってり)」@天下一品 府中中河原店の写真ここは前回いつだったか覚えてません、
24時を回った所でしたが前客1の後客1でした。

前も「あっさり」にしてみようかと思い、
でも「こってり」をオーダー。
なんだか天一であっさりを頼むのは
邪道な気がしてしまう、、、
でも食べてはみたい、、、次回こそは!

さて腹が減ってたので大盛りにしましたが
ネギも増やさないと飽きちゃうかなと思いました。

久々の天一でしたがやはりスープはドロドロ。
数回啜るも掬う場所によって濃度が違う、、、
また、大盛りの麺にもスープが全く入っていかないので
ネギも一緒に混ぜること油そばの如く。

麺は多加水のどストレート。も少し粉感欲しいなぁ、、、

やはりネギを増やして正解でしたが、
遅い時間だったせいかネギが少しくたびれてる、
もう少しみずみずしさがあるとなおよし、です。

このドロドロはたまに食べたくなるんですよねぇ
ウン十年前に初めて食べたときは衝撃を受けました。

後半「にんにく薬味」を投入、初味変チャレンジです。
最初にちょっとだけ入れて味見しましたが
スープが濃厚すぎて全く味変にならず、
その後、さじ山盛り一杯投下しました。

それでも劇的な味変にはなりません。
唐辛子の種っぽい物が沢山入ってましたが
辛味もほとんどありません。
にんにくとありますがメインは味噌でしょうか。
粘度が高いです。

ある意味期待は裏切られませんでしたが
しょっちゅうは食えないなぁ、、
そろそろ「あっさり」を食べてみようと思いました。

何はともあれごちそうさまでした。
深夜営業は大変ありがたいです!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナラーメン(並)」@天理スタミナラーメン 針テラス店の写真前から行きたかったんです、天スタ。
天理インターの脇にあって気になっていたのですが
たまたま立ち寄ったここ、針テラスに
なんと天スタを発見!

近所に天理ラーメンを出しているお店があるのですが、
見た目は似ています。このお店が元祖なのか、
それとも天理界隈で当たり前に食べられているものなのか
ちょっと分かりません。

天理ラーメンなのか天スタのメニューなのか。
これから勉強します。

スープは思っていたよりライトでした。
もっとドロッとした物を想像してました。
サラッとした豚骨スープに白菜、ニラ豚肉の炒め物。
人参も入っていたかな。

胡麻油の香りが香ばしく食欲をそそります。
これは冬場は身体が暖まりそうです。

が、スタミナを名乗るにはニラと豚肉が
ちょっと少ないのではないでしょうか。
とにかく思っていたより全てがライトでした。

麺は粉感のあるストレート麺で
スープに合っていると思います。

ちょっと残念だったのは食器が汚かった、、、
レンゲなんぞは画像で判別出来ますよね、
丼もメラミンでしょうか。
特有の茶渋みたいな物が目立ちます。

樹脂製の食器はある程度使ったら
変えた方が良いと思いますけどねぇ、、、
最も自分はこれぐらいなら
全然食べられちゃいますけどね(笑)

チャーシュー麺があるようなので
次は食べてみようと思います。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「針テラスラーメン」@道の駅 針テラス ノースリリィの写真ロングドライブの末にこちらで車中泊。
で翌日の朝食がこちらでした。

あっさり系が良かったので
醤油ラーメンでありがたかったのですが、
まず券売機の上に掲げられた写真が
ラードが溶けきらんほどスープがぬるく見える一枚で、

なんだかすごい。

この手のフードコートで冷やしラーメンがあったら
こんなんが出てくるのかな。と言う風にも見えます。

着丼、というか呼ばれたら自分で取りに行くのですが、
見た目は何の変哲もないドライブインの醤油ラーメン。
だか器がまず写真と全く違う。で、小さい。
かなりこぢんまりしてます。

ガッツリ食べたい時にはかなり物足りないと思います。

スープは言わずもがなの味ではあるが
そんな中でも生姜の香りが以外と高かったです。
それとラードの層が以外と厚く、
最後の最後までアツアツを保っておりました。
くどさは感じませんでした。

で、麺ですが案の定ノビ気味。

実はこの一杯は出来上がってから1~2分、
カウンターに放置されておりました。
他に2組同時にオーダーした方がおりまして、
3組分全部出来てから、はいお呼びだし、というオペ。

場所柄こういうオペなのかも知れませんが
それならそれで茹で時間調整して欲しかったです。

まだ何か入れるのかと思って静観していたのに
うおぉい! 出来とったんか~い! てな具合。

味はもう多加水の、いわゆるこの手のヤツの麺ですが、
若干太さがあるのかなぁ、、、
ノビてなかったらもっとグニグニ感が
高かったかも知れません。

針テラスを冠するならウソでもいいから
なんかオリジナルの一品が入ってて欲しかった。
こういう所での食事ってそういうの
大事だと思いますけどねぇ、、、

可もなく不可もなく、、、という一杯ではありましたが、
ここ、針テラスは休憩にはおすすめです。

全てが昭和のままの名阪国道の中では
イマドキ感の高いドライブインです。
コンビニもありますし、小さいですが温泉もあります。

おみやげ物も野菜など地場の物から
いわゆる行って来ました系の物まで充実してます。

何はともあれごちそうさまでした。
近々また来る予定がありますので
今度はラーメンじゃなくお土産買ってきますね~

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件