なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zuwatara

男性

いらっしゃいませ! 当方ただのラーメン好きです。味の分析スキルはほとんどありませんので感じたままに書いてます。点数は基本的に自身の中での相対評価でして、整合性を図るため後で変わることがあります。

平均点 68.577点
最終レビュー日 2019年10月16日
156 147 10 91
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製中華そば醤油」@中華そば 向日葵の写真会社の近くにあるお店で
以前から気になっておりました。
毎日昼時はとても賑わってます。

実は限定の「のどぐろ~」を狙っていたのですが
既に売り切れ。ちなみに平日の13時頃。
20食だと開店並ばないと厳しいかもしれません。

次回と思いましたが既に終わってしまったようです、、、

なので特製をオーダー。
満席のせいか配膳には少々時間がかかった気がします。

着丼の印象は「最近の醤油ラーメン」。
チャーシュー(豚・鶏)、味玉、穂先メンマ、三つ葉と、
キレイに盛り付けられてはいるが、
この手のビジュアルは見慣れてしまった。

スープは動物系の味が若干控えめか、
醤油と魚系の香りが鼻に残り、
古き良き日本の味といった印象、素朴な味わいです。

麺は細ストレート。

特筆はチャーシューでしょうか、
自分にはこの豚の低温調理のチャーシューが
大変マッチしておりました。

味は当然のことながらカットの大きさ、厚さ、弾力、
一枚を箸でまとめて一気に頬張った時に丁度良い。
これは堪能しました。

鶏も大変柔らかく美味しく頂きました。
ちなみに、この鶏チャーシューがご飯に乗った
ミニ丼もサイドにオーダーしましたが
これは普通だったかな。豚にすれば良かったです。

のどぐろまたやらないかなぁ、、、
ツイッターはマメにチェックするようにしよう。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製うま味塩そば(細麺)」@81番の写真久々に来ました、町田!
相変わらず駅の周辺は人が多いですねぇ、
飲食店の数も半端無い。

人気店の様で、お昼時でしたので
混雑を覚悟しておりましたが、先客2名。ラッキー。

町田仲見世商店街の中にありますが
入り口に沢山人が並んでおり
無理かなと思ったのですが別なお店でした。

お饅頭? これはこれで興味ありますが。

麺の太さが選べましたがまずは細麺にしました。
アッサリ系だと太麺は合わない気がしました。

配膳はかなり早かったです。あっという間でした。

具が斬新です。茶色いクシャクシャした物が、、、
エノキだ。揚げてあるのか茶色く萎びた感じです。
あと、一瞬松葉かと思ってしまいましたが
ネギ、アサツキかワケギか、細目のネギのさらに先端。

スープは飲む前から何やら香ばしい香りです。
カウンターに蘊蓄載っておりましたが
これがホタテ油なのでしょうか。

表面の油の香りと、その下のスープの味が
二重に楽しめました。アッサリ系ではありますが
スープの素材をしっかり感じられる味です。
どれがなんだか自分には分かりませんが(笑)
大変飲みやすく、後を引く味です。

麺は細麺で、全粒粉が使われているようです。
細麺の全粒粉入りは初めて見ました。パツパツ食感。
これをサッと茹でてサクッと出てくるのですね、
ノンビリ食べてるとなかなか足が早いですよ。

替え玉もできるようでしたが、
スープがかなりアッサリしてましたので
替え玉欲は高まりませんでした。

ここで冒頭のエノキですが、
萎びたように見えて歯応えがシッカリで面白い。
これだけでもオリジナリティが高まりますね。

チャーシューは豚、鶏2種。
豚は噛み応えシッカリで好みのタイプ。
鶏は細部までシッカリ味が付いておりこれまた旨い。

最後に、味玉が独特の主張を放っておりました。
まず色が濃い。味に期待が高まる色です。
白身はシッカリ味なのは勿論でしたが、
黄身までシッカリ味で、なおかつ独特の酸味がある。

