なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zuwatara

男性

いらっしゃいませ! 当方ただのラーメン好きです。味の分析スキルはほとんどありませんので感じたままに書いてます。点数は基本的に自身の中での相対評価でして、整合性を図るため後で変わることがあります。

平均点 68.295点
最終レビュー日 2019年6月13日
122 114 11 51
レビュー 店舗 スキ いいね

「スタミナ野郎満州トロトロ担々油そば」@キッチン男の晩ごはん 三鷹の写真金曜の24時でしたが
半分はお客さんが入ってました。

深夜営業ありがたい。

レビューに載っていた表題をオーダー。
表の券売機でご飯の大盛券(30円)も買いましたが、
ご飯か麺の大盛りは無料とのことで、
後で30円返してくました。

「スタミナ野郎」だけのサービスなのか。
今回はご飯を大盛りにしました。

着丼した感じはラーメン感がほとんどなく
かなり斬新な見た目をしており、
トレーにはライスと生卵が一緒に乗ってます。

浅めの器の中では明らかにドロッとした液体が
ポコポコと煮たっており、かなり熱そうです。

黒い粉が大量にまぶしてあり、
何かと思って最初に口にしましたが黒ゴマでした。

ここのところ担々麺と銘打ってあっても
ある種別ジャンルの味付けの物ばかり食していたが、
久々に、ちゃんと担々麺ぽい味のする担々麺。

ひき肉ゴロゴロ、玉ねぎのみじん切りザクザク。
その他分かりませんが色んな物が入っている
複雑な味を感じました。ゴマの風味もとても良い。

個人的にはもう少し辛味が欲しいところ、
辣油らしき物も見受けましたが
辛いもの好きの感覚としては、
辛味はほぼありませんでした。

これを油そばと呼ぶのかどうかは
賛否分かれるかとは思いますが、
いわゆる油そばのイメージからすると、
タレの量がかなり多目です。

麺は、煮たって来た割にはしっかりコシがあり
後半までダレませんでした。
粉感のあるもちっとしたストレート麺でしたが
タレは否応なしに絡みます。

あと、この唐揚げ2個入りも
スタミナ野郎の特色なのですね、
タレと同系色でさりげな~く乗ってきましたが、
大きめで食べ応え抜群。ジューシーです。

ザッツ唐揚げな味がついているっぽいのだが、
如何せんタレの味付けが強く
そのままだと無味な感じがしてしまうので、
グリグリにタレを絡めながらのオンザライス。

麺が無くなってからはゴロゴロと食べ応えのあるタレを
卓上のスプーンでライスにかけかっこむ。
これはなかなか良かったが、
この時点で生卵を投入すれば良かったのかなと
後悔を感じた次第です。

実は一口味見をした後に即卵を投入しましたが
割合的に卵が非常に少なくなってしまい、
そもそも辛味もほとんど無かったので
生卵感が薄れる結果となりました。

タレは塩気が非常に強く後半飽きてしまったので、
ライスを大盛りにしてミニ担々丼にしてから
醤油を混ぜた卵をかけたら旨いかなと感じました。

仕事柄この時間の晩飯が多いので再訪確実ですね。
これから色んなメニューを試してみようかなと思います。

帰り際、店主より大きな声で
「毎度アリ~、忘れ物しないね~云々」と
直接の声掛けがあり、好感度がさらに上がりました。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

二度目の訪問です。
以前何を食べたか忘れてしまいました。

かなり暑かったので汁は遠慮して
油そばをオーダー。
ネギにさっぱり感を求めて見ました。

他の方のレビューに、
店主は江川亭出身とありましたが、

※店主の印象は良いですよ!
オリエンタルなイケメン

油そばのタレの香りは江川亭を彷彿させました。
例の軽いニンニクの香り。よぎりました。江川が。

ただ食すと全体的に味が薄めで油が濃いめな印象。
江川亭のしょっ辛さがあるのかなと構えましたが
肩透かしを食らった感じ。

評としては繰り返すが「味か薄くて油っこい」。

あとネギ増しで200円プラスはちと高い。
最近スーパーでも長ネギ高いけど、でもねぇ、、、

油そばの替え玉は無料と貼り紙がありましたので
店主に替え玉オーダー。

程なくして届きましたが麺が少ない。
こぢんまりと器に収まってまして、
タレが予め絡んでます。

余談ですがビンタンビールはかなりさっぱり目。
バドワイザーみたいなライトな味わい。
日本のビールを愛してる人には向かないかも。

次は暖かいのいってみます。
ごちそうさまでした!

もう一個余談ですが、この店の前の山賊の、
さらに前の、あたり屋が好きだったんですよね、
裏手に住んでたこともあって通ってました。

ご夫婦でやってた店で、
移転するんだって言ってたんだけど
近場でやってるふしが無いんですよね、、、
どなたか知りませんか~?

