なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zuwatara

男性

いらっしゃいませ! 当方ただのラーメン好きです。味の分析スキルはほとんどありませんので感じたままに書いてます。点数は基本的に自身の中での相対評価でして、整合性を図るため後で変わることがあります。

平均点 68.577点
最終レビュー日 2019年10月16日
156 147 10 91
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷たい沙茶醬を使ったクリーミー担々麺 よだれ鷄のせ(大盛り)」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真仕事でちょくちょく近くを訪問してまして
機会があったら行きたいと思ってたお店の一つです。

13時過ぎぐらいでしたかね、
隣のパーキングが全部空いておりすんなり駐車。
店内も先客2名ですんなり着席。上出来です。
お盆休みはどこもこんな感じでしょうか、
確か昨年のお盆も行列店に並ばずに入れた記憶があります。

初めてのお店はいつもデフォの全部のせを頼みますが
こちらは人気店の限定メニューとあり、
次に来ても無いだろうなと思い表題をオーダー。

店内は広めのスペース取りで
カウンターも心なしか解放感があります。

そんなこんなで着丼ですが
冷製の割には配膳が早かったように感じました。

いやぁこれは、、、
見た目はラーメンの括りでは比較対照が無いですねぇ、
スープ無しで、表面をクリームの様なものが覆っています。
こんもりとした白髪ネギには辣油でしょうか、
サイドのチンゲン菜が何気に担々っぽさを醸しております。

まずクリームを箸で摘まんでみましたが
程よく濃厚、ムースの様なふわふわ感もあり面喰らいます。

麺は平打ち極太の麺でした、
この麺とクリームの様相はさながらパスタです。
非常に薄くピロピロに見えるのですが
コシがあり食べ応え抜群でした。

洋麺然とはしておりますが(フェットチーネとか?)、
白髪ネギに絡んだ花椒の香りが
グイっと一息に中華に誘います。ん~不思議、
正にクリーミー担々麺。

沙茶醤は食べたことがなく、魚介系の物らしいですが、
山椒の痺れ感に舌が支配されてしまい、
あまり感じることができませんでしたが、
特に魚介系だっ!と言う分かりやすい感覚はなかったです
これは個人的に勉強の必要がありそうです。
※激辛と言うわけではありません、念のため。

よだれ鶏は見た目のカットの厚さからは
予想のつかない柔らかな食感で、
クリームの合間からゴロゴロ出てきますので
満足感が高かったです。

キクラゲのカットも珍しい。食感が楽しかったです。
スープだと確実に行方不明サイズですが
クリームだからしっかりと絡んで楽しめます。

最後に、今回は大盛りにしたのですが、
これは普通で良かったかなと感じました。

実はもっと浅い器かなと思っていたのですが
真ん中あたりががシュッと落ち込んでいて
この部分に大盛りの麺が大量に詰まっていました。

上物を先に消費してしまった挙げ句、
底に麺から若干の水も出ていたようで
なんとも味気ない最後になってしまいました。

でも、この辺で舌の痺れに慣れてきたら
フライドガーリックでしょうか、
急に主張して来まして少し楽しくなりましたよ。

しかし、レビュー拝見するに様々な限定メニューを
出されているようで、ワンオペとのことですが
いつやられているのでしょうか、プロとは言え、
創作にはそれなりに時間がかかりそうなものですが、、、

これは常連さんが喜ぶのも頷けます、
これだけやってくれたらそりゃ楽しみになりますよ、
自分も近所にこんな店欲しいです。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌漬け炙りチャーシュー麺(伊勢味噌)」@蔵出し味噌 麺場 田所商店の写真平日の15時になろうかと言うところ、
何故かどの地域に行っても
この時間に仕事が一段落する事が多く、
通し営業大変ありがたいです。

また駐車場も10台分ぐらいと
これまたありがたい限りです。

以前、東久留米の系列店で食べたことがありますが、
とても美味しいと思った記憶がありました。

今回は、「伊勢味噌」という、
自分は聞き慣れないタイトルに惹かれました。

着丼すると、当たり前ですが
味噌の香りが上がってきております。
スープを啜ってみると味噌の具合がちょうど良いです。

「やや濃い口」とありましたが味噌の分量は濃すぎず、
塩気が自分には程よい具合になってます。
ただ塩っからいだけの味噌ラーメンとは違います。

味噌ラーメンはほとんど食べることがないので
味の細かな分析は出来ませんが、
期待していたより旨かったです。

具はメインのチャーシューの他に、
モヤシ、肉味噌、あおさ海苔なんかが載っており、
特にあおさ海苔はとても斬新で
味噌味は食べ進めていくと口が単調になりがちで、
そんな時この海苔を口に持って行くと
系統の全く違う香りが口をリセットしてくれます。

麺は所謂サッポロラーメンなんかより
少し加水低め、多少粉感のある食べ応えで、
濃い味のスープのと合います。
クニクニ度が高いと、口の中での
麺とスープの親和性が下がり、後味が悪く
あまり好きではありません。

チャーシューは味噌漬けとのことですが
部位によって味のバラつきが高いと感じました。
でもこれは仕方ないのかもしれませんね。
脂の少ない部位は味の入りが悪いのでしょう。