不思議なことですが白身と黄身の味が
別な味付けのように感じてしまいます、堪能。
総じてオシャレ、かつ上品な仕上がりの一杯でした。

特にスープの後味はふくよかで、
残り香に水を口にするのをためらいました。

ケチの付け所の無い味でしたが
ただ細麺以外ではどうなんでしょうかねぇ、
麺が太いとスープが負けそうな気もしなくもありません。
肉はとにかく好みにマッチしていて旨かったです。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(玉子入り)」@田中そば店の写真環七ドライブ中にちょいと寄り道しました。
お店の裏手の細道に駐車場があります。
「田中商店」と大きな看板があります。

平日15時頃で店内はゆったり、ラッキー。
初めてなので券売機左上をポチ。

こってりコールで背脂ドッチャリのようでしたが
初なのでオーソドックスに行きました。

割りと小ぶりな丼が皿に乗って着丼しました。
丼の際まで並々としているスープが印象的です。

スープは豚骨でしょうか、
豚骨臭はなく塩味でコクコクとイケます。
後を引く慣れ親しんでいたかのような味。

麺は手もみ感のあるちぢれ麺で若干平打ち気味。
茹では自分としては少々固めで
噛み応えがあり美味しいです。

「山形辛みそ」なるメニューがあったので
山形のラーメンなのかと思いましたが
ここまでの印象は喜多方ラーメンの系統なのかなと。

チャーシューもホロホロのバラで
この前食べた「坂内」さんに通じるものを感じます。

自分はホロホロバラチャーシューは
沢山あるとクドくなってしまうので
デフォがちょうど良かったです。
麺の食べ応えとバランスが良く、美味しく頂けました。

メンマは見た目萎びた感じのビジュアルでしたが
歯応えが良く咀嚼派としては楽しめます。

あとこのスープの塩気に刻みネギが良く合う。
ネギ増量コールしたくなります。
白髪ネギだとちょっとまた雰囲気が違いますかね。

最後に味玉なんですが、スープが塩味なせいか、
白身から浸けダレの醤油?の香りが仄かにします。
醤油系のラーメンだとあまり感じたことの無い感覚、
黄身までしっかり味で美味しかったです。

仕事の合間にサクッと食べられる美味しい一杯でした。
再訪ありましたらコッテリ試してみたいところです。

何はともあれごちそうさまでした。

※休憩確保のため平日16時~17時は
一旦閉める様になったそうです
皆様ご注意下さい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製醤油らーめん(麺大盛)」@ら〜麺 楓の写真お店の前を車で通ることが多く、
以前から目をつけていたお店です。

いつも店前の駐車場には
車が沢山停まっている気がします。

入った第一印象ですが店員さん皆さんお若い。
勝手に厳つい人が調理しているイメージを持ってました。

初めてなのでとりあえずチョイスは券売機左上。
さらに麺大盛り。隣の「特盛」ボタンがちと気になる。
デカ盛りのお店っぽくなかったので。

水を飲みながら待ち、さて着丼。
シンプルだがオシャレ感のある器に
キレイに盛り付けられている。
三つ葉は珍しいですね。

スープですが塩気とスープの具合がちょうど良い、
非常にバランスが良くて普通に旨いです。
喉にスーッと滲み入ります。

麺は細麺、やや太いかなと言うぐらいのストレート、
パツパツの食感でスープの絡みが若干弱い。
スープの濃い色で分からなかったが
褐色の物が見える、全粒粉入りみたいです。
比較的濃いめのスープだが
噛み締めていると麺の風味が口にしっかり残ります。

ただ麺量が自分には少なかったです。
実は着丼時に普通盛りなのではと思ったぐらい。
粉もこだわりの麺の様なので高いのかも。
だから特盛があるのですね、特盛が2玉かな?

低温調理のチャーシューや穂先メンマなど、
具材もどれをとっても美味しいのですが、
ビジュアルや味!具材など結構他でもあるような気がして
若干オリジナリティに欠ける印象が残りました。

色んなお店を食べ歩いている方などは
インパクトが薄いかもしれません、
是非とも他のメニューを試してみたいところです。

ただこの界隈で仕事などしてる方には
お昼のチョイスには十分美味しいお店だと思います。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】鯵とイタヤ貝の冷やし手もみ麺」@麺や 睡蓮の写真このお店の前を車で通ることが多く
以前から気になっていたお店です。

一週間ほど前になってしまいますが
平日で昼時はだいぶ外れてました。
昼時賑わっているのをしょっちゅう見てますので
先客ゼロで妙な緊張感を感じてしまいました。

初めてのお店で限定メニューはあまり頼まないのですが、
やはり「冷やし」は逃すと来年の可能性もありますし、
レビュー拝見するにかなり勝手に期待が高まっており

「イタヤ貝」

恥ずかしながらこれまで知らなかったのですが
迷いは無かったです。

「手もみ麺」とのことですが
店主がグイグイ目の前で麺を揉んでます。
今やるんだ。こういう場面を初めて見ます。

さて着丼の第一印象ですが、ます器が涼しげです。
透明感がありますし、温度も冷たい。

驚くことではないか(笑)

2種のチャーシューを中心に、
海苔、メンマ、青菜、ネギ、削り節など。
特に紫玉ねぎが彩りを高めています。

自分はイタヤ貝がまず未知なので、
感じる香りは魚系がメインですが、スープ旨い。
これが鯵なんでしょうか、鯵節? 鯵煮干し?

細かい所は分からないのですが、
火を入れたような香ばしい魚系の香りが
パァーンと口に広がります。上品さもある。

あと表面の脂がこれまた旨い。
ここまで低温でも固まらないんですね、
この脂がスープに厚みを持たせております。

それから例の手もみ麺ですが、幅広の平打ちで
かなりコシがあり食べごたえ抜群。これも旨い。

冷やしの醤油や塩系はアッサリ感で
物足りなさを感じることもあるのですが
この表面の脂と麺の食感でアッサリ上品感の中にも
しっかりした厚みを感じる一杯です。

チャーシューも低温調理のロースと鶏の2種で
味付けもスープの上品さを壊しません。

そして、人生初イタヤ貝とご対面。
貝柱が器の底の方に潜んでおりました。

成分は既にスープに解き放った後かも分かりません、
なんせ初なもんで比較対照がありません、
しかし最後の最後にこの食感はまた嬉しいです。

レビューやツイッターでも
様々な限定メニューを目にしますが
定期的に限定メニューが変わっているようで、
こういうお店が近所にある人羨ましいです。
近くにあったら絶対通います。

最後にスープのジャンルが醤油か塩か決めかねました、
正直両方感じたのでテキトーです。見た目で。

これは再訪確実です。まずはデフォを味わいたいですが
次回まだ冷やしがあったら頼んじゃうかもなぁ、、、

語れるほど食しちゃいないのですが
今まで食べた冷やし系の中で確実に一番でした。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

「中華麺」@永福町大勝軒の写真そろそろ行きたいと思い始めてから
半年以上が経ってしまいました、

仕事で付近は良く通るのですがなんせ車が停め辛い、、
以前店前に路駐して30分並んで出てきたら
ミラーにワッカ掛けられてたことがありました。

ここ最近の取り締まりの頻度なんぞは
昔の比じゃないですよね、懐かしくもあります。

閑話休題

実は夜に付近を車で走行していることが多く、
この日訪れたのは23時頃でした。
以前より1時間営業時間が延びてまして
24時閉店だそうです。深夜営業はありがたい。
お店の外にもスープのよい香りが漂っております。

しかし夜も繁盛してますね、ほぼ満席状態です。

チャーシュー麺は売り切れとのこと。残念!
この時間だとこういうことが起こるのですね。

さあ例のトレーに乗ってやって来ました。
見た目は特に以前から変わらない印象ですが
しかしながらスープは抜群に旨いです。

姿は見えませんが柚子が仄かに香ります。

これまで永福町系のお店も何軒か行きましたが、
何が違うのかと問われると難しいのですが
とにかく群を抜いて旨い。本店だから当然か。
強いて言えば表面の胡椒でしょうか、
他より強く感じました。醤油度も高いか?

あとアツアツ度もナンバーワンでしたね、
スープは全て頂きましたが最後の最後まで
アツアツを保っており感服致しました。

思えば初めての日、
一口スープを啜っただけで撃沈しましたよ、、、

初めての方、慎重にいって下さい、
激アツの脂が麺にもガッツリ絡みますよ、
ハフハフです。ヤケド注意。

しかし麺量はやはり多い、
アツアツで思うように啜れませんので後半ノビて来ます。
麺量半分にしてもうちょっと安くしてくれませんかね(笑)

何はともあれごちそうさまでした。
定期的に恋しくなりますのでまた行きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こく煮干し大盛り(TOPモモチャーシュー)」@長尾中華そば 東京神田店の写真平日の14時頃でしたが
この辺は車を止めるのが大変ですねぇ、、、
オフィスが沢山あるせいか
コインパもメーターもどこも空いてない、、、

20分ほど周辺を回りました。

券売機でチャーシュー麺がなかったのですが
店員さんに聞いたらトッピング扱いのようでした。

バラ、モモとありましたが、なんとなくモモ。
バラが脂っこかったらクドくなっちゃうかなと思って。

いやぁしかしビジュアルが凄い、
中心に乗っているのはデフォの肉でしょうか
カットが違うバラ肉も乗っております。

さて肉の上に溜まっているかのように見える
スープを啜ってみましたが、
前回の煮干しが凪だったせいか、
かなり優しい味わいに感じました。

塩気は強めだが高すぎず、
ニボ感は勿論あるがエグみは抑えられていて
ニボ粉がギラついたり、舌にザラつくこともない。
スーッとした喉ごしでコクコクと飲める。

肉はバラはやはり脂が多いのでモモで正解だった、
好みによるとは思いますが
塩気の高いスープだと脂が多いと
後半クドさを感じてしまいます。

薄いカットですが噛み応えあります。
なお肉の下には刻みネギが隠れておりました。
これは嬉しい。

麺は中太のストレート麺でモチモチ感があります。
家系でオーソドックスなタイプの麺と近いです。
これも塩気の高いスープにはよく合います。

総じてバランスのよい一杯に感じました。
ライト過ぎず重すぎず、ニボ感はしっかりあります。
ダメな人はこれでもダメなんでしょうけどね(笑)

何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「胡麻豚骨らーめん(替え玉×1、麦飯)」@天上天下唯我独尊の写真平日深夜0時半、
仕事で定期的に甲州街道を走っておりますので
笹塚辺りからここ高井戸まで
深夜営業のお店が多く助かっております。

店構えが厳ついですねぇ、、、

深夜ともあり先客はゼロ。
表題をオーダーしテレビを見ながら待つ、
ラグビー日本代表ロシアに勝利。

そんなこんなで差ほど待たずに着丼ですが、
胡麻というのは黒胡麻だったんですね、
スープが黒っぽいです。正確に言うとグレー。

写真では上手く色が出てないのですが
見た目はもっと灰色でした。

比較的小ぶりな丼で受け皿に乗っているところは
長浜ラーメンを連想させます。
キクラゲものってます。

スープはその名の通り胡麻感が高いですが、
ドロドロとした感じではありませんでした。
サラっとした粘度で、摺り胡麻がザラつく程度です。

豚骨臭はほとんど感じず、アッサリな印象。
悪く言うと特徴がなく、方向性がハッキリしない。

惰性で替え玉もしてみましたが
ピンと来るものはなかった、、、

ちなみに麦ご飯も頼んだのですが、う~ん、、、
品書きには、昆布出汁でふっくらたきあげた云々
書いてありましたが、全然ふっくらじゃなく、
むしろベチョっとしてました、、、

〆にスープに投入してみましたが
特に相乗効果は感じませんでした。
当然こうなるよな、的な味です。

卓上に辛子高菜があったので少し摘まんでみましたが、
かなり辛いタイプです。
〆の味を確認するために今回はスルーしましたが
替え玉後の味変にはもってこいの辛さです。

総じて特色が感じられず点数は低めですが、
深夜営業のお店は再訪問ありそうなので、
次回がありましたら別なスープをオーダーします。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャルらーめん ぽてり」@鶏ポタラーメン THANK お茶の水の写真20年以上前にギターを買った
ESPテクニカルハウスの裏手に
オシャレな麺屋さんが出来ておりました。

ここの一角は他のお店も鶏系で、
なんだか示し合わせたようですね、
鶏白湯好きとしては穴場かもしれません。

店に入る前から店員さんが笑顔で声をかけてくれました。
なんか気持ちよい。お兄さん素敵な笑顔だ。

ベジポタは聞いたことがありますが
「鶏ポタ」は初めてです。
未知な故、券売機最上段からチョイス。
いつだって肉多目と欲張りなので
それっぽいスペシャルをオーダー。

しかし麺のメニューが豊富ですね、
着丼前から既に次に来たら何を食べようかと
要らんことを考えてしまった、、、

予想より早い着丼でした、
比較的こじんまりとした見た目でしたが
手羽先の焼き色が目に新しい感じです。

スープは少しザラっとした所謂ポタージュスープ、
ドロッとした感じはありませんでした。
鶏の旨味やコラーゲン的な味わいもちゃんとあります。

ん~、確かに「鶏ポタ」だ。

ジャンルが良くわからずに鶏白湯としましたが、
所謂鶏白湯とは少し違いますね、自分の中では新ジャンル。

この香味は野菜ですかね、
なんだったか結局思い出せませんでしたが
この一杯をグイと洋食側に引っ張ってます。

ちょっとスープの塩気が低い気がしますが、
それだけに本来のスープの味がしっかり味わえました。
醤油がどこ産だとか、どこ産の昆布で出汁をとってるとか、
そう言うことではなくて、このスープを構成している素材が
一つ一つしっかりと舌に載ってきます。
なんかとっても身体に良さそうな味です。

麺は長浜的なストレート麺。
舌触りはすごくツルっとしているのですが
茹では少し固めでパツっとした歯応えです。

替え玉100円でしたが、
塩気が低めなせいか替え玉欲求は高まりませんでした。

逆に手羽先はしっかりとした味付けで
大変美味しくいただきました。隅々までしっかり。
穂先メンマの歯応えも楽しかったです。

最後に、
これで1000円はチト高いかなとも思ったのですが、
食せばスープは非常に手の込んだ味わいで、
何より、フロントマン?の接客が素晴らしく、
非常に気分良く店を後にすることが出来たので、
結果的に納得の金額となりました。

何はともあれごちそうさまでした。
ここは再訪確実かと思われます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏肉らーめん」@らーめん チキントの写真久々のちゃんと3連休、
初日に立川に買い物に行きました。
立川は相変わらず人が多いですね、

昼の部終了まで30分切ったあたりで滑り込み。
鶏白湯も鶏チャーシューも大好物で
メニューは色々と豊富でしたが迷いはなし。

配膳まで少し時間がかかった気がします。体感10分。
入店のタイミングの問題か。

着丼時の印象はスープの色が濃い。
味は魚介と鶏のダブルスープと言った味わい。
自分にはだいぶ塩気が高く感じます。

括りは鶏白湯になるのだと思うが、
鶏の脂のベタッとした感じは薄いです。

ちなみに自分は鶏白湯の
あのベタッとした脂の感じが好きです。
表面からどんどん膜になっていくあの感じですが、
このラーメンはかなり抑えめです。

麺は加水低めのストレート麺、
パツパツとした食感で濃い塩気によく合います。

肉は鶏チャーシュー?2種とつくねが1個。
柔らかくて美味しくいただきました。

美味しかったのですが自分にはやはり塩気が高いのと、
鶏白湯好きとしては少々脂がライトで
物足りなさを感じてしまいました。
好みによってはバランスのよい一杯なのかもしれません。

メニューが豊富なのでまた来てみたいです。
何はともあれごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件