あと味菜も良く行ったな~

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

隣の若武者は友人が好きで良く行くのですが
こちらは初めて行きました。

油そばって、スープが無いというだけで
なんか損した気分が否めなくて、
なかなか一人では入ることがありません。

ただ今日は尋常じゃなく暑くて、
汗ダラダラでラーメンより、
油かつけ麺をツルッと食べたいなと思いました。

初めての店は券売機で一番上のメニューを頼みます。
お昼時だったので醤油の大盛りにしました。
特盛と迷ったのですが、結果を言うと、
大盛りで良かったです。

着丼の第一印象は「器がデカイ」。

麺はやや平打ちっぽいちぢれ麺で
具は刻みネギ、メンマ、ナルト、チャーシュー(小)
絵に書いたようないわゆるラーメンの具。

何のヘンテツも無さすぎる見た目。

手前の麺を底から少々混ぜて一すすり。

タレの香りは悪くなかったのですが、
食べて感じたのは「タレが甘い!」
こればっかりは個人の好みでしょうが、
「売ってるヤツの味」でした。

伝わりますかね「売ってるヤツの味」、、、
出来合いの、、、とかも言うかな。

厨房で神経を使って調理した一杯ではなく、

この液体をお湯で3倍希釈して
予め器に入れておきます。
的なマニュアルに沿って出来上がった一杯。
冷凍食品でもこれぐらいの味あるのでは?

あくまでも印象ですが。
子供は喜ぶかも。

なんか3口ぐらいで飽きちゃいました、
味を変えようにもカウンター常備のネタは
これまたありきたりで心もとないです。

とりあえずラー油を入れてみました。
かなり辛味の強いラー油でしたが
やはりタレの甘さとミスマッチ。

次におろしニンニクを入れましたが、
ウーン、やっぱりタレが甘い。
味がどんどんジャンキーになっていく、、、

甘辛ニンニク味。ザッツジャンク、
ポテチかっっ!!

ただし、メニューがちょっと気になるラインアップ。

油そばで豚骨?
お、久々のジャージャー麺。
え、、、カレーの油そば??

ちょっとこれは次回がありそうです。

前述しましたが子供は喜ぶ味じゃないかな、
家族で行くのはよいかもしれません。
油そば入門という事で。

何はともあれごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

10年ほど前に初めて食べてから
2度目のあぶらー亭です。

夜遅くに店前を通ることが多く
いつも賑わっており昼も当然混むのかと思いきや、
今日、13時ぐらいに行きましたが
比較的空いていました。日曜だから?

そこそこ大食いですが、
あぶらそばのみだと終盤飽きることが多いので
半チャンセットにしてみました。

先に半チャンとスープ到着、早い。
スープを一すすり。

ん、なんか喉に少しヒリと来たが
いわゆる街中華の例の味。嫌いではない。

さてチャーハン、
具は刻んだナルトとチャーシュー、そしてネギ、
あ、もちろん卵。そう!おうちで出てきそうなやつ。
ネギの食感が心地よい。シャキシャキしてる。

自分の好みとしては
もうちょい飯粒に油を纏った感じが良かったかな。
米の食感が家で作るチャーハンに近い気がする。

数口食べたところでメイン到着。これも早い。
どちらも待たずにすぐきた。という感じでした。

先に混ぜちゃいました。
見た目は特に何のヘンテツもない。
強いて言うなら真ん中に乗った
焦がし玉葱? みたいなのが目立ってたかな。

口許に持ってきた時のタレの香りが弱い気がした。
麺は太麺でかなりコシが強い。
タレとの愛称は良いのではないでしょうか。
もちろん味が薄いわけではないです。

ラスト4分の1でラー油投下、
でも入れすぎた。ラー油そばになってしまった、、、
ラー油は数滴で香りの変化を楽しむべし。

今日は仕事の合間に立ち寄ったこともあり、
この配膳の早さはありがたかったです。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

5年ぶりに行きましたが
ご夫婦健在でまずは一安心。

ここではセットしか食べたことがない。

まずはみそチャーハン。
この微かな味噌の風味が良いですね。

「ん、あ、味噌か」ってぐらい。

あくまでもチャーハン。でも味噌。
固めの飯も自分好みです。

3分の1ぐらい食べたところに
あぶらそば到着。
見た目は至って普通です。

軽く混ぜていただきます。

口許に持ってきたときの
タレの醤油の香りが良く
あぶらそばと言えどしつこさは全く無く、
定期的に食べたくなる味です。

セットは1000円なので
個人的には若干高いかなとは思います。
がっつり満足したければ一平でも良いかなと。
近くですので両方食べてもらいたいですね。

食い終わってお店を出ると
背中に親父さんの振るう鍋とお玉の音が、、、

カコン、カコ~ンっていう
いわゆるジャパン中華料理屋の例のやつ。
昭和の町には当たり前に響いてた音ですが
久々に聞いたなと。

付近は比較的古くからの住宅地なせいか、
ノスタルジーが身体を通り抜けて行きました。

そんなとこまでが好きなお店です。

※野球好きな人、店内色紙は一見の価値あり

※車は100P必須、
武蔵境~武蔵小金井間は緑激アツ注意!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件