なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

scirocco(実況中継風)

男性

元フレンチそして同業者。休みの度に遠征して食べ歩いています。その際、まだ行った事のない土地をウロウロするのも良いモノですね。レビューは食後直ぐ簡単にメモ書きにしたものを、自宅にてお店に着いた所からの実況中継風に書き綴っています。メンドクサイ事を書いている時がありますが、ご容赦ください。

平均点 79.964点
最終レビュー日 2019年7月31日
1,206 927 10 1,491
レビュー 店舗 スキ いいね

「広島風つけ麺・普通・並(860円)」@らあめん 広の写真仕事休み、昼営業時に訪問しました。

入り口入って右側の券売機にて掲題のチケットを購入。

お店はウナギの寝床の様な細長い造作。

モノがゴチャゴチャ置いていて雑然としている。

カウンター席奥の方まで進み、一番奥に陣取る。

店員さんは店主さんと思われる方が一人。

チケットを手渡すと何やら睨みつけるようにしてこちらを見、「辛さ、麺量!」とぶっきらぼうに聞いて来たため、内心ムッとしたが「普通で」とお願いしました。

辛さは普通、麺量は並盛になったようです。

カウンター一番奥にTVモニターが点いており、そちらを見ながらしばらく待つ。

5分強でモノが登場。

通常ならあるはずの「お待たせしました」も何も言葉を発さず、無言で配膳。

まずはつけダレから。

広島風つけ麺は麺もつけダレも冷たいのが特徴。

数年前に広島に伺った際に夜のお姐さんから聞いたモノ。

つけダレは鶏ベースですかね。

表面にはラー油の幕が張ってあり、割合醤油感が強めのカエシにかなり甘みの効いたモノ。

やや甘さが強い、甘辛スープ。

表面のラー油はオイラにはかなり辛く、数回麺を啜っただけで口がヒリヒリ。

鶏の旨みだけではないと思うが、口内マヒ状態で詳細は分からず。

仕事としてはつけダレの表面に動物系の脂が取り除かれることもなくそのまま浮かんでおり、精度に欠ける。

続いて麺。

麺は中細ストレート麺。

氷が入った鍋の中でヌメリを取ると共にキンキンに冷やされている。

茹で加減はややカタメ。

具材。

チャーシュー、茹でキャベツ、ネギ。つけダレ側にイカ天。



広島風つけめんという都内でも珍しいモノを頂いた。

印象としては本場広島で食べた印象そのままだった。

ただ、値段の割りに具材寂しい。

つけダレに脂が浮きっぱなしで食感気持ち悪い。

ご自身でツイッターに愛想は良くないと記載しているが、そもそも接客業にはあるまじき態度。

色々と残念。

接客態度-20

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺(900円)」@稲荷屋の写真貝料理 梵厨』で食べた後、腹ごなしで浅草寺へお参り。

夕方辺りにこちらへ。

黄色いテントに赤い文字は二郎を連想させる。

入り口入って右手にある券売機にて掲題のチケットを購入。

店員さん1名。先客一人。オイラとさらに後続が2人。

チケットを高台へ置いてしばらく待つ。

店員さんなかなか接客レベルが高い。

態度の悪いお客さんへの接客も飄々とこなしていく。

こっちがイライラし始めた頃にモノが登場です。

まずはスープから。

麺顔が美しいですね。

スープは鶏の風味がかなり強く、醤油の香りも立っている。

色味も良く、評判通りだなぁと思っていたが、塩梅が優しすぎる。

優しすぎて、美味いと思えるくらいの必要最低限の塩分濃度に達しておらず、パンチが弱い。

見た目と口に運ぶまでの香りは良いのだけど、実際に口にすると鼻腔からの想像している味を下回ってしまっていて、、。

なんか惜しい。

続いて麺。

細麺ストレート。

麺をテボに入れてから混ぜていないのでしょうか。

麺線がまとまり過ぎていて、粉っぽい。

茹で加減はややカタメ~普通。

具材。

チャーシュー、ワンタン、のり、ねぎ、カイワレ。

チャーシューはかなり大判の肩ロース。

レア状態に仕上げたモノ。

厚みもあり、かなり完成度が高い。

ワンタンは大き目のモノが5個。

皮は薄め。皮はワンタンですが、中身はおそらく市販の餃子餡ですね。

もしくはオーソドックスな餃子の味付けにしたモノ。


うーん。限定などもやっているからハードルを上げ過ぎたかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【季節限定】冷やし中華(950円)」@与ろゐ屋の写真平日昼、以前からとある地方のお店をBMしていたのですが、その地方の名店が浅草に新店をオープンさせるとの事で伺ったのですが、1種類のみのメニュー限定で営業。この日は2日目。

目当てのメニューはやっていなかったので、こちらに変更。

こちらの冷やし中華の評判は以前から聞いていた為、絶好のチャンス。

15時くらいに訪問。通し営業は助かります。

1階が空いていた為、カウンター席中央に陣取る。

アジア系観光客などで席がほぼ埋まっている。

掲題のモノを口頭で注文。

5分くらいですぐに配膳。

まずはタレから。

タレの醤油感、甘味はそこそこで、酢の酸味が結構強め、食べ方が悪いと咽てしまうかも。

ほんのりとゴマ油が効いている。

強い酸味と制限された油脂類でサッパリと頂くタイプのモノ。

別皿でゴマダレが付いてくる。

醤油ダレ派、ゴマダレ派どちらでも対応している。

ゴマダレにはさほど濃度は付いておらずサラサラ。

分量的にも最初から回しかけても味が中途半端になるくらいしか用意されていない。

したがって、途中まで食べ進めて味変として使うのがベターかも。

麺は極細縮れ麺。

ややカタメに茹でられていて、冷水でしっかりと〆られている。

温度感が冷たく麺の風味が感じにくい温度感。

ただ、よくよく考えてみると冷やし中華に麺の美味さって今まで求められてきたのか。

中華麺をキンキンに冷やして食べるものだからこそのネーミングなわけで。

麺を蔑ろにした麺料理と言えるかもしれない。

体感で200g弱。

具材。

チャーシュー、錦糸卵、きゅうり、プチトマト、海苔。

チャーシューは脂の少ない部位。パサ感あり。

その他特筆すべきものなし。


CPはかなり悪い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「青島チャーシュー+自家製麺(900+50円)」@青島食堂 秋葉原店の写真ほぼ10年ぶりの再訪問。2度目。

前はオープン当初に伺っているので、もうこのお店も約10年という事になるんですね。

平日夕方、16時台に訪問。

通し営業でこれくらいの時間だとほぼほぼ待たなくて済みます。

外待ち1名。中待ち7名。

先に入り口右手にある券売機にて掲題のチケットを購入。

そして外に出て並びなおし。しばらくすると店内昇格。

意外と回転早くそれから5分ほどでカウンター奥から2番目の席へ。

店員さんは2名。同世代くらいの男性スタッフと年齢が高めの女性スタッフ。

オペレーションはレードルにキッチリ量るという最近の精度高いモノではなく、大雑把にカエシと白い粉を丼に入れてセット完了。

そしてこれまた大雑把にスープが注がれ、そしてしばらくするとモノが目の前へ。

えーと、自家製麺って大盛りの事のようです。

ノーマルだと市販のモノで50円払うと自家製麺って事なのかと思ってました。

ややこしいんじゃい!

写真を撮っていざ実食。

まずはスープから。

スープは以前訪問した際のオイラも含めて皆さん「昔ながらの~」と評価されているようで。

スープ材としてはオーソドックスにゲンコツ・鶏ガラ、ネギ、そして売りである大量の生姜と言った所でしょう。

それとチャーシューも煮豚タイプだったので、スープの中で煮てそれもエキスとして加わっている事になりますね。

色味はかなり黒っぽく醤油感も強いですが、むしろかなり塩分が強い。

10年前の訪問時は生姜が効いたラーメン自体が珍しく、ホントに生姜が効いているなぁというイメージでしたが、限定で生姜ラーメンを提供するお店や生姜ラーメンを掲げたお店も出てきて目新しさも無くなり・・。

ブレなのか改良したのかわからないけど、生姜の効きが弱い。

表層の香味油の層も厚く、ギトギトしており油っぽい。

塩分が強く、油っぽいスープ。

オジサンにはキツイ仕様に変化してましたね。

続いて麺。

自家製麺。中太ストレート。平ザルで1ロット4杯提供。

茹で加減はややヤワメ。でも、これ位の方がこのスープには合うのかな。

モッチリ感とグダ感の中間くらい。

スープが塩分強いので絡みは悪くない。

具材。

チャーシュー、ほうれんそう、のり、なると、メンマ、ねぎ。

チャーシューはロースですね。

切り落としタイプにわざわざカットしており、この切り方によりスープの塩分が絡み美味い。



以前訪問した時よりも生姜のインパクト弱く、しょっぱくなった昔ながらのラーメンという感じ。

久々にスープ半分以上残し。

たまたまかも知れないけど、途中で食べるのを止めて無残にカウンターに残っていた丼たちも2名分あったし。

チャーシューは以前と変わらぬままだけど、10年で200円も値段が上がり、それに伴いCPも低下。

その値段上昇に見合う様なクオリティはアップしていなかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「白・つけそば(950円)」@支那そば 大和 稲荷町本店の写真平日、仕事休みで宿題店となっていたとあるお店を訪問するも昼営業ギリギリの時間の為、回避してこちらに。

こちらもBM店舗。

オイラが好きな『八雲』出身の店主。

15:25の訪問。先客無し。

ギリギリの訪問の為、店主さんは少し嫌な顔を見せたが、気を取り直したのかすぐに真剣なモードに入ったよう。

入り口を入ってすぐ右手にある券売機で掲題のチケットを購入。

店主さんにチケットを手渡し、しばらく待つ。

5分強でモノが配膳される。

麺の器はキンキンに冷やされている一方でつけダレの方は熱々に温められている。

こういう当たり前のことを当たり前に出来るお店ってさすがですね。

八雲出身の方はホント安心できる。

まずは麺から。

麺は菅野製麺の平打ち太麺。

中心部分にしっかりとコシを残した茹で上がり。

常温よりも少し冷たい温度で麺を〆ており、温度感は最高。

粉の風味や、麺の甘味が感じやすい温度帯。

常温の方が風味や甘味などは感じやすいんだけど、この季節がら常温では食べにくいし、この温度感はさすがです。

ただ、ちょっと水切りがあまかったかな。

麺に付着した水分、つけダレと2重のコーティングになっており、味が薄まってしまった。

食べ方は最初はそのままで。途中から麺にレモンを絞ってと2段階の味が味わえる。

つけダレ。

写真ではわからないが、透明感があってキレイ。

白醤油をカエシの主成分としている。

ベースのスープは修行先に酷似していて、丸鶏ベースに、鰹節、サバ節、昆布などと言った所でしょう。

修行先と似ているようだけど、鶏の旨みがより強く、少し和ダシの要素が弱いかな。

修行先は昆布の風味がしっかりと効いていたような印象。

でも、それがこちらの店主ならでは味わいと言った所でしょう。

ベースがベースだけに美味くないはずはない。

ただ、つけ麺だからと言ってより塩分を強くとかはやっていないよう。

その為、麺に付着した水分の分だけ薄く感じてしまった模様。

具材。

別皿でワンタン2種。つけダレにチャーシュー、メンマ、ねぎ。麺の上にのり、柚子胡椒、刻みのり。

エビワンタンと肉ワンタン。どちらもキレイな球形。皮よりも餡を楽しむタイプ。

エビワンタンは粗目にカットしたエビが詰まっており、特に変な臭みなどもなく美味かった。

肉ワンタンは生姜の風味が効いており、ギシッと詰まっていて肉肉しい。

終盤に柚子胡椒を足してみると柑橘の香りが立ち、華やかな辛味でまた美味い。



大好きな八雲さんとほぼ同じ味が味わえるのに、今回まで未訪だったのはもったいない。

なんでもっと早く訪問しなかったのだろう。

限定などもあるみたいだし、近々再訪予定。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 白 特製(980円)」@中華そば 六感堂の写真GW前の平日。注目を浴びているお店が池袋に2店舗出来たので訪問した。

小雨が降る日、訪問時間は12:30。

お店の前に2名、道路のガードレール側に1名。

ガードレール側にいる方の後続に着く。

その方は2度目の訪問らしく、前回訪問時は数十メートルは並びが出来ていたとの事。

並びが収まったのか、天候の為なのか、いずれにしてもラッキー。

しばらく待っていると5分強で店内昇格。

高台にチケットを置くと、細麺か手揉み麺の選択を迫られる。

後者の手揉み麺でお願いした。

店員さんは男性スタッフ2名。麺場はメガネのお兄さん。

カウンター席からも丸見えだったのでずっと見ていたが、レードルを正しい位置で静止することが出来ず、カエシがレードルからこぼれたり、スープもキチンと量れていないようだ。

カエシをセットしても分量が違っていたのか、やり直したり・・。

たまたまだったのかどうか確認したが、やはりレードルを正しい角度で持っておらず、この方では常時ブレが出てしまうと思われる。

オイラのロットの時も確認したが、同じく作業工程にブレがあった為、食べる前からあまり期待はしないでおいた。

高台にモノが到着。

まずはスープから。

白から白ダシをイメージしていたが、色味からも薄口醤油を使っていると思われる。

香味油には遠くの方でネギの風味がし、スープは煮干し、鶏ガラ、豚ガラを使用している模様。

それと工程の中に大匙1杯の課長さんが入っていることも確認済み。

香りは良いのだけど、課長さんで旨みを補正している割りには煮干し・動物系共に弱く、また塩梅もかなり優しく物足りない。

この手のヤツで最初塩梅が弱めで段々と口が慣れていくタイプのモノかな、と思っていたが、そもそもの旨みが弱いので終始物足りない感じで固形物を食べ終わってしまった。

続いて麺。

平打ちの中太ストレート麺。

茹で加減は2分半。

手揉み麺という割には茹で麺機に入れる前にも手揉みしていないし、手揉みをすると揉んでいる圧力によって多少麺の厚みが変形したりで食感が変わって面白いんだが、そういうものもなくただ単に最初から縮れているだけだった。

麺はプツッと切れる食感良く、美味い。

ただ、スープの旨み・塩梅が弱く、麺の存在感がやや優勢。

具材。

チャーシュー、メンマ、味玉、皮ワンタン、ナルト、ネギ。

チャーシューは適度な厚みがあり、直前に炙られている為香ばしい。

塩梅良く、美味い。

メンマは細いタイプのモノでコリコリした食感が良いですね。

味玉は半熟状を目指したモノだろうが、茹で時間足りず中が未完成。

皮ワンタンは薄めのタイプのモノで麺と食感が似通っていてあってもなくても良いかな。




麺量は150gあればよい方。140gくらいだと思われる。

スープは課長を足しているのに旨みが少ない。

麺場の方は作業工程にブレがあり、明らかに技量不足。

選んだメニューも特製の割りには具材寂しく、また、精度も低い。

こちらでは特製ではなく、普通の中華そば(680円)ならよりCPは良いだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏とポルチーニ茸の醤油つけSOBA・大(1000円)」@銀座 篝 本店の写真篝が復活したとの情報を得てこちらに向かいました。

狙うは新店舗になってから初登場した掲題のメニューであります。

先人たちのレビューを見ているとあまり評価が良くないですが、前店舗のどういう味か判断が付くものよりは分からないモノを注文したくなるんです。

事前情報にてキャッシュレスというここ最近の風潮をいち早く取り入れたお店になっているんだとか。

食べ歩き専用のsuicaに更にチャージをしてこちらに乗り込みました。

お店は『銀座 風見』のすぐ隣。

キャッシュレスが影響しているのか、風見には大行列、篝には外待ち無しと言った状況。

お店のドアを開けると2/3くらいの客入り。

前店舗では大行列で数時間待ちとかになっていた時代が信じられないですね。

さて、案内された席に座ると相変わらず狭い店内。

厨房の造作は移転前とさほど変わらない様子です。

隣客との空間も狭く肘が当たるのは以前と変わらなく改善されていないですね。

店員さんは4人。麺上げ専門の人、仕込み専門の人?、らーめんを提供する人、ホール係の女性。ほぼ分業となっていますね。

女性スタッフは丼とかを下げたりしながら特殊な機械でお会計とかをやったりしていますね。

再オープンしてから結構経つようですが、2/3ほどの客入りなのにバタバタ状態。

見ているこっちももどかしい。

もうそろそろで15分ほどになるなぁとイライラし始めたくらいでようやく配膳。配膳されたつけ丼と麺の丼の位置も逆でさらにイライラさせられたけど。

まずはつけダレから。

つけダレの上面に浮いているのは鶏油。

蘊蓄によると「ブランド鶏と純水のみ使い,抽出したスープにイタリア産ポルチーニを合わせ,5種の醤油をブレンドした淡麗仕立てです。」との事。

ブランド鶏の割りには旨みが弱い。その分ポルチーニの香り・風味はしっかりと感じる。

カエシの醤油感が弱いのに酸味がやや強く、バランスが破綻している。

そしてつけ麺に必要な塩分レベルに達しておらず、なにやらボヤケタ味。

続いて麺。

麺は三河屋製麺の細ストレート麺。茹で加減よくコシがしっかり。

ヌメリ取り具合も良いが、温度感が冷たすぎ。さらに水切りがあまい。

つけダレがボヤケテいるのに、さらに味が薄まる。

具材。

つけダレの中にワンタン、ネギ。麺の方にチャーシュー、鶏チャーシュー、かぼちゃ、筍、ヤングコーン、ポルチーニのデュクセル、ラディッシュの薄切り、三つ葉。

ワンタンは球状。肉餡がギッシリ詰まっており、中に軟骨ポリポリ、ほんのりと生姜風味。

麺側の野菜類は全部冷えていて味気ない。せめて常温であればまた風味も違ってくるんだろうけど。

ポルチーニのデュクセルは単にポルチーニだけではなく、何かは分からないけど食感の違うものが入っていた。

このデュクセルだけで麺を頂いても美味かった。



別皿でワサビ、柚子胡椒が付いていたが、食べるときには使用せずスープ割りの際に使用した。

スープ割りにしても器ごと下げられるブーメラン方式ではあったけど、しばらく待たされた。

少なくともオイラが食べている時、ラーメンと同じくらいつけ麵も提供されていたんだから、予め割りスープを用意しておくとか頭が回らないんだろうか?

具材に関しては完成度が高いモノのつけダレと麺との一体感がなく麺のコンディションも悪い。

今の所、お店のポイントが高いけど、それは移転前の店舗の遺産に依るもの。

このお店が無名であったら、もうこのお店には行かないレベル。

オペレーションの悪さ-5

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏つけそば(1000円)」@中華そば 髙野の写真少し前にアベレージが高かったこちらをBM。

横浜遠征となりました。

雨が降りしきる日、13:25着。

看板は道に出ていたものの、お店が見当たらず探していたら、一番奥にお店があったというオチ。

地元の方にももう受け入れられているようで、オイラがお店の写真を撮っている時、ご近所のおばちゃんが食べ終わって、ココ美味しいわよ、なんて言ってくれたり・・。

傘をたたんで店内へ入ると雨だからか先客がカウンター半分くらいしか埋まっておらず。

左手にある券売機にて掲題のチケットを購入。

オイラにしては珍しくサイドメニューの鶏おこわを頂こうと思っていたが×印が付いていたのでこの日は無しに。

店員さんは店主と思われる方と奥さん?の2人体制。

店主はイマ風のイケメン、奥さんはスラっと美人タイプ。

入り口近くのカウンター席に座りました。

オペレーションは丁寧に作っているのもあるが、すごく遅いですね。

1ロット2杯。茹で時間が掛かることもあるのでしょうが、15分以上待たされましたね。

しばらくすると奥さんがつけそばを持って来られました。

早速写真を撮って実食です。

まずはつけダレから。

見た目かなり鶏油の厚い層。

掬って飲んでみるとキリっとした醤油感の効いたカエシ。

後味でほんのりと甘みを感じる。

このカエシは6種類の醤油と魚醤などをブレンドしたとの事。

元スープは鶏ガラ、手羽先、野菜、昆布で取ったダシとの事。

鶏の旨みと昆布が少し強め。

鶏油は厚めだがスープがアッサリの為、この厚めの鶏油の量でちょうどバランスよい。

続いて麺。

麺は三河屋の中細ストレート麺。春よ恋など3種類のブレンドした麺との事。

パツッとした茹で加減。

ネバネバのフコイダンがすごく抽出されたモノ。

つけダレに浸ける為に麺を持ち上げると糸を引くくらい。

麺にしっかりと昆布の旨みが纏わりつき、まるでじゅん菜のようになっている。

そのままで頂いてもすごい美味い。

つけダレに浸けるとその麺にしっかりとつけダレがコーティングされ更に美味い。

氷水でしっかりと〆られており、温度感が冷たすぎて、麺の甘味を感じにくくさせているのが残念なところ。

具材。

麺の上にメンマ、三つ葉、とろろ昆布。つけダレの中にチャーシュー、味玉、ワンタン、ネギ。

チャーシューは鶏チャーシュー2枚、チャーシュー1枚。

鶏チャーシューは厚みがあるのにしっとりでジューシー。

ワンタンは少し皮が厚い。ほんのりと生姜味が効いている。


スープ割りは昆布水でしましたが、他の方のレビューを見ていると別に割りスープがあるようです。

麺を食べ終わり昆布水だけになってもそれだけで美味いので、昆布水も完飲。

シンプルな醤油味のつけ麺で歴代ベストかも知れない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺(850円)」@喜楽の写真八雲』で頂いた後、渋谷に徒歩移動し、Piyanee(ピヤニ)など若者文化などを堪能した後、こちらに。

こちらも引っ越しをする前にもう一度食べておきたかったお店。

18時くらいに訪問。

1Fに先客が2人。1Fのカウンター席に案内される。

カウンター越しに掲題のメニューを口頭注文。

5分程度でモノが登場。

まずはスープから。

豚ガラと鶏ガラで取ったスープは旨みが良く抽出されている。

カエシは醤油感強く、塩梅も強め。しかし、後味でほんのりと甘みを感じる。

スープの上面には香味油としてお店で作っているネギ油。

少し厚めに張られているがクドクは感じない。

ネギ油の中に混じっている揚げネギがふやけてほんのりと甘みと軽い苦みをもたらせてくれる。

以前訪問した時と印象はあまり変わらないですね。

昔からこのクオリティでラーメンを提供しているのがすごいですね。

昔ながらでありながら古臭さを感じない。

続いて麺。

平打ち気味の中太縮れ麺。中心部分に少しだけコシを残した茹で上がり。

モッチリ感も感じるし、コシも両方ともに楽しめる。

具材。

チャーシュー、わんたん、もやし、煮玉子。

チャーシューは肩ロースの部位。少しパサ気味。

わんたんはこの日の昼に最高レベルのモノを頂いただけに比較するのは可哀想かも。

少しだけ肉に臭みがあったが、過去2回ともわんたんが繋がったままという事は回避できた。

もやしはシャキ感が程よく残っている。

味玉はしっかりと茹で上がっているので、口の中の水分を全部持っていかれる。

具材はやっぱり昔のままなんだねェ。

でも、このままで良いんだけどね。



相変わらずこちらのスープは美味いね。

ホントシンプルにラーメンが良いね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製ワンタン麺・白だし(1100円)」@八雲の写真移転後初訪問。引っ越しをする前に最後に食べておかないと後悔すると思い伺いました。

以前の場所よりはアクセスが良くなったみたいですね。

最寄駅からすんなりとこのお店に到着。

正午過ぎくらい。外待ち2名。

外のベンチで座っているとすぐに店員さんに呼ばれ店内へ。

左手に券売機があり、購入後店内のベンチで座って待つ。

掲題のチケットを購入。以前頂いたのも同じもの。

店内の造作はコの字カウンターで前と同じような感じ。ただ単に場所が変わっただけ(笑)。

店内の皆さんは食べるのに夢中で自然と会話が無くなっている状態。

店内待ち10分ほどでカウンター一番端に案内される。

店員さんは4名。手練れが多く連携も素晴らしい。

しばらくしてモノが運ばれてまいりました。

まずはスープから。

スープは鶏ガラなどは使用せず、原価はかかるが丸鶏、豚肉など肉主体でダシを取り、その他昆布、煮干し、干しエビ、サバ節等副素材で味を調整しているとの事。

少し濁りはあるが、透明度の高いモノ。

鶏の風味と昆布の風味が少し強め。他の素材は旨みの底上げ。

煮干しやサバ節など特徴のある味わいの素材も含まれているが、極めてバランス重視で味を調整しているようで使われていることを謳わなければ気付かないレベル。

香味油に鶏油を使用しているようだけど、スープの味が完成されているので味や香りを補正する必要もないため極めて少なめに使用している模様。

スープ自体が持つ旨み成分と白ダシが持つダシ感とが相まって上品ながら旨みが何層にも重なった奥深い味わい。

やっぱり最高です。

続いて麺。

麺は三河屋製麺に変わった模様。中細ストレート麺。大鍋で麺を泳がせるように茹でており、平ザルで麺上げ。

茹で加減ジャストでスープの持ち上げ良く美味い。

具材。

チャーシュー、わんたん、メンマ、ねぎ、海苔。

チャーシューはロースの部位。

パサつきがちな部位ですが、レアに仕上げるでもなく、しっとりと仕上げており技術力の高さも伺えます。

ワンタンは肉ワンタン、エビワンタン各3個。

肉ワンタンは肉の旨みがミシッと詰まったタイプ。

ワンタン自体も薄めの皮で食感の良さが楽しめる。

エビワンタンは嫌な臭みなく、生エビから仕込みをしたことがすぐにわかる。

エビは擂り潰したものと大きめにカットしたモノを混ぜており、すり身部分でエビの旨みを最大限に感じさせながらプリプリを超えた食感も実現している。

エビワンタンは過去食べたモノの中でも一番と言っても良いくらい。

メンマは太めだが繊維質柔らかで且つザクザク食感。ダシ感が染み込んでおり、美味い。

ネギも香りが鮮烈で仕事も細やか。



スープがやっぱり最高レベルですね。

具材も全部仕事が細かく、完成度が高い。

スープ、具材、接客、醸し出す店の雰囲気。こちらも近い将来赤本に載ることになると思うので、やっぱり今のうちに行っておいた方が良いだろうね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件