なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

scirocco(通常営業)

男性

元フレンチそして同業者。休みの度に遠征して食べ歩いています。その際、まだ行った事のない土地をウロウロするのも良いモノですね。メンドクサイ事を書いている時がありますが、ご容赦ください。

平均点 79.944点
最終レビュー日 2019年6月21日
1,191 916 11 1,447
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩つけ麵(900円)」@らーめん道の塩の写真火曜日、此方を訪問。

つけ麺 道』が定休日に暖簾を掛け替えて道の塩として営業する。

以前、塩ラーメンが美味かった印象があり、再訪。

前回ラーメンだったので、今回はつけ麺。

やっぱり皆さん『つけ麺 道』の方が好きなんでしょうかね。

行列の数が全然違います。

オイラは食べ飽きた豚骨魚介系よりもこっちの方が新鮮で良いですがね。

お店の前のベンチには3名。

10分弱で店内へ。

奇しくも前回と同じ、というか『つけ麺 道』の時も含めて4回連続で入り口付近の一番奥の席に座ってますね。

しばらくするとモノが高台に。

まずはつけダレから。

つけダレはトンコツや鶏ガラなどを煮込み、乳化が進んだモノ。

粘度高めでコラーゲン質が良く抽出されており、そこに節系などを合わせたもの。

節系は適度に効かせているが、あくまでも主役は動物系。

前回もそうだったが、臭みはほとんど出ておらずクリーミー。

塩梅は抑えめ。まろやかな塩味。

「雪塩」というミネラル分多めのモノを使用している。

塩味の中に甘味さえ感じるという高級な塩。

このバランス最高ですね。

続いて麺。

中太のナチュラルウェーブ麺。茹で加減、〆具合、温度感良くベスト。

小麦の風味も感じられ、甘味が良いですね。

つけダレの粘度が高いので麺との絡み良く美味い。

途中で麺の上にレモンを絞って頂くと格別。

具材。

チャーシュー、半熟煮玉子、わかめ、レモン、胡麻。つけダレの中にネギ。

チャーシューはロース。ペラペラだが割合しっかりと肉感を感じる。



塩トンコツの中では最高峰かも知れない。

最高に美味いんだけど、具材も寂しいし、麺量も寂しい。

すごく美味いけど、CPはすごく悪いです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「塩ラーメン(800円)」@らーめん道の塩の写真こちらは『つけ麺 道』が月曜日、火曜日だけ塩ラーメン専門店として営業しているお店です。

ついでに近くのお店にオープンした系列の『長濱らーめん 道の豚』も廻って来ようじゃないですか。

14:00着。待ち6人。20分で店内へ。入り口付近の一番端の席へ。モノが手元に届くまでトータル27分。

店員さんは2人で廻している。接客は物腰柔らかく、テキパキ。

まずはスープから。

スープは豚骨、鶏ガラで完全に乳化を進めた粘性高めのモノ。

そこに節系で魚介の風味を付けたいわゆる豚骨魚介タイプ。

粘性は高めにも拘らず、臭みが出ることも無くクリーミーな仕上がりになっています。

香味油も控えめでトンコツなのにサラッと飲みやすいスープ。

カエシは塩。カエシが醤油だったら豚骨魚介というタイプ分けになるんだろうけど。

ウンチクによると塩には自信があるようで。

なんでも「雪塩」というミネラル分の多さでギネスにも載っているというシロモノ。

この塩はパウダー状で甘味さえ感じるというモノでオイラも使っているんですよね。

塩分は丸みのあるもので塩角を感じません。

カエシもスープも精度が高いですね。

続いて麺。

中太ストレート。ツルツル食感で弾力も感じる良い麺ですね。ややカタメの茹で上がり。スープに粘性あるので絡みも上々。

具材。

チャーシュー、半熟煮玉子、ねぎ、ワカメ。別皿でレモン。

チャーシューはレアに仕上げているが、メチャクチャ薄い。これ以上薄く切れないってくらい。

チャーシューの存在感が薄く、トッピングが寂しく感じる。

ワカメにはゴマが掛かっていてほんのりとゴマのいい香りののアクセント。

レモンは半分ほど食べたら搾ってくれとの旨が書いてある。

そのままで十分美味いのでもうそろそろ食べ終わるという段階で搾り入れる。

レモンの酸味が程よく効いて、サッパリ感が増し、クリーミーなスープがさらに飲みやすくなります。

いい味変アイテムになってますね。



スープは美味いが麺量普通だし、具材が寂しく、CPが良いとは言えないですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛タンカラ(990円)」@東京タンメン トナリ 東京ラーメンストリート店の写真こちら少し前のレビュー。

あー、唐揚げ食べたい。なんか時々食べたくなるどっしりとしたメニュー。

いままでオーダーしたことないモノで。

初めて全部食べ終わるまでテーブルに一人だけだった。

HPには赤いのが掛かった状態で写真に写っていますが、実際は小皿に赤いタレみたいなのが入って持って来られます。

後は、今までと同じタンメン。

相変わらず東京駅仕様のシャバシャバな塩とんこつスープ。

そして相変わらずの課長さん。

でも、それをわかったうえで食ってるんだけどね。

麺は平打ち太麺。ゴワゴワ感のある茹で加減はやっぱ個々の売りでしょうな。前々回はヤワ目だったけど。

具材。もやし、きゃべつ、にんじん、かまぼこ、挽肉。

まあ、いつも通り。

ヤサイも摂れたし、お腹いっぱい。

唐揚げが今日もパリッとしてて旨かった。こちらも課長さんいるけど。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「タンギョウ(880円)」@東京タンメン トナリ 東京ラーメンストリート店の写真こちらも入院前のレビュー。

先日が唐揚げとのセットだったので、今回は餃子とのセット。

混み合っていたが、一人席に案内される。しかし、後に相席となる。

相手が来たときは、もうすぐでオイラの所にモノが届くという所だったんで、その後は相手も所在なさげにあちこち見るだけでした。こういうのって止められないのかな。

モノが登場です。

まずはスープから。

やっぱり本店とは濃度が違いますよね。前回頂いたのが、ブレではなかったことが確認できたわけですよ。

前回同様粘度は本店と比べて控えめ。しっかりと動物系の旨味が抽出されている。

麺は平打ち太麺。茹で加減は普通。

具材。もやし、きゃべつ、にんじん、かまぼこ、挽肉。

餃子。パリパリに焼けた皮は香ばしく、美味い。

ですが、確実に課長さんはいますね。

餃子と麺でお腹は満足しました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「タンカラ(880円)」@東京タンメン トナリ 東京ラーメンストリート店の写真仕事終わりにガッツリと食べたくなって色々と探していたら、存在すら忘れていましたけど、こちらがあるじゃないですか。

タンメン狙いと言うよりはから揚げメインみたいなところもありましたけど、こちらへ。

ちょうど一番忙しい時間帯。こちらへどうぞって勝手に相席になってるし・・。

相手もそうだろうけど、目の前に知らない人がいて食べにく~い。

厨房もフル回転で量産体制に入っていて5分くらいですぐにご対麺。

まずはスープから。

東陽町のお店で食べたからという事で敢えてこの店を避けてきていて、初訪問だったのだけど、本店と比べるとスープがサラッとしてるんですね。

粘度がなく、万人受けするようにスープをアレンジしているのか?それとも回転が速いからスープに濃度が出るまで炊けないのか?

ただ、課長さんが主張しているのは本店と同じ。

スープ。

豚骨に鶏ガラなどなど。

麺。本店では浅草開化楼でしたけど、こちらはどうでしょう?相変わらず平打ち太麺。

茹で加減は普通~ヤワ目。

具材。もやし、きゃべつ、にんじん、かまぼこ、挽肉。

本店では使われているゲソはこちらでは使われていない模様。

から揚げは揚げる温度が低かったのかカリッとはしておらず、油がかなり衣に残っていた。

でも、それでもから揚げが食べたかったので満足。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

「ホタテの69+特製おらが(850+250円)」@SHINBASHI おらがの写真こちら仕事終わりに伺いました。こちらは職場の先輩と。

近場で探していたところ、未訪問のお店が候補に挙がったので、速攻でそちらに決まり。

前のお店で69つけ麺を頂いたので、こちらでは掲題のモノにする。

前のお店と違い、結構広い空間になっている。

カウンター真ん中あたりに通される。

店員さんは2名。店主ともう一人は結構な年齢のおじさん。

入ったばかりなのか結構ミス連発。

BGMは尾崎豊が大音量で流れている。

座ってから8分でモノが高台に。

スープ表面にはかなりの香味油の層。

まずはスープから。

表面のスープを頂くとホタテの風味がガッツリと。

ベースのスープはトンコツですかね。結構粘度があるスープですが、その豚骨のスープの風味が消えるほどホタテの風味が効いています。

ホタテの風味を活かすためか醤油は使っていないものと思われる。

塩梅は結構しっかり目についており、旨味を麺に絡ませるには十分。

続いて麺。

ヨジレがたくさんある中太~太麺。

表面ツルツルで、食感モッチリ。茹で加減は普通~ヤワ目と言った感じ。

麺との絡みは良好。

具材は、チャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、のり、大根。

『特製おらが』の内容はおそらくチャーシュー3枚、半熟煮玉子。

チャーシューは炙っていて香ばしいが薄め。

半熟煮玉子はドロッとしたタイプ。

メンマはほとんど味が付けられていない。どことなく水っぽい。単に戻しただけ?

大根はダイス状にカットされてあり、食感良し。

このスープに大根が意外に合うんですね。ほんの少しの苦みがこれまたいいアクセント。

スープの底には柚子の風味も香り。完食完飲。

ただ、厚めに張ってある香味油がやはりしつこく少し気持ち悪くなりましたが、また食べたくなる一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「塩らーめん・小・ニンニク少し(650円)」@らーめん大 汐留店の写真仕事帰りに立ち寄りました。初訪問です。

なんとこちらJ系には珍しい『塩』があるんですね。目当ては当然こちらのメニュー。

男性一人で切り盛り。

先客は若い女の子が二人。J系には珍しい。

ありがちなプラ板ののチケット。店員さんに渡し、しばし待機。

暑い日に熱い店内でJ系を食べる。こんなマゾみたいなことあるかしら。

出来上がる寸前に店員さんからコールを求められますが、『ニンニク少しのみ』と。

そしてモノが高台に。

店員さんはよほど我慢していたのかモノを出すと、すぐさま店を飛び出し美味しそうに煙草を吸うのでした。

事前のリサーチよりも器が小さく、盛りも多くなくあっさりとイケそうです。

スープは表面上に背脂が浮き、油膜も厚く典型的な一杯。

まずはスープから。

背脂を度外視してみるとJ系にしては乳化が弱い豚骨スープですね。

レンゲでスープを啜ると塩分が強め。口に含んだままにすると多少、昆布の風味をが後味として感じることが出来た。

麺は太縮れ麺。スープはしっかりとした味だったが、麺との絡みは良くない。または、塩は味の膨らみが単調なので、感じにくいというのもあるだろうけど。

目の前にラーメンだしがあったので、レンゲ3分の1ほど加えてみるとラーメンのスープ全体がはっきりと輪郭を現したので、やはりデフォだとカエシが弱いんだと思う。

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューはパサ系。

ヤサイは茹で加減良し。

つい、勢いでニンニク少しと答えてしまったが、塩にニンニクってあうのだろうかという杞憂もあっさりと吹き飛ばしなかなかの風味をもたらせます。

コールで盛りをオーダーしなかったのは自分なんだが、J系にしてはデフォが少ないですね。

皆さんコールでマシありが前提でこの器の小ささにしているんですね。値段も値段ですからね。

Cpはあまりいいとは言えませんね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+韓国風明太子ごはん(700+300円)」@田中そば店 秋葉原店の写真消費税増税前に訪問。午前の部オープン直後。すでに満席で並びが5人くらい。

気合の入った店員さんばかりですね。逆に居心地が悪いよ。

掲題のモノをオーダー。珍しくサイドメニューをオーダー。

しばらくしたら、モノが到着しました。

結局、サイドは麺を半分食べた頃に到着。

1ロットは4人でしたが、3人がご飯モノを頼んでいるんだとしたら間に合わないのは目に見えているので、早く作り始めれば良いじゃないか。

一緒に出さなきゃいけないってのはわかるんだが、遅れて出されるくらいならごはんだけ早く出してもらった方が良い。ラーメンとごはんをオーダーしてる人はラーメンとごはんを一緒に食べたいんだから。

スープから。

ラード層が多め。豚骨ベースのスープで、半透明の弱火で丁寧に炊き上げたスープ。レンゲで掬うと飲み口が甘ったるく、トンコツの甘みや旨味も感じるが課長由来の旨味がかなり含まれている。

優しめの塩梅でじんわりと沁みてくる。また、ふんわりと香るニンニクが食欲を刺激して良いですね。

塩二郎とか、家系の塩とも違う独特の部類のラーメン。オイリーなんだけど、どことなく上品さも感じられるモノ。

麺は中細縮れ麺。茹で加減はちょうどよし。絡みも良く旨い。

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎ。実にシンプル。

チャーシューはバラで中に味が閉じ込められていて実に美味。

メンマはしっかりと醤油味が付いている。

名前は忘れたが、目の前に唐辛子のようなものを入れることが出来るようだけど、入れないまま完食。

韓国風明太子ごはんはごま油、ねぎ、ごま、ほんのりと醤油で和えたもの。採点には含みません。

分量的にはそれほどでも・・。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「タンつけ(850円)」@トナリ 丸の内店の写真こちらのラーメンは東陽町にて食べていますので、タンメンのつけ麺バージョンってのがどういうものなのか確認のために伺いました。

東京駅から徒歩で5分ほど。ビジネス街には少しだけ浮いた存在のように思えます。

店のつくりは横長でカウンターバーのような佇まいですね。

店の奥側はあまり埋まっていなかったが後続に団体が来て一気に行列ができました。

ラー食される方がほとんどでつけ食の方はあまりいないようですね。

そのせいでつけ麺オーダーのオイラは後回しにされひたすら待たされることになりました。後から入ってきた客よりも。

こちらのラーメンは極太麺なので、つけ麺にしたときにはどういう麺になるのか期待してましたが、単に極太麺が太麺になっただけなのでした。

ラーメンよりもつけ麺の方が麺が細くなるって発想にはなってなかったのでした。

ひたすら待たされたつけ麺のレビューです。

まずは麺。浅草開花楼の品。まずは麺だけ食べてみましょうか。茹で加減は申し分はありません。それに麺にあらかじめ味付けがされていますね。

では続いてつけダレ。

うーん。普通にタンメンの味とあまり大差ないように思えますが・・・。つけ麺仕様の酢とか入ってるんでしょうか?

具材は豚肉、げそ、にら、もやし、きゃべつ、にんじん、かまぼこ、しょうが。

いずれもタンメンの時のものと変わらず。おそらく野菜の量もタンメンをオーダーした時の方があるんじゃないでしょうかね。そして課長さん風味全快。

普通にタンメンオーダーした方が良かったんじゃない?

つけ麺オーダーしたら、後回しにされるし、大差ないのにタンメンとの値段の格差など、存在意義あるんだろうか?って感じです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「タンギョウ・ショウガ(880円)」@トナリの写真2度目の訪問。レビューは初です。オープン時に伺ってたんですが、レビューする暇がなくそのままになっていたので。

昼間は混む事は、以前この付近の会社勤務だったので、十分承知の上です。

なので、昼営業の終わり間際に訪問。

その日、初の食事になるので、掲題のものをオーダー。

カウンターから見ていると野菜の炒め具合からで2段階に分けている様子。

若干クタッとした野菜と食感が残っている野菜。

で、順番に端からショウガを入れるかどうか確認の後、高台に。

まずは、スープから。

濁りが強く、粘度の高いスープ。味は・・・不味いとは言わないが、これは思いっきり課長味ですね。世の中の食べ物の中にはある程度入っているし、多少は容認できるが、これは入れすぎでしょう。

ただ、黒粒胡椒がピリッと効いていてボンヤリとしたスープを引き締めていていいですね。

麺は浅草開花楼。縮れの強い平打ち太麺です。茹で加減バッチリか辛うじてカタメな感じ。

ズルズル啜るもカタメな麺なもんで、そこらじゅうに撥ねまくる。

具材は豚肉、キャベツ、白菜、ニンジン、ゲソ、モヤシ、ニラ。これが山盛りです。

う~ん。野菜は食感は悪くないのですが、こっちの方がもっと課長味がキツイですね。

しかも、炒め油がコッテコテにヤサイたちにまとわりついてますね。

味的に飽きるのと脂っこいのと量が多いので、食べきるのは結構きついです。

ちなみに餃子は包みながら、仕事をしていたので、店で手作りなようですが、こちらも課長たっぷりです。

課長が気にならなくて腹いっぱいになればいいやって方はうってつけのお店でしょう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件