なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zuwatara

男性

いらっしゃいませ! 当方ただのラーメン好きです。味の分析スキルはほとんどありませんので感じたままに書いてます。点数は基本的に自身の中での相対評価でして、整合性を図るため後で変わることがあります。

平均点 68.577点
最終レビュー日 2019年10月16日
156 147 10 91
レビュー 店舗 スキ いいね

「ピリ辛肉味噌担担麺+ご飯セット(糖質控えめ・ほうれん草麺)」@ガスト 川越インター店の写真ファミレスは個人的には行かないのですが
本日は複数名でして無難なこちらへ。
もっと言ってしまうと、中でもガストには
ほとんど行きません、安さだけの気がして、、、

何年ぶりでしょうかねぇ、、、
一応購っては見ました、担担麺、ありがち。

まず着丼した見た目はメニュー写真とはほぼ別物。
この手のお店の麺類にありがちな
のぺーっとした面白味の無い顔でした。

スープは所謂ジャパン担担麺。
タイトルの肉味噌は舌触りの滑らかなペースト状で
担担麺感がかなりマイナスとなりました。
さらに、クッタクタのほうれん草が追い討ちをかける。

トドメは麺。緑色の細ちぢれ麺。
レビューを書きたくて敢えてオーダーしてみたが
やはり低糖質を謳った麺ははっきり言って不味い。
噛み締めると、何かが練り込まれている味わいはあるが
繋ぎが緩く噛み応えが全く無い。

量を沢山食べると気持ち悪くなりそう。
普通の麺にする事を強くオススメします。

ちなみに着丼時、瓶入りの花椒と辣油が配膳されており、
後半投入してみたが全く予想通りの味に変化。
驚きも発見も特にありませんでした。

もし次の機会がありましたら
もう一種の「ベジ塩タンメン」食べてみます。
もっとも、次に来るのはいつだか分かりませんので
メニューが刷新されているかも知れませんが。

麺をラインアップするなら
せめて餃子セットも欲しいところ。
味はともかく昼食感が増すハズです。

何はともあれごちそうさまでした。

改めて自分のレビュー写真をみたが
どっからどう見ても不味そうだ(笑)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷たい沙茶醬を使ったクリーミー担々麺 よだれ鷄のせ(大盛り)」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真仕事でちょくちょく近くを訪問してまして
機会があったら行きたいと思ってたお店の一つです。

13時過ぎぐらいでしたかね、
隣のパーキングが全部空いておりすんなり駐車。
店内も先客2名ですんなり着席。上出来です。
お盆休みはどこもこんな感じでしょうか、
確か昨年のお盆も行列店に並ばずに入れた記憶があります。

初めてのお店はいつもデフォの全部のせを頼みますが
こちらは人気店の限定メニューとあり、
次に来ても無いだろうなと思い表題をオーダー。

店内は広めのスペース取りで
カウンターも心なしか解放感があります。

そんなこんなで着丼ですが
冷製の割には配膳が早かったように感じました。

いやぁこれは、、、
見た目はラーメンの括りでは比較対照が無いですねぇ、
スープ無しで、表面をクリームの様なものが覆っています。
こんもりとした白髪ネギには辣油でしょうか、
サイドのチンゲン菜が何気に担々っぽさを醸しております。

まずクリームを箸で摘まんでみましたが
程よく濃厚、ムースの様なふわふわ感もあり面喰らいます。

麺は平打ち極太の麺でした、
この麺とクリームの様相はさながらパスタです。
非常に薄くピロピロに見えるのですが
コシがあり食べ応え抜群でした。

洋麺然とはしておりますが(フェットチーネとか?)、
白髪ネギに絡んだ花椒の香りが
グイっと一息に中華に誘います。ん~不思議、
正にクリーミー担々麺。

沙茶醤は食べたことがなく、魚介系の物らしいですが、
山椒の痺れ感に舌が支配されてしまい、
あまり感じることができませんでしたが、
特に魚介系だっ!と言う分かりやすい感覚はなかったです
これは個人的に勉強の必要がありそうです。
※激辛と言うわけではありません、念のため。

よだれ鶏は見た目のカットの厚さからは
予想のつかない柔らかな食感で、
クリームの合間からゴロゴロ出てきますので
満足感が高かったです。

キクラゲのカットも珍しい。食感が楽しかったです。
スープだと確実に行方不明サイズですが
クリームだからしっかりと絡んで楽しめます。

最後に、今回は大盛りにしたのですが、
これは普通で良かったかなと感じました。

実はもっと浅い器かなと思っていたのですが
真ん中あたりががシュッと落ち込んでいて
この部分に大盛りの麺が大量に詰まっていました。

上物を先に消費してしまった挙げ句、
底に麺から若干の水も出ていたようで
なんとも味気ない最後になってしまいました。

でも、この辺で舌の痺れに慣れてきたら
フライドガーリックでしょうか、
急に主張して来まして少し楽しくなりましたよ。

しかし、レビュー拝見するに様々な限定メニューを
出されているようで、ワンオペとのことですが
いつやられているのでしょうか、プロとは言え、
創作にはそれなりに時間がかかりそうなものですが、、、

これは常連さんが喜ぶのも頷けます、
これだけやってくれたらそりゃ楽しみになりますよ、
自分も近所にこんな店欲しいです。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナ野郎満州トロトロ担々油そば」@キッチン男の晩ごはん 三鷹の写真金曜の24時でしたが
半分はお客さんが入ってました。

深夜営業ありがたい。

レビューに載っていた表題をオーダー。
表の券売機でご飯の大盛券(30円)も買いましたが、
ご飯か麺の大盛りは無料とのことで、
後で30円返してくました。

「スタミナ野郎」だけのサービスなのか。
今回はご飯を大盛りにしました。

着丼した感じはラーメン感がほとんどなく
かなり斬新な見た目をしており、
トレーにはライスと生卵が一緒に乗ってます。

浅めの器の中では明らかにドロッとした液体が
ポコポコと煮たっており、かなり熱そうです。

黒い粉が大量にまぶしてあり、
何かと思って最初に口にしましたが黒ゴマでした。

ここのところ担々麺と銘打ってあっても
ある種別ジャンルの味付けの物ばかり食していたが、
久々に、ちゃんと担々麺ぽい味のする担々麺。

ひき肉ゴロゴロ、玉ねぎのみじん切りザクザク。
その他分かりませんが色んな物が入っている
複雑な味を感じました。ゴマの風味もとても良い。

個人的にはもう少し辛味が欲しいところ、
辣油らしき物も見受けましたが
辛いもの好きの感覚としては、
辛味はほぼありませんでした。

これを油そばと呼ぶのかどうかは
賛否分かれるかとは思いますが、
いわゆる油そばのイメージからすると、
タレの量がかなり多目です。

麺は、煮たって来た割にはしっかりコシがあり
後半までダレませんでした。
粉感のあるもちっとしたストレート麺でしたが
タレは否応なしに絡みます。

あと、この唐揚げ2個入りも
スタミナ野郎の特色なのですね、
タレと同系色でさりげな~く乗ってきましたが、
大きめで食べ応え抜群。ジューシーです。

ザッツ唐揚げな味がついているっぽいのだが、
如何せんタレの味付けが強く
そのままだと無味な感じがしてしまうので、
グリグリにタレを絡めながらのオンザライス。

麺が無くなってからはゴロゴロと食べ応えのあるタレを
卓上のスプーンでライスにかけかっこむ。
これはなかなか良かったが、
この時点で生卵を投入すれば良かったのかなと
後悔を感じた次第です。

実は一口味見をした後に即卵を投入しましたが
割合的に卵が非常に少なくなってしまい、
そもそも辛味もほとんど無かったので
生卵感が薄れる結果となりました。

タレは塩気が非常に強く後半飽きてしまったので、
ライスを大盛りにしてミニ担々丼にしてから
醤油を混ぜた卵をかけたら旨いかなと感じました。

仕事柄この時間の晩飯が多いので再訪確実ですね。
これから色んなメニューを試してみようかなと思います。

帰り際、店主より大きな声で
「毎度アリ~、忘れ物しないね~云々」と
直接の声掛けがあり、好感度がさらに上がりました。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
60

「排骨担々麺」@萬来軒の写真記念すべきレビュー100店目であります。

以前一度だけ行ったことがあるのですが
もう20年以上前なので何も覚えてません。
お店自体変わっている可能性すらあります、、、

GW真っ只中でしたが普通に営業中でした、
昼時でしたので地元の方々でしょうか、
満席とまでは行きませんでしたが
お客さんは途切れることなく訪れておりました。

前から排骨麺が食べたくて機会を伺っておりましたが
入店すると排骨担々麺なるメニューを発見。
担々麺パーコー入りは2度ウマイ。のか?!

着丼したそれは、見た目には担々麺ぽくない。
スープをすする。う~ん、担々麺ぽくない。
かなりスープはシャバ系で、塩気がかなり強い。
というか他の味がかなり弱い。

あと、辛味も弱いなぁ、、、
辣油らしき油が漂い、肉味噌もどす黒く
色的には辛そうなんですが、弱い。
個人差あるとは思いますが。

さて、肝心要の排骨ですが、これは旨かったです。
衣の味付けがかなり好みとマッチ。
薄目の衣がカリっとした歯応えを持っていて
味もしっかりしている。少し甘めな衣の味が
異国の情緒を醸し出してます。

しかし全体的なラーメンとしての評価は
下げざるをえないですねぇ、、、

排骨はかなりツボでしたが、
その他に何のパンチもない、、、

敢えて書くなら餃子も物足りなかった、、、
かなりパンチがヨワカッタデス、、、

排骨旨かったので次はデフォ排骨麺を頼んでみます。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒胡麻担々麺」@胡麻唐屋 Pasar 羽生店の写真いやぁ久々です、羽生SA!(下り)

以前は仕事の関係で
半年に一度くらい寄ってたのですが
最近メッキリなうちに随分立派な施設に変貌してました。

20年近く前ではありますが、
ここで角煮丼を食べ東北へ向かうのが
当時の私のトレンドでありました。

さて、フードコートにはチャンポンのお店もありましたが、
久々なので担々麺を食べることにしました。

カウンターで直接オーダーし、
呼び出し端末を受けとり待ちます。
表題に加え半チャーハンも頼んだのですが、
即座に奥で茶碗に何かがよそわれている模様。

そうでしょう、そうでしょう、
もちろん想定の範囲内ですよ。

ちなみに担々麺は白、黒、赤と3種類。
辛さは、白<黒<赤、の順で辛さが増しているそうです。

程なくして端末がなりました。意外に早かった。
見た目はどす黒い感じでした。
写真は赤い明るめの印象になってしまいましたが、
実際はもっと黒さを感じる見た目です。

黒胡麻が表面を覆っており、スープはそんなに黒く無い。
具はネギとニラを刻んだ物と、中心に挽肉。
※ニラだけかなぁ、、良く分かりませんでした

スープを掬うと黒胡麻の香りが上って来ます。
辛さはほどほど。

麺は加水高めの細麺で、緩くウェーブしてます。
ノビにくいのがウリな感じの少しクニクニとした食感。
ただ、所々、ウェーブと言うよりかは
ツイストしている様に見える麺です。

ねじれてる様に見える。

まあ細麺なので食感にはさほど影響は無い。
濃いめのスープとはマッチはしています。

挽肉の味付けは濃すぎず薄すぎず、
ちょうど良い頃合いでスープとも合います。
担々麺は穴あきのレンゲ欲しいなぁ、、、

総じて味は、まぁ普通なジャパタンタンな感じです。
具が乏しいので物足りなさが残りました、、、

余談ですが、半チャーハンはそこそこ量があり、
また作りおきの割には飯粒が油を纏っておりましたよ。
出来立てだったのかも知れません。

ただし、スープが濃い味なせいか、
チャーハンの味は非常に薄く感じました。

う~ん、次の機会があれば
チャンポンも食べてみたいですね、
何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
62

平日の13時頃に入店、先客は2~3名だったと思う。
厨房を囲むように、ほぼ真四角に近い形で
コの字になっているカウンターが面白い。

外にもノボリがあったが
イチオシっぽかったので担々麺をオーダー。
麺の種類を聞かれました。
「手打ち風」と「細麺」が選べるようです。

まず、最近の「麺選べる」は、
オーダーの時に店員さんから聞かれない事が多く、
あとから来たお客さんがオーダーするのを聞いて
初めて気が付き、なおかつ、メニューには小さく
書いてあったりして、ちとイラ付くこともあるので
これは個人的には好感度が上がった。

あ、自分は「手打ち風」を選びました。

5分程度で配膳されました。
見た目は至って普通の担々麺。
ほうれん草がトッピングされているのが嬉しい。
その他は当然の挽き肉と、ネギ。

あと何気に肉の上に乗っている鷹の爪が
見た目にはなんかイイ。
でも一本まんま出されても
口にする気にはならないなぁ、、、

スープから行きましたが、
口許に持ってくる時、ゴマの香りが
レンゲから上って来ました。
香りの割にはドロついてなくサラッとしたスープ、
食べやすい担々麺という印象。

変に中華料理に寄せてってる感は無く、
いわゆるジャパニーズ担々麺と言えるのでは。

スープだけだと塩気が強いですが、
麺や具材と合わせた時丁度よく感じました。
手打ち風の麺も予想通り愛称が良い。
ネギのシャキシャキもとても良い。

辛さは自分にはピリ辛程度。
ちなみに自分は中本の北極を頑張って
なんとか食べられるレベル。

辛いのダメな人には辛味が強いかも知れません。

でも驚くことにメニューに、
辛味を抜くことも出来ると書いてありました。
辛味の無い担々麺って自分には斬新で
逆に試してみたくなりました。

冒頭触れた鷹の爪ですが、どうしたもんかと
とりあえず箸でつまんでスープの中で
振って見ました。

何度かやってるうち、後半辛味が増した、、、

気がしました。

最後に、自分は穴あきのレンゲは使いません、
あれで効率良く掬えてもスープが無いんじゃ、

謎肉レベル。

やはりレンゲでスープと一緒に口に入れるのが
自分の中じゃセオリーです。

このスープだと「冷やし担々麺」の方が
美味しく食べられるのかなぁ、、、
ちょっと冷やしが食べてみたくなりました。

女性おひとり客も居ましたし、
皆さんオーダー慣れしてる感もありましたので、
近隣には根付いてるお店なんでしょうか、
他のラインアップも気になるものがあり、
再訪欲が高まりました。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件