しかし、総じて味噌ラーメンとしては、
かなり完成度が高い一杯だと思いました。
自分が今まで食べた味噌ラーメンの中では
上位に位置する味でした。

チェーン店も侮れないなぁと感じさせられます。

再訪ありましたら
「江戸味噌」にしてみようと思います。
「やや甘め」だそうです。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特濃 白(替え玉×1)」@TOKYO豚骨BASE MADE by 博多一風堂 ペリエ海浜幕張店の写真マップを見ながらお店に行きましたが、
駅構内のコンコースに面したオープンカウンター、
ラーメン屋としてはかなり斬新な作り。

場所柄スーツ姿のお客さんが多く、
お一人の女性もチラホラ座ってました。

暖簾をくぐる必要がないってのは
こうも敷居が下がるものなのか、、、

着丼した第一印象は繊細な印象。
焦がし油? が丼の内側に垂れており、ちと残念。

デフォでキクラゲが入っているのは嬉しい。

白濁した豚骨スープに、さらに背油が浮いている。
この辺が「濃厚」たる由縁か。ただし味にくどさは無い。
非常に味のバランスがよく、サラッと食べられました。
クリーミーで豚骨臭さも抑えられてます。

麺は加水高めと案内が書いてあったのですが
あまりその印象がなく、むしろ粉感が高い食感。
ただ、元々の茹でが固めなのか全くダレない。
そういう意味ではやはり加水は高めなのだろう。
プニプニした感じは全くありませんでした。

ちなみに自分には少し固かったので
替え玉はやわでオーダーしました。
(※でもまだ固かったです)

替え玉をしてからすりゴマ投入、
さらに残り半分で試しに卓上のタレと辛子高菜投入。

タレは塩気だけでなく旨味全体がアップされ悪くない。
高菜も辛すぎず、本来のラーメンを邪魔しない感じ。

総じて万人に食べやすいバランスのよい味。
といった印象が残りました。

お店の作りからも仕事の合間や移動の際に
サクッと立ち寄ることができ、
気軽に豚骨ラーメンを楽しめそうです

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「西山昆布醤油ラーメン」@千葉運転免許センター売店の写真実はレビューにあった
オロチョンラーメンが食べたくて来たのですが、
オロチョンのオの字もありませんでした、、、

そのかわり、西山ラーメンフェス開催中。

まあフェスは言い過ぎですが、
こう、一定の期間でメニューが刷新されてるんですかね、
メニューのラーメンは全て西山製麺所の麺を使用。

いわゆる札幌ラーメンで、
辛味噌味もラインアップされてますが、
レビューのオロチョンには程遠い感じ。

なので麺を味わいたく、
淡白そうな醤油ラーメンをチョイス。

調理場で手練れの女性が調理、
下手な中華屋さんより杯数をこなしてそう。

出来あがったそれは、オーソドックスでシンプル。
香りは屋台ラーメンその物です。正に屋台ラーメン。

メンマ、ネギ、チャーシューと
全てがオーソドックスだが不思議と味にチープさは無い。

麺はいわゆる札幌ラーメンといった感じです。
スープは醤油でアッサリですが甘味があってウマイ。
ラードが表面層をつくっており最後までアツアツです。

これ外の屋台で食べたら
かなり感動の味なんじゃないでしょうか。

この麺なら次はやっぱり味噌系ですかね、
まあ私は千葉県民ではありませんので
次があるかはなんとも言えませんが、、、

余談ですが、配膳トレーの形が面白い。
角が2箇所カットしてあって
ホームベースみたいな形をしてます。
なんのためでしょうか、、、

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛口肉ラーメン(大盛り)」@らーめん福よし 新習志野店の写真久々に仕事で幕張メッセに来まして、
一段落、さあラーメン食べよう。

と思い立つと、もう15時。

魔の時間帯ですね、、、いつもこのパターン。

で通し営業のこちらを訪問。
誰も居ないフードコートに足を踏み入れるのは
何気に勇気が要りますねぇ(笑)

券売機で食券を購入。
チャーハンも食べてみたかったのだが
半チャーハンが無かったので麺大盛りに変更。

呼び出し端末をもらい、水をコップに入れて着席。

端末が鳴りましたので
カウンターに自分で取りに行きます。

予想より丼がデカい、トレーを持つとかなりの重量。
女性や子供は運ぶのが大変かも知れません。

着席しまず感じたのはレンゲが汚い、、、
汚れというかは水アカの様なものが薄く付着していて
これでまずは減点からスタートでした。

メラミンのレンゲぐらい、
定期的に新しいのにしましょうよ、、、

具はネギと豚バラの炒め物で
辛味は、これは一味でしょうか、
まんべんなく散らされており
湯気と共に辛味の香りも上がってくる。

辛さレベルはそこそこあります。
辛いの苦手な人は苦労するかも

スープは醤油系、
辛味で奥の味まで分からなかったが、
ちょっと一般的な醤油味のスープにはない味がします。

深みがあるというか、なんというか、
これが分からず結局スープは全部頂きましたが
結局分からず。

普通の醤油系も食べてみたくなりました。

麺は加水高めで緩やかにウェーブ。
コシがある、というかはグニグニした感じ。
ノビにくいのがウリの麺。でしょうか。

決して不味くはないが、具やスープも含め、
全体的になんとなく予想の付いた味でした。
もう少し肉が入っていると嬉しいかなぁ、、、

ただ、スープの味は少し気になりますので、
機会があれば辛くない醤油系を食べてみたいです。

スーパービバホームのフードコートですので
車を止める場所には困りませんが、
平日も通し営業でこれは商売として
成立しているのだろうか、、、

少なからず気になります。